お部屋探しのコツや知識まとめブログ|イエプラコラム
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

リノベーション賃貸のメリット・デメリットは?失敗しないリノベ物件の選び方!

リノベーション賃貸のメリット・デメリットのアイキャッチイラスト

リノベーション賃貸にデメリットはある?
失敗しないリノベ物件の選び方って?

リノベーション賃貸は、おしゃれな内装で新築のようなデザインが特徴です。最新設備が揃っているので、性能重視で探している人にもおすすめです。

しかし、リノベ物件は「築年数が古い」などのデメリットが挙げられます。耐震性や防音性が低い物件もあって、引っ越しが失敗する恐れもあります…。

そこで当記事では、リノベーション賃貸のメリット・デメリットを解説します。失敗しないリノベ物件の選び方もまとめたので、ぜひ参考にしてください。

監修 阿部 陽一郎
不動産屋「家AGENT」
池袋店 店長

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴10年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

そもそもリノベーション賃貸とは

大規模工事をおこなった賃貸物件のこと

DKからLDKにリノベーションした間取り

リノベーション賃貸とは、室内を大規模工事した賃貸のことです。設備や内装だけでなく、間取りも大きく変更しています。

1980年代に流行した2DKの間取りから、若者向けな1LDKに変えた物件もあります。広めのリビングがほしい人にはぴったりです。

リノベーションとリフォームの違い

工事の特徴
リノベーション ・物件を全体的に見直す
・間取りや内装、設備を新しくする
リフォーム ・老朽化した部分を修理する
・新築時に戻す規模の工事

リノベーションとリフォームには、明確な違いはありません。一般的に、工事の規模で区別されるケースが多いです。

リノベーションは、解説した通り物件を全体的に見直して統一感を出すことです。対してリフォームは、古くなったところを元に戻すことを指します。

検索で見つからないお部屋を探せる不動産屋
「イエプラ」は
検索で見つからない
お部屋を探します
イエプラの特徴
  • 検索で見つからないお部屋探します
  • 仲介手数料基本0円
  • 上場企業が運営で安心

リノベーション賃貸の4つのメリット

  • ・内装がきれいでおしゃれ
  • ・最新の設備が備わっている
  • ・周辺相場より家賃が安い物件が多い
  • ・お部屋選びの幅が広がる

内装がきれいでおしゃれ

リノベーション済みの部屋に感動する女の子のイラスト

リノベーション賃貸に住むメリットは、内装がきれいなお部屋に住めることです。おしゃれな物件も多いので、デザイナーズ物件に住んだ感覚で生活できます。

お部屋の壁紙や床材が張り替えられているので、気持ち良く過ごせます。クリーニング済の物件とは異なり、満足感も高いです。

最新の設備が備わっている

リノベーション賃貸で見られる最新設備
  • ・カメラ付きインターホン
  • ・ディンプルキー(防犯性の高い鍵)
  • ・システムキッチン
  • ・トイレバス別
  • ・独立洗面台
  • ・浴室乾燥機

リノベーション賃貸には、沢山の最新設備が備わっています。工事のタイミングで、カメラ付きインターホンやディンプルキーを取り付けるケースは多いです。

特に、水回り設備はほとんど新品に取り替えられます。使い勝手が良い設備が揃っていれば、日常生活を快適に過ごせます。

周辺相場より家賃が安い物件が多い

築浅物件 リノベーション賃貸
家賃 105,000円 95,000円
管理費 0円 3,000円
間取り 1LDK 1LDK
築年数 10年 34年
専有面積 約46㎡ 約39㎡

※2023年8月時点の情報

リノベーション賃貸には、周辺相場より家賃が安い物件が多いです。内装工事できれいになっていますが、築年数は古めだからです。

業者専用データベース「ATBB」を使って、リノベーション済み物件と築浅物件の家賃を比較しました。お部屋の間取りは同じですが、リノベーション賃貸は約1万円も安いです。

