光回線が引けない家でもオンラインゲームはできる?おすすめのケーブルテレビ回線やホームルーターを比較

PR
「光回線が引けない!オンラインゲームはできない?」のアイキャッチ
解決できる疑問
  • 光回線が引けなくてもゲームはできる?
  • 光回線以外でおすすめのゲーム回線は?
  • ホームルーターやモバイルWiFiでもできる?

家に光回線が引けない場合でも、オンラインゲームはプレイできます!ケーブルテレビ回線やホームルーターで問題なくプレイ可能です。

しかし、光回線でないとラグや遅延がひどく、オンラインゲームを快適にプレイできないのではないか?と疑問に思う人も多いようです。

そこでこの記事では、光回線以外のネット回線を比較し、光回線が引けない場合のおすすめ回線を紹介しています。

西久保(ヒカリク編集部)

ゲーム攻略サイト「アルテマ」で5年間メディア運営に携わったゲーム好き。FF14とApexをこよなく愛すゲーム回線マニア。

J:COM NETの一番お得なキャンペーン窓口
J:COM NETロゴ_PC表示用
J:COM NETロゴ_スマホ表示用
⇒J:COM NETは公式サイトが最もお得!
▼J:COM NET×公式サイトの特徴
・最大55,000円分のQUOカードプレゼント
・WEB限定スタート割で最大66,000円割引
・新規申し込みで工事費が実質無料
・J:COM TVもセットでお得に使える
\最大55,000円分のQUOカードプレゼント!/

目次

光回線が引けない家でもオンラインゲームはできる?おすすめのネット回線は?

なにかを調べているイラスト

光回線以外のインターネット回線を比較!ゲームにおすすめなのはどれ?

ケーブルテレビ ホームルーター ポケット型WiFi テザリング
通信の安定性 ○のアイコン安定 △のアイコン安定 ×のアイコン不安定 ×のアイコン不安定
最大速度
(下り)
◎のアイコン1Gbps
(1,000Mbps)
○のアイコン481Mbps~4.7Gbps ○のアイコン440Mbps~2.2Gbps ○のアイコン4.2Gbps
最大速度
(上り)
△のアイコン100Mbps
△のアイコン10~218Mbps △のアイコン37~183Mbps △のアイコン218 Mbps
平均速度 ◎のアイコン約249Mbps △のアイコン約44~180Mbps △のアイコン約5.6~80Mbps △のアイコン約9~91Mbps
ラグの少なさ
(Ping値)
◎のアイコン約24.5ms △のアイコン約50ms ×のアイコン約55~70ms ×のアイコン約58ms
回線の種類 ケーブルテレビ 電波 電波 電波
ケーブルテレビ ホームルーター ポケット型WiFi テザリング
通信の
安定性
○のアイコン安定 △のアイコン安定 ×のアイコン不安定 ×のアイコン不安定
最大速度
(下り)
◎のアイコン1Gbps
(1,000Mbps)
○のアイコン4.7Gbps ○のアイコン2.2Gbps ○のアイコン4.2Gbps
最大速度
(上り)
△のアイコン100Mbps △のアイコン10~218Mbps △のアイコン37~183Mbps △のアイコン218 Mbps
平均速度 ◎のアイコン約249Mbps △のアイコン約44~180Mbps △のアイコン約5.6~80Mbps △のアイコン約9~91Mbps
ラグの
少なさ
(Ping値)
◎のアイコン約24.5ms △のアイコン約50ms ×のアイコン約55~70ms ×のアイコン約58ms
回線の種類 ケーブルテレビ 電波 電波 電波
「下り」「上り」とは
サーバーへのアップロード・ダウンロードの説明

情報を読み込んだり、ダウンロードするときの速度を「下り」といいます。一方で、情報をアップロードするときの速度を「上り」と表現します。

自分の操作した情報をゲームサーバーに届ける際にはアップロードが実行され、操作によるキャラクターの動作や他のプレイヤーの動向はダウンロードによって画面に反映されます。

オンラインゲームを遊ぶ際には、どちらの値も重要です。

「bps」とは
1秒間に送信できるデータ量を表した値です。数値が大きいほど通信速度が速いです。

光回線が引けない家でオンラインゲームをするならケーブルテレビ回線がおすすめです。光回線以外の選択肢であれば、通信が一番安定しているからです。

住んでいる建物で光回線の開通工事ができない場合は、ホームルーターがおすすめです。ゲームにはあまり向きませんが、ポケット型WiFiやテザリングより回線が安定しています。

