お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

実家暮らしはいつまでなら大丈夫?何歳までに家を出るべき?

実家暮らしの女性のイラスト

実家暮らしはいつまでなら大丈夫?何歳まで?という疑問にお答えします!

独自に実施したアンケートをもとに、何歳までなら実家暮らしでも良いのか、世間の考えを公開します。

実家暮らしをやめる最適なタイミングや、一人暮らしに必要な費用も紹介します。

実家暮らしはいつまでなら大丈夫?

一般的には実家暮らしは30歳までという意見が多いです。

以下の表は、当サイトRoochが2021年9月に実施した「実家暮らしの人は何歳までに一人暮らしを始めるべき?」のアンケート(150件中有効回答143件)を円グラフにまとめたものです。

「実家暮らしは何歳までか?」のアンケート結果

調査期間:2021年9月6日~9月30日

回答のなかでもっとも多かったのは「30歳まで」の65件で、全体の45%を占めていました。また、次に多かったのは「25歳まで」の32件で、22%でした。

上位の2つの回答をまとめると「実家暮らしは30歳まで」と考えている人が全体の60%以上いることが分かります。

「その他」という回答のなかには「介護のためなら何歳まででも良い」「田舎なら何歳でも実家暮らしで良い」という意見が多かったです。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める

成人して実家暮らしを経験した人の声

成人してから実家暮らしをしていた人に、実際に「何歳で実家を出たのか」とインタビューしました。

実家暮らしをしている人のなかには「実家暮らしはいつまで大丈夫なのか」と不安に感じている人もいるので、ぜひ参考にしてください。

同棲を機に実家を出た
女性のアイコン私は28歳で実家を出ました。長年付き合っていた彼氏から転職をきっかけに同棲を切り出されて、タイミング的にちょうど良いなと思ったので引っ越しました。同棲生活の初めは、家事全般が全然できないのでめっちゃ大変でした…。(女性/30代前半)
親から自立しろと言われ…
困り顔の男性のアイコン一人暮らしを始めたのは29歳のときです。会社が実家から近いので、ずっと実家でいいかなと思ってたんですが、親から「自立してくれ」と言われて、30歳にもなるしと思って出ていきました。ご飯作るのが面倒くさくて外食ばかりです。(男性/30代前半)
学生時代からそのまま
男性のアイコン18歳で上京してきたときからですね。そのまま東京で就職したので、もう10年近くになります。もともと一人暮らしをしたくて、実家から離れた東京の大学を受験しました。誰からも干渉されたくないので、もう実家には戻らないです。(男性/20代後半)
30歳までに結婚できなかったので
女性のアイコン30歳を過ぎてから一人暮らしを始めました。それまでに結婚したかったんですが、できなくて…。さすがに30歳で「彼氏なし」はやばいなと思ったので、女子力上げるために実家を出ました。(女性/30代前半)

多くの人が30歳までに実家を出たいという基準を設けていて、女性の場合は家事や料理などのスキル身につけたいから一人暮らしをするという声がありました。

進学や同棲など、実家を出るきっかけがあると一人暮らしに移りやすいです。

自分の普段の生活や、周囲からの意見を鑑みて一人暮らしを考えましょう。後ほど、実家暮らしをやめるタイミングについて解説します。

訳あって実家暮らしをしている人の声

個人的な理由ではなく、家庭や経済的な事情で実家暮らしを続けている人も多いです。

親の介護で実家を出られない
困り顔の女性のアイコン親が介護を必要とする状態で、一人暮らしは考えられないです。父親も仕事で世話を見れなくて、私が一人娘なので他に頼るのが難しいです。(女性/30代前半)
田舎は実家暮らしばっかりです
女性のアイコン田舎だとほとんどが実家暮らしです。通勤・通学できるのに、わざわざアパート借りる人のほうが少ないです。恋人ができて同棲しても、別れたらまた実家に戻るっていう人も多いです。立派な家があるんだから、引っ越す理由がないです。(女性/30代前半)
経済的に厳しい
困り顔の男性のアイコンいずれは一人暮らしするつもりですけど、お金に余裕がないので将来のために貯金してます。周りからは甘えだとか言われるけど、身の周りのことは自分でやるし、毎月お金も入れてるし、家事も手伝っているので問題ないと思ってます。(男性/20代前半)

