ソネット光プラスの料金プランは高い?安い?お得に安くなるパターンも大公開!

最終更新日:2021年06月11日
「So-net光プラスの月額料金について」のアイキャッチ
村野

更新月のたびに光回線を乗り換える変わり者。過去に使ってきたネット回線は、フレッツ光、ソフトバンク光、OCN光、ドコモ光の4社。

ソネット光プラス(So-net光プラス)の月額料金について、わかりやすく解説します!

ソネット光プラスは最初の2年間の月額料金がとても安い光回線です。月々の支出を抑えたい人にはおすすめです!

しかし、3年目からは料金が上がります。長く使い続けるほど、だんだんとお得ではなくなっていきます。ちょうどいいタイミングで解約するのがおすすめです!

この記事では、ソネット光プラスを最安で使うための方法をご紹介します。スマホのセット割や初期費用、オプション料金、解約費用などについても詳しく説明していきます。

おすすめ人気記事

おすすめの光回線7選を徹底解説
▶ソネット光の評判口コミなど全情報まとめ

ソネット光プラスは最初の2年間の月額料金が安い

電卓を持った女の子のイラスト

ソネット光プラスの月額料金は、最初の2年間が安いです。公式のキャンペーン割引が適用されて通常よりも約2,000円安く利用できます

以下で、戸建てプランとマンションプランの料金をまとめました。

戸建て マンション
1~2年目 3,828円 2,728円
3年目以降 6,138円 4,928円

2年目までの割引額は、戸建て・マンションプラン共に月々約2,000円です。この月額料金には、プロバイダ代も含まれています。

3年目以降は割引がなくなって、ほかの光回線と同じくらいの料金になります。それまでは、他社と比べると圧倒的な安さで利用できます。

村野さん 村野
上記の金額は、新規契約・転用・事業者変更のどの申し込み方法でも同じです。新規契約で開通工事が必要でも、特典で工事費用が実質無料になるからです。

他社の月額料金との比較

天秤にかけて比較している人のイラスト

ソネット光プラスの月額料金を、他社と比較しました。戸建てプランとマンションプランに分けて、それぞれ解説していきます。

戸建てプランの他社比較

ソネット光プラスの戸建てプランと、他社の月額料金を比較しました。割引される1~2年目と、割引きがなくなる3年目以降に分けて比較します。

1~2年目 3年目以降
ソネット光プラス 3,828円 6,138円
ドコモ光 5,720円
auひかり 5,610円
ソフトバンク光 5,720円
NURO光 5,217円

戸建ての月額料金は、1~2年目なら他社より2,000円くらい安いです。公式のキャンペーン割引が自動適用されるからです。

2年間では他社より5万円近く費用を抑えられます。3年目になると割引きが終了するので、他社と比べても同じくらいの金額になります。

ただし、auのスマホ利用者なら3年目以降も、他社より比較的安く利用できます。ソネット光プラスはauのスマホセット割に対応しているからです。

スマホセット割にについては後述します。

マンションプランの他社比較

マンションに注目しているイラスト

ソネット光プラスのマンションプランと、他社の月額を比較しました。割引される1~2年目と、割引きがなくなる3年目以降に分けて比較します。

1~2年目 3年目以降
ソネット光プラス 2,728円 4,928円
ドコモ光 4,400円
auひかり 4,455円
ソフトバンク光 4,180円
NURO光 5,217円
(一部の建物では2,090~2,750円)

ソネット光プラスは2年目までは、公式のキャンペーン割引が自動適用されます。そのため、1~2年目までは他社より約2,000円安くなりますが、3年目以降は大きな差がありません。

NURO光のマンション向けの低価格プランと比べた場合に限り、2,000円ほど差があります。ただし、NURO光の低価格プランは、ほとんど対応物件がないので、ほとんどの場合同程度の料金だと考えてください。

