お部屋探しのコツや知識まとめブログ|イエプラコラム
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

鉄骨アパートはやめとけ?騒音でうるさいの?3つのデメリットと防音性を解説

「鉄骨アパート やめとけ」のアイキャッチ

賃貸で鉄骨造のアパートはやめとけ!?
騒音でうるさいって本当なの?

鉄骨アパートは、木造よりも頑丈に作られていて耐震性に優れています。マンションよりも家賃が安いため、お金に余裕のない学生や新社会人に好評です。

しかし、口コミの中には「話し声がうるさい」「鉄骨造はやめとけ」という意見もあります。デメリットを事前に知っておかないと、入居してから後悔することも…。

そこで当記事では、鉄骨アパートがやめとけと言われる理由を解説します。鉄骨アパートに向いている人もまとめたので、ぜひ参考にしてください。

監修 阿部 陽一郎
不動産屋「家AGENT」
池袋店 店長

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

鉄骨アパートには軽量鉄骨造・重量鉄骨造がある

特徴 建物種別
軽量鉄骨造 壁の中の鋼材が厚さ6ミリ未満 アパート
重量鉄骨造 壁の中の鋼材が厚さ6ミリ以上 マンション

そもそも鉄骨造と言っても「軽量鉄骨造」「重量鉄骨造」の2種類があります。鋼材の厚さで構造が分かれます。

軽量鉄骨造は建築コストが安い分、家賃も低く設定されています。重量鉄骨造は壁が厚い分、防音性に優れています。

2023年4月時点で、募集されるアパートのほとんどが軽量鉄骨造で建てられています。以降では、鉄骨アパートがやめとけと言われる理由について解説していきます。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼メリットたくさん
・すべてチャットで完結(来店不要)
・スーモにない未公開物件も探せる
・0時まで営業で仕事終わりに使える
▶無料でお部屋を探してみる

鉄骨アパートはやめとけと言われる3つの理由

  • ・防音性が低く角部屋でもうるさい
  • ・耐熱性や防寒性が低い
  • ・火事が起きると崩壊の危険がある

防音性が低く角部屋でもうるさい

遮音等級 建物構造 音の聞こえ方
L-75 木造 生活音がかなり筒抜ける。ドアの開閉音やテレビ音、洗濯機の音がうるさく感じる。
L-65 鉄骨造 木造より音が聞こえにくいが、テレビ音などの生活音はほとんど聞こえる
L-50 RC造 振動を伴う音は響くが気にならない程度。テレビ音やシャワー音ならほぼ聞こえない。
L-40 SRC造 上階の音がわずかに聞こえるが気にならない。子どもの足音や落下音が若干聞こえる程度。

参考:日本建築学会編「建築物の遮音性能基準と設計指針」

鉄骨造アパートはやめとけと言われる理由として、防音性能があまり高くない点があります。木造よりはマシですが、ドライヤー音や話し声などの生活音はだいたい聞こえます。

隣からの騒音を抑えるために角部屋にしても、上の階からの音も伝わります。住人の足音もほぼ聞こえるのでうるさいです。

阿部さんのアイコン 阿部
軽量鉄骨造で騒音に悩みたくないなら、最上階の角部屋が最も騒音リスクが少ないです。
具体的な音の種類と聞こえ方はこちら
音の聞こえ方
足音 聞こえる
子どもの走り回る音 鮮明に聞こえる
階段の音 かなり聞こえる
ドアの開閉音 聞こえる
話し声 聞こえる
いびき 聞こえる
テレビの音 少し聞こえる
洗濯機の音 かなり聞こえる
掃除機の音 かなり聞こえる

※度合い:少し聞こえる〈聞こえる〈かなり聞こえる〈鮮明に聞こえる

耐熱性や防寒性が低い

鉄骨造がやめとけと言われる理由(耐熱性や防寒性が低い)
鉄骨アパートがやめとけと言われる理由には、耐熱性や防寒性能は低さが挙げられます。外気が入りやすいため、夏は暑く冬は寒いです。

