お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

【賃貸】お部屋探しにおすすめな時期は?安く引っ越しできるタイミングを解説

人によって違う引っ越し時期のイメージイラスト

物件探しのおすすめな時期は?
安く引っ越しできるタイミングはいつ?

進学や就職、結婚など、人によって引っ越しを決めるタイミングはさまざまです。せっかくなら、お部屋探しに最適な時期を知ってスムーズに引っ越ししたいですよね。

しかし、賃貸のお部屋探しは時期ごとに特徴が異なります。適した時期に探さないと、希望の物件をなかなか見つけられません。

そこで当記事では、物件探しにおすすめな時期や安く引っ越しできるタイミングを紹介します。シーズン別のお部屋探しの特徴も詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

監修 阿部 陽一郎
不動産屋「家AGENT」
池袋店 店長

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

お部屋探しにおすすめな時期は人によって異なる

それぞれの時期の引っ越しのイメージイラスト

物件探しの軸によって時期を決めるべき

物件探しは、何を軸にしてお部屋を探すかで最適な時期が変わってきます。引っ越し費用を極力抑えたい、じっくり探して優良物件を見つけたいなど、人によってバラバラです。

新生活を始める人や同棲カップルなど、引っ越す人の状況や新居に求めるものでも変わってきます。

このあと、時期別のお部屋探しの特徴と、おすすめな人の特徴を解説します。

繁忙期と閑散期でお部屋の探し方が変わる

不動産業界には繁忙期と閑散期があります。繁忙期に引っ越すか、閑散期に引っ越すかで物件の探し方が変わってきます。

繁忙期は、最も引っ越す人が多くなる1月~3月の期間です。4月からの新生活に向けて学生や社会人がお部屋探しを始める時期で、退去する人も多いので空き物件が増えます。

閑散期は引っ越しのピークが過ぎた4~12月です。繁忙期に比べると物件数は少ないですが、引っ越す人が多くないのでじっくりお部屋探しができます。

阿部さんのアイコン 阿部
9月~10月は転勤や異動が多くなる時期なので、空き物件が増えてお部屋探しする人も多くなります。

物件探しの時期に迷ったら不動産屋に相談するのもアリ

お部屋探しの時期に迷うなら不動産屋に相談してみると良いです。新居に求めることや時期的な特徴を考慮してアドバイスしてくれます。

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、来店不要でLINEやチャットを使って物件を探せる不動産屋です。お部屋探しの相談だけでもOKなので気軽に利用できます。

繁忙期でも来店予約する必要はありません。対応してくれるのはプロのスタッフなので、時期的な動向を踏まえて理想のお部屋を探してくれます。

深夜0時まで相談可能で、寝る前のちょっとした時間で利用できて便利です。忙しい人や来店が難しい人におすすめです。

イエプラボタンバナー

【1月~3月】最も空き物件が増える時期

空き物件を指差す人のイラスト

1月は一足先に優良物件を見つけられることがある

1月は空き物件が増え始める時期です。繁忙期が本格化する前に優良物件を見つけられる可能性があります。

賃貸の退去連絡は1~2ヶ月前に入れるのが一般的です。2月~3月に退去する人が多いので「退去予定」の物件が多く出回ります。

退去予定の物件は条件が良い優良物件であることが多いです。

1月は繁忙期に入ったばかりで、新生活に向けてお部屋探しする人はそれほど多くありません。ライバルが少ないうちにできるだけ早くお部屋を見つけたい人は1月中に探すと良いです。

