お部屋探しのコツや知識まとめブログ|イエプラコラム
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

家賃交渉のメール例文!対面でも使える言い方や値下げ交渉のコツを徹底解説

メールでも対面でも使える!家賃交渉の例文のアイキャッチイラスト

家賃交渉するときの例文や言い方は?
メールや対面で交渉するときのコツは?

毎月の生活費で大きな割合を占める家賃。安ければ安いほど嬉しいですよね!実は交渉次第で家賃は値下げできるんです。

しかし「家賃交渉の言い方がわからない…」「値下げ交渉したら図々しいと思われるかも?」と不安になる人も多いです。

そこで当記事では、メールでも対面でも使える家賃交渉の例文・言い方を解説しています。値下げを成功させるコツも併せて紹介するのでぜひ参考にしてください。

監修 阿部 陽一郎
不動産屋「家AGENT」
池袋店 店長

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴10年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

家賃交渉するメリット・デメリットは?

生活費を長期的に抑えられる

家賃交渉する最大のメリットは、毎月の生活費を長期的に抑えられることです。例えば2千円の値引きだとしても、年間で2.4万円、2年契約で4.8万円の節約になります。

初期費用が抑えられる

初期費用の目安
家賃5万円 22.5~25万円
家賃4.8万円 21.6~24万円

賃貸契約に必要な初期費用は、家賃を基準にして計算されます。一般的な初期費用の相場は家賃4.5~5ヶ月分です。

家賃5万円と4.8万円の物件を借りるときの初期費用を比べてみると、約1万円の差が出ます。1万円あれば新生活に必要なものを購入するときの足しになります。

家賃交渉するデメリットはほとんどない

値下げをお願いすると「図々しいと思われるかも」「入居審査に悪影響なのでは?」と不安になるかもしれませんが、家賃交渉するデメリットはほとんどありません。

不動産屋のスタッフも家賃交渉は慣れているので、遠慮せず相談してみましょう。ただし「1万円値下げしてほしい」のような無茶な家賃交渉はやめたほうがよいです。

大家さんの多くは投資ローンを組んで物件を購入しています。家賃収入が減った分ローン返済が苦しくなり、交渉に応じてもらえなくなるからです。

1~3千円くらいを目安に交渉すると成功率が高くなるのでおすすめです。

関連記事
家賃交渉したらいくら下がる?のアイキャッチ
家賃交渉したらいくら下がる?
記事を読む ▶
家賃交渉で5000円の値下げは可能?のアイキャッチ
家賃交渉で5000円の値下げは可能?
記事を読む ▶

家賃交渉するならLINEでやり取りできる不動産屋がおすすめ

気軽に家賃交渉するなら、当サイト運営の「イエプラ」がおすすめです。来店不要でLINEでやり取りするため、対面では気まずいことも伝えやすいです。

イエプラは交渉に強いスタッフが多数在籍しており、お客様の要望に応えられるように大家さんや管理会社と交渉しています。

値下げ以外にも、審査や入居日の調整などお部屋探しに関することなら相談可能です。夜23時まで営業しているので、ぜひ利用してみてください!

家賃交渉のタイミングはいつ?

入居前なら物件に申し込む前がベスト

家賃交渉は入居申込の前までに相談しましょう。事前に伝えておけば交渉を踏まえて入居審査を進めてもらえます。

申し込みは、家賃など条件に納得してからおこなうのが原則です。申込後に交渉を切り出すと、大家さんや管理会社は後出しに感じて悪印象に繋がります。

関連記事
家賃交渉のタイミングはいつ?のアイキャッチ
家賃交渉のタイミングはいつ?
記事を読む ▶

成功率を上げるなら6~8月の閑散期がおすすめ

家賃交渉の成功率を上げるなら、6~8月の不動産業界の閑散期がおすすめです。

「値下げしてでも、繁忙期に埋まらなかったお部屋に入居してもらいたい」と考える大家さんが増えるため、家賃交渉に応じてくれる可能性が高くなるからです。

家賃交渉はNGでも、一定期間の家賃が無料になる「フリーレント」などをサービスしてくれることもあります。少しでもお得に賃貸契約したいなら、閑散期を狙ってみましょう。