お部屋選びの幅が広がる

スマホでお部屋を見ている女の子

リノベーション賃貸を候補に入れると、お部屋選びに幅が広がります。築年数の条件を緩和できるからです。

築年数の条件を外して「リノベーション済み」で探すのもアリです。豊富な物件数から探せば、理想のお部屋が見つかりやすくなります。

リノベーション賃貸のデメリットは5つ

  • ・築年数が古い
  • ・防音性が低い可能性がある
  • ・排水管から水漏れしやすい
  • ・共用部分まで工事されていない
  • ・フルリノベーションされた物件は少ない

築年数が古い

リノベーション賃貸のデメリットは、築年数が古いことが挙げられます。募集されるのは、基本的に築30年以上経っている物件だからです。

古い物件ほど、建物の耐震性が低い可能性もあります。1981年以前の物件だと、基準が甘い「旧耐震基準」で建てられています。耐えられるのは、震度5強程度の地震までです。

防音性が低い可能性がある

リノベーション賃貸は、防音性が低い可能性がある点もデメリットです。間取りや内装を変更したことで、音が伝わりやすくなった物件もあるからです。

隣室との間にあった収納スペースが撤去されていると、隣からの生活音が気になります。床材が畳からフローリングに変更された場合、足音が響きやすいです。

阿部さんのアイコン 阿部
築年数が経って建材が劣化していたら、さらに防音性が下がっている恐れがあります。

排水管から水漏れしやすい

水漏れを起こした排水管の写真
リノベーション賃貸のデメリットには、排水管が水漏れしやすい点も含まれます。募集されている中には、排水管まで交換していない物件もあるからです。

内見中は、きれいな内装ばかりに目が行きがちになります。細かいところまでチェックしないと、水漏れ箇所を見逃してしまう可能性があります。

共用部分まで工事されていない

共用部分まで工事されていないリノベーション賃貸の写真例

リノベーションされた賃貸物件でも、共用部分までは工事されていません。外観や廊下、エレベーターは古いままです。室内との見た目のギャップは大きく感じます。

阿部さんのアイコン 阿部
劣化が進んだ物件だと、エレベーターなどが故障しやすい恐れがあります。

共有部分が劣化しているとゴキブリなどの害虫が出やすい

共用部分が劣化している建物は、害虫が出やすいです。建物の腐食した部分があると、虫の侵入経路になってしまうからです。

特に、ゴキブリは1度住み着くと駆除しきれないことが多いです。室内だけでは対処できないので、虫が嫌いな人にはデメリットに感じます。

おすすめ記事
ゴキブリが出ない家の条件は?出る原因と排除方法も解説のアイキャッチ
ゴキブリが出ない家の条件は?出る原因と排除方法も解説
記事を読む ▶

フルリノベーションされた物件は少ない

リノベーション済み フルリノベーション
物件数 923件 389件

※2023年8月時点の東京23区内の物件数

リノベ物件のうち、フルリノベーションされた物件は少なめです。不動産屋の中には、内装や水回りだけを工事して「リノベーション賃貸」として募集する業者もいます。

業者専用サイト「ATBB」で東京23区内の物件数を調べたところ、一部工事した物件は923件で、フルリノベーション物件は389件しかありませんでした。

阿部さんのアイコン 阿部
全体的に工事された物件が良い人は、お部屋探しの段階で「フルリノベーション済みのお部屋が良い」と伝えておきましょう。

リノベーション賃貸のデメリットが気になったら他の物件も探してみる

リノベーション賃貸のデメリットが気になったら、他の物件を探すのも手です。リノベ済み以外にも、内装がきれいな物件は沢山募集されています。

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、賃貸経験の長いスタッフが多数在籍しています。ユーザーの要望を丁寧にヒアリングして、ぴったりなお部屋を提案できます。

やり取りはチャットやLINEから可能です。「きれいめな物件が良い!」「築年数15年以内の物件に絞ってほしい」など、来店不要で何でも相談できます。

夜23時まで返信が来るため、寝る前のスキマ時間を有効活用できます。効率的にお部屋探しを進められて便利です!

仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトはこちら

リノベーション賃貸に向いている人は?

お部屋の内装を重視する人なら向いている

リノベーション賃貸に向いている人の特徴
  • ・内装がきれいなお部屋を探している
  • ・水回りなどの設備をこだわりたい
  • ・家賃は抑えたい
  • ・外観はあまり気にしない
  • ・豊富な物件数から探したい など

リノベーション賃貸に向いているのは、お部屋の内装を重要視する人です。壁紙や水回り設備などが新品の状態なので、気持ち良く新生活を始められます。

比較的安く借りられるので、家賃重視で探す人にもおすすめです。築年数や外観を気にしないなら、候補を増やしてお部屋探しできます。

おすすめ記事
築年数が古い賃貸のメリット・デメリットは?のアイキャッチ
築年数が古い賃貸のメリット・デメリットは?
記事を読む ▶

建物の耐震性が気になる人は向いていない

リノベーション賃貸に向いていない人の特徴
  • ・耐震性を重視する
  • ・新築や築浅物件が良い
  • ・外観がおしゃれな物件に住みたい
  • ・騒音トラブルを避けたい など

リノベーション賃貸に向いていないのは、建物の耐震性を重視する人です。築年数の古い建物がほとんどだからです。

騒音トラブルが起こりやすいので、音に敏感な人にも向いていません。外観もこだわりたい人は、新築や築浅物件に絞った方が良いです。

リノベーション賃貸を選ぶときのポイント

  • ・1981年6月以降に建てられた物件を選ぶ
  • ・防音性が高いか確かめる
  • ・水回り設備は使いやすいかチェックする
  • ・修繕記録を確認しておく
  • ・事故物件ではないか調べる

1981年6月以降に建てられた物件を選ぶ

建築時期 耐震強度の目安
旧耐震基準 1981年5月以前 震度5強程度の地震で倒壊しない
新耐震基準 1981年6月以降 震度6強~7の地震で倒壊しない

出典:国土交通省 ホームページ

リノベーション賃貸を選ぶときは、1981年6月以降に建てられた物件が良いです。震度6~7の地震でも倒壊しない「新耐震基準」で建てられているからです。

1981年6月以前の物件だった場合、過去に耐震補強の工事をしているか確認してください。募集図面を見るか、不動産屋のスタッフに聞いてみましょう。

木造アパートなら2000年以降に建てられた物件が良い

2000年基準で変わった木造物件の建て方
  • ・必ず地盤調査をする
  • ・建物が傾かないように基礎を頑丈に作る
  • ・柱や梁の接合部に金具を取り付ける など

出典:建築基準法施行令

木造アパートのリノベーション賃貸なら、2000年以降に建てられた物件を選んでください。木造物件に対する耐震基準が変わったタイミングだからです。

法改正では、建築時の地盤調査が義務付けられました。木造アパートの耐震性が心配な人は、2000年以降に建てられた物件にしましょう。

おすすめ記事
築年数の狙い目は何年?古い物件でも良い部屋を見つける方法のアイキャッチ
築年数の狙い目は何年?古い物件でも良い部屋を見つける方法
記事を読む ▶

防音性が高いか確かめる

内見で防音性を確かめる際のポイント
  • ・壁をノックして音の響き具合を確かめる
  • ・サッシは2重以上に付いているか
  • ・窓は3㎜より厚いか
  • ・窓の建て付けは悪くないか
  • ・玄関の扉から共用部分の音が聞こえないか
  • ・建物構造を確認する

