お部屋探しのコツや知識まとめブログ|イエプラコラム
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

オール電化で一人暮らしする際の電気代は平均いくら?おすすめ電力会社も大公開

オール電化で一人暮らしするイメージイラスト

一人暮らしでかかるオール電化の料金は?
kWhやアンペア数で電気代は変わる?

オール電化住宅には、電気でお湯を沸かすエコキュートや、火が出ないIHコンロ付いています。最新設備が整っているので、一人暮らしする人からも人気です。

しかし、オール電化に引っ越して後悔する人は一定数存在します。「冬の電気代が高い」といった声が挙がっています。

そこで当記事では、オール電化で一人暮らしするときのメリット・デメリットを解説します。後半には、電気代の節約術やおすすめの電力会社もまとめています。

監修 岩井 勇太
ファイナンシャル・プランナー
宅地建物取引士

日本FP協会認定のFP。お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。

オール電化で一人暮らしの電気代は平均いくら?

一人暮らしの電気代は月11,415円

関西電力の「オール電化の電気代平均額(2020~2021年)」によると、オール電化で一人暮らししたときの電気代は、月平均で11,415円です。

2022年の総務省統計局の「家計調査 家計収支編 単身世帯」を見ると、一人暮らしの水道代は月平均で2,116円でした。オール電化物件に住んだときの水道光熱費は約13,531円です。

▶一人暮らしの水道光熱費の平均額はこちら

オール電化はガス併用より約1.2千円高い

オール電化 ガス併用
電気代 11,415円 6,808円
ガス代 - 3,331円
合計 11,415円 10,139円

関西電力と総務省統計局の統計をもとに、オール電化とガス併用物件の光熱費を比較しました。オール電化のほうが1,276円高かったです。

オール電化は、お湯を沸かすとき多くの電力を消費します。お湯を出す頻度が多いほど、ガス併用物件より光熱費が高くなりやすいです。

冬は電気代が約2.3千円跳ね上がる

一人暮らしの電気代
1~3月 12,917円
4~6月 10,996円
7~9月 10,039円
10~12月 10,610円

参考:総務省統計局「家計調査 家計収支編 単身世帯(四半期) 」

総務省統計局の統計とガス併用物件と差額を考慮して、オール電化の電気代を四半期ごとにまとめました。

表を見ると、1~3月の電気代だけが高額になっているのが分かります。4~12月の平均額と比べると2,369円も高いです。

寒い季節なので、必然的にお湯を使う頻度が増えます。冷え切った空気を温めるのに、より多くの電力を消費しています。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼メリットたくさん
・すべてチャットで完結(来店不要)
・スーモにない未公開物件も探せる
・0時まで営業で仕事終わりに使える
▶無料でお部屋を探してみる

一人暮らしの電気代シミュレーション【生活スタイル別】

生活スタイル別の電気代シミュレーション
1日中家で過ごす人 オール電化のほうが安い
家で過ごすのが夜中心の人 オール電化、ガス併用どちらもほぼ同額
家で過ごすのが昼中心の人 ガス併用のほうが安い
シミュレーションの条件
  • ・東京電力のプランで比較
  • ・オール電化は「スマートライフS」プラン
  • ・通常は「従量電灯B」プラン
  • ・ガス代は2,800円で統一
  • ・アンペア数は30Aで統一
  • ・4月の電気代でシミュレーション
  • 価格.comのシミュレーションを参考

弊社専属のファイナンシャル・プランナーである岩井さんに、一人暮らしでかかる電気代を生活スタイル別に計算してみました。

オール電化とガス併用で料金を比較しているので、自分の生活スタイルに合うほうを参考にしてください。

1日中家で過ごす人の場合

オール電化 ガス併用
電気代 約13,200円 約11,500円
ガス代 - 約2,800円
合計 約13,200円 約14,300円

在宅勤務で働く人やフリーランスなど、1日中家で過ごす人のシミュレーションです。オール電化は「600kWh/月」で、ガス併用は「400kWh/月」で計算しています。

シミュレーションの結果、オール電化のほうが約千円安いです。オール電化は日中の電気代が高いですが、一般的なパソコン作業であればガス併用より安く済む可能性があります。