親の介護や経済的な理由で実家暮らしをしなければならないなら、年齢に関係なく続けたほうが良いです。

一人暮らしは多額の費用がかかるうえ、毎月の出費が多いので、実家暮らしのうちに貯金するほうがたまりやすいです。

また、土地柄で実家暮らしのほうが生活しやすいこともあるので、必ずしも一人暮らしをするべきではありません。

実家暮らしのメリット

実家暮らしにおけるメリットをまとめました。

  • ・自由に使えるお金が多い
  • ・親が家事や掃除をしてくれる
  • ・病気やケガなど何かあっても親に頼れる
  • ・家に帰っても人がいて寂しくない

自由に使えるお金が多い

実家暮らしは家賃や光熱費などの支払いがない分、自由に使えるお金が多いです。

生活費をやりくりする必要がないので、趣味や娯楽などに回せるお金が増えます。

毎月の実家にお金を入れている人でも、一人暮らしの人と比べると負担は少ないので、貯金しやすいです。

親が家事や掃除をしてくれる

親が家事や掃除、洗濯などをやってくれるので、手間がかかりません。

食事も用意してくれるので、献立を考えたり自分で材料を買って調理する必要がありせん。

ただし、親に任せきりになると自分の家事能力が身につかないうえ、親への負担が増えるので家事や掃除の手伝いをしましょう。

病気やケガなどトラブルがあっても親に頼れる

病気やケガなどの急なトラブルがあっても、病院に連れて行ってもらえたり、看病してくれるので安心です。

地震や台風などの災害時でも、頼れる家族がいるので助け合えます。

家に帰っても人がいて寂しくない

家に帰っても「ただいま」「おかえり」言い合える人がいるので、寂しくありません。

また、常に家に人がいるので、防犯面で心配せずに気兼ねなく出かけられます。

一人暮らしのメリット

一人暮らしのメリットを5つ紹介します。

  • ・親に干渉されないので自由に生活できる
  • ・友人や恋人を家に呼びやすい
  • ・家事能力が身につく
  • ・金銭管理ができるようになる
  • ・会社の近くに住めば通勤が楽になる

親に干渉されないので自由に生活できる

一人暮らしは自分の生活スタイルに対して、誰からも干渉されません。

好きな時間に好きなことをしても、何も言われないので自由な生活を送れます。

一人暮らしのお部屋は自分だけの空間なので、好きなように使えて自分好みのお部屋にレイアウトできます。

友人や恋人を家に呼びやすい

家族に気を遣うことなく、気軽に友人や恋人を呼べます。

実家暮らしでは、人を招くときは親に許可をとったり、遊べる時間が限られたりと制限がかかることが多いです。

一人暮らしは家族の許可がいらなければ、時間を気にする必要もありません。友達や恋人と楽しい時間を、ストレスなく過ごせます。

家事能力が身につく

今まで親にやってもらっていた家事をすべて1人でしなければならないので、自然と家事能力が身につきます。

毎日の家事が習慣になると生活能力がアップして、将来家庭を持ったときに役立ちます。

金銭管理ができるようになる

家賃や水道光熱費、食費の支払いが毎月あるので、金銭管理能力が身につきます。

貯金に回す額や、自由に使えるお金などを考えながら使う必要があるので節約スキルも養われます。

会社の近くに住めば通勤時間を削れる

実家から時間をかけて通勤するより、会社の近くにすめば通勤時間が短くなります。

交通費を抑えられるうえ、短くなった通勤時間の分を自由に使えるので、睡眠時間を長く確保することができます。

初めての一人暮らしは家賃が安いお部屋を探すべき

一人暮らしをするときには多額の初期費用がかかります。初期費用は家賃をもとに計算するので、家賃が安ければ初期費用を抑えられます。

安くて質の良いお部屋は、不動産屋に直接相談したほうが見つかりやすいです。希望条件をヒアリングし、より良い物件をスタッフが探して提案してくれます。

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、来店不要でチャットやLINEから「築浅で安いお部屋!」「費用を○万円に抑えたい」と送るだけで、スタッフが理想のお部屋を紹介してくれます。

深夜0時まで営業しているので、仕事が忙しい、遠方に住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けないという人にもおすすめです。

一人暮らしバナー

実家を出るのに最適な6つのタイミング

実家暮らしをやめるのに最適なタイミングは、以下の6つです。

  1. 就職先が決まったとき
  2. 大学や専門学校に進学するとき
  3. 転勤するとき
  4. 親から自立したいと考えたとき
  5. 昇給して生活に余裕が生まれたとき
  6. 恋人と同棲したり結婚するとき

就職や転勤、進学などで新しい生活が始まるときは、実家暮らしをやめるのに最適なタイミングです。

また、給与が上がったときに、思い切って一人暮らしを始める人も多いです。

一人暮らしを始めるきっかけについては別の記事にまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

▶一人暮らしを始めたタイミングやきっかけについての記事はこちら

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
来店不要でネット上にない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶
賃貸サイトランキング30社徹底比較!のアイコン
おすすめの物件検索サイト30社を徹底比較!
記事を読む ▶

一人暮らしに必要な費用は58~78万円

一人暮らしをするまでに58~78万円が必要になります。

以下の表は、家賃5万円のお部屋を借りる場合にかかる費用です。

賃貸物件の初期費用 家賃4.5~5ヶ月分
引っ越し業者の費用 約50,000~70,000円
家具家電日用品代 約70,000~100,000円
生活費2ヶ月分 約240,000~360,000円

賃貸物件によっては、家賃の5ヶ月分を超えるような初期費用がかかる場合があります。

1~3月など繁忙期に引っ越し業者を利用すると、距離によっては10万円以上かかることがあります。家族に手伝ってもらえるなら、費用を安く抑えられます。

大学への入学や新社会人、転職をきっかけとした一人暮らしの場合は、初月の収入がないので生活費が2ヶ月分ほど必要です。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶一人暮らし向けのお部屋を探す
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について