光回線が使えないならケーブルテレビ回線が最もおすすめ

光回線が使えないならケーブルテレビ回線が最もおすすめです。物理的なケーブルで通信するネット回線なので、比較的安定してオンラインゲームをプレイできます。

光回線ほどではないですが、下り速度はそれなりの通信速度が出ます。また、ホームルーターやモバイルWiFiに比べるとPing値も低めです。

ただし、ケーブルテレビ回線は上り速度がかなり遅いので、FPSなどのジャンルではラグが起きる可能性があります。

ケーブルテレビ回線ならJ:COMがおすすめ

光回線 J:COM NET 光

戸建て月額 関東:5,478円
関東以外:5,258円
マンション月額 5,258円
最大速度 下り:1Gbps
上り:100Mbps
平均速度 下り:249Mbps
上り:42Mbps
契約期間 戸建て:2年
マンション:1年
工事費 戸建て:47,520円
マンション:18,480円
実質無料になる
セット割対象 au
UQモバイル
最大1,100円割引
キャンペーン特典 QUOカードPay6,000円分

J:COMは、ケーブルテレビ用の配線を利用するネット回線です。ケーブルテレビの中では最も有名な回線で、auやUQモバイルとのセット割が適用できます。

通信速度や、通信の品質は光回線よりも劣りますが光回線以外でネットを契約するのであればJ:COMが一番おすすめです。

また、契約するプランによっては多くの専門チャンネルを楽しめるため、ネットだけでなくテレビも充実させられます。

\QUOカードPay6,000円がもらえる!/
関連記事

▶J:COM NET320Mコースでオンラインゲームはできる?

光回線の開通工事ができないならホームルーターがおすすめ

home5Gはコンセントに差すだけでWi-Fi環境が整う のイラスト

工事ができないなどの理由でケーブルテレビ回線を利用できない場合はホームルーターがおすすめです。工事不要でコンセントに挿すだけで利用できます。

FPSなどのジャンルは通信品質が足りず難しいですが、タイトルを選べば快適にオンラインゲームを楽しめます。

関連記事

▶ホームルーターで遊べるゲームのジャンルを解説

工事不要のホームルーターならドコモ home5Gがおすすめ

ドコモhome5Gロゴマーク

月額料金 4,950円
(4G/5G共通料金)
5G最大速度 下り:4.2Gbps
上り:218Mbps
4G最大速度 下り1.7Gbps
上り131.3Mbps
平均速度 下り:242.2Mbps
上り:22.0Mbps
データ容量 無制限
契約期間 なし
(期間縛りなし)
端末代金 39,600円
実質無料になる
セット割対象 ドコモ
最大1,100円割引
キャンペーン特典 Amazonギフト券20,000円分

ドコモhome 5Gはホームルーターの中で最も優秀な端末です。他社のホームルーターよりも最大速度が速いうえに、データ容量も無制限で利用できます。

また、ドコモのスマホセット割が適用できるため、ドコモユーザーにとってお得なホームルーターです。

端末代も実質無料で利用できるので、ホームルーターを試してみたい人におすすめです。

\当サイト限定!20,000円分の特典還元!/
ドコモhome 5Gの一番お得な窓口

関連記事

▶home5Gでオンラインゲームはできる?

モバイルWiFiやテザリングでのオンラインゲームはおすすめしない

モバイルWiFiやテザリングは回線の安定性や平均速度の遅さから、オンラインゲームをプレイするにはおすすめできません

高速通信でなくてもプレイに支障がないカードや麻雀などのボードゲームであれば問題なくプレイできますが、FPSや格闘ゲームといったフレーム単位の操作が重要なジャンルには不向きです。

