2021年10月最新|新電力会社おすすめランキング!【世帯別で料金比較】

最終更新日:2021年10月15日
新電力会社のおすすめランキング

「新電力会社に切り替えて、固定費を安くしたい」「一番お得な電力会社を知りたい」という人向けに、おすすめの電力会社を紹介します!

現在、新電力会社は全国に706社( 時点)あり、会社によって料金がバラバラなので選ぶのが大変です。

この記事では、新電力会社ごとの特徴や料金、おすすめ理由などをわかりやすく解説しています。ぜひ参考にしてください!

新電力会社おすすめランキング【2021年10月最新】

電力おすすめ記事バナー画像
現在、新電力会社のおすすめランキングTOP10は以下のとおりです!

ロゴをタップすると、各電力会社の解説に移動します。

新電力会社 おすすめ理由
エルピオでんきのロゴ ・とにかく安い!業界最安値
・キャンペーンで最大2万円キャッシュバック
・ガスとのセット割あり
・使用開始までが早い
公式サイト
Looopでんきのロゴ ・基本料金0円
・3人以上の世帯にオススメ
・ガスとのセット割あり
・オール電化プランあり
公式サイト
シン・エナジーのロゴ ・電気をあまり使わない人向け
・生活に合わせたプランが豊富
・在宅勤務向けのプランあり
・JALのマイルが貯まる
公式サイト
ENEOSでんきのロゴ ・ポイント還元の選択肢が豊富
・2年以上利用で料金が安くなる
・ENEOSカードでの支払いでガソリン代が割引に
公式サイト
楽天でんきのロゴ ・基本料金0円
・楽天ポイントが貯まる
公式サイト
おうちでんきのロゴ ・初月の電気代が無料
・スマホ、ネットのセット割あり
・paypayボーナスがもらえる
公式サイト
あしたでんきのロゴ ・基本料金0円
・料金プランがシンプル
・電気をたくさん使うほどお得
公式サイト
J:COM電力のロゴ ・電気代最大10%割引
・最大約7千円のキャッシュバックあり
・電気量の多い家庭にオススメ
・オール電化にも対応
公式サイト
まちエネのロゴ ・Pontaポイントが貯まる
・毎月ローソンの商品がもらえる
公式サイト
リミックスでんきのロゴ ・電気代が最大5%安くなる
・基本料金0円プランあり
・ビットコイン還元プランあり
公式サイト

