お部屋探しのコツや知識まとめブログ|イエプラコラム
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

【茨城県】北茨城市の住みやすさを紹介!子育て支援が充実したおすすめの自治体

北茨城市のアイキャッチ

北茨城市の住みやすさは?
移住するとどんなメリットがある?

ガヤガヤした都心から自然豊かな街への移住は夢がありますよね。最近は在宅ワークや多様な働き方が進み、都市部を離れて郊外に移住する人も多いです。

当記事では、少しでも移住を考えている人向けに、自然が豊かで住環境も整っている「茨城県 北茨城市」を紹介しています!ぜひ参考にしてください。

北茨城市はどんな街?

北茨城市の海

出典:北茨城市 移住支援ポータルサイト

北茨城市について
所在地 茨城県 北東部
人口
(2022年9月1日現在)
40,577人(17,026世帯)
男性20,236人、女性:20,341人
面積 約186.9km²
他都市へのアクセス ▶電車(特急ひたち)
磯原駅~水戸駅:約40分
磯原駅~上野駅:約120分
▶車
北茨城IC~三郷IC:約90分
住まい情報 空き家バンク物件情報
移住支援制度 ・北茨城市空き家バンク
・お試し住宅 など
自然・施設 ・花園渓谷
・花園神社
・花園オートキャンプ場
・大津漁港
・五浦海岸
・六角堂
・ガラス工房シリカ
・茨城県天心記念五浦美術館
・大津港ようそろー物産館 など
独自ポイント ・仕事探しや起業のサポートが手厚い
・芸術を通したまちづくりが活発 など

海と山々に囲まれた地方都市

北茨城市の概要写真

出典:Wikipedia

北茨城市は、茨城県の最北端にある海と山々の自然が豊かな街です。常磐線が通っていて、駅周辺には整備された住宅地があります。

市街地を離れると里山の豊かな自然が残っています。エリアによって都市と自然のバランスが異なり、理想の田舎暮らしを見つけやすい魅力があります。

海の影響を受けた気候で、東京と比べると夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。

芸術を通したまちづくりに力を入れている

茨城県天心記念五浦美術館

出典:茨城県観光ガイド

北茨城市は、近代美術の生みの親と呼ばれる「岡倉天心」をはじめとした多くの文化人にゆかりがある地域です。

芸術を通したまちづくりに力を入れていて、市内には廃校や古民家を改修したアトリエや、美術館・ギャラリーが点在しています。

アートイベントや、地方で芸術活動をしたい人へのセミナーなども多く開催されています。

北茨城市の5つの住みやすさポイント

  1. 市内に生活に必要な施設が揃っている
  2. 他都市への交通アクセスが良好
  3. 子育て支援が手厚い
  4. アウトドアスポットや温泉が充実
  5. 都心より住居費を抑えられる

