お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

新婚夫婦は1LDKだと狭い?子どもがいると生活できるの?

新婚で1LDKってせまい?のイメージイラスト

新婚夫婦で1LDKだと狭い?子どもが生まれても住めるの?といった疑問を解決します。

1LDKのおすすめレイアウトや新婚に人気の間取りランキングも紹介します。

新婚夫婦でこれからお部屋探しをする人はぜひ参考にしてください。

1LDKに向いている新婚夫婦の特徴

1LDKをおすすめできる新婚夫婦の特徴をまとめました。以下に当てはまる人は、1LDKでも快適に過ごせます。

  • ・一緒に居る時間がたくさんほしい
  • ・生活リズムが同じ
  • ・荷物が少ない、荷物を増やしたくない
  • ・最低限の家具家電のみ暮らせる
  • ・自分でメンタルケアができる

1LDKとは、居室が1つ+リビングダイニングキッチンが8畳以上の広さの間取りです。リビングは8畳以上の上限がなく、12畳や15畳などの広いお部屋もあります。

間取りは広いですが、荷物が多いと収納しきれません。また、2人以上で暮らす場合は、必要最低限の家具や家電しか置けません。

新婚夫婦で、同じ空間に一緒に居たい場合は1LDKがおすすめです。リビングにいる時や寝る時も一緒に居ることができます。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼メリットたくさん
・すべてチャットで完結(来店不要)
・スーモにない未公開物件も探せる
・0時まで営業で仕事終わりに使える
▶無料でお部屋を探してみる

1LDKに向いていない新婚夫婦の特徴

1LDKをおすすめしない新婚夫婦の特徴をまとめました。以下に当てはまる人は、1LDK以上のお部屋を選ぶと良いです。

  • ・生活リズムが異なる
  • ・1人の時間が欲しい
  • ・荷物が多い
  • ・大型家具や家電を置きたい
  • ・テレワークの機会が多い
  • ・2人以上の子どもが欲しい

どちらかが昼夜逆転しているなど、生活リズムが違う場合はストレスが溜まりやすくなるのでお勧めしません。

また、2人の荷物が多い、大型の家具や家電を置きたい人は1LDKはやめたほうが良いです。物があふれかえって室内が手狭になります。

1人になる時間を大事にしたい、ストレスがたまると周りに当たってしまうという人も不向きです。居室が2つ以上ある間取りにしましょう。

実際に1LDKで暮らしている夫婦の体験談

実際に1LDKに住んでいる夫婦の体験談をを紹介します。

満足している夫婦

夫婦で1LDKに住んで満足している夫婦の体験談です。

荷物が少ないから収納に困らない
男性のアイコン2人とも荷物が少ないので、1LDKでも十分暮らせました。ただ、いらないものや使わないものはすぐに捨てていたので、物があふれかえることもありませんでした。(30代前半)
家にいる時は常に一緒に居られた
女性のアイコン家に中では常に一緒に居たいので、1LDKにしました。ご飯食べる時や寝る時も一緒に居られるので最高です。(20代前半)

同じものをシェアしたり、同じ空間にずっといたい人は満足しているようです。

不満のある夫婦

実際に不満のある夫婦の体験談を集めました。

収納スペースが足りない
困り顔の男性のアイコン新婚で一緒に暮らしたのが1LDKでした。家具や家電は引っ越しを機に買い揃えましたが、それ以外の洋服や本などを持ち寄ったら、収納スペースが全然足りなくなって、結局実家に持って帰りました。(20代後半)
夫婦でも一人になれる場所は必要
困り顔の女性のアイコン在宅で仕事しています。旦那がいない時間帯はリビングでのんびり取り組めるけど、旦那が居ると気が散ってしまい、かと言って他にこもって仕事ができる部屋もないので、そういう点では苦労してます。(30代前半)

不満に感じている人は物が多くて収納スペースが足りなかったり、1人になれる場所が欲しいなどの意見がありました。

子どもがいても1LDKは大丈夫?

子どもが小学生未満の場合は、1LDKでも大丈夫です。むしろ、子どもから目を離さないほうが良いので、狭めの間取りのほうが良いです。

小学生以上の場合は、1LDKだと手狭に感じる人が多いです。子どもの荷物が増えるうえ、1人部屋が欲しいと駄々をこねるようになります。

なお、現在1LDKに入居中で、これから赤ちゃんが生まれるという夫婦は、そのまま住み続けたほうが良いです。

環境が変わると、母子ともにストレスで体調を崩す恐れがあるからです。子どもが生まれる旨の連絡を管理会社にしておきましょう。

以下で、1LDKで子育てするメリットとデメリットと体験談を紹介します。

1LDKで子育てするメリット

日中を過ごす場所がリビングになる1LDKなら、キッチンで家事しながらでも子どもを見守れます。LDK部分が広いので、大きなおもちゃも置けます。

また、共用スペースのLDKは自然に家族が集まるのでコミュニケーションがとりやすいです。

親の目が行き届く
女性のアイコンいつも目の届く範囲に子どもがいるので、安心して家事ができます。ハイハイするようになると思わぬところに移動したりするんですが、1LDKならヒヤっとすることもないです。(30代前半)

1LDKで子育てするデメリット

1LDKは基本的に単身者向けなので、夜泣きで住民から苦情が来ることもあります。また、ベビーベットやおむつなど子ども用品が増えると収納する場所に困ることもあります。