岩井さんのアイコン 岩井
日中にお風呂に入る人だと、オール電化のほうが高くなる恐れがあるので注意しましょう。

家で過ごすのが夜中心の人の場合

オール電化 ガス併用
電気代 約6,300円 約3,500円
ガス代 0円 約2,800円
合計 約6,300円 約6,300円

日中は仕事で家を空けて、夜ゆっくり過ごす人のシミュレーションです。オール電化は「約200kWh/月」で、ガス併用は「約80kWh/月」で計算しています。

ほぼ夜しか家にいない人だと、オール電化とガス併用であまり差がありません。電気代に差がなければ、住み心地でお部屋を選んだほうが良いです。

家で過ごすのが昼中心の人の場合

オール電化 ガス併用
電気代 約8,000円 約4,700円
ガス代 0円 約2,800円
合計 約8,000円 約7,500円

夜勤勤務などで、主に昼間に家で過ごす人のシミュレーションです。電気を使う時間帯は、朝7時~夕方16時で仮定しています。

昼夜逆転している人は、ガス併用物件のほうが安く済む可能性が高いです。昼の電気代を高くして、夜は安くなるプランを採用している電力会社が大半だからです。

岩井さんのアイコン 岩井
オール電化を選ぶときは、自分のライフスタイルに合っているかどうか必ず確認してください。光熱費が多くかかると生活が苦しくなります。

オール電化で一人暮らしする3つのメリット

  • ・ガスの基本料金がかからない
  • ・IHコンロが安全で便利
  • ・災害時の復旧が早い

ガスの基本料金がかからない

お部屋ごとの基本料金の目安
種類 電気代 ガス代 合計
オール電化のみ 1,180円 - 1,180円
電気+都市ガス 1,144円 1,056円 2,200円
電気+LPガス 1,144円 1,817円 2,961円

※2023年4月11日現在

オール電化にすれば、ガス代の基本料金がかかりません。ガス代分を安く済ませられます。

2023年4月11日時点の各料金を表にまとめました。基本料金だけ見ると、オール電化は1,000~1,700円ほど安いです。

岩井さんのアイコン 岩井
実際の電気代やガス代は、使用した分に応じて金額が上乗せされます。浪費しすぎると、オール電化のほうが高くなる可能性があります。
計算条件や参考元
  • ・東京にある40Aのお部屋
  • ・オール電化は「スマートライフS」を契約
  • ・電気は東京電力「従量電灯B」を参考
  • ・都市ガスは東京ガス「ガス料金表」の一般契約料金B表を参考
  • ・プロパンガスは「プロパンガス料金の適正価格(2023)」を参考

IHコンロが安全で便利

IHコンロを使うメリット
  • ・ガスによる火災の心配がない
  • ・平面で掃除がラク
  • ・お湯が早く湧く
  • ・室温が上がりにくい
  • ・お部屋の空気が汚れにくい など

オール電化のお部屋だと、キッチンにはIHコンロが設置されています。IHコンロは安全で便利な点が多いです。

安全面で言うと、火災の心配がありません。電気だけでお湯を沸かすので、服などに火が燃え移る恐れがないです。

また、凹凸がなく掃除がラクです。布巾で一吹きするだけなので、キッチン周りの掃除を時短できます。

岩井さんのアイコン 岩井
注意点として、IHコンロ可の専用鍋やフライパンを用意しなければいけません。新生活の準備にお金がかかりやすいです。

災害時の復旧が早い

オール電化物件は、災害時の復旧が早いメリットもあります。ライフラインの復旧は、電気→水道→ガスの順番で進められるからです。

エコキュートのタンク内には水が入っていて、災害時に貴重となる水も確保できます。

オール電化で一人暮らしする5つのデメリット

  • ・日中の電気代が高め
  • ・引っ越し日当日はお湯が使えない
  • ・停電したらお湯を湧かせない
  • ・物件数がかなり少ない
  • ・貯湯タンクの定期メンテナンスが必要

