お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

高校生でも一人暮らしはできる?必要な費用を大公開!【体験談あり】

高校生で一人暮らしはできる?のイメージイラスト

遠方の高校に行く人のために、どうすれば高校生で一人暮らしできるのか、不安要素を体験談と共に解説しています!

賃貸の初期費用や毎月の生活費など、一人暮らしするまでに必要な費用はもちろん、一人暮らしするまでの流れや、お部屋を選ぶ際のポイントもあるので参考にしてください。

この記事の内容は、ファイナンシャル・プランナーの岩井さんに監修していただきました。

監修 岩井 勇太
ファイナンシャル・プランナー
宅地建物取引士

日本FP協会認定のFP。お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。

高校生は親の同意があれば一人暮らし可能

高校生は親の同意があれば一人暮らし可能です。法律で「未成年は親(親権者)の同意が必要」と定められているからです。

親が契約者で家賃をすべて支払う場合や、保証人が親になる場合も、住む人が高校生であれば必ず必要です。

親の同意は書面での提出が必要です。署名を偽ったり、印鑑を勝手に押して同意書を作成すると「有印私文書偽造罪」という罪になる可能性があります。

仮に、親の同意を得たと偽っても、自宅に確認電話が入るのでバレてしまいます。

同意があっても一人暮らしできない場合がある

親の同意があっても、入居審査に通らなかった場合は一人暮らしできません。

入居審査では、契約者に家賃を支払う能力があるか判断します。

未成年の学生は家賃を支払えるだけの収入がないので、保証人である親の職業や収入を審査します。

ただし、親の収入が不安定だったり、収入に対して家賃が高い場合は審査に落ちる可能性が高いです。あらかじめ、親と相談して家賃設定する必要があります。

岩井さんのアイコン 岩井
入居審査を通過するには、親の手取り収入の3分の1までに家賃を抑えることが重要です。家賃を抑えるほど審査に通りやすくなります。

公立高校に通う人は一人暮らしできない

親の同意があったとしても、公立高校に通う予定や通っている人は一人暮らしできません。

多くの公立高校は「保護者と本人が同じ住所に住んでいる」ことが入学の必須条件に定められているからです。

公立高校は自治体が運営しているので、住民税を収めている自治体の学校で通うことが前提です。学校が認める特別な理由がない限り、入学できません。

学校に内緒で一人暮らしをして、何らかの事情でバレてしまった場合、入学取り消しや退学処分になる恐れがあります。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める

高校生で一人暮らしは不安が多い

高校生で一人暮らしはやめたほうが言われる理由は、以下の5つの不安が付きまとうからです。

  • ・アルバイト収入だけでは生活できない
  • ・学業との両立が難しい
  • ・遊びや部活の時間が確保できない
  • ・親への負担が大きくなる
  • ・トラブルに巻き込まれる可能性が高い

各項目について、高校生で一人暮らし経験がある人の体験談を基に解説していきます。

アルバイト収入だけでは生活できない

家賃や食費を極限まで削ったとしても、毎月12~15万円ほどの生活費が必要なので、アルバイト収入だけで生活することは難しいです。

全日制の高校の場合、平日は授業が終わってから3~4時間ほどしか働けません。土日にフルタイムで働いたとしても、生活費を稼ぐのは至難の業です。

親からの家賃や生活費の援助は、多少なりとも必要です。アルバイト収入は生活費の足しやお小遣い程度で考えたほうが良いです。

高校生の一人暮らしで必要な生活費については、後ほど詳しく解説します。

結局親に泣きついていた
困り顔の男性のアイコン高校に入ってから2ヶ月くらいは学校からバイトの許可が下りなかったんです。学業優先とかで…。結局、父に泣きついて1年の時は多めに支援してもらっていました。2年以降も、テスト期間中はバイト禁止だったので、何度も泣きついていましたね…。(20代前半)

学業との両立が難しい

放課後にアルバイトとなると、朝8時半~夜10時まで活動します。社会人で例えると、毎日4~5時間残業していることになります。

アルバイトで疲れて授業に集中できないと、勉強についていけず、最悪の場合は高校中退に追い込まれる恐れがあります。

また、一人暮らしは勉強だけでなく、家事も自分でする必要があります。掃除や洗濯、食事の用意など親に頼ることはできません。

授業中寝てしまう…
困り顔の女性のアイコン昼は学校、夜はバイトを繰り返していたんですが、疲れ切って授業中に寝てしまうことが多々ありました。今の大学だったら、単位さえとれば授業サボれるんですけど、高校はそうはいかなかったので…。あのときはよく倒れず頑張っていたなぁ、って自分に驚きです。(10代後半)