リノベーション賃貸を内見する際、防音性が高いか確かめてください。工事によって防音性が落ちた物件は、騒音の被害や近隣トラブルのリスクがあります。

壁の厚さは、ノックしたときの音の反響で分かります。高く軽い音がしたら、薄い壁である可能性が高いです。

おすすめ記事
マンションとアパートの防音性の違いは?賃貸の構造とは?のアイキャッチ
マンションとアパートの防音性の違いは?賃貸の構造とは?
記事を読む ▶

水回り設備は使いやすいかチェックする

水回り周辺でチェックするポイント
  • ・カビは生えていないか
  • ・排水管が水漏れしていないか
  • ・蛇口やシャワーの水圧は弱くないか
  • ・トイレの流れは良いか

物件の内見時は、水回り周辺の設備が使いやすいかチェックします。お部屋の配管が古いままの物件だと、水圧が弱かったり水漏れしやすいからです。

室内では、排水管のメンテナンス状況も確認したほうが良いです。水を流しても下水のニオイが気になる物件は避けるべきです。長時間嗅ぐと体調を崩してしまいます。

おすすめ記事
内見のポイントと必要な持ち物は?チェックリストを大公開!のアイキャッチ
内見のポイントと必要な持ち物は?チェックリストを大公開!
記事を読む ▶

修繕記録を確認しておく

リノベーション賃貸を検討するときは、当時の修繕記録を確認しておきます。メンテナンスした時期や内容をチェックするためです。不動産屋に依頼すれば確かめてくれます。

事故物件ではないか調べる

気になるリノベ物件があったら、念のため事故物件ではないか調べます。リノベーションの理由が、事故物件の可能性があるからです。

図面の備考欄に「告知事項有」と記載されている物件は要注意です。室内か建物内で、入居者が亡くなった可能性が高いです。検索サイト「大島てる」なども活用すると良いです。

おすすめ記事
事故物件の8つの見分け方!知らずに契約した時の対処法は?のアイキャッチ
事故物件の8つの見分け方!知らずに契約した時の対処法は?
記事を読む ▶
有名な事故物件サイト3選!大島てる以外で確認する方法は?のアイキャッチ
有名な事故物件サイト3選!大島てる以外で確認する方法は?
記事を読む ▶

リノベーション賃貸に関するよくある質問

リノベーション賃貸は失敗しやすい?

耐震性を重視している人は失敗しやすいです。リノベーション賃貸の中には、古い耐震基準で建てられた物件があるからです。

耐震性が心配な人は、1981年6月以降に建築された「新耐震基準」の物件を探してください。

▲よくある質問に戻る

リノベーション賃貸の築年数は平均どれくらい?

築30年前後です。事故物件になってリノベーションすることもあるので注意です。

▲よくある質問に戻る

リノベーション賃貸の家賃が安い理由は?

築年数が古いからです。賃貸物件は、築年数が経っているほど安く募集される傾向にあります。

▲よくある質問に戻る

リノベ物件を探すときに注意することは?

目に見えにくい水回りの腐食に注意です。

排水管が古いままの物件は、水漏れで腐食している可能性があります。浴室が脱衣所にある点検口を除いて、確認するのも手です。

▲よくある質問に戻る

リノベーション賃貸は一人暮らしに向いている?

外観と築年数が気にならなければ向いています。ワンルームや1Kといった単身者向けの間取りも募集されています。

▲よくある質問に戻る

普通の賃貸でリノベーションはできる?

できません。入居者側で大規模な工事をするのは、どの賃貸物件でも禁止されています。

▲よくある質問に戻る

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

当サイト運営の「イエプラ」なら、わざわざお店に行かなくてもLINEで希望を伝えてお部屋を探せます!

さらに、イエプラは仲介手数料が基本0円です。およそ家賃1ヶ月分の初期費用をまるっと節約できます。

家賃によっては10万円以上も安くなるので、浮いたお金で新生活の家具家電を揃えられます。費用を抑えて引っ越したい人は、ぜひ利用してみてください。

仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトはこちら
follow us in feedly
仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトへ
仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトへ
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について