お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

2LDKとは?2DKとどこが違う?間取りの特徴やお部屋の使い方を解説!

2LDKとはどんな間取り?のイメージイラスト

2LDKとは?2DKとの違いはなに?という疑問を解決します!

2LDKの平均的な広さや2DKとの違い、どちらの間取りに住むべきかなどを解説しています。

2LDKに住むメリット・デメリットやお部屋の使い方についても紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

この記事は、不動産屋「家AGENT」池袋店の阿部さんにも内容を監修してもらいました。

監修 阿部 陽一郎
不動産屋「家AGENT」
池袋店 店長

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

2LDKとはどんな間取り?

2LDKの間取り

2LDKとは、リビングダイニングキッチン+お部屋が2つの間取りのことです。

一人暮らしから小さな子どもがいる家族におすすめできる間取りです。

同棲で2LDKに住むなら、それぞれの個室をもてるのでプライベート空間を確保できます。

家族で三人暮らしする場合は少し狭く感じますが、子どもが小学校に上がるまでなら2LDKでも十分生活できます。

2LDKの広さは平均46~50㎡

2LDKの広さの平均は「専有面積が46~50㎡」です。

2LDKで一人暮らしか同棲をするなら、2つの居室の合計が12~15畳ほどで、リビングスペースが11~13畳のお部屋が平均的です。専有面積は44~48㎡が目安です。

小さい子どもと一緒に三人暮らしをするなら、2つの居室の合計が13~16畳ほどの、広めのお部屋が良いです。専有面積の目安は、55~60㎡になります。

子どもが大きくなっても住み続けたいのであれば、さらに広いお部屋を選ぶか、3LDK以上の間取りをおすすめします。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める