日中の電気代が高め

オール電化で一人暮らしするデメリット(日中の電気代が高め)
出典:東京電力ホームページ

オール電化は、日中の電気料金が割高なのがデメリットです。お湯を沸かしておく夜間の電気料金を安くしているからです。

深夜0時までにお湯を使い切ると、沸かす直す必要がありさらに電気代がかかります。モニターでお湯の残量が確認できるので、1日の使用量を超えないように注意です。

物件数がかなり少ない

東京23区内のオール電化の物件数
ワンルーム 1K 1DK
300件 178件 31件

※徒歩15分以内、築20年以内で検索(2023年4月11日時点)

オール電化物件は、募集されている数がかなり少ないです。業者専用データベース「ATBB」で都内23区の物件数を調べたところ、ワンルームで300件、1Kで178件でした。

条件に「オール電化」を追加するだけで、お部屋探しの幅は急激に狭まります。豊富な物件数な中から探したいなら、オール電化にこだわりすぎないほうが良いです。

引っ越し日当日はお湯が使えない

オール電化物件へ引っ越しても、当日中はお湯を使えません。事前に電源を入れておかないと、エコキュートが稼働しないからです。引っ越し前に1度現地へ行く手間があります。

停電したらお湯を湧かせない

オール電化物件で停電になったら、復旧するまでお湯を湧かせません。調理や入浴ができなくなり、まともな生活を送れなくなります。

電気の復旧は早いですが、万が一に備えておくと安心です。ガスコンロやガスボンベは、入居時に用意しておきましょう

貯湯タンクの定期メンテナンスが必要

メンテナンスの種類や頻度例
  • ・貯湯タンクの水抜き(年に2~3回)
  • ・配管清掃(半年に1回)
  • ・逃がし弁点検(月に1回)
  • ・凍結防止確認(冬の間)

オール電化物件で一人暮らししたら、エコキュートのメンテナンスがかかせません。表には点検内容の一部をまとめました。

メンテナンスを怠ると、エコキュートの劣化が一気に進み故障しやすくなります。入居者に過失があると判断されれば、30万円以上の補修費用がかかります。

オール電化での一人暮らしに向いている人は?

オール電化の一人暮らしに向いている人の特徴

  • ・基本的に昼間は家にいない
  • ・日中は授業やバイトが多い大学生
  • ・お風呂は短時間のシャワーで済ませる
  • ・キッチン周りの掃除をラクにしたい
  • ・火事やガス漏れの心配を減らしたい
  • ・光熱費は多少高くても大丈夫

オール電化の一人暮らしに向いている人は、基本的に昼間は家にいない人です。日中に外出する社会人や学生などです。

電気代が高い時間帯をできるだけ避けられれば、料金は大きく上がりません。お風呂は短時間のシャワーで済ませる人にも向いています。

オール電化の一人暮らしに向いていない人の特徴

  • ・昼間に家で過ごす日が多い
  • ・家賃勤務などで昼夜逆転している人
  • ・お風呂はお湯貼ってゆっくり入りたい
  • ・IHコンロの稼働音が気になる
  • ・光熱費をできるだけ抑えたい

オール電化の一人暮らしに向いていないのは、主に昼間に家で過ごす人です。電気代が割高な時間帯なので、光熱費が上がりやすいです。

IHコンロはスイッチを付けると、キーンとした稼働音が鳴り続けます。慣れるのに2週間~1ヶ月かかるので、音が気になる人にも向いていません。

オール電化にすべきか迷ったら住まいのプロである不動産屋に相談してみる

「オール電化にすべきか迷う…」「結局どっちが良いの?」と悩んだら、住まいのプロである不動産屋に聞いてみると良いです。

ネット上の不動産屋「イエプラ」なら、一人暮らしのお部屋探しが得意な営業マンが多数在籍しています。お部屋探しから、生活費に関する悩みまで一括で相談できます。

やり取りはチャットやLINEで完結します。「オール電化物件ってどう?」「夜勤勤務だと光熱費が高く付く?」など、来店不要でアレコレ相談可能です。

物件は業者しか使えないデータベース「ATBB」「REINS」から探してくれます。スーモには載っていないお部屋もまるっと紹介できるので、未公開物件を知れるチャンスです。

