ONEでんきの評判や口コミ!メリットデメリットは?料金は安い? 

最終更新日:2022年08月10日
ONEでんきの評判のアイキャッチ

「電気の供給会社をONEでんきに切り替えたらどれくらい安くなる?月々の料金はいくら?」など、ONEでんきに関する疑問にお答えします!

結論から先に言うと、ONEでんきは電気の利用量が多いファミリー世帯におすすめの新電力です。

この記事では、ONEでんきの料金プランの詳細やキャンペーン情報、他の新電力会社と比較した月額料金のシミュレーションも掲載しているので、ぜひ参考にしてください!

石塚

賃貸営業を2年経験。引っ越しの際にお客様から電力会社の質問を受けたことがきっかけで興味を持つ。当サイトの立ち上げメンバー。

おすすめ人気記事
新電力会社のおすすめランキング
新電力会社おすすめランキング!電気料金が安い会社を徹底比較!【 最新】
記事を読む
東京ガスの電気の評判のアイキャッチ
東京ガスの電気の評判や口コミ!メリットデメリットや切り替え時の料金など大公開!
記事を読む
ドコモでんきの評判のアイキャッチ
ドコモでんきの評判や口コミ!メリットデメリットや切り替え時の料金など大公開!
記事を読む

新電力会社への乗り換えに関する注意事項

ロシア-ウクライナ情勢の影響で、全国的に電気代が高騰しています。新電力会社に乗り換えても、お得にならない可能性があります。また、当サイトのシミュレーションには燃料費調整額を含みません。より正確な料金シミュレーションは、記事内で紹介している公式サイトでご確認ください。

ONEでんきとは

ONEでんきロゴ

「ONEでんき」とは、株式会社グランデータが供給している新電力サービスです。

電気を使えば使うほどほどお得になる料金設定なので、電気の利用が多いファミリー世帯におすすめです。

おすすめ度 ONEでんきの総合評価は良い
基本料金
(東京電力エリア)
一律 0円
1kWhあたりの
従量料金
(東京電力エリア)
~120kWh 28.8円
121kWh〜300kWh
301kWh〜
ガスのセット割 なし
スマホのセット割 なし
オール電化対応 なし
違約金 なし
対応エリア 全国
(沖縄・離島を除く)
特徴 ・標準の料金プランが基本料金0円
・電気の利用が多いファミリー向け
・初期費用・違約金が無料
申し込み窓口 公式サイト

ONEでんきは毎月の電気使用量に関わらず、「基本料金」が0円です。

使った分の電気代だけ請求されるので、毎月一定の基本料金と従量料金(電力量料金)がかかる地域の電力会社よりもお得です。

ONEでんきは基本料金が0円

Looopでんきなら基本料金0円

ONEでんきの料金は基本料金が0円です。電気代は使った分だけの請求です。

地域の電力会社や他の多くの新電力会社は、電気料金を「基本料金+使った分の電気代」で計算しています。

しかし、ONEでんきなら基本料金がかからないので、毎月使った分の電気代のみが請求される仕組みです。

1番おすすめな電力会社を知りたい人はこちら

▼でんきーの編集部おすすめは東京ガスの電気

ONEでんきの評判口コミは?

実際に契約した人の評判や口コミの画像

ONEでんきは提供開始したばかりの新しいサービスなので、 時点でTwitterの口コミは見当たりませんでした。

また、当サイトでは独自に口コミを収集していますが、ONEでんきの口コミはまだ集まっておりません。

今後、口コミが集まり次第、随時更新していく予定です。

ONEでんきはファミリー世帯におすすめ

電気をたくさん使うファミリー世帯におすすめ

ONEでんきは、電気の利用が多い世帯ほど電気代がお得になります。

特に、電気代の支払いが5,000円以上であったり、電気の利用料が300kWh以上の世帯ほど割引額が大きいです。

下記で、他社の新電力会社との電気代の比較をしているので、参考にして下さい。

他社の電力会社との電気代を比較

ONEでんきを契約した場合の1か月の電気代を、他の電力会社と比較しました。

一人世帯、二人世帯、三人以上の世帯の3パターンでそれぞれ比較しています。

電力会社名をタップすると、それぞれの公式サイトに移動します。

一人世帯 二人世帯 三人以上
ONEでんき 5,357円 7,834円 9,014円
ドコモでんき 5,097円 7,502円 8,602円
東京ガスの電気 5,002円 7,311円 8,343円
東京電力 5,097円 7,502円 8,602円

※上記の表は平成26年度実施の東京都環境局の実態調査のデータ(世帯別・月別電気使用量)をもとに作成しています。

世帯人数 使用電力量/月
一人世帯 186kWh
二人世帯 272kWh
3人以上の世帯 313kWh
石塚さん 石塚

ONEでんきは、Looopでんきと同じ料金形態なので計算上、電気代が同じになります。

ただし、Looopでんきはカード払いのみですが、ONEでんきは口座振替にも対応しているので支払いが便利です!