入居中は更新のタイミングに家賃交渉するとよい

入居中の家賃交渉は、契約の更新時がおすすめです。更新時なら大家さんに「新しく入居者を探すより、値下げしてでも住み続けてほしい」と考えてもらえる確率が上がります。

家賃滞納がなく、マナーを守っている人ほど家賃交渉が通りやすいです。よい印象を持ってもらえるように、普段から気をつけて生活しておきましょう。

対面でもメールでも使える!家賃交渉の例文と言い方

入居前に使える家賃交渉の例文と言い方

口コミ投稿者の画像

入居前の家賃交渉を希望する人

「◯◯マンション(物件名)」がとても気に入っており、前向きに入居を考えています。ただ「✕✕アパート(物件名)」が似たような間取りと設備で、家賃が安いため悩んでいます。

もし家賃を2千円値下げしていただけたら、◯◯マンションに即決します。必要な書類はすぐに用意できますし、家賃発生も最短の日時で構いません。値下げしていただいた場合は、長く住み続けるつもりです。ご検討よろしくお願いします。

入居前は上記の例文をアレンジして家賃交渉してみてください。一般的に大家さんは「早く入居を決めてほしい」「よい入居者に長く住んでほしい」と考えています。

契約に必要な書類をすぐに用意できること、家賃発生が最短でOKなことを伝えることで家賃交渉の成功率が上がります。

大家さんは書類や不動産屋から聞いた情報で入居希望者の人柄を判断します。申込書は丁寧な文字で書き、誤字脱字がないように注意してください。

対面の場合、高圧的な言い方は悪印象です。「~です。~ます。」程度で構いませんので敬語を使い、物腰柔らかな対応をしましょう。

更新時に使える家賃交渉の例文と言い方

口コミ投稿者の画像

更新時の家賃交渉を希望する人

現在入居中の「◯◯マンション(物件名)」ですが、家賃を抑えたいので更新を機に引っ越しを検討しています。しかし、物件自体は気に入っているので退去を悩んでいます。

もし家賃を2千円値下げしていただけたら、契約更新して長く住み続けたいと思っています。今後もマナーを守って生活していくので、ご検討よろしくお願いします。

更新時は上記の例文をアレンジして家賃交渉するのがおすすめです。入居中に家賃滞納や隣人トラブルをおこしていなければ、交渉に応じてくれる可能性は十分にあります。

多少家賃を値下げしてでも、優良な入居者が長く住んでくれるのであれば賃貸経営が安定するからです。成功率を上げたいなら、契約期間を長くしてもよいことを伝えるのもありです。

検索で見つからないお部屋を探せる不動産屋
「イエプラ」は
検索で見つからない
お部屋を探します
イエプラの特徴
  • 検索で見つからないお部屋探します
  • 仲介手数料基本0円
  • 上場企業が運営で安心

家賃交渉を成功させるコツ

  • ・家賃交渉しやすい物件を狙う
  • ・周辺相場や比較対象の物件を調べておく
  • ・値下げの根拠を伝える
  • ・値下げしてほしい金額は具体的に伝える
  • ・交渉が通ったら必ず契約すると伝える
  • ・長く住み続ける意志を見せる
  • ・高圧的な態度を取らず低姿勢を心がける
  • ・入居日を最短の日程にする
  • ・書類に不備がないようにしておく

家賃交渉しやすい物件を狙う

交渉しやすい物件の特徴一例
  • ・周辺の似たような物件より明らかに高い
  • ・築年数が古い
  • ・空室が多い
  • ・空室期間が長い
  • ・駅から15分以上と遠い
  • ・近くに騒音の発生源がある

上記の特徴に当てはまる物件を狙うと家賃交渉が成功しやすいです。人気がある物件は値下げしなくても入居希望者が見つかるため、家賃交渉に応じてもらえません。

周辺相場や比較対象の物件を調べておく

比較対象の物件を探すときに合わせる条件
  • ・間取り(部屋数)
  • ・お部屋の広さ(専有面積)
  • ・駅からの徒歩距離
  • ・マンションかアパートか
  • ・築年数
  • ・階数
  • ・日当たり(主に方角)
  • ・お風呂とトイレが別か
  • ・エアコンやコンロなど必須の設備
  • ・オートロックなどの防犯設備
  • ・周辺の買い物環境
  • ・周辺の公共施設

