お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

団地で一人暮らしするメリット・デメリットとは?女性も安心して住める?

団地で一人暮らしする女の子のイラスト

団地で一人暮らしって実際どうなの?
メリットやデメリットはある?

有名タレントを起用したテレビCMや、おしゃれなインテリアブランドとのコラボで何かと話題に上がる団地。近年、若い人たちの引っ越し先として人気が高まっています。

しかし、家族で住んでいる人が多い団地で一人暮らしするのって大丈夫かな…と不安になる人も多いですよね。

そこで当記事では、団地で一人暮らしするメリット・デメリットや実際に暮らしている人の声を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

監修 阿部 陽一郎
不動産屋「家AGENT」
池袋店 店長

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

団地で一人暮らしするメリット

  • ・初期費用や家賃が安い
  • ・家賃を抑えて広い間取りに住める
  • ・周辺施設が整っている
  • ・日当たりや風通しが良い
  • ・ご近所とコミュニケーションが取りやすい
  • ・更新料がかからない

初期費用や家賃が安い

団地 一般的な賃貸
敷金 50,000円 50,000円
礼金 0円 50,000円
仲介手数料 0円 50,000円
前家賃 50,000円 50,000円
日割り家賃 約26,666円 約26,666円
保証会社利用料 0円 約25,000円
火災保険料 約15,000円 約15,000円
鍵交換費用 約15,000円 約15,000円
合計 約156,666円 約281,666円

上記の表は家賃50,000円、入居日を15日として一般的な賃貸物件と団地の初期費用を比較したものです。

一般的な賃貸の初期費用は家賃の4~5倍ほどですが、団地なら2~3倍ほどに抑えられます。団地は礼金や仲介手数料が必要ないことが多いからです。

団地の中には営利目的ではない物件が多いことも理由の1つとして挙げられます。

家賃を抑えて広い間取りに住める

団地は相場よりも安い家賃で広い間取りに住めます。団地の中には営利目的でないものが多い、築年数が古い物件が多いからです。

地域や物件によっては、一般的な賃貸のワンルームや1Kと同じくらいの家賃で2DKや2LDKの間取りが借りられます。

食事する場所と寝室を分けるのはもちろんのこと、書斎や作業部屋を設ける、収納スペースとして使うなど広い間取りを活かした生活が可能です。

周辺施設が整っている

大規模な団地の近くにはスーパーや郵便局、診療所など日頃から利用する施設が集まっていることが多いです。

敷地に余裕があるので公園や遊歩道が隣接されており、緑に囲まれた環境で暮らせます。

日当たりや風通しが良い

団地の間取りと風通し

団地はお部屋の日当たりが良いです。広い敷地に間隔を空けて建てられている、周囲に日差しを遮る建物が少ないからです。

窓が多いので換気しやすい構造になっています。風通しが良く、湿気が溜まりにくいので快適に過ごせます。

ご近所とコミュニケーションが取りやすい

団地には独自の行事やゴミ当番があり、自然と近隣住民とのコミュニケーションが増えます。面倒に感じるかもしれませんが、ご近所との交流はマイナスな面ばかりではありません。

一般的な賃貸の場合、隣に誰が住んでいるのかわからないことが多いです。地震や台風などの非常時でも声をかけづらく、困ることも珍しくありません。

団地なら顔見知りが多く困ったときに助けを求めやすいです。特に女性の一人暮らしは心強いはずです。

更新料がかからない

一般的な賃貸物件は2年ごとに家賃1~2ヶ月分の更新料がかかりますが、団地なら支払いの必要がありません。長く住むほどお得です。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼メリットたくさん
・すべてチャットで完結(来店不要)
・スーモにない未公開物件も探せる
・0時まで営業で仕事終わりに使える
▶無料でお部屋を探してみる

団地で一人暮らしするデメリット

  • ・築年数が古い物件が多い
  • ・生活音が気になりやすい
  • ・ご近所付き合いが面倒
  • ・セキュリティが不十分
  • ・エアコンや網戸がないケースがある
  • ・基本的にエレベーターがない
  • ・理想のお部屋を見つけるのが大変
  • ・ペットが飼えない

