お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

一人暮らしでセミダブルベッド置くと狭い?丁度良いサイズのベッドは?

セミダブルベッドで寝る女の子のイラスト

一人暮らしにセミダブルベッドは大きい?シングルベッドとどっちがいいの?といった疑問を解決します。

セミダブルベッドとシングルベッドを置いた広さの比較やセミダブルベッドを置いたレイアウトを写真付きで解説します。

一人暮らしにセミダブルはあり?

セミダブルベッドは、荷物が少ない、体格の大きい人や広々と眠りたい人におすすめです。

セミダブルベッドは「ダブル」が名前にありますが、一人用のベッドです。

シングルベッドのサイズが横100㎝×縦195㎝に対して、セミダブルベッドは横120㎝×縦195㎝なので、横幅が120㎝ほどしか変わりません。

ベッドサイズの早見表

一般的なベッドサイズの早見表を作成したので、どれくらいの大きさのベッドを買うべきかの参考にしてください。

ベッドサイズ
セミシングル 約80cm×195cm
シングル 約100cm×195cm
セミダブル 約120cm×195cm
ダブルベッド 約140cm×195cm

身長が165㎝以下の人や小柄な人は、シングルベッドでも十分に余裕があります。

スポーツをしていて体格の大きい男性や寝相が悪い、よく寝返りを打つ人は、シングルベッドだと窮屈に感じるのでセミダブルベッドがおすすめです。

ダブルベッドは二人用のベッドサイズなので、一人暮らし向けの4畳~7畳のお部屋に置くと、かなり狭く感じます。

セミダブルベッドに向いている人

セミダブルベッドに向いている人を詳しく紹介します。

  • ・1日の肺活量が少ない人
  • ・体格の良い人
  • ・睡眠の質にこだわっている人

1日の肺活量が少ない人

日中あまり動かない人でも、一晩で20~30回ほど寝返りを打つので広いベッドのほうが寝返りしやすいです。

なので肺活量の低い人も、寝返りを打つことで血行不良の防止にもなります。

体格の良い人

体格の良い人は、セミダブルベッドだと寝返りも打てるので、寝やすいです。

シングルベッドの場合、窮屈に寝たり、体の一部がはみ出てしまうことがあります。

その場合、疲労が取れなかったり体を冷やしてしまうなどで睡眠不足につながります。

睡眠の質にこだわっている人

狭い空間での睡眠は、逆に疲れやストレスが溜まりやすいです。

質の良い睡眠をとりたい人はセミダブルベッドにすべきです。

睡眠の質を上げることで、体と脳がしっかりと休まるので免疫力や仕事などの効率が上がると言われています。

お部屋を広く使うならシングルベッドが良い

仕事や趣味のスペースをお部屋に作りたい、荷物が多い人などはシングルベッドが良いです。

セミダブルベッドを置いてしまうと、お部屋のスペースが多く持っていかれます。そのため、残りのスペースが狭くなってしまいます。

シングルベッドの場合は、ベッドがコンパクトなのでお部屋に余裕ができるので、人を呼びやすいです。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める

シングルベッドとセミダブルを置いた広さ比較

「カリモク60」を使って、一人暮らし向けの5畳・6畳・7畳のお部屋に原寸サイズのシングルベッドとセミダブルベッドと置いた場合の、広さ比較を紹介します。

配置している家具
  • ・ベッド
  • ・テレビボード(横幅120㎝)
  • ・壁面タンス(横幅120㎝)
  • ・ローテーブル横幅90㎝
  • ・ラグ(180㎝×140㎝)

