ミツウロコでんきの評判や口コミ!メリットデメリットや切り替え時の料金など大公開!

最終更新日:2021年12月01日
「ミツウロコでんき 評判」のアイキャッチ

「ミツウロコでんきに切り替えたらどれくらい節約できる?」「そもそもどんな電力会社なの?」という疑問に答えます!

結論、ミツウロコでんきは「電気をたくさん使う家庭」におすすめの電力会社です!

この記事では、実際に契約した人から寄せられた評判や口コミをもとに、実際どれくらい安くできるのか・サービス内容は良いか悪いか解説していきます。

電力自由化をきっかけに、新電力に切り替えを検討している人はぜひ参考にしてください!

小宮

不動産会社に3年勤めたのち、ライターに転向。引っ越しの度に新電力会社を乗り換えてきた。いかにポイントを集められるかに命をかけている。

おすすめ人気記事
新電力会社のおすすめランキング
新電力会社おすすめランキング!電気料金が安い会社を徹底比較!【 最新】
記事を読む
「Looopでんき 評判 」のアイキャッチ
Looopでんきの評判口コミは?メリット・デメリットを解説!
記事を読む
「エルピオでんき 評判」のアイキャッチ
エルピオでんきの評判や口コミ!メリットデメリットや切り替え時の料金など大公開!
記事を読む

ミツウロコでんきとは

ミツウロコでんきのバナー

オススメ世帯 電気使用量が多いファミリー
サービス特徴 ・電気をたくさん使う家庭ほどお得になる
・自然エネルギーを積極的に使っている
・駆けつけサービスが無料で使える
・解約違約金がかからない
・定期的にキャンペーンを実施している
・明治19年創業のミツウロコグループで安心
オール電化プラン あり
セットプラン なし
解約違約金 0円
支払い方法 クレジットカード/口座振替
申し込み窓口 公式サイト

ミツウロコでんきとは、ミツウロコグリーンエネルギー株式会社が運営する新電力サービスです。アニメ「ちびまる子ちゃん」のCMでもおなじみで知名度抜群です。

自然エネルギーを積極的に使っているのが特徴で、CO2排出量の削減を重視する人向けのプランもあります。

対応エリアは、沖縄エリアを除いた日本全国です。

電気をたくさん使うファミリー世帯におすすめ

電気をたくさん使うファミリー世帯におすすめ

ミツウロコでんきは電気を大量に使うファミリー世帯におすすめの電力会社です。

逆に、一人暮らしや共働き世帯など使う電気の量が少ない人はあまりメリットがありません。

その他、以下の特徴に当てはまる人にもミツウロコでんきがおすすめです。

・毎月大量の電気を使う
・自然に優しい電力を使いたい
・電気トラブルの駆けつけサービスがほしい
・解約金0円でいろいろな新電力を試したい
・無名の電力会社との契約に抵抗がある
・キャンペーンでお得に契約したい

