お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

一人暮らしの貯金額はいくら?年代別の平均額や節約方法を解説!

通帳を持った女性のイラスト

一人暮らしの貯金額はいくら?といった疑問を解決します。年代別の貯金額やおすすめの貯金方法、簡単にできる節約方法を紹介します。ぜひ参考にしてください。

この記事の内容は、ファイナンシャル・プランナーの岩井さんに監修していただきました。

監修 岩井 勇太
ファイナンシャル・プランナー
宅地建物取引士

日本FP協会認定のFP。お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。

20代の一人暮らしの平均貯金額は113万円

金融広報中央委員会(日本銀行)が調査した「家計の金融行動に関する世論調査『単身世帯調査』令和2年度」によると、20代の平均貯金額は113万円です。

貯金期間が5年間と仮定すると、月に約1.9万円貯める計算です。20代は収入が少ないので、月2万円以上の貯金がしづらいです。

以下は年代別にまとめた貯金額です。

20代 113万円
30代 327万円
40代 666万円
50代 924万円

年代が上がると、約1.5倍近くも平均貯金額が跳ね上がっています。

実際は4割近くが貯金していない

金融広報中央委員会の同調査によると、4割近くの人達は貯金していません。

20代 43.2%
30代 31.1%
40代 33.5%
50代 41.0%

毎月の生活がギリギリ、趣味にお金を使いたいなど、貯金しない理由は人それぞれです。

若い世代には、貯金額が0の人も多いです。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める

一人暮らしで貯金ができていない人の原因

一人暮らしで貯金ができない人の3つの原因を紹介します。

  • ・固定費が高い
  • ・無駄遣いが多い
  • ・貯金の目的がない
  • ・そもそも収入が少ない

固定費が高い

貯金ができない人の多くが固定費が高くて貯金にお金が回らないからです。

家賃やスマホ代、電機やガスの節約方法については、後で説明します。

無駄遣いが多い

貯金できない人の多くは、毎月の支出金額を把握しきれていない場合があります。

自分の支出金額を知るためには、家計簿をつけると良いです。

いちいち書き出すのめんどくさい場合は、レシートを写真で撮るだけで家計簿が付けられるアプリがあります

貯金の目的がない

貯金をする目的がない人は、給料日後にすぐに買い物で使ってしまったり、コンビニなどで無駄遣いをしてしまいがちです。

貯金をする目的があれば、計画が立てやすく貯金のモチベーションにもつながりやすいです。

そもそも収入が少ない

20代は月収の平均が20~24万円と低く、家賃や生活費を払うとお金が残らない人が多いです。

固定費や食費を見直すなど節約をしなければ、毎月コンスタントに貯金できません。

貯金をするなら家賃を抑えるべき

一人暮らしで貯金をするなら、一番大きいい出費となる家賃を抑えるべきです。

一般的な家賃目安が「手取りの3分の1」ですが、貯金をするなら「手取りの4分の1」ほどのお部屋に住むと良いです。

以下は、手取りが18万円の人の家賃と生活費の出費を比較してみました。家賃以外は同じ金額です。

手取りの3分の1 手取りの4分の1
家賃 60,000円 45,000円
食費 30,000円 30,000円
水道光熱費 10,000円 10,000円
交際費・娯楽費 30,000円 30,000円
通信費 10,000円 10,000円
交通費 10,000円 10,000円
衣類・日用消耗品代 10,000円 10,000円
合計 160,000円 145,000円
貯金額 20,000円 35,000円

家賃目安が手取りの3分の1の場合は月に約2万円しか貯金できませんが、4分の1に抑えた場合は、毎月約3.5万円の貯金ができます。

手取り額別の家賃目安一覧

手取り別の家賃目安をまとめました。以下の金額は貯金する人向けに、手取りの4分の1の金額になっています。

手取り金額 家賃目安
14万円 約3.5万円
16万円 約4万円
18万円 約4.5万円
20万円 約5万円
22万円 約5.5万円
24万円 約6万円
26万円 約6.5万円
28万円 約7万円
30万円 約7.5万円

お部屋を探すときの注意点は、管理費と共益費込みの総家賃で探しましょう。

家賃のみで探すと、管理費と共益費が別途上乗せされるので、貯金に回せるお金が少なくなって住しまいます。

家賃が安すぎるお部屋は要注意

家賃の安さを重視しすぎると、築年数が古すぎる・設備が微妙で住みづらいお部屋に当たる可能性があります。不動産屋に、なぜ安いのか確認しましょう。

ネット上の不動産屋「イエプラ」なら、来店不要でチャットやLINEから安い理由を教えてもらえます。

ほかにも「予算〇万円以内がいい」「貯金したいので費用をできるだけ抑えたい」と伝えるだけで、理想のお部屋を紹介してくれます。

不動産業者専用のデータベース「ATBB」を利用しているので、ネット上にない非公開物件が出てきますし、ほかサイトのお部屋もまとめて確認できて便利です!