家具は上記の最低限の家具しか配置していないので、あくまでも目安です。

5畳はシングルベッドのほうが良い

5畳のお部屋にセミダブルベッドを置くと、壁面タンスや本棚などの大型家具が起きにくくなります。物が多い人はシングルベッドのほうが良いです。

シングルベッド セミダブルベッド
5畳にシングルベッドを置いた家具配置例 5畳にセミダブルベッドを置いた家具配置例

5畳のお部屋にセミダブルベッドを配置すると、ほかの家具との距離が近いのでかなり圧迫感を感じます。スペースも少ないので人をお部屋に招き入れるのも難しいです。

荷物がほとんどない、家には寝に帰るだけという人であれば、セミダブルベッドを置いても問題なく生活できます。

家具が少ないなら6畳で背にダブルを置ける

家具が少ないなら6畳のお部屋にセミダブルベッドを置いても、空間に余裕があるので生活しやすいです。

シングルベッド セミダブルベッド
6畳にシングルベッドを置いた家具配置例 6畳にセミダブルベッドを置いた家具配置例

荷物が多い人は6畳のお部屋にセミダブルベッドを置くと狭く感じます。どうしても置きたい場合は、ベッドの下に収納スペースが付いている物がおすすめです。

収納スペース付きのベッドならお部屋が片付いて見えます。

7畳ならセミダブルベッドを置いても余裕

7畳のお部屋で一人暮らしする人は、セミダブルベッドを置いても空間に余裕があるので本棚などが置けるスペースがあります。

シングルベッド セミダブルベッド
7畳にシングルベッドを置いた家具配置例 7畳にセミダブルベッドを置いた家具配置例

7畳のお部屋の場合、追加で家具を置いてもスペースに余裕があるので、広々と生活できす。

また、お部屋が広い分レイアウトの幅が広がるので、棚を使ってお部屋の中を2分割するようなレイアウトも楽しめます。

実際に一人暮らしでセミダブルベッドを置いている人の声

実際に一人暮らしでセミダブルベッドを置いている人に、聞いてみました。

快適に寝られる
男性のアイコン体が大きく、寝相も悪いのでセミダブルに買い替えました。お部屋のスペースは、少し狭く感じるけど寝心地が良いので寝不足が解消されました。(20代前半)
ベッドの上が快適
女性のアイコン休みの日はとにかくゴロゴロしたいので大きいベッドのほうが快適に過ごせます。クッションや抱き枕を置いてもベッドの上は広いので常に寝転がっています。(20代前半)
お部屋のスペースが狭く感じる
困り顔の男性のアイコン引っ越すタイミングで快適に寝たいと思ったのでセミダブルベッドを買いました。お部屋は7畳あるの大丈夫だと思っていましたが、荷物が多いので今はとても狭く感じます。(20代後半)

ベッドが大きいと快適に眠れるというメリットがありますが、お部屋の中が窮屈になるというデメリットがあるようです。

家に帰っても寝るだけ、基本ベッドの上で過ごすことが多い、荷物が少ないという人は、セミダブルベッドを置いても快適に過ごせます。

逆にセミダブルベッドを置くと、荷物が多い、本棚やソファーなどの大型家具を置きたい、趣味や仕事のスペースが欲しい人には邪魔に感じます。

一人暮らしのお部屋にセミダブルのベッドを置いたレイアウト例

一人暮らしのお部屋にセミダブルベッドを配置している人の、レイアウト実例を紹介します。

セミダブルベッドを購入する予定で、どんなレイアウトにしようか迷っている人は参考にしてみてください。

セミダブルベッドをソファーとしても活用する

セミダブルベッドをソファーとして活用している

出典:オウチーノニュース

狭いお部屋にセミダブルベッドを置くと、スペースがなくなりがちです。その場合は、ベッド兼ソファーで使用すると良いです。

ソファーやいすを置かないことでスペースを確保でき、お部屋を広く感じられます。

最低限の家具で空間を広めに確保

最低限の家具で空間を広めに確保したレイアウト
出典:a.flat

ベッド・デスク・大型の棚を1つという、最低限の家具しかない人は、セミダブルベッドを配置してもお部屋の中がかなり広々とします。

お部屋の中に物を出したくない人は、ベッド下に収納スペースが付いているタイプのものにしましょう。

ちなみに、クローゼットや押入れが広めなお部屋の場合は、ある程度荷物を全部しまい込めるので、かなりお部屋が広くなります。

小さめのソファーを配置したレイアウト

小さめのソファーを配置したレイアウト
出典:RoomClip

画像のお部屋は7.5畳ほどですが、セミダブルベッドとソファーを配置したレイアウトができています。

その他の家具は、小型のPCデスク・テレビボード・ベッドサイドテーブルなどの高さがあまりないもので固めているので、お部屋の中がすっきりとしています。

壁一面に大型家具を配置

壁一面に大型家具を配置したレイアウト
出典:RoomClip

衣類などの荷物が多い人は、セミダブルベッドの対面側の壁1面に大型家具をキレイに配置しましょう。床が見える範囲が多少広く、お部屋の圧迫感が軽減されます。

また、壁や天井と同じ色の家具でそろえると、広く見せられる効果があります。

テレビを置きたい人は、テレビボードではなく背が低めのチェストの上に置けば、収納スペースを多めに確保できます。

ロフトタイプのセミダブルベッドを配置

出典:楽天市場

ロフトタイプのセミダブルベッドを配置した場合、ベッド下にテレビボードやソファーを置いたり、クローゼット代わりのスペースとして活用できるので、お部屋の中が広々とします。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶一人暮らし向けのお部屋を探す
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について