電気代が安い新電力会社を徹底比較【世帯人数別】

どの新電力会社がお得なのか分かるよう、おすすめ上位10社の「1年間の電気代」を算出して比較しました。

タブを切り替えると世帯人数に合わせて内容が変わります。また、一覧表はそれぞれ横にスクロール可能です。

実質料金算出時の条件(タップで開閉)
  • ・東京電力エリアでの初年度の年間実質料金で比較
  • ・一人暮らしは30V、二人暮らし以上は40vでの契約を想定
  • ・電気代は東京都環境局が公表している世帯人数別の平均電力使用量をもとに計算
  • ・キャンペーンを適用した場合の金額を記載
  • ・セット割を利用した場合の金額を記載
1年間の電気代 1年間の節約額 1か月の電気代 セット割 キャッシュバック ポイント還元 おすすめプラン 公式サイト
エルピオでんきのロゴ 55,217円 4,382円 4,280円 なし 30A:3,500円 なし スタンダードプラン
ライト30A
公式サイト
Looopでんきのロゴ 57,746円 965円 4,886円 ガス
(従量料金の約2%割引)
なし なし おうちプラン+ガス割 公式サイト
シン・エナジーのロゴ 56,238円 3,361円 4,687円 なし なし なし きほんプラン 公式サイト
シン・エナジーのロゴ 57,645円 1,954円 4,863円 なし なし dポイント、Tポイントなど エリアによって
異なる
公式サイト
楽天でんきのロゴ 5,7503円 2,096円 4,725円 なし なし 楽天ポイント プランS 公式サイト
おうちでんきのロゴ 5,0725円 8,874円 4,870円 スマホ・ネット
(1回線110円/月割引)
初月無料 paypayボーナス
(アプリ利用)
なし 公式サイト
あしたでんきのロゴ 57,895円 1,704円 4,915円 なし なし なし 標準プラン 公式サイト
J:COM電力のロゴ 5,5893円 3,706円 4,936円 3,960円割引
(330円×12ヶ月)
ガス なし 家庭用コース従量B 公式サイト
まちエネのロゴ 58,426円 1,173円 4,869円 なし なし Pontaポイント きほんプラン 公式サイト
リミックスでんきのロゴ 86,759円 3,647円 7,229円 なし なし ビットコイン
(仮想通貨付与プランのみ)
電気代割引プラン 公式サイト
1年間の電気代 1年間の節約額 1か月の電気代 セット割 キャッシュバック ポイント還元 おすすめプラン 公式サイト
エルピオでんきのロゴ 55,217円 4,382円 4,280円 なし 30A:3,500円 なし スタンダードプラン
ライト30A
公式サイト
Looopでんきのロゴ 57,746円 965円 4,886円 ガス
(従量料金の約2%割引)
なし なし おうちプラン+ガス割 公式サイト
シン・エナジーのロゴ 56,238円 3,361円 4,687円 なし なし なし きほんプラン 公式サイト
シン・エナジーのロゴ 57,645円 1,954円 4,863円 なし なし dポイント、Tポイントなど エリアによって
異なる
公式サイト
楽天でんきのロゴ 5,7503円 2,096円 4,725円 なし なし 楽天ポイント プランS 公式サイト
おうちでんきのロゴ 5,0725円 8,874円 4,870円 スマホ・ネット
(1回線110円/月割引)
初月無料 paypayボーナス
(アプリ利用)
なし 公式サイト
あしたでんきのロゴ 57,895円 1,704円 4,915円 なし なし なし 標準プラン 公式サイト
J:COM電力のロゴ 5,5893円 3,706円 4,936円 3,960円割引
(330円×12ヶ月)
ガス なし 家庭用コース従量B 公式サイト
まちエネのロゴ 58,426円 1,173円 4,869円 なし なし Pontaポイント きほんプラン 公式サイト
リミックスでんきのロゴ 86,759円 3,647円 7,229円 なし なし ビットコイン
(仮想通貨付与プランのみ)
電気代割引プラン 公式サイト
1年間の電気代 1年間の節約額 1か月の電気代 セット割 キャッシュバック ポイント還元 おすすめプラン 公式サイト
エルピオでんきのロゴ 75,272円 15,134円 6,939円 なし 30A:3,500円 なし スタンダードプランS 公式サイト
Looopでんきのロゴ 8,5774円 4,632円 7,148円 ガス
(従量料金の約2%割引)
なし なし おうちプラン+ガス割 公式サイト
シン・エナジーのロゴ 85,462円 4,944円 6,919円 なし なし なし 【夜】生活フィットプラン 公式サイト
シン・エナジーのロゴ 87,565円 2,841円 7,236円 なし なし dポイント、
Tポイントなど
エリアによって
異なる
公式サイト
楽天でんきのロゴ 87,209円 3,197円 7,095円 なし なし 楽天ポイント プランS 公式サイト
おうちでんきのロゴ 78,886円 11,520円 7,512円 スマホ・ネット
(1回線110円/月割引)
初月無料 paypayボーナス
(アプリ利用)
なし 公式サイト
あしたでんきのロゴ 85,223円 5,183円 7,052円 なし なし なし 標準プラン 公式サイト
J:COM電力のロゴ 85,048円 5,358円 7,153円 3,960円割引
(330円×12ヶ月)
ガス なし 家庭用コース従量B 公式サイト
まちエネのロゴ 89,429円 977円 7.452円 なし なし Pontaポイント きほんプラン 公式サイト
リミックスでんきのロゴ 58,407円 1,192円 4,867円 なし なし ビットコイン
(仮想通貨付与プランのみ)
電気代割引プラン 公式サイト
1年間の電気代 1年間の節約額 1か月の電気代 セット割 キャッシュバック ポイント還元 おすすめプラン 公式サイト
エルピオでんきのロゴ 75,272円 15,134円 6,939円 なし 30A:3,500円 なし スタンダードプランS 公式サイト
Looopでんきのロゴ 8,5774円 4,632円 7,148円 ガス
(従量料金の約2%割引)
なし なし おうちプラン+ガス割 公式サイト
シン・エナジーのロゴ 85,462円 4,944円 6,919円 なし なし なし 【夜】生活フィットプラン 公式サイト
シン・エナジーのロゴ 87,565円 2,841円 7,236円 なし なし dポイント、
Tポイントなど
エリアによって
異なる
公式サイト
楽天でんきのロゴ 87,209円 3,197円 7,095円 なし なし 楽天ポイント プランS 公式サイト
おうちでんきのロゴ 78,886円 11,520円 7,512円 スマホ・ネット
(1回線110円/月割引)
初月無料 paypayボーナス
(アプリ利用)
なし 公式サイト
あしたでんきのロゴ 85,223円 5,183円 7,052円 なし なし なし 標準プラン 公式サイト
J:COM電力のロゴ 85,048円 5,358円 7,153円 3,960円割引
(330円×12ヶ月)
ガス なし 家庭用コース従量B 公式サイト
まちエネのロゴ 89,429円 977円 7.452円 なし なし Pontaポイント きほんプラン 公式サイト
リミックスでんきのロゴ 58,407円 1,192円 4,867円 なし なし ビットコイン
(仮想通貨付与プランのみ)
電気代割引プラン 公式サイト
1年間の電気代 1年間の節約額 1か月の電気代 セット割 キャッシュバック ポイント還元 おすすめプラン 公式サイト
エルピオでんきのロゴ 91,509円 13,884円 6,939円 なし 30A:3,500円 なし スタンダードプランS 公式サイト
Looopでんきのロゴ 97,706円 7,687円 8,160円 ガス
(従量料金の約2%割引)
なし なし おうちプラン+ガス割 公式サイト
シン・エナジーのロゴ 97,382円 8,011円 7,824円 なし なし なし 【昼】生活フィットプラン
または
【夜】生活フィットプラン
公式サイト
シン・エナジーのロゴ 99,317円 6,076円 7,881円 なし なし dポイント、
Tポイントなど
エリアによって
異なる
公式サイト
楽天でんきのロゴ 97,383円 8,010円 7,941円 なし なし 楽天ポイント プランS 公式サイト
おうちでんきのロゴ 91,900円 13,493円 8,699円 スマホ・ネット
(1回線110円/月割引)
初月無料 paypayボーナス
(アプリ利用)
なし 公式サイト
あしたでんきのロゴ 97,351円 8,042円 8,060円 なし なし なし 標準プラン 公式サイト
J:COM電力のロゴ 91,781円 13,612円 8,258円 3,960円割引
(330円×12ヶ月)
ガス なし 家庭用コース従量B 公式サイト
まちエネのロゴ 99,038円 6,355円 8,747円 なし なし Pontaポイント きほんプラン 公式サイト
リミックスでんきのロゴ 99,120円 6,273円 8,260円 なし なし ビットコイン
(仮想通貨付与プランのみ)
電気代割引プラン 公式サイト
1年間の電気代 1年間の節約額 1か月の電気代 セット割 キャッシュバック ポイント還元 おすすめプラン 公式サイト
エルピオでんきのロゴ 91,509円 13,884円 6,939円 なし 30A:3,500円 なし スタンダードプランS 公式サイト
Looopでんきのロゴ 97,706円 7,687円 8,160円 ガス
(従量料金の約2%割引)
なし なし おうちプラン+ガス割 公式サイト
シン・エナジーのロゴ 97,382円 8,011円 7,824円 なし なし なし 【昼】生活フィットプラン
または
【夜】生活フィットプラン
公式サイト
シン・エナジーのロゴ 99,317円 6,076円 7,881円 なし なし dポイント、
Tポイントなど
エリアによって
異なる
公式サイト
楽天でんきのロゴ 97,383円 8,010円 7,941円 なし なし 楽天ポイント プランS 公式サイト
おうちでんきのロゴ 91,900円 13,493円 8,699円 スマホ・ネット
(1回線110円/月割引)
初月無料 paypayボーナス
(アプリ利用)
なし 公式サイト
あしたでんきのロゴ 97,351円 8,042円 8,060円 なし なし なし 標準プラン 公式サイト
J:COM電力のロゴ 91,781円 13,612円 8,258円 3,960円割引
(330円×12ヶ月)
ガス なし 家庭用コース従量B 公式サイト
まちエネのロゴ 99,038円 6,355円 8,747円 なし なし Pontaポイント きほんプラン 公式サイト
リミックスでんきのロゴ 99,120円 6,273円 8,260円 なし なし ビットコイン
(仮想通貨付与プランのみ)
電気代割引プラン 公式サイト

一人暮らし向け電力会社ランキング

一人暮らしの人におすすめの新電力会社を3社厳選しました。それぞれ会社のおすすめの料金プランも掲載しています。

シン・エナジーのロゴ 1位:シン・エナジー きほんプラン
・電気をあまり使わなくても必ず安くなる
・他社に比べて従量料金が安め
公式サイト
リミックスでんきのロゴ 2位:リミックスでんき 電気代割引プラン
・電気をあまり使わなくても必ず5%は安くなる

