お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

生活費10万円で一人暮らしできる?毎月の出費を抑えるための節約術を大公開!

月10万円で一人暮らしできる?のアイキャッチイラスト

生活費10万円で一人暮らしできる?
どうすれば月10万円に収められるの?

一人暮らしって憧れますよね!親に干渉されない、自分だけの空間、時間も自由に使えるなど、一人暮らしのメリットが沢山あります。

しかし、一人暮らしは全て自己管理です。家賃や水道光熱費など、毎月の生活費を考えなければいけません。収入が少ないとやりくりが大変です…。

そこで当記事では、月10万円の生活費で一人暮らしできるのか、実際にしている人はいるのかを紹介します。一人暮らし向けの生活費節約方法もあるので、ぜひ参考にしてください。

監修 岩井 勇太
ファイナンシャル・プランナー
宅地建物取引士

日本FP協会認定のFP。お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。

月の生活費10万円で一人暮らしはできる?

家賃を除く生活費10万円なら一人暮らしできる

全国平均 生活費10万円の場合
食費 38,410円 30,000円
水道光熱費 11,383円 10,000円
家具・家事用品 5,687円 4,000円
被服及び履物 4,606円 4,000円
保健医療 7,625円 5,000円
交通・通信 18,856円 10,000円
教養娯楽費 17,106円 15,000円
その他の支出 29,251円 15,000円
支出合計 132,930円 93,000円

※全国平均は統計局の「家計調査2021年度(表番号1)」参照

家賃を除く生活費が10万円であれば一人暮らしは可能です。上記は、全国平均と、月10万円で生活する場合の支出例を比較したものです。

食費や光熱費、娯楽費など各項目で節約を徹底しなければいけません。贅沢は一切できないので、休日に友人と外に遊びに行くこともままならない生活になります。

なお、その他の支出は必ず確保してください。仕事に関する雑費・理髪用品・冠婚葬祭費などの費用が必要になるからです。

家賃込みの生活費なら地方でないと一人暮らしできない

家賃 30,000円
食費 27,000円
水道光熱費 8,000円
家具・家事用品 3,000円
被服及び履物 3,000円
保健医療 3,000円
交通・通信 8,000円
教養娯楽費 10,000円
その他の支出 8,000円
支出合計 100,000円

家賃込みの生活費が10万円であれば、物価が安い地方住みでないと一人暮らしはできません。

全国平均よりもさらに節約しなければいけないので、毎月のやりくりが厳しいです。賄い付きの仕事を探すなど、上手く支出を抑える必要があります。

東京近郊なら家賃込みで最低15万円は必要

家賃 50,000円
食費 32,000円
水道光熱費 11,000円
家具・家事用品 4,000円
被服及び履物 4,000円
保健医療 5,000円
交通・通信 10,000円
教養娯楽費 15,000円
その他の支出 15,000円
支出合計 146,000円

東京近郊で一人暮らしをする場合は、物価が高いので家賃込で15万円はないと一人暮らしできません。

家賃だけではなく、食費や光熱費、衣類などその他の金額も地方よりは高いと考えておいた方が良いです。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼メリットたくさん
・すべてチャットで完結(来店不要)
・スーモにない未公開物件も探せる
・0時まで営業で仕事終わりに使える
▶無料でお部屋を探してみる

10万円で一人暮らししている人の生活費実例

Twitter上で月10万円で一人暮らししている人の生活費実例を集めてみました。どの人も、無駄遣いは一切せず必要最低限の出費のみです。

節約は当たり前、お金のかかる趣味はやめる、自分の支出を記録してログを残すなど、お金を使わないように意識することが大切です。

生活費10万円で一人暮らしするなら家賃は限界まで抑えるべき

家賃目安は手取りの4分の1

手取り額 3分の1の家賃目安 4分の1の家賃目安
13万円 約43,000円 約32,000円
14万円 約46,000円 約35,000円
15万円 約50,000円 約37,000円
16万円 約53,000円 約40,000円
17万円 約57,000円 約42,000円
18万円 約60,000円 約45,000円
19万円 約63,000円 約47,000円
20万円 約67,000円 約50,000円
21万円 約70,000円 約52,000円