エアコンを稼働しても、なかなか思い通りの室温になりにくいです。暖冷房効率が悪い分、電気代も高く付くデメリットがあります。

阿部さんのアイコン 阿部
賃貸物件のほとんどが「ストーブ禁止」なので、必然的にエアコンを使う必要があります。乾燥が気になる女性は辛いと感じやすいです。

火事が起きると崩壊の危険がある

鉄骨アパートがやめとけと言われるのは、防火性が低く火災に弱いためです。火が回ると鉄骨が変形し、木造よりも倒壊の危険性が高い傾向があります。

築浅の鉄骨アパートなら、防火性能の高い物件を見つけられます。築古物件だと火災の倒壊リスクが心配です。

阿部さんのアイコン 阿部
鉄骨アパートに絞るなら、築年数5~10年以内の物件から探しましょう。

鉄骨アパートはやめとけという声が気になるなら不動産屋からアドバイスをもらう

「木造よりは鉄骨造のほうが良い」「でもデメリットが気になる…」という人は、不動産屋からアドバイスをもらうと良いです。

ネット上の不動産屋「イエプラ」なら、納得できるお部屋に出会える可能性が上がります。物件のメリットデメリットを隠さず教えてくれるので、比較や検討がしやすくなります。

やり取りはLINEやチャットで完結します。「防音性が高さ重視」「家賃は7万円以内で」など細かく条件を伝えられるので、スーモよりもスムーズにお部屋を見つけられます。

来店不要で相談ができて、契約までは何度でも無料で利用可能です。どんな物件が良いのか悩んでいる人は、ぜひ利用してみてください!

防音性バナー

鉄骨アパートはやめとけという口コミ

鉄骨造のアパートはうるさいという人の口コミ

Twitter上で鉄骨造の口コミを見たところ「うるさい」「隣のいびきが気になる」「歩くだけで騒音になる」という悪い意見が見られました。

他にも「寒い」「災害時に弱いからやめとけと言われた」などの声が見られましたが、防音性の低さを指摘する口コミが最も多かったです。

鉄骨造のアパートでもうるさくないと感じる人もいる

Twitterのつぶやきの中には「鉄骨造でもうるさくない」「そこまで気にならない」といった意見も見られました。

騒音に関しては、周りの住人の民度や生活スタイルが関係していると考えられます。内見では、時間帯を変えて2回以上見に行けると理想的です。

内見に関する記事
内見する際のポイントのイメージイラスト
内見のチェックポイントや持ち物はこちら
記事を読む ▶
内見の時間帯を考えている女の子のイメージイラスト
内見でおすすめの時間帯は?夜もできる?
記事を読む ▶

鉄骨アパートでできる騒音対策6選

  1. 壁に防音シートを張る
  2. 居室が隣り合う壁側に家具を置く
  3. 防音カーテンを付ける
  4. 厚手のカーペットや防音マットを敷く
  5. 家の中ではスリッパを履く
  6. 家具の足に保護シールを張る

①壁に防音シートを張る

鉄骨アパートで吸音パネルを張る人

鉄骨アパートの防音対策として、壁に吸音パネルを貼る方法があります。隣のテレビ音を軽減できますし、自分の生活音も響きにくいです。

安いものだと、40cm四方で1枚あたり千円ほどです。ホームセンターやamazonなどの通販サイトで購入できます。

②居室が隣り合う壁側に家具を置く

鉄骨造のアパートで壁側に家具を置く
出典:楽天市場

壁に施す防音対策として、居室が隣り合う壁側に家具を置くのも手です。大きめの本棚やテレビボードなら、壁一面を覆えますしおしゃれなインテリアにもなります。

どちらも5~10万円ほどと高いので、予算的に余裕がある人はぜひ実践してみてください。

③防音カーテンを付ける

カーテン

鉄骨アパートに住むなら、カーテンは防音性能があるものを選びましょう。吸音効果のあるカーテンは自分の生活音が伝わりにくく、遮音効果があるものは外の音を跳ね返してくれます。

