お部屋探しのコツや知識まとめブログ|イエプラコラム
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

家賃14万円なら手取りや年収はいくらが目安?二人暮らしの生活レベルは?

家賃14万円の物件 手取り・年収の目安はいくら?のアイキャッチイラスト

家賃14万円だと手取りの目安はいくら?
年収はどれくらい必要になる?

家賃14万円で一人暮らし向けのお部屋を探すと、設備が整った都心のマンションが選べます。二人暮らし向けの間取りも見つかりやすいです。

しかし、家賃14万円のお部屋は、自分の手取りを考えると見合っているのかわからないという人が多いです。

そこで当記事では、家賃14万円のお部屋に住める人の手取りと年収の目安と生活費について解説します。ぜひ参考にしてください。

監修 岩井 勇太
ファイナンシャル・プランナー
宅地建物取引士

日本FP協会認定のFP。お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。

家賃14万円なら手取り42万円が目安

家賃は「手取りの3分の1」がベスト

家賃14万円のお部屋に住むなら、手取りは42万円(月収56万円前後)が目安です。これは「手取りの3分の1」で家賃目安を計算した結果です。同棲の場合は2人の合計手取りで考えましょう。

手取りの3分の1を超えると生活費が圧迫され、無理な節約を強いられる可能性があります。

手取りとは実際に受け取れる金額のこと

月収56万円の控除額と手取り額の例
厚生年金保険料 51,240円
健康保険料 28,000円
雇用保険料 3,360円
所得税(源泉徴収税額) 25,9770円
住民税 29,390円
控除額合計 137,960円
月の手取り額 422,040円

※東京都内の一人暮らしの正規雇用会社員の例

手取りとは月収から保険料や税金が差し引かれた、実際に受け取れる金額(銀行口座に振り込まれる金額)を指します。手取り42万円の場合、月収56万円から約13.7万円が控除されます。

収入(月収)で考えると、控除分のお金が足りなくなるので注意しましょう。控除額は住んでいる地域や扶養人数によって金額は変わるので、あくまで目安としてお考えください。

年収で考えると670万円以上が目安

手取り42万円(月収56万円前後)の場合、年収は670万円以上が目安です。

年収は1月1日~12月31日までの総支給額のことで、基本給+各種手当+ボーナスなどが含まれます。保険料や税金が引かれる前の金額なので手取りとは違います。

手取りに対して家賃が高いと後悔する人が多い

手取りに対して家賃が高いと後悔する人が多いです。固定費で圧迫され生活費が足りなくなったり、遊びや趣味に使うお金が減ったりするからです。

入居審査にも通りにくくなるので、不安な人は手取り4分の1を目安にしましょう。

当サイトが運営している「イエプラ」ならファイナンシャルプランナーが在籍しておりライフスタイルを考慮した物件の提案ができます。

来店不要でLINEからいつでも相談可能です。23時まで営業しているので、忙しくて不動産屋に行く暇がない人も使ってみてください!

仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトはこちら

家賃14万円の入居審査に必要な年収はいくら?

年収504万円が目安になる

家賃14万円の物件の入居審査に通るためには、年収504万円以上が必要です。一般的な基準として「家賃の36倍以上」の年収を求められるからです。

手取り42万円あれば、家賃14万円以下の物件の入居審査は問題なく通るでしょう。

関連記事
入居審査で求められる年収の基準はこちらのアイキャッチ
入居審査で求められる年収の基準はこちら
記事を読む ▶

収入以外にチェックされるポイント

  • ・職業
  • ・雇用形態
  • ・勤続年数
  • ・勤務先の規模
  • ・連帯保証人の年収
  • ・入居者本人の人柄

入居審査では年収の他にも職業や雇用形態がチェックされます。年収が多くても不安定な職業だと家賃滞納されるリスクがあるからです。

特にキャバ嬢やホストなどの「夜職」や、芸能人やYouTuberなどの人気商売を生業にしている人は注意しましょう。

他にも連帯保証人が必要な物件の場合は、保証人の年収が十分にあるかもチェックされます。

関連記事
入居審査で見られるポイントはこちらのアイキャッチ
入居審査で見られるポイントはこちら
記事を読む ▶

家賃14万円の物件に必要な初期費用は約73.8万円

項目 費用の相場
敷金 140,000~280,000円
礼金 140,000~280,000円
仲介手数料 154,000円
前家賃(翌月家賃) 140,000円
日割り家賃
(15日に入居した場合)
70,000円
火災保険料 8,000~15,000円
保証会社利用料 70,000~140,000円
鍵交換費用 16,500~22,000円
その他オプションサービス 物件によって変動
合計 738,500円~

家賃14万円の場合、賃貸契約にかかる金額は約73.8万円です。入居日やオプションサービスの有無によって変動するため、余裕を持って75万円以上用意しておくと安心できます。