基本料金の比較
20A 30A 40A
ONEでんき 0円
ドコモでんき 572円 858円 1,144円
東京ガスの
電気
572円 858円 1,144円
東京電力 572円 858円 1,144円
従量料金の比較
~120kWh 121kWh
〜300kWh
301kWh
ONEでんき 28.8円
ドコモでんき 19.88円 26.48円 30.57円
東京ガスの
電気
19.78円 25.29円 27,36円
東京電力 19.88円 26.48円 30.57円

ONEでんきの料金プラン詳細

料金プランのイメージイラスト

現在、ONEでんきの料金プランは「フリープラン」のみです。

各エリア共通で基本料金が0円で、従量料金が一律の設定になっています。

以下の表は、各エリアの設定料金です。エリアを選択すると、表の内容が切り替わります。

東京電力 ONEでんき
フリープラン
(東京エリア)
基本料金 30A 858円 0円
40A 1,144円
50A 1,430円
60A 1,716円
従量料金 ~120kWh 19.88円 28.8円
121kWh〜300kWh 26.48円
300kWh〜 30.57円
北海道電力 ONEでんき
フリープラン
(北海道エリア)
基本料金 30A 1,023円 0円
40A 1,364円
50A 1,364円
60A 2,046円
従量料金 ~120kWh 23.97円 32円
121kWh〜300kWh 30.26円
300kWh〜 33.98円
東北電力 ONEでんき
フリープラン
(東北エリア)
基本料金 30A 990円 0円
40A 1,320円
50A 1,650円
60A 1,980円
従量料金 ~120kWh 18.58円 28円
121kWh〜300kWh 25.33円
300kWh〜 29.28円
中部電力
ミライズ
ONEでんき
フリープラン
(中部エリア)
基本料金 30A 858円 0円
40A 1,144円
50A 1,430円
60A 1,716円
従量料金 ~120kWh 21.04円 28.5円
121kWh〜300kWh 25.51円
300kWh〜 28.46円
北陸電力 ONEでんき
フリープラン
(北陸エリア)
基本料金 30A 726円 0円
40A 968
50A 1,210円
60A 1,452円
従量料金 ~120kWh 17.84円 25.5円
121kWh〜300kWh 21.73円
300kWh〜 23.44円
関西電力 ONEでんき
フリープラン
(関西エリア)
基本料金 最低料金 341.01円 0円
従量料金 ~120kWh 20.31円 25.5円
121kWh〜300kWh 25.71円
300kWh〜 28.70円
中国電力 ONEでんき
フリープラン
(中国エリア)
基本料金 最低料金 336.87円 0円
従量料金 ~120kWh 20.76円 26.5円
121kWh〜300kWh 27.44円
300kWh〜 29.56円
四国電力 ONEでんき
フリープラン
(四国エリア)
基本料金 最低料金 411.40円 0円
従量料金 ~120kWh 20.37円 26.9円
121kWh〜300kWh 26.99円
300kWh〜 30.50円
九州電力 ONEでんき
フリープラン
(九州エリア)
基本料金 30A 891円 0円
40A 1,188円
50A 1,485円
60A 1,782円
従量料金 ~120kWh 17.46円 25.4円
121kWh〜300kWh 23.06円
300kWh〜 26.06円

