お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

隣の部屋がうるさい!効果的な防音対策や夜中に寝れないときの対処法を解説

隣の部屋がうるさくて寝られない人のアイキャッチ

隣の部屋がうるさい!防音対策はある?
騒音で寝れないから壁ドンしてもいい?

家でのんびり過ごす時間って最高ですよね!休みの日に時間を気にせず寝る時間は何ものにも代え難いです。

しかし、隣のお部屋がうるさくて悩んでいる人も多いのではないでしょうか?足音が「ドンドン」と鳴ってせっかくの睡眠を邪魔されるとストレスが溜まりますよね…。

そこで当記事では、隣のお部屋がうるさいときの対処法を紹介しています。100均ショップで可能な対策もあるので、アパートやマンションで騒音に悩む人はぜひ参考にしてください。

隣の部屋がうるさいときに確認すること

  • ・騒音の発生元を突き止める
  • ・騒音の種類を確認する
  • ・防音性に問題ないか確認する
  • ・騒音が起きる時間を記録する

騒音の発生元を突き止める

集合住宅で騒音が響いている様子のイラスト
まずは騒音がどこから起きているのか発生元を突き止めましょう。隣のお部屋から聞こえると感じていても、実際にうるさいのは1階のお部屋だったということがあるからです。

騒音を起こしていない人に苦情を入れてしまうと、さらに面倒なトラブルに発展する可能性があるので注意しましょう。

マンションは騒音が特定しにくい

マンションの音の伝わり方は非常に複雑です。コンクリートは空気の約15倍も音が伝わりやすく、天井上の空気層が「太鼓現象」を引き起こし音を増幅させていることが主な原因です。

アパートよりも戸数が多いためさらに特定しにくくなっています。

騒音元を特定するには、ラップの芯や厚紙をまるめた筒状のものを壁に当てて聞いてみると良いです。騒音元の大まかな目安がわかります。

本格的に調査したい場合は、騒音計を使うと良いです。ほとんどの自治体で無料でレンタルできるので、気になった人は問い合わせてみてください。

騒音の種類を確認する

固体音

  • ・歩行音
  • ・ドアを閉める音
  • ・洗濯機の音
  • ・ピアノやドラムなどの床に設置する楽器
  • ・椅子や机をを引く音

固体音とは、床や壁などが振動した際に伝わる音のことです。人が歩く音や洗濯機が揺れる音などが該当します。

建物の床や壁が薄いと「ドンドン」と振動が伝わりやすいです。建物の構造的な問題が原因であることも多いため、個人で完全に対策するのは難しいです。

空気音

  • ・人の話し声
  • ・ペットの鳴き声
  • ・ギターを弾く音
  • ・テレビの音

空気音とは、空気が振動した際に伝わる音のことです。テレビ通話の話し声やギターを弾く音などが該当します。

壁の薄い賃貸物件でも、対策次第で隣のお部屋の騒音をある程度軽減できます。簡単な対処法をこのあと紹介します。

防音性に問題ないか確認する

そもそも壁が薄い場合、自分の話し声や生活音が隣のお部屋にも聞こえている可能性があります。うるさいと思っているのはお互い様で根本的な解決は難しいです。

「深夜2時に音楽を爆音で流す」のような常識を遥かに超えた騒音ならまだしも、一般的な生活音が漏れて気になるようであれば引っ越しをおすすめします。

騒音が起きる時間を記録する

  • ・いつから騒音が発生し始めたのか
  • ・何時からどれくらい続くのか
  • ・頻度はどれくらいか

大家さんや管理会社に相談する場合に備えて、上記の内容を記録しておきましょう。客観的な証拠があるとスムーズなので、ボイスレコーダーやアプリで録音するのもおすすめです。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼メリットたくさん
・すべてチャットで完結(来店不要)
・スーモにない未公開物件も探せる
・0時まで営業で仕事終わりに使える
▶無料でお部屋を探してみる

隣の部屋がうるさいときの対処法

  • ・防音グッズを活用する
  • ・家具の配置を変える
  • ・大家さんか管理会社に連絡する
  • ・匿名で手紙を出す
  • ・弁護士や法テラスに相談する

防音グッズを活用する

  • ・耳栓
  • ・ノイズキャンセリング機能付きイヤホン
  • ・防音カーテン
  • ・防音シート
  • ・防音テープ
  • ・防音パネル

耳栓

耳栓は低価格かつ耳に入れるだけのお手軽な防音グッズです。人の話し声程度であればほとんど気にならなくなります。

最近では様々な素材や形の耳栓が発売されており、自分に合うものが見つかりやすいです。100均ショップで手に入るものから2,000円以上するものまでラインナップが豊富です。