ちなみに、auのスマホ利用者は3年目以降も、他社より比較的安く利用できます。ソネット光プラスはauのスマホセット割に対応しているからです。

スマホセット割については後述します。

村野さん 村野
「NURO光 for マンション」というプランに対応した物件なら、月額2,090~2,750円でネットができます。ほとんど対応した物件はありませんが、回線を新たに検討するならNURO光に一度建物の対応状況を確認するといいでしょう。
関連記事

▶NURO光の料金プランや最もお得に契約できる方法
▶auひかりの料金プランや最もお得に契約できる方法
▶ドコモ光の料金プランや最もお得に契約できる方法
▶ソフトバンク光の料金プランや最もお得に契約できる方法

3年目以降は月額料金が上がる

請求額が高い!なイラスト

ソネット光プラスは3年目から月額料金が上がります。割引キャンペーンの期間が終わるからです。値上げ後の金額は、戸建て6,138円、マンション4,928円です。

3年目からの月額料金は、平均的な水準になります。

以下では、割引後でもほかの回線よりお得なのか検証しました。ソネット光プラスの契約期間は3年間なので、3年目と6年目までの累計額を他社と比較しています。

3年間の利用なら他の光回線よりも安い

ソネット光プラスは、3年の利用なら、ほかの光回線よりも安く済みます。以下で、NURO光とソフトバンク光と、3年間の累計費用を比較しました。

戸建て マンション
ソネット光プラス 165,528円 124,608円
NURO光 187,812円 187,812円
ソフトバンク光 205,920円 150,480円

ソネット光プラスのほうが、3万~5万円安いことがわかります。割引がなくなっても、すぐに他社より支出の合計が多くなってしまうわけではありません。

契約期間中に解約すると、2万円の違約金が発生して、むしろ損をします。割引が切れても、3年目の終わりまでは使い続けたほうが、損をしないと言えます。

村野さん 村野
ほとんどの人は、ソネット光プラスから3年目のタイミングで乗り換えたほうがお得です。分割工事費を一括払いする必要がありますが、高くても残債は1万円程度で済むからです。他社との累計費用も3万円ほど差があるので、損をすることはありません。

6年以上使う場合は他社のほうが安い

手でバッテンしている人のイラスト

6年以上使う場合は、他社のほうが安く済むケースがでてきます。他社と6年間の累計費用を比較すると、以下のようになります。

戸建て マンション
ソネット光プラス 386,496円 302,016円
NURO光 375,624円 375,624円
ソフトバンク光 411,840円 300,960円

戸建てはNURO光のほうが、マンションならばソフトバンク光のほうが安くなります。とくに戸建ては1万円の差が生じます。

そのため、3年目の段階でソネット光から乗り換えたほうが、安くなるケースが多いです。

ただし、auのスマホを利用する人なら、6年目以降でもNURO光やソフトバンク光より安くなります。ソネット光プラスは、auのスマホとのセット割が組めるからです。

村野さん 村野
NURO光やソフトバンク光は、ソフトバンクのスマホが安くなる回線です。一方で、ソネット光プラスはauのスマホが安くなります。auユーザーならソネット光プラスのほうが安いです。割引の詳細は、以下で解説します。

auのスマホ料金が月々1,100円安くなる

パソコン+光電話+スマホ=お得!(スマホセット割)なイラスト

auのスマホユーザーがソネット光プラスを契約すると「auスマートバリュー」の割引を使えます。この割引きは、auユーザーがKDDIと提携している光回線をセット契約すると、スマホ代が安くなる制度です。

ソネット光プラスはKDDIと提携している光回線なので、auスマートバリューが使えます。割引を適用すると、auのスマホ1台につき月額料金を最大1,100円引きできます。