築年数が古い物件が多い

団地は築年数が古い物件が多いです。1960~1970年の高度成長期に建てられたものが多いからです。

DKの使いづらい間取りや、畳や押入れが採用されているなど、人によっては住みたくないと感じるかもしれません。

築年数が古い建物はリノベーションされていることもあります。年数だけで判断するのではなく、内装を確認して判断しましょう。

生活音が気になりやすい

隣や上下階の生活音が響きやすく、騒音で悩まされる可能性があります。築年数が古い建物は、壁や天井が薄く遮音性が低い物件が多いからです。

家族で住んでいる人が多いため、子どもの足音や泣き声も響き渡ります。

自分のお部屋の生活音も伝わってしまいますので、騒音トラブル防止のために防音マットや吸音材を設置するなど工夫が必要です。

ご近所付き合いが面倒

ご近所付き合いが苦手な人は苦労するかもしれません。団地は一人暮らしばかりではないので、回覧板やゴミ当番など定期的に住民と接する機会があるからです。

物件によってはご近所付き合いがほとんどないところもあります。内見や申し込みの際に確認してみましょう。

セキュリティが不十分

団地は人目が多いものの、空き巣や泥棒に狙われやすい建物です。築年数が古く、オートロックやピッキングに強い鍵が採用されていないことが多いからです。

基本的に誰でも自由に出入りできるため、訪問販売や宗教勧誘などが来る可能性も高いです。

玄関や窓に補助鍵を取り付ける、アポなしの訪問者は絶対にドアを開けないなど必ず防犯対策をしましょう。

エアコンや網戸がないケースがある

エアコンや網戸など、一般的な賃貸に備え付けられている設備がないお部屋が多いです。

付いていない場合は自分で購入して取り付けるか、業者に依頼する必要があります。取り付け費用は自己負担です。

もし内見時に設置されていなかったら、入居の際に取り付けてもらえるのか、自分で取り付けなければならないのかを確認してください。

基本的にエレベーターがない

団地はエレベーターがなく、階段で上り下りする物件がほとんどです。

エレベーターは6階以下の建物には、設置義務がありません。団地は5階建ての建物が多いので、コスト削減などを理由にエレベーターを設置しないことが多いです。

ゴミ出しやスーパーからの買い物帰りなど、重い荷物を持って上り下りするときは疲れる可能性が高いです。

理想のお部屋を見つけるのが大変

団地はファミリーや高齢者など、長く住み続ける人が多いので空室が少ないです。

入居を抽選で決める場合は、理想のお部屋を見つけても当たらないと入居できません。

特にリノベーションされてお部屋がきれいな物件は人気があるため、応募倍率が高くなりやすいです。

ペットが飼えない

団地は原則としてペットを飼うことはできません。犬・猫はもちろんのこと、ハムスターやウサギなど鳴き声がほとんどない小動物も飼育NGです。

隠れて飼うと規約違反とみなされ、退去の命令がでる可能性があります。絶対に飼わないようにしましょう。

団地で一人暮らししている人のリアルな声

ポジティブな意見

「安い家賃で広い間取りが借りられる」「思ったより快適だった」など、ポジティブな意見が見受けられました。

一般的な賃貸は専有面積が広いほど家賃が高くなります。一方で、団地は築年数が古いなどの理由からリーズナブルな金額設定が多いです。

ネガティブな意見

一方、ネガティブな意見は「ボロくて寒い」「駅から遠くて大変だった」などがあります。

デメリットをしっかり理解した上で、団地で一人暮らしするかどうかを決めることをおすすめします。

そもそも団地とは?