一般的な家賃目安は手取りの3分の1ですが、月10万円で生活するなら家賃目安を手取りの4分の1にしましょう。

家賃は毎月の固定費です。1度決めると、金額の変動がほぼありません。そのため、最初から安いお部屋を選ばないと支出が多くなります。

希望条件はギリギリまで妥協すべき

安いお部屋を探すときの条件
  • ・駅徒歩20分以内
  • ・築年数指定なし
  • ・エアコン付き
  • ・都市ガス

安いお部屋を探すためには、希望条件はギリギリまで妥協すべきです。予算と住みたいエリア以外は、条件を上記の4つにしてください。

駅徒歩は緩和するほど人気が下がるので安くなります。築年数は、リフォーム済のお部屋があるので指定しないほうがお得です。

都市ガスは家賃に関係ありませんが、水道光熱費が安くなります。ガス代がプロパンの半額ほどで済みます。

安すぎるお部屋は事前確認をきちんとすべき

周辺の家賃相場よりも極端に安いお部屋は、事前に理由を確認すべきです。事故物件、設備不備、周辺環境が悪いなど住みづらい理由が揃っていることが多いです。

ネット上の不動産屋「イエプラ」なら、来店不要でチャットやLINEから安い理由を確認できます。直接管理会社に問い合わせてくれるので、最新の状況も教えてもらえます。

深夜0時まで営業しているので、忙しくてお店に行く暇がない、移動中や寝る前の時間を使って効率よくお部屋探ししたいという人におすすめです。

一人暮らしバナー

食費は毎月3万円に抑えるように自炊をする

食費3万円以下に抑えるための節約方法
  • ・1日3食全て自炊をする
  • ・コスパの良い食材で献立を考える
  • ・1度にまとめて作って冷凍する
  • ・セールや特売品を狙う
  • ・買い物の回数を減らす
  • ・コンビニでの買い物を減らす
  • ・週ごとに使える食費を分ける
  • ・ポイントカードを駆使する

1日3食全て自炊をする

食費を手っ取り早く削るなら、1日3食全て自炊をしましょう。お茶やコーヒーなどの飲み物も、家で作るようにしてください。

外食をすると1食あたり500円として、1ヶ月に約4.6万円かかってしまいます。自炊をすることで1食あたり300円ほどに抑えられるので、月3万円以下に抑えられます。

コスパの良い食材で献立を考える

もやし:1袋10~20円
豆腐:1丁30~40円
パスタ麺:1袋100~200円
納豆:3パックセット50~150円
豚ばら:100g100円
鶏胸肉:100g70円
ひき肉:100g60円
もやし:1袋20円
キャベツ:半玉200円
じゃがいも:1個25~35円
人参:1個35~45円
たまねぎ:1個35~45円
たまご:1パック100~200円