ちなみに、スマホのプランによって割引額が違います。プランごとの割引額については、下表にまとめました。

割引額
使い放題MAX 5G/4G -1,100円
使い放題MAX 5G/4G
テレビパック
使い放題MAX 5G/4G
Netflixパック(P)
使い放題MAX 5G
ALL STAR パック
使い放題MAX 5G
with Amazonプライム
タブレットプラン20
ピタットプラン 5G
(1~7GB)
-550円
※1GB以下は対象外
ピタットプラン 4G LTE
(1~7GB)
ピタットプラン 5G(s)
(2~20GB)
-550円
※2GB以下は対象外
ピタットプラン 4G LTE(s)
(2~20GB)
過去の契約プランの割引額はこちら
割引額
新auピタットプラン
(1~7GB)
-550円
※1GB以下は対象外
データMAX5G
ALL STARパック(P)
-1,100円
データMAX5G
ALL STARパック
データMAX5G
テレビパック
データMAX5G
with Amazonプライム
データMAX5G
Netflixパック(P)
データMAX5G/4G LTE
Netflixパック
データMAX5G/4G LTE
auデータMAXプラン
Netflixパック
auデータMAXプランPro
auフラットプラン25
NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン
7プラスN
auデータMAXプラン
auフラットプラン30
auフラットプラン25
Netflixパック
auフラットプラン20
タブレットプラン20
auフラットプラン
7プラス
auフラットプラン5
(学割用)
auピタットプランN(s)
(2~20GB)
-1,100円
※2GB以下は-550円
※1GB以下は対象外
auピタットプラン
(2~20GB)
auピタットプラン(s)
(2~20GB)
データ定額1 -1,027円(2年間)
※3年目以降-550円
データ定額2/3 -1,027円
データ定額3cp
ジュニア
スマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp
U18データ定額20 -1,551円
データ定額5/8/20 -1,551円(2年)
※3年目以降-1,027円
データ定額5cp
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
データ定額10/13/30 -2,200円(2年)
※3年目以降-1,027円
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i) -1,100円
LTEフラット
for DATA (m)
-1,551円(2年)
※3年目以降-1,027円
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)

割引の適用条件は、月額550円の光電話への加入です。光電話へ加入したうえで、auショップか公式サイトで手続きをすると割引きを受けられます。

550円以上の割引を受けられる場合は、ぜひ活用しましょう!

家族割プラスを併用することでさらに料金を安くできる

auのスマホユーザーは「家族割プラス」というauの割引サービスを併用することでスマホ料金をさらに安くできます

「家族割プラス」とは、家族でauのスマホを使っている際に受けられる割引サービスです。au回線の数に応じて、端末ごとの利用料が550~1,100円割り引きされます。

1人あたりの割引額
2回線 -550円
3回線 -1,100円

一人暮らしの場合は「家族割プラス」は無意味ですが、3人家族なら1,100円引きになります。「auスマートバリュー」と合わせると、約2,200円の割り引きです!

家族割プラスの割引対象になるプラン
家族プラスの割引対象となるプランを下記にまとめました。

現在auで契約できるプラン
  • ・使い放題MAX 5G
  • ・使い放題MAX 5G Netflixパック(P)
  • ・使い放題MAX 5G ALL STAR パック
  • ・使い放題MAX 5G テレビパック
  • ・使い放題MAX 5G withAmazonプライム
  • ・使い放題MAX 4G
  • ・使い放題MAX 4G Netflixパック(P)
  • ・使い放題MAX 4G テレビパック
  • ・ピタットプラン5G
  • ・ピタットプラン4G LTE(新auピタットプランN)
新規契約が終了のプラン
  • ・データMAX5G
  • ・データMAX5G Netflixパック
  • ・データMAX5G ALL STARパック
  • ・データMAX 5G テレビパック
  • ・データMAX4G LTE
  • ・データMAX4G LTE Netflixパック
  • ・ピタットプラン5G
  • ・ピタットプラン4G LTE(新auピタットプランN)
  • ・auデータMAXプラン
  • ・auデータMAXプラン Netflixパック
  • ・auデータMAXプランPro
  • ・auフラットプラン7プラス
  • ・auフラットプラン7プラスN
  • ・新auピタットプラン