一般的な初期費用の相場は家賃4.5~5ヶ月分と言われていますがあくまで目安です。家賃5ヶ月分以上かかることは珍しくありません。

家賃が安ければ初期費用は抑えられる

家賃が安い物件を選べば初期費用が自然と抑えられます。賃貸契約の初期費用は、家賃を基準にして計算されている項目が多いからです。

似たような物件でも、駅徒歩5分と15分では1万円近く家賃に差が出ます。絶対に譲れない条件は2~3つにしておいて、可能な限り緩和してみましょう。

賃貸契約の初期費用を抑える方法

  • ・敷金礼金がない物件にする
  • ・フリーレント付き物件を選ぶ
  • ・月末または月初に入居する
  • ・キャンペーン中の物件にする
  • ・不動産屋の閑散期を狙う

敷金礼金なしの物件やフリーレント付き物件を選べば家賃1~2ヶ月分の費用が抑えられます。不動産屋に相談すれば紹介してもらえるので、気になる人は担当者に聞いてみましょう。

月末または月初に入居することで、前家賃や日割り家賃なしで契約できる物件もあります。入居日は基本的に申し込み日から2週間後を指定されるので、タイミングを調整するとよいです。

関連記事
賃貸の初期費用を抑える方法はこちらのアイキャッチ
賃貸の初期費用を抑える方法はこちら
記事を読む ▶

その他に引っ越しに必要な費用

賃貸契約以外には、引っ越し業者の利用料と家具・家電の購入費用が必要です。

引っ越しは荷物の量や移動距離などで料金が変わりますが、一人暮らしなら4~5万円、同棲なら8万円ほどかかります。

家具・家電と日用品の購入費用は一人暮らしの場合、最低10万円は見ておくとよいです。

検索で見つからないお部屋を探せる不動産屋
「イエプラ」は
検索で見つからない
お部屋を探します
イエプラの特徴
  • 検索で見つからないお部屋探します
  • 仲介手数料基本0円
  • 上場企業が運営で安心

家賃14万円ならどんなお部屋に住める?

一人暮らしなら都心の高級マンションに住める

浜松町にある1Kの内装写真

家賃/管理費 140,000円/なし
間取り/専有面積 1K/25.13㎡
最寄り駅/駅徒歩 浜松町駅/約5分
その他の条件 2階以上/バス・トイレ別/浴室乾燥機/室内洗濯機置き場/独立洗面台/エアコン/都市ガス/ディスポーザー/オートロック/ダブルロックドア/モニター付きインターホン/宅配ボックス/防犯カメラ

引用:業者専用データベース「ATBB」より転載可物件

家賃14万円で一人暮らしなら、都内の設備が整った高級マンションが借りられます。こちらは新築の分譲タイプです。

使いやすいシステムキッチンや生ゴミが簡単に処理できるディスポーザーなど、分譲タイプならではの設備が整っています。

防犯カメラやオートロックなどのセキュリティもしっかりしているので安心して暮らせる物件です。

相場が安いエリアならファミリー向けの間取りもOK

小岩にある1Kの内装写真

家賃/管理費 135,000円/5,000円
間取り/専有面積 2DK/37.03㎡
最寄り駅/駅徒歩 小岩駅/約5分
その他の条件 角部屋/バス・トイレ別/浴室乾燥機/室内洗濯機置き場/独立洗面台/エアコン/都市ガス/オートロック/宅配ボックス/インターネット無料

引用:業者専用データベース「ATBB」より転載可物件

家賃相場が低いエリアなら、2DK以上の二人暮らし向けの間取りが借りられます。上記の物件は築浅でオートロック付き、インターネット無料など人気条件をクリアしています。

築年数にこだわらなければ、エレベーター付きのマンションタイプも多いです。希望する人は不動産屋に相談してみましょう。

家賃14万円でお部屋を借りるのにおすすめのエリア

1R~1DK 1LDK~2DK 2LDK~3DK
千代田区 124,100円 225,100円 320,900円
中央区 113,900円 208,600円 280,700円
港区 129,800円 257,500円 354,700円
新宿区 108,200円 195,100円 290,800円
文京区 102,000円 178,200円 240,600円
台東区 107,800円 159,900円 222,400円
墨田区 94,400円 150,800円 216,200円
江東区 101,100円 153,400円 231,100円
品川区 99,400円 177,400円 240,100円
目黒区 108,400円 185,300円 314,300円
大田区 84,800円 140,800円 213,000円
世田谷区 92,100円 152,800円 241,400円
渋谷区 120,000円 226,700円 363,600円
中野区 89,400円 148,200円 207,400円
杉並区 84,300円 146,000円 220,300円
豊島区 96,000円 151,700円 263,700円
北区 83,200円 141,100円 204,100円
荒川区 82,900円 147,600円 209,700円
板橋区 77,800円 120,600円 183,100円
練馬区 75,000円 118,400円 150,000円
足立区 70,600円 110,700円 162,600円
葛飾区 69,300円 114,600円 205,500円
江戸川区 70,000円 117,600円 162,100円