ミツウロコでんきの評判は今後に期待

ミツウロコでんきの評判は、今後に期待したいところです。その理由はネット上で口コミを調べたところ、ポイントサイトについての口コミばかりだったからです。

「電気代が安くなった」といった口コミや、お客様サポートの対応についての感想はほとんどありませんでした。

評判や口コミ評価は「Twitter」「独自アンケート」「価格.com」を基に判断しています。2020年1月以降の新しく投稿・回答されたものに絞っています。

良い 悪い どちらでもない
合計 14 1 755
Twitter 4 0 722
アンケート回答 10 1 29
価格.com 0 0 4

以下で、Twitter・アンケート結果・価格.comでの生の声を紹介します。

Twitterでの口コミはポイントサイトについてばかり

Twitterでの口コミは「ポイントサイト経由でミツウロコでんきに切り替えると◯万ポイントもらえた!」など、ポイントサイトについてばかりでした。

以下で、ポイントサイト以外の口コミをいくつか紹介します。

アンケートによる口コミによると評判は良い

クラウドソーシングサイトの「ランサーズ」で、ミツウロコでんきを利用している人の口コミと評価を調査しました。

調査期間は2021年1月~3月で、実際にミツウロコでんきを利用している人に限定しています。

男性のアイコン
営業電話が来ないので安心!30代男性 / 東京都
切り替え前東京電力 従量電灯B
切り替え後ミツウロコでんき 従量電灯B
切替え時期2020年8月
世帯人数2人
使用量12月/140kwh
供給エリア東京電力
総合評価
1番目に良い評価
料金満足度
2番目に良い評価
切り替えやすさ
1番目に良い評価
切り替えて良かったと感じた点
乗り換えの際にポイントなどの特典がたくさんもらえる点。インターネットで完結した点、営業電話がかかってこない点。
切り替えて不満に感じた点
切り替えた後いつから新しいプランが始まるのかがわかりづらかった。
女性のアイコン
ネットで料金確認できて便利30代女性 / 秋田県
切り替え前東北電力 従量電灯B
切り替え後ミツウロコでんき とくとくナイトプラン
切替え時期2019年6月
世帯人数3人
使用量5月/516kwh
供給エリア供給エリア
総合評価
2番目に良い評価
料金満足度
2番目に良い評価
切り替えやすさ
1番目に良い評価
切り替えて良かったと感じた点
単純に料金が安くなりました。あとは時間帯によって電気料金が変わるプランも嬉しいです。紙でなくネットに切り替えれて事で家計簿などの管理がとてもしやすくなりました。
切り替えて不満に感じた点
特に何もないですが、あえて言うならあまり大手の会社ではないので本当に大きな災害などの時に電気が確保できるかなどが心配です…。
男性のアイコン
思ったほど安くはならなかった30代男性 / 東京都
切り替え前東京電力 従量電灯B
切り替え後ミツウロコでんき 従量電灯B
切替え時期2020年8月
世帯人数2人
使用量12月/340kwh
供給エリア東京電力
総合評価
3番目に良い評価
料金満足度
4番目に良い評価
切り替えやすさ
2番目に良い評価
切り替えて良かったと感じた点
切り替え時の手続きも簡単で、解約時のデメリットも少ないと思うので、お試し感覚で切り替えることができる点
切り替えて不満に感じた点
思ったほど安くなった実感がなく、感覚的には切り替え前よりも高くなった気もする

価格.comでの口コミはそこそこ良い

価格.comでの口コミを調べてみると「電気代が安くなった」「問題もなくスムーズに移行できた」と言った良い意見が目立ちました。

ただし、利用者が少ないせいか口コミの投稿数も少なめでした。

【重視したポイント・決め手】
再生可能エネルギーを最大限に使用していること【総合的な感想】
特に問題もなくスムーズに移行できた。

引用:価格.com

 

【総合的な感想】
具体的な金額は前の電力会社との料金比較はしていないが、毎月、多くの電力を使うので従前とは安くなったのではないかと思っている。

引用:価格.com

ミツウロコでんきのメリット

ミツウロコでんきに切り替えるメリットは主に以下の7つです。

・再生可能エネルギーを積極的に使っている
・駆けつけサービスが無料で使える
・解約の違約金が0円
・定期的にキャンペーンを実施している
・明治19年創業のミツウロコグループ企業で安心