2月~3月は新生活を始める人におすすめ

2月~3月は1年の中で最も物件数が多くなる時期で、新生活に向けてお部屋探しする人が増える時期です。たくさんの物件の中から選びたい人におすすめです。

学生や新社会人など、4月から新生活がスタートする人は2~3月に探しましょう。4月の入居に間に合わせるには、遅くても3月にはお部屋探しを始める必要があります。

ただし、引っ越す人が多いのでライバルが増えます。物件は早い物勝ちなので、内見予約していたのに先に申し込まれてしまうことも少なくありません。

気になる物件があればすぐに内見予約する

2月~3月の時期にお部屋探しするときは、気になる物件が見つかったらすぐに内見予約することをおすすめします。

申し込みをしてもほかの人にタッチの差で取られてしまうことは珍しくありません。

気になる物件はみんな狙っていると思ってお部屋探しを進めたほうがいいです。

新生活応援キャンペーンが多い

4月から新生活を始める人に向けて「新生活応援」などの名目で、一人暮らし向けのキャンペーンが多い時期です。

仲介手数料が割引になったり、家賃1ヶ月分がキャッシュバックされるなど、他の時期に契約するよりもお得に入居できることがあります。

阿部さんのアイコン 阿部
賃貸契約だけでなく、家電量販店などでは新生活で必要な家具家電が、セットで購入できるのでうまく活用しましょう。

引っ越し料金が高くなる

2~3月は引っ越し業界も繁忙期になります。引っ越す人が多いので、ほかの時期と比べて料金が高く設定されています。

とくに3月中旬~下旬にかけては、閑散期の引っ越しと比べて、2倍以上料金が高くなることがあります。

繁忙期に引っ越す場合は、早めに業者を予約する必要があります。「Web割」や「単身引っ越しパック」などお得に引っ越しできるサービスがあるので積極的に利用しましょう。

【4月~6月】カップル・ファミリー向けの物件が出回る時期

カップル・ファミリーが部屋を探してるイラスト【明日納品予定】

広い間取りの新築に住みたい人は狙い目

4月~6月は広い間取りの新築物件が増えてきます。同棲カップルや新婚、ファミリーで新しいお部屋に住みたい人は狙うと良いです。

5~6月の結婚式シーズンのため、カップルやファミリー向けの物件が多く出回ります。1LDK以上の広い間取りの賃貸物件を探す人は、条件があるお部屋を見つけやすいです。

4月上旬は引っ越し料金が高い

3月下旬 4月上旬 4月中旬
全平均 88,000円 50,000円 40,000円
~15km
未満
54,000円 34,280円 30,780円
~50km
未満
65,000円 39,200円 36,860円
~200km
未満
97,000円 54,000円 50,000円
~500km
未満
156,000円 90,000円 58,000円
500km
以上
157,000円 114,000円 78,000円