公式サイト
エルピオでんきのロゴ 3位:エルピオでんき スタンダードプランライト30A
・業界最安値
・一人暮らしだけど比較的電気をたくさん使う人におすすめ
公式サイト
シン・エナジーのロゴ 1位:シン・エナジー
きほんプラン

・電気をあまり使わなくても必ず安くなる
・他社に比べて従量料金が安め
公式サイト
リミックスでんきのロゴ 2位:リミックスでんき
電気代割引プラン
・電気をあまり使わなくても必ず5%は安くなる

公式サイト
エルピオでんきのロゴ 3位:エルピオでんき
スタンダードプランライト30A

・業界最安値
・一人暮らしだけど比較的電気をたくさん使う人におすすめ
公式サイト

二人暮らし向け電力会社ランキング

夫婦や同棲カップルなど二人暮らしの場合、

二人暮らしの人におすすめの新電力会社を3社厳選しました。それぞれ会社のおすすめの料金プランも掲載しています。

エルピオでんきのロゴ 1位:エルピオでんき スタンダードプランS
・業界最安値
40A以上の家庭は最大8,000円キャッシュバック
公式サイト
おうちでんきのロゴ 2位:おうちでんき おうちでんきプラン
・ソフトバンクユーザーなら1回線ごとに割引あり
・初月の電気代が無料
公式サイト
J:COMでんきのロゴ 3位:J:COM電力 家庭用コース従量B
・キャンペーンで最大7,920円割引
・一人暮らしだけど比較的電気をたくさん使う人におすすめ
公式サイト
エルピオでんきのロゴ 1位:エルピオでんき
スタンダードプランS

・業界最安値
40A以上の家庭は最大8,000円キャッシュバック
公式サイト
おうちでんきのロゴ 2位:おうちでんき
おうちでんきプラン
・ソフトバンクユーザーなら1回線ごとに割引あり
・初月の電気代が無料
公式サイト
J:COMでんきのロゴ 3位:J:COM電力
家庭用コース従量B

・キャンペーンで最大7,920円割引
・一人暮らしだけど比較的電気をたくさん使う人におすすめ
公式サイト

3人以上の世帯向け電力会社ランキング

3人以上の世帯におすすめの新電力会社を3社厳選しました。それぞれ会社のおすすめの料金プランも掲載しています。

エルピオでんきのロゴ 1位:エルピオでんき スタンダードプランS
・業界最安値
40A以上の家庭は最大8,000円キャッシュバック
公式サイト
Looopでんきのロゴ 2位:Looopでんき おうちプラン
・基本料金が0円
・ガスとのセット割あり
公式サイト
あしたでんきのロゴ 3位:あしたでんき 標準プラン・基本料金が0円
・料金プランがシンプル
公式サイト
エルピオでんきのロゴ 1位:エルピオでんき
スタンダードプランS

・業界最安値
40A以上の家庭は最大8,000円キャッシュバック
公式サイト
Looopでんきのロゴ 2位:Looopでんき
おうちプラン
・基本料金が0円
・ガスとのセット割あり
公式サイト
あしたでんきのロゴ 3位:あしたでんき
標準プラン

・基本料金が0円
・料金プランがシンプル
公式サイト

新電力会社とは

新電力会社とは「電力自由化」により新規参入してきた「電気の小売業者」のことです。

電力自由化の説明画像

2016年4月の「電力自由化」以前は、一般家庭は地域ごとに決められた電力会社がとしか契約できませんでした。

しかし現在は、料金設定が安かったり、ガスと契約をセットにできる電力会社などと自由に契約できます。

多くの新電力会社の料金が安いのは、人件費やメンテナンス費がかかっていないためです。

新電力会社で取り扱っている電力は、従来の送電線を通って家庭に送られています。そのため、どの会社も電力自体の質は変わりません。

電気の品質は変わらない

地域の電力会社から新電力に切り替えても、電気の品質は変わりません。

供給される電気や、供給方法は切り替え前と変わらないからです。

「新電力に切り替えてから停電しやすくなった」ということもないので、安心して電気が使えます。

新電力会社のメリット

従来の地域電力会社から新電力に切り替えた際のメリットは、以下の7つです。

  • ①毎月の電気代が安くなる可能性が高い
  • ②生活スタイルにあった料金プランを選べる
  • ③ガスやネットのセット割がある
  • ④ポイント還元やキャッシュバックキャンペーンがある
  • ⑤環境保全に貢献できる
  • ⑥使用量をWebやアプリで確認できる

①毎月の電気代が安くなる可能性が高い

新電力会社の最大のメリットは、従来よりも電気代が安くなる可能性が高いことです。

多くの新電力会社は、東京電力や関西電力などの地域の電力会社よりも、電気料金を安く設定しています。

料金が安い理由は、地域の電力会社よりも人件費や設備の維持費などを削っているためです。

②生活スタイルにあわせた料金プランを選べる

電力会社によっては、「昼間・夜間の料金が安い」など生活スタイルに合わせた料金プランが選べます。

例えば「シン・エナジー」には、在宅勤務中の家庭におすすめの「昼間の料金が安い」プランがあります。

③ガスやネットのセット割がある

電力会社によっては、ガスやネットと電力を一緒に契約するとセット割が利用できる場合があります。

例えば「おうちでんき」は、ソフトバンクのスマホ・ネットの1回線につき、毎月電気料金が110円割引されます。

電気代だけでなくその他の固定費も安くできるので、節約したい人にとっては大きなメリットです。

④ポイント還元やキャッシュバックキャンペーンがある

新規契約時に、ポイント還元やキャッシュバックなどのキャンペーンを実施している会社があります。

中には、電気利用料に応じてポイントがたまる会社もあります。

電力会社選びの際は、料金の安さだけでなくキャンペーンやポイントのお得さもチェックすべきです。

⑤環境保全に貢献できる

新電力会社の中には、電気の使用を通じて環境保全に貢献できる会社があります。

例えば、電気料金の一部を環境保護活動へ募金できたり、CO2排出量が少ない再生可能エネルギーを利用できます。

安さだけでなく「なるべくエコを心がけたい」と考えている人にとっても、新電力はおすすめです。

⑥使用量をWebやアプリで確認できる

新電力会社の多くは、毎月の電気使用量をWeb上やアプリで確認できます。

会社によっては、リアルタイムの使用量を確認できたり、時間帯別にグラフで表示してくれる売愛もあります。

なお、従来の地域電力会社のように、紙の検針票が届くパターンは少ないです。

新電力会社のデメリットと注意点

新電力会社には、メリットだけでなくデメリットもあります。

また、思わぬ失敗に繋がる注意点もあるので、よく理解した上で契約しましょう。

  • ①生活スタイルに合っていないと電気代が高くなる場合がある
  • ②解約金が設定されている場合がある
  • ③支払い方法がカードのみの場合がある
  • ④紙の検針票が有料