同じ敷地内に建てられている共同住宅の集まりのこと

団地イメージ
団地とは、同じ敷地内に建てられている共同住宅の集まりを指します。

一般的に「団地」と聞くと上記の画像のような建物を思い浮かびますが、物件の種類を問わず共同住宅が集まっていれば定義では団地と言えます。

団地は一人暮らしでも家族でも住める

団地は家族しか住めないと思われがちですが、一人暮らしも可能です。

大阪府住宅供給公社」によると、新しく入居される方の約40%が一人暮らしというデータもあるほど人気が高まっています。

2DKや2LDKの広い間取りが多いのは事実ですが、ワンルームや1Kの一人暮らし向けの間取りも選べます。

日本には約2,900ヶ所の団地がある

国土交通省の全国住宅団地リスト」によると、国内には約2,900ヶ所の団地があります。

しかし、団地は減少傾向にあり、高齢化やゴーストタウン化などの問題を抱えているところもあります。

阿部さんのアイコン 阿部
高齢化が進む団地では、若い世代を呼び込むために様々な取り組みも始まっています。

リノベーションでキレイな団地が増加している

コラボしたリノベーション済みの団地
出典:https://www.ur-net.go.jp/

団地はリノベーションやリフォームが進み、内装が綺麗なお部屋が増えています。

現在のライフスタイルに合うように設備や内装を一新することで、若い世代からの注目を集めて街の活性化を図っているのです。

特に「無印良品」や「IKEA」などとコラボレーションしたおしゃれなリノベ団地は女性に大人気です。

最近ではリモートワークが普及したこともあり、郊外の団地に移り住む若い世代の人も多いです。

団地は主に3種類ある

UR賃貸

UR賃貸とは「UR都市機構(都市再生機構)」という独立行政法人が運営している公共住宅(団地)のことです。

UR都市機構は昭和30年に設立された「日本住宅公団」を前身としており、半世紀以上に渡って物件を建設・管理し続けています。

2022年現在、全国に約71万戸以上を管理しています。昔ながらの団地だけでなく、タワーマンションなど最新設備が整った物件もあります。

UR賃貸の入居条件

  • ・家賃の4倍の月収がある
  • ・家賃の100倍の貯金がある(月収が満たない場合)
  • ・日本籍もしくは基準を満たす外国籍の人
  • ・申込者本人もしくは親族と同居する人
  • ・トラブルなく円満に入居できる
  • ・URが定める入居日から1ヶ月以内に入居可能
  • ・反社会的勢力の関係者ではない

UR賃貸は入居申込の条件が厳しいです。上記の条件が1つでもクリアできない場合は申し込みできません。

条件は厳しいですが「保証人不要で申し込める」「新築物件や高齢者向け物件を除き抽選ではない」というメリットもあります。

公社住宅

公社住宅とは、地方自治体が出資して設立した「地方住宅供給公社」が運営している団地のことです。全国に37公社あります。

東京都の場合「東京都住宅供給公社」を略して「JKK」や「JKK東京」と呼ばれています。

公社住宅の入居条件

  • ・原則、持ち家がない
  • ・JKKが定める月収基準を満たしている
  • ・申込者本人が成人(住民票必須)
  • ・申込者本人のみ、もしくは親族と同居
  • ・連帯保証人を立てられる(一部、保証会社利用可)
  • ・東京都安全安心まちづくり条例に同意できる
  • ・JKKが指定する入居日までに必ず入居できる
  • ・トラブルなく円満に入居してくれる
  • ・反社会的勢力の関係者ではない

上記はJKKが定めている「一般賃貸住宅」の申し込み資格です。物件の種類によって微妙に条件が違いますので、あらかじめ確認しておきましょう。

▶JKKについて詳細はこちら

公営住宅

公営住宅とは、住宅に困窮している低所得者向けに安い家賃で提供するために作られた団地のことです。都道府県や市町村など、各自治体が運営しています。

公営住宅の入居条件

  • ・住宅に困っている
  • ・同居親族がいること
  • ・所得が定められた基準内である
  • ・市税などを滞納していない
  • ・反社会的勢力の関係者ではない

