お部屋探しのコツや知識まとめブログ|イエプラコラム
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

賃貸物件の電力会社は決まってるの?新電力会社で契約できる?

賃貸の電力会社は決まってる?のアイキャッチイラスト

賃貸物件の電力会社は決まってるの?
勝手に電力会社を変更してもいい?

2016年4月の「電力自由化」により、地域電力会社以外と契約が可能です。プランによっては、従来よりも電気代を抑えられたり、会社独自の特典があります。

しかし、賃貸アパートやマンションは、あくまで借りているお部屋です。自分で勝手に電気会社を変更していいのか不安になりますよね。

そこで当記事では、賃貸物件の電力会社は決まってるのかを解説します。新電力会社を契約する際の流れや注意点もあります。ぜひ参考にしてください。

賃貸物件の電力会社は決まってるの?

基本的にお部屋ごとに好きな電力会社を契約できる

ほとんどの賃貸物件では、お部屋ごとに個別で電気代を支払います。自分の好きな電力会社と契約が可能です。

見分けるポイントは「お部屋ごとの電気―メーターがあるか」「個別に電気代の明細が来ているか」です。両方ともクリアしているなら、賃貸物件でも電気会社を変更できます。

電力会社が決まっている2つのパターン

物件1棟ごとでの一括契約

高圧一択受電契約のキュービクル

「高圧一択受電契約」で建物1棟ごとで契約している物件は、電力会社が決まっています。

物件の敷地内に、画像のようなキュービクルが設置されている場合は、高圧一択受電契約の可能性が高いです。わからない場合は、不動産屋に確認してもらいましょう。

大家さんが直接電気代を支払っている

シェアハウスのように大家さんや管理会社が電気代を一括で支払っている物件は、電気会社が決まっています。入居者全員で電気代を割って支払います。

まれに「定期借家契約」の賃貸でも、大家さんが電気会社と契約しているので変更できない場合があります。

事前に相談すれば不動産屋が確認してくれる

賃貸物件の電力会社を変更したいと考えている人は、事前に不動産屋に確認しておくと良いです。わからない場合は、管理会社に問い合わせて確認してくれます。

当サイトが運営するネット上の不動産屋「イエプラ」は、来店不要でチャットやLINEから気軽に相談が可能です。スタッフが手動で返信しているので、電力以外の相談もできます。

業者専用のデータベース「ATBB」を使っているので、ほかサイトの物件もまとめて確認してもらえます。ぜひ一度試してみてください。

賃貸物件の電力会社を変更する際の流れ

  • STEP1

    新電力会社を探す

    自分のライフプランにあった新電力会社を探しましょう。各会社の公式サイトにある、料金シミュレーションを使うと良いです。

  • STEP2

    新電力会社で新規申し込み

    自分に合う新電力会社が見つかったら、新規申し込みをしましょう。ほとんどの電気会社は、web申し込み可能です。

    契約中の電力会社への解約手続きはしなくて良いです。申し込みした電力会社がまとめて手続きしてくれます。

  • STEP3

    スマートメーターの設置日時の調整

    スマートメーターの交換日時の調整をおこないます。当日の立会いは不要なケースが多いです。

  • STEP4

    新電力会社での電気使用スタート

    スマートメーターの取付完了の案内が届いたら、新電力会社での電気使用スタートです。

引っ越し時も入居後の切り替えも、基本的には同じ流れです。申し込みをすれば、新電力会社が主体で契約手続きを進めてくれます。スマートメータの取り換え費用も掛かりません。