①生活スタイルに合っていないと電気代が高くなる場合がある

自分の生活スタイルや電気使用量と料金プランが合っていないと、従来の電気代よりも高くなる場合があります。

一人暮らしのような電気をあまり使用しない家庭だと、電気をたくさん使う家庭向けのプランは合いません。

また、オール電化の家庭も「オール電化向け」と書かれているプランでないと電気代が高くなる可能性が高いです。

②解約金が設定されている場合がある

電力会社によっては、解約時に解約金(違約金)が発生する場合があります。

転勤や引っ越しの予定がある人は、契約時に解約金の有無や契約期間に縛りがあるかよく確認しておきましょう。

また、解約金が発生しない場合でも、キャッシュバックキャンペーンなどを受け取れない場合もあります。

③支払い方法がカードのみの場合がある

電力会社によっては、電気料金の支払い方法がクレジットカードのみの場合があります。

カード払いのみの場合、クレジットカードを持っていない人だとそもそも契約できません。

大体の新電力会社は、HPに支払い方法を記載しています。必ず確認しましょう。

④紙の検針票が有料

電力会社によっては、紙の検針票の発行に手数料がかかる場合があります。

発行手数料の相場は大体100~200円です。また、別途申し込みが必要なことが多いです。

新電力会社の選び方や抑えておくべき条件

注意を促す女の子イラスト

この項目では、新電力会社を選び方や抑えるべき注意点を紹介していきます。申し込み前に、以下の5点は必ずチェックしましょう。

  • ①供給可能エリアを確認する
  • ②現在の電気使用量を把握する
  • ③自分の生活スタイルに合ったプランを選ぶ
  • ④解約金がかからない新電力を選ぶ
  • ⑤市場連動型の新電力はさける
  • ⑥必ず公式サイトで料金シミュレーションする

具体的に何にどう注意すべきか、以降で詳しく解説していきます。

①供給可能エリアを確認する

電力会社の供給可能エリアは必ず確認しましょう。電力会社の中には、供給エリアが限定的で、全国供給していないケースがあります。

どんなに料金プランが魅力的でも、供給エリア外だと契約できません。

特に北海道・沖縄を含む離島は供給エリアから外れていることが多いです。

②現在の電気使用量を把握する

現在、自分の家庭が毎月どれくらい電気を使用しているのか把握しておくべきです。

1か月の使用量が少ないか多いかで、合う料金プランが分かれるからです。

使用量は毎月届く検針票で確認できます。また、地域電力によってはWeb上で過去の電気使用量も確認できます。

以下は、世帯人数・建物の種類別の1か月の平均電気使用量です。季節によって変動はありますが、目安にしてください。

戸建て 集合住宅
一人暮らし 219kWh 186kWh
二人暮らし 331kWh 272kWh
三人暮らし 313kWh 331kWh
四人暮らし 436kWh 316kwh
上記の表の電気代は、東京都環境局が公表している世帯人数別の平均電力使用量をもとに計算しています。
※供給エリアや時期、料金プランによって金額は前後します。

③自分の生活スタイルに合ったプランを選ぶ

なるべく、自分の生活スタイルにあった料金プランを選びましょう。

以下で、それぞれの生活スタイルにおすすめの料金プランをまとめました。

1か月の電気使用量が
150kwh以下
従量料金が安いプラン
1か月の電気使用量が
300kwh以上
基本料金0円プラン
オール電化 オール電化向けプラン
時間帯別プラン
日中は家にいない 時間帯別プラン

新電力会社によっては、生活時間帯で料金が変わる料金プランが用意されています。

例えば、日中は家にいない共働きのカップルや夫婦なら、夜の電気料金が安くなるプランがおすすめです。

④解約金がかからない新電力を選ぶ

できるだけ、解約金がかからない新電力会社を選びましょう。

解約金0円であれば、万が一料金プランが自分と合わなくても、すぐに他の新電力会社に乗り換えられます。

違約金に関する表記はあまり目立たず、各電力会社のHPの端に書いてあることが多いです。HP内をよく確認しましょう。

⑤市場連動型の新電力はさける

電気代が市場変動価格を採用している新電力(市場連動型)は避けましょう。その理由は、市場の取引価格が上がれば、従量料金も高くなるからです。

2020年12月下旬から、コロナや厳冬の影響により日本卸電力取引所(JEPX)に供給される電力が減りました。

そのせいで、1kWhあたり300円超えという高値がついています。一人暮らしで約5万円の電気代になります。

このような事態を避けるためにも、市場連動型プランの新電力は避けたほうが良いです。

⑥必ず公式サイトで料金シミュレーションする

必ず新電力会社のHPにある料金シミュレーションを試して、毎月の電気代がどれくらいになるのか確認しましょう。

シミュレーションをしないと、その電力会社が本当に自分に合っているのか判断できません。最悪、以前よりも電気代が高くなってしまうこともあります。

複数社でシミュレーションして、結果を見比べると分かりやすいです。1か月の電気代か電気料金が必要なので、検針票を手元に用意しておきましょう。

とにかく限界まで電気代を安くしたいならエルピオでんき

エルピオでんきのロゴ

サービス名 エルピオでんき
おすすめプラン スタンダードプランS
スタンダードプランライト30A
総合評価 総合評価はとても高い
提供エリア 全国(北海道、沖縄、その他離島除く)
基本料金
(東京電力エリア
きほんプラン)
40A 1,086.8円
50A 1,344.2円
60A 1,613.04円
1kWhあたりの
電力量料金
(東京電力エリア
きほんプラン)
~120kWh 18.84円
121kWh〜300kWh 23.03円
301kWh〜 25.78円
最低契約
アンペア数
40A
(東京電力エリアのみ30A)
市場連動型
プラン
なし
サポートの
対応時間
9:00~18:00
(土日祝日、特定休業日を除く)
解約金・違約金 なし
キャンペーンや特徴 ・とにかく電気代が安い
・申し込み~使用開始可能までが早い
・安心駆けつけサービスあり
おすすめな人 ・プロパンガスを使っている
・切り替えが面倒だから簡単なほうが良い
・自分に合ったプランを選びたい
・解約金が掛からないところで試してみたい
・トラブル時に安心できるサポートが欲しい
公式URL 格安電力サービス【エルピオでんき】