値段が安くてボリュームがある、コスパの良い食材で料理すれば、1食分の食費をさらに抑えられます。

上記の食材を使えば、お好み焼きや親子丼、カレーやシチューなどが作れるうえ、1食分約200円ほどに収まります。

1度にまとめて作って冷凍する

料理は時間のある時にまとめて作って冷凍しておくと良いです。1度に複数の料理を作ることで、食材の使いまわしがしやすくロスを減らせます。

余ったものを冷凍しておけば、仕事で疲れた日でも温めるだけで食事ができて便利です。

セールや特売品を狙う

セールや特売品を狙えば、通常よりもお得に買えます。近くにスーパーが2件以上あるなら、特売日を狙って使い分けるのも手です。

野菜はカット品より丸ごと、お肉や魚などはファミリー用の量が多いものを選ぶと良いです。使いきりサイズよりも100gあたりの値段が安いです。

買い物の回数を減らす

買い物の回数を減らせば、余計なものを買わずに済みます。一人暮らしであれば、週2回ほどの買い物で充分です。

コンビニでの買い物を減らす

コンビニは、基本的に定価での販売です、スーパーで買うより割高なので利用回数を減らしましょう。

お弁当はスーパーや安い弁当屋で、飲み物は薬局やディスカウントストアで購入するなどしてください。

週ごとに使える食費を分ける

週ごとに使える食費を分けておきましょう。封筒や小さめのチャック付き袋が便利です。

使える食費を分けておくことで、いくら使ったのか、残りいくら使えるのかが明確にわかり無駄遣いが減ります。

ポイントカードを駆使する

ポイントカードアプリや、クレジットカード利用でポイントを貯めましょう。貯めたポイントで精算すれば、その分の費用が丸々浮きます。

水道光熱費は月1万円に収めるよう節約必須

水道光熱費の節約方法
  • ・都市ガスのお部屋を選ぶ
  • ・アンペアを絞る
  • ・日中は電気をつけない
  • ・エアコンはできるだけ使用しない
  • ・タップ式のコンセントで電源を切り替える
  • ・お湯の温度を38℃にする
  • ・料理は電子レンジを併用する
  • ・お湯は電気ケトルを利用する
  • ・節水シャワーヘッドをつける
  • ・お風呂はシャワーで済ませる
  • ・契約会社やプランを見直す

都市ガスのお部屋を選ぶ

都市ガス プロパンガス
1㎥あたりの料金 314円 504円
5㎥使用した場合 1,570円 2,520円
基本料金 750円 1,574円
月額合計 2,320円 4,094円

都市ガスのお部屋を選べば、プロパンガスの半額ほどで済みます。上記は、一人暮らしの平均ガスの量を基に、料金を比較したものです。

都市ガスは、もともと公共料金なので基本料金が安いです。地下のガス管を通じて供給されるので人件費が低いためです。

プロパンガス(LPガス)は、会社によって自由に値段を設定できます。市場変動や人件費によって値段がわかるので、高額になりやすいです。

アンペアを絞る

アンペア数 基本料金
30A 860円前後
40A 1,150円前後
50A 1,450円前後

一般的な一人暮らし向けのお部屋のアンペアは、40~50Aで契約されていることが多いです。30Aに絞れば、基本料金や従量料金(使用した分)が安くなります。

30Aで同時使用できる電化製品の目安は、エアコン・電子レンジ・冷蔵庫・テレビ・照明ほどです。

ドライヤーや電気ヒーターなどを使うときは、ほかの家電のコンセントを抜きましょう。

日中は電気をつけない

5月の電力使用量の明細スクリーンショット

日中は室内の電気をつけないだけでも、節約になります。上記は、弊社女性スタッフの在宅中の電気明細です。電気とエアコンを使わない以外の節約は一切していません。

一人暮らしの平均が150~180kWhなので、エアコンの使用料を含めても半分ほどにまで抑えられています。

エアコンはできるだけ使用しない

エアコンは、家電製品の中でも1、2を争うほど消費電力が多いです。とくに夏と冬に使用回数を減らせれば、電気代をかなり抑えられます。

もし使用するときは、夏は26度以上、冬は20度以下で固定して、長時間使用してください。自動的にエコモードになります。温度は1度変えるだけで、消費電力が13%も変わります。

