お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

一人暮らしの通勤時間の平均は何分?ラクに通勤する方法はないの?

一人暮らしの通勤時間の平均は?のイメージイラスト

一人暮らしの通勤時間の平均はどれくらい?といった疑問を解説します。

理想の通勤時間や、通勤時間ごとのメリット・デメリットも比較して解説します。

通勤時間から物件を探せるおすすめの不動産屋や、ポイントをまとめました。ぜひ参考にしてください。

一人暮らしの平均通勤時間は約50分

アットホームの「都内勤務の賃貸一人暮らしの電車通勤実態調査(2018年)」によると、一人暮らしをしている20~30代の平均通勤時間は約50分です。

ただ、調査対象になった「通勤時間」は、家を出てから会社に着くまでにかかる時間です。電車の乗車時間は約35~40分を目安にすると良いです。

理想の通勤時間は30分

同アンケートによると、都内勤務の20~30代で一人暮らしをしている人の理想の通勤時間は約30分です。

通勤時間が30分以内であれば、ギリギリまで寝ていられたり、終業後にもすぐに帰宅できるので、自分の時間が確保しやすくなります。

また、比例して電車の乗車時間も短くなるので、通勤ラッシュのストレスも軽減されます。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める

通勤時間ごとのメリット

通勤時間がどれくらいかかるかによって、それぞれにメリットがあります。通勤時間別のメリットをまとめたので、参考にしてください。

通勤時間が短いメリット

通勤時間が短い場所に住むメリットをまとめました。

  • ・出社時間のギリギリまで寝れる
  • ・満員電車のストレスがない
  • ・昼休みに家に帰れる
  • ・残業してもすぐに帰れる
  • ・会社から家賃手当てが出る場合がある

通勤時間が短い場所、つまり会社の近くのお部屋に住めば、余裕を持って出社ができます。出社1~1時間半前に起きたとしても、シャワーを浴びたり朝食を摂る時間があります。

満員電車で押しつぶされるストレスもなく、残業した日でもすぐに帰宅できます。

会社によっては福利厚生で家賃手当が出る場合があります。福利厚生を受ける条件については、勤め先の総務に問い合わせてみましょう。

通勤時間が長い場所に住むメリット

通勤時間が長い場所に住むメリットをまとめました。

  • ・休日に会社のことを忘れられる
  • ・仕事とプライべ―とのメリハリがつく
  • ・好きな街に住める
  • ・家賃が安いお部屋に住める可能性がある

通勤時間が長い場所、つまり会社から離れたお部屋に住むと、プライベートをより確保できます。休日に会社の人と出くわすことがないので、私生活に干渉されません。

また「家が遠いから残業しても20時には帰るようにしよう」など、仕事とプライベートのメリハリをつけられます。休日は絶対会社のことを忘れたいという人におすすめです。

他にも、家賃相場が安い街を選んだり、憧れの街に住むなど、お部屋の選択肢が広がります。郊外でお部屋を探せば、安い家賃で広い間取りの物件を借りられます。

通勤時間ごとのデメリット

通勤時間がどれくらいかかるかによって、どんなデメリットがあるのかをまとめました。通勤時間が長い場合だけでなく、短い場所の物件にもデメリットはあります。

通勤時間が短いデメリット

通勤時間が短い場所に住むデメリットを紹介します。

  • ・休日に会社の人と出会う可能性がある
  • ・ギリギリまで寝られる安心感から遅刻しやすい
  • ・家が近いからと残業させられる可能性がある
  • ・終電を逃した社員に宿として使われる
  • ・行動範囲が狭くなる
  • ・お部屋の選択肢が限られる

通勤時間が短い、会社近くのお部屋に住む場合、ギリギリまで寝ても大丈夫という安心感から2度寝をしてしまい、出社が遅くなったり、遅刻する可能性があります。

また「会社に近いから泊めて」と宿代わりにされたり「遅くまで残業しても家に帰れるよね?」などと仕事の量を増やされる場合もあります。

会社の近くにエリアを限定してお部屋探しをした場合、物件数が少ない可能性があります。希望条件に合ったお部屋を見つけられないことが多いです。

同じ会社の人と通勤ルートが被ってしまって気を使ったり、休日に近所で会って気まずく感じることもあります。

通勤時間が長いデメリット

通勤時間が長い場所に住むデメリットを紹介します。

  • ・通勤ラッシュのストレス
  • ・電車遅延や災害による遅刻のリスクが大きい
  • ・平日のプライベートの時間が減る
  • ・会社から家賃手当てを受けられない可能性がある

会社から離れたお部屋に住む最大のデメリットは、通勤・帰宅ラッシュの満員電車に乗らなくてはならないことです。会社に着くまでに疲れて、1日のやる気が起きないこともあります。

事故や自然災害による電車遅延があると、高確率で遅刻してしまうリスクもあります。

終業後のプライベートの時間が、帰宅に時間がかかる分だけ削られるのも大きなデメリットです。平日は眠りに帰るだけという人もいます。

家賃手当などの福利厚生が「会社から3㎞以内」というように条件を付けていることが多いので、家賃手当がもらえないケースもあります。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
スーモやホームズにない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶

おとり物件が少ないサイト3選のサムネイル
不動産屋の悪質な広告「おとり物件」が少ないサイト3選!
記事を読む ▶

通勤の負担を減らすポイント

少しでも快適に過ごすために、負担を減らすポイントを解説します。

始発・途中始発の駅を選ぶ

最寄り駅が、始発・途中始発の駅のエリアに住めば、座って通勤しやすいです。

通勤時間が少し長くても、座って行けることで負担を減らすことができます。

▶座って通勤できる始発駅についてはこちら

乗り換えの回数が少ない

職場までの乗り換えが少ない場所に住むことも負担を減らすコツです。

とくに主要駅での乗り換えは混雑しているので、思うように動きにくいです。

通勤時間からお部屋を探せるサイト6選

勤務先までの通勤時間からお部屋探しができるおすすめのサイトを、使いやすさと特徴でまとめましたので、お部屋探しの際にぜひ使ってみてください。

サイト名 使いやすさ 特徴
イエプラ ★★★★★ チャットで細かい条件まで相談可
アットホーム ★★★★☆ 目的駅~物件までの所要時間で検索可
CHINTAI ★★★★☆ 目的地の名前、交通手段から検索可
HOME’S ★★★☆☆ 乗り換え回数を指定して検索可
SUUMO ★★★☆☆ 目的駅を4駅まで同時に検索可
UR賃貸住宅 ★★★☆☆ DIY可など細かい条件で検索可

検索サイトを使って自分で探すのが苦手な人は、不動産屋に相談して条件に合うお部屋を紹介してもらうと良いです。

通勤時間から探すなら不動産屋に相談すべき

ネット上の不動産屋「イエプラ」なら、来店不要でチャットやLINEから相談できます。

「もう少しだけ駅に近いほうが良い」「坂じゃない道で帰れるお部屋」など、希望の通勤時間や通勤先の駅を伝えるだけ理想のお部屋を紹介してもらえます。

深夜0時まで営業しているので、店舗に行く時間がない人でも、仕事の休憩時間や就寝前時間を利用してスタッフに相談可能です。

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラボタンバナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について