マンションのお得な買い方とは?初めての購入に役立つ情報まとめ

最終更新日:2021年12月01日
マンションのお得な買い方は?のアイキャッチ

マンションのお得な買い方をわかりやすく解説します!初心者向けに、お得な情報をまとめてあります。

各項目について詳しく解説した記事へリンクを整理しているので、ぜひ参考にしてください!

監修 岩井 勇太
チャット不動産イエプラ メディア事業部
ファイナンシャル・プランナー
宅地建物取引士

日本FP協会認定のFP。不動産やライフプランに関する専門知識と経験を活かして、最適な物件選びから、長期的にみて損しない住宅購入までをサポートしています。一人暮らしやファミリー世帯など、幅広い世帯からリピートをいただいています。

マンションのお得な買い方とは

マンションのお得な買い方とは、中古を買って同時にリノベーションする方法です。

物件選びに気を付ければ、新築より安く理想のお部屋に住めます。中古×リノベーションがお得な理由を、以下にまとめました。

中古×リノベーションがお得な理由
  • ・新築より安く新しいお部屋に住める
  • ・新築より物件数が多い
  • ・内装を自分の好みに設計できる
  • ・実際に内見して確認できる
  • ・管理状況が確かめられる

「新しいお部屋が良いけど予算は抑えたい」「気に入るお部屋がない」といったお悩みが、リノベーションで解決できます。

▶リフォームとリノベーションの違いの解説はこちら

新築より安く新しいお部屋に住める

リノベーションでは、新築よりも費用を抑えて新しいお部屋に住めます。全宅連の統計でも、中古の販売価格は新築より約40%安いです。

リノベるの表参道ショールーム

出典:リノベる 表参道ショールーム

物件の購入価格を抑えることで、内装にお金をかけられます。

築30年以上の築古マンションでも、お部屋は新築同様にできます。良いところは活かして、生まれ変わったお部屋に住めます。

新築より物件数が多い

中古は、新築より建物の立地にこだわれます。新築と比べて、物件数が多いからです。新築は募集が少なく、競争率が高いです。

また、好立地の物件ほど販売価格が高いので、新築だと予算がオーバーしやすいです。

住みたい街の新築が予算オーバーなら、中古を買ってリノベーションする手段も検討してみるべきです。

内装を自分の好みに設計できる

リノベーションでは、デザイナーと打ち合わせして、内装を自分の好みに設計できます。

壁を抜いて間取りを変えたり、設備のグレードや配置を変更したり、自由度が高いです。

キッチンのビフォーアフター

出典:リノベる 公式ホームページ

住みたい街に、理想の完成物件がないときにも最適な方法です。利便性の高い立地で、中古を買ってリノベーションするのは合理的です。

実際に内見して確認できる

中古では購入前に、実際に住むお部屋が内見(内覧)で確かめられます。日当たりや、周辺の騒音がどのように聞こえるか確認できるのは、大きなメリットです。

新築ではモデルルームや資料だけ見て、契約を結ぶケースが多いです。完成する前から募集が始まるためです。

中古は事前にチェックできる内容が多いので、買って後悔しにくいお部屋探しが可能です。

管理状況が確かめられる

中古マンションは、管理組合の資料や現地で、管理状況が確かめられます。

新築は、管理組合に払う維持費や、修繕計画に問題がないかの判断が難しいです。管理組合の運営状況がわからないからです。

管理状況は、マンションの住みやすさや、資産価値を維持するための、重要なポイントです。以下の記事で見極め方を解説しています。

中古を扱うプロに相談してみるべき

「予算は抑えたい」「でも新しいお部屋に住みたい」などのお悩みは、中古を扱うプロに相談してみるべきです。

当サイト「スマイノ」のLINE相談窓口なら、お店に行ったり電話したりせず、気軽にプロとやりとりできます。

10時~22時の間に、売買の専門家が直接返信しています。宅建士やFPが対応するので、以下のような疑問が何でも相談できます。

相談できる質問の例
  • ・新築と中古はどちらがお得?
  • ・ネットに載っている物件を内見したい
  • ・予算内でどんな家が買える? など

最適なローンや、予算に応じたリノベーションなど、幅広い手段を提案できます。

不動産屋だけが見れるデータベースから、1都3県の物件紹介が受けられます。良いお部屋があったら、そのまま内見予約も可能です!