光回線以外でオンラインゲームを快適にプレイできる目安

PCゲームをやっている人のイラスト

下りの回線速度の目安は100Mbps以上

光回線以外でオンラインゲームを快適にプレイできる下りの回線速度の目安は100Mbpsです。

下り方向の通信は情報を読み込んだり、ダウンロードに関連します。オンラインゲームでは他プレイヤーの動きを画面に反映させます。

下り回線が遅いネット回線を使っていると、FPS/TPSなら敵が瞬間移動をしたり、動きがカクついて倒しにくくなるなどの支障が出ます。

また、ゲームの初回ダウンロードやアップデートでの待ち時間が長くなります。

回線別の下り回線速度比較

下り最大速度 下り平均速度
J:COM
(ケーブルテレビ)
1Gbps
(1,000Mbps)
249Mbps
ドコモ
home 5G
(ホームルーター)
4.2Gbps
(4,200Mbps)
177.6Mbps
Speed Wi-Fi
HOME 5G L12
(ホームルーター)
2.7Gbps
(2,700Mbps)
112.1Mbps
Galaxy 5G
SCR01
(モバイルWi-Fi)
2.2Gbps
(2,200Mbps)
70.3Mbps
Speed Wi-Fi
5G X11
(モバイルWi-Fi)
2.7Gbps
(2,700Mbps)
58.5Mbps
テザリング 4.9Mbps
(4,900Mbps)
87.1Mbps

下りの平均速度はJ:COMが一番速いです。ケーブルで通信するネット回線なので、その他の無線通信の回線に比べて圧倒的に速いです。

一方、2番目に速いドコモhome 5Gでも十分な速度が出ています。平均速度が191.2Mbpsなので、利用環境が良いとさらに速くなる可能性があります。

オンラインゲーム用として光回線が使えないならJ:COM、工事ができないならドコモhome 5Gがおすすめです。

上りの回線速度の目安速度は20Mbps以上

上りの回線速度の目安は20Mbpsです。オンラインゲームでいうと、自分の操作した情報をゲームサーバーや他のユーザーに届けるアップロードの通信です。

上りの回線速度が遅いとラグを感じる可能性が高いです。リアルタイムで自分が操作した情報と画面反映がズレるなどの影響があります。

しかし、オンラインゲームでは上りの速度より下りのほうが重要です。ボタン入力などの操作でサーバーへ送るデータ量は小さいためです。

西久保さん 西久保

ちなみに、オンラインゲームをリアルタイム配信する場合は上り20Mbpsでは足りません。

ゲームと配信の両方で上りを使うので、遅いとゲームでラグる場合があります。

回線別の上り回線速度比較

上り最大速度 上り平均速度
J:COM
(ケーブルテレビ)
100Mbps 42.3Mbps
ドコモ
home 5G
(ホームルーター)
218Mbps 19.5Mbps
Speed Wi-Fi
HOME 5G L12
(ホームルーター)
183Mbps 18.1Mbps
Galaxy 5G
SCR01
(モバイルWi-Fi)
183Mbps 15.25Mbps
Speed Wi-Fi
5G X11
(モバイルWi-Fi)
183Mbps 10.5Mbps
テザリング 218Mbps 18.9Mbps

上りの回線速度もJ:COMが一番速いです。ただし平均速度42.3Mbpsは光回線に比べると決して速くはないです。J:COMはテレビ用の同軸ケーブルを利用しているので、上り速度が遅いです。

また、上り速度の目安である20Mbpsを平均で上回っていても、オンラインゲームを快適に利用できる基準とは断言できません。

プレイはできますが、時間帯による回線の混雑や機器の接続数で少しでも速度が落ちるとラグが起きます。

応答速度(Ping値)の目安は50ms以下

pingの説明

応答速度(Ping値)の目安は50ms以下です。応答速度とは自分の端末から送ったデータに対して、サーバーから反応が返ってくるまでの速度です。

Ping値が低いほどラグを感じにくいです。反対に高いとラグが生じやすいので、FPS/TPSでは瞬間移動やすり抜けなどの現象が起きる可能性があります。

極端な例だと、Ping値が1msの人と100msの人がプレイした場合、同時に操作すれば1msの人が0.1秒速く動き出すことになります。

回線別の平均応答速度比較

平均応答速度
(Ping値)
J:COM
(ケーブルテレビ)
24.5ms
ドコモ
home 5G
(ホームルーター)
50.3ms
Speed Wi-Fi
HOME 5G L12
(ホームルーター)
45.01ms
Galaxy 5G
SCR01
(モバイルWi-Fi)
52.1ms
Speed Wi-Fi
5G X11
(モバイルWi-Fi)
52.1ms
テザリング 58.4ms