タップ式のコンセントで電源を切り替える

タップ式のコンセントで電源を切り替えれば、月150~300円、年間で1,800~3,600円の節約効果があります。

特に消費電力が多いテレビやブルーレイレコーダー、パソコンは、寝ている間の時間だけでもオフにしましょう。

お湯の温度を38℃にする

キッチンや洗面所、お風呂などでお湯を使う際は、38℃に固定しましょう。トータルで月1,000~1,200円ほど節約できます。

シャワーの温度は、1度上げるだけで1分当たり0.2~0.5円増えます。40度から38度に温度を下げるだけで、月500円近く抑えられます。

料理は電子レンジを併用する

野菜の下茹でや、蒸し料理は電子レンジを使ってください。コンロより、時短で出来るので年間3,000円ほど抑えられます。

一人暮らしであれば、電子レンジで出来る料理を覚えておくと便利です。

お湯は電気ケトルを利用する

ガス代を減らすのであれば、お湯は電気ケトルがおすすめです。1ℓほどであれば、ガスも電気も約2.3円です。

コンロは1ℓ以下の水の量でもガス代はほぼ同じです。一方で電子ケトルは、水の量が少ないほど電気代が少なくなります。

節水シャワーヘッドをつける

節水シャワーヘッドは、従来よりも水が出る穴が小さく使用量を減らせます。水道代が0.24円/ℓの場合、1日あたり14.4円、1ヶ月で432円ほど節約できます。

水圧に関しては、100円均一など安いシャワーヘッドでなければ従来通りです。

お風呂はシャワーで済ませる

シャワーのみの人は、1ヶ月で500~800円ほど節約できます。シャワーが15分以内に終われば節水できるうえ、ガス代の節約にもなります。

一般的な浴槽一杯分のお湯の量は、シャワーを15~20分使った場合の量と同じくらいです。

契約会社やプランを見直す

契約中の電気・ガス会社を見直すのも手です。自由化に伴い、賃貸物件でも1部屋ごとに契約会社を選べるようになりました。

一人暮らしでおすすめは、地域電力・ガス会社の金額より一定の割引が入るところです。基本料金0円は、従量料金が高めなので一人暮らしには不向きです。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
スーモやホームズにない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶

おとり物件が少ないサイト3選のサムネイル
不動産屋の悪質な広告「おとり物件」が少ないサイト3選!
記事を読む ▶

消耗品・衣類は必要になった時に買い足す

日用消耗品や衣類などは、必要になった時に買い足す飲みにしてください。

安売りだから購入した、デザインが気に入ったなどで軽率に購入すると出費が多くなりやすいからです。

家具家電など大きなものを買うときも同じです。一気に購入せず、必要なときに都度購入すれば1度に出て行くお金が減ります。

娯楽費はほぼ確保できないと思ったほうが良い

月10万円で一人暮らしするなら、娯楽費はほぼ確保できないと思ったほうが良いです。

筋トレや読書などのお金のかからない趣味を作ったり、月2本ほどのテレビゲームを楽しむ程度であれば問題ありません。

飲み、ショッピング、ソーシャルゲームなどお金がかかる趣味はかなりの我慢が強いられます。友人と遊びに出かける頻度も減ると考えましょう。

移動は定期券か自転車メインにすべき

交通費も移動方法や行動範囲次第では、半額近く抑えられます。職場から定期券代を貰っているなら、定期圏内での活動にとどめましょう。

貰ってない場合は、自転車を購入すると良いです。維持費が安いうえ、都度の交通費はほぼかかりません。

ただし、都心部の大半は自転車を止めるのに駐輪所代が必要です。月2~3千円ほど、都度であれば1回200円ほどは見ておくと良いです。

生活費10万円で一人暮らしするなら貯金は無理

生活費10万円で一人暮らしするなら貯金は諦めてください。今現在の生活で手いっぱいなので、ろくに貯めれません。

貯めれたとしても、生活費が足りない月や賃貸の更新の時に使ってしまう恐れがあります。

少しでも生活費の足しにしたいと考えている人は、少額貯金を始めると良いです。週500円ほどでいいので、貯金箱に入れましょう。

500円も貯めれないという人は、1日に使って良い分だけのお金を持ち歩き、余った分を貯金箱に入れてください。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

お店に行かなくても「イエプラ」なら、アプリやLINEで希望を伝えてお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです。

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶一人暮らし向けのお部屋を探す
follow us in feedly
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について