遊びや部活の時間が確保できない

青春している学生のイメージイラスト
生活費を稼ぐために、ほぼ毎日バイトする必要があります。放課後に友達と遊ぶことや、部活動に参加することも難しいです。

唯一の休みがあったとしても、家事に追われて自由な時間を楽しむ余裕がないです。

貴重な青春時代を楽しんで多くの思い出を作るためにも、高校生での一人暮らしはおすすめできません。

月2回ほどしか遊びに行けなかった
困り顔の女性のアイコンバイト三昧だったので、土日は疲れて家で寝ていましたね。誘われても無理って断っていたので、友達も多くなく…。唯一仲良かった子と、月2回くらいしか遊べなかったのが残念です。(20代前半)

親への負担が大きくなる

実家暮らしよりも、一人暮らしの方が費用がかかるので親への負担が大きくなります。

親の援助を受けるのであれば、学費や教育費用だけでなく、数万円の家賃を毎月の固定費として支払わなければなりません。

親から目の届かない場所で暮らすので病気や事故、トラブルに見舞われないか心配で心の負担も大きくなります。

毎回親にお金がないって怒られていた
困り顔の男性のアイコン最初は良かったんですが、毎回仕送りしてくれるたびに、こっちもお金がない!きつい!みたいなことを散々言われて、凄い申し訳なくなりました…。今は社会人なので、僕が少し仕送りしてますが、確かにキツいですね…。親には感謝です。(20代後半)

トラブルに巻き込まれる可能性が高い

高校生や女性の一人暮らしは、トラブルに巻き込まれる確率が高くなります。

社会的地位が弱く、空き巣やストーカーなど悪い大人に目を付けられやすいです。

また、友人を呼んで騒いだ場合の騒音トラブルなども、自分で対応する必要があります。

助けてくれる人がいないので怖い
困り顔の女性のアイコン高2の時に、いきなり夜遅くにインターホンを連打されたことがあります。モニターで見ると知らないおじさんだったので、怖くて怖くて、スマホ握りしめながら居留守を使っていました。後日も同じことがあり、親に相談してその後は引っ越したんですが、今思い出しても泣きそうになります…。(20代前半)

中でもお金に関する問題が大きいので、次に一人暮らしする際に必要な費用を解説します。

一人暮らしする際にかかる費用まとめ

一人暮らしを始めるまでに約35~45万円、一人暮らししてから毎月約12~15万円は必要です。

目安
賃貸の初期費用 家賃約4~5ヶ月分
引っ越し費用 約7~9万円
家具家電・日用品の購入費 約7~13万円
毎月の生活費 約12~15万円

各費用について、もう少し詳しく解説していきます。

賃貸の初期費用は家賃4.5~5ヶ月分

賃貸の初期費用は家賃4.5~5ヶ月分が目安です。ただし、礼金なしや保証会社不要のお部屋など、条件によってさらに安くなります。

以下は、一般的な初期費用の相場と限界まで抑えた場合の目安です。家賃は5万円で、3月15日に入居した場合を想定しています。

限界まで
抑えた場合
一般的な相場
合計 58,800円 313,800円
敷金 0円 50,000円
礼金 0円 50,000円
仲介手数料 0円 55,000円
前家賃 0円 50,000円
日割り家賃 25,800円
(16日分)
25,800円
(16日分)
鍵交換費用 15,000円 15,000円
保証会社利用料 0円 50,000円
火災保険料 15,000円 15,000円
管理費・共益費 3,000円 3,000円
岩井さんのアイコン 岩井
初期費用は交渉次第でも値下げしてもらいます。親にお願いして、不動産屋のスタッフと交渉しましょう。

引っ越し費用は約7~9万円

引っ越し費用は約7~9万円見ておくと良いです。移動距離や荷物量によって、金額が変動するからです。

価格.com引越し」の単身引っ越し料金の相場を基に、費用をまとめてみました。

引っ越す距離 荷物が少ない人 荷物が多い人
~15km未満 平均29,312円 平均38,035円
~50km未満 平均34,276円 平均40,614円
~200km未満 平均44,671円 平均51,961円
~500km未満 平均53,139円 平均63,335円
500km~ 平均54,929円 平均69,632円

