お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

不動産屋への上手な断り方!内見前後や他社で決めた際のメールの例文を大公開

不動産屋への上手な断り方は?のイメージイラスト

不動産屋への上手な断り方は?
キャンセルのお詫びメールの例文を見たい

ポータルサイトでたくさんの物件を見るのは楽しいですよね。気になったお部屋を、どんどん問い合わせる人も多いのではないでしょうか。

しかし、複数の不動産屋を掛け持ちするほど、物件が決まったときのお断り連絡が面倒です。お部屋探しが長引くと、しつこい営業をかけられることも…。

そこで当記事では、不動産屋への上手な断り方について解説します。内見前~内見後に使えるメールの例文や、しつこい不動産屋を断るテンプレートも紹介します。

監修 阿部 陽一郎
不動産屋「家AGENT」
池袋店 店長

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

不動産屋への断り方4選

  • ・断ると決めた時点ですぐ連絡する
  • ・メールでお詫びの連絡を入れる
  • ・理由を正直に伝える
  • ・スタッフへのお礼をしっかり伝える

断ると決めた時点ですぐ連絡する

不動産屋を断るときは、なるべく早めに連絡を入れてください。連絡が遅くなると、営業マンが次の手続きの準備を進めてしまいます。

特に申し込み後は、多くの関係者が契約に向けて動き出します。審査結果が出るまでには連絡をしてください。申し込みから3~5日以内が目安です。

阿部さんのアイコン 阿部
不動産屋側も早く断ってもらったほうが余計な手間がかかりません。他のお客さんに割く時間が増えるので機会損失を防げます。

メールでお詫びの連絡を入れる

お断りの連絡はメールがおすすめです。履歴が残ってトラブルになりにくいからです。

忙しい営業マンだと、メールで連絡をもらったほうが助かるケースもあります。お断りの連絡で使えるメール例文はのちほど紹介します。

阿部さんのアイコン 阿部
不動産屋は断られることに慣れています。断る側は気まずく感じますが、あまり気負いしなくて大丈夫です。

理由を正直に伝える

お断り連絡では「理由を正直に伝える」ことが大切です。はっきり話せば、より条件の良い次の物件を紹介してもらえたり、不要な営業をかけられずに済みます。

申し込んだ物件を断るなら「日当たりが納得できなかった」「家賃が5千円オーバーしている」など具体的に伝えましょう。

他の不動産屋で進めるときも正直に話すべきです。「他社で決めた」と言えば、無駄な営業電話などがかかってきません。

スタッフへのお礼をしっかり伝える

断るときはマナーとしてスタッフへのお礼を添えてください。別の機会に利用する可能性もあるので、相手に良い印象を与えておくのは大切です。

営業マンも人間なので、お礼もなく一方的に断ると印象が悪いです。記憶に残りやすく、再度お店を利用するときに嫌な顔をされます。

チャット不動産屋なら気軽に利用できる

「断りの連絡を入れるのが面倒」「営業電話がしつこい」など、複数の不動産屋を巡って困っている人は、チャット形式の不動産屋を利用してみましょう。

ネット上の不動産屋「イエプラ」は来店不要でチャットやLINEでやり取りするので、電話やメールなどのかしこまったやり取りがなく、気軽に相談できます!

深夜0時までスタッフがリアルタイムで対応してくれますし、レスポンスも早いのでストレスなくお部屋を探せます。

業者専用のデータベース「ATBB」「レインズ」を使って物件を紹介してくれるので、ネット上にない非公開物件も見られます

イエプラボタンバナー

不動産屋への断り方【メール例文】

不動産屋や物件を断るタイミング
  1. 内見前
  2. 内見後
  3. 申し込み後
  4. 審査通過後~契約前
  5. 掛け持ちしていた他社で決めたとき
  6. しつこい営業メールが続いたとき

①内見前に断るときのメール例文

●●様

お世話になっております。▲▲です。
「◯◯ハイツ ✕号室」の内見の件でご連絡です。

内見のお手配までしていただいたところ大変恐縮ですが、今回は内見を見送りたいと思います。

家賃が予算オーバーしている不安が拭いきれず、もう少し安いお部屋で探し直すことにしました。

まだお部屋は探すので、引き続き物件を紹介していただければ幸いです。よろしくお願い致します。

▲▲(自分の名前)

物件の問い合わせ~内見までに断るときのテンプレートです。どうして内見を見送ったのか、理由を正直に伝えます。

まだお部屋を探すのであれば、最新の希望条件などを共有しましょう。別の不動産屋で進める場合は、最後にお世話になったお礼を添えてください。

②内見後に断るときのメール例文

●●様

お世話になっております。▲▲です。
本日は「◯◯ハイツ ✕号室」を内見させていただきありがとうございました。

長い時間付き合っていただいたところ恐縮ですが、もう少し別の物件も見てみたいと思います。

物件を探し始めたばかりなので、すぐ決めずに別のお部屋も見てから判断したいです。

引き続き物件を紹介していただければ幸いです。よろしくお願い致します。

▲▲(自分の名前)