エルピオでんきは、電気料金が業界内でも安いことが特徴の新電力会社です。

また、LPガスの供給をメインにおこなっている企業なので、電気とガスのセット割プランもあります。

時期によっては20,000円のキャッシュバックキャンペーンも実施しています。

とにかく料金が安い

エルピオでんきの電気料金は業界最安値なので、できるだけ電気料金を安くしたい人におすすめです。

ポイント還元がない分、基本的な料金設定が安くなっています。

特に300kWh以上の電力量料金が地域電力会社よりもかなり安く設定されているので、電気をたくさん使うファミリー世帯はお得になりやすいです。

ガスとのセット割でさらにお得になる

電気とガスをセットで契約すると、毎月の合計金額から100円割引されます。

ガスの料金設定も安く設定されているので、固定費をまとめて安く抑えられます。

キャッシュバックキャンペーンが頻繁に実施されている

エルピオでんきは、契約アンペア数に応じて電気料金が割引になるキャッシュバックキャンペーンを頻繫に実施しています。

現在、40Aのプランを契約中だと11か月目の電気料金から8,000円割引されます。

タイミングによってキャッシュバックの額が変わるので、切り替え検討中の人は小まめにチェックしましょう。

エルピオでんきはとにかく料金を安くしたい人におすすめ

エルピオでんきの電気料金は業界最安地なので、できるだけ安くしたい人におすすめです。

ポイント制やキャンペーン割引は無い分、毎月の固定費を削減できます。

電気料金を極限まで安くしたいならエルピオでんき

エルピオでんきの電気料金は業界最安地なので、できるだけ安くしたい人におすすめです。

ポイント制やキャンペーン割引は無い分、毎月の固定費を削減できます。

エルピオでんきのメリット

  • ・とにかく料金が安い
  • ・「使った分だけプランS/L」は基本料金が0円
  • ・初期費用や解約手数料は0円
  • ・でんき+ガスのセット割りでさらにお得
  • ・安心駆けつけサービスが無料
  • ・プランが多く合ったものを選びやすい
  • ・申し込みが簡単

エルピオでんきは、基本料金と電力使用量料金がどちらも従来の電力会社より安く設定されているため、たくさん電気を使う人だとさらにお得です。

電気使用量が多い世帯やオール電化ならLooopでんき

Looopでんきのロゴ

サービス名 Looopでんき
おすすめプラン おうちプラン
総合評価 総合評価はとても高い
提供エリア 全国(北海道、沖縄、その他離島除く)
基本料金
(東京電力エリア)
一律0円
1kWhあたりの
電力量料金
(東京電力エリア)
一律26.4円
最低契約
アンペア数
5A
市場連動型
プラン
なし
サポートの
対応時間
9:00~20:00
解約金・違約金 なし
キャンペーンや特徴 ・基本料金、解約金、違約金が0円
・電気を使った分の支払いのみ
・オール電化プランあり
・太陽光発電関係の割引がある
おすすめな人 ・電気をたくさん使う
・契約アンペア数が高い(40A~)
・電気とガスをセットにしたい
・オール電化の家庭
・住宅にソーラーパネルが付いている
・EVを所有している(戸建て限定)
公式URL 基本料金0円の【Looopでんき】

Looopでんきは基本料金0円が特徴の新電力会社です。

ガスやソーラーパネルも一緒に契約すると更にお得になるプランや、オール電化向けのプランなど、プランの数が豊富です。

解約金が無く、供給エリアが広い(離島を除く全国)ので、どの家庭でも利用しやすいです。

電気をたくさん使うほどお得になる

Looopでんきは、電気をたくさん使うほど従来の電気料金よりも安くなります。

使用量に関わらず支払う「基本料金」が0円なので、使った分の電気代のみ請求されます。

また、1kWhあたりの金額が固定なので、どれだけ電気を使っても使用量に応じて割り増しになることはありません。

東京電力エリアなら1kWhあたり26.4円、関西エリアなら22.4円です。

対象エリアが日本全国

Looopでんきは北海道から沖縄まで、日本全国(離島を除く)が対象エリアです。

そのほかの新電力会社の場合、沖縄だけ対象外だったり、会社があるエリアしか対応していないことが多いです。

ただ、沖縄は2020年7月に電力の供給を開始したばかりで料金設定がやや高いです。二人暮らし以上の電力を多く使う家庭以外だと割高になります。

太陽光発電関係の割引がある

Looopでんきを取り扱っている株式会社Looopは、もともとは太陽光発電システム関係の会社です。

そのため、太陽光発電の電気を買い取りや、関連商品を購入した際にLooopでんきの従量料金が1円割引になります。

ただし、ほかの割引プランとの併用ができないうえ、戸建てが対象という制限があります。

Looopでんきは電気使用量が多い家庭におすすめ

Looopでんきは、電気をたくさん使うファミリー世帯にとくにおすすめの新電力会社です。

Looopでんきのメリット

  • ・基本料金が0円なので電気代が使った分だけ
  • ・解約違約金がかからない
  • ・お得なプランが豊富にある
  • ・トラブル対応が無料(東京限定)
  • ・アプリで使用状況を管理できる
  • ・太陽光発電関係の割引がある

Looopでんきの最大の特徴は「基本料金が0円」な点です。

従来の電気料金は「基本料金+使った分の電気代」で計算されまが、Looopでんきは基本料がかからないので、使った分の電気代のみ請求されます。

電気をあまり使わない一人暮らしならシン・エナジー

シン・エナジーのロゴ

サービス名 シン・エナジー
おすすめプラン スタンダードプランS
スタンダードプランライト30A
総合評価 総合評価はとても高い
提供エリア 全国(北海道、離島除く)
基本料金
(東京電力エリア
スタンダードプランS)
30A 768.34円
40A 1,024.45円
50A 1,280.56円
60A 1,536.68円
1kWhあたりの
電力量料金
(東京電力エリア
スタンダードプランS)
~120kWh 19.67円
121kWh〜300kWh 24.78円
301kWh〜 27.71円
最低契約
アンペア数
30A
市場連動型
プラン
なし
サポートの
対応時間
9:00~18:00
解約金・違約金 なし
キャンペーンや特徴 ・ライフスタイルに合うプランが豊富
・電気使用量が少なくてもお得
・JALのマイルが貯まる
おすすめな人 ・電気をあまり使わない人
・在宅勤務で昼間の電気使用量が多い人
・夜に電気をたくさん使う人
・JALのマイルを貯めたい人
公式URL おトクな新電力【シン・エナジー】

