お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

一人暮らしの買い物の節約ポイント!安く買えて日持ちする食材もご紹介!

一人暮らしの買い物の節約ポイントのイメージイラスト

一人暮らしの買い物で節約するポイントは?食費を抑えるにはどうしたらいいの?といった疑問を解決します。

食費を抑えられる買い物のポイントや節約のできる食材を解説します。一人暮らしの食費に困っている人は参考にしてください。

一人暮らしの買い物のポイント

一人暮らしをしている人向けに、食材を買う際のポイントを解説します。

自炊をする人や食費を節約したい人は参考にしてください。

  • ・予算を決める
  • ・買い物リストを作成する
  • ・まとめ買いをする
  • ・値下げシールのタイミングを狙う
  • ・特売日をチェックする
  • ・ポイントカードを利用する
  • ・冷凍保存をする
  • ・スーパーをはしごする
  • ・よく購入するものは定期便を使う

予算を決める

1ヶ月で使う食費の予算を先に決めておくと良いです。一人暮らしの1ヶ月の食費の平均は、約2.5~3万円です。

いきなり「食費を1ヶ月1万円にする!」など非現実的な目標ではなく、自分が達成できそうな予算を組むようにしましょう。

1日千円、1食330円ほどの目安だと丁度良いです。自炊することで、1食200円ほどまで抑えられます。

ただし、食費を削りすぎて、ストレスが溜まったり、栄養が足りずに体調不良になってしまっては意味がありません。徐々に慣らしていくと良いです。

買い物リストを作成する

買い物メモ

買い物に行く前に、買い物リストを作成しておくと良いです。事前に買うものを決めておけば、買い忘れや買いすぎを防げます。

自炊初心者の場合、冷蔵庫にあるもので献立を考えるのは難しいです。なので、先に数日~1週間分の献立を考えて買うものを決める方法がおすすめです。

自炊に慣れてきたら、スーパーで安いものだけを買って、その食材で献立を考える方法に切り替えると良いです。

まとめ買いする

スーパーに行く回数は最小限にして、まとめ買いをするようにしましょう。まとめ買いをすることで、無駄な買い物を防げます。

また、スーパーに滞在する時間が長くなるとつい余計なものを買ってしまいがちなので、買い物リストにあるものだけをスピーディーに買うのがコツです。

値下げシールが貼られるタイミングを狙う

スーパーごとに値下げシールが貼られるタイミングは違いますが、閉店の1~2時間前に貼られることが多いです。

自分がよく行くスーパーに少しずつ時間をずらしてに通って、いつ頃に貼られているかの感覚を掴むようにしましょう。

特売日をチェックする

買い物をするカップルのイラスト
「毎週日曜日は冷凍食品半額」「火曜日・水曜日均一セール」など、スーパーによって特売日があります。

お得に買い物のできる日なので、事前にチェックしておくと良いです。

一人暮らしで新聞をとっていない場合は、ネットやスマホのアプリで広告をチェックするのがおすすめです。

また、スーパーのメルマガや「LINE@(LINEのお友達登録)」に登録しておくとお得な情報やクーポンがゲットできます。

ポイントカードを活用する

多くのスーパーには、ポイントカードやスタンプカードがあるので、活用すると良いです。

お店によって違いますが、ポイントを貯めて安く買い物出来たり、商品と引き換えられるなど、お得です。

また、ポイント2倍デーなどのイベントも実施されているので、狙って買い物に行くとより貯まりやすいです。

冷凍保存を活用する

食材をまとめ買いしたら、冷凍保存がおすすめです。冷蔵よりも食品が長持ちします。

冷凍をする場合は、小分けにしておくと良いです。小分けしておくことで使うときに、使う分だけ解凍できます。

冷凍焼けを防ぐためにファスナー付きの保存袋や冷凍できるタッパーがおすすめです。

また、日付や食品名を書いておくと管理がしやすいです。

スーパーをハシゴする

徒歩圏内に複数のスーパーがある場合はハシゴして、特売品が安いほうで買うと良いです。

ただ、スーパーに行く回数が増えると余計なものを買いがちです。事前に買うものを決めておき、余計なものを買わないという強い意志が持つことが必要です。

よく購入するものは定期便を使う

飲料水などのスーパーで頻繁に購入するものは、ネットや通販などの定期便を利用すると良いです。

定価で買うよりもお得に買えるだけでなく、重いものを家まで運ぶ手間も省けます。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める

