お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

同じ物件の見積もりを違う不動産屋でもらうのはアリ?初期費用が異なる理由は?

同じ物件の見積もりを違う不動産屋でもらった人のイメージイラスト

同じ物件だけど、違う不動産屋に見積もり依頼ってできる?なんで不動産屋によって初期費用の金額が違うの?交渉して安くできるの?といった疑問を解決します!

不動産屋に見積もり依頼する時のポイントや注意点、依頼する時のメール文例や、見積もり後の断り方、そのほかで初期費用を抑える方法もあるので、是非参考にしてください。

この記事は、不動産屋「家AGENT」池袋店の阿部さんにも内容を監修してもらいました。

阿部さん

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

同じ物件の見積もりを違う不動産屋でもらうのは可能

不動産屋は他社と比べられることを前提にしているため、同じ物件を複数の不動産屋に見積もりをもらっても問題ありません。

法律的にも違法ではないので、初期費用を抑えたい場合は複数の見積もりを見比べることをおすすめします。

見積もりを元に交渉することも可能

大手不動産屋など契約したいお店が事前に決まっている場合で、他社の見積もりが安いなら見積もりを元に交渉してみましょう。

仲介手数料や消毒費用など家賃以外の費用を削って、更に安くしてくれる場合があります。

「他社で契約されるくらいなら、取れる利益を安くしてでも自社で契約して欲しい」と考える不動産屋は多いです。

来店せずにチャットで初期費用の交渉ができるお店がオススメ

「対面で交渉するのは抵抗がある」「忙しくてお店に行く暇がない…」という人は、ネット上の不動産屋「イエプラ」がおすすめです。

やり取りはLINEかチャットで、来店不要です。深夜0時まで対応しているため、スキマ時間に相談できます。

経験豊富なスタッフが多数在籍しているので、値下げ交渉の実績もあります。なるべく安く、効率的にお部屋探ししたい人にオススメです!

イエプラボタンバナー

不動産屋に見積もり依頼する時のポイント

不動産屋に初期費用の見積もり依頼する時のポイントを紹介します。

  • ・見積もり依頼は必ず申し込む前にする
  • ・メールで依頼する
  • ・不動産屋に依頼する時は丁寧に対応する

初期費用を安くしたい人は、問い合わせする前にチェックして実践してみましょう。

見積もり依頼は必ず申し込む前にする

見積もり依頼は物件に申し込む前にしましょう。申し込んで審査開始してしまうと、複数の不動産屋で二重に申し込んでいることがバレて審査に落ちます。

また、キャンセル前提で申し込むと不動産屋からあまり良い印象を持たれません。物件の管理会社や大家さんにも迷惑がかかるのでやめましょう。

メールで依頼する

不動産屋にメールで見積もりを依頼すれば、来店せずスムーズに初期費用が分かります。

以下はメールで見積もり依頼する時の定型文です。コピーして使用できるので、不要な部分を削除したり、物件名や住所、日時などを自分の情報に変更して使ってください。

件名:【見積依頼】掲載物件について

〇〇不動産屋 ご担当者様

この度、掲載されている物件の初期費用について連絡させていただきました、△△(フルネーム)と申します。

現在〇月頃に引っ越しをする予定で物件を探しております。下記物件は、現在空室でしょうか?
【ABハイツ 2階】豊島区南池袋3丁目

空室だった場合、概算でも結構ですので初期費用の見積もりを頂けると幸いです。

なお、〇月△日ごろの引っ越しを予定していますが、1日に入居した場合と△日に入居した場合の2パタ-ン用意してくださると助かります。

お手数ですが、よろしくお願いします。

△△(フルネーム)
〇〇@〇〇.com
090-〇〇〇〇-〇〇〇〇

家賃は入居日によって合計金額が変わるので、引っ越し予定日が決まっている場合は伝えた方が良いです。

決まっていない場合は「1日入居の場合と15日入居の場合の2パターン欲しい」など、後から比較できるように複数のパターンを依頼しておきましょう。

不動産屋に依頼する時は丁寧に対応する

不動産屋に依頼する時は、ハッキリとしない曖昧な態度を取ったり、音信不通にならないよう対応するべきです。

一番安かった場合でも連絡を取り合ってくれなかったり、良い情報を教えてくれない可能性があります。

「印象の良くない入居者」と見なされてしまうと最悪の場合は入居審査に落ちてしまうため、適切な受け答えを心掛けましょう。

2件以上同時に見積もりを貰う際の注意点

2件以上、複数の不動産屋で同時に見積もりを貰う際は「不動産屋の概算」か「管理会社に確かめる」のどちらか確認したほうが良いです。

不動産屋の概算であれば、何社から見積を貰っても良いです。店舗で調整できる部分の費用の差が明確になります。

管理会社に確かめて明確な見積りを出す場合は、2社ほどまでに絞っておいた方が良いです。

各不動産屋が管理会社に初期費用の問い合わせをするので、その後に申し込んだ場合の心象が悪くなる可能性が高いです。

「すごく交渉してくる人がきそう」「無茶ぶりを言われそう」と感じ、身構えてしまいます。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める

