お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

木造アパートの音漏れはどのくらい?防音性の高い賃貸の見分け方を公開

木造の物件

木造アパートの防音性はどれくらい?
最近の木造アパートは音漏れする?

木造アパートは家賃が安く、物件数も多いのでお部屋探しの候補に入れる人も多いです。賃貸物件を借りるならなるべく家賃を抑えたいですよね!

しかし、木造アパートは「音漏れがうるさい」「騒音がひどいからやめとけ」など、音に関するマイナスな意見が多いのも事実です。

そこで当記事では、木造アパートの防音性や音漏れ、木造のメリット・デメリットなどを解説します。騒音トラブルが少ない木造物件の特徴も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

監修 阿部 陽一郎
不動産屋「家AGENT」
池袋店 店長

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

木造アパートは防音性が低い

音に敏感な人は木造アパートに向かない

木造アパートは防音性が低い物件が多いです。音に敏感な人には向いていない賃貸物件と言えます。

そもそも木造アパートとは、柱や壁など建物の主要な部分に木材を使った住宅です。

木造は通気性が良いため、空気だけでなく音も通します。物件によっては、上下左右のお部屋からいびきやテレビの音など些細な生活音が響いてきます。

建物構造ごとの防音性の比較

遮音等級 建物構造 音の聞こえ方
L-35 - 日常生活で気になるような音はほぼ聞こえてこない
L-40 SRC造 防音性が高く外からの音も軽減されている
L-45 - 子どもの泣き声や走り回る音は少し聞こえる
L-50 RC造 子どもの泣き声や走り回る音は聞こえる
L-55 - 洗濯機や掃除機は少し聞こえるが気にならない
L-60 重量鉄骨造 足音やドアの開閉音や振動を伴う音が聞こえる
L-65 軽量鉄骨造 多少音量が軽減されるが、生活音はほぼ聞こえる
L-70 - L-75よりマシなレベルで大差はあまりない
L-75 木造 隣室のテレビや電話の音など、生活音がかなり聞こえる

引用:日本建築学会編「建築物の遮音性能基準と設計指針」

木造は、ほかの建物構造と比べると最も遮音性能が低いです。日常的に隣のお部屋の生活音が聞こえてくる物件が多いです。

鉄骨造のアパートも、ほとんど木造と同じです。防音性を重視する人は、RC造(鉄筋コンクリート)、SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート)のマンションがおすすめです。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める