内見後にお断りするときのテンプレートです。一般的に内見したあとは、申し込むかどうか判断します。スタッフと別れる前に伝えるケースや、一旦話を持ち帰るパターンもあります。

最後の1文は内見前のテンプレートと同じです。引き続きお部屋を探すなら、紹介してほしい旨を伝えてください。

③申し込みのキャンセル時のメール例文

●●様

お世話になっております。
先日「◯◯ハイツ ✕号室」を申し込んだ▲▲です。

申し込み後の連絡で大変申し訳ないのですが、物件のキャンセルは可能でしょうか。

家に帰って冷静に考えたら、予算よりも高い家賃で大丈夫か不安になったからです。駅徒歩10分を超えるのもきついなと感じています。

ご迷惑をおかけし申し訳ありませんが、何卒よろしくお願い致します。

▲▲(自分の名前)

物件を申し込んだあとのお断りメールです。紹介した通り、キャンセルしたい理由を正直に伝えましょう。

メールの送信後、担当スタッフから連絡が入る可能性が高いです。今後のお部屋探しの方針を打ち合わせます。

阿部さんのアイコン 阿部
キャンセルするなら審査通過までにしてください。審査中なら、まだ契約の準備に取り掛かっていないからです。

④審査通過後~契約前に断るときのメール例文

●●様

お世話になっております。▲▲です。
先日は審査通過のご連絡ありがとうございました。

契約前のタイミングで大変申し訳ないのですが、今回の物件を見送りたいと考えています。

見積もりよりも実際の初期費用が高額で、引っ越しに使うお金を確保できない可能性が出てきました。予算オーバーなのでキャンセルを希望します。

このようなタイミングでの連絡で申し訳ありませんが、ご確認のほどお願い致します。

▲▲(自分の名前)

審査の通過連絡をもらったあとに断るケースです。実はキャンセルが最も多いのは審査通過後のタイミングです。

後日、不動産屋から確定した初期費用の請求書が送られてきます。見積もりより高かったり、予算オーバーでトラブルになりやすいです。

一方的にキャンセルするよりは、仲介手数料の値引きで調整してもらうほうがトラブルを小さくできます。仲介手数料の交渉方法は次の記事で紹介しています。

▶仲介手数料を値切るコツはこちら

⑤掛け持ちしていた他社で決めたときのメール例文

●●様

お世話になっております。▲▲です。
沢山のお部屋のご紹介ありがとうございます。

これまでご尽力いただきましたが、今回は他の不動産屋にお願いすることにしました。

大変短い期間でしたが、とても親身にご対応いただきありがとうございました。また機会がありましたら、その際はよろしくお願い致します。

▲▲(自分の名前)

複数の不動産屋を掛け持ちしていて、お断りする不動産屋に送るテンプレートです。

お部屋を探してもらった期間が長いほど、丁寧にお礼を伝えてください。営業マンも良い印象を持ったまま、物件紹介を終わらせられます。

⑥しつこい営業を断るときのメール例文

●●様

お世話になっております。以前お部屋探しでお世話になった▲▲です。

実はすでに新居が決まりまして、引っ越しが済んでいます。もう物件情報は不要なので、ご認識のほどよろしくお願い致します。

仕事で忙しいため、電話も控えていただけると幸いです。また機会がありましたら、こちらからご連絡させていただきます。

▲▲(自分の名前)

しつこい営業メールや、電話が続いているときに使えるテンプレートです。断るときに有効的なのは「他社で決まった」「すでに引っ越した」という言葉です。

営業する意味がないので、しくこく連絡される可能性が大きく下がります。メールでのお部屋紹介が続いてしつこいなと感じた場合は、配信を止める旨を伝えましょう。

不動産屋への断り方のNG集

  • ・曖昧に伝える
  • ・電話やメールを無視する
  • ・申し込むかどうかの返信が遅い
  • ・物件やスタッフの悪口を言う

曖昧に伝える

内見や申し込みを断りたいとき、曖昧な表現を使わないように注意してください。自分が断ったつもりでも、相手に伝わっていない可能性が高いです。

代表的なNGワードは「検討しておきます」です。営業マンは、返信をいつまで待てば良いのか分からず困ってしまいます。

断る際ははっきり断るのが大切です。優柔不断で決断できないのであれば「◯日までに返信します」と伝えましょう。

電話やメールを無視する

不動産屋への断り方のNG例(電話やメールを無視する)
不動産屋からの電話やメールを無視して、断ったつもりになるのはNGです。ユーザー側からの返信がないと、営業マンは不安になります。