ノイズキャンセリング機能付きイヤホン

耳栓で効果が感じられない場合は、ノイズキャンセリング機能付きイヤホンがおすすめです。

ノイズキャンセリングとは周囲の雑音をマイクで取り込み、逆位相の音をスピーカーから出力することで騒音を軽減させる機能です。

騒音の軽減だけでなく好きな音楽を楽しめるのがイヤホンの良いところです。

防音カーテン

防音カーテンはベランダからの話し声など外からの音を防ぐのに効果的です。特に高めの声や楽器の音の対策に有効です。

カーテンは主に2種類あり、防音対策には「遮音」効果があるものがおすすめです。特殊な繊維が組み込まれており、外からの音を跳ね返してくれます。

もう1種類は「吸音」効果のあるカーテンで、自分が出す音の対策として効果を発揮します。

防音シート

透明な防音シートを窓に貼るのもおすすめです。防音カーテンと合わせて使用するとより効果が高まります。

防音テープ

ドアは音が漏れやすい場所です。専用のテープを使って隙間を埋めましょう。防音だけでなく冷暖房効率の上昇も期待できます。

防音テープはウレタン製ではなくゴム製がおすすめです。ウレタンはドアの開閉でボロボロになりやすく、すぐ交換が必要になるからです。

賃貸の場合はキレイにはがせるタイプを選びましょう。テープでお部屋を傷つけると退去費用が高くなります。防音テープは100均ショップでも手に入るので気軽に試してみてください。

防音パネル

防音パネルとは音を吸収する「吸音材」と遮断する「遮音材」を組み合わせたパネルです。壁に貼るだけで本格的な防音が期待できます。

専用のジョイントや突っ張り棒などで簡単に設置可能です。ただし1枚あたり約15,000円とやや高額なのがネックです。

家具の配置を変える

騒音が気になる壁側に本棚やカラーボックスを配置しましょう。ベッドの位置を変更できる場合は、できるだけ騒音の原因から遠ざけると良いです。

このとき壁から1cmほど離して配置するのがポイントです。家具と壁の間に空気層ができるため、振動が軽減されます。

大家さんか管理会社に連絡する

自力での防音対策をしても改善が見られない場合は、大家さんや管理会社に連絡してうるさいお部屋の住人を注意してもらいましょう。

自分で言いに行くと思わず感情的になってしまい、怒らせてケンカになる可能性があります。人によっては騒音がエスカレートしたり、逆恨みで仕返ししてくることも考えられます。

トラブルを大きくしないためにも必ず大家さんや管理会社など、第三者を挟んで対応してください。連絡するときは騒音の情報を記録しておき、被害内容を的確に伝えると良いです。

「注意するときは自分の部屋番号や名前が知られないようにしてほしい」と忘れずに伝えましょう。

匿名で手紙を出す

大家さんや管理会社が協力してくれない、連絡が取れない場合は自分で手紙を書いてポストに投函するのもアリです。

手紙なら落ち着いて冷静に伝えられます。大家さんや管理会社がうっかり口を滑らせて、自分が苦情を出していることを知られる心配もありません。

相手に騒音をやめてもらうためにも、丁寧な文章を心がけてください。

騒音の苦情を伝える手紙の文例

〇年〇月〇〇日
〇〇〇号室 〇〇様

お忙しいところ、突然のお手紙失礼いたします。

生活音に対してお願いしたいことがあり、ご連絡させていただきました。

深夜、〇〇様のお宅より◯◯や◯◯の音が聞こえることがあります。
〇〇様の事情もあるかと存じますが、23時以降は、ご配慮願えませんでしょうか。

大変恐縮ではありますが、改善していただけない場合は管理会社に連絡をさせていただきます。
何卒よろしくお願い致します。

ポイントは感情的にならずにあくまでお願いベースで伝えることです。「迷惑です!」と書きたくなる気持ちもわかりますが、事態を悪化させないためにも我慢したほうが良いです。