再生可能エネルギーを積極的に使っている

ミツウロコでんきは、再生可能エネルギーを積極的に使っています。

3ヶ所の風力発電所、2ヶ所のソーラー発電所、1ヶ所の木質バイオマス発電所から年間約2億7,000万kWhも発電しています。

ミツウロコでんきの2019年の電源構成は、FIT電気が15%、再生可能エネルギーが5%と環境負荷が小さい電気を積極的に取り入れていることがわかります。

2018年12月からはCO2排出量の削減を重視する人向けの「ミツウロコでんきグリーンプラン」の受付も開始しています。

詳しいプラン内容については後ほど詳しく解説します。

駆けつけサービスが無料で使える

ミツウロコでんきはトラブル作業料金が無料
ミツウロコでんきを契約すると「ミツウロコでんき安心サポート」という駆けつけサービスが無料で使えます。

駆けつけサービスは、電気がつかない・コンセントが焦げ臭いなどの電気トラブルに24時間365日駆けつけてくれるというものです。

通常の作業費は、平日の日中は9,000円、土日祝日と夜間は13,000円ですが、ミツウロコでんきを契約すればいつでも無料になります。

頻繁に利用するものではありませんが、いざというときでも安心です。

解約の違約金が0円

ミツウロコでんきの契約期間は原則1年間の自動更新ですが、いつ契約しても違約金は0円です。

いろいろな新電力サービスを試してみたいという人でも安心して契約できます。

定期的にキャンペーンを実施している

ミツウロコでんきは、Amazonギフト券やクオカードもらえるなどのプレゼントキャンペーンを定期的に実施しています。

特定のサイトを経由したり、申込時に専用コードを入力するなど条件はありますがお得に契約できるチャンスです。

明治19年創業のミツウロコグループ企業で安心

ミツウロコでんきを運営している「ミツウロコグリーンエネルギー株式会社」は、東証一部上場企業のミツウロコグループホールディングスの子会社です。

古くから石油製品やガスなどのエネルギー事業をおこなっている会社なので、ノウハウがあり経営も非常に安定しています。

アニメ「ちびまる子ちゃん」のスポンサーとしても知られ、キャラクターとコラボしたCMも放送されていて知名度抜群です。

無名の新電力会社と契約するのは抵抗があるという人にも向いています。

ミツウロコでんきのデメリット

メリットだけではなく、デメリットもあるので事前にきちんと把握しておきましょう。

・使用量が少ないと割高になる可能性が高い
・紙の口座振替用紙や請求書が有料

使用量が少ないと割高になる可能性が高い

毎月の電気使用量が300kWh以下の人は、電気代が変わらない、もしくは割高になる可能性があります。

ミツウロコでんきの料金は使用量によって3段階に分かれていますが、300kWh以下の単価は従来の地域電力会社と変わらないからです。

基本料金も地域電力会社と全く同じなので、使用量が少ない人は他の新電力サービスのほうがお得になるでしょう。

紙の口座振替用紙や請求書が有料

ミツウロコでんきは紙の口座振替用紙や、請求書の発行にはそれぞれ110円の手数料がかかります。

ペーパーレス化でコストダウンし、低価格での電力販売を実現しているからです。

自分に合った新電力会社を見つけたいなら

電力比較ナビの画像2

「ミツウロコでんきに切り替えて本当にお得になるの?」と悩んでいる人は、自分に合った電力会社を提案してくれるプロに頼りましょう。

電力比較ナビ」なら、新電力会社に詳しいプロのコンシェルジュがあなたの世帯に最適な新電力をすぐに紹介してくれます。

電力比較ナビのメリット

  • ・自分に最適な新電力がすぐに分かる
  • ・エリア内の電力会社を徹底比較
  • ・生活スタイルを考慮したシミュレーション
  • ・限定のキャッシュバック特典で最大1万円もらえる

やり方はカンタンで、電話かメールで問い合わせるだけです。面倒な会員登録は不要です!

お住まいの地域や世帯人数、生活スタイルに合わせて、毎月の電気代をシミュレーションしてくれます。

最大1万円の限定キャッシュバックが受け取れるので、賢く新電力に乗り換えたい人におすすめです!

\特設ページ限定!最大1万円キャッシュバック!/
電力会社比較ナビはこちら

切り替え前との料金比較【エリア別】

従来の地域電力会社とミツウロコでんきの「従量電灯B」に切り替えた際、どれくらいお得になるのかを解説していきます。

一人暮らし・二人暮らし・三人暮らしの平均電気使用量を基に、2020年12月分の電気代(40アンペア固定)を比較しています。

一人暮らしの電気代比較

統計局家計調査2018年度によると、一人暮らしの電気使用量平均は「約189kWh/月」です。

以下で、エリアごとに従量電灯B(40A)とミツウロコでんきの電気代を比較しています。

従量電灯B
(10~60A)
ミツウロコでんき
北海道エリア 約6,212円 約6,253円
東北エリア 約5,312円 約5,395円
東京エリア 約5,469円 約5,354円
中部エリア 約5,372円 約5,531円
北陸エリア 約5,463円 約4,637円
関西エリア 約5,837円 約5,164円
中国エリア 約6,396円 約5,368円
四国エリア 約5,890円 約5,039円
九州エリア 約5,710円 約4,879円
沖縄エリア 約5,318円