内見をドタキャンすると、スタッフの時間や手間を無駄にします。特に、契約前は手続きの準備を済ませている状況なので、多くの関係者に迷惑をかけてしまいます。

申し込むかどうかの返信が遅い

内見後、申し込むかどうかの返信が遅いと、物件の管理会社に迷惑をかけます。他のユーザーに取られないように、好意で募集を止めてくれるところもあるからです。

話を一旦持ち帰るときは、遅くても翌日には返事をしておきましょう。決めきれない場合は、すぐに営業マンへ相談してください。

物件やスタッフの悪口を言う

断るときに、内見した物件や不動産屋に対して文句を言うのはやめてください。スタッフも人間なので不満を覚えます。

不動産屋は横の繋がりが強いです。他の会社に情報共有された結果、次のお部屋探しに影響が出るので注意です。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
スーモやホームズにない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶

おとり物件が少ないサイト3選のサムネイル
不動産屋の悪質な広告「おとり物件」が少ないサイト3選!
記事を読む ▶

不動産屋を断るときの注意点

契約前なら申込金の返金を求める

申込金とは、物件を申し込む際に意思表示として払うお金です。手続きが進むと初期費用に充てられますが、キャンセル時は返金されます。

相場は家賃1ヶ月分で、申し込み日から3日以内に入金を求められるケースが多いです。

入金確認が取れると、支払ったことを証明する「預り証」が発行されます。キャンセル連絡するときは、預り証を準備しておきましょう。

阿部さんのアイコン 阿部
申込金が必要な物件は全体の約20%です。タウンハウジングやニチワの管理物件で求められることが多いです。

契約後は基本的に断れない

契約を結ぶと原則キャンセルができず、解約扱いとして処理されます。

契約書に署名捺印したら契約は成立します。事前に宅地建物取引士による重要事項説明があるので、物件概要や契約内容をしっかり理解しておきましょう。

阿部さんのアイコン 阿部
やむを得ない事情がある場合は、きちんと理由を説明してください。親切な不動産屋であれば、キャンセルしてくれる場合があります。

違約金が発生するケースがほとんど

契約後にキャンセルすると、ペナルティとして違約金が発生する物件もあります。

違約金は家賃1ヶ月分を請求されるケースが多いです。解約時にかかる費用は、契約前の重要事項説明に記載されています。

阿部さんのアイコン 阿部
解約すると、礼金や仲介手数料といった初期費用のほとんどが戻ってきません。やむを得ない理由以外でキャンセルするのはおすすめしません。

▶契約後にキャンセルする際の注意点はこちら

不動産屋や物件を断るときのよくある質問

不動産屋を断るのは失礼?

問題ありません。

不動産屋は断られるのに慣れています。断る側は気まずく感じますが、あまり気負いしなくて大丈夫です。

▲よくある質問に戻る

不動産屋を断るときはメールでも良い?

メールでも大丈夫です。

忙しい営業マンだと、メールで連絡をもらったほうが助かるケースもあります。送った履歴も残るためメールをおすすめします。

▲よくある質問に戻る

不動産屋への上手な断り方は?

断る理由を正直に伝えると良いです。

「家賃が5千円オーバーしていた」「日当たりが悪かった」など、物件を断る理由を具体的に説明してください。

他社で進めるときも同様です。「他社の物件に決めました」と言うだけで、不要な営業をかけられません。

▲よくある質問に戻る

物件が気に入らなかったときの断り方は?

具体的にどこが気に入らなかったかを伝えてください。

お断りするときの理由例
  • ・ネットの写真よりお部屋が汚く感じた
  • ・イメージより室内が狭かった
  • ・入口が狭くて家具家電が入らない
  • ・日当たりが悪かった
  • ・騒音や臭いが気になった
  • ・利便性の悪い立地だった など

物件で気になったデメリットを共有すると良いです。広さや日当たりなど、実際に内見して気付けたデメリットなら、不動産屋も納得しやすいです。

▲よくある質問に戻る

物件をキャンセルできるのはいつまで?

契約を結ぶまでです。

契約書に署名捺印すると契約が成立します。以降はキャンセルではなく、解約扱いになるので注意です。

ただし、手続きが進むほど多くのスタッフに迷惑をかけます。できれば審査結果が出るまでに連絡すると良いです。目安は申し込みから3~5日です。

▲よくある質問に戻る

不動産屋を掛け持ちするのはアリ?

問題ないです。

スーモが実施したアンケートによると、約34%の人が不動産屋を2件以上回っていました。複数の会社を掛け持ちするのは珍しくありません。

▲よくある質問に戻る

不動産屋の営業がしつこい場合どんな断り方をすれば良い?

「他社で決まった」と伝えてください。

「他社で決まった」「すでに引っ越し済み」と伝えれば、しつこい連絡を止められます。お部屋が決まった人に対して、営業する意味がないからです。

良い印象を持たなかった不動産屋なら、実際にお部屋が決まっていなくても同様に断って大丈夫です。

▲よくある質問に戻る

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

お店に行かなくても「イエプラ」なら、アプリやLINEで希望を伝えてお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです。

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶ 無料でお部屋探しを始める
follow us in feedly
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について