手紙を書くときは必ず匿名にすることも忘れないでください。名前や部屋番号が知られてしまうと、相手の性格によっては仕返しされるリスクがあるためです。

弁護士や法テラスに相談する

あらゆる手段を講じても改善されない場合、自治体の法律相談所や法テラスの無料相談を利用してみましょう。法的な面で良いアドバイスがもらえるかもしれません。

相談するときは証拠として騒音の記録を持っていくとスムーズです。騒音が原因で病院に通っている人は、事前に診断書をもらっておくと真剣に取り合ってくれやすいです。

隣の部屋がうるさいときは引っ越したほうが手っ取り早い

管理会社の対応は解決まで時間が掛かる

大家さんや管理会社に注意してもらう場合「共有部分に貼り紙→全世帯にポスティング→個別ポスティング→個別で電話注意」と1ヶ月以上かかることも珍しくありません。

正直なところ、管理会社から注意されても改善されないケースが多いです。

所詮は他人ですし、賃貸は分譲マンションと違い入れ替わりが激しく「どう思われても良い」と身勝手な人もいます。

自分で防音対策しても限界がある

防音グッズを使って自分で対策しても限界があります。高額な防音パネルを導入しても改善されるとは言い切れません。中途半端にお金を使って改善されなかったらガッカリします。

防音性が高いお部屋の探し方

ストレスを溜め続けるよりも、防音性が高いお部屋に引っ越したほうが良いです。しかし、引っ越しは費用が高くなかなか踏ん切りがつかないという人も多いのではないでしょうか。

そんなときにおすすめなのがネット上の不動産屋「イエプラ」です。経験豊富なスタッフが多数在籍しており、初期費用が抑えられるように提案・交渉してくれます。

防音性が気になる人は「過去に騒音トラブルはあったか」「角部屋最上階だけ紹介してほしい」といった細かな要望も可能です。

深夜0時までリアルタイムで相談に乗ってくれるので、忙しい人や不動産屋に行くのが面倒な人もぜひ使ってみてください。

イエプラボタンバナー

隣の部屋がうるさくてもやってはいけないこと

  • ・壁ドン
  • ・対抗してうるさい音を出す
  • ・直接苦情を言いに行く
  • ・警察に通報

壁ドン

「壁ドン」とはうるさいと感じる方の壁をドンドンと叩くことです。「うるさい」という意思表示はできますがやらないほうがいいです。

怒りにまかせて叩くと壁がへこんでしまったり、発生元ではないお部屋の壁を叩いて自分が加害者になったりするからです。

壁ドンしたところで騒音はなくならない可能性が高いため、我慢して別の対策方法を試しましょう。

対抗してうるさい音を出す

隣のお部屋がうるさいからといって、自分も対抗して大きな音を出すのはNGです。隣人がヒートアップして更に騒音がひどくなる可能性が高いです。

やり返して大きな音を出すと関係ない他の住人にとっても迷惑です。大家さんや管理会社に訴えても、喧嘩両成敗と判断されるリスクもあります。

直接苦情を言いに行く

チャイムを鳴らして直接苦情を言いに行くのは厳禁です。うるさい住人が素直に話を聞いてくれるとは限らないからです。逆ギレされてトラブルになるかもしれません。

特に女性の一人暮らしの場合どんな人が住んでいるのか知られてしまい、ストーカーや嫌がらせの被害に遭うことも考えられます。

できる限りスムーズに解決するためにも、必ず大家さんや管理会社に相談して対応してもらうべきです。

警察に通報

警察に通報するのは、大家さんが管理会社が動いてくれないときの最終手段と考えましょう。110番は緊急時のダイヤルです。緊急性がないのに通報するのは控えたほうが良いです。

警察に相談するなら「#9110」がおすすめです。犯罪や事故の発生には至っていないものの、警察に相談したいことがあるときに使える専用ダイヤルです。

どうしても警察を呼ぶ場合は匿名で通報するのがおすすめです。対応後に電話で結果を教えてくれる、といった柔軟な対応が期待できます。

賃貸で起きがちな騒音トラブル例

  • ・大人数での宅飲み
  • ・テレビやスピーカーの音量
  • ・電話やオンライン通話の話し声
  • ・楽器の演奏
  • ・目覚まし音
  • ・ペットの鳴き声
  • ・いびき
  • ・カップルの営み

大人数での宅飲み

困り顔の女性のアイコン隣が大学生で、オンライン授業やオンライン飲み会で毎日うるさかったです…。対面の授業が始まって静かになったと思ったら、今度は部屋で宅飲みが始まってさらに地獄です。ウェーイみたいなノリで毎週のように集まるのでしんどすぎます…。(20代後半)

友達や同僚を招いての宅飲みなど、大人数が集まると盛り上がってうるさくなりがちです。特に大学生は一人暮らしや社会人経験のなさから、生活音に配慮できない場合も多いです。

うるさくて迷惑かもしれませんが、月に1度集まる程度であれば見逃すのも1つの手です。

頻繁に集まっている場合や深夜にどんちゃん騒ぎしているなら、大家さんや管理会社に伝えて対応してもらいましょう。

テレビやスピーカーの音量

困り顔の男性のアイコン隣の部屋だと思うんですが、週末になるとライブのDVDを爆音で再生するんです。熱唱するし、踊っているのかドタバタ足音もすごくて…。壁薄いアパートなんだからもうちょっと音量に配慮してほしいです。(20代後半)

