お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

ルームシェアのメリット・デメリットを徹底解説!体験談や成功するコツも公開!

ルームシェアをしているイメージイラスト

ルームシェアのメリットデメリットを実際にシェアハウスをしている人の体験談付きで解説します。

事前に決めておくと良いルールを紹介します。これからルームシェアをしようか迷っている人参考にしてください。

ルームシェアのメリット

ルームシェアとは、友達や他人と1つのお部屋を一緒に借りることです。以下の8つのようなメリットがあるので、若い人に人気があります。

  • ・家賃や生活費を抑えられる
  • ・良い条件の物件に住める
  • ・家事を分担できる
  • ・何かあった時に助け合える
  • ・相談相手が近くにいる
  • ・防犯面で安心感がある
  • ・良い家具や家電が揃えられる
  • ・生活リズムが整う

家賃や生活費を抑えられる

ルームシェアの1番のメリットは、1人あたりの金銭面の負担が軽くなることです。

家賃や光熱費が折半になるので、一人暮らしより出費を抑えられます。

例えば、都内で一人暮らしをすると家賃が7~8万円くらいかかります。1LDK以上の広い間取りは家賃10~12万円くらいなので、折半すると1ひとあたり5~6万円の出費で済みます。

貯金できるようになった
困り顔の男性のアイコン家賃と光熱費を折半にしているので、一人暮らしよりも貯金がしやすくなりました。都内の2LDKに住んでいて、家賃光熱費合わせて8万円くらいで済みます。(20代前半)

良い条件の物権に住める

ルームシェアは基本的に家賃を折半するので、好条件の物件に住むことができます。

お部屋が広くなり、お風呂やキッチンなどの設備が使いやすい、防犯性の高いセキュリティーが充実している物件に住めます。

設備が使いやすい
女性のアイコン一人暮らししていた時より設備が広くて使いやすいです。私的にはキッチンが広いので、料理をするのが楽しくなりました。お風呂も広くて足を伸ばせれるのも気に入っています。(20代後半)

家事を分担できる

ルームメイトと家事の分担ができるので、一人暮らしに比べて負担を減らせます。各自の得意分野で分担すれば、苦手な家事をしなくて済みます。

掃除が苦手だからありがたい
女性のアイコン掃除がどうしても苦手で、ルームシェアだと全部掃除しなくていいのでありがたいです。一人暮らしだとやっていなかった家事も分担すれば簡単にこなせます。(20代前半)

何かあった時に助け合える

荷物を受け取ってくれるルームメイトのイラスト

ルームシェアをしていると、病気やトラブルが起きたときなど様々な場面で助け合うことができます。

体調を崩したときに看病してもらう、宅配便を代わりに受け取ってもらうなど、一人暮らしではできないことも助けてもらえます。

動けないときに看病してくれた
女性のアイコン風を引いて寝込んだ時に、おかゆを作ってくれたり、ゼリーなどの食べやすい物を買ってきてくれたりと看病してくれました。体調を崩したときは特に心細かったので、ルームシェアして本当に良かったなと思いました。(20代前半)

相談相手が近くにいる

ルームシェアなら、話し相手や相談相手が近くにいるので心強いです。家に帰れば、ルームメイトがいるので、1人で悩まずに済みます。

気軽に相談できる
女性のアイコン仕事や恋愛など、なんでもきいてくれるのでありがたいです。お互いが暇なときはお酒飲みながら話し込んだりと、毎日が楽しいです。(20代後半)

防犯面で安心感がある

2人以上住むことで家を空ける時間が減ります。空き巣などの犯罪に巻き込まれる可能性が低くなります。

家に人がいるから安心する
女性のアイコン私よりも先にルームメイトが帰っているので安心感があります。実家に帰るなどの長期間家を空ける時も防犯面で安心できます。(20代前半)

いい家具や家電が揃えられる

ソファと3人の女性のイラスト

ルームシェアなら費用を折半することで性能の良い家具や家電を購入することができます。

ただ、折半して家具や家電を買う際は、退去時に誰が持っていくかを決めておきましょう。

大きいソファーを買いました
女性のアイコンルームメイトでみんなでリビングにくつろぎたいって話してて思わず高いソファーを買いました。1人だと絶対に買えない買い物なので、なんかうれしいです。(20代後半)

