お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

【一人暮らし】食費3万円は無理?1ヶ月の平均はいくら?8つの節約方法を公開

一人暮らしの食費のイメージイラスト

一人暮らしの食費は3万円に抑えることができるの?といった疑問を解決します。

都内で一人暮らしをしている人300名にアンケートした結果を元に、平均食費を紹介します。

理想の食費や自炊派・外食派が食費を3万円に抑える方法、節約におすすめな料理もあるので、是非参考にしてください。

この記事の内容は、ファイナンシャル・プランナーの岩井さんに監修していただきました。

監修 岩井 勇太
ファイナンシャル・プランナー
宅地建物取引士

日本FP協会認定のFP。お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。

毎月の食費平均は3万円より高い

総務省統計局が公表する「2021年度 家計調査 家計収支編 単身世帯」によると、一人暮らしの月の食費平均は約38,410円です。ただしこれは、全国平均です。

東京23区内で一人暮らしをしている10~30代の300名に「一人暮らしの食費について」アンケートを実施したところ、1ヶ月の食費の平均額は約2.7万円でした。

とくに10代後半~20代半ばの人は、収入が低いので食費を抑える傾向にあります。

モヤシや豆腐、キャベツやひき肉をメインで自炊をする、カップ麺や安いパンを購入するなど、1食500円ほどに抑える人が多いです。

▶四半期ごとの一人暮らしの食費平均はこちら

男性のほうが食費は高い

アンケート結果をもとに1ヶ月の食費と男女別に分けると、男性は約4.2万円、女性は約3.4万円でした。

男性のほうが女性よりも食べる量が多く、会社の付き合いなどでの外食をすることもあるからです。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める

食費は手取りの約15%が理想

食費は手取りの約15%理想的です。以下は、手取りごとの理想の食費です。

理想の食費
手取り18万円 27,000~28,800円
手取り20万円 30,000~32,000円
手取り22万円 33,000~35,200円
手取り24万円 36,000~38,400円
手取り26万円 39,000~41,600円

手取りの約15%に食費を抑えることができれば、趣味や友人との付き合い、ファッションなど別の費用を削らなくても、毎月の生活費が圧迫されません。

逆に、娯楽費や貯金など別の費用にお金を回したい人は、食費を削っても良いです。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
スーモやホームズにない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶

おとり物件が少ないサイト3選のサムネイル
不動産屋の悪質な広告「おとり物件」が少ないサイト3選!
記事を読む ▶

自炊派が食費を3万円に抑える方法

自炊派の人が食費を3万円に抑える方法を紹介します。以下の方法を実践することで食費を抑えることができます。ぜひ参考にしてください。

  • ・1日の食事を全て自炊する
  • ・コスパの良い食材で献立を考える
  • ・作り置きをする
  • ・買い物の回数を減らす

1日の食事を全て自炊する

1日の食事を全て自炊するとかなり食費を抑えることができます。

外食をすると1食あたり500円として、1ヶ月に約4.6万円かかってしまいます。自炊をすることで1食あたり300円ほどに抑えられるので、1ヶ月に約2.8万円になります。

自炊をすることで、約1.6万円も食費を抑えることができます。

コスパの良い食材で献立を考える

値段が安くてボリュームがある、コスパの良い食材で料理すれば、1食分の食費をさらに抑えられます。

スーパーでも手に入る、使い勝手の良い食材を一部まとめてみたので、参考にしてください。

もやし:1袋10~20円
豆腐:1丁30~40円
パスタ麺:1袋100~200円
納豆:3パックセット50~150円
豚ばら:100g100円
鶏胸肉:100g70円
ひき肉:100g60円
もやし:1袋20円
キャベツ:半玉200円
じゃがいも:1個25~35円
人参:1個35~45円
たまねぎ:1個35~45円
たまご:1パック100~200円

上記の食材を使えば、お好み焼きや親子丼、カレーやシチューなどが作れるうえ、1食分約200円ほどに収まります。

作り置きをする

カレーや焼きそばなどを冷凍保存することで、1~2週間は持つので、毎食料理をする手間もなくなります。

また、作り置きをすることで買いすぎることもないので、食費を抑えることにつながります。

買い物の回数を減らす

買い物の回数を減らすと良いです。買い物をしていると、無駄な物を買いがちだからです。

まとめて買い物をするときは、特売日を狙っていくとさらに食費を抑えることができます。

外食派が食費3万円に抑える方法

外食派が、1ヶ月の食費を3万に抑えようとすると、かなりの節約が必要です。とくに、下記の3つのことはなるべく守りましょう。

ここでいう外食派は、コンビニ弁同やカップ麺などを購入して食べる人も含まれます。

  • ・自炊の回数を増やす
  • ・コンビニでの買い物を減らす
  • ・1食350円以下に抑える
  • ・週ごとに使える食費を分ける

自炊の回数を増やす

料理が苦手な人も、自炊する用に心がけましょう。1回の外食が500円とすると、自炊をすれば1食300円ほどに抑えられます。

料理が苦手な人は、レンチンできるタッパに野菜とポン酢を入れて野菜蒸しにしたり、シーチキン缶にキムチと納豆を混ぜて丼ものにするなどズボラ料理から挑戦すると良いです。