テレビは壁側に配置することが多く、隣のお部屋に音が伝わりやすいです。高齢者など耳が遠い人は悪気なく音量を上げている可能性もあります。

音が多すぎる場合は大家さんや管理会社に相談してみてください。

電話やオンライン通話の話し声

困り顔の男性のアイコンコロナ禍で隣の部屋の人がどうやらリモートワークになったようで電話する声がとにかくうるさいです。大声で笑ってたかと思えば、いきなり怒鳴り始めたりして…。仕事柄平日休みなんですが、家にいても全然休まらないです。出社してくれ…って思います。(30代前半)

コロナ禍によるテレワークやオンライン授業の普及で、単身世帯でもお部屋で会話するケースが増えました。

オンライン飲み会は大人数での会話と飲酒によって声が大きくなってしまいます。また、ボイスチャットで会話しながらオンラインゲームをする音に悩まされる人も多いです。

楽器の演奏

困り顔の男性のアイコン毎日20時ぐらいから、隣の部屋の人がアコギの練習を始めるんで勘弁してほしいです。百歩譲って上手かったらまだ我慢できるんですけど、その人は素人に毛が生えたレベルなので苦痛でしかありません。(20代後半)

集合住宅でも楽器を演奏する人は一定数います。アコースティックギターの音量は、トラックのエンジン音と同程度と言われています。

管理規約に「楽器の演奏は禁止」と書いてあれば、自分の有利を証明できます。楽器の音に悩まされたら、まずは管理規約を確認すると良いです。

目覚まし音

困り顔の女性のアイコン隣の人が夜中の2時過ぎに目覚ましをかけるのでまともに寝れません。しかも20~30分間ぐらい平気で鳴りっぱなしです。管理会社に文句を言っても「仕方がない」ってまともに取り合ってくれません。(30代前半)

防音性の低いお部屋の場合、壁越しに目覚まし音が聞こえる可能性があります。隣人の生活リズムが夜型だと思わぬ時刻に起こされてしまいます。

隣人に過失があるわけではないので、大家さんや管理会社も対応が難しいです。目覚ましの音は空気音なので、耳栓やイヤホンでの対策がおすすめです。

ペットの鳴き声や歩行音

困り顔の男性のアイコン隣人が飼っている小型犬なんですが、チャイムの音に反応してめちゃくちゃ吠えるんです。平日は仕事で家にいないので気にしてないのですが、休日の朝くらいはゆっくり寝させてほしいです…。(20代後半)

ペット可物件の場合、隣人が犬や猫といった鳴き声を出す動物を飼う可能性があります。

ペット可物件といっても、騒音が許されている訳ではありません。耐えられない場合は大家さんや管理会社に相談するべきです。

いびき

困り顔の女性のアイコン隣の中年オヤジのいびきがめちゃめちゃうるさくて毎日寝れないです。注意したところで治るものでもないですし、どちらかが引っ越すまで耐えるしかなさそうです。(20代前半)

睡眠時の無呼吸が原因の「いびき」は、本人に自覚症状がないことが多いです。注意しても改善が難しいので、自分で対策したほうが手っ取り早いです。

100均で売っている耳栓でも十分な効果があるのでぜひ試してみてください。

カップルの営み

困り顔の女性のアイコン毎晩のように聞きたくもないイチャイチャしている声を聞かされてうんざりしています。それ以外にも大笑いしてたり、喧嘩して彼女が大泣きしてたりしててマジで地獄です。管理会社にクレームを入れましたが、あまり改善される様子もないです。後少しで更新ですが引っ越すつもりです。(女性/20代後半)

カップルの営みによる音声や振動に悩まされている人も多いです。聞かされる立場のストレスは半端ではありません。

頻繁に続く場合は同棲や半同棲を疑ってみましょう。単身向け物件の場合「2人入居不可」という条件が付いていることがほとんどです。

にもかかわらず毎日のように騒音が聞こえる場合、勝手に同棲しているかもしれません。契約違反で退去を命じられる可能性があります。大家さんや管理会社に連絡してみましょう。

防音性が高いお部屋の特徴

  • ・RC造 or SRC造
  • ・居室同士が隣り合っていない間取り
  • ・築年数が浅い
  • ・共有部分がキレイ
  • ・家賃が相場よりも低すぎない
  • ・角部屋