木造アパートの実際の音の聞こえ方

  • ・隣人の生活音が丸聞こえ
  • ・外からの騒音がうるさい
  • ・自分の生活音が気になる

隣人の生活音が丸聞こえ

木造アパートは左右のお部屋だけでなく、上下階の生活音も響きます。物を落としたり、お部屋を歩き回るような振動を伴う音は伝わりやすいです。

昼夜逆転の人がいると、お互いに睡眠を妨げられてストレスが溜まりやすくなります。最悪の場合、ニュースになるようなトラブルに発展するリスクがあります。

外からの騒音がうるさい

物件周辺の環境によっては、外からの騒音にも悩ませられることがあります。

繁華街の近くや大通り沿いの物件は、深夜になっても外部からの音が響いてくる可能性が高いです。

木造のお部屋を選ぶなら、大きな音を発する施設がないか周辺環境を意識しましょう。

自分の生活音が気になる

ほかの入居者の質や生活リズムによっては、騒音が気にならないということもあります。

ただし、木造の物件であるため自分が発する生活音を気にする人が多いです。常日頃から音に敏感になりながら生活するので、ストレスが溜まるという人もいます。

最近の木造アパートは防音性が高い

遮音性が高い建築素材が使われている

新築や築浅の物件は遮音性が高い建築素材が使われている可能性が高いです。騒音トラブルで問題になることが多いので、積極的に使われるようになっています。

築年数が古い物件は壁の間の隙間が広かったり、石膏ボードだけの簡単な施工だけのものが多いです。防音性は十分ではないので隣のお部屋に音が響きやすいです。

木造アパートのお部屋を選ぶなら、なるべく築年数が浅いものを選ぶと良いです。

ハウスメーカーの賃貸物件は防音性を期待できる

ハウスメーカーが手掛けた賃貸物件は、高い防音性を期待できるものが多いです。

大東建託は「ノイズレスフロア」という足音の振動を吸収する床を採用しています。積水ハウスは、高遮音床システム「シャイド」というものを導入しています。

また、最新技術を導入した石膏ボードが使われていたりと、築年数が古い物件よりは防音性が向上しています。

防音性が高い木造アパートを効率的に探す方法

防音性が高い木造アパートを手っ取り早く探したいなら、不動産屋に相談すべきです。構造や周辺環境を考えて最適なお部屋を紹介してくれます。

防音性にこだわりたい人におすすめな不動産屋は「イエプラ」です。

「家賃○万円以下だけど木造は嫌!」などチャットであれこれ相談できて、他サイトの見つけた物件も、防音性に問題ないかチェックしてくれます。

不動産屋だけが使えるデータベースから物件を探してくれるので、スーモやHOME’Sにはない未公開物件も見られます!

イエプラボタンバナー

木造アパートは家賃の安さが最大の魅力

鉄骨造やRC造よりも約1~3万円安い

ワンルーム 1K 1DK
木造 39,000円 38,000円 43,000円
鉄骨造 48,000円 49,000円 53,000円
RC造 58,000円 60,000円 76,000円
SRC造 69,000円 74,000円 87,000円
それぞれの平均家賃の算出方法
  • 調査実施日:2022年7月27日
  • 調査媒体:ATBB
  • 対象:東京23区内の専有面積20㎡以上の物件
  • 算出方法:家賃が安い上位30件の平均家賃