一人暮らしの平均的な電力使用量だと、大幅な節約は期待できません。

二人暮らしの電気代比較

統計局家計調査2018年度によると、二人暮らしの電気使用量平均は「約326kWh/月」です。

以下で、エリアごとに従量電灯B(40A)とミツウロコでんきの電気代を比較しています。

従量電灯B
(10~60A)
ミツウロコでんき
北海道エリア 約10,445円 約10,143円
東北エリア 約9,784円 約8,670円
東京エリア 約9,270円 約8,581円
中部エリア 約8,867円 約8,804円
北陸エリア 約8,168円 約7,453円
関西エリア 約8,508円 約8,059円
中国エリア 約9,840円 約8,522円
四国エリア 約9,140円 約8,211円
九州エリア 約9,526円 約7,662円
沖縄エリア 約9,618円

ミツウロコでんきの「従量電灯B」は300kWh以上の単価が安いプランのため、二人暮らしの平均的な電気使用量だとお得が少ないです。

三人暮らしの電気代比較

統計局家計調査2018年度によると、三人暮らしの電気使用量平均は「約378kWh/月」です。

以下で、エリアごとに従量電灯B(40A)とミツウロコでんきの電気代を比較しています。

従量電灯B
(10~60A)
ミツウロコでんき
北海道エリア 約12,181円 約11,722円
東北エリア 約11,486円 約10,063円
東京エリア 約10,903円 約9,918円
中部エリア 約10,330円 約10,155円
北陸エリア 約9,511円 約8,565円
関西エリア 約9,591円 約9,174円
中国エリア 約11,227円 約9,773円
四国エリア 約10,445円 約9,710円
九州エリア 約11,114円 約8,875円
沖縄エリア 約11,342円

北海道・東北・東京エリアは約1,000円節約できます。九州エリアは2,000円ほど節約できる可能性があります。

ミツウロコでんきの料金プラン

現在、ミツウロコでんきには以下のプランが用意されています。

プランの名前を押すと、各プランの説明に飛びます。

プラン名 向いている人
従量電灯B 電気をたくさん使うファミリー
シングル応援プラン 電気をあまり使わない一人暮らし
とくとくナイト オール電化の世帯
ミツウロコグリーンプラン 環境に配慮したい人
EVグリーンプラン EV(電気自動車)所有者向けプラン
従量電灯C 商店や事務所
低圧電力 業務用のエアコンや大型機器がある店舗

各プランの料金設定は、エリアによって異なります。以下で、プランの特徴や料金単価を紹介していきます。

月300kWh以上使うファミリー世帯なら従量電灯B

従来の地域電力会社の「従量電灯B」に相当するプランです。基本料金は地域電力会社と同じですが、電気量料金の単価が違います。

地域電力会社は電気を使う量が増えるほど単価が高くなりますが、ミツウロコでんきの場合は逆に安くなります。

以下は、エリアごとの料金表です。タブを選択すると、表の中身が変わります。

東京電力 ミツウロコでんき
(関東エリア)
基本料金 10A 286円 286円
15A 429円 429円
20A 572円 572円
30A 858円 858円
40A 1,144円 1,144
50A 1,430円 1,430
60A 1,716円 1,716円
従量料金 ~120kWh 19.88円 21.83
121kWh
〜300kWh
26.48円 23.05
300kWh〜 30.57円 25.71
北海道電力 ミツウロコでんき
(北海道エリア)
基本料金 10A
341円 341
15A 511.5円 511.50
20A 682円 682
30A 1,023円 1,023
40A 1,364円 1,364
50A 1,705円 1,705
60A 2,046円 2,046
従量料金 ~120kWh 23.97円 24.99円
121kWh
〜300kWh
30.26円 27.40円
300kWh〜 33.98円 30.36円
東北電力 ミツウロコでんき
(東北エリア)
基本料金 10A
330円 330円
15A 495円 495円
20A 660円 660円
30A 990円 990円
40A 1,320円 1,320円
50A 1,650円 1,650円
60A 1,925円 1,980円
従量料金 ~120kWh 18.58円 20.61円
121kWh
〜300kWh
25.33円 23.22円
300kWh〜 29.28円 26.80円
中部電力
ミライズ
ミツウロコでんき
(中部エリア)
基本料金 10A 286円 286円
15A
429円 429円
20A 572円 572円
30A 858円 858円
40A 1,144円 1,144円
50A 1,430円 1,430
60A 1,716円 1,716
従量料金 ~120kWh 21.04円 23.10円
121kWh
〜300kWh
25.51円 23.40円
300kWh〜 28.46円 25.99円
北陸電力 ミツウロコでんき
(北陸エリア)
基本料金 10A 242円 242円
15A
363円 363円
20A 484円 484円
30A 726円 726円
40A 968 968
50A 1,210円 1,210円
60A 1,452円 1,452円
従量料金 ~120kWh 17.84円 18.86円
121kWh
〜300kWh
21.73円 20.37円
300kWh〜 23.44円 21.37円
関西電力 ミツウロコでんき
(関西エリア)
基本料金 最低料金 341.01円 333.72円
従量料金 ~120kWh 20.31円 22.16円
121kWh
〜300kWh
25.71円 24.33
300kWh〜 28.70円 25.72円
中国電力 ミツウロコでんき
(中国エリア)
基本料金 最低料金 336.87円 336.87円
従量料金 ~120kWh 20.76円 22.81
121kWh
〜300kWh
27.44円 24.58円
300kWh〜 29.56円 26.24円
四国電力 ミツウロコでんき
(四国エリア)
基本料金 最低料金 411.40円 411.40
従量料金 ~120kWh 20.37円 22.41
121kWh
〜300kWh
26.99円 24.97円
300kWh〜 30.50円 26.64円
九州電力 ミツウロコでんき
(九州エリア)
基本料金 10A 297円 297円
15A 445円 445円
20A 594円 594円
30A 891円 891円
40A 1,188円 1,188円
50A 1,485円 1,485円
60A 1,782円 1,782円
従量料金 ~120kWh 17.46円 19.48円
121kWh
〜300kWh
23.06円 19.61円
300kWh〜 26.06円 23.33円