出典:価格.com 引越し

さらに費用を抑えたい場合は「引っ越し単身パック」がある業者がおすすめです。コンテナに乗る分の荷物を、一定金額で引き受けてくれます。相場は約5万円です。

家具家電・日用品代は約7~13万円

家具家電日用品代は7~13万円ほどかかります。一人暮らし開始時は、最低でも以下のようなものが必要です。

金額
ベッド・布団などの寝具 約20,000円
冷蔵庫 約25,000円
電子レンジ 約8,000円
洗濯機 約25,000円
カーテン 約5,000円
トイレ用品 約2,000円
シャンプー・リンスなど 約1,500円
タオル(バスタオル)複数 約3,000円
ゴミ袋 約200円
歯ブラシ・歯磨き粉 約500円
キッチン用品 約3,000円
合計 約93,200円
岩井さんのアイコン 岩井
メーカーやブランドにこだわらず、100円均一や薬局で安いものを買うなどすれば、約7万円まで抑えられます。

毎月の生活費は約12~15万円

総務省統計局の「家計調査 家計支出編 2020年度」によると、一人暮らしの1ヶ月の平均生活費は約15万円です。

健康的な生活を送るギリギリまで費用を削ったとしても、月12万円は必要です。

金額
家賃 約45,000円
食費 約27,000円
水道光熱費 約8,000円
娯楽費・交際費 約20,000円
スマホ・ネット代 約5,000円
衣類・日用消耗品代 約8,000円
交通費・医療費 約50,000円
合計 約118,000円

まかない付きのバイト先を探す、スマホは格安SIMに変更するなど、節約を徹底しないと生活できません。

支出を抑えるなら安いお部屋がおすすめ

賃貸の初期費用や毎月の生活費を抑えるなら、家賃が安いお部屋がおすすめです。ただし、安すぎるお部屋は住みづらい理由があるので、不動産屋に聞くべきです。

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、来店不要でチャットやLINEでやりとりします。自宅に居ながら親と一緒にお部屋探しが可能です。

業者専用のデータベースを利用しているので、スーモやホームズにない非公開物件が見つかる可能性がありますし、ほかサイトの物件もまとめて紹介可能です。

遠方に住んでいる人や、親の予定が合わずに一緒に不動産屋に行けない人は、是非試してみてください。

一人暮らしバナー

親の援助がないと生活が困難になりやすい

高校生で一人暮らしする場合は、親の援助がないと生活が困難になりやすいです。最低でも、賃貸契約の初期費用と毎月の家賃は、親に支払ってもらったほうが良いです。

岩井さんのアイコン 岩井
家賃を差し引いても、毎月7~8万円はバイト代で稼ぐ必要があります。月8万円であれば、1年で96万円なので親の扶養から外れることもないです。

ただし、高校生のアルバイト代はかなり低いです。最低賃金ギリギリだと考えてください。

東京都内であれば、2022年2月時点の最低賃金が1,041円です。平日毎日3時間バイトをし、土日のどちらかをフルタイムで働いてやっと生活費分を稼げる程度です。

高校生が一人暮らしするまでの流れ

費用面や学業との両立など様々な問題をクリアした人のために、一人暮らしを開始するまでの流れを簡単に紹介します。

  1. 親に許可をもらう
  2. 初期費用や生活費を用意する
  3. お部屋探し~賃貸契約をおこなう
  4. 新居に引っ越しする

1.親に許可をもらう

まずは、親に一人暮らししても良いという許可をもらいましょう。

許可には「同意書」という書面が必要です。同意書は不動産が用意してくれるので、自分で用意する必要はありません。

2.初期費用や生活費を用意する

初期費用として約35~45万円が必要なので、あらかじめ用意しておきましょう。

生活費は最低でも約10万円は必要です。毎月きちんと支払えるように、アルバイトでいくら稼げるのか計算しておきましょう。

もし仕送りがあるのであれば、いくらもらえるのか親と相談して決めておきましょう。

3.お部屋探し~賃貸契約をおこなう

初期費用や生活費の目処が付いたら、実際に不動産屋でお部屋を探します。

岩井さんのアイコン 岩井
高校生が一人暮らしできるお部屋は非常に限られています。家賃の未払いや騒音トラブルを避けるため、大家さんが高校生の入居を受け付けていないことが多いです。

家賃は手取り収入の3分の1以下を目安にし、できる限り安いお部屋にするべきです。家賃を抑えるなら駅徒歩や日当たりなどの希望条件は妥協しましょう。

4.新居に引っ越しする

引っ越し業者を使う場合は「単身パック」がおすすめです。専用のコンテナボックスに収まる量の荷物を安く運んでもらえます。

1~3月は引っ越しシーズンで、早めに予約を取らないと希望する日程で引っ越しできない可能性があります。

親が運転免許を持っているなら、車を使って自力で引っ越すのもひとつの手です。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
スーモやホームズにない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶

おとり物件が少ないサイト3選のサムネイル
不動産屋の悪質な広告「おとり物件」が少ないサイト3選!
記事を読む ▶

高校生で一人暮らしをするなら親と不動産屋に行くべき

親の同意をもらい、金銭面を援助してもらえるのであれば、親と一緒に不動産屋に行ってお部屋を探しましょう。

1人で不動産屋に行った場合、親の同意があったとしても遠回しに断られて、まともに相手をしてもらえないことが多いです。

また、親と一緒に不動産屋に行けば、親の同意があることが目に見えてわかり、保証人になるであろう人の顔がわかるので、不動産屋も安心できます。

自宅で親と一緒に探せる不動産屋

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望条件を伝えるだけでお部屋を探せます!