木造アパートに住む最大のメリットは「家賃の安さ」です。東京都内でも木造の1Kであれば、家賃4万円以下のお部屋が見つかります。

1DKの物件でも5万円以下で探せます。広い間取りで家賃を抑えたい人は木造がおすすめです。

木造アパートの家賃が安い理由

  • ・建物に使われている素材が安い
  • ・3階建て以下の低層物件が多い
  • ・全体的に戸数が少ない
  • ・セキュリティ設備が少ない

木造アパートに使われる建築素材は安価であるため、建築コストを抑えられます。

また、アパートタイプの物件にセキュリティ設備が少ないことも家賃が安い理由です。オートロックやモニター付きインターホンなどが設置されていない物件が多いです。

木造アパートを選ぶ4つのメリット

  1. ランニングコストを抑えられる
  2. 通気性が良い
  3. 柱や梁が少なくレイアウトしやすい
  4. 火災発生時でもすぐに倒壊しない

①ランニングコストを抑えられる

木造アパートは家賃も安いですが、毎月支払う管理費・共益費も安くおさえられます。

マンションタイプの物件と違って、物件の戸数が少ないのでエントランスやエレベーターなどの整備が不要です。

阿部さんのアイコン 阿部
RC造のマンションでは管理費を1万円以上請求されることがありますが、木造アパートなら3~5千円程度の物件が多いです。

②通気性が良い

木造アパートは通気性に優れています。湿気や熱がお部屋にこもりにくいうえ、カビ結露が発生しづらくなります。

木造の物件は木材が余分な湿気を吸い取ります。梅雨の時季や湿気が多い夏場は、適切な湿度に調整してくれます。

③柱や梁が細くレイアウトしやすい

木造の物件は柱や梁が細いので、お部屋にデコボコが少ないです。デッドスペースが少なく、お部屋のレイアウトがしやすくなります。

鉄骨造やRC造の建物は、鉄筋や鉄骨が太いのでお部屋の内側に柱や梁が出てしまうことがあります。

阿部さんのアイコン 阿部
図面で見るよりも、実際はお部屋の圧迫感が強いということも少なくありません。なるべく、デコボコがないスッキリとしたお部屋を選びましょう。

④火災発生時でもすぐに倒壊しない

木造の建物は火災が発生しても、すぐに燃え尽きて倒壊するリスクは低いです。木造は燃えやすいイメージが強いですが、鉄や鉄筋できた鉄骨造よりも燃えにくいです。

一般的な木造アパートで使われる木材は10センチ以上の厚みがあります。厚みがある木材は中心部まで熱が伝わりにくいので簡単には燃え尽きません。

また、鉄は熱に弱く変形して倒壊する恐れがあります。しかし、木材は燃えても変形しにくいので、すぐに倒壊することはありません。

木造アパートを選ぶ4つのデメリット

  1. 常に音を気にしなければならない
  2. 冷暖房の効きが悪い
  3. 耐震性が低い物件がある
  4. 虫が湧きやすい

①常に音を気にしなければならない

木造アパートは音が響きやすいので、なるべく大きな音を立てないように生活する必要があります。

また、ほかのお部屋から聞こえてくる音で悩まされる可能性があります。隣人トラブルに発展することも珍しくないので、気になる人はお部屋の防音対策は必須です。

②冷暖房の効きが悪い

木造アパートは気密性が低く冷暖房の効きが悪いです。木造は通気性が良い分、外気温の影響を受けやすいです。

冷暖房の効率が悪いので、夏場や冬場はとくに光熱費がかかってしまいます。断熱シートや外気を遮断するなどの工夫が必要です。

③耐震性が低い物件がある

築年数が古い木造アパートのなかには耐震性が低い物件があります。

1981年6月に耐震基準が見直され、より耐震性が高い物件が立てられるようになりました。しかし、木造アパートのなかには1980年以前の物件も数多く存在します。

阿部さんのアイコン 阿部
旧耐震基準の物件は震度7程度の地震が起きた場合は倒壊する恐れがあります。耐震性を気にする人はなるべく新しい物件を選びましょう。

④虫が湧きやすい

木造アパートは気密性が低く、木材を使っているため虫が湧きやすいです。

とくに、築年数が古い木造アパートは虫が湧きやすいです。物件の経年劣化から隙間が生まれて、虫が侵入してきます。

比較的新しい物件であれば、物件の劣化が少ないので虫の発生は抑えられます。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
スーモやホームズにない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶

おとり物件が少ないサイト3選のサムネイル
不動産屋の悪質な広告「おとり物件」が少ないサイト3選!
記事を読む ▶

快適に暮らせる木造アパートの特徴

  • ・築年数が15年以内
  • ・居室が隣り合っていない間取り
  • ・角部屋かつ最上階
  • ・遮音性能を高めた建築素材が使われている
  • ・静かな場所に建てられている

築年数が15年以内

木造アパートに住むなら、目安として築15年以内で選びましょう。新しい物件ほど木造の弱点に対策した物件が多いからです。

例えば、築浅の木造アパートは壁や床に防音素材を使用してあったり、排水管まで防音性を高めてあったりします。

耐震基準についても、2000年以降の基準で建てられた建物には「地盤の強さ」や「建物の重量バランス」が追加され、より強い耐震性が備わっています。

居室が隣り合っていない間取り

居室が隣り合っていない間取り例

隣のお部屋の居室との間に、押し入れなどがある間取りであれば、お互いの生活音が響きにくいです。

物件全体の間取りはネットの情報だけでは確認でないので、不動産屋にフロアの図面を取り寄せてもらうなどしてください。

角部屋かつ最上階

騒音が気になる人は、角部屋・最上階がおすすめです。角部屋なら隣り合うお部屋が1つで、最上階なら上階からの足音がないので騒音リスクを減らせます。

阿部さんのアイコン 阿部
ただし、1階の中部屋より家賃は高めです。1,000~2,000円の差なら、迷わず角部屋・最上階を選びましょう。

遮音性能を高めた建築素材が使われている

木造アパートを選ぶなら、大東建託やシャーメゾンなど、独自の遮音性を高めた建築素材が使われている物件を選びましょう。

無名の場合は、不動産屋に「壁が石膏ボードじゃないお部屋が良い」と伝えてみてください。

静かな場所に建てられている

駅から離れている、周辺に高速道路や小学校など音が出る施設がない静かなエリアを選んでください。

内見時に、物件の近くを15分ほど散歩してみると良いです。閑静な住宅街と言われる場所でも、個人の修理工場などが近くにある可能性があります。

木造アパートの内見で確認すべきポイント

  • ・壁の厚さ
  • ・窓が複層ガラスになっているか
  • ・窓枠やドアに隙間が無いか
  • ・近隣の建物の窓と近くないか
  • ・騒音に関する貼り紙がないか
  • ・時間帯を変えて2回内見する

