お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

【山形県】飯豊町の住みやすさを紹介!移住支援が手厚いおすすめの自治体

飯豊町の様子

飯豊町の住みやすさは?
移住するとどんなメリットがある?

ガヤガヤした都心から自然豊かな町への移住は夢がありますよね。最近は在宅ワークや多様な働き方が進み、都市部を離れて郊外に移住する人も多いです。

当記事では、少しでも移住を考えている人向けに、自然が豊かで住環境も整っている「山形県 飯豊町」をご紹介しています!ぜひ参考にしてください。

飯豊町はどんな町?

飯豊町について
所在地 山形県 南西部
人口
(2022年9月末現在)
6,564人(2,316世帯)
男性:3,236人、女性:3,328人
面積 約329km²
都市部へのアクセス ▶電車
羽前椿駅~米沢駅:約40分
羽前椿駅~山形駅:約1時間30分
羽前椿駅~新潟駅:約2時間
▶車
飯豊町~米沢駅:約35分
飯豊町~山形駅:約1時間10分
飯豊町~山形空港:約1時間30分
移住支援制度 ①飯豊で幸せになる条例
②山形県移住支援金
③飯豊町空き家バンク など
自然・施設 ・飯豊山
・白川ダム湖岸公園
・源流の森
・飯豊少年自然の家
・ひらすび牧場
・いいで天文台
・どんでん平ゆり園 など
独自ポイント ・定住に関する支援金が充実
・移住体験ツアー など

緑豊かで暮らしやすさを備えた町

飯豊町の景色

出典:山形県飯豊町 移住ポータルサイト

飯豊町は、山形県南西部の置賜地方に位置する緑豊かな町です。面積の8割以上は山林で、住宅地にはのどかな田園風景が広がっています。

中心部には生活に必要な施設がコンパクトにまとまっていて、周辺の市町村にアクセスが良く利便性も備えています。

都市部で働いていても、休みの日は喧騒から離れて静かに過ごしたい人にピッタリの住環境が整っています。

お米や米沢牛などの特産品が豊富

米沢牛

出典:飯豊町観光協会

飯豊町の特産品
  • ・お米
  • ・米沢牛(ブランド牛)
  • ・山菜
  • ・アスパラガス
  • ・日本酒やハチミツなどの加工品
  • ・どぶろく など

飯豊町は農業が盛んで、お米や野菜などの多種多様な農産物が育てられています。日本三大和牛の1つ「米沢牛」の主産地としても知られています。

新鮮な野菜などの食材が、町内のお店や道の駅で手に入れられます。田舎ならではの充実した食生活が送れる魅力があります。

冬場は雪が積もる地域

飯豊町の除雪車

出典:日本で最も美しい村 飯豊の移住帳

飯豊町に住んだら車移動が基本なので、冬場の運転には慣れが必要です。渋滞は少なく、運転には慣れやすい環境です。

除雪車で雪をとばしたり、移動したりして道路を綺麗にしています。町内には道路の雪を地下水で消す、水が出ている消雪道路もあります。

住環境が心配な人は、季節を変えて何度か滞在してみると移住後の生活がイメージできます。

町内には田舎暮らしを体験できる農家民宿や、田園に囲まれたオシャレなビジネスホテル、温泉を併設した宿など、魅力的な宿泊施設があります。

飯豊町の5つの住みやすさポイント

  1. 近隣の都市部にアクセスが良い
  2. 町のお祭りやイベントが充実
  3. 子育てしやすい環境が整っている
  4. 自然を生かしたレジャーが楽しめる
  5. 都会より広々とした家に住める