周辺の家賃相場と比較対象の物件は事前に調べておきましょう。気になっている物件が、周辺相場や比較対象の物件よりも高ければ交渉の余地があるからです。

SUUMOなどの賃貸サイトで上記の条件を指定し、似たような物件をピックアップしておいてください。

値下げの根拠を伝える

いきなり「値下げしてほしい」と伝えても大家さんは納得してくれません。

「近くに似たような物件があるが、こっちのほうが駅から遠いのに家賃が◯◯円高いから値下げしてほしい」のように、具体的な根拠を伝えましょう。

値下げしてほしい金額は具体的に伝える

交渉するときは自分が納得する具体的な金額を伝えましょう。「2千円下げてほしい」「家賃が○○円なら即決する」といった伝え方がベストです。

「値下げしてほしい」のような曖昧な伝え方では、不動産屋や大家さんが困ってしまいます。

交渉が通ったら必ず契約すると伝える

大家さんは「早く入居を決めてほしい」と思っているため、必ず契約すると伝えることで家賃交渉に応じてもらいやすくなります。

交渉に応じてもらったのにキャンセルする、他の費用も交渉するのはマナー違反です。その後の対応や契約を断られる可能性もあるので注意してください。

長く住み続ける意志を見せる

せっかく家賃を値下げしても、すぐに退去されてしまうと大家さんにメリットがありません。

長く住み続けることを材料に交渉すれば、大家さんと入居者双方にメリットがあるため家賃交渉に応じてもらいやすくなります。

高圧的な態度を取らず低姿勢を心がける

家賃交渉するときは高圧的な態度はNGです。「常識がない人」「住人トラブルを起こしそう」と判断され、交渉や対応を断られる可能性があります。

過剰にへりくだる必要はありません。敬語を使って会話をすれば大丈夫です。

入居日を最短の日程にする

家賃交渉の交換条件として「値下げしてくれるなら、最短の家賃発生で問題ありません。」と伝えてみましょう。

最短の家賃発生であれば契約がスムーズに進み、大家さんにとってはメリットが多いため交渉に応じてもらいやすくなるからです。

書類に不備がないようにしておく

申込書は丁寧に書く、書類は不備がないように揃えておくと効果的です。入居手続きに協力的な人は印象がよいため、交渉に応じてもらいやすくなります。

家賃交渉は成功したらラッキーくらいの気持ちで考えておくべき

家賃交渉は難易度が高い

家賃交渉を断られる理由
  • ・家賃収入でローンを返済中の大家さんが多い
  • ・物件の維持や管理にお金がかかる
  • ・他の住人と不公平でトラブルの原因になる

家賃交渉は賃貸契約の中でも難易度が高いです。家賃収入でローンを返済している大家さんも多く、生活に影響が出るからです。

すでに入居中の住人と家賃差が発生するため、トラブルの原因になることもあります。

断られるケースも多いので「値下げしてもらえたらラッキー」くらいの気持ちで考えておいたほうがよいです。

家賃以外で交渉できる費用一例

  • ・24時間サポートなどのオプション
  • ・礼金
  • ・フリーレント
  • ・前家賃
  • ・日割り家賃

賃貸契約の費用は、家賃以外にも交渉できるものがあります。

特に24時間サポートなどのオプションは、契約に必須でなければ外せる可能性が高いです。不動産屋に相談してみましょう。

関連記事
賃貸の初期費用を抑える裏ワザのアイキャッチ
賃貸の初期費用を抑える裏ワザ
記事を読む ▶
わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

当サイト運営の「イエプラ」なら、わざわざお店に行かなくてもLINEで希望を伝えてお部屋を探せます!

さらに、イエプラは仲介手数料が基本0円です。およそ家賃1ヶ月分の初期費用をまるっと節約できます。

家賃によっては10万円以上も安くなるので、浮いたお金で新生活の家具家電を揃えられます。費用を抑えて引っ越したい人は、ぜひ利用してみてください。

仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトはこちら
follow us in feedly
仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトへ
仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトへ
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について