お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

時間が合わないカップルの同棲の生活はどんな感じ?成功させるコツを解説!

同棲相手にイライラしている女の子のイラスト

生活リズムが違う人と同棲を考えている人必見です。相手と時間が合わないとどうなるのか実際に同棲している人の声、同棲のメリットをまとめました。

同棲を成功させるコツも解説します。是非参考にしてください。

時間が合わないカップルはストレスが溜まりやすい

時間が合わないカップルはストレスが溜まりやすいです。寝る時間や起きる時間、食事の時間など生活リズムは人それぞれです。

一緒に暮らすと生活リズムが合わない場合、どちらかが無理して合わせるなど普段とは違うのでストレスが溜まりやすいです。

生活リズムが違うと寝ているときに起こされる

生活リズムが違うと寝ているときに起こされることがあります。

日勤と夜勤で生活パターンが違うと、どちらかが寝ているときに家に帰りつくことや寝ている時間に家を出ることが多いです。

人によっては些細な音で目が覚めてしまうため、睡眠不足になりやすいです。

常に相手を気遣うので心労が溜まりやすい

生活リズムが同じでも、同棲は常に相手を気遣うので心労が溜まりやすいです。

最初は些細なことでも気にしてしまうので常に気が張っていたり、いつもとはとは違う生活になるので疲れが溜まってしまいます。

会話が減って距離が生まれる

生活リズムが違いすぎると、会話が減って距離が生まれがちです。

寝ているときに帰ってきたりと顔を合わせる時間が極端に少なくなるからです。

マル秘イエプラバナー

実際に生活リズムが違うカップルの声

実際に生活リズムが違うカップルの声です。

自分の時間を確保しやすい
男性のアイコン自分が夜勤で働いているので平日は二人の時間がとりにくいです。でも一人の時間と二人の時間を両方確保できているので個人的にはやりやすいです。(20代前半)
月一でデートしています
女性のアイコンお互い仕事ばかりであまり二人の時間がないです。けど必ず月に一回は二人で出かけるので今でも新鮮味があります。(20代後半)
マンネリしてきている
困り顔の男性のアイコンお互い休みが合わない日が多くて一緒にいれる時間が少ないです。最近一緒にいても話したりしないので今後どうしようか悩んでいます。(20代後半)
同棲の意味あるのかな
困り顔の女性のアイコン二人でいる時間を増やしたくて同棲を始めました。けど夜勤や休みが合わないくなってしまったので入れ違いの生活になっています。(20代前半)

同棲をすると相手がいることが当たり前に思ってしまいがちです。

お互いに思っていることなど話し合う時間をつくれば不安になりにくいです。

時間が合わないカップルが同棲を成功させるコツ

時間が合わないカップルが同棲を成功させるコツを紹介します。是非参考にしてください。

「2DK」や「2LDK」の間取りにする

居間が2つある「2DK」や「2LDK」の間取りにするとお互いの空間が確保できます。

間取りの少ないお部屋で同棲していると、寝ているときに起こしてしまったり電気をつけにくいなどが起こってしまいお互いにストレスを感じます。

「2DK」や「2LDK」にするとお互いの空間ができるので、生活リズムが違う場合でも快適に過ごせます。

最低でも週一回は一緒にいる時間を決める

最低でも週一回は一緒にいる時間を決めると良いです。

すれ違ってばかりだとお互いに気持ちが冷めてしまう可能性があるからです。

お互いの休日が合わない場合でも、一緒にご飯を食べに行ったりするなど一緒にいる時間を作ることで、マンネリ化になりにくいです。

連絡を絶やさない

連絡を絶やさないことが大事です。同棲を始めると一緒にいられるからと連絡をしなくなりがちです。

生活リズムが違うと、顔を合わせる回数も減ってしまいがちです。会話や連絡がないといくら同棲していても、ほぼ同居人みたいになってしまいます。

一言でも話せるのであれば「おはよう」「おやすみ」などでコミュニケーションをとることも大事です。

共同スペースの目の届く位置に、ホワイトボードやメモ書きを残して相手に気遣いの姿勢を見せるのも良いです。

連休や有休を使って旅行に行く

連休や有休を使って旅行やイベントを計画すると良いです。

普段、二人でゆっくり過ごせないカップルにおすすめです。年に1回など予定を立てることによって、モチベーションが上がるからです。

自分の時間を思いっきり楽しむ

自分の時間を思いっきり楽しむことで、寂しい気持ちを紛らわせたり、一緒にいる時間が大切に感じられます。

一緒に過ごせる時間が少ないからと言って、悲観的にとらえず一人の時間を有意義に使えると良いです。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
来店不要でネット上にない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶
賃貸サイトランキング30社徹底比較!のアイコン
おすすめの物件検索サイト30社を徹底比較!
記事を読む ▶

生活パターンが違っても無理に合わせない

生活パターンが違っても無理に合わせなくても良いです。

相手に無理に合わせてしまうと負担やストレスが溜まり。喧嘩の原因になりやすいです。

お互いに干渉しすぎない、一緒にいる時間などのルールを決めておくと無理に合わせる必要がなくなります。

生活のルールを決める

生活のルールを決めることで、喧嘩や気持ちのすれ違いを減らすことができます。

・金銭の管理
・およその就寝時間と起床時間
・家事の分担方法
・帰りが遅くなる時は必ず連絡する

このように最低限のルールを決めてておくと良いです。

ただ、細かくルールを決めたりペナルティー制にしてしまうと、逆にストレスの原因になってしまいます。

同棲にはメリットが多い

生活リズムが違うと不安に思う人もいますが、同棲にはメリットが多いです。

・お金が溜まりやすい
・結構前にイメージできる
・家事の分担ができる
・二人の時間が増える

お金が溜まりやすい

同棲をしていると、お金が溜まりやすいです。

同棲の費用は、一人暮らしの生活費に0.5人分足したくらいの金額といわれているので一人の負担額が減ります。

例えば、家賃もぞれぞれが7万円のお部屋に住むより、二人で家賃10万円のお部屋に住めば4万円節約できます。

貯金も結婚資金など明確な目標があれば二人で貯めやすいです。

結婚前にイメージできる

同棲をすると結婚後のイメージがしやすく、自分のやるべきこともわかります。

一緒に暮らしていれば、デートの時に見れない姿も見れます。

お互いのことをちゃんと知れる機会にもなります。ほかにも結婚の準備などもしやすいです。

家事の分担ができる

生活リズムが違っても家事の分担は出来ます。二人で協力して出来るので負担が減ります。

一人の時間に家事を終わらせてしまえば、二人でいる時間はゆっくりできます。

二人の時間が増える

同棲すれば二人の時間が増えます。

生活リズムが違っても顔を合わせる回数や二人でゆっくり出来る時間が増えます。

自然と会話も増えたり支えあうこともできるので、さらに仲が深まりやすいです

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について