お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

大型シェアハウスに住んだ人の感想や評判・メリットデメリットを大公開!

大型シェアハウスのイメージイラスト

大型シェアハウスに実際に住んでいた人の感想や評判などをご紹介します。

普通のシェアハウスとは違うメリット・デメリットなども解説するので、検討している人は、ぜひ参考にしてください!

この記事は、以下のシェアハウスサイトの部屋情報を確認した結果をもとに解説しています。

・オークハウス
・ひつじ不動産
・ソーシャルアパートメント
・ボーダレスハウス

大型シェアハウスとは

大型シェアハウスとは、住民数が多く、普通のシェアハウスよりも規模が大きいシェアハウスのことです。

物件によって異なりますが、以下のような特徴があります。

  • ・住民が20~100人
  • ・共有リビングが広い
  • ・ジムなど豪華な設備がある
  • ・個室タイプが多い

大型シェアハウスは、元々社員寮だった物件を改造していることが多いです。

そのためリビングが広く、個室もやや広めの物件が多いです。

大型シェアハウス特有の共有設備

普通のシェアハウスにはない、大型シェアハウス特有の設備の一例を紹介します。

シアタールーム ジム
大型シェアハウスのシアタールーム 大型シェアハウスのジム
防音室 浴室
大型シェアハウスの防音室 大型シェアハウスの浴室
勉強/PCルーム ソーシャルスタジオ
勉強/PCルーム ソーシャルスタジオ
喫煙所 パウダールーム
喫煙所 パウダールーム

出典:OAKHOUSE
 

普通のシェアハウスとの違い

大型シェアハウスと普通のシェアハウスの違いを、表にまとめました。どちらにすべきか迷っている人は参考にして下さい。

大型
シェアハウス
普通の
シェアハウス
入居者数 20~100人 4~20人
家賃 55,000円~80,000円 40,000~60,000円
共有設備 キッチン、トイレ、テレビ、洗濯機、乾燥機、シャワー、浴室、シアタールーム、喫煙所、ジム、防音室、パウダールームなど キッチン、トイレ、テレビ、洗濯機、乾燥機、シャワー

大型シェアハウスは、普通のシェアハウスよりも家賃がやや高めです。

しかし、普通のシェアハウスには無いような豪華な設備が揃っています。

中には入居者が100人以上もいる超大型物件もあるので、交流を求めている人にはうってつけの場所です。

家賃や費用をできるだけ抑えたい人は、普通のシェアハウスがおすすめです!

家賃が3万円台の「クロスハウス」のシェアハウスが人気です。

クロスハウスバナー

大型シェアハウスの評判・口コミ

大型シェアハウスの評判や口コミを調べた結果、良い意見や悪い意見がありました。

実際に、大型シェアハウスに住んでいる人の口コミをいくつか紹介します。

交流の多さや、掃除をしなくてもいい点が好評でした。

一方で、ものを勝手に使われたり、共有設備が混み合うといったデメリットを挙げる人もいました。

大型シェアハウスのメリット

メリットのイメージイラスト
大型シェアハウスに住むメリットは、交流の多さと設備の豪華さです。特にシェアハウスに交流を求めている人には打ってつけの場所です。

以下で紹介する4つのメリットが魅力的だと感じる人は、大型シェアハウスが向いています。

  • ・多くの人と交流ができる
  • ・イベントが多い
  • ・普通のシェアハウスにはない設備がある
  • ・清掃業者の巡回頻度が高い

多くの人と交流ができる

大型シェアハウスは、普通のシェアハウスよりも入居者の数が多いです。そのため、より多くの人と交流できます。

中には外国人入居者が多いシェアハウスもあるので、多国籍の人と交流できます。

大型シェアハウスにある広いラウンジでは、たくさんの人と交流できるため好評です。

イベントが多い

大型シェアハウスは、季節のイベントやバーベキューなどが多いです。他のシェアハウスとの交流会を開催することもあります。

普通のシェアハウスは物件が狭く、あまり大規模なイベントはありません。

多くの人達と楽しいイベントで盛り上がりたいという人には、大型シェアハウス向きです。

普通のシェアハウスにはない設備がある

ジムやシアタールームなど、普通のシェアハウスにはない豪華な設備があるのも、大きなメリットです。

設備利用料はかからないので、スポーツジムなどに通わなくても気軽に利用できます。

また、普通のシェアハウスは全室禁煙ですが、大型シェアハウスには喫煙所が設けられていることが多いです。

立地が良い場所に住みながら便利な設備を使いたい人や、喫煙者の人は大型シェアハウスがおすすめです。

清掃業者の巡回頻度が高い

大型シェアハウスでは、基本的にほぼ毎日専門業者による清掃が入ります。

そのため、普通のシェアハウスのように住民達で物件内を清掃する必要がありません。

水回りの清掃をするのが面倒、なるべく綺麗なシェアハウスに住みたいという人は大型シェアハウス向きです。

大型シェアハウスのデメリット

デメリットのイメージイラスト
大型シェアハウスに住むデメリットは、家賃の高さです。なるべく安く引っ越したい人は、普通のシェアハウスに住んだ方が良いです。

以下で紹介する5つのデメリットが負担に思う人は、大型シェアハウスは避けるべきです。

  • ・家賃が高い
  • ・室内の移動距離が長い
  • ・人間関係が面倒
  • ・生活音が気になる
  • ・好きな時に共有設備を使えない

家賃が高い

大型シェアハウスは、普通のシェアハウスに比べて家賃がやや高めです。

都内の特にシェアハウスが多い区で、家賃相場を比較しました。

大型
シェアハウス
普通の
シェアハウス
都内平均 67,980円 58,540円
大田区 68,200円 60,000円
板橋区 66,000円 55,700円
台東区 68,100円 54,900円
練馬区 61,700円 50,400円
杉並区 78,100円 71,700円

