お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

戸建て賃貸のメリット・デメリットとは?持ち家や賃貸マンションと比べて解説!

戸建て賃貸のメリット・デメリットのイメージイラスト

戸建てに住みたいけど、賃貸と購入を迷っている人のために、戸建て賃貸のメリット・デメリットを徹底解説します!

戸建てを借りる際に確認すべきポイントや、購入のほうが向いている人の特徴、戸建てとマンションに住む際の比較についても紹介しています。是非参考にしてください。

この記事は、不動産屋「家AGENT」池袋店の阿部さんにも内容を監修してもらいました。

阿部さん

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

戸建てを借りる5つのメリット

戸建てを借りる場合、以下のような5つのメリットがあります。

  • ・購入するより初期費用が安い
  • ・固定資産税がかからない
  • ・引っ越しやすい
  • ・経年劣化による修繕費が安い
  • ・災害によるリスクが少ない

購入するより初期費用が安い

購入するよりも、借りたほうが数百万円も初期費用を抑えられます。

賃貸の初期費用は家賃の4.5~5ヶ月分ほどなので、家賃24万円の物件なら初期費用は20~100万円ほどです。

購入だと、購入価格の2割ほどの頭金、1割ほどの諸費用(手数料)が最低でも必要です。現金200~500万円ないと難しいです。

固定資産税がかからない

固定資産税とは、土地や建物などの資産を所有するとかかる「地方税」です。賃貸は、大家さんが所有者なので固定資産税は不要です。

購入した場合、年に1回「固定資産税」という、不動産を所有していることによる税金を支払わなければなりません。

引っ越しやすい

引っ越しのしやすさは、賃貸のほうが圧倒的です。退去連絡をおこない、修繕費を支払えば引っ越しできます。

購入してしまうと、住宅の売却や残っているローンの返済、行政関係の手続きなどかなりの手間がかかります。

経年劣化による修繕費が安い

戸建ては、国土交通省のガイドラインにより修繕の範囲が定められています。6年以上住んだお部屋は、経年劣化対象になるため、修繕費が安くなります。

お部屋内をキレイに使っていた人であれば、クリーニング費用のみで済むので、敷金が戻ってくることが多いです。

しかし、購入の場合は経年劣化していても全て自分の支払いになります。1度の修理で50~100万円かかる場合もあります。

災害によるリスクが少ない

火災保険・家財保険に加入しているので、災害などで破損した箇所の修繕費用は大家さんに負担してもらえます。

戸建て購入時も、火災保険に加入することが多いですが、すべての金額を保険で賄えません。結局は実費になってしまいます。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める

戸建てを借りる3つのデメリット

しょんぼりする女性のイラスト

戸建てを借りる場合は、以下の3つのデメリットが生じます。主に金銭面が大きいので、よく考えたほうが良いです。

  • ・長期間住むとトータル費用が高くなる
  • ・資産が残らない
  • ・自由に設備を付け外しできない

長期間住むとトータル費用が高くなる

30年以上の長期間住む場合は、購入したほうが安いケースが多いです。

家賃17.8万円の戸建て賃貸に30年住むより、5000万円の戸建てを購入するほうがトータルで1400万円ほど安いです。

賃貸だと「家賃」「管理費」「2年毎の更新費」がかかるうえ、場合によっては家賃の値上がりがあります。

購入の場合は、初期費用がかなり高いですが、毎月の支払負担額は賃貸よりも安くなります。

資産が残らない

賃貸は、あくまでも大家さんから物件を借りている状態です。老後や子どものための資産にはなりません。

持ち家なら、自分の子どもに物件や土地を残したり、誰かに貸して家賃収入を得たり、売却して新しい持ち家を購入する際の頭金にしたりできます。

自由に設備を付け外しできない

賃貸物件の内装や設備は、大家さんが決めます。取り外しや新しいものの設置は、全て事前に許可が必要です。

許可が下りたとしても、退去時に原状回復しなければいけないケースもあります。

所有権で購入した場合の持ち家は、自分で費用を払えば好きに設備を変更できます。

戸建てを借りるなら不動産屋に相談すべき

戸建ての賃貸は、築年数が古くて売却できない物件を貸している場合が多いです。そのため、設備や管理体制がどうなってるか、不動産屋に確認したほうが良いです。

ネット上の不動産屋「イエプラ」なら、来店不要で気軽にチャットやLINEから相談可能です。スタッフが手動で返信しているので、細かい部分も確認できます。

深夜0時まで営業しているので、お店に行く暇がない人や、移動中や寝る前のスキマ時間を活用したい人に特におすすめです。

全国の物件情報が集まる業者専用のデータベース「ATBB」を使用しているので、ネット上にない物件の紹介もしてもらえます

イエプラボタンバナー

戸建てを借りる際に確認すべきポイント

戸建て物件を賃貸として借りる際は、築年数が古かったり、契約内容が微妙なことがあるので、以下のことを確認してください。

最低限確認すべきこと
  • ・契約できる期間が短くないか
  • ・木造か鉄骨か
  • ・築年数やお部屋の設備について
  • ・管理体制はどうなっているか

契約できる期間が短くないか

戸建て賃貸は、大家さんが使用していない期間だけ、一時的に貸している場合があります。

契約年数が決まっている「定期借家契約」ではないか、大家さんが直近5年以内に戻ってくる可能性は無いか確認すべきです。

売却中の一定期間だけ賃貸として貸し出している場合もあります。長期的に住む場合は、あらかじめ賃貸目的で建てられた物件のほうが良いです。

木造か鉄骨か

戸建ての建物構造は「木造」か「鉄骨造」が一般的です。できれば、鉄骨造の戸建てを選んでください。

木造だと、築年数が古い場合は地震や台風などの自然災害で破損したり、柱などのスキマから虫が入ってくる可能性があります。

築年数やお部屋の設備について

築年数は、1990年以降に建てられた物件であれば良いです。耐震基準は1981年以降と言われていますが、日本の建築方法は1990年以降に大きく変化しているからです。