※家族割プラスの割引内容は、プランによって変動します。また、新規受付が終了しているプランでも、家族割プラスの対象になります。

工事費は実質無料になる

電柱から一軒家に光ケーブルを引いている工事の様子のイラスト

ソネット光プラスを新規契約すると、工事費が実質無料になります。新規加入者全員を対象に、工事費が無料になるキャンペーンを実施しているからです。

通常は26,400円の工事費がかかりますが、負担する必要がありません。

そのため初期費用は事務手数料の3,300円しかかかりません。

時間を指定すると追加の工事費がかかる

ソネット光プラスは、工事時間を指定すると、追加の料金が発生します。追加工事費はキャンペーンで無料にならないので、負担が必要になります。

例えば、土日・祝日を指定すると3,300円の追加費用が発生します。この費用については、負担が必要です。

また、夜間や深夜の工事も指定できます。ただし、かなり高額な費用負担が必要です。

費用は実費負担となるので、当日の工事内容や作業時間、地域によって変わると考えてください。

村野さん 村野
追加費用は、工事費実質無料の特典で割り引きされません。よほどの事情がない限りは、ソネット光プラス側からの指定日に工事したほうが良いです。

NTT回線からの乗り換えなら工事不要なケースが多い

工事不要のイラスト

ソネット光プラスは、NTTの回線網を利用する光回線からの乗り換えなら、工事が不要になることが多いです。

NTT回線網を使っている光回線とは、例えば、フレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光などです。ソネット光プラスは、これらと同じ回線網を使っているから工事が不要です。

ただし、NTT回線内の乗り換えでも、最大通信速度を変更したり、引っ越し先でのサービス利用なら、工事が発生することがあります。

また、独自の回線を利用している、auひかりやNURO光のような回線から乗り換える場合も工事が必要です。NTTの回線網を使ったサービスではないので、新規に開通工事が必要です。

関連記事

▶フレッツ光から転用するメリットとデメリット

ソネット光プラスの解約にかかる費用

請求額が高い!なイラスト

ソネット光プラスは、解約時に違約金と工事の残債を請求される場合があります。費用は、下表の通りです。

費用
違約金 20,000円
工事費残債 26,400円のうち未払いの分割工事費

違約金と工事費の残債の支払額は、利用期間によって変わります。なので、上記の金額が全て発生するわけではありません。

解約を検討する際に更新月や、工事費の残債の確認が必要ならば「So-netマイページ」から確認できます。

ちなみに、事業者変更や転用でソネット光プラスに乗り換えた場合は、違約金しか請求されることはほとんどありません。乗り換え前の回線設備を使いまわすので、工事をしていないことがほとんどです。

契約期間中に解約すると違約金2万円が発生する

ソネット光プラスは3年契約なので、36ヶ月の契約期間中に解約をすると違約金が発生します。違約金は20,000円です。

ただし、更新月に解約をすると違約金はかかりません。更新月とは、契約期間終了後、無料で契約内容を変更できる期間のことです。

ソネット光プラスの場合は、契約期間終了の翌月と翌々月が更新月です。つまり、37~38ヶ月目なら違約金が発生しません。

ちなみに、更新月を過ぎると再び36ヶ月経過するまでは、違約金が発生します。ソネット光プラスの契約は、自動更新される仕組みだからです。

最初の更新月で解約すると工事費の残りを請求される

カレンダーを見て期間を待っているイラスト

最初の更新月で解約すると、分割工事費の残りを一括請求されます。ソネット光プラスの開通工事費は、一括払いではなく、分割払いされる仕組みだからです。

分割回数は戸建て60回、マンションは48回です。初回の更新月は37~38ヶ月目なので、工事費の残債を支払う必要があります。

ちなみに、工事費無料のキャンペーンを受けていた場合でも、支払いが発生します。

工事費無料のキャンペーンは、分割工事費と同額の割引をすることで実現しているからです。割引は解約時点までしか適用されないので、この時点で残っている工事費を請求されます。

村野さん 村野
事業者変更や転用でソネット光に乗り換えをした場合は、最初の更新月でも工事の残債を請求されることはありません。以前使っていた回線の設備を使いまわしていることがほとんどなので、乗り換えの際に工事をしていないことが多いからです。

