お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

ハウスメイトの評判・口コミ!サービスの特徴や仲介手数料について徹底解説!

ハウスメイトの評判のイメージイラスト

ハウスメイトの評判・口コミについて、独自に実施したアンケートやネット上の情報を基に徹底解説します!

取扱い物件数やサービスの特徴、スタッフの接客や知識など事前に知っておきたい情報が盛りだくさんです。

ハウスメイトでのお部屋探しに向いている人の特徴もまとめているので、どの不動産屋にするか迷っている人は是非参考にしてください。

ハウスメイトの評判は平均的

ハウスメイトのロゴ

総合評価
評判は普通

ハウスメイトの評判は平均的です。ハウスメイトは全国に184店舗を展開していて、物件数もそこそこあるので利用しやすい不動産屋です。

フランチャイズ展開をしているので、スタッフの対応に関しての評判は分かれるようです。

取り扱い物件数 物件数はやや多い
仲介手数料 家賃1ヶ月分+税
対応エリア 日本全国(一部エリアを除く)
特徴 ・関東エリアに物件が多い
・自社管理物件を取り扱っている
・オンラインでお部屋探しができる
・「SYSTEM24」で安心して生活できる
・「お部屋+」で情報共有ができる
・保証人不要プランがある
公式サイト https://www.housemate-navi.jp/

実際に利用した人の口コミや、ハウスメイトで実施しているサービスやキャンペーンなど項目別に詳しく紹介していきます。不動産屋探しの参考にしてください。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める

実際にハウスメイトを利用した人の口コミ

実際にハウスメイトでお部屋を探した人や契約した人の口コミを紹介します。

対応の良し悪しは、スタッフとの相性の関係もあるので参考程度にご覧ください。

ネット上の良い評判・口コミ

ハウスメイトに対するネット上の良い口コミは「対応が迅速で丁寧」「入居後のサポートもしっかりしている」などの意見がありました。

ネット上の微妙な評判・口コミ

ハウスメイトに対するネット上の微妙な口コミは「上から目線で接客された」「スタッフの対応が悪い」などがありました。

ほかにも「来店予約しているのに長時間待たされた」などの意見もありました。

ハウスメイトの接客や店内の雰囲気

実際にハウスメイトを利用した人の印象をまとめてみました。なお、店舗は絞っていないのでハウスメイト全体の総評になります。

ハウスメイトの接客はマニュアル化されています。ただし、フランチャイズ店もあるので丁寧に対応してくれることもあれば、雑な接客をされることがあるようです。

調査内容
  • 調査実施日:2021年12月
  • 調査媒体:クラウドソーシング
  • 対象:1都3県在住でお部屋探ししている男女100人
  • ・スタッフの対応の良さ
  • ・店内の綺麗さ
  • ・来店時のサービスの良さ
  • ・紹介物件の多さ
  • ・エリア情報の詳しさ
  • ・その他(自由回答)

スタッフの態度やお店の雰囲気など、アンケートに答えてくれた人の口コミを紹介するので参考にしてください。

接客態度はスタッフによってばらつきがある

接客態度や対応はスタッフによってばらつきがあるようです。

女性のアイコン内見から契約、入居時のフォローまで担当の方の配慮がされていて滞りなく終えることができました。最後まで丁寧に対応していただけたので、また使いたいなと思いました。(女性/20代前半)
困り顔の男性のアイコン最初は丁寧な対応だったのですが、自分がなかなか物件を決めないせいか、途中からスタッフさんの態度が変わってきました。適当な回答しかもらえなくなったので、ほかの店舗で探すことにしました。(男性/20代後半)

店内は白色と赤色で統一されている

ハウスメイトの店内は壁や床、インテリアなどが白色と赤色で統一されています。整理整頓されていてきれいな店舗が多いようです。

女性のアイコンとくにおしゃれというわけではなく、落ち着いた雰囲気でした。少し狭かったですが、隅々まで掃除が行き届いていて清潔感がありました。(女性/20代後半)
男性のアイコン小さな子どもを連れて伺ったのですが、キッズスペースがあったので落ち着いて物件を探せました。店内も広々としていたので、窮屈な感じはしなかったです。(男性/30代前半)