一人暮らしの食費を抑える食材

一人暮らしにおすすめの食費が抑えられる食材を紹介します。

食材の使い方や保存方法なども合わせて紹介するので、参考にしてください。

・もやし(1袋:10~30円)
・豆腐(1丁:30~40円)
・パスタ麺(1袋:100~200円)
・納豆(3パックセット:50~150円)
・鶏むね肉(100g:70円)
・豚バラ(100g:100円)
・ひき肉(100g:60円)
・たまご(1パック:100~200円)
・きのこ(1パック:100~200円)
・油揚げ(1パック:100~150円)
・ホールトマト(1缶:100~150円)
・かいわれ大根(1パック:60~100円)

もやし

節約食材の定番のもやしは、他の食材と一緒に炒めてかさ増ししたり、茹でてサラダやスープの具材して食べたりといろんなアレンジができます。

ただ、痛みやすいのでまとめ買いした場合は、水で洗ってしっかり水を切ってからファスナー付き保存袋で保存しましょう。冷凍なら約2週間保存できます。

豆腐

大豆でできていて体にも良い豆腐は、冷奴や湯豆腐でそのまま食べても美味しいですし、肉団子やハンバーグのかさ増しにもおすすめです。

豆腐は冷凍すると「高野豆腐」のような食感になるので、豆腐のプルプル感を味わいたい場合は冷凍はおすすめできません。

ただ、冷凍した豆腐は解凍すると味が染み込みやすくなるので、煮物におすすめです。

パスタ麺

パスタ麺は自分の好きな味にアレンジできるので、飽きにくいです。

1袋で3~4食分になるのでコスパも抜群です。お湯を沸かすのが面倒なら、電子レンジで茹でられる容器も売っています。

また、パスタ麺は未開封なら2~3年はもつのでストックもしやすいです。

納豆

納豆
納豆には、タンパク質や脂質、炭水化物などの栄養が豊富です。

ごはんに乗せるだけでなく、パスタと合わせたりオムレツの中身にしたりといろいろな使い道があります。

冷凍保存できますが、パックのままだと他の食材に匂いが移ってしまうのでパックから出して保存袋に入れるのが理想的です。

鶏むね肉

鶏むね肉は、100g70円ほどのお肉の中で一番安く買えます。

しっかりと加熱をして食べないとお腹を壊しますが、タンパク質が豊富なので、資質を抑えたい人におすすめです。

冷凍をすることで、2週間ほどの保存ができます。なので、まとめ買いをするのにも向いている食材です。

豚バラ

豚バラ肉は野菜巻きにしたり、白菜と一緒にミルフィーユ鍋を作るなどといった様々な使い道があります。

薄切りされた豚バラ肉は火の通りも早いので、光熱費の節約にもなります。

ひき肉

ひき肉はたまごやパン粉と一緒に調理すると、ボリュームが出て食費の節約になります。

いろいろな種類のひき肉がありますが、鶏むね肉のひき肉が安くておすすめです。逆に牛ひき肉は高いのでなるべく避けましょう。

たまご

ごはんにかけたり、スープに入れたりと使い方は豊富です。

卵を冷凍で保存する場合は、炒めてからやると良いです。ゆで卵にしてしまうと、解凍時にパサパサして食べにくいです。

きのこ

きのこ
きのこ類は栄養たっぷりなのにカロリー控えめです。噛みごたえもあるので、満腹感も得やすいのも特徴です。

年間を通して価格も安定しているので、多めに買ってかさ増しとして使うのもアリです。

また、きのこは冷凍することで旨味が出るので、冷凍保存がおすすめです。

油揚げ

油揚げは定番のお味噌汁の具としてだけでなく、メイン料理のかさ増しにも使える便利な食材です。

細かく刻んでハンバーグや餃子の具として使えば、節約しながらボリュームが出せます。

油揚げは冷凍庫で簡単に保存できます。

ホールトマト

ホールトマトは缶に入って売られていて、常温で長期保存できて便利です。

スープやパスタソース、リゾットなど使い回しがきくので1つは常備しておきたい食材です。

かいわれ大根

かいわれ大根は1回食べたあと、水に漬けておけばまた再収穫できます。