とにかく費用を抑えたい人同士が集まるのであれば、ルームシェアはかなりのメリットがあります。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める

ルームシェアのデメリット

ルームシェアにはメリットだけでなくデメリットもあります。ルームシェア開始後に後悔しないために、事前に確認すると良いです。

  • ・家賃や生活費の折半で揉める
  • ・家事の分担で揉める
  • ・共有スペースの使い方で揉める
  • ・使いたいときにお風呂やトイレが使えない
  • ・喧嘩すると気まずい
  • ・生活リズムが違うとストレスが溜まりやすい
  • ・恋人や友人を誘いにくい
  • ・私物を盗まれる、勝手に使われる
  • ・相手都合でルームシェア解消の場合がある

家賃や生活費の折半で揉める

ルームシェアは家賃をルームメイトの人数で割った場合、1人でも払えないとトラブルにつながります。

とくに、金銭的に自立していない、浪費癖が酷い人とルームシェアすると揉め事が起きやすいです。

だんだん払わなくなってきた
困り顔の女性のアイコン家賃と光熱費を折半にしていて最初はしっかり払っていました。慣れてからなのか「今月ピンチだから待って」と言われて、最初は私が代わりに払いました。同じことを何回も続けられたので、今までの分をきっちり払ってもらってルームシェアを解消しました。(20代後半)

家事の分担で揉める

しっかりと家事の分担を決めておかないと、どちらかに負担が偏ってしまい喧嘩の原因になります。

喧嘩にならないように、家事の分担は事前に決めておきましょう。

相手がさぼってばかり
困り顔の男性のアイコン家事は当番制にしていました。時々、仕事で帰りが遅くなるからと代わりにやっていましたが、だんだんと回数が多くなってほとんど自分がやっている時期がありました。(20代後半)

共有スペースの使い方で揉める

お風呂や洗面台の使い方、ごみのまとめ方などが違うことで揉める可能性があります。

育ってきた環境で考え方が違うので、同じような考え方の人や割り切れるタイプ人でないと、ルームシェアは難しいです。

使い終わったら片づけてほしい
困り顔の女性のアイコンお風呂や洗面台を使った後に髪の毛が凄かったので、使った後は掃除しようって決めました。話し合って決めたのに全くやってくれないです。共同スペースなんだからしっかりと守ってほしいです。(20代後半)

使いたいときにお風呂やトイレが使えない

一人暮らしの時は好きなタイミングで使えたお風呂やトイレが、ルームシェアをしているとが使いたいときに使えないです。

お互いに朝風呂派だった
困り顔の男性のアイコンお互いに朝風呂派だったので、
朝の支度が思うようにできないです。自分は夜帰りが遅いのでそのまま寝てしまうから夜に入ってほしいて思います。(20代前半)

喧嘩すると気まずい

ルームシェアをしていると、一緒に居る時間が長いのでその分喧嘩をする回数も多いです。喧嘩をしても、同じ空間にいることになるので気まずく感じます。

言い合った後に会うのは気まずい
困り顔の男性のアイコン喧嘩をした後にお互い自室にこもります。けど、トイレやお風呂でばったり会うと気まずすぎて、すぐに自室に戻ってしまいます。(20代後半)

生活リズムが違うとストレスが溜まりやすい

ルームメイトとの生活リズムが違いすぎると、ストレスが溜まりやすいです。

朝起きる時間が違うと相手のアラームで起きたり、帰りが遅くてすでに寝ている人を起こしてしまったりなど、ずっと気を使っての生活になってしまいます。

1日なら我慢できることも、毎日となるとストレスが溜まりやすいです。生活リズムがなるべく同じ人とルームシェアすると良いです。

寝られない
困り顔の男性のアイコン僕は基本夜勤が多いので朝遅くまで寝ています。けど、ルームメイトは朝早いみたいで、毎朝アラーム音や準備の音で起こされます。もう少し静かにしてほしいです。(20代前半)