出典:https://hikkoshizamurai.jp/

繁忙期は過ぎていますが、4月上旬までは引っ越し料金が高いので注意したほうがいいです。

3月中に業者を手配できなかった人や、進学や入学で春休み明けに合わせて引っ越す人が4月上旬に集中します。

4月中旬になると引っ越しの需要が徐々に低くなるので、料金が安くなっていきます。引っ越し時期を調整できるなら、4月中旬以降にすると費用を抑えれます。

阿部さんのアイコン 阿部
5月はGWを狙って引っ越しする人が多いです。ただ、GW中は引っ越し業者の料金がやや高めになるので注意しましょう。

【6月~8月】費用を抑えて引っ越しできる時期

「安い!」と費用を抑えて入居できることを強調する女性のイラスト

家賃や引っ越し費用が安くなる

極力費用を抑えたい人は、安く引っ越せる6月~8月がおすすめです。家賃が安くなりやすい時期なので、お得に引っ越せる可能性があります。

家賃が安くなる理由は、繁忙期で入居者が見つからなかったお部屋が、空室のままにならないように大家さんが値下げするからです。

家賃を抑えられれば、契約時に支払う初期費用も安くなります。初期費用は家賃をもとに計算されるので、1万円安くするだけでも大幅な減額が見込めます。

値下げ交渉が成功しやすい

6月~8月は、家賃や初期費用の値下げ交渉が成功しやすいです。

「長く空室が続くよりも、値下げしてでも入居してもらったほうが良い」と考える大家さんが多いので、予算が厳しい場合は不動産屋に相談すると良いです。

値下げには応じてくれなくても、一定期間の家賃が無料になる「フリーレント」をつけてくれる場合もあります。

【9月~10月】新築や空き物件が増える第2の繁忙期

新築物件に目を輝かせている人のイラスト

人事異動で引っ越す人が増える

9~10月は人事異動シーズンで、第2の繁忙期です。引っ越しする人が増えるため、1~3月ほどではないですが市場に出回る物件が増えます。

なるべく豊富な選択肢の中からお部屋を探したい人は、9~10月のお部屋探しを検討してみてください。

一人暮らし向けの新築物件が増える

10月頃は新築物件が建ち始める時期です。同棲・ファミリー向けの物件だけでなく、狭い間取りの一人暮らし向けの物件も多くなります。

キレイなお部屋や、設備が新しい物件に住みたい人は10月にお部屋探しすると良いです。

ただ、新築は家賃が高いので、お部屋に求める条件を緩和するなど、工夫して探すと見つかりやすいです。

引っ越し料金は少し割高になる

9月~10月の引っ越し料金は、閑散期でも少し割高になります。理由は、転勤や人事異動で引っ越す人が増えて、業者の需要が高くなるからです。

とくに9月中旬~10月中旬にかけては料金が高くなりやすいです。

阿部さんのアイコン 阿部
9月のシルバーウィークは連休を使って引っ越しをする人が増えます。予約も取りづらいうえ、割増料金がかかる可能性があります。

【11月~12月】お部屋を吟味して探せる時期

さまざまな物件候補を見て考えている女の人のイラスト

繁忙期に向けて物件数が増え始める

11月~12月は引っ越しシーズンに向けて、新しい物件情報が充実してくる時期です。

また、じっくりお部屋探しできる時期でもあるので、競争率が低いうちから探しておきたい人におすすめです。

閑散期ほど家賃が安い物件は見つかりにくいですが、一足先に人気が出そうな物件をチェックできるというメリットがあります。

阿部さんのアイコン 阿部
1~3月の引っ越しシーズン向けて建築が進む時期でもあります。新築物件を狙っている人は繁忙期に入る前にチェックすると良いです。

4月から学生になる人は早めに動き始めても良い

4月から大学や専門学校に通う予定の人は、繁忙期に入る前にお部屋探しするのもアリです。優良物件はすぐに埋まるので、合格してから探すと間に合わない可能性があります。

進学先が決まっていない状態でお部屋探しする場合は「合格前予約」を実施している不動産屋を選びましょう。

合格前予約は、合否がわかるまでお部屋をキープできる仕組みです。志望校が不合格で予約を取り消したい場合でもキャンセル料はかかりません。

阿部さんのアイコン 阿部
合格前予約の物件の中には、有料のものが存在します。手付金やキャンセル料が発生することがあるので、事前に不動産屋に確認しましょう。
アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼メリットたくさん
・すべてチャットで完結(来店不要)
・スーモにない未公開物件も探せる
・0時まで営業で仕事終わりに使える
▶無料でお部屋を探してみる

お部屋探しは1~2ヶ月前から開始すべき

早すぎると無駄な費用や手間が発生する

お部屋探しをスムーズに進めたいなら1~2ヶ月前には準備を始めましょう。ただ、早すぎるのも良くないです。無駄な出費や手間が生まれてしまいます。

賃貸ではお部屋の仮押さえができません。引っ越しまでにほかの人に契約されてしまう可能性が高いです。

賃貸は契約後2週間ほどで家賃が発生します。たとえ、物件が気に入って契約しても、引っ越しまでに無駄な家賃を支払うことになります。

阿部さんのアイコン 阿部
当然、準備が遅すぎるのはNGです。良い物件を見逃してしまったり、引っ越し予定日に間に合わないことがあります。

▶お部屋探し始めるタイミングの詳しい解説

即入居可の物件でも入居までに5日間は必要

「即入居可」の物件でも、契約から入居までに最低5日間は必要です。契約書類の確認や入居審査などで時間がかかります。

ただ、入居までの工程がスムーズに進まないと5日間で入居できません。書類の不備や審査に関する連絡が取りにくいなどの理由から、1週間以上かかることも少なくありません。

予期せぬトラブルが起こることを予想して、早めにお部屋探しを始めましょう。

▶最短で引っ越す方法や期間を短くするコツ

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
スーモやホームズにない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶

おとり物件が少ないサイト3選のサムネイル
不動産屋の悪質な広告「おとり物件」が少ないサイト3選!
記事を読む ▶

不動産屋に行く前にやるべきこと

  1. 引っ越し予定日を決める
  2. 家賃の予算を決める
  3. 希望条件を決める
  4. 希望エリアをある程度絞る
  5. 不動産屋に行く前に来店予約をしておく
  6. 居住中の賃貸物件の解約手続き