RC造 or SRC造

SRC造とRC造の構造の違いのイラスト

木造や軽量鉄骨造よりも、RC造やSRC造で作られた物件がおすすめです。コンクリートを使用しており、厚みが出るので防音性が高くなるからです。

RC造・SRC造の場合、子どもの泣き声や走り回る音は多少響きますが気にならないレベルの物件が多いです。

RC造SRC造の詳しい解説はこちら

居室同士が隣り合っていない間取り

生活スペースが隣接しない間取り

図のように隣のお部屋と接しているところが、水回りや収納スペースになっている間取りは防音性が高いです。生活スペースが隣接していないため音が伝わりにくくなっています。

気に入ったお部屋が見つかったら、隣がどのような間取りか不動産屋に確認してみましょう。上階からの足音が心配な場合は、最上階をおすすめします。

築年数が浅い

築年数が浅い物件は最新の建築技術や素材が採用されていることが多く、築古よりも防音性が高めです。

例えば2015年に積水ハウスが発表した「シャイド50」は、一般的な鉄骨造の約3分の1に軽減する高遮音床システムとして話題になりました。

こういった技術は築古の物件には採用されていません。防音性を重視する人は、築10年以内を目安に探すと良いです。

共有部分がキレイ

ゴミ捨て場や集合ポストなど、共有部分がキレイな物件を選びましょう。住人のマナーが良く騒音トラブルに発展しにくい傾向があります。

散らかっている物件は管理が行き届いておらず、モラルの低い住人ばかり住んでいるかもしれません。

家賃が相場よりも低すぎない

家賃が相場よりも低すぎる物件は注意しましょう。何らかの問題があり、入居者が集まりにくい物件である可能性が高いです。

騒音以外のトラブルも心配です。すぐ引っ越すことになるかもしれませんので慎重に見極めましょう。

角部屋

角部屋に住むのは騒音対策に有効です。隣のお部屋が1つしかないので、単純に騒音トラブルにあう確率が低いです。

階段から遠くに位置した角部屋であれば、玄関前の人の行き来がほとんどありません。廊下の歩行音に悩ませられるリスクも減らせるのでおすすめです。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
スーモやホームズにない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶

おとり物件が少ないサイト3選のサムネイル
不動産屋の悪質な広告「おとり物件」が少ないサイト3選!
記事を読む ▶

防音を気にする人は必ず内見すべき

内見で防音性を確かめる方法
  • ・壁をノックする
  • ・お部屋の中心で手を叩く
  • ・壁に耳を当てて隣室の音を聞く
  • ・同行スタッフに共有部分を歩いてもらう
  • ・昼と夜2回内見に行く
  • ・共用部分に騒音に関する張り紙がないか

壁をノックする

同行スタッフの許可を得たうえで、壁をノックしてみてください。壁が柔らかかったり、軽い音がすると感じたお部屋は壁が薄いので避けたほうが良いです。

ゴツゴツと鈍く固い音がした場合は、壁が厚く防音性に優れている可能性が高いです。

お部屋の中心で手を叩く

お部屋の中心で手を叩くのも防音性を確かめるのに効果的です。防音性が高いお部屋ほど、反響音が大きいです。

ほとんど音が返ってこないお部屋は、壁が薄かったり隙間が多い傾向があります。

壁に耳を当てて隣室の音を聞く

壁に耳を当てて、隣のお部屋の生活音が聞こえるか確かめてみましょう。耳を当てることでようやく洗濯機の音や歩行音が聞こえるのであれば、防音性はむしろ十分高いと言えます。

同行スタッフに共有部分を歩いてもらう

同行スタッフに階段などの共用部分を歩いてもらうのも手です。ドアや窓を閉め切っても歩行音が響く物件は要注意です。

昼と夜2回内見に行く

気に入ったお部屋は、可能であれば時間帯を変えて2回内見したほうが良いです。昼と夜で隣のお部屋から聞こえる生活音も大きく変わるからです。

土日が休みの人であれば、平日の夜と土日の午前中の内見がおすすめです。自分が1番お部屋にいる時間帯なので、防音性を確かめるのにぴったりです。

共用部分に騒音に関する張り紙がないか

廊下や階段に騒音を注意する張り紙が書かれていた場合は要注意です。騒音トラブルが現在進行形で起きていることを意味するためです。

物件自体の防音性が低いだけでなく、住民の質も悪い可能性があります。特別気に入ったお部屋でなければ避けるべきです。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

お店に行かなくても「イエプラ」なら、アプリやLINEで希望を伝えてお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです。

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶ 無料でお部屋探しを始める
follow us in feedly
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について