壁の厚さ

壁の厚みを調べる方法
  • ・壁をノックする
  • ・壁に耳を当ててみる
  • ・お部屋の中心で手を叩く
  • ・同行スタッフに共有部分を歩いてもらう

正確な壁の厚みはわかりませんが、ある程度の防音性は調べられます。

壁をノックしてゴツゴツと重い音がした場合は厚みがあります、また、壁に耳を当てて隣の音が聞こえないか確認すると良いです。

お部屋の中心で手を叩いて、反響した音で防音性を判断する方法もあります。音が反響する場合は防音性が高いです。

阿部さんのアイコン 阿部
ドアを閉め切った状態で、同行スタッフに共有部分を歩いてもらうのも手です。外部からのリアルな音を確認できます。

窓が複層ガラスになっているか

複層ガラスとは、2枚以上のガラスを組み合わせてできたものです。ガラスの間に空気層ができるので外部からの音を軽減できます。

また、防音性だけでなく断熱性や結露のしにくさなどの効果も期待できます。

複層ガラスは、スマートフォンなどのフラッシュ機能を使えば見分けられます。ガラスにライトの反射が2つ確認できれば複層ガラスです。

窓枠やドアに隙間がないか

窓枠やドアに隙間がないか、建て付けが悪くなっていないかを確認してください。密閉状態でないとお部屋の音が外に漏れやすいです。

築年数が古い物件は経年劣化で隙間ができている可能性があります。細かなところまでよく確認したほうが良いです。

近隣の建物の窓と近くないか

窓やベランダをから近隣の建物の窓と近くないかを確かめてください。

窓は防音性が最も低い部分です。近い距離にあると、お互いの生活音が筒抜けになります。

騒音に関する貼り紙がないか

エントランスの掲示物に、騒音に関する貼り紙がないかを確認しましょう。貼り紙がある場合、騒音トラブルに悩まされている住人がいるという証拠になります。

貼り紙が確認できない場合は、直接不動産屋に聞いてみると良いです。過去にトラブルがあれば詳細を教えてくれます。

時間帯を変えて2回内見する

お部屋探しの時間に余裕がある人は、同じ物件を2回内見したほうが良いです。平日と休日、昼と夜で、周辺の生活音が異なります。

たとえば、繁華街の近くは日中は静かでも夜はうるさい場合があります。

1度しか内見に行けない人は「自分が1番家にいる時間が長い時間帯」に行くと良いです。

阿部さんのアイコン 阿部
夕方や夜に内見したい場合は、不動産屋に相談してみましょう。営業時間外でも対応してくれることがあります。

木造アパートは入居後も音漏れ対策すべき

  • ・騒音がうるさい壁側に家具を配置する
  • ・厚手のカーペットを敷く
  • ・防音カーテンに変更する
  • ・遮音フィルムを窓に貼る
  • ・隙間テープで窓やドアの隙間を埋める

騒音がうるさい壁側に家具を配置する

隣のお部屋からの騒音を聞こえにくくするために、騒音がうるさい壁側に本棚などの家具を配置しましょう。

阿部さんのアイコン 阿部
壁から1cmほど離して設置するとより効果的です。家具と壁の間に空気層ができるため、振動が軽減されます。

厚手のカーペットを敷く

厚手のカーペットを敷けば、音が響きにくいです。自分の歩く音も軽減されるので、騒音対策としておすすめです。

かかと歩きをする人は、厚手の防音マットを床に敷きましょう。ゴムやウレタン製のものがより効果が出ます。

防音カーテンに変更する

防音カーテンは、外からの音を防ぐのに効果的です。主に2種類あり、防音対策として使用するなら「遮音」効果があるものがおすすめです。

特殊な繊維が組み込まれており、外からの音を跳ね返してくれます。

もう1種類は「吸音」効果のあるカーテンで、自分が出す音の対策として効果を発揮します。

遮音フィルムを窓に貼る

窓に、貼って剥がせる遮音フィルムを貼るものアリです。安いものだと、2枚で1,500円ほどで手に入ります。

防音カーテンと合わせて活用してください。

隙間テープで窓やドアの隙間を埋める

窓やドアの隙間を、ゴムやウレタンなどのテープで埋めるのも良いです。隙間があると音が筒抜けになります。

隙間テープの中には「防音テープ」「遮音テープ」など、音に特化したものもあります。

かかとで歩き回らない

木造アパートは音漏れしやすいので、お部屋を移動するときはかかとで歩かないようにしましょう。振動を伴う音はほかのお部屋に響きやすいです。

とくに男性は歩き方にも注意してください。スリッパやルームシューズを準備するなど、より対策を心がけましょう。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

お店に行かなくても「イエプラ」なら、アプリやLINEで希望を伝えてお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです。

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶ 無料でお部屋探しを始める
follow us in feedly
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について