①市内に生活に必要な施設が揃っている

駅の近くを中心に生活に必要な施設が揃っています。コンビニはもちろん「ヨークベニマル」などの大型スーパーもあり、日用品の買い物に困りません。

保育・教育施設や医療機関の数も多く、総合病院もあります。

車移動が基本ですが、平日は1回100円で市内を移動できるコミュニティバスも走っています。

②他都市への交通アクセスが良好

北茨城市の交通アクセス

出典:北茨城市 移住支援ポータルサイト

公共交通が整っていて、通勤・通学やお出かけの選択肢が多いです。特急電車に乗れば、工業が盛んな日立市には約20分、福島県のいわき市には約40分で行けます。

県都の水戸市には特急電車で約40分、東京にも約2時間で移動できます。高速道路のインターチェンジが近く、車での移動もしやすいです。

市内から出なくても便利に生活できますが、必要に応じて他都市に行きやすいメリットがあります。

③子育て支援が手厚い

北茨城市の子育て支援
  • ・18歳まで医療費が無料
  • ・一時預かりなどのサポート体制が充実
  • ・第2子以降は保育料が無料 など

医療費や保育料の助成の他、ランドセルの配布、出産時に商品券がもらえるなど、子育て世帯にとって嬉しい支援が充実しています。

学童保育や一時預かり保育、病後児保育などのサポート体制も整っていて、共働きの世帯でも安心です。

北茨城市の子育て情報は、子育てポータルサイト「子育て一番北茨城」にわかりやすくまとめられています。

④アウトドアスポットや温泉が充実

五浦観光ホテルの温泉

出典:観光いばらき

市街地を少し離れれば山・川・海の豊かな自然環境があります。景色が綺麗な温泉地があるのも魅力です。

山でハイキングやキャンプをしたり、川や海で泳いだり魚釣りが楽しめます。都会でのインドアな生活を見直したい人は要チェックです。

⑤都心より住居費を抑えられる

都心と比べると土地代が安く、家にかけるお金を抑えられます。同じ予算でも都市部より広々とした物件に住めます。

移住に関する補助金を受け取れるとさらにお得です。自分に受け取れる補助金があるかは事前に確認しておきましょう。

移住支援制度について

北茨城市空き家バンク

中古も含めて住まいを探す際は、空き家バンクの物件情報をチェックしておきましょう。

内装のリフォーム費用をふまえても、相場より安く住める物件が見つかる可能性があります。

▶空き家バンクの詳細はこちら

お試し住宅

移住を検討している人向けに「お試し住宅」があり、水道光熱費として1日1,000円の負担のみで、5日以上3ヶ月以内の滞在ができます。

ホテルに泊まるより格安で滞在できて、移住後の生活を実際にイメージできます。

興味がある人は利用ルールや備え付けの家具家電をチェックしておきましょう。利用には事前予約が必要です。

▶お試し住宅の詳細はこちら

北茨城市のおすすめスポット5選

  1. 花園渓谷
  2. 大津漁港
  3. 五浦海岸・六角堂
  4. 茨城県天心記念五浦美術館
  5. ガラス工房シリカ

①花園渓谷

花園渓谷

出典:観光いばらき

夏の新緑や秋の紅葉など、季節ごとに絶景が楽しめる渓谷です。ハイキングにも向いていて、晴れた日には富士山が見えます。

市街地の喧騒を離れて、散策をしながらリフレッシュできます。大木や花々に囲まれた花園神社やキャンプ場など、周辺にも見どころが多いスポットです。

②大津漁港

大津漁港

出典:北茨城市観光協会

県内有数の漁港で、まき網漁やしらす漁が盛んです。近隣には海産物や加工品の直売所があり、水揚げされたばかりの魚介類を手に入れられます。

釣り場や飲食店、市場食堂や漁業の歴史資料館「よう・そろー」などの施設が充実していて、子どもから大人まで1日中楽しめます。

③五浦海岸・六角堂

六角堂

出典:観光いばらき

岩場の景観が美しい五浦海岸の周辺では、北茨城市ならではの風景が楽しめます。

岡倉天心が設計した六角堂は、東日本大震災で流出した後に精巧に再建築されていて、復興のシンボルになっています。

温泉や公園などの施設が充実していて、休日にゆっくり過ごせるスポットです。

④茨城県天心記念五浦美術館

五浦美術館外観

出典:北茨城市観光協会

岡倉天心や五浦の作家に関する資料の展示の他、さまざまな展示やイベントが開催される美術館です。

館内にはカフェテリアやミュージアムショップもあります。芸術が好きな人におすすめの場所です。

⑤ガラス工房シリカ

ガラス工房シリカ

出典:観光いばらき

ガラス作品の展示を見たり、工房で吹きガラスなどの体験ができる施設です。茜平の山にあり、北茨城市が一望できる景観も魅力です。

市内には、他にも陶芸などのものづくりを体験できる施設が充実しています。移住の下見を兼ねて、体験教室やイベントに参加してみるのもおすすめです。

移住の不安は北茨城市の移住支援ポータルサイトで解消できる

KITAIBARAKEYロゴ

出典:北茨城市 移住支援ポータルサイト

移住に関する疑問や心配ごとは、北茨城市の移住支援ポータルサイト「KITAIBARAKEY」を見れば解消できる内容が多いです。

疑問が残る場合は、市役所の「企画政策課」に問い合わせフォームや電話で相談できます。

不明な点は事前に相談して、お得な移住情報を手に入れましょう。

▶北茨城市への移住支援ポータルサイト「KITAIBARAKEY」はこちら

follow us in feedly
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について