平均応答速度もJ:COMが一番速いです。ケーブルで接続されているネット回線のため、無線のネット回線よりも安定しています。

ホームルーターやモバイルWi-Fiは、どれもあまり差がないです。40~55ms程のPing値のため、プレイは可能ですが、多少ラグが発生する可能性はあります。

応答速度は、リアルタイムのオンラインゲームをやるうえで重要な数値です。数値が低いほうが優秀なため、光回線以外でオンラインゲームをするならJ:COMがおすすめです。

データ通信量による速度制限の有無

速度制限されてゲームがプレイできずイライラしている人

データ通信量による速度制限があると快適に遊べない可能性があります。どれくらいの通信量で制限されるかはサービスによって異なるため、それぞれの規約を確認しましょう。

ほとんどのサービスは短期間に大量の通信をしたり、ネットワークが高負荷になると制限されます。ゲームのプレイ中は常に通信するので、制限がかかりにくいほうが良いです。

回線別の通信制限されるケース

速度制限になる条件
J:COM ・1日に30GB以上のデータを継続的に送信すると制限される
ドコモ
home 5G
(ホームルーター)
・直近3日の通信が特に多い場合に制限される可能性がある
・ネットワーク高負荷などの理由で通信速度を制限される場合がある
Speed Wi-Fi
HOME 5G L12
(ホームルーター)
・一定期間内に大量のデータ通信した場合に制限される可能性がある
・ネットワーク高負荷などの理由で通信速度を制限される場合がある
Galaxy 5G
SCR01
(モバイルWi-Fi)
ネットワーク高負荷などの理由で通信速度を制限される場合がある
Speed Wi-Fi
5G X11
(モバイルWi-Fi)
テザリング

どのサービスも具体的な数値の条件は公表していません。何ギガ以上通信したときに速度制限されるかわかりません。

実際に速度制限されやすいかはユーザーの意見を参考にしましょう。以下にtwitterでの速度制限に関する口コミを紹介していきます。

回線別の速度制限についての口コミ

ネット上で口コミを調べてみるとJ:COMで制限されたという声は見当たらないです。また、ドコモhome 5Gで速度制限されたという声もほとんどなかったです。

それ以外のネット回線は通信制限を受けたという意見が散見されたので、通信制限をできるだけ避けるならJ:COMかhome 5Gを利用しましょう。

西久保さん 西久保

ちなみに、5G非対応のWiMAX2+を契約している場合は3日で10GB以上利用すると速度制限がかかります!

WiMAX契約中の人は、5G対応プランか確認しましょう。

ほんとうに光回線が引けない?光回線が引けない場合の対処方法

「?」のイラスト

光コンセントが無い場合は開通工事をすれば光回線を開通できる

自宅に光コンセントが無い場合でも新たに開通工事をすれば光回線を引けます

光コンセントは、過去にフレッツ光または光コラボを引いた場合にあるものです。光回線を引いたことがない物件なら当然ありません。

管理会社や大家さんから承諾さえ得られれば、マンションでも光回線は導入できます。

関連記事

▶マンションにおすすめの光回線6選

マンション共用部の回線が古い場合は光回線の戸建てプランを契約する

マンション共用部から自宅までの回線がVDSLやLAN方式で遅くなってしまう場合は、マンションプランではなく戸建てプランを契約すれば直接光ファイバー回線を引ける可能性があります。

マンションプランより料金が高くなりますが、マンションでも戸建てプランを契約できる可能性があります。

ただし、建物の階数や高さによって契約できない場合もあるので、光回線事業者に事前に確認してみましょう。

工事ができない場合はホームルーターやモバイルWiFiを使う

管理会社や大家さんからの工事の許可が下りなかった場合や、光回線の対応エリア外の場合は、ホームルーターやモバイルWiFiを利用しましょう。

工事不要で利用できるため、許可を取る必要がありません。許可を取らずに勝手に工事を進めてしまうと、後々トラブルになる可能性が高いです。

関連記事

▶ホームルーターでオンラインゲームはできる?

光回線が引けない家でオンラインゲームをプレイするデメリット

デメリットのイラスト

ラグやフリーズが起きやすい

光回線以外でオンラインゲームをするとラグやフリーズが起きやすいです。光回線以外はオンラインゲームを快適にプレイする水準に満たないことがほとんどです。

先述したように、回線速度や応答速度がギリギリの回線で遊ぶと、キャラクターがカクついたりゲーム内容が正しく表示されないことがあります。

ゲームの戦績にも大きく影響してくるので、オンラインゲームを有利に遊びたい人は光回線は必要不可欠です。

ゲームのダウンロードやアップデートに時間がかかる

光回線以外のネットは基本的に速度が遅いです。つまり、ゲームのダウンロードやアップデートに時間がかかる可能性が高いです。

オンラインゲームは、ソフトやデータをダウンロードする機会が多いため、時間がかかっていると想像以上にストレスになりやすいです。

少しでも可能性がある場合は、出来るだけ光回線を利用しましょう。

光回線が引けない環境でのオンラインゲームプレイに関するよくある質問

ゲーム回線の速度目安はどれくらい?