友だち追加

リノベーションは物件選びがポイント

リノベーションは、物件選びがポイントです。中古ならではのデメリットは、物件選びと工事で、ほとんど解決できるからです。

内装工事には設計を含めて時間がかかるので、スケジュール調整は大変です。

物件探しから内装工事までワンストップで対応できる業者なら、負担を減らして、スムーズに手続きできます。

▶中古マンションの失敗しない選び方はこちら

中古は資産価値が下がりづらい

中古は、新築と比べて資産価値が下がりづらいです。そもそも販売価格が安く、時間の経過で下がった資産価値が、リノベーションの工事で回復するからです。

リノベーションマンションの資産価値イメージ図

出典:一般社団法人 リノベーション協議会

売る可能性まで考えると、中古は損しづらいです。購入時の価格と、資産価値が一致しやすいからです。

新築は住むと「約20%価値が下がる」と言われています。販売業者の利益や、広告費などの販売経費が、中古より多くかかるからです。

リノベーションは自由度が高い

リノベーションは自由度が高く、完成物件には少ないデザインが実現できます。間取りを変更して広い一室を作ったり、室内窓を作ったりもできます。

リノベるの銀座・有楽町ショールーム

出典:リノベる 銀座・有楽町ショールーム

中古がリノベーションでどこまで生まれ変わるか知って、住まいの選択肢を増やすべきです。新築を探すよりもお得に、理想の暮らしが実現できる可能性があるからです。

予算に収まる理想的な物件が見つからないなら、安く買える築古物件をリノベーションするのも手です。

お得に家を買うための知識を学ぼう

マンション購入の初心者向けに、FPや専門業者が相談会や講座を開催しています。

最新情報に詳しい講師に、その場で質問したり相談したりできるので便利です。

特に中古×リノベーション専門の「リノベる」が開催している無料講座は、講座の内容が充実していておすすめです。

リノベる無料講座内容の例
  • ・リフォームとリノベーションの違い
  • ・事例紹介(物件探し、リノベーション)
  • ・中古マンションの耐震性や資産価値について
  • ・リノベーション向き物件選びのポイント
  • ・リノベる。のサービス特徴と他社との違い
  • ・資金計画(ローンの種類や選び方)
  • ・価格相場やリノベの見積もり体験 など

講座は連日開催していて、フォームから簡単に予約できます。ファミリーや夫婦、一人暮らしまで、世帯ごとに最適な講座があります。

ショールームは、アクセスの良い主要駅に多数あります。詳しくは、リンク先でチェックしてみてください!

中古の販売価格は新築より大幅に安い

中古の販売価格は、新築より大幅に安いです。以下で、2021年3~9月の、首都圏マンション価格を、新築と中古で比較してみました。

首都圏の中古マンションと新築マンションの価格差(2021年3~9月)

出典:不動産経済研究所(新築価格) 東日本不動産流通機構(中古価格)

2021年9月の統計で、中古マンションは、新築マンションより平均2,000万円以上安いです。

物件の価格は、築年数や立地、階数などで差があります。特に影響が大きいのは築年数なので、以下の記事も参考にしてください。

▶中古マンションの築年数の解説はこちら

内装工事の平均額は700万円までが多い

2017年にリクルート住まいカンパニーが実施した統計によると、リノベーションは700万円未満で実施している人が多いです。

内装にかけた費用と、物件の購入費用の統計を抜粋してまとめたので紹介します。

物件の購入費用と内装リフォーム費用の統計

出典:2017年 リクルート住まいカンパニー 大型リフォーム実施者調査

4,000万円の中古を買う場合、リノベーションに1,000万円かけても、6,000万円の新築より予算が抑えられます。

キッチンやお風呂場など、部分ごとの相場や、大まかな目安は以下の記事で解説しています。

▶マンションのリノベーション費用はいくら?