利用年数別の工事費残債

利用年数ごとの工事費の残債を下表にまとめました。

戸建て マンション
1年目
(12ヵ月目)
21,120円 19,800円
2年目
(24ヵ月目)
15,840円 13,200円
3年目
(36ヵ月目)
10,560円 6,600円
4年目
(48ヵ月目)
5,280円 完済
5年目
(60ヵ月目)
完済

工事費の分割金は、戸建て月440円60回払い、マンションは月550円48回払いです。そのため、同じ利用年数でも残債の金額が違います。

また、完済するタイミングも1年の違いがあります。

ソネット光プラスのオプション料金

選択肢がたくさんあるイラスト

ソネット光プラスのオプション料金を、下表にまとめました。光電話や光テレビ、セキュリティーオプションなどを契約する人は参考にしてください。

月額料金 サービス内容
光電話 550円 通話料全国1律8円/3分
光テレビ 825円 アンテナなしでテレビが観られる
ひかりTV
for So-net
1,650円~ 79種類の専門チャンネルが視聴できる
U-NEXT
for So-net
2,189円 映画やドラマ・アニメなどの20,000本のタイトルを視聴できるネット動画サービス
ウイルス対策ソフト
S-SAFE
無料 PCをウイルスや迷惑メールの脅威から保護
IPv6(IPoE)接続 無料 安定して速い通信をする接続サービス
Wi-Fiルーター 440円
または無料
Wi-Fi機能があるIPv6対応ルーター。回線と同時申し込みで永年無料レンタル
インターネット
サギウォール
330円 詐欺サイトをブロックできる
So-net
安心サポート
330円 PCやネットのトラブル相談
24時間出張修理
オプション
2,200円~ PCやネット機器の出張修理を受けられる
So-net くらしの
お守りワイド
450円 水回りなど生活関連のサポートサービス
えらべる倶楽部
for So-net
550円 買い物で使える優遇サービス

上記のオプションは任意の加入なので、必要に応じて加入しましょう。

ちなみに、auスマートバリューの割引を受けたい人は、光電話へのオプション加入が条件です。割引額のほうが高くなるので、ぜひ活用してみましょう。

ソネット光電話のプランと月額料金

ソネット光電話の月額料金は「基本プラン」と「セットプラン」があります。

無料通話 月額料金
基本プラン なし 550円
セットプラン 480円分あり
(3時間相当)
1,650円

基本プランは、主にauスマートバリューを適用するのにおすすめで、セットプランは固定電話をメインに使う人に向いているプランです。

従来のアナログ電話の基本料は約2,000円ほどなので、両方とも割安です。

ソネット光電話の通話料の目安

ソネット光電話の通話料の目安は、以下のとおりです。

通話料金
固定電話と通話 8円/3分
スマホなどへの通話 16~18円/1分
アメリカの電話と通話 9円/1分

ただし、上記の表の料金はおおよその目安です。実際の料金は、通話先の事業者などによって変わります。

auスマートバリューを適用するなら基本プランがおすすめ

ソネット光プラスでauスマートバリューを適用させる場合は、月額550円の基本プランの契約がおすすめです。

基本プランは、利用した分だけ基本料金に加算されていくタイプです。光電話を実際に使わなければ、基本料金の550円だけで済みます。

固定電話の利用回数が多いならセットプランがおすすめ

セットプランの月額は1,650円です。基本プランとは違い、発信者番号表示や着信拒否設定などのサービスが追加されています。

また、約3時間程度の無料通話分があります。そのため、固定電話をよく利用する人に向いているプランです。

無料通話分を使いきれなかった場合は、翌月に繰り越されます。

テレビオプションは3種類ある

テレビを見ているイラスト(光テレビ)

ソネット光プラスには、3種類のテレビオプションがあります。「So-net光テレビ」「ひかりTV for So-net」「U-NEXT for So-net」の3つです。

各サービスの特徴は以下のとおりです。

特徴
So-net光テレビ 地デジや無料のBSを視聴できる
ひかりTV for So-net 地デジ、BS、有料チャンネルを視聴できる
U-NEXT for So-net 映画、アニメ、ドラマなどを視聴できるVODサービス