子どもが生まれるなら1LDKは向かない
困り顔の女性のアイコン1LDKに居住中に子どもが生まれまして、夜泣きで近所から苦情が入るようになってしまった。1LDKは単身向けの住宅なので、子どもの泣き声に耐性がない人が多かったみたい。(30代前半)

1LDKで子育てをする場合、親の目が届きやすいメリットがありますが、近隣の人に迷惑をっけてしまう可能性があります。

▶1LDKで子育てをするメリット・デメリットの詳細はこちら

子育てしやすい間取りを探すなら不動産屋に相談すべき

新婚夫婦の場合は、子どもが生まれるかもしれないことや、生活環境が大きく変わることを踏まえて、住まいのプロである不動産屋に相談したほうが良いお部屋が見つかります。

ネット上不動産屋の「イエプラ」なら、来店不要でチャットやLINEから気軽に相談できます。

仕事でなかなか時間が合わない新婚夫婦でも、家でゆっくりしているときに不動産屋に相談ができます。

SUUMOやHOMESには載っていない未公開物件もあるので選択肢が多く、希望にピッタリなお部屋が見つかりやすいです!

イエプラボタンバナー

1LDKのおすすめレイアウト

1LDKで暮らす新婚夫婦にオススメのレイアウトを紹介します。

アイテム数を絞ってシンプルにする

1LDKで新婚生活を送るなら必要最小限のアイテムを置いた、シンプルなレイアウトがおすすめです。

物が少ないことで、下の画像のようにLDK10畳程度のお部屋でも開放的に見え、生活動線も十分に確保できます。

アイテム数を絞ってシンプルにする
出典:a.flat

寝室はベッドや、クローゼットなど最小限のものに留めたレイアウトが良いです。

家具のテイストを統一したレイアウト
出典:Room Clip

家具のテイストを統一することでスタイリッシュに魅せられます。

荷物が多いなら壁面・ベッド下収納

壁面収納を使えば、お部屋をスッキリさせられます。本や雑貨を飾るように収納すれば、ただの収納家具ではなく、インテリアとして見せられます。

壁面収納でスッキリ見せるレイアウト例
出典:Pinterest

脚が高いベッドやソファを置いて、家具の下にカラーボックスなどを収納すると、デッドスペースがなくなります。

ベッド下のスペースを収納場所に使っている例
出典:1LDK二人暮らし.com

ベビーベッドは親のベッド横に置く

子どもが生まれた場合は、親のベッドの横にベビーベッドを置いて、いつでも抱っこができるようにしておくと安心です。

寝室にベビーベッドを置く
出典:家は明かりから。

ジョイントマットで区切る

少し大きくなって遊べるようになったら、リビングの一画をキッズスペースにするレイアウトがおすすめです。

リビングの一画をキッズスペースにする
出典:Pinterest

ジョイントマットなどを敷くことで、区切りの役目と安全の配慮の2つの役目を果たせます。

広々と過ごしたいなら2LDKがおすすめ

広々とした空間が欲しい、子どもが生まれても住み続けたいという夫婦は「2LDK」がおすすめです。

居室が2つ以上あるので、夫婦の寝室と子ども部屋として使い分けられます。

以下で、2LDKで子育てするメリットとデメリットと体験談を紹介します。

2LDKで子育てするメリット

居室が2つあるので、夜泣きがひどいときでも旦那さんは別のお部屋で休めます。1LDKよりも収納スペースが多いので、子ども用品が増えても収納に困りません。

泣く理由がよくわからない赤ちゃんも、お部屋を移動して景色を変えてあげれば泣きやむこともあります。

2LDKよりも家賃が低めなので、2つ居室が欲しいけど2LDKの家賃が高くて予算オーバーの場合にもおすすめです。

生活サイクルが違っても安心
男性のアイコン2LDKは洋室が2つあるので、仕事で疲れててもゆっくり休めました。生後半年頃までは夜泣きがひどかったので、部屋が2つあってよかったと心底思いました。(30代前半)

2LDKで子育てするデメリット

間取りによっては、家事をしている間に子どもの様子が見られません。

1歳を過ぎると歩き始める赤ちゃんも多いので、2LDKで子育てする場合は目を離さないようしたり、ベビーサークルで囲いを作って動きを制限するなどの工夫が必要です。

キッチンから居室が見えない
困り顔の女性のアイコン間取り上、キッチンで料理をしていると子どもが何しているのかわからないのでやっぱり不安です。かといって、キッチンで遊ばせるわけにもいかず…。(20代後半)

また、2LDKは家賃が高めです。収入に余裕がないと、入居審査に通ることすらできません。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
スーモやホームズにない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶

おとり物件が少ないサイト3選のサムネイル
不動産屋の悪質な広告「おとり物件」が少ないサイト3選!
記事を読む ▶

新婚に人気の間取りランキング

みんなのウェディング×HOME’S調べ「みんなの新居選びアンケート」の新婚に人気の間取りランキングによると、1位が2LDKで、1LDKは2位です。

順位 間取り
1位 2LDK
2位 1LDK
3位 2DK

2LDKは、リビングと寝室以外にもうひと部屋、趣味や収納に使える部屋ができるので、新婚夫婦に人気です。

子どもが生まれても余裕があります。最初から2LDKに住む夫婦も少なくありません。

まだ子どもが生まれていない新婚夫婦なら1LDKでも十分と考える人も多いです。

2LDKに比べて家賃も安いので、将来マイホームを考えている夫婦は1LDKに住むのもありです。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

お店に行かなくても「イエプラ」なら、アプリやLINEで希望を伝えてお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです。

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶ 同棲向けのお部屋を探す
follow us in feedly
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について