シン・エナジーは、月の電力使用量が少ない人にオススメの新電力会社です。

また、ライフスタイルに合わせたプランが豊富なのも特徴の1つです。

夜の電気代が安くなる「夜生活フィット」や、昼の電気代が安くなる「昼生活フィット」など、世帯の生活リズムに合わせて選べます。

ライフスタイルに合わせたプランが豊富

シン・エナジーは、契約者のライフスタイルに合わせたプランが豊富です。

平日の9時~18時の電気代が安くなる「【昼】生活フィットプラン」や、毎日22時~翌日8時までの電気代が安くなる「【夜】生活フィットプラン」があります。

また、電力使用量が少ない家庭や、時間帯・曜日問わず電力を使う家庭向けの「きほんプラン」や、電力をたくさん使う家庭向けの「プランC」なども用意されています。

公式HPにはどのプランが自分に合うかわからない人向けの診断があるので、よりお得なプランを選びやすいです。

電力使用量が少なくても節約になる

シン・エナジーの基本料金は、従来の地域電力の従量電灯Bプランよりも約10%安いです。

電気使用量によって変わる、従量料金も従来より1~9%ほど安く設定されています。

そのため、電力使用量が少ない家庭でも、従来の地域電力会社の電気代より安いです。

例えば、東京電力で契約中の一人暮らしの人が、シン・エナジーの基本プランに変更した場合は、年間2,000~2,500円安くなります。

JALのマイルが貯まる

JALマイレージバンクの会員なら、料金の支払いをクレジットカード払いにすることでマイルを貯められます。200円=1マイル換算です。

マイフの付与は、電力使用付きの約2ヶ月後に付与されます。また、貯まったマイルを使って電気代の精算も可能です。

なお、必ずシン・エナジーの公式サイトから申し込みしましょう。代理店で契約した場合、マイルの付与特典が受けられません。

シン・エナジーは電気をあまり使わない一人暮らしにおすすめ

シン・エナジーは、電気をあまり使わない一人暮らし世帯におすすめの電力会社です。

基本料金や従量料金が、従来の地域電力より約10%安いので、とにかく安いところが良いという人にも向いています。

シン・エナジーのメリット

  • ・電力使用量が少なくても節約になる
  • ・ライフスタイルに合わせたプランが豊富
  • ・初期費用が0円
  • ・解約違約金がかからない
  • ・JALのマイルが貯まる
  • ・30分単位で電力使用量を確認できる

シン・エナジーは、契約者のライフスタイルに合わせたプランが豊富です。

平日の9時~18時の電気代が安くなる「【昼】生活フィットプラン」や、毎日22時~翌日8時までの電気代が安くなる「【夜】生活フィットプラン」があります。

例えば、東京電力で契約中の一人暮らしの人が、シン・エナジーの基本プランに変更した場合は、年間2,000~2,500円お得です。

Tポイントをたくさん貯めたいファミリーならENEOSでんき

ENEOSでんきのロゴ

サービス名 ENEOSでんき
おすすめプラン 地域によって異なる
総合評価 総合評価は高い
提供エリア 全国(沖縄、離島除く)
基本料金
(東京Vプラン)
10A 286.00円
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円
30A 1,144.00円
1kWhあたりの
電力量料金
(東京電力エリア
スタンダードプランS)
~120kWh 19.88円
121kWh〜300kWh 24.54円
301kWh〜 26.22円
最低契約
アンペア数
10A
市場連動型
プラン
なし
サポートの
対応時間
9:00~17:00
解約金・違約金 なし
キャンペーンや特徴 ・電気使用量の多い家庭がお得になる
・ENEOSカードで電気代が安くなる
・クレジットカード支払いでTポイントやdポイントが貯まる
・電気のトラブルに24時間で対応
・2年以上の利用でさらに料金が安くなる
おすすめな人 電気使用量が多いファミリー世帯
・ENEOSのガソリンスタンドをよく利用する人
・Tポイントなどのポイントをたくさんを貯めたい人
・無名の電力会社との契約に抵抗がある人
公式URL まとめなくても電気代がおトク!【ENEOSでんき】

ENEOSでんきの特徴は、家電製品や家族が多く、毎月のたくさんの電気を使う家庭ほど電気代がお得になることです。

ENEOSでんきは、ガソリンなどで馴染みのあるエネルギー企業「ENEOS」が、電力自由化が始まった2016年4月から供給を開始しました。

電気をたくさん使うファミリー世帯におすすめ

ENEOSでんきは大量の電気を使うファミリー世帯におすすめです。

時間帯や曜日に関わらず使用量に応じて料金単価が変わり、使用量が多いほどお得になるからです。

ENEOSカードを持っている人は、ガソリンや灯油の割引も受けられます。車を持っている人も検討の余地ありです。

長期利用で割引になる

2年単位で契約する「にねんとく2割」にすると、1kWhあたりの使用電力量料金が0.2円割引になります。

例えば4人家族で月間電気使用量が400kWhの場合、年間約960円節約できます。

さらに3年目以降は、1kWhあたりの使用電力量料金が0.3円割引になります。長く使えば使うほどお得になるプランです。

ただし、契約期間中に解約すると1,100円の解約金が発生するので注意が必要です。更新月内に解約を申し出れば解約金はかかりません。

ポイントを積極的に集めているファミリー世帯ならENEOSでんき

ENEOSでんきは、人数が多く毎月大量の電気を使うファミリー世帯におすすめの電力会社です。

Tポイントやdポイントなど各種ポイントが貯まりやすいので、ポイントを積極的に集めている人にもおすすめです。

ENEOSでんきのメリット

  • ・特別提携カードでポイントやマイルが貯まる
  • ・Tポイントが貯まる
  • ・長期利用で割引になる
  • ・口座振替とクレジットカード払いが選べる
  • ・WEBアプリで電気料金や使用量が管理できる
  • ・解約金が0円

特別提携カードでENEOSでんきの料金を支払うと、ポイントやマイルの優待が受けられます。

他のクレジットカードよりもポイント還元率が良いので、ANAカードやdカードを持っている人はENEOSでんきを利用するとお得になります。

また、毎月の料金の支払いでTポイントが貯まります。ポイント還元は税抜200円につき、1ポイントとなっています。

電気をたくさん使う楽天ユーザーなら楽天でんき

楽天でんきのロゴ

サービス名 楽天でんき
おすすめプラン プランS
総合評価 総合評価は高い
提供エリア 全国
基本料金 一律0円
1kWhあたりの
電力量料金
(東京電力エリア)
一律26.50円
最低契約
アンペア数
30A
市場連動型
プラン
なし
サポートの
対応時間
9:00~17:30
解約金・違約金 なし
キャンペーンや特徴 ・楽天ポイントが貯まる、使える
・基本料金が0円
・対応エリアが全国
おすすめな人 ・電気をたくさん使うファミリー世帯
・楽天ポイントをたくさん貯めたい人
公式URL 電気代でポイント貯まる【楽天でんき】