専門知識があるスタッフが多い

ハウスメイトは専門知識や地域情報に詳しいスタッフが多いです。

フランチャイズ展開していることもあり、地元密着型の不動産屋が多いので街の住みやすさについてアドバイスしてくれます。

女性のアイコン土地勘がないところへ引っ越す予定だったので、治安とか住みやすさが気になっていました。担当してくれたスタッフの方が女性だったこともあり、女性目線でアドバイスしてくれました。(女性/20代前半)
女性のアイコン担当してくれた方が宅建の資格を持っていたようで、内見するお部屋について細く解説してくれました。物件の悪いところもしっかり教えてくれたので選びやすかったです。(女性/30代前半)

キャンペーンは定期的に開催される

ハウスメイトでは12~3月に「新生活応援キャンペーン」として、抽選でQUOカードや家電がもらえます。

店舗ごとに独自のプレゼントキャンペーンをおこなうこともあるようです。

女性のアイコン新生活を始めるときに利用しましたが、キャンペーンでQUOカードをもらえました。入居後の生活費の足しになったので嬉しかったです。(女性/20代後半)
困り顔の男性のアイコン個人的には費用を抑えたいと思うので、プレゼントキャンペーンよりも、初期費用の割引キャンペーンをやってもらえるといいなと思います。割引キャンペーンをしている不動産屋が多いので、ほかのお店で契約したいなと思ってしまいます。(男性/20代後半)

ハウスメイトの特徴

ハウスメイトの特徴をまとめました。ハウスメイトでお部屋を探すかどうか決める際に是非参考にしてください。

  • ・関東エリアに物件が多い
  • ・自社管理物件を取り扱っている
  • ・オンラインでお部屋探しができる
  • ・「SYSTEM24」で安心して生活できる
  • ・「お部屋+」で情報共有ができる
  • ・保証人不要プランがある

