お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

内見予約したのに掲載終了!?取られた理由や対処方法を徹底解説

内見予約したのに掲載終了した理由は!?のイメージイラスト

内見予約したのに掲載終了になる理由は?
掲載終了になったらどうすればいい?

検索サイトで、数多くの物件から条件に合うものを見つけたら内見予約します。予約ができたら、いよいよ気になるお部屋との対面です!

しかし、内見予約したはずの物件が、確認したら「掲載終了」になっていたということが起こります。借り手が決まってしまったのかと不安になりまよね…。

そこで当記事では、内見予約したのに取られた理由や、掲載終了になったときの対処方法を解説していきます。ぜひ参考にしてください。

阿部さん

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

内見したのに掲載終了になるワケ

入居申込があると掲載終了になる

スーモやホームズなどの物件検索サイトで、内見予約していたにも関わらず掲載終了するのは他の人が入居申込をしたからです。

内見予約は何人でも受け付けますが、入居申込は基本的に先着1名しか受け付けできません。お部屋は早い者勝ちなので、内見予約していても先に入居申込したほうが優先されます。

阿部さんのアイコン 阿部
とくに、繁忙期である1~3月の時期はお部屋の競争率が高くなり、申し込みがかなり増えます。そのため、内見前に掲載終了になるケースが多いです。

物件検索サイトの更新はタイムラグがある

広告掲載の流れがわかるイラスト

物件検索サイトのタイムラグが原因で、内見予約したあとに掲載終了になることがあります。

物件検索サイトで掲載されているお部屋は、複数の不動産屋が同時に募集しているケースが多いです。

たとえば、自分が「A不動産」で内見予約していたとしても、別の人が先に同じ物件を「B不動産」で入居申込した場合は、その時点で掲載終了になることがあります。

募集に関わっている不動産屋すべてが情報を把握し、情報を更新するまでに時間がかかるので更新に遅れが出ます。

繁忙期はサイト更新に遅れが出やすい

不動産屋の繁忙期は、物件検索サイトの更新の遅れが目立ちます。

サイトの更新は不動産屋のスタッフが手作業で更新しています。繁忙期はお客さんの対応で忙しくて、サイトの更新に手が回らないことが多いです。

気になる物件を、タッチの差で他の人に申し込まれてしまうこともザラにあります。気になる物件は早めに内見に行って申し込むのがおすすめです。

阿部さんのアイコン 阿部
繁忙期は物件の動きが早いので、内見予約した直後や内見直前に掲載を止められることがあります。

内見前に掲載終了したときの対処方法

掲載終了していたら不動産屋に連絡すべき

内見予約したのに掲載終了していたら、不動産屋に電話で連絡してください。すでに申し込みが入ってしまったという場合は、内見予約は取り消しできます。

何も連絡がなかったり、申し込み状況を隠して強引に来店を勧めてくる不動産屋は信用できないので避けましょう。

阿部さんのアイコン 阿部
メールでの問い合わせだと返信に時間がかかったり、迷惑メールフォルダにまぎれて正常に受信できないなどのトラブルがあります。できる限り電話で連絡しましょう。

内見のために掲載を止めていることがある

極めてまれですが、内見前に他の人に物件を取られてしまわないように、不動産屋が募集を停止してくれるケースがあります。

ただし、どんな意図で掲載終了したかは問い合わせないとわからないので、掲載終了に気がついた時点で連絡することが大切です。

チャット形式の不動産屋なら対応が早め

不動産屋によっては連絡が取りづらかったり、なかなか空室状況を確認してもらえない場合があります。

しかし、対応が早い不動産屋を見抜くのは難しいです。そこでオススメなのがチャット形式の不動産屋です。

チャット不動産屋「イエプラ」なら、プロの不動産スタッフが深夜0時まで対応しているので、連絡も取りやすく、物件のURLがあればすぐに空室確認してくれます。

業者専用サイトの「ATBB」からお部屋を探してくれるので、SUUMOやHOMESにない未公開物件もいち早く紹介してくれます。

イエプラボタンバナー

何ヶ月も掲載終了されない物件は要注意

おとり物件の可能性がある

条件が良いのに何ヶ月も掲載終了されない物件は「おとり物件」である可能性があります。

おとり物件とは「実際は契約できないのにサイトや店頭に掲載されている物件」のことを言います。集客目的で、来店後に別の物件を紹介する悪質な手口です。

2021年9月に首都圏不動産公正取引協議が発表した「インターネット賃貸広告の一斉調査報告(第9回)」よると、調査対象342物件のうち25件が「おとり物件」でした。

割合にすると全体の約7%ですが、誰でも騙されてしまう可能性があるので注意してください。

おとり物件の7つの特徴

  1. 相場に対して家賃が安い
  2. 募集広告に「物件名」が表記されていない
  3. 住所の詳細表記がない
  4. 物件の画像がなかったり使いまわされている
  5. 現地集合での内見を断られる
  6. 物件情報に「仲介先物」と表記されている
  7. 定期借家契約になっている

家賃相場より大幅に家賃が安い場合はおとり物件を疑ってください。家賃が安い優良物件として集客していることがあります。

「現地集合で内見したい」と不動産屋に問い合わせたとき、なにかしらの理由で内見を断られた場合はおとり物件の可能性が高いです。

「仲介先物」とは、物件情報を紹介する不動産屋が大家さんとの関わりがないことを示します。おとり物件として載せても、大家さんにはバレません。

定期借家契約は、貸主が決めた期間しか入居できない契約です。良い条件で募集し、3ヶ月~半年の定期借家契約しかできないと伝えて別のお部屋を紹介されることがあります。

掲載終了しても再掲載される場合がある

掲載終了の物件が再掲載される3つの理由

  1. 申し込みしていた人がキャンセルした
  2. 申し込みしていた人が審査に落ちた
  3. おとり物件である

申し込みしていた人がなんらかの理由でキャンセルし、2番手で申し込みした人がいない場合は再掲載して入居者を募集します。

キャンセルや審査落ちしても、他の入居希望者がいる可能性が高いです。そのため再掲載されている場合は、おとり物件を疑ったほうが良いです。

基本的に再掲載は期待せず、似たような物件を探した方がスムーズに引っ越しできます。

2番手で申し込みできることがある

1番手の人がキャンセルして2番手が喜ぶイラスト

まれに、2番手で申し込みを受け付けてくれる場合があります。

2番手で申し込めば、先に申し込んだ人がキャンセルした場合、繰り上がりで契約できます。

どうしても諦められない物件がある場合は不動産屋に尋ねてみましょう。2番手で申し込めたらラッキー程度に考えておいて、他の物件で目星をつけておいたほうが良いです。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
スーモやホームズにない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶

おとり物件が少ないサイト3選のサムネイル
不動産屋の悪質な広告「おとり物件」が少ないサイト3選!
記事を読む ▶

空室情報に振り回されないお部屋の探し方

物件の空室情報に振り回されないように、おとり物件を扱っていない不動産屋や対応の良さに定評がある不動産屋を選びましょう。

チャット不動産屋「イエプラ」は、業者専用の有料のデータベース「ATBB」を使っているのでおとり物件はありません

内見前日に必ず管理会社に直接確認するので、万が一埋まってしまっても無駄足を踏まずに済みます。

また、ネットで公開されている物件のURL送れば、おとり物件かどうかを調べてくれるのでスムーズにお部屋探しできます。ほかサイトで気になった物件もまとめて確認できます!

イエプラボタンバナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について