引っ越し予定日を決める

お部屋探しをする前に、あらかじめ引っ越し予定日を決めておきましょう。不動産屋に予定日を伝えれば、その日に入居できる物件を探してくれます。

予定日は「入社が4/1だから1週間前までには引っ越ししたい」「入学まで余裕があるので4/1頃予定」など、大雑把で大丈夫です。

お部屋の工事や清掃等の都合で、引っ越しスケジュールの調整を余儀なくされます。とくに新築物件は、工事が遅れて入居日がずれることがあるので注意しましょう。

家賃の予算を決める

手取り額 3分の1の家賃目安 4分の1の家賃目安
13万円 約4.3万円 約3.2万円
14万円 約4.6万円 約3.5万円
15万円 約5.0万円 約3.7万円
16万円 約5.3万円 約4.0万円
17万円 約5.7万円 約4.2万円
18万円 約6.0万円 約4.5万円
19万円 約6.3万円 約4.7万円
20万円 約6.7万円 約5.0万円
21万円 約7.0万円 約5.2万円

家賃は「手取りの3分の1」以下に抑えると良いと言われています。月収を基準に考えると生活費が足りなくなるので注意してください。

貯金を増やしたい、趣味にお金を使いたいという人は「手取りの4分の1」を目安にするのがおすすめです。

家賃は管理費(共益費)を含んだ「総家賃」で考えましょう。家賃だけでなく管理費も毎月支払う必要があるからです。

希望条件を決める

間取りや駅徒歩、築年数・お部屋の向きなどの希望条件をあらかじめ決めておきましょう。

希望条件が多すぎると、物件がなかなか見つからなかったり予算オーバーになります。絶対に譲れない条件は3つ程度に留めておきましょう。

阿部さんのアイコン 阿部
家賃を抑えたいなら、駅徒歩と築年数の条件は緩和すべきです。駅徒歩5分と15分では、約5千円ほど家賃に差が出ます。

希望エリアをある程度絞る

住みたいエリアを考える女性
自分の生活スタイルや通勤・通学時間を考慮して、住みたいエリアを絞りましょう。エリアが決まっていれば、物件を絞り込みやすいです。

東京都内に通勤通学するなら乗り換え1回まで、乗車時間30分以内のエリアで探すのがおすすめです。

都内の通勤ラッシュで長時間乗車していると、かなりのストレスを受けます。電車の混み具合やラッシュ時の本数を調べておくと良いです。

不動産屋に行く前に来店予約をしておく

不動産屋に行く前に事前に来店予約しておけば、待ち時間なしで案内してくれます。

電話やメールなどで希望条件をあらかじめ伝えておけば、来店までに似た条件の物件情報を準備しておいてくれます。

阿部さんのアイコン 阿部
1月~3月と10月の不動産屋繁忙期はお店が混むので予約必須です。長時間待たされたり、最悪の場合は対応を断られてしまいます。

居住中の賃貸物件の解約手続き

実家ではなく賃貸物件に住んでいる人は、解約手続きを忘れずにしておきましょう。

一般的に解約は退去したい日の1ヶ月前までに連絡する必要があります。期限までに連絡しないと、違約金が発生する可能性が高いです。

解約手続きの方法は、契約書に記載されているので確認してください。

▶解約・退去の流れや注意点についての解説

お部屋探しを成功させる3つのコツ

  1. 絶対に外せない希望条件を3つまでに絞る
  2. できれば日時を変えて2回内見する
  3. おとり物件に騙されない

絶対に外せない希望条件を3つまでに絞る

家賃とエリアのほかに、絶対に外せない条件を3つまでに絞ると良いです。

お部屋の条件にこだわりすぎると物件数が少なくなるので、なかなか理想のお部屋を見つけられません。

条件を満たした理想のお部屋が見つからないときは、駅徒歩の時間や築年数の緩和、あったら便利な設備を条件から外してみましょう。

希望条件に優先順位をつけると絞りやすい

希望条件を絞るときは優先順位をつけておくと、妥協しても良いものと区別しやすいです。

優先順位をつけるには、お部屋に求める条件をリスト化してみると良いです。必要な条件と妥協するものを明確にすることでお部屋探しがスムーズになります。

▶優先順位の付け方のコツやこだわり条件のランキング

できれば日時を変えて2回内見する

時間に余裕がある人は、時間帯を変えて2回内見したほうが失敗しづらいです。

昼と夜、平日と休日では聞こえる音が違います。平日の昼は大半の人が学校や仕事に出ているので静かです。

平日の夜や休日はうるさい可能性があるので、お部屋の印象がガラリと変わります。

阿部さんのアイコン 阿部
何度も内見に行けない人は「1番室内にいる」時間帯にしましょう。夜の場合は、夕方ギリギリにするか、時間外対応は可能か確認すると良いです。

おとり物件に騙されない

おとり物件の見分け方
  • ・相場に対して家賃が安い
  • ・募集広告に「物件名」が表記されていない
  • ・住所の詳細表記がない
  • ・物件の画像がないor使いまわし
  • ・賃貸サイトで1社しか掲載していない
  • ・現地集合での内見を断られる