120kWh以下の場合、ミツウロコでんきに切り替えると電気代が上がってしまいます。

一人暮らしならシングル応援プラン

「シングル応援プラン」は従来の地域電力会社の「従量電灯B」に相当するプランです。

基本料金と120kWhまでの電気量料金の単価は地域電力会社と同じで、120kWh以上の単価が安く設定されています。

以下は、エリアごとの料金表です。タブを選択すると、表の中身が変わります。

東京電力 ミツウロコでんき
シングル応援
プラン
(関東エリア)
基本料金 10A 286円 286
15A 429円 429円
20A 572円 572円
30A 858円 858円
40A 1,144円 1,144
50A 1,430円 1,430
60A 1,716円 1,716円
従量料金 ~120kWh 19.88円 19.88
121kWh
〜300kWh
26.48円 26.08
300kWh〜 30.57円 28.95
北海道電力 ミツウロコでんき
シングル応援
プラン
(北海道エリア)
基本料金 10A
341円 341
15A 511.5円 511.5円
20A 682円 682
30A 1,023円 1,023
40A 1,364円 1,364
50A 1,705円 1,705
60A 2,046円 2,046
従量料金 ~120kWh 23.97円 23.97円
121kWh
〜300kWh
30.26円 29.81円
300kWh〜 33.98円 32.13円
東北電力 ミツウロコでんき
シングル応援
プラン
(東北エリア)
基本料金 10A
330円 330円
15A 495円 495円
20A 660円 660円
30A 990円 990円
40A 1,320円 1,320円
50A 1,650円 1,650円
60A 1,925円 1,980円
従量料金 ~120kWh 18.58円 18.58円
121kWh
〜300kWh
25.33円 24.95円
300kWh〜 29.28円 27.72円
中部電力
ミライズ
ミツウロコでんき
シングル応援
プラン
(中部エリア)
基本料金 10A 286円 286円
15A
429円 429円
20A 572円 572円
30A 858円 858円
40A 1,144円 1,144円
50A 1,430円 1,430
60A 1,716円 1,716
従量料金 ~120kWh 21.04円 21.04円
121kWh
〜300kWh
25.51円 25.15円
300kWh〜 28.46円 26.92円
北陸電力 ミツウロコでんき
シングル応援
プラン
(北陸エリア)
基本料金 10A 242円 242円
15A
363円 363円
20A 484円 484円
30A 726円 726円
40A 968 968
50A 1,210円 1,210円
60A 1,452円 1,452円
従量料金 ~120kWh 17.84円 17.84円
121kWh
〜300kWh
21.73円 21.39円
300kWh〜 23.44円 22.14円
関西電力 ミツウロコでんき
シングル応援
プラン
(関西エリア)
基本料金 最低料金 341.01円 341.01円
従量料金 ~120kWh 20.31円 20.31円
121kWh
〜300kWh
25.71円 25.42
300kWh〜 28.70円 27.93円
中国電力 ミツウロコでんき
シングル応援
プラン
(中国エリア)
基本料金 最低料金 336.87円 336.87円
従量料金 ~120kWh 20.76円 20.76
121kWh
〜300kWh
27.44円 27.06円
300kWh〜 29.56円 27.93円
四国電力 ミツウロコでんき
シングル応援
プラン
(四国エリア)
基本料金 最低料金 411.4円 411.4
従量料金 ~120kWh 20.37円 20.37
121kWh
〜300kWh
26.99円 26.59円
300kWh〜 30.5円 28.82円
九州電力 ミツウロコでんき
シングル応援
プラン
(九州エリア)
基本料金 10A 297円 297円
15A 445円 445円
20A 594円 594円
30A 891円 891円
40A 1,188円 1,188円
50A 1,485円 1,485円
60A 1,782円 1,782円
従量料金 ~120kWh 17.46円 17.45円
121kWh
〜300kWh
23.06円 22.70円
300kWh〜 26.06円 24.64円