①近隣の都市部にアクセスが良い

車で15~20分圏内に近隣市町村の市街地があるので、田舎と言っても買い物で困ることはほぼありません。

置賜地方最大の都市の米沢市には、飯豊町の中心部から車で約30分、県庁所在地までは約1時間でアクセスできます。

新幹線の最寄り駅までは車で30分、そこから東京まで新幹線で約2時間30分です。宮城県と新潟県を結ぶ国道113号が町の中心を横断し、交通の要所となっています。

②町のお祭りやイベントが充実

飯豊町の祭り

出典:飯豊町観光協会

7月から9月にかけて、300年以上の歴史がある「飯豊の獅子まつり」が開催されます。冬にはライトアップされた雪像を鑑賞できる「中津川雪まつり」があります。

他にも、1年を通してお祭りやイベントが豊富で楽しみが多いです。移住後に地域に溶け込むきっかけにもなります。

③子育てしやすい環境が整っている

飯豊町の子育て支援
  • ・18歳までの医療費が無料
  • ・子育て相談や一時保育などのサポートが充実
  • ・小学校のスクールバスに冬季は2kmから乗れる
  • ・新生児一人につき給付金がもらえる など

所得制限がない医療費助成や、延長保育・預かり保育、放課後児童クラブなどの子育て世帯に嬉しいサポート体制が整っています。

総合病院が車で10分ほどの場所にあり、中学校までの保育・教育施設も揃っています。豊かな自然の中でのびのびと子育てができます。

子育て世帯は、町の教育に関する取り組みや、受けられる助成制度を事前に詳しくチェックしておきましょう。

▶飯豊町の子育て情報はこちら

④自然を生かしたレジャーが楽しめる

雪遊び

出典:山形県公式観光サイト

町内にはキャンプ場や森林公園、ダム湖など、自然の中で遊べるレジャースポットが点在しています。

夏には山でハイキングやダム湖でカヌーをしたり、冬にはスキー場でウィンタースポーツを楽しんだり、さまざまな遊び方があります。

アウトドアが趣味の人や、健康のため運動を始めたい人にピッタリの環境が整っています。

⑤都会より広々とした家に住める

都会と比べると土地代が安く、同じ予算でも広々とした家に住めます。

住宅取得支援制度が手厚く、条件を満たす人はお得に引っ越しができます。補助金の内容や要件は、あらかじめ確認しておきましょう。

▼飯豊町の移住支援制度の紹介まで移動する

飯豊町への移住者の声

白川ダム湖の水没林

出典:山形県公式観光サイト

実際に飯豊町に移住した方の体験談を2つご紹介します。少しでも移住に興味がある人は参考にしてみてください。

子育てに適した環境がある

東京から移住/Uさん
女性のアイコン飯豊町には満員電車がなく保育園にも困らないし、子どもに目を向ける時間が増えました。地域の方々も声をかけてくださり、一緒に子育てしてもらっているような安心感があります。

飯豊町は十分な保育施設があり、都会と比べて待機児童の心配が少ないです。

教育にも力を入れていて、中学校1~3年生は町営の学習教室「いいで希望塾」をテキスト代だけで利用できます。

都会の子育て環境が心配な世帯の移住先としておすすめです。地域の目があるので治安面でも安心感があります。

自然の中でのんびり過ごせる

神奈川県から移住/Gさん
男性のアイコン都会で生活していた頃より時間の流れがゆっくりでのんびりと過ごしています。時には野菜をいただいたり、お礼にパンを焼いて持って行ったり、地域の皆さんとの関わりも楽しんでいます。

近所付き合いがほとんどない都会とは異なり、地域の繋がりがあります。農作物を育てている人も多く、おすそわけなどの交流も盛んです。

地域に溶け込めるか心配な人は、移住する前に「移住定住コンシェルジュ」に相談してみると良いです。地域への顔つなぎや、移住する前の心配ごとを何でも相談できます。

▶移住定住コンシェルジュの詳細はこちら

移住支援制度について

  1. 飯豊で幸せになる条例
  2. 山形県移住支援金
  3. 飯豊町空き家バンク

①飯豊で幸せになる条例

主な支給条件 金額
住宅取得奨励 定住する目的で住宅を新築または購入 基本額30万円+加算措置
賃貸物件居住奨励 定住する目的で賃貸物件に住む 1ヶ月1万円(最大24ヶ月)
ときめき結婚祝 町内に住む人が結婚して引き続き定住 商品券3万円分
すこやか出産祝 町内に住む人が子どもを出産 祝金5万円+商品券5万円分
めざみっ子入学祝・卒業祝 町民の子どもが小中学校に入学・卒業 商品券1万円分
Iターン・Uターン奨励 定住する目的でI・Uターンする子育て世帯または新婚世帯 商品券10万円分