おとり物件とは「実際は契約できないのにサイトや店頭に掲載されている物件」のことです。おとり物件に引っかかるとスムーズにお部屋探しができなくなります。

実際にはない物件やすでに埋まっている物件なので、不動産屋に行っても別の物件を紹介されます。集客のために悪用する不動産屋が少なからずいます。

相場と比べて家賃が格安だったり、物件名が表記されていない場合はおとり物件の可能性があります。

阿部さんのアイコン 阿部
内見は「現地集合でお願いします」と伝えてみましょう。断られたり、言葉を濁した場合は、居住中もしくは管理会社から鍵を借りられない物件の可能性が高いです。

▶おとり物件の見分け方の詳しい解説

お部屋探しの時期に関してよくある質問

家賃が安くなる時期はいつ?

閑散期の5月~6月、または11月~12月は家賃が安くなりやすいです。

閑散期はお部屋探しの需要が低くなるので、空室が埋まりづらくなります。そのため、物件に注目が集まりやすいように、大家さんが家賃設定を見直します。

11月~12月も狙い目ではありますが、繁忙期前なので家賃の値下げ幅はそこまで大きくないです。

家賃以外に、初期費用の一部の項目が安くなっていることがあります。

▲よくある質問に戻る

物件が一番多い時期はいつ?

繁忙期の1月~3月です。

新生活に向けてお部屋探しを始める人と、賃貸物件を退去する人が増える時期です。数多くの選択肢からお部屋を選べます。

とくに2~3月はお部屋探しのピークで、空室の物件はすぐに埋まります。

優良物件を見つけられるチャンスの時期なので、気になった物件はすぐに内見・入居申込することをおすすめします。

▲よくある質問に戻る

引っ越し費用を一番安く抑えられる時期はいつ?

閑散期の6月~8月です。

お部屋探しする人が少ないと、引っ越し業者の需要も低くなり料金が安くなります。

祝日がない6月は引っ越しする人が少なくなります。引っ越しの日程が調整できる人は6月がおすすめです。

12月は上旬~中旬にかけて引っ越し料金がやすくなります。ただ、連休を取りやすい12月下旬は料金が割高になるので注意してください。

▲よくある質問に戻る

4月入居ならいつから物件を探せばいい?

2月から探し始めましょう。遅くても3月には動き出してください。

お部屋探しは1~2ヶ月前から動き始めるとスムーズに進められます。

2月~3月は希望のお部屋になかなか申し込めない、不動産屋の手が回らないなどの理由から入居までに時間がかかることがあります。余裕を持って行動すると良いです。

▲よくある質問に戻る

引っ越し業者にはいつまでに予約を入れるべき?

2週間~1ヶ月前までに予約の連絡を入れるべきです。

引っ越し業者の予約は早いほど取りやすいです。繁忙期にお部屋探しするなら、お部屋を申し込む前に、引っ越し業者の予約を取っても良いです。

引っ越し先のエリアが決まっていれば、予約が取れるので早めに連絡することをおすすめします。

▲よくある質問に戻る

退去日は新居の退去日と同じ日でいい?

同じ日でも良いですが、二重家賃などのリスクが生じます。

二重家賃とは、旧居と新居の家賃が発生してしまうことを言います。家賃は入居日から発生するので、可能なら退去日よりもあとに設定すると良いです。

また、退去日と入居日を同日にすると、1日で引っ越しを完了させる必要があります。

慌ただしく引っ越しをするとトラブルにつながる可能性があるので、余裕を持って作業を進めましょう。

▲よくある質問に戻る

一人暮らしの引っ越しは何日かかる?

荷造りから引っ越しまで1~2週間ほどかかります。

初めての一人暮らしで慣れていない人は、2週間以上を見積もっておくと良いです。

荷物が少ない人や引っ越しに慣れている人であれば、数日~1週間ほどで完了することもあります。

お部屋探しと並行して、引っ越しの準備を進めるとスムーズです。

▲よくある質問に戻る

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

お店に行かなくても「イエプラ」なら、アプリやLINEで希望を伝えてお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです。

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶ 無料でお部屋探しを始める
follow us in feedly
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について