※2023年10月時点の家賃相場

東京都23区それぞれの平均家賃を間取りごとにまとめました。

家賃14万円で一人暮らしする場合は、どこのエリアでも希望に合う物件が見つかりやすいです。勤務先や頻繁に遊びに行くエリアを考慮して選びましょう。

同棲カップルやファミリーの場合、北区・杉並区・大田区など相場が低めのエリアがおすすめです。

家賃14万円で希望に合う物件を探すコツ

  • ・希望条件をまとめて優先順位を付けておく
  • ・エリアを広げて探す
  • ・内見や申し込みはスピーディーにおこなう
  • ・不動産屋に探してもらう

希望条件をまとめて優先順位を付けておく

駅徒歩や設備などの希望条件はあらかじめまとめておき、優先順位を付けておきましょう。取捨選択しやすくなり、スムーズなお部屋探しに繋がります。

不動産屋に条件を伝えておけば、希望に合う物件が見つかったタイミングで連絡をくれるので活用するのも手です。

エリアを広げて探す

家賃14万円で同棲やファミリー向けのお部屋を探す場合「◯駅から徒歩10分以内」のようにエリアを絞り込みすぎると希望に合うものが見つかりにくいです。

「◯◯線沿い」「勤務先まで30分以内で行けるエリア」のように範囲を広げて探しましょう。

内見や申し込みはスピーディーにおこなう

気になる物件があったら内見や申し込みはスピーディーにおこないましょう。賃貸契約は早いもの勝ちのため、申し込んだ順で入居審査に進むからです。

1番最初に申し込みした人が審査に通ると、それ以降の申し込みは無効になります。1~3月の繁忙期は迷っている間に他の人に取られてしまったというケースが後を絶ちません。

不動産屋に探してもらう

希望に合う物件を見つけるには、自分で探すより不動産屋に探してもらった方がよいです。

不動産屋は業者専用のデータベースから探すので、SUUMOやHOME’Sには載っていない未公開物件が紹介できます。

当サイト運営の「イエプラ」なら、LINEや電話で希望条件を伝えればOKです。他のサイトで見つけた物件もまとめて提案できるので、不動産屋をはしごする必要もありません。

自分では気に入る物件が見つからなかったという人はぜひ利用してみてください。

仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトはこちら

世帯ごとの生活費シミュレーション

  • ・家賃14万円で一人暮らし
  • ・家賃14万円で二人暮らし
  • ・家賃14万円で子どもがいる三人暮らし

家賃14万円で一人暮らし

家賃 140,000円
食費(外食費含む) 60,000円
光熱費 6,000円
水道代 4,000円
交際費 20,000円
娯楽費 30,000円
スマホ代 10,000円
インターネット代 6,000円
日用品代 10,000円
合計 286,000円

家賃14万円で一人暮らしする場合、毎月28~29万円ほどで生活できます。家賃目安通りの手取り42万円をもらっているなら、毎月14万円は残ります。

節約を意識しなくても貯金や遊びなどに使えますし、急な出費があっても対応しやすいです。

家賃14万円で二人暮らし

家賃 140,000円
食費(外食費含む) 80,000円
光熱費 10,000円
水道代 6,000円
交際費 30,000円
娯楽費 30,000円
スマホ代 20,000円
インターネット代 6,000円
日用品代 10,000円
合計 332,000円

家賃14万円で二人暮らしする場合、毎月33~34万円ほどで生活できます。家賃目安通りの手取り42万円をもらっているなら、毎月10万円前後は残るため貯金も可能です。

自炊を徹底する、娯楽費を削るなどで節約すればさらに余裕のある生活になります。

家賃14万円で子どもがいる三人暮らし

家賃 140,000円
食費(外食費含む) 100,000円
光熱費 14,000円
水道代 6,000円
教育費 50,000円
交際費 30,000円
娯楽費 30,000円
スマホ代 20,000円
インターネット代 6,000円
日用品代 30,000円
合計 426,000円

子どもがいる3人家族で家賃14万円で生活する場合、42~43万円の生活費が必要です。

しかし、子ども年齢によっては教育費や食費が大幅に上がります。その場合は家賃14万円以下のお部屋を選ぶ、娯楽費を削るなどで調整しましょう。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

当サイト運営の「イエプラ」なら、わざわざお店に行かなくてもLINEで希望を伝えてお部屋を探せます!

さらに、イエプラは仲介手数料が基本0円です。およそ家賃1ヶ月分の初期費用をまるっと節約できます。

家賃によっては10万円以上も安くなるので、浮いたお金で新生活の家具家電を揃えられます。費用を抑えて引っ越したい人は、ぜひ利用してみてください。

仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトはこちら
follow us in feedly
仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトへ
仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトへ
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について