電気を多く使うほど従量料金がお得

ONEでんきと東京電力の従量料金比較

従量料金とは、実際に使った電気の使用量(kWh/月)に対してかかる金額を指します。

電力会社や料金プランによって異なりますが、1kWhあたりの単価が3段階で設定されている場合が多いです。

ONEでんきは、1kWhあたりの従量料金が一定に設定されています。特に3段階目の300kWh以上の金額が安くなっています。

電気の利用が少ない人だとONEでんきの方が高くなる場合がありますが、電気を多く使う人ほどお得に使えます。

解約金なしで気楽に切り替えできる

Looopでんきは解約金が0円で乗り換えやすい

ONEでんきは期間中に解約しても、解約金・手数料等は一切かかりません

「あまりお得にならなかった」「他の電力会社も試してみたい」という場合でも、気軽に解約して他社の新電力に切り替えられます。

解約手続きに関しては、住所が変わらないのであれば、乗り換える新電力会社で申し込みするだけで全て代行してくれます。

オール電化プランは提供していない

IHコンロの前で悩む女性のイラスト

ONEでんきでは、オール電化向けの料金プランを提供していません

公式サイトのQ&Aでも、他社の電力会社への申し込みを促しています。

オール電化の新電力サービスに切り替えを検討していた人には、Looopでんきや丸紅新電力をおすすめします。

関連記事

▶Looopでんきの評判口コミはこちら

▶丸紅新電力の評判口コミはこちら

ONEでんきの申し込み手順

スマホを持って申し込みを進めている人の画像
ONEでんきに申し込んでから、切り替えが完了するまでの手順をまとめました。

申し込む前に、必ず自分が住んでいるエリアが供給エリアに含まれているか確認して下さい。

ONEでんきの場合、全国(沖縄・離島を除く)が対応エリアです。

新規契約の手順

  1. ①必要事項の入力
  2. ②検針票の内容を入力
  3. ③契約容量を入力
  4. ④申し込み内容の確認

申し込みからONEでんきに切り替わるまで、最短で次回の検針日までかかります。

申し込み後すぐに電気が使えるようになるわけではないので、引っ越し等で利用日が決まっている場合は早めに申し込みましょう。

申し込みに必要なもの

ONEでんきの申し込みには「地域電力会社からの検針票」と「クレジットカードor口座情報」が必要です。

「電気ご使用量のお知らせ」の用紙
お客様番号・供給地点特定番号など、見慣れない情報が必要となるので不安に思いがちですが、すべて検針票に記載されています。

契約者情報として必要なもの

契約者情報として入力が必要なものは、以下の通りです。

・氏名
・電話番号
・メールアドレス
・生年月日
・建物区分
・住所
・契約中の電気事業者
・契約中の契約番号
・供給地点特定番号
・契約容量

契約中の情報や供給地点特定番号は、検針票に書いてあります。

支払方法は口座とクレジットカードに対応

口座振替とクレジットカードのイラスト

ONEでんきの支払いは、口座振替とクレジットカードに対応しています。

残高不足等で引き落としができなかった場合、振込用紙が届きます。

振込用紙は550円の手数料が加算されています。

申し込み後は何もしなくて良い

申し込みが完了後は、契約中の電力会社の解約手続きをONEでんきが進めてくれるので、なにもしなくて大丈夫です。

スマートメーターが取り付けられてない場合は、地域電力会社から取替の連絡があります。

切り替え手続きが完了した以降の電気の検針日からONEでんきに切り替わります。

ONEでんきよりもおすすめな電力会社は?

関東圏に住んでいる人には、売上No.1の新電力サービスの東京ガスの電気がおすすめです。

一人暮らしからファミリー世帯まで幅広く電気代を節約できます。

TOPウィジェット用1-東京ガスのロゴ

基本料金
(東京電力エリア)
20A 572円
30A 858円
40A 1,144円
1kWhあたりの
従量料金
(東京電力エリア)
~120kWh 19.78円
121kWh〜300kWh 25.29円
301kWh〜 27.36円
ガスのセット割 ガス・電気セット割で0.5%割引
オール電化対応 なし
違約金 なし
供給エリア 東京都、神奈川県、埼玉県、
千葉県、茨城県、栃木県、
群馬県、山梨県、
静岡県(富士川以東)
特徴 ・ガスとセットで割引が受けられる
・東京ガスのポイントが毎月たまる
・新規申し込みで基本料金3ヶ月無料
申し込み窓口 公式サイト

東京ガスの電気は、関東エリア(東京電力エリア)に住んでいる人なら契約できます。

ガスとのセット割もあるため、東京ガスの利用者はさらにお得です。しかも、2022年9月現在は電気代の基本料金が3ヶ月分無料になる特別キャンペーンを実施中です!

\新規申込で電気代基本料金3ヶ月無料!/

電力自由化とは

電力自由化とは、2016年4月の法改正により、一般家庭や企業などが自由に電力会社や料金プランを選べるようになった制度です。

電力自由化の説明画像

地域の電力会社だけでなく、電力の小売り会社(新電力会社)と契約が可能です。

会社によって基本料金や契約プランが違うため、企業間の価格競争もあり、選択次第では電気代をかなり抑えられます。

新電力会社で取り扱っている電力は、従来の送電線を通って家庭に送られるため、どの会社も電力自体の質は変わりません。

NTTドコモが新電力サービスを開始!

ドコモでんき_ロゴ

ドコモでんきのおすすめポイント!

  • ・2,000円分のdポイントプレゼント
  • ・毎月の仕払いでdポイントがたまる
  • ・配給エリアは全国(沖縄・離島を除く)

dポイント還元で毎月の電気代が安くなる

ドコモでんき 2000円分のdポイントプレゼントキャンペーン

NTTドコモがサービスを開始した「ドコモでんき」は、毎月の支払いごとにdポイントが還元されるので、地方電力会社(東京電力や関西電力)よりも必ず安く利用できます。

2022年9月現在、ドコモでんきではオンライン手続き限定で2,000円分のdポイントプレゼントキャンペーンを実施しています。

また、dカードGOLD会員ならポイントが10%還元されるので、毎月の電気代が1万円なら年間に12,000ポイントももらえます。

オンライン手続き限定!
\2,000円分のdポイントがもらえる!/

 

おすすめ新電力会社TOP3

ガスとセットで電気代0.5%OFF!毎月ポイントがたくさん貯まる!

関西限定の新電力会社!eo光や関電ガスとのセット割り!

毎月の支払いでdポイント最大10%還元!新規申込キャンペーン実施中!

新電力ごとの記事一覧