水につけて育てる場合は、水は毎日取り替えましょう。かいわれ大根だけでなく、豆苗やブロッコリースプラウトなど1つ買えば2回食べられるのでおすすめです。

日持ちする食材

日持ちする食材を紹介します。まとめ買いする際の参考にしてください、

・じゃがいも
・白菜
・玉ねぎ
・こんにゃく
・ウインナー
・缶詰
・乾麺

じゃがいも

じゃがいもは袋から出して、通気性が良く日が当たらない場所に新聞紙をかけて保管しておくと日持ちします。

常温でも、夏なら1週間ほど、寒い時期は1ヶ月ほど持ちます。

白菜

白菜は切ったものはラップにくるんで冷蔵庫で保存しましょう。

しっかり保管してあれば、2週間ほど持つこともあります。

玉ねぎ

新聞紙にくるんでおけば常温で保存できます。

日陰の風通しの良い場所であれば2ヶ月ほど持つと言われており、まとめ買いにおすすめの食材です。

こんにゃく

未開封であれば2ヶ月ほど日持ちします。おでんや煮物などで食べても、焼いてステーキ風にするのもおすすめです。

ウインナー

ウインナーはメーカーにもよりますが、だいたい20~25日ほど日持ちします。

生肉よりも日持ちするので、特売日などでまとめ買いをすると食費の節約につながります。

缶詰

未開封なら2~3年持ちます。非常食としてストックしておくのもおすすめです。

焼き鳥などのおかずや、フルーツ缶など種類は豊富にあります。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
スーモやホームズにない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶

おとり物件が少ないサイト3選のサムネイル
不動産屋の悪質な広告「おとり物件」が少ないサイト3選!
記事を読む ▶

買い物をラクにする方法

買い物がめんどくさい、自炊する際の献立が分からない、といった人は以下の2つの方法がおすすめです。

自分の生活スタイルに合わせて、参考にしてください。

ネットスーパーを使う

ネットスーパーは24時間スマホやパソコンから注文できて、家まで配達してもらえるサービスです。ほとんどのスーパーは、店頭と同じ価格で買えます。

店内で賞品を探す手間や、レジに並ぶ時間が節約できて便利です。お米やお水などの重いものを自分で運ぶ必要もありません。

送料はお店によって違いますが、一定金額以上の買い物で送料無料になる場合もあります。

ミールキットを使う

「ミールキット」とは、レシピと下ごしらえ済みの食材と調味料がセットになっている料理キットです。

わざわざ自分で献立を考えたり、買い物に行ったりしなくても、栄養バランスがとれた食事がすぐに作れます。

1食あたり600円前後なので、外食よりも安く健康的な食事ができます。レシピも簡単なので、料理初心者にもおすすめです。

節約できれば毎月の食費が3万円以下になる

総務省統計局が公表する「2021年度 家計調査 家計収支編 単身世帯」によると、一人暮らしの月の食費平均は約38,410円です。

以下の方法を実践することで、食費を3万円いないに抑えることができます。食費を節約したい人は参考にしてください。

  • ・自炊をする
  • ・コスパの良い食材で献立を考える
  • ・作り置きをする
  • ・買い物の回数を減らす

毎食、コスパの良い食材で自炊をすると、1食あたり300円ほどに抑えることができます。1ヶ月だと約2.8万円です。

作り置きをすることで、料理の手間をなくすことができます。また、まとめ買いをした食材で作り置きをすれば、節約にもつながります。

▶1ヶ月の食費を抑える方法はこちら

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶一人暮らし向けのお部屋を探す
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について