関東エリアに物件が多い

ハウスメイトは日本全国に展開していますが、とくに神奈川県や東京都などの関東エリアに物件が多いです。

2022年4月時点では東京都内だけで2万件近くの取り扱いがあります。関東エリアで引っ越しを考えている人は重宝します。

ちなみに、ハウスメイトは北陸地方の福井県と富山県のみ物件の取り扱いがないので注意してください。

自社管理物件を取り扱っている

ハウスメイトは自社管理物件の取り扱いもあります。自社管理物件とは、不動産屋が建設から管理までおこなうものです。

管理物件に入居すると、トラブルに24時間対応してくれたり、退去の連絡がWeb上で済ませられるサービスを受けられます。

また、ハウスメイトの管理物件間で住み替えをした人は仲介手数料が無料になります。ハウスメイトをリピートしたいという人は費用を抑えて引っ越しできます。

オンラインでお部屋探しができる

ハウスメイトでは、オンライン上で内見やお部屋探しの相談が可能です。来店せずに契約できる物件もあります。

オンライン内見を利用するには、物件検索サイトHOME’Sが提供するアプリ「HOME’S LIVEアプリ」のインストールが必要です。

インターネット環境があれば好きな場所から内見できるので、仕事の合間などのスキマ時間に利用できます。

「SYSTEM24」で安心して生活できる

ハウスメイトの管理物件には「SYSTEM24」というサービスがあり、お部屋や建物に関するトラブルに24時間365日対応してくれます。

専用のサービスセンターにインターネットや電話から連絡するだけで対応してくれるので、急なトラブルでも安心です。

ただし、利用できるのは管理物件の入居者だけです。トラブルの対処に自信がない人や、安心して生活したいという人は管理物件を探すと良いです。

「お部屋+」で情報共有ができる

ハウスメイトでは「お部屋+(プラス)」という入居者専用のコミュニケーションサービスが利用可能です。

物件がある地域のチラシや、周辺の飲食店情報など便利な情報を閲覧できます。

なかでも「入居時フォトサービス」がおすすめです。入居時の汚れや、設備不良などを写真と一緒に記録できるので、退去費用の精算やトラブル回避に役立ちます。

保証人不要プランがある

「ハウスメイトLIVECA(リブカ)」という保証人不要のプランがあります。

手数料を払えば、お部屋を借りるときの連帯保証人が不要になります。「保証人を頼める人がいないけど物件を借りたい」という人におすすめです。

また、家賃の更新手数料が不要なので、気に入ったお部屋に住み続けたい人はお得です。

ハウスメイトの仲介手数料は家賃1ヶ月分+税

ハウスメイトの仲介手数料は、相場通りの「家賃1ヶ月分+消費税」です。仲介手数料の上限は法律によって決められているので、これ以上高くなることはありません。

仲介手数料の割引キャンペーンはおこなっていませんが、フランチャイズ店舗で割引キャンペーンを開催している可能性があるのでチェックしてみましょう。

ちなみに、ハウスメイトは敷金礼金なしの物件を取り扱っており、公式サイト上でも物件特集があります。家賃2ヶ月分ほどの初期費用を抑えられるので、お得に入居できます。

そもそもハウスメイトとはどんな不動産屋?

ハウスメイトの外観
ハウスメイトとは、株式会社ハウスメイトショップが運営する仲介専門の不動産屋です。

ハウスメイトは6つのグループ企業で成り立っています。賃貸物件の管理やメンテナンスは、ほかのグループ会社がおこなっています。

会社名 株式会社ハウスメイトショップ
設立年月日 1989年9月7日
本社所在地 東京都豊島区西池袋1-16-1 新東第一ビル7F
店舗数 184店舗(直営店:97店舗)
対応エリア 日本全国(一部エリアを除く)
取り扱い物件数 60,480件(2022年4月時点)

イメージキャラクターにタレントや俳優を起用しており、テレビCMやWeb広告で見かける機会が増えました。

公式サイト上では、チャット形式でお部屋探しの相談や悩みに答えれくれるサービスがあります。質問に答えていくだけで条件に合ったお部屋を提案してくれます。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
スーモやホームズにない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶

おとり物件が少ないサイト3選のサムネイル
不動産屋の悪質な広告「おとり物件」が少ないサイト3選!
記事を読む ▶

ハウスメイトに向いている人の特徴

以下の項目に複数当てはまる人は、ハウスメイトでのお部屋探しに向いています。

  • ・独自で管理している物件も見てみたい
  • ・ほかの不動産屋に気に入る物件がなかった
  • ・入居中のトラブルにも対応してほしい
  • ・保証人を頼める人がいない
  • ・オンラインサービスを使ってお部屋探しをしたい
  • ・地域情報を詳しく知りたい

ハウスメイトは、自社管理物件や保証人不要の物件を多数取り扱っています。

そのほかにも公式サイト上では、ペット可物件や、フリーレント付き物件などの特集があります。さまざまなニーズに対応しているので、理想の物件を見つけやすいです。

また、口コミによるとハウスメイトは地域情報に詳しいスタッフが多いようです。見知らぬ土地でお部屋探しをする人におすすめの不動産屋です。

不動産屋に行かなくてもお部屋を探す方法

ネット上の不動産屋「イエプラ」を使えば、不動産屋に行かなくても実際に店舗に行ったのと同じようにお部屋を探せます

チャットやLINEで希望条件を入力するだけで、不動産屋しか使えない物件データベースの中からプロのスタッフが条件に合うお部屋を紹介してくれます。

毎日深夜0時まで相談に乗ってくれるので、仕事が忙しい人や遠方からの引っ越しを考えている人におすすめです。

イエプラボタンバナー

不動産屋選びで失敗しないためのポイント

不動産屋を選びで失敗しないためのポイントを7つ紹介します。どこの不動産屋に行くか迷ったときに、判断基準として参考にしてください。

  • ・ネット上の口コミが良い
  • ・お店の外観や店内がキレイ
  • ・定休日が少ない
  • ・夜遅くまで営業している
  • ・宅地建物取引業者免許の更新回数が多い
  • ・問い合わせの返信が早くて丁寧

