お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

年収200万円の家賃目安や一人暮らしの理想の生活費を解説!

年収200万円での家賃目安のイメージイラスト

年収200万円の人の家賃目安や理想の生活費例を紹介します。

賃貸審査に落ちない家賃目安や、どんな間取りに住めるのかも解説します。

この記事の内容は、ファイナンシャル・プランナーの岩井さんに監修していただきました。

監修 岩井 勇太
ファイナンシャル・プランナー
宅地建物取引士

日本FP協会認定のFP。お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。

年収200万円なら家賃は約4.4万円にすべき

家賃は、年収ではなく月々の手取り額の3分の1を越えない金額にするべきです。

年収200万円の場合、月々の手取り額は約14万円なので、3分の1すると約4.4万円になります。

年収は保険料や年金、税金などを支払う前の総支給額で、保険料などを支払って実際に振り込まれるお金を「手取り」と呼びます。

家賃5万円を超えると生活が厳しくなる

年収200万円の人の場合、毎月の手取りが約14万円です。最大でも家賃は5万円以内に収めないと、生活が苦しくなってしまいます。

食事は毎回、自炊をするなどの節約に心がけないといけません。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める

年収200万円の人は月収17.1万円

年収200万円の人は、月収17.1万円ほどです。月収からは以下の金額が差し引かれるので、手取りは約14.2万円ほどです。

月収17.1万円の控除額と手取り額の例
厚生年金保険料 15,555円
健康保険料 8,364円
雇用保険料 510円
所得税(源泉徴収税額) 2,860円
月の手取り額 142,711円

社会人2年目になると、さらに住民税が引かれます。1年目より手取りが少なく感じます。

賃貸の審査に落ちない家賃目安

賃貸の審査では、家賃が年収の36分の1以下でないと落ちてしまう可能性が高くなってしまいます。

収入に対して家賃が高すぎると、家賃を毎月支払う能力が無いと判断されてしまうためです。

200万円前後の年収ごとに、審査に落ちない家賃の目安を一覧にまとめたので、お部屋を探す際の参考にしてみてください。

年収 審査に通る家賃目安
200万円 ~56,000円
250万円 ~69,000円
300万円 ~83,000円
350万円 ~97,000円
400万円 ~111,000円
家賃を考えるポイント
・余裕をもって生活するなら「手取りの3分の1」
・審査に通りたいなら「年収の36分の1」

審査に通る家賃目安はを意識すると、生活がしやすくなります。

▶入居審査についての解説はこちら

家賃4.4万円はワンルームが多い

東京都内で家賃4.4万円のお部屋を探すと、単身向けのワンルームがほとんどです。

ワンルームとは、キッチンスペースが含まれた1部屋だけの間取りのことです。

ワンルームの間取り図

家賃4.4万円のお部屋は、築年数が古く駅から離れている物件が多いです。

オートロックや駅近などの条件があるとお部屋が見つからないです。

安いお部屋を探すなら不動産屋に相談すべき

家賃を最小限に抑えたいなら不動産屋に相談すべきです。安いお部屋は、住みづらい理由があり値下げしている可能性があるからです。

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、来店不要でチャットやLINEから「安いお部屋」「安くて防音性が良い物件」と送るだけで、スタッフが理想のお部屋を紹介してくれます。

全国の賃貸情報の8割が集約されている業者専用のデータベース「ATBB」を使って物件を紹介してくれるので、大手サイトにない非公開物件も出てきます。

深夜0時まで営業しているので、仕事が忙しくてお互いの予定が合わない、遠方に住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人にもおすすめです。

一人暮らしバナー

年収200万円の人の理想の生活費

年収200万円の人の理想の生活費を以下で紹介します。

家賃4.4万円のお部屋に住んだ人の生活費例です。参考にしてください。

食費 25,000円
水道光熱費 8,000円
交際費・娯楽費 20,000円
スマホ・ネット代 12,000円
日用消耗品代 6,000円
交通費 5,000円
貯金・予備費 11,000円
合計 140,000円

食費は1日1,000円以内に抑えるべきですが、そのためには最低でも2日に1回は自炊する必要があります。外食やコンビニ食ばかりだと、全く貯金できないです。

趣味を楽しんだり毎月服を買ったりするには、毎日自炊したり、水道光熱費を節約したりする必要があります。

年収200万円の人が一人暮らしするまでに必要な費用

家賃4.4万円のお部屋に住む場合に必要な費用は、トータルで約36.8~45万円です。

賃貸の初期費用は、最低でも家賃4.5~5ヶ月分かかります。敷金・礼金などを含めて最低でも約20万円必要です。

引っ越し費用は約7~9万円、家具家電・日用品の購入は約10~15万円です。

初期費用を抑えるなら、敷金や礼金が0円のお部屋を探したり、仲介手数料が安い不動産屋でお部屋を探すべきです。

敷金・礼金・仲介手数料はそれぞれ家賃1ヶ月分が相場なので、3つとも0円のお部屋なら家賃の3ヶ月分くらい抑えられます。

引っ越し費用を抑えたいなら、業者に頼まず、親や友人と協力したり、2~4月の引越しシーズンを避けて引っ越すと良いです。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
スーモやホームズにない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶

おとり物件が少ないサイト3選のサムネイル
不動産屋の悪質な広告「おとり物件」が少ないサイト3選!
記事を読む ▶

年収ごとの家賃目安一覧

年収額ごとの家賃目安を、一覧でまとめました。青い文字の金額を押すと、それぞれの詳しい解説をご覧いただけます。

年収 家賃目安
200万 44,000円
250万 54,000円
300万 64,000円
350万 75,000円
400万 85,000円
450万 94,000円
500万 105,000円
550万 115,000円
600万 122,000円
700万 139,000円
800万 156,000円
900万 175,000円

月の手取り3分の1以内であれば、生活費に余裕が出るうえ、審査基準の家賃の36倍の年収をクリアできます。

あくまでも目安なので、自分のライフスタイルに合わせましょう。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶一人暮らし向けのお部屋を探す
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について