楽天のポイントを貯めている世帯におすすめなのが「楽天でんき」です。

楽天でんきの使用料200円につき1ポイントもらえて、さらに楽天カードで電気代を支払えば100円ごとに1ポイント貯まります。

ポイント還元だけでなく、基本料金0円、解約金0円、電気代の安さなども魅力的です。

楽天ポイントを貯めているファミリー世帯ならENEOSでんき

ENEOSでんきは、基本料金が0円かつ単一従量単価なので、電気をたくさん使う家庭におすすめです。

また、楽天ポイントと貯める・使えるので、楽天会員ユーザーにも向いています。

基本料0円で使った分だけ請求される

楽天でんきは「基本料金0円+従量料金一律」なので、使った分の電気代のみ請求されます。 

また、1kWhあたりの金額が固定なので、どれだけ電気を使っても使用量に応じで割り増しになることはないです。

電力使用量が多い家庭ほど節約できる

楽天電気は、電力使用量が多い家庭ほど電気代を節約できます。

その理由は、1kWhあたりの料金が固定だからです。地域電力の場合は、最初の120kWhまでの電気代が安く、使う量が多いと電気代が高くなります。

楽天ポイントがすぐに貯まる

電気代200円につき、楽天ポイントが1P貯まります。また、楽天カード支払いにすることで、100円ごとに1Pプラスになります。

電気代10,000円で150P貯まります。また、楽天カードのランクや誕生日月などでさらにポイントが加算されます。

このポイント計算は消費税分も加算されるので、電力を使うほど貯まりやすいです。

ENEOSでんきのメリット

  • ・楽天ポイントが貯まる
  • ・基本料金0円
  • ・料金プランがわかりやすい
  • ・解約手数料0円
  • ・口座振替とクレジットカード払いが選べる
  • ・電気とガスをセットにできる(関東限)

楽天でんきは、貯めたポイントを支払いに利用できます。使用ポイントの上限が無いので、全額ポイント払いも可能です。

しかも、消費税はポイントを差し引いた分の金額にしかつかないので、実質ポイント以上の値引きがされます。

ポイント分のトータルも加算すれば、年間で従来の地域電力会社より大幅節約できます。

どの新電力会社を選べばいいか迷ったら

「新電力会社が多すぎて、どれを選べばいいのか分からない」という人は、自分に合う電力会社を提案してくれるプロに頼りましょう。

電話かメールで相談するだけで、生活リズムや電気使用量に合わせた一番お得なプランをすぐに紹介してくれます。

今なら以下のサイトからの申し込み限定で最大1万円キャッシュバックあり!開通工事も必要ないので、簡単に切り替えられます!

電力比較ナビのスマホ版バナー 電力比較ナビのPC版バナー

電力自由化に関するよくある質問集

はてなマークと女の子
電力自由化に関してよく寄せられる質問に、Q&A方式で回答していきます。

電力自由化って何?

電力自由化とは、消費者が自由に電力会社を選べるようになった制度のことです。

電力自由化のイメージ画

従来は東京電力や関西電力など、各地域の電力会社しか選べませんでしたが、2016年4月1日から電気の小売業が自由化になりました。

電気の小売業が自由化になったことで、一般家庭や店舗がライフスタイルに合った新電力会社が選べます。

各新電力会社は料金プランや割引キャンペーンなどで差別化をはかり、独自のサービスを提供しています。

電気の品質は変わらないの?

新電力会社に乗り換えても電気の品質は変わりません。

電気を家庭まで送電しているのは、従来の東京電力や関西電力といった大手電力会社のままだからです。

新電力会社は「電気の小売販売」をおこなっているだけなのです。万が一、トラブルがあっても従来の電力会社が電気を供給してくれます。

急に停電したりしない?

新電力に切り替えた方と言って、急な停電はおこりません。

理由は、電力を家庭に送る送電網は、従来の地域電力会社のものを使用しているからです。

停電のリスクは、以前と変わりません。停電情報も、従来通り地域電力会社のホームページに掲載されます。

新電力会社の切り替えにはどれくらいかかる?

新電力会社への切り替えは、2週間~1ヶ月ほどかかります。

新電力の申し込み手続きで2日ほど、スマートメータの設置で1週間ほど、その後に供給開始日が決定します。

ただし、検針日によって左右されます。基本的には、次の検針日以降に切り替わります。

急ぎの場合はWeb申し込みではなく、電話やチャットで事前に問い合わせておくと良いです。

契約してる会社が倒産したら電気は止まるの?

万が一、契約中の新電力会社が倒産しても、すぐに電気は止まりません。あくまで小売りのみで、発電と送電している会社が違うからです。

倒産した場合は契約者に通知する義務があるため、そのあとにすぐ別の新電力会社を探しましょう。

引っ越ししても継続して契約できる?

引っ越し先が供給エリア内の場合は、継続して契約できます。

契約中の新電力サイトのマイページから、もしくはカスタマーセンターに連絡して契約内容の変更をしてください。

引っ越し先にスマートメーターがない場合は、取り付けからおこなうので最低でも2週間前には連絡しましょう。

スマートメーターって何?設置は必須なの?

スマートメーターとは、電気の使用量を自動的に計測するメーターのことです。古いアパートには取り付けられていない場合があります。

新電力に切り替える場合は、スマートメーターの設置が必須です。大体の新電力会社は立ち会い不要で無料で設置してくれます。

賃貸だけど大家さん・管理会社の許可は必要?

アパートやマンションなどの賃貸物件に住んでいて新電力に切り替える場合、基本的に大家さんや管理会社の許可は必要ありません。

電気のメーターは電力会社の所有物なので、取り換え工事が必要な場合も許可を取らなくて大丈夫です。

解約手続きもすべて新電力会社が代行してくれます。

エリアによって料金が違うのはなぜ?

地域によって電気料金が異なるのは、電気の調達コストが異なるためです。

例えば沖縄は、他の地域よりも面積が狭く、電気を送る設備と送電費用が少なく済むため電気料金が安めです。

迷ったらベスト3の新電力がおすすめ

いろんな新電力会社を見て回ったが決めきれないという人は、ランキングベスト3の会社がおすすめです。

どこもネット上の評判が良いうえ、地域電力会社の電気代より安いです。

1位:エルピオでんき【とにかく安くしたい人向け】
エルピオでんきのロゴ ・とにかく電気代が安い
・使用開始可能までが早い
・安心駆けつけサービスあり
超格安電力サービス【エルピオでんき】
2位:シン・エナジー【電力使用量が少ない一人暮らし向け】
シン・エナジーのロゴ ・・電気をあまり使わない家庭でも節約できる
・従量料金が安い
・ライフスタイルに合うプランを選べる
・解約手数料が0円
・JALのマイルが貯まる
おトクな新電力【シン・エナジー】
3位:Looopでんき【安さ重視の人におすすめ】
Looopでんきのロゴ ・基本料金が0円
・トラブル駆けつけサービスが0円
・ガスとセット割でさらにお得になる
・オール電化プランがある
・長期利用で料金が安くなるプランがある(一部地域)
基本料金0円の【Looopでんき】