不動産屋によって初期費用が異なる理由

同じ物件なのに、不動産屋によって初期費用が異なる理由は以下の2つです。

仲介手数料が違う

仲介手数料とは、賃貸物件を借りた時に、仲介に入ってくれた不動産屋に対して支払うお金のことです。

仲介手数料の相場は「家賃1ヶ月分+消費税」ですが、不動産屋によっては「家賃0.5ヶ月分+消費税」の場合や無しの場合もあります。

家賃や敷金など大家さんが受け取る費用と違い、あくまで不動産屋が受け取るものなので、交渉次第で削ってくれる場合があります。

しかし、1月~3月の不動産の繁忙期は借り手が多い時期なので値引きに応じてくれない可能性が高いです。

除菌消臭など付帯商品がある

不動産屋によっては、除菌消臭代や24時間サポート費用など、独自のサービスを付帯している場合があります。

料金相場は大体15,000円ですが、不要な場合外してくれることが多いです。

もし外すのを渋っているようであれば、他社の見積もりを提示して交渉してみましょう。

2つの見積もりの比較例

家賃・共益費が計53,000円の物件の初期費用を、A社とB社の2つの不動産屋に見積もり依頼してみました。

以下はA社とB社の見積もりを比較した表です。

A社 B社
前家賃
(共益費込み)
53,000円 53,000円
敷金・礼金 100,000円 100,000円
仲介手数料 55,000円 27,500円
鍵交換費用 15,000円 15,000円
保証会社利用料 50,000円 50,000円
火災保険料 15,000円 15,000円
除菌消臭代 16,000円 なし
合計 304,000円 260,500円

A社に対してB社は仲介手数料が0.5ヶ月分安く、除菌消臭代が無いため約40,000円安くなっています。

更に金額を安くするためには、A社にB社の見積もりを提示し「他社はもっと安いので、これ以上安くならないか」と交渉すると良いです。

A社はB社に客を取られたくないため、仲介手数料や除菌消臭代を削ってくれる可能性が高くなります。

ちなみに初期費用の相場は家賃の4.5~5ヶ月分です。家賃50,000円だと約250,000円が目安ですが、除菌消臭代などのオプションは含まれていません。

見積もり後に他の不動産屋を断る方法

見積もり後、他の不動産屋を断る方法を紹介します。ポイントは以下の3つです。

  • ・断りの連絡はなるべく早めに
  • ・断る時はメールで伝える
  • ・断る内容は謝意と理由だけを端的に伝える

不動産屋の中にはこちらの条件に合った物件候補をずっと探してくれるところもあります。申し込む意思がないなら早めに連絡しましょう。

断る時の手段はメールでの連絡が一番ハードルが低いです。

断る時の内容は、社交辞令的な挨拶や謝意と、端的に「他社で紹介してもらった物件に契約することになった」という理由だけを伝えればOKです。

以下は断る時のメール文例です。今すぐ不動産屋に断りの連絡を入れたい人は、参考にしてみてください。

〇〇不動産屋 ご担当者様

お世話になっております。△△(フルネーム)です。
先日は【物件名】の初期費用のご案内ありがとうございました。

これまでご対応して頂いた手前申し訳ないのですが、今回は他社でご紹介いただいた物件で契約することになりました。

大変短い期間でしたが、とても親身にご対応くださりありがとうございました。また機会がございましたら、よろしくお願いします。

△△(フルネーム)
〇〇@〇〇.com
090-〇〇〇〇-〇〇〇〇

メールで断ったあとも連絡が来る場合は、送信ミスや迷惑メールフォルダなどに振り分けれられて不動産屋が確認できていない可能性があります。

心配な人はメールと電話どちらも入れておくとより確実です。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
スーモやホームズにない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶

おとり物件が少ないサイト3選のサムネイル
不動産屋の悪質な広告「おとり物件」が少ないサイト3選!
記事を読む ▶

見積もりを比べる以外で費用を抑える方法

見積もりを比べる以外で、費用を抑える方法を3つ紹介します。費用交渉よりも確実なので、少しでも安くしたい人は試してみてください。

  • ・そもそも費用が安いお部屋を選ぶ
  • ・鍵交換が任意で選択可能な物件にする
  • ・保証会社のプランを選べるか事前に聞く

そもそも費用が安いお部屋を選ぶ

もとから、敷金・礼金が家賃0~0.5ヶ月分のお部屋を選ぶか、仲介手数料が安い不動産屋を探しましょう。

全てクリアできれば、最大で家賃3ヶ月分の費用が抑えられます。

ただし、敷金は退去費用の預け金です。退去時に出費を増やしたくない場合は、支払っておいた方が良いです。

鍵交換が任意で選択可能な物件にする

申し込み前に、鍵交換が任意で選択できる物件か確かめてください。鍵の交換をしなくても良い物件であれば、交換費用が丸々不要です。

代わりに入居後に何かしらの理由で鍵を交換したい場合は、全て自己負担となります。

保証会社のプランを選べるか事前に聞く

保証会社を利用する場合、1番費用が安いプランを選択できるか事前に確認しておくべきです。

保証会社によっては、連帯保証人がいれば安くなるプランや、最低保証のみのプランなど用意している場合があります。

プラン変更できる保証会社は、自分で選択できません。不動産屋に相談して、費用を抑えられる物件を紹介してもらいましょう。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶ 無料でお部屋探しを始める
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について