So-net光テレビは、地デジと無料のBSが観られるオプションです。アンテナ不要で、綺麗な番組が観られます。ただし、有料チャンネルを観たい場合には、スカパー!の別途契約が必要です。

ひかりTV for So-netとU-NEXT for So-netは、有料のVOD(ビデオ・オン・デマンド)です。有料チャンネルや、映画・ドラマ・アニメなどを楽しめます。

ただし、U-NEXT for So-netだけは、地デジとBSは観られません。映画やアニメ、ドラマなどに特化しているVODサービスだからです。

村野さん 村野
契約すべきテレビサービスは、映画やアニメなどの有料チャンネルを視聴するかどうかで違います。有料チャンネルを観たい人は、ひかりTVかU-NEXTを選びましょう。

各テレビオプションの月額料金

各テレビオプションの月額料金は、以下のとおりです。

月額料金
So-net
光テレビ
825円
U-NEXT
for So-net
2,189円
ひかりTV
for So-net
1,650~2,750円
(2年割)
2,750~3,850円
(通常)

ちなみに、So-net光テレビを観るためには工事が必要です。

また、ひかりTV for So-netを視聴するには、月額550円の専用チューナーをレンタルする必要があります。

So-net光テレビが使えるのは戸建てだけ

So-net光テレビを導入できるのは、基本的には戸建てだけです。

マンションでは、東日本エリアでしか提供されていません。さらに、建物内部の配線が光配線方式を採用している場合に限られます。

新しいマンションの一部でしか光配線方式は採用されていません。

So-net光テレビを導入できなかった場合は、ひかりTV for So-netの導入を検討すると良いでしょう。ひかりTV for So-netは、マンションの設備に左右されることなく導入できます。

So-net光テレビには初期費用がかかる

So-net光テレビを利用するには工事が必要です。テレビの台数に応じて、以下の初期費用が発生します。

テレビ1台 テレビ2台~
テレビ伝送サービス工事 3,300円 3,300円
テレビ接続工事 7,150円 10,780円
テレビ視聴サービス登録料 3,080円 3,080円
合計 13,530円 17,160円

ちなみに、上記のテレビ接続工事費は、自分で接続する場合はかかりません。

ソネット光プラスの料金を安くする方法

料金が安くなって嬉しい女性のイラスト

ソネット光プラスの料金を安くする方法を紹介します。ポイントは以下の2つです。

ソネット光プラスを安く使う方法
  • ・auスマートバリューを適用する
  • ・不要なオプションに加入しない

上記の2点さえ抑えておけば、毎月の出費を抑えることができます。以下で詳しく解説するので、参考にしてください。

auスマートバリューを適用する

ソネット光プラスは、auのスマホとセットで利用すると、auスマートバリューの割引を受けられます。この割引きは、スマホ代が1端末あたり最大1,100円安くなります。

割引は、10台分まで受けられます。例えば、家族4人でauのスマホを使う家庭なら、年間で最大48,000円安くなります。

割引条件は、ソネット光電話へ加入するだけなので、お得になるケースのほうが多いです。

ソネット光電話に加入後、auショップやネット上で申し込みができます。永年の割引なので、auのユーザーは絶対に適用しましょう。

不要なオプションに加入しない

月々の負担を少なくする場合は、不要なオプションには加入しないようにしましょう。例えば月額550円のオプションに2つ加入しただけで、年間の支出が13,200円高くなります。

そのため、日常生活で使わないものは加入しないべきです。毎月1回以上利用するサービスかどうかを基準にするといいです。

一般的に必要なオプションと、不要なオプションの例を下表にまとめました。参考にしてください。

必要なオプション ・光電話
・光テレビ
不要なオプション ・So-net くらしのお守りワイド
・えらべる倶楽部for So-net

光電話や光テレビは、auスマートバリューやキャッシュバックの条件なので、加入することでお得になるケースがあります。また、ライフスタイルやおうちの環境次第では必要不可欠な場合もあります。