お部屋の設備は、状態を確認してください。古すぎるとすぐに壊れて不便です。また、水回りのリフォームが入っているかも合わせて聞いておくと良いです。

管理体制はどうなっているか

物件がどういう管理体制になっているのかしっかり把握しておきましょう。

戸建て賃貸の場合「自主管理」といって、大家さんが管理会社を通さず自分で管理している場合があります。

設備が壊れた際の修理代や、トラブルの後の対処は全て自分でおこなわなければいけないので面倒です。

管理会社を通している物件なら、設備が壊れたりトラブルがあっても管理会社に連絡すれば対処してくれます。

長期間同じ場所に住み続けるなら購入のほうが良い

30年以上の長期間、同じ場所に住み続ける予定の人は、賃貸よりも購入したほうが良いです。

トータル費用が抑えられるのはもちろん、賃貸よりも毎月の負担額が抑えられます。一人暮らしの場合は1~2万円ほど、ファミリーなら5万円以上安くなります。

また、長期間住むにあたって、自分が住みやすい環境を作りやすいのも購入のメリットと言えます。

そのほか戸建てを購入するメリット
  • ・トータル費用が賃貸より安い
  • ・賃貸より毎月の負担額が抑えられる
  • ・資産として手元に残る
  • ・賃貸より設備のグレードが高い
  • ・広い間取りに住める
  • ・2年毎の更新の手間が無い
  • ・大家さんや管理会社を気にする必要がない
  • ・社会的信用度が高くなる

購入だと住宅ローンの返済が大変と思いがちですが、物件によっては賃貸の家賃よりも負担を減らせます。

家を資産として残せるので、将来を考える人であればかなりお得だと言えます。

ただし、初期費用が賃貸の3倍以上かかったり、気軽に引っ越せない点がネックです。身軽さ優先であれば、おすすめしません。

戸建てとマンションを比較した際のメリット・デメリット

戸建てに住むか迷っている人のために、マンションを比較した際のメリット・デメリットを簡単に解説します。

戸建てに住むメリット

戸建てに住むメリットは、大きく分けて4つあります。

  • ・近隣住民の騒音を気にしなくて良い
  • ・収納スペースが多い
  • ・駐車場や庭付きが多い
  • ・物件のルールが厳しくない

近隣住民の騒音を気にしなくて良い

戸建ての場合は、同じ建物に自分たちしか住んでいないので、足音などの騒音を気にしなくて良いです。

唯一気を付けるとしたら、深夜遅くの騒音のみです。よほどうるさくない限りは、夜中のお風呂で歌を歌っても平気です。

収納スペースが多い

戸建ての場合は家族で住む前提で作られているので、収納スペースが多いです。

余った部屋をまるまるウォークインクローゼットとして使うこともできるので、収納場所に困ることはありません。

駐車場や庭付きが多い

戸建てには駐車場や庭がもともと付いていることが多いです。駐車場で洗車したり、庭でガーデニングを楽しんだり、バーベキューなどのアウトドアもできます。

マンションの場合は、駐車場は別料金の場合も多いので余計な費用がかかります。庭付きマンションも少なく、付いていたとしても自由に使うことができない場合が多いです。

物件のルールが厳しくない

戸建ては、住んでいる人が自分の世帯しかいないので、地域のゴミ出しルールくらいしか規約がありません。

マンションの場合は、ゴミの出し方・騒音について・共有部分の使い方などの規約が細かく決められています。

また、マンション組合による独自のルールが定められているケースもあるので、人によっては窮屈に感じます。

戸建てに住むデメリット

戸建てに住むデメリットは、3つあります。主にセキュリティ面が弱いので、女性の一人暮らしであればおすすめしません。

  • ・マンションより家賃が高い
  • ・防犯性が低い
  • ・築年数が古い戸建てが多い

マンションより家賃が高い

同じ4LDKの間取りでも、戸建てはマンションより家賃が高い場合が多いです。同じエリアで戸建てを探すと、賃貸のほうが5~10万円も高いです。

マンションなど戸数が多い物件は、全入居者で管理費などを割るためある程度安くできます。しかし、戸建ては全て自分たち負担です。

大家さんの収入を少しでも増やすために、家賃や管理費が高めに設定されています。

防犯性が低い

マンションのようにオートロックがついていたり、防犯カメラがついていているわけではないので、戸建ては防犯性が低い場合が多いです。

戸建ての場合は自分で防犯性の高い鍵を取り付けたり、ホームセキュリティサービスに加入するなどの対策が必要になります。

築年数が古い戸建てが多い

賃貸として貸し出されている戸建ては、誰も住まなくなったので貸しに出した物件ばかりです。築30~50年と古いお部屋が多いです。

建物自体の耐久性・耐震性が気になるうえ、内装が汚い畳のお部屋に当たる可能性が高いです。

戸建てに住もうか悩んでいる人は、マンションを比較して、本当に大丈夫かどうか今一度判断したほうが良いです。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

お店に行かなくても「イエプラ」なら、アプリやLINEで希望を伝えてお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです。

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶ 無料でお部屋探しを始める

follow us in feedly
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について