公営住宅は法令で定められている人以外は一人暮らしできません。定められている人の一例としては、50歳以上の人や身体障害者などです。

収入にも上限が決められており、多い人は入居できませんので注意しましょう。

団地の探し方

専門サイトや直営の営業所で探せる

UR賃貸や公社住宅は公式サイトまたは、直営の各営業センターで探せます。お部屋探しに不慣れな人は、スタッフがいる店舗で探すのがおすすめです。

公営住宅は各自治体のホームページで募集状況や条件が書かれています。募集は年3~4回に分けておこなわれていることが多いです。

定期募集で応募がないなどの理由から、先着順で常時募集されている物件もあります。こまめにチェックしておきましょう。

団地と一般的な賃貸物件と比較しながら探すと良い

団地のお部屋探しは、一般の賃貸物件と比べながら探していくことをおすすめします。

団地は初期費用や家賃が安くて間取りが広いですが、一般的な賃貸でも予算内に収まる希望の物件が見つけられることがあるからです。

一般的な賃貸なら、団地特有のデメリットを解消できる可能性もあります。まずは不動産屋で相談してみましょう。

ネット上の不動産屋なら気軽に相談できる

来店不要で効率的に団地を探すならネット上の不動産屋「イエプラ」がおすすめです。UR都市機構斡旋制度の加盟店なので、UR賃貸と一般的な賃貸をまとめて紹介可能です。

不動産屋だけが使えるデータベースからも探してくれるので、SUUMOやHOME’Sにはない未公開物件が見られることもあります。

チャットやLINEで深夜0時まで相談に乗ってくれます。ぜひ気軽に利用してみてください。

一人暮らしバナー

団地の入居手続きで必要なもの

UR賃貸の場合

  • ・住民票(入居者全員分)
  • ・収入を証明する書類(源泉徴収票など)
  • ・本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)
  • ・印鑑登録証明書
  • ・実印

住民票は3ヶ月以内に取得した原本で続柄が記載されたものが必要です。役所では申出がない場合、基本的に続柄が記載されません。

申請するときは続柄が必要であることを伝えましょう。

その他にも証明に必要な書類の提出を求められることがありますので、担当者に確認しておくと安心です。

公社住宅の場合(一例)

  • ・本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)
  • ・課税証明書 or 非課税証明書
  • ・最新年分の源泉徴収票
  • ・住民票(入居者全員分)
  • ・賃貸借契約書のコピー
  • ・印鑑登録証明書
  • ・戸籍謄本もしくは独身証明書

申し込み完了後、審査通過すると上記の書類提出を求められます。なるべく早めに書類を準備しましょう。

ちなみに、窓口申し込みで必要なものは、本人確認書類と印鑑のみです。

公営住宅の場合(一例)

  • ・入居申込書
  • ・暴力団関係者ではないことの申立書
  • ・住民票(入居者全員分)
  • ・課税証明書 or 非課税証明書
  • ・納税証明書
  • ・保険証の写し
  • ・住宅困窮事情の証明書類

入居者の状況によっては追加で書類が必要です。例えば、障がい者手帳を持っている人や生活保護受給している場合などです。

団地に関するよくある質問

女性の一人暮らしに団地ってどう?

UR賃貸の場合、管理サービス事務所に「ゆあ~メイト」という専門スタッフがいるので安心です。

ゆあ~メイトは各UR賃貸の管理サービス事務所に勤務しています。団地に住んでいて困ったことがあったら相談できるありがたい存在です。

ゆあ~メイトには女性が多く、異性には相談しにくいことも気軽に話せます。

▲よくある質問に戻る

団地で一人暮らしするのに必要な収入は?

UR賃貸は最低でも家賃の4倍必要です。

一方、公社住宅や公営住宅は所得制限があります。住みたい団地によって必要な収入は変わります。あらかじめ確認しておきましょう。

▲よくある質問に戻る

団地で犬を飼うことはできる?

基本的に飼えません。

一部のUR賃貸では「ペット共生住宅」として貸し出されていますが、数は非常に少ないです。

公社住宅や公営住宅はペットは一部例外を除き、全面的に禁止されています。

▲よくある質問に戻る

団地でおしゃれに暮らすには?

リノベーション物件がおすすめです。

リノベーションとは間取りの変更など、大規模な工事をおこなうことです。

内装がキレイなだけでなく現代に適した間取りが採用されており、おしゃれにコーディネートしやすいです。

▲よくある質問に戻る

団地でもインテリアにこだわりたい!

UR賃貸のIKEAコラボがおすすめです。

IKEAコラボ物件に住むと特典として、IKEAスタッフがインテリアをコーディネートしてくれるサービスが利用できます。

好みの色やスタイルなどを伝えると、最適な商品を提案してくれます。センスに自信がない人にとっては嬉しいサービスです。

▲よくある質問に戻る

団地とマンションの違いは?

マンションは1つの建物に複数のお部屋が共存しているもの、団地は複数の建物が建てられている区画を指す言葉です。

マンションが集まった区画の部分を「団地」と呼ぶこともあります。

▲よくある質問に戻る

市営住宅(公営住宅)に当選するコツは?

申込率が低い物件を積極的に狙うのがおすすめです。

市町村によっては、前日までの申込数を受付場所に貼り出しています。なかなか当たらないという人は申込率を確認してみましょう。

▲よくある質問に戻る

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

お店に行かなくても「イエプラ」なら、アプリやLINEで希望を伝えてお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです。

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶一人暮らし向けのお部屋を探す
follow us in feedly
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について