ネット上の口コミが良い

不動産屋に行く前にネット上の口コミを調べておくべきです。ユーザーのリアルな口コミは非常に参考になります。

ただし、TwitterなどのSNSは悪い口コミが集まりやすいです。不満のはけ口として使われることが多いからです。

Googleマップに投稿されている口コミは比較的信用できるので、併せて見ておくと正しい情報が手に入りやすいです。

不自然なまでに良い口コミしかない不動産屋は注意しましょう。集客のために悪い口コミだけ削除依頼している可能性があります。

お店の外観や店内がキレイ

お店の外観や店内の雰囲気を見て、良い不動産屋か判断しましょう。窓に貼り出されている物件情報がキレイで、店内の掃除が行き届いているようなお店がおすすめです。

お客様や働く従業員のことを考えられる不動産屋なので、スタッフが親身に対応してくれる可能性が高いです。

反対に物件情報が古かったり、店内が整理整頓されていない不動産屋は避けてください。

管理がしっかりできていないので、余計なトラブルに巻き込まれたり、スケジュール通りに引っ越せない可能性があります。

定休日が少ない

定休日が少ない不動産屋はお部屋探しの予定を調整しやすく、スムーズに賃貸契約まで進められます。

一般的に不動産屋は水曜日と火曜日が休みのところが多いです。

1~3月の繁忙期のみ定休日なしで営業しているケースもあるため、来店前に公式サイトなどで確認しておくと安心です。

営業時間が長い

できる限り営業時間が長い不動産屋がおすすめです。自分の予定を調整しやすいので、効率良くお部屋探しができます。

一般的に営業時間が9~18時のところが多いですが、事前に連絡しておくことで時間外に対応してくれる不動産屋もあります。

宅地建物取引業者免許の更新回数が多い

宅地建物取引業者免許を更新している不動産屋は、営業歴が長く安定しているお店です。

宅地建物取引業者免許は、不動産屋の公式ホームページや店頭に必ず掲載されています。

東京都知事(★)第○○○号
国土交通大臣(★)第○○○号

上記の★部分の数字を確認してください。これは、5年ごとに1回更新するたびに「1→2→3」と数字が増えていきます。

()内が1なら営業5年未満、2なら営業10年以上となります。目安として、2回以上更新している不動産屋を選びましょう。

物件の悪い部分も教えてくれる

紹介される物件の良い部分だけでなく、悪い部分も教えてくれる不動産屋を選びましょう。

条件が整ったお部屋でもデメリットは存在します。良い不動産屋であれば、お客様が住んだ後に後悔しないためにも悪い部分をつつみ隠さず話してくれるはずです。

さらにデメリットを解消するために「どんな工夫をしたら快適に過ごせるか」をアドバイスしてくれる場合は、経験豊富で頼れる不動産屋である可能性が高いです。

問い合わせの返信が早くて丁寧

問い合わせの返信が早くて丁寧な不動産屋を選びましょう。

問い合わせても音沙汰がなかったり、文面や言葉遣いが微妙だと感じる不動産屋は避けた方が良いです。

ただし、メールの場合はアドレスが間違っていたり、迷惑メールのフィルターに引っかかって正常に届かない場合があります。

3日以上返信がない場合は、電話で問い合わせてみてください。

避けた方が良い不動産屋の特徴

利用を避けた方が良い不動産屋の特徴は以下の3つです。

  • ・物件の問い合わせ後に来店を急かす
  • ・歩道や公道に看板を置いている
  • ・事情を聞かずに申し込みを急かす

物件を問い合わせると、むやみに来店を促す不動産屋は「おとり物件」を掲載している可能性があります。

おとり物件とは、実際には募集していないにも関わらず集客のために掲載されている物件のことです。

また、公道に看板を出している不動産屋はモラルが低い可能性が高いです。「看板は敷地内におさめないといけない」という法律や条令を守っていないからです。

お部屋の契約でもトラブルが起きる危険があるので、避けたほうが良いです。

来店後に契約や申込みを急かす不動産屋も危険です。きちんとお客様の希望を聞かない不動産屋は、売上のことしか考えていないので満足のいく部屋探しができません。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶ 無料でお部屋探しを始める
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について