毎月300kWh以上使う人でないと、シングル応援プランに乗り換えても安さは実感できないでしょう。

一人暮らしの人や共働きの世帯は、別のプランか他社の新電力サービスの切り替えをおすすめします。

オール電化ならトクトクナイト

「トクトクナイト」は、オール電化や夜間に多くの電気を使う世帯向けのプランです。

夜間の従量料金単価が安く設定されており、地域電力のオール電化向けプランよりもお得になります。

以下は、エリアごとの料金表です。タブを選択すると、表の中身が変わります。

東京電力 ミツウロコでんき
トクトクナイト
(関東エリア)
基本料金 10Aあたり
(1kVA)
286 286円
従量料金 午前6時〜
翌午前1時
25.80円 25.03
午前1時〜
午前6時
17.78円 17.78

北海道電力 ミツウロコでんき
トクトクナイト
(北海道エリア)
基本料金 6kVA 2,215.48円 2,215.48円
7kVA、
8kVA
2,724.7円 2,724.7円
~9kVA、
10kVA
3,234円 3,234円
上記をこえる
1kVAあたり
473円 473円
従量料金 デイ
40.67円 39.45
ホーム 30.90円 29.98
ナイト
14.63円 14.64円
東北電力 ミツウロコでんき
トクトクナイト
(東北エリア)
基本料金 6kVA
1,430円 1,430円
6kVAをこえ
10kVAまで

1,980円 1,980円
上記をこえる
1kVAあたり

330円 330円
従量料金 デイ
~80kWh 22.09円 25.03
~200kWh 30.13円 31.76円
200kWh~ 34.83円 36.7円
ナイト
17.78円 11.12
中部電力 ミツウロコでんき
トクトクナイト
(中部エリア)
基本料金 10kVAまで 1,487.04円 1,487.04円
上記をこえる
1kVAあたり
286円 286円
従量料金 デイ 38.71円 37.54円
ホーム 28.52円 27.66円
ナイト 16.30円 16.30
北陸電力 ミツウロコでんき
トクトクナイト
(北陸エリア)
基本料金 10kVAまで 1,650 1,650円
上記をこえる
1kVAあたり
242円 242円
従量料金 デイ 34.94 33.9
ナイト 25.06 24.31
ホリデー 19.63円 19.05円
ナイト 12.50円 12.51円
関西電力 ミツウロコでんき
トクトクナイト
(関西エリア)
基本料金 最初の
10kWまで
1,210円 1,210円
上記を超える
1kWあたり
396円 396円
従量料金 デイ
~90kWh
21.66円 21.01
デイ
90~
230kwh
27.95円 27.1円
デイ
230kWh~
32円 31.03円
ナイト 10.7円 10.7
中国電力 ミツウロコでんき
トクトクナイト
(中国エリア)
基本料金 10Aあたり
(1kVA)
1,650円 1,650円
上記をこえる
1kWあたり
407円 407円
従量料金 デイ(夏季) 32.68円 31.69
デイ
(その他季節)
30.62円 29.70
ナイト 14.87円 14.87円
ホリデー 14.87円 14.87円
四国電力 ミツウロコでんき
トクトクナイト
(四国エリア)
基本料金 10Aあたり
(1kVA)
1,