そのほかの新電力会社の評判口コミ

ランキングで5位以内に入らなかった新電力会社について、簡単に解説します。

実際に利用している人の評判や口コミもご紹介しているので、参考にしてください。

おうちでんき(ソフトバンクでんき)

おうちでんきのロゴ

総合評価 総合評価は普通
供給対応エリアの広さ 北海道、東北、関東、中部、関西、中国、四国、九州、沖縄
解約金・違約金 550円(税込)
特徴 ・スマホとセット割プランがある
・初月の電気代が無料
・東京電力より1%お得
公式サイト スマホとまとめて割引【おうちでんき】

おうちでんきは、ソフトバンクが供給している新電力会社です。

ソフトバンクのスマホやタブレット1回線につき100円の割引があり、初回の電気代が無料のキャンペーンがあります。

基本料や電力量料金を他の新電力会社と比べると、お得感が少ないです。

基本料金と電力量料金
基本料金
おうちでんき 1,144円(40A)
東京電力 1,144円(40A)

おうちでんきの基本料金は、契約アンペア数によってことなります。

10Aごとに「286円/月」となっており、金額は東京電力と同じです。

次に電気量料金を比較します。電気量料金とは、1kWhあたりの料金です。

段階料金 おうちでんき 東京電力
0〜120kWh 19.68円/kWh 19.88円/kWh
120〜300kWh 26.21円/kWh 26.48円/kWh
300kWh〜 30.26円/kWh 30.57円/kWh

おうちでんきと東京電力の電気量料金に大きな差はありません。

ソフトバンクのスマホやタブレットなど、1回線につき100円の割引があります。電気量の少ない一人暮らしではお得になることがあります。

契約先が複数あって、毎月の支出が管理できないという人は、まとめて契約することを検討してください。

あしたでんき

あしたでんきのロゴ

総合評価 総合評価は高い
供給対応エリアの広さ 東北エリア、東京エリア、中部エリア、関西エリア、中国エリア、九州エリア
解約金・違約金 なし
特徴 ・基本料金が0円
・料金プランがシンプル
・スマホから使用状況を確認できる
・初期費用、解約金が0円
公式サイト 基本料金/解約手数料0円【あしたでんき】

あしたでんきは、料金プランがシンプルかつ料金が安い新電力会社です。

料金プランは、一人暮らしやファミリー世帯向けの「標準プラン」と大家族向けの「たっぷりプラン」の2つのみです。

標準プランの基本料金は0円で、電力使用量がどれだけ多くなっても1kWhあたりの料金も変動しません。

基本料金と電力量料金
基本料金
あしたでんき 0円
標準プラン
東京電力 1,144円(40A)

あしたでんきの基本料金は0円です。東京電力の基本料金(従量電灯B40A)は1,144円なので、あしたでんきに加入するだけで毎月1,000円以上の節約になります。

次に電気量料金を比較します。電気量料金とは、1kWhあたりの料金です。

段階料金 あしたでんき 東京電力
0〜120kWh 26.00円/kWh 19.88円/kWh
120〜300kWh 26.48円/kWh
300kWh〜 30.57円/kWh

あしたでんきは電気量がどれだけ多くなっても、電気量料金は「26円/kWh」と一定額です。

あしたでんきに加入した家庭で毎月の電気量が0~300kWh未満だと東京電力より高くなってしまいます。

そのため、毎月300kWh以上の電力を使っている世帯は、あしたでんきに加入するとお得になります。

J:COM電力

J:COM電力のロゴ

総合評価 総合評価はやや高い
供給対応エリアの広さ 北海道、東北、関東、関西、中国、九州
解約金・違約金 あり(プランによってことなる)
特徴 ・電気代最大10%割引
・J:COMとセット割プランがある
・ガスとのセットプランもある
・電気量の多い家庭にメリットが多い
・オール電化にも対応
公式サイト 電気代がお得に!【J:COM電力】

J:COMは、ケーブルテレビやインターネット回線などとのセット割が魅力の新電力会社です。

逆に、電力以外のJ:COMのサービスを利用する予定がない人にはあまりメリットがありません。

電気を使えば使うほど割引率が大きくなるので、毎月の電気使用量が多いファミリー世帯におすすめです。

基本料金と電力量料金
基本料金
J:COM電力 1,144円(40A)
東京電力 1,144円(40A)

J:COM電力の「家庭用コース」というプランでは、基本料金の割引はありません。

段階料金 J:COM電力 東京電力
0〜120kWh 19.88円/kWh
×0.5%割引
19.88円/kWh
120〜300kWh 26.48円/kWh
×1%割引
26.48円/kWh
300kWh〜 30.57円/kWh
×10%割引
30.57円/kWh

J:COM電力の電気量料金は、段階によって割引率が変動します。

毎月300kWh以上使う家庭では10%の割引があるので、家電製品の多いファミリー世帯におすすめです。

ただ、プランによって解約金があるので、契約前に公式HPを確認するようにしてください。

リミックスでんき

リミックスでんきのロゴ

総合評価 総合評価はやや高い
供給対応エリアの広さ 沖縄、離島を除く全国
解約金・違約金 なし
特徴 ・電気代が最大5%安くなる
・仮想通貨付与プランがある
・基本料金が0円のプランもある
・スマートメーター交換が無料
・解約手数料が0円
公式サイト 月々の電気代が断然お得になる【リミックスでんき】

リミックスでんきは、仮想通貨が付与される特殊なプランが特徴の新電力会社です。

また、料金プランがわかりやすいのが特徴です。電気代の5%を割引プランと、5%相当をビットコインで還元してくれるプランの2つです。

少ない電力量でも料金が安くなるので、一人暮らしや同棲カップル等におすすめです。

基本料金と電力量料金
基本料金
リミックスでんき 815円(30A)
東京電力 858円(30A)

上の表は、従量電灯B(30A)の基本料金を比較したものです。

東京電力より、リミックスでんきのほうが少し基本料金が安いです。ちなみに、リミックスでんきは30A以下のプランはありません。

段階料金 リミックスでんき 東京電力
0〜120kWh 18.88円/kWh 19.88円/kWh
120〜300kWh 25.15円/kWh 26.48円/kWh
300kWh〜 29.04円/kWh 30.57円/kWh

リミックスでんきでは、どの段階でも電力量料金は東京電力より単価が安いです。

電気量が多い世帯では、他の新電力会社のほうがメリットが多いです。

使用している電気量は少ないが、電気代ももっと安くした人は検討してみてください。