賃貸物件の電力会社を変更する際の注意点

  • ・地域電力会社より安くなっているか確認
  • ・解約時の違約金がないか
  • ・契約期間が長すぎないか
  • ・気になる会社が新電力から撤退しないか

地域電力会社より安くなっているか確認

地域電力会社より、電気代が安くなっているか確認してください。公式サイトのシミュレーションを使って、金額目安を出すと確実です。

新電力会社の中には、電気使用量が多いと地域電力会社より高くなるケースがあります。

解約時の違約金がないか

解約時の違約金について、確認しておきましょう。「1年での解約は違約金〇万円」「解約時は一律〇万円の違約金あり」などの記載があれば、避けたほうが良いです。

契約期間が長すぎないか

契約期間は、電気会社によってバラバラです。一般的には「1年」もしくは「2年」の自動更新です。

まれに、5年以上の長期プランがあります。長期間のプランは割引率が高めですが、契約期間中は引っ越し出来ないなどのリスクもあるので注意してください。

気になる会社が新電力から撤退しないか

新電力会社は、倒産や電力事業からの撤退が入る可能性がゼロではありません。売上が見込めない場合、契約の続行ができない可能性があります。

気になる会社が電力事業に参入してから実績があるか、ネット上で調べておいた方が良いです。なお、事業撤退後でも、すぐに電気が使えなくなるわけではありません。

仲介手数料基本0円のネット不動産屋
「イエプラ」は
仲介手数料基本0円
イエプラの特徴
  • 仲介手数料が基本0円
  • 上場企業運営で安心
  • 来店不要でお部屋を探せる

賃貸物件の電力会社を選ぶ際のポイント

電気使用量が少ないなら割引率で判断

電気使用量が少ないなら、地域電力会社の金額から一定の割引がある新電力会社を選ぶと良いです。

東京に住んでいるのであれば、東京電力の基本料金858円・従量料金19.88円(~120kWh)より、設定価格が安いところにしましょう。

電気使用量が多いなら基本料金0円がおすすめ

電気使用量が多いなら基本料金0円がおすすめです。アンペア数が大きくなったとしても、基本料金なしです。電気を使った分の金額のみ請求されます。

目安は40A以上のファミリーです。40A以上は、基本料金が千円以上かかります。

賃貸物件の電力会社についてのよくある質問

賃貸の電力会社はどこでもいいの?

供給エリアに対応している電力会社であれば、どこでも大丈夫です。

▲よくある質問に戻る

賃貸の電力会社は勝手に変更していい?

お部屋ごとの契約であれば、電力会社は勝手に変更していいです。

▲よくある質問に戻る

賃貸で電力会社指定と言われたのはなぜ?

大家さんが一括で契約しているか、付帯サービスなどでメリットがあるので電力会社を指定している可能性があります。

賃貸契約書に「電気は〇〇会社での契約」と明記あった場合は、電力会社を変更できません。

▲よくある質問に戻る

電力会社変更時にお金はかかる?

電力会社変更時にお金はかかりません。スマートメーターの取り付けも無料です。

▲よくある質問に戻る

電力会社って何回変更してもいい?

電力会社は何度変更してもいいです。電力自由化の法律でも、回数制限はありません。

思ったより電気代が安くならなかった、他にいいプランの会社が見つかったなど、変更する理由は何でも大丈夫です。

▲よくある質問に戻る

賃貸のガス会社も自分で変更していい?

都市ガスのお部屋であれば、自分でガス会社を変更していいです。

電気と同じく「ガスの自由化」が始まっており、都市ガス供給エリア内であれば自由に選べます。電気とガスを同じ会社にすれば、セット割を受けられるケースもあります。

関連記事
賃貸はガス会社が決まってる?変更できるケースは?のアイキャッチ
賃貸はガス会社が決まってる?変更できるケースは?
記事を読む ▶

▲よくある質問に戻る

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

当サイト運営の「イエプラ」なら、わざわざお店に行かなくてもLINEで希望を伝えてお部屋を探せます!

さらに、イエプラは仲介手数料が基本0円です。およそ家賃1ヶ月分の初期費用をまるっと節約できます。

家賃によっては10万円以上も安くなるので、浮いたお金で新生活の家具家電を揃えられます。費用を抑えて引っ越したい人は、ぜひ利用してみてください。

仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトはこちら
follow us in feedly
仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトへ
仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトへ
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について