支払い方法で大幅に負担が変わる

費用面での負担は、支払い方法でも大幅に変わります。マンション購入は金額が大きいので、住宅ローンを組んで買うのが一般的です。

年収別に解説を分けているので、適切なローンの考え方や、お得な借り方について参考にしてみてください。

年収ごとの住宅ローン記事
年収350万円 年収400万円
年収500万円 年収600万円
年収700万円 年収800万円

また、関係者への報酬などの初期費用がかかります。ほとんどの項目がローンに含められるので、支払い方法で負担は減らせます。

▶マンション購入の初期費用を抑えるコツはこちら

中古も減税や補助金を受けられる

減税などの制度は、新築のほうが手厚いです。しかし、基準を満たせば中古でも受けれる優遇措置は多いです。

固定資産税と都市計画税(固都税)や、不動産取得税、登記費用などの軽減は要チェックです。

そもそも中古は販売価格が安いので、工夫次第で出費が減らせます。相談会や無料講座も活用して、さまざまな視点で損得を判断できる知識をつけましょう。

リノベーション事例を見て質問できる

リノベるの無料講座は、リノベーションの事例を見ながら、気になることを質問できます。

素材による違いや価格差を質問したり、内装のシミュレーターで見積もりを体験できたりと、費用感が掴める内容が多いです。

リノベるの新宿西口ショールーム

出典:リノベる 新宿西口ショールーム 床材が比較できるエリア

リノベるでは、物件探しから内装のデザイン、引き渡しまでワンストップで対応しています。中古を扱うノウハウが豊富です。

住宅ローンや減税の制度など、損しないための最新情報が知れます。質問や相談もできます。

中古物件の相場も学べるので、予算内で理想を叶える手段が見つけられます。オンラインや、個別の相談会もあるのでおすすめです!

リノベーションの事例を紹介

築40年ほどの築古マンションが、どのくらい生まれ変わるのか紹介します。

リノベーションでは、柱など骨組みだけ(スケルトン)にして、すべて作り直すような工事もできます。

マンションの利便性やセキュリティを活かして、注文住宅のように好みの内装が作れます。

間取りを大幅に変更できる

建物の耐久力を損なわない範囲内で、間取りの大幅な変更ができます。以下の写真は、施工前の和室です。

施工前の和室

出典:リノベる 公式ホームページ 施工前の和室

次の写真は施工後のLDKで、もともとは同じお部屋です。4~5畳の和室を繋げて、広いLDKを作った事例です。

施工後のLDK

出典:リノベる 公式ホームページ 施工後のLDK

空間を活かして、住む人数ごとに最適な間取りが作れます。

一人暮らしにも向いている

リノベーションは、一人暮らしにも向いています。ファミリーより生活費が少ないので、設備の質を上げて、快適に暮らせます。

お風呂場のビフォーアフター

出典:リノベる 公式ホームページ

長く住むなら、購入したほうがお得です。賃貸の家賃は、貸す側の収益や、固定費もふまえた値段だからです。

売ったり貸したりする可能性まで考えて物件を選べば、住み替えもしやすいです。以下の記事も参考にしてみてください。

リノベーションの手続きは大変?

リノベーションの手続きは、物件探しと内装の工事で窓口を分けると大変です。業者間の調整や、住宅ローンの準備が大変だからです。

販売代金とリノベーション費用は「一体型ローン」がお得です。リノベーションをワンストップで対応できる業者なら、スムーズに進められます。

いくつも窓口を分けると、一体型ローンがうまく準備できなかったり、業者間の調整が大変だったり苦労が多いです。一連の流れは、以下の記事でもまとめています。

▶中古マンション購入手続きの流れはこちら

来店せずプロに気軽に相談できる

当サイト「スマイノ」のLINE相談窓口なら、家にいながら、不動産のプロに気軽に相談できます!

対応時間が10時~22時と、他の不動産屋より長いので、仕事が忙しくて営業時間内に行けない、空き時間を活用したい人にピッタリです。

宅建士やFPが対応しているので「予算内で条件を満たす家はある?」「初期費用が心配」などお金に関すること、物件選びのコツなど何でも相談してください!

めんどくさい登録は一切なく、以下バナーから1ステップで友だち追加できます。1都3県で、中古マンションの紹介も受けられます!

友だち追加