見た目は普通のカーテンと変わらないので、お部屋の雰囲気を損ねることはありません。オシャレなデザインの商品もあるので、女性でも選びやすいです。

④厚手のカーペットや防音マットを敷く

防音カーペット
出典:BICKLY CARPET

2階以上の鉄骨アパートに住むときは、床への防音対策もしたほうが良いです。厚手のカーペットや防音マットを敷けば、足音や落下音で迷惑を掛けづらいです。

⑤家の中ではスリッパを履く

鉄骨造の騒音を抑えるスリッパ
出典:Qoo 10

鉄骨アパートの足音を抑えるために、家の中ではスリッパを履いて生活してください。下の階へ伝わる音をシャットアウトできます。

おすすめはモップ素材の柔らかいスリッパです。裏面が硬いものより音が立たないですし、ついでに床掃除もできます。1足8百円ほどで購入可能です。

⑥家具の足に保護シールを張る

家具の足に貼る防音シール
出典:楽天市場

鉄骨アパートでは、家具の引きずる音も響きます。イス・テーブル・ベッドの脚の底に、保護シールを張って騒音を防ぎましょう。百円ショップなどで手に入ります。

床への傷・ヘコミ予防にも繋がります。張り替えると十数万円かかるケースもあるので、退去費用を抑える効果もあります。

防音対策に関する記事
隣人の騒音に対する穏便な対策は?のイメージイラスト
隣人の騒音への対処法や自分でできる防音対策はこちら
記事を読む ▶
配信者向け賃貸物件の探し方や防音対策のイラスト
配信者向け賃貸で実践すべき防音対策はこちら
記事を読む ▶

鉄骨アパートに向いている人・向いていない人

家賃の安さを重巣するなら鉄骨アパートに向いている

鉄骨アパートに向いている人の特徴
  • ・できるだけ安い家賃が良い
  • ・木造よりは防音性のある鉄骨造が良い
  • ・家にいる時間が少ない
  • ・他人の生活音が聞こえても気にしない
  • ・多少うるさくても耳栓を活用する

鉄骨アパートに向いているのは、できるだけ安いお部屋を探す人です。ワンルームや1Kなら、東京23区内でも5万円台で見つかります。

家賃は木造とほぼ同じなので「せっかくなら少しでも防音性が高い物件が良い」という人にもおすすめです。

防音性を重巣するなら鉄骨アパートに向いていない

鉄骨アパートに向いていない人の特徴
  • ・物音に敏感
  • ・他人の生活音にイライラする
  • ・耐火性能が高い物件が良い
  • ・高層階に住みたい

鉄骨アパートに向いていないのは、周囲の生活音を気にしたくない人です。入居後、隣から音が聞こえてイライラしやすいです。

防音性や耐火性能を重視するなら、RC造(鉄筋コンクリート造)かSRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)のマンションがおすすめです。家賃は高いですが快適な生活が送れます。

建物構造に関する記事
木造・鉄骨造・RC造・SRC造の違いは?のイメージイラスト
建物構造の種類は?構造ごとの特徴を解説
記事を読む ▶
鉄骨造と鉄筋コンクリート造の違いは?のイラスト
鉄筋コンクリート造と鉄骨造の違いは?
記事を読む ▶

鉄骨アパートに関するよくある質問

鉄骨造の防音性は?うるさい?

木造よりはマシですが、生活音はほとんど聞こえます。

木造は隣の話し声が筒抜けになるレベルで、鉄骨造はテレビ音が聞こえるレベルです。生活音の聞こえ方はほとんど同じです。

▲よくある質問に戻る

鉄骨造で防音性が高いのは角部屋?

角部屋でも上階からの音は聞こえます。

角部屋で隣からの音を最小限に抑えても、上からの音は響きます。鉄骨アパートにこだわるなら、最上階の角部屋が良いです。

▲よくある質問に戻る

鉄骨マンションなら話し声は聞こえない?

音の聞こえ方にあまり変化はありません。

鉄骨マンションでも、建物構造が同じなので聞こえ方にあまり変化はありません。予算的にマンションも視野に入れているなら、防音性の高いRC造以上で選びましょう。

▲よくある質問に戻る

アパートなら鉄骨と木造どっちが良い?

重視する内容で異なります。

耐震性が高さやおしゃれな外観を重視するなら、鉄骨アパートが向いています。可能な限り家賃を安くしたい人は、木造アパートが向いています。

木造アパートのメリットデメリットはこちらで解説しています。鉄骨造と木造で迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

▲よくある質問に戻る

失敗しない鉄骨アパートの選び方は?

新築もしくは築浅物件がおすすめです。

鉄骨アパートは防音性の低さが目立ちますが、最近建てられた物件なら防音対策されているケースが多いです。生活音から外の騒音まで軽減してくれます。

▲よくある質問に戻る

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

お店に行かなくても「イエプラ」なら、チャットやLINEで希望を伝えてお部屋を探せます!

SUUMOやHOME'Sに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです。

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶ 無料でお部屋探しを始める
follow us in feedly
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について