A.

下りで100Mbps以上、上りで20Mbps以上、応答速度(Ping値)は50ms以下です。

WiFiでゲームするときの速度目安は?

A.

上記と同じです。下りで100Mbps以上、上りで20Mbps以上、応答速度(Ping値)の目安は50ms以下です。

モバイルWiFiでも快適にゲームできる?

A.

モバイルWiFiでは快適にゲームはできないです。最低限のプレイはできても、快適なプレイをするには回線速度やPing値が十分ではありません。

テザリングでも快適にゲームできる?

A.

テザリングでは快適にゲームはできないです。最低限のプレイはできても、快適なプレイをするには回線速度やPing値が十分ではありません。

ゲーミングルーターを使えば光回線でなくても快適?

A.

ゲーミングルーターを使っても光回線でないと快適にプレイできるとは限りません

ルーターの性能が高くても、そもそものネット回線の性能が低ければ意味がないためです。

光回線が引けない家でオンラインゲームを快適にプレイできるおすすめ回線

おすすめする女の子のイラスト

おすすめ回線 特徴
JCOMNETのロゴ ケーブルテレビの豊富な番組を視聴可能
光回線コースは平均311Mbpsで速い
auとUQモバイルのセット割がある
ネットの工事費が実質無料になる
一番お得なキャンペーン窓口
ドコモ home5G ロゴ 最高額の20,000円キャッシュバック
Amazonギフト券での受け取り
メールだけで申請可能一番お得なキャンペーン窓口

ケーブルテレビならJ:COMがおすすめ

光回線 J:COM NET 光

戸建て月額 関東:5,478円
関東以外:5,258円
マンション月額 5,258円
最大速度 下り:1Gbps
上り:100Mbps
平均速度 下り:249Mbps
上り:42Mbps
契約期間 戸建て:2年
マンション:1年
工事費 戸建て:47,520円
マンション:18,480円
実質無料になる
セット割対象 au
UQモバイル
最大1,100円割引
キャンペーン特典 QUOカードPay6,000円分

J:COMは、テレビ用の同軸ケーブルを用いてサービスを提供しています。光回線に比べると速度が遅いですが、光回線を利用できない環境であればJ:COMがおすすめです。

また、建物ごと導入されているマンションの場合、無料で利用できるケースがあります。auやUQモバイルとのスマホセット割が適用できるため、利用する環境によってはかなりお得です。

最大55,000分のQUOカードプレゼント

JCOM 55,000円分のQUOカードプレゼントバナー

キャンペーン
内容
・新規申込でQUOカードをプレゼント
・乗換でさらにQUOカードがもらえる
対象エリア ・関東/札幌/仙台エリア
・関西エリア
・九州エリア
・下関エリア
受取時期 【新規申し込み特典】
・申し込みから2ヶ月後
【他社からの乗換特典】
・工事完了月から7ヶ月後
キャンペーン
対象者
・対象のエリアに住んでいる
・指定されたプランに契約する
・受取時期までJ:COMを利用する

J:COMでは、加入特典(新規申込)と乗換特典(他社からの乗換)を合わせて最大55,000円分のQUOカードがもらえます。

特典内容はエリアや契約したプランによって異なるため、詳しく知りたい人は下記の関連記事をご覧ください。

関連記事

▶J:COMのキャンペーン情報や詳しい解説

Web限定のスタート割で毎月の料金を割引

JCOM J:COMスタート割バナー

キャンペーン
内容
・対象プラン申込で最大66,000円割引
・月額料金が一定期間割引される
・Web経由での申し込みが必須
適用時期 ・設置工事完了の翌月から適用