2LDKのお部屋に住むメリット

2LDKのお部屋に住むメリットを4つ紹介します。2LDKならではのメリットがあるので、是非参考にして下さい。

  • ・築浅の物件が多い
  • ・設備が新しい物件が多い
  • ・同棲ならそれぞれの個室を作れる
  • ・収納スペースが広い

築浅の物件が多い

2LDKの間取りは、2000年頃に流行り始めたので築年数が浅い物件が多いです。

築浅のお部屋は現代の暮らしに合わせた設計になっているので、キッチンや風呂場などが使いやすく、お部屋全体が綺麗です。

設備が新しい物件が多い

LDKの間取りがある物件は、お部屋の設備や共有設備が比較的新しいです。

トイレには最新の温水洗浄便座が取り付けられていたり、浴室には浴室乾燥機がついているなど、暮らしに便利な設備がついている可能性が高いです。

物件の共有部分に、オートロックや防犯カメラなどのセキュリティ設備が充実していることもあります。

二人暮らしならそれぞれの個室を作れる

2LDKで二人暮らしするなら、2つの居室をそれぞれのプライベート空間として利用できます。

寝室が分かれてしまいますが、お互い1人の時間を大切にしたいのであればお部屋を分けて使うと良いです。

また、お部屋をパーテーションで仕切れば、簡易的なスペースを作り出せます。残った1部屋は寝室などに使えるので、工夫次第でさまざまなレイアウトが可能です。

収納スペースが広い

2LDKは居室が2つあって、クローゼットも広いので収納に困りません。一人暮らしの場合は1部屋を収納スペースにすれば大量にモノを収納できます。

収納スペースが広がるので、片付けが苦手な人でもお部屋が片付きやすくなります。

洋服が多い人は、衣装ケースやハンガーラックを置いてウォークインクローゼットのように使うのがおすすめです。

2LDKのお部屋に住むデメリット

2LDKのお部屋に住むデメリットを紹介します。

  • ・家賃が高い
  • ・人気で物件数が少ない
  • ・エアコンが全室についていないことがある

家賃が高い

築浅の物件が多い反面、家賃が高めに設定されています。

東京23区内で2LDKを探すと、家賃15万円ほどの物件が多いです。葛飾区や江戸川区などの家賃相場が低いエリアでも、家賃10万円以上のお部屋がほとんどです。

同棲や新婚で2人で住む場合は家賃を折半できますが、一人暮らしは収入にかなり余裕がないと住めません。

人気で物件数が少ない

2LDKは築浅で設備が整っているので人気な物件が多いです。そのため、空室になってもすぐに埋まってしまいます。

とくに、新生活が始まる前の2~3月や、人事異動が多い9~10月は物件が埋まるスピードが早いです。

2LDKのお部屋で設備や条件にこだわりたいなら、早めにお部屋探しを始めたほうが良いです。ギリギリで探そうとしても、希望に沿う物件がない可能性があります。

エアコンが全室についていないことがある

物件によっては、リビングだけしかエアコンが付いていないというケースがあります。入居後に自分で取り付けるか、冷蔵・暖房器具を購入する必要があります。

エアコンを取り付けずに過ごすと、夏場に熱中症になってしまうこともあるので危険です。

内見のときに全室にエアコンが付いているか、入居時につけてもらえるかを確認しておきましょう。

2LDKと2DKの違いはキッチンの広さ

2LDKと2DKの違いは、キッチンがあるお部屋の広さです。

2LDKはキッチンスペースが10畳以上とかなり広めですが、2DKはキッチンスペースが6~10畳未満です。

2LDK 2DK
2LDKの間取り図 2DKの間取り図

DKよりもLDKのほうがキッチンまわりの設備や収納が充実していることが多いです。

キッチン用品が多い人や、頻繁に料理する人は2LDKのほうが効率良く調理できます。

▶DKとLDKの違いの詳しい解説はこちら

2DKは2LDKより家賃が安い

2DKの物件は2LDKより、家賃が2~3万円ほど安くなります。立地や設備などの条件によっては、さらに安い物件もあります。

2DKは1980年代に流行った間取りなので、築20~40年ほどの築年数が古い物件が多いです。設備や内装が古く人気がないので、家賃が安くなります。

「築年数を気にしないから家賃を抑えたい」という人は、2DKのお部屋を探しましょう。

リノベーションされてキレイなお部屋もある

2DKで築年数が古くても、リノベーションされて内装がキレイなお部屋もあります。

お部屋の設備を新しいものに変えたり、和室から洋室にするなど、現代の生活に合った空間に生まれ変わります。

家賃を抑えつつ、キレイなお部屋に住みたい人は「リノベーション済み」の物件を狙って探してみてください。

2LDKと2DKどちらに住むべきか

2LDKと2DKの特徴を踏まえて、どちらの間取りに住むべきか悩む人は、以下で紹介することを参考に判断してください。

2LDKに向いている人の特徴
  • ・収入に余裕がある
  • ・築年数が新しい物件が良い/li>
  • ・システムキッチンや対面式キッチンが良い
  • ・将来的に子どもが欲しいカップル
2DKに向いている人の特徴
  • ・将来的に子どもが欲しいカップル
  • ・築年数が古くても気にしない
  • ・和室でも平気
  • ・お部屋の設備は妥協できる

収入にかなり余裕があり、長く住み続ける予定の人は2LDKのお部屋を選んでも良いです。また、料理しやすいシステムキッチンや対面式キッチンにこだわりたい人にもおすすめです。