その反面、くらしのお守りワイドのようなサービスは、必要性が低いです。水回りのトラブルが起きたときなどにサポートが受けられますが、頻発するケースはほぼないでしょう。

それに、部品交換が必要な修理は、部材代や作業費が別途かかります。月額料金だけで、どんなトラブルにも対応してもらえるわけではありません。

24時間トラブル受付している業者もあるので、加入しなくても問題はないはずです。

自分自身の料金を確認する方法

PCで調べものしている人のイラスト

自分の契約しているソネット光プラスの料金は「So-netマイページ」から確認できます。

マイページでは、サービスの請求金額、利用期間、支払い方法の確認・変更などの情報を一通り確認できます。

料金が高いように感じたら、一度チェックしてみましょう。

ソネット光プラス問い合わせ窓口

上記以外の点で確認したいことがあれば、下記の問い合わせ窓口からできます。

問い合わせ窓口 0120-80-7761

受付時間は9時~18時までです。問い合わせ窓口は、込み合うことが多いので、時間に余裕があるときに問い合わせましょう。

ソネット光プラスは公式サイトから申し込むのが1番お得

メモ帳を持った女の子のイラスト

ソネット光プラスを契約する際は公式サイトからの申し込みが一番お得です。

前述した月額料金の割引キャンペーンは、公式サイトから申し込むと適用できます!

また、公式サイトのキャンペーンは、適用条件がかなりシンプルです。3年契約でさえあれば、オプションの加入は必要ありません。

代理店や家電量販店からも申し込みできますが、割引額が下がったり、余計なオプションに加入される可能性が高いです。必ずソネット光プラスの公式サイトから申し込みましょう。

\マンション2,780円、戸建て3,780円/

私たちがおすすめしている光回線7選

現在、100社以上ある光回線の中で、私たちがおすすめしているのは7社です。

お使いのスマホキャリアによって変わるので、どこの光回線にすべきか迷っている方は参考にしてください!

おすすめ光回線の選び方

おすすめ光回線の選び方

三瓶さん 三瓶
基本的にはスマホに合わせた光回線を選んで、以下のようにセット割を適用させるとお得です!

3人家族でスマホセット割を適用した場合の2年間の割引額

光回線ごとで、 最もお得なキャンペーンを展開中の優れた窓口をご紹介します。

とくにドコモ光は新規契約でも乗り換えでも、通常よりかなりお得な還元キャンペーン中です。ぜひ期間中に検討してみてください!

光回線 おすすめ理由
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーにとって最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
20,000円のキャッシュバック
解約費用の補助がある(最大2万円) お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ auユーザーなら最安クラスの光回線
最大52,000円のキャッシュバック
auのセット割が使えてお得 お得なキャンペーン窓口
eo光のロゴ auで関西地方なら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
1年目の月額料金が約3,000円 お得なキャンペーン窓口
コミュファ光のロゴ auで東海地方なら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
回線速度がトップクラスに速い お得なキャンペーン窓口
NURO光のロゴ ソフトバンクで戸建てなら最安
最大速度2Gbpsで他の光回線より速い
ソフトバンクのセット割が使えてお得 お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ ソフトバンクでマンションなら最安
ソフトバンクのセット割が使えてお得
ワイモバイルの料金も安くなる お得なキャンペーン窓口
ソネット光プラスのロゴ 格安スマホなら最安クラスの光回線
全国対応の光回線で料金が安い
auのセット割にも対応している お得なキャンペーン窓口

ソネット光の記事

  •  

  • 一番お得なキャンペーン窓口

    ドコモスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!

    auスマホならスマホ料金も安くなる!NNコミュニケーションズからの申し込みが一番お得!

    ソフトバンクやワイモバイルのスマホ料金が安くなる!エヌズカンパニーからの申し込みが一番お得!

    回線速度の速さを求めるなら1番おすすめ!公式サイトから45,000円キャッシュバック!

    光回線ごとの記事一覧