出典:飯豊町 公式ホームページ

飯豊町は移住・定住を促進するため「飯豊で幸せになる条例」を施行しています。全国的に見ても手厚い助成が受けられます。

また、住宅を購入する場合は、家族構成や選ぶ物件によって加算措置があります。

条例の期間は令和3年4月1日から令和8年3月31日までの5年間です。移住を検討している人は、詳しい内容をチェックしておきましょう。

▶飯豊で幸せになる条例の詳細はこちら

②山形県移住支援金

東京23区に居住または通勤していた人は、単身だと60万円、2人以上の世帯なら100万円の支援金を受け取れる場合があります。

支援金を受け取るためには、就業などの条件を満たす必要があります。詳細は以下リンク先でチェックしてみてください。

▶山形県移住支援金の詳細はこちら

③飯豊町空き家バンク

中古を含めて住まいを探す場合、空き家バンク制度の利用登録をしておくと良いです。

相場より安く住める物件が見つかったり、購入にあたり助成金の加算措置を受けられる場合があります。

▶飯豊町空き家バンクの詳細はこちら

飯豊町のおすすめスポット5選

  1. 飯豊山
  2. 白川ダム湖岸公園
  3. 源流の森
  4. どんでん平ゆり園
  5. 道の駅いいで

①飯豊山

飯豊山

出典:山形県公式観光サイト

標高2,105mの「東北のアルプス」と呼ばれる山で、山形・福島・新潟の3県にまたがる飯豊山地は日本百名山にも選ばれています。

季節ごとに表情を変える美しい景色が、中級者~上級者の登山者に人気です。

町内には山形百名山の1つ「天狗山」もある

「天狗山」は標高612mで、登山の初心者や気軽にハイキングを楽しみたい人でも登れます。

他にも、町内には四季折々の花々などの豊かな自然を感じられる場所がたくさんあります。

②白川ダム湖岸公園

白川ダム湖畔オートキャンプ場

出典:山形県公式観光サイト

地域の生活を支える「白川ダム」の周辺にある広大な公園施設です。

オートキャンプ場でキャンプしたり、ダム湖でカヌーに乗ったりできます。春の桜並木や秋の紅葉など、1年を通して見どころが多いです。

4月中旬~5月中旬には雪解け水でダム湖が増水して、水面から柳の木々が顔を出す「水没林」を鑑賞できます。

③源流の森

源流の森のフィールドアスレチック

出典:山形県公式観光サイト

大型の遊具がある「冒険の森」や、木工や彫刻を体験できる「森のアトリエ」など、エリアごとにさまざまな楽しみ方がある森林公園です。

子どもを連れて遊びに行くのにピッタリの場所です。野外ホールも備えていて、コンサートなどのイベントも開催されています。

④どんでん平ゆり園

どんでん平ゆり園

出典:山形県公式観光サイト

東日本最大級のゆり園で、多様な品種の約50万本のゆりや、桜・アジサイなどの季節の花々が育てられています。

ベンチや広場でゆっくりしながら自然を感じてリフレッシュできる場所です。ゆりが咲く6~7月には「ゆりまつり」が開催され、多くの人で賑わいます。

⑤道の駅いいで

道の駅いいで

出典:道の駅いいで

道の駅では民芸品などのおみやげの他、地元の新鮮な食材が手に入れられます。

レストランや軽食コーナーもあり休憩にピッタリです。観光や移住の下見で飯豊町を訪れる際には、ぜひ立ち寄ってみてください。

移住の不安は移住ポータルサイトで解消できる

飯豊町への移住に関する心配ごとは、移住ポータルサイト「おいでいいで飯豊町」を見れば解消できるケースが多いです。

疑問が残る場合は、移住・定住コンシェルジュに質問や相談も可能です。定期的に移住体験ツアーも開催されています。

移住者への支援についても詳しく紹介されています。飯豊町への移住に興味がある人は、こまめにチェックしてお得な最新情報を手に入れましょう。

▶飯豊町の移住ポータルサイトはこちら

follow us in feedly
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について