J:COMではWebサイト経由で対象プランを申し込むと「Web限定スタート割」を利用できます。

Web限定スタートとは、J:COMの月額料金が一定期間割引される特典です。最大66,000円まで割引されます。

プランによって割引が異なりますが、お得にJ:COMを始めたい人におすすめです。

J:COMの申し込みは公式サイトがおすすめ

J:COMを一番お得に申し込める窓口は公式サイトです。

ネット代理店のキャンペーン内容を調査した結果、独自の特典は用意されていませんでした。公式サイトのキャンペーンと全く同じです。

特典内容が同じなら、ネット代理店を経由して申し込むメリットがありません。公式サイトからの申し込みならトラブルが起きてもスムーズに対応してくれます。

\QUOカードPay6,000円がもらえる!/

ホームルーターならhome5Gがおすすめ

ドコモhome5Gロゴマーク

月額料金 4,950円
(4G/5G共通料金)
5G最大速度 下り:4.2Gbps
上り:218Mbps
4G最大速度 下り1.7Gbps
上り131.3Mbps
平均速度 下り:242.2Mbps
上り:22.0Mbps
データ容量 無制限
契約期間 なし
(期間縛りなし)
端末代金 71,280円
実質無料になる
セット割対象 ドコモ
最大1,100円割引
キャンペーン特典 Amazonギフト券20,000円分
端末代金が実質無料
ドコモスマホのセット割
違約金発生で最大22,000pt還元

ホームルーターの利用を考えているのであればドコモhome 5Gが一番おすすめです。回線速度や料金など、あらゆる面で他社と比較してもトップクラスです。

スマホセット割にも対応しているため、ドコモユーザーにとっては最安のホームルーターです。

また、7万円以上かかる端末代も、特典で実質無料になります。さらに、契約期間の縛りがないため、解約時の違約金も発生しません。

コンセントを挿すだけでネットを使える

home5Gはコンセントに差すだけでWi-Fi環境が整う のイラスト

ドコモhome5Gは、コンセントを挿すだけでネット環境を整えられます。光回線と違って開通工事が不要です。

固定回線の開通工事ができないマンションに住んでいる人や、開通工事までの待機期間がイヤな人におすすめです。

他社ホームルーターよりも最大速度が速い

最大速度
(下り)
最大速度
(上り)
ドコモ home5G
(HR01)
4.2Gbps 218Mbps
auホームルーター5G
(L11)
2.7Gbps 183Mbps
auスマートポート
(L02)
1,237Mbps 75Mbps
ソフトバンクエアー
(Air ターミナル4)
962Mbps 非公開
UQWiMAXギガ放題プラス
(L11)
2.7Gbps 183Mbps
UQWiMAXギガ放題
(L02)
1,237Mbps 75Mbps

LANケーブルで有線接続できる

ドコモhome5Gの端末であるHR02には、LANケーブルを接続できる有線ポートが2個ついています。有線接続ができるため、ある程度の安定性を確保できます

FPSなどのオンラインゲームはWi-Fi環境で遊ぶとラグが発生しやすいです。home5Gを使う際には、少しでも安定させるためにLANケーブルで有線接続するのがおすすめです。

また、ドコモhome 5Gでオンラインゲームをする場合については、以下の記事で詳しく説明しています。

関連記事

▶ドコモhome 5Gでオンラインゲームを遊ぶときのメリットや注意点について解説

home5Gの申し込みはGMOとくとくBBがおすすめ

home5G×GMOとくとくBBなら20,000円分のAmazonギフト券がもらえる

代理店名 GMOとくとくBB
特典内容 Amazonギフト券20,000円分プレゼント
適用条件 期間中に専用窓口から申し込む
受取時期 開通月を含めた4ヶ月後
受取方法 ・4ヶ月後に届くメールを開く
・メールに記載のギフト番号をコピーする
・Amazonにギフト番号を登録する

GMOとくとくBBからhome 5Gを申し込むとAmazonギフト券20,000円分がもらえます。

受け取り方法は開通月を含めた4ヶ月後に届く案内メールに記載されています。面倒な手続きはありませんが、メールを見逃すと特典が受け取れないので、必ず対応しましょう。

GMOとくとくBBはhome 5Gを扱っている窓口で最も還元率が高い代理店です。お得にhome 5Gを購入したい人は、ぜひ活用しましょう。

\当サイト限定!20,000円分の特典還元!/
GMOとくとくBBはこちら

初心者向け知識の記事






















































































































































































  • 光回線の評判口コミ
    ドコモ光×GMOとくとくBBのバナー