一人暮らしバナー

オール電化の電気代を節約するコツ4選

  1. 電力会社と契約プランを見直す
  2. 極力夜間に電気を使用する
  3. エコキュートの省エネモードを利用する
  4. 電力会社の契約アンペア数を見直す

オール電化で一人暮らしするときのおすすめの節約方法を4つ紹介します。コツを踏まえて生活すれば、1ヶ月あたり2千円ほど節約できます。

①電力会社と契約プランを見直す

オール電化物件を借りるなら、電力会社と契約プランの見直しをしてみてください。2016年4月からの電力自由化により、賃貸物件でも電力会社を自由に選べます。

会社によって、基本料金・1kWhあたりの料金・プランなどが異なります。より安い新電力会社に切り替えましょう。おすすめの会社はのちほど紹介します。

▼おすすめの新電力会社を読む

②できるだけ夜間に電気を使用する

オール電化物件に住むなら、できるだけ夜間に電気を使用してください。1kwhあたりの価格は、日中と夜間で20円近くの差があります。

日中の電気の使用量を抑えるだけでも、月千円ほど節約できます。夜間タイマーで家電を動かしたり、省エネモードを活用すると良いです。

③エコキュートの省エネモードを利用する

メーカー 省エネ設定の運転モード
三菱電機 おまかせ
パナソニック おまかせ節約
ダイキン おまかせモード
コロナ おまかせ省エネ
東芝 おまかせ
日立 おまかせ節約

オール電化物件のエコキュートは、省エネモードに設定できるものがほとんどです。消費電力を抑えられるので電気代の節約に繋がります。

今からオール電化のお部屋に引っ越す人は、内見時にエコキュートのメーカーも確認しておきましょう。

④電力会社の契約アンペア数を見直す

アンペア数 基本料金の目安
30A 860円
40A 1,150円
50A 1,450円
60A 1,750円

オール電化物件のアンペア数が高かったら変更しましょう。60Aで案内する会社が多いですが、一人暮らしなら40Aで十分です。基本料金だけでも約500円の差が出ます。

同時に使う家電の合計アンペア数を確かめておくと良いです。A(アンペア)ではなくW(ワット)で性能が書かれているときは「100W=1A」で計算できます。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
スーモやホームズにない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶

おとり物件が少ないサイト3選のサムネイル
不動産屋の悪質な広告「おとり物件」が少ないサイト3選!
記事を読む ▶

オール電化で一人暮らしするなら電力会社をよく比較すべき【PR】

電力会社の変更で節約できる場合がある

電力会社ごとに料金プランや割引キャンペーンが異なります。自分のライフスタイルに合った新電力に乗り換えるべきです。

「どの電力会社が良いか分からない」「比較するのが面倒」という人には電力会社比較ナビがおすすめです。

電話相談だけで、生活リズムや地域に合わせて一番お得な電力会社を紹介してくれます。開通工事も不要なので、簡単に切り替えられます。

電力会社比較ナビのバナー

オール電化プランがあるおすすめの新電力会社

オール電化プラン名
Looopでんき スマートタイムS、スマートタイムONE
J:COM電力 お得タイム、季節別などのプラン
出光昭和シェルでんき オール電化プラン
CDエナジーダイレクト スマートでんき

オール電化プランを契約できる、おすすめの新電力会社を表にまとめました。時間帯別の料金単価が安いプランが多いです。

どの電力会社もホームページで料金シミュレーションが可能です。現在の電気代からどのくらい安くなるか確認してみてください。

岩井さんのアイコン 岩井
電力会社を切り替えるには、利用中の会社から届いている「検針票」が必要です。問い合わせる前に手元に用意しておきましょう。

▶おすすめの新電力会社の料金や特徴はこちら

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

お店に行かなくても「イエプラ」なら、アプリやLINEで希望を伝えてお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです。

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶一人暮らし向けのお部屋を探す
イエプラ_インスタ画像_修正_01
\深夜0時までチャット対応中!/
イエプラでお部屋を探す
follow us in feedly
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について