設備が豪華で敷地が広い分、普通のシェアハウスよりも約7,000~10,000円高いです。

特に都心の渋谷区や港区では、10万円以上の大型シェアハウスもあります。

シェアハウスに安さを求めている人は、大型シェアハウスは避けた方が良いです。

室内の移動距離が長い

大型シェアハウスは敷地が広いため、玄関から自分の居室までの移動距離が長いです。

また、場所によってはトイレやキッチンまでの距離も長いです。人によっては面倒で苦痛に感じてしまいます。

特に女性で、すっぴんで廊下を歩くことに抵抗がある人は大変です。リビングまで行くのも面倒に感じます。

人間関係が面倒

大型シェアハウスは、普通のシェアハウスよりも住民と接する機会多いです。しかし、人見知りで内向的な人にはデメリットです。

入居したての場合は自己紹介する機会があったり、歓迎会があるなど、人によっては面倒に感じてしまいます。

シェアハウスに人との交流を求めていない人は、大型シェアハウスは合いません。

話し声や生活音が気になる

話し声がうるさくて困っている人のイラスト
普通のシェアハウス同様、大型シェアハウスでも音が響きやすいです。そのため騒音トラブルが起きています。

また、大型シェアハウスはパーティーなどのイベントが多いため、夜中まで声が響くことがあります。

リビングの真上のお部屋や階段の近くのお部屋は特に音が響きやすいです。生活音や話し声がどうしても気になる人はストレスが溜まってしまいます。

好きな時に共有設備を使えない

シャワーやキッチン、洗濯機など、共用設備の数が住民の数に見合っていないと、確実に混み合います。

特に洗濯機や乾燥機は、土日や平日の夜に利用が集中します。

自分の好きな時に共有設備が使えないとストレスが溜まるという人は、大型シェアハウスには向いていません。

それでも大型シェアハウスに住みたい人は、設備数が十分かどうか確認しましょう。

大型シェアハウスが合っている人

大型シェアハウスでの生活が合っている人の特徴は、以下の4つです。

複数当てはまらない場合、住んでもストレスが溜まってしまいます。普通のシェアハウスを探しましょう。

  • ・みんなで騒ぐのが好き
  • ・豪華な設備を使いたい
  • ・掃除するのが面倒
  • ・多少家賃が高くても大丈夫

シェアハウスに交流を求めている人や、大勢で楽しく暮らしたい人には大型シェアハウスがおすすめです。

パーティーやバーベキューなどのイベントが定期的に開催されているので、寂しい思いをしたくない人にもおすすめです。

逆に、とにかく安い物件に住みたい人やコミュニケーションが苦手な人、神経質な人は普通のシェアハウスの方が良いです。

大型シェアハウスを探す方法

大型シェアハウスに絞ってお部屋を探すには、大型シェアハウスを取り扱っているサイトで調べるのがおすすめです。

シェアハウスサイト「オークハウス」は、「ソーシャルレジデンス」として大型シェアハウスを取り扱っています。

ジムや防音室などの豪華な設備の他、おしゃれで広々とした内装が魅力的な物件が多いです。オークハウス主催のイベントも多く開催されています。

サイトでは、イベントの様子や入居者の写真が豊富に掲載されています。また、入居者の男女比や国籍もわかるため、物件内の雰囲気が分かりやすいです。

実際の物件例

実際にある「オークハウス」の大型シェアハウスを紹介します。

家賃や設置設備も記載するので、是非参考にして下さい。

ソーシャルレジデンス大島

ソーシャルレジデンス大島
出典:OAKHOUSE

家賃 50,000円~
共用設備 大型キッチン、トイレ、シャワー、乾燥機、大型ラウンジ、防音室、喫煙所、ライブラリ、宅配ボックス、パウダールーム、光回線
各部屋 エアコン、冷蔵庫、机、椅子、トイレ、浴室、セミダブルベッド、コンセント、室内物干、個別ポスト

ソーシャルレジデンス大島は、東大島駅徒歩6分の駅近物件です。音楽ラウンジやライブラリーなどがあり、文化を通じて交流することを目的にしています。

また、女性専用のパウダールームや広々としたキッチンもあり、設備の数も問題ありません。

ソーシャルレジデンス東小金井

ソーシャルレジデンス東小金井の物件写真
出典:OAKHOUSE

家賃 53,000~56,000円
共用設備 キッチン、トイレ、シャワー、浴室、乾燥機、ラウンジ、防音室、喫煙所、マルチスタジオ、ライブラリ、シアタールーム、コワーキングスペース、コート
各部屋 エアコン、冷蔵庫、机、椅子、トイレ、浴室、ベッド、収納、コンセント

ソーシャルレジデンス東小金井は、自然豊かな郊外に佇むシェアハウスです。大型物件でありながら、家賃は約5万円代とリーズナブルです。

ダンス、ヨガ、卓球、ビリヤードができる設備や、さらに屋外コートもあるため、住民みんなで楽しめます。

入居者の約50%が外国人なので、国際交流したい人にもおすすめのシェアハウスです。

初期費用を抑えられるシェアハウスなら「クロスハウス」がおすすめ

初期費用が「たったの3万円から」と、リーズナブルなクロスハウスが最もおすすめです!

まとまったお金が用意できなくても簡単にシェアハウスで新生活が始められます。

全室個室なのでプライベート空間を大事にしたい人にも向いています。

業界初の「物件の無料移動サービス」があり、住み始めたシェアハウスに馴染めなくても、気軽に別の物件に移動できるのも魅力です!

クロスハウスバナー
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について