恋人や友達を呼びにくい

他人と暮らすルームシェアは、自分だけが住んでいるわけではありません。勝手に人を呼んでしまうと、喧嘩やストレスの原因になります。

誘いにくくなった
困り顔の女性のアイコンルームシェアをしている人がここ最近毎日のようにリビングで友達と騒いでいます。1人で住んでるわけじゃないのでやめてほしいです。(女性/20代)

私物を盗まれる・勝手に使われる

勝手に私物を使われてイラッとしている人のイラスト

自分のものが勝手に使われていたり、自分の藻を勝手に食べられたりなど、物の貸し借りによるトラブルが多いです。

安心せずに、自室には鍵をかける、貴重品は鍵のかかっている場所に保管するなどの対策が必要です。

勝手に使ってる
困り顔の女性のアイコン自分のアクセサリーが無いので聞いたら勝手に使われていました。私が気が付かなかったらパクられたのかな、とか最近は何かなくなるたびに疑いそうになります。(20代後半)

相手都合でルームシェア解消の場合がある

ルームシェア解消を切り出される人のイラスト

ルームシェアは一時しのぎで暮らす人が多いです。シェアメイトに彼氏彼女が出来たり、転勤が決まったりすればあっさり解消することが多いです。

事前に言ってほしかった
困り顔の男性のアイコンルームメイトがいきなり彼女が出来たからと言って出ていきました。1ヶ月分の家賃と光熱費は置いてってくれたけど、1人では毎月家賃を支払うのはきついので退去しました。(20代後半)

喧嘩やトラブルにならないように、事前に話し合うと良いです。

ルームシェアできる物件は少ない

ルームシェアできる物件は少なく「ルームシェア不可」と記載されている物件が多いです。

以下で、ルームシェアができる物件が少ない理由を2つ解説します。

喧嘩による退去が多い

ルームシェアをしていると、喧嘩やトラブルは多くなりがちです。喧嘩でどちらか片方が出て行ってしまい家賃が払えなくなってしまったり、最悪の場合は解消になってしまいます。

大家さんは、空室になってしまうと家賃による収入が無くなってしまいます。

リスクのあるルームシェアより、しっかりと住み続けてくれる一人暮らしやファミリーに貸したほうが良いと考える大家さんが多いです。

近隣からの苦情を避けるため

友達同士でルームシェアをしていると、読同士騒いでしまう可能性があります。一人暮らしよりも、近隣トラブルになりがちです。

こういった苦情やトラブルを防ぐために、ルームシェア不可にしている賃貸物件が多いです。

ルームシェアするなら不動産屋に相談すべき

ルームシェアできるお部屋を探すなら、ネット上の不動産屋「イエプラ」が便利です。

イエプラはチャットやLINEでやりとりするお部屋探しアプリです。プロの不動産スタッフが、希望に沿ったお部屋を紹介してくれます。

細かい質問や相談にも親身に対応してくれるので、ルームシェアに関する疑問もすぐに解決できます。

深夜0時まで対応しているので、仕事が忙しい人も空いた時間でお部屋を探せます!

イエプラボタンバナー

事前にルールを決めておくべき

ルームシェアをする前にルールを決めておくと良いです。これからルームシェアをしようか迷っている人は、参考にしてください。

  • ・家賃や光熱費の負担方法
  • ・家事の負担方法
  • ・お互いのプライベートに干渉しすぎない
  • ・期間を決めておく

家賃や光熱費の負担方法

家賃や光熱費の負担割合や支払い方法は、1番最初に決めておくべきです。

「折半で良いのか」「何日までに用意するのか」「支払い方はどうするのか」の3点は必ず決めましょう。

家事の負担

家事の負担についても先に話し合うと良いです。誰か1人に家事を押し付けてしまうと、ストレスや不満が溜まり、喧嘩になりやすいです。

お互いのプライベートに干渉しすぎない

どれだけ仲の良い関係でも、仕事や恋愛などのプライベートには干渉しすぎないようにしましょう。

しつこく聞いてしまうと喧嘩になる可能性があります。

ルームシェアに期間を決めておく

ルームシェアは、だらだらと続けるのではなく期間を決めておくべきです。

2年や3年など、物件の更新時期に合わせると良いです。急に解消してしまうと、出て行かれた側に金銭面の負担がかかってしまいます。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶ 無料でお部屋探しを始める
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について