一人暮らしバナー

しっかり貯金できるおすすめの方法

貯金するのが苦手な人向けのおすすめの貯金方法を3つ紹介します。

給料や口座から直接引かれる自動貯金を使う

給料から直接天引きされる「財形貯蓄」や、口座から自動で貯金される「自動積立」を利用すれば、強制的に貯金ができます。

お金があると使ってしまう人でも、強制的に貯金できる環境を作ってしまえば、いやでも貯金ができます。

財形貯蓄は取り扱っていない企業もあるので、口座から自動で貯金される自動積立のほうがおすすめです。

普段使う口座と貯金用で分ける

普段使う口座と貯金用の口座に分けることで、使っていいお金と使わないお金で分けることができるので、貯金しやすくなります。

この方法は、普通預金での貯金なので、いつでも引き出せるので、お金の浪費癖の悪い人には不向きです。

定期預金で引き下ろせない状況を作る

銀行の定期預金を使えば、契約期間が過ぎるまで引き落としできないので、浪費癖が悪い人におすすめです。

定期預金は、一定期間引き落とせない代わりに高い金利が約束されています。預ける金額と年数によっては上乗せ分お金が増えます。

この方法は、ある程度溜まったお金を自分で定期預金にするので、毎月コツコツ貯金したい人には不向きです。

もし強制的に貯金をしたいのであれば、先に紹介した自動積立と併用で利用することをおすすめします。

貯金額を増やすための節約方法

普段の私生活の中でも節約ができるので、以下で紹介する節約方法を参考にしてください。

電力やガスは料金の安い会社に切り替える

電気やガスは供給会社を切り替えるだけで安く出来ます。

一人暮らしの電気使用量では、月に千円ほど節約になり年間1万円以上お得になることがあります。

電力会社比較ナビでは、電話で相談するだけで自分の生活に合った1番お得な会社を紹介してくれます。

以下のサイトから申し込むと最大1万円にキャッシュバック特典を受け取れます。開通工事も不要なので、簡単に切り替えられます。

電力会社比較ナビのバナー

スマホを格安SIMに切り替える

スマホ代は、大手キャリアから格安SIMに乗り換えれば、8千円ほど安くなる場合があります。

不要なプランに加入している場合は、不要な物を解約するだけでも、節約につながります。

また、ネット回線をお部屋で使っている場合は、光回線サービスの見直しもおすすめです。

例えば、スマホのキャリアに合った光回線を選ぶとセット割が適用され、スマホ1台につき毎月最大千円も割引されます。

光回線の多くは2年契約なので24ヶ月で2.4万円もお得になります。

お得に使えるおすすめの光回線については、私たちの運営している別のサイトで詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

▶2021年12月おすすめの光回線の解説はこちら

自炊して食費を抑える

1回の外食時に500円使っているとすると、自炊をすれば1食300円に抑えることができます。

どうしても料理が苦手な人は、レンチンでできる料理などもあるので試してみると良いです。

▶自炊派と外食派の食費の違いはこちら

エアコンの温度を一定にする

エアコンの温度設定を夏は26度、冬は20度に固定するだけで、年間で約1.5万円も電気代を節約できます。

エアコンは設定温度を1度上げるだけで、約13%も電力の消費量が変わると言われています。どうしても温度を変えたい場合は、なるべく長時間同じ温度設定にしましょう。

タップ式コンセントで待機電力を減らす

タップ式の延長コンセントにして、使用していない家電製品の電源をオフすれば、毎月150円ほどの電気代を節約できます。

とくに消費電力が多い、テレビ・ブルーレイレコーダー・パソコン・ドライヤーは、寝ている7時間だけでも良いので、オフにしましょう。

毎回消すのが面倒、月150円ほどなら別に良いと思いがちですが、1年で1.8千円、5年で9千円になるので、こまめな節約が大切です。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶一人暮らし向けのお部屋を探す
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について