「未成年でも住めるお部屋」「学校近くが良い」「治安が良いエリアはどこ?」など、気軽にスタッフに相談できます。

来店不要なので自宅で親と一緒に探せて、不動産業者専用のデータベースからお部屋を紹介するので、ほかのサイトにあった物件もまとめて紹介可能です!

SUUMOやHOME’Sに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、深夜0時まで営業しているので時間を気にせずお部屋探しできます。

一人暮らしバナー

高校生がお部屋を選ぶ際のポイント

高校生がお部屋を選ぶ際は、周辺環境と物件のセキュリティ性を重視すると良いです。最低でも、以下の6つのことは確認しておきましょう。

  • ・高校に通学しやすいエリア
  • ・治安が良く交番など駆け込める場所がある
  • ・駅もしくは物件近くにスーパーがある
  • ・間取りはワンルームか1Kにする
  • ・セキュリティ設備がある物件にする
  • ・モニター付きインターホンは必須

高校に通学しやすいエリア

住む場所は、高校への通学のしやすさを考慮しましょう。自転車通学なら30分圏内、電車なら家から学校までで40分以内で探すと良いです。

東京近郊でお部屋探しをする場合は、朝の通勤ラッシュ時の満員電車状況も重要です。とくにJR総武線・埼京線と東京メトロ東西線沿いは避けましょう。

岩井さんのアイコン 岩井
家賃相場も大切です。練馬区や杉並区、葛飾区あたりは相場が低めなので、安いお部屋を探しやすいです。

治安が良く交番など駆け込める場所がある

未成年は犯罪に巻き込まれやすいので、治安が良いエリアにしましょう。繁華街・飲み屋街があるエリアが避けるべきです。

また、駅前や家のそばに交番や駆け込みステッカーが貼ってあるお店があるかも確認しておくと良いです。

駅もしくは物件近くにスーパーがある

駅もしくは物件近くにスーパーがあると、買い物しやすいので便利です。バイトで疲れた後でも、お店に寄ってから帰宅しやすいです。

岩井さんのアイコン 岩井
コンビニでも良いですが価格が定価なので、生活費が高くなりやすいです。できればスーパーがあるエリアをさがしてください。

間取りはワンルームか1Kにする

ワンルームと1Kは、一人暮らしの間取りの中でもっともスタンダードです。家賃も手が出しやすい金額のお部屋が多いです。

違いは、キッチンと居室の間にドアなどの仕切りがあるかだけです。周辺環境やセキュリティ設備重視で選んで良いです。

ワンルーム 1K
ワンルームの間取り図2 1Kの間取り図

女子高校生の場合は、1Kのほうがおすすめです。宅配便のスタッフなどが訪問した際、玄関から室内を見られにくいです。

セキュリティ設備がある物件にする

以下のようなセキュリティ設備がある物件を優先してください。

  • ・エントランスに監視カメラがある
  • ・お部屋の鍵が特殊な形
  • ・セキュリティ会社と連携している
  • ・管理人が在住
  • ・オートロック付き
  • ・モニターインターホン付き
  • ・2重ロックもしくはチェーンロック付き

全てを網羅しているお部屋は家賃が高いので、2つほど当てはまるお部屋が良いです。

モニター付きインターホンは必須

モニター付きインターホンは必須です。玄関先に出る前に、訪問者の顔を確認できます。

心当たりがなかったり、セールス訪問だった場合は、外に出ることなく断れます。

家庭の事情でどうしても実家を出たいなら

「虐待を受けている」「いじめが辛く、誰もいないところに行きたい」などの事情により親の同意を得られない人は、すぐに児童相談所に連絡して相談してください。

18歳未満であれば児童相談所の保護対象なので、事実確認の調査を経て一時保護、もしくは施設に入居できる可能性があります。

保護対象になれば無料で個室を用意をしてくれて、食事などの援助をしてもらいながら高校に通うことができます。

ただし、奨学金制度のように、社会に出て働くようになったらお金を返さなくてはいけない場合があります。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について