2DKの間取りは、新婚や同棲カップルなど将来のために貯金していきたい人に向いています。

2DKの魅力は家賃が安いことです。毎月の固定費である家賃を抑えられるので、生活費や貯金にお金を回しやすいです。

間取りに迷ったら不動産屋に相談するべき

2LDKのお部屋に住むか、ほかの間取りにすべきか悩んでいる人は、お部屋探しのプロである不動産屋に相談するべきです。

不動産屋のスタッフがライフスタイルや将来設計をヒアリングして、最適なお部屋を提案してくれます。

気軽に相談したいならネット上の不動産屋「イエプラ」を利用してみましょう。チャットやLINEでやりとりするので、わざわざ来店せずにお部屋探しできます。

業者専用のデータベース「ATBB」を使っているので、SUUMOやHOMESに載っていない非公開物件からも紹介してくれます。

イエプラボタンバナー

2LDKはさまざまな間取りがある

2LDKでも物件によってお部屋の間取りが違います。以下で4つの間取り例を紹介します。

長方形

一般的な2LDKの間取り
長方形は、一般的な間取りのタイプです。リビングスペースが、広めに確保されていることが多いです。

お部屋によっては、リビング横の居室との仕切りを外して大きなワンフロアにできます。開放感のあるお部屋にしたい人におすすめです。

L字型

L字型になっている2LDKの間取り
L字型など、少し変わった形の間取りの場合、お風呂やトイレなどの設備を配置し、余った空間を収納スペースとして作られていることが多いので、荷物が多い人に向いています。

真ん中にキッチンがある間取り

真ん中にキッチンがある間取りの2LDK
キッチンが真ん中にあるタイプは、どちらのお部屋からもトイレやお風呂などが行きやすいので便利です。ただし、2LDKでは狙って探そうすると、見つけにくいです。

メゾネットタイプ

メゾネットタイプの2LDK
メゾネットタイプは、1階と2階に分かれているお部屋で、1階も自分のお部屋なので、足音などの騒音トラブルを回避できます。ただし、家賃がかなり高いです。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
スーモやホームズにない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶

おとり物件が少ないサイト3選のサムネイル
不動産屋の悪質な広告「おとり物件」が少ないサイト3選!
記事を読む ▶

2LDKのお部屋の使い方5選

2LDKのお部屋の使い方の例を5つ紹介します。ライフスタイルや好みに合わせて、さまざまな使い方ができます。

  • ・寝室とリビングに分ける
  • ・二人暮らしでそれぞれの個室を作る
  • ・収納部屋にする
  • ・仕切りを外して1部屋にする
  • ・リビングにキッズスペースを設ける

寝室とリビングに分ける

2部屋をリビングと寝室で分けた使い方

LDKは食事スペースとして使い、残りの2部屋をリビングと寝室に分ける使い方があります。1部屋をリビングとして使えるので、広いスペースでくつろげます。

また、LDKから1番離れたお部屋を寝室にすると良いです。料理や生ゴミなどニオイが寝室に届きにくくなります。

二人暮らしでそれぞれの個室を作る

新婚や同棲カップルなどの二人暮らしの場合、それぞれのお部屋を作れます。

1人の時間を大切にしたい、質の高い睡眠を取りたいなど、それぞれの空間で過ごせる環境を作ると良いです。

LDKにソファやテレビを置いてリビングスペースを作れば、2人でゆっくりくつろげる時間を過ごせます。

収納部屋にする

洋服が収納されたお部屋
出典:houzz

服やカバンなどが多い人は、ウォークインクローゼットとして使うと良いです。大きな鏡を置いて着替えスペースにもできます。

趣味のものや荷物が多いなら収納部屋として使うことをおすすめします。一人暮らしなら、自転車などの大きなものをしまっておけます。

仕切りを外して1部屋にする

多大きなワンフロア
出典:LogRenove

お部屋を行き来するのが面倒、目が届く範囲で子どもを遊ばせたいという人は、仕切りを外して1部屋にすると良いです。

開放感が上がり広々とスペースを使えるので、レイアウトの幅が広がります。また、大きな家具を置けば細々したものを収納できるので、スッキリとした空間にできます。

リビングにキッズスペースを設ける

リビングにキッズスペースを設けたお部屋
出典:RoomClip

小さな子どもがいる家族はリビングの一角にキッズスペースを作れば、ほかの2部屋を自由に使えます。

1部屋を仕事部屋として使うなら、子どもに邪魔されず業務に集中できます。ほかにも、収納部屋にして、リビングスペースを広く確保しても良いです。

また、リビングで子どもを遊ばせておけば、見守りながら家事ができて安心です。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

お店に行かなくても「イエプラ」なら、アプリやLINEで希望を伝えてお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです。

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶ 無料でお部屋探しを始める
follow us in feedly
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について