コンビニでの買い物を減らす

コンビニのレジ横にあるホットスナックやお菓子は、値段が割高なのでなるべく買わないようにしましょう。

コンビニの利用頻度を抑えるだけでも、1日100円~200円ほど節約できます。

お弁当はスーパーや安い弁当屋で、飲み物は薬局やディスカウントストアで購入するなど、少しでも安いお店で買うと良いです。

1食350円以下に抑える

外食派は、1食350円以下に収まるようしたほうが良いです。1食350円をオーバーしてしまうと、食費が3万円以内に収まりません。

1日の食事例
朝食:パンとコーヒー(300円)
昼食:チェーン店のうどん(330円)
夕食:カップ麺(200円)

ただし、上記のような食事を続けると、野菜不足になってしまいます。サブウェイのように、野菜が多いコスパの良いチェーン店を利用するなど工夫が必要です。

週ごとに使える食費を分ける

外食派の人は、各週で使える食費を分けて、無駄遣いを防ぎましょう。欲を言えば、食費の財布と通常の財布を分けておくと良いです。

使える食費を分けておくことで、いくら使ったのか、残りいくら使えるのかが明確にわかり無駄遣いが減ります。

▶一人暮らしで役に立つアプリの解説はこちら

節約におすすめなコスパが良い料理

食費の節約におすすめな、コスパが良い簡単料理を4つ紹介します。料理が苦手な人でも作れる簡単料理なので、気になる方はレシピを調べて自炊にチャレンジしましょう。

お好み焼き(1食分130円)

お皿に乗ったお好み焼き
お好み焼きは1食分約130円ですが、入れる具材によっては100円ほどまで抑えられます。

キャベツ:1/4カット90円
豚バラ:100g100円
お好み焼き粉:200g150円
刻みネギ:1パック120円
紅ショウガ:1袋100円
ソース:1本120円

ちなみに上記の材料で5枚のお好み焼きが作れるので、余ったものは荒熱をとって冷凍しておきましょう。

家にたこ焼き機がある人は、同じ具材でたこ焼きも作れます。

豚肉とモヤシのレンチン蒸し(1食分220円)

豚肉とモヤシのレンチン蒸しは、調味料のポン酢も購入すると1食220円ですが、ポン酢が家にある人はたった120円で済みます。

豚バラ:100g100円
もやし:1袋20円
ポン酢:1瓶100円

耐熱タッパに入れてレンチンするだけなので、料理が苦手な人でも簡単に作れます。モヤシのボリュームがあるので、1食だけでもかなりお腹が膨れる料理です。

豆腐ハンバーグ(1食分75円)

豆腐ハンバーグは、ほとんどの材料が格安で手に入るので、1食75円ほどです。

木綿豆腐:1丁40円
パン粉:1袋90円
たまご:1個30円
たまねぎ:1玉45円
塩コショウ:1袋70円
ケチャップ:1個100円

豆腐は、パン粉を加えるとかなりボリューミーになるので、1丁で大きめのハンバーグを5つほど作れます。

味気ないと感じる人は、ひき肉(100g60円)を足すだけでもかなり旨味が増します。お肉を追加しても1食100円以下に収まります。

カレー・シチュー(1食分160円)

カレーライス

カレーやシチューは、大量に作れるため1食分の食費が約160円とかなり安いです。以下の材料で約5食分ほどまとめて作れます。

豚バラ:200g200円
たまねぎ:1玉45円
にんじん:1本45円
じゃがいも:2個60円
ルー:1箱200円
お米:3合210円

余った分は冷凍して後日食べたり、ドリアやパスタなど別の料理にもアレンジできるのでおすすめです。

食費を3万円にした毎月の生活費は約8.7万円

食費を3万円にした時の家賃を除いた毎月の生活費を紹介します。

食費と同じく、東京23区内で一人暮らしをしている10~30代の300名に「毎月の生活費」をアンケートした結果、家賃を除く毎月の食費が約8.7万円でした。

食費 約30,000円
水道光熱費 約8,000円
ネット・スマホ代 約10,000円
飲み会代・デート代 約20,000円
趣味・娯楽費 約13,000円
日用品・消耗品購入費 約6,000円
合計 約83,000円

食費をこれ以上削ってしまうと栄養が偏ってしまいます。生活費を抑えたいなら毎月の固定費である家賃の安いお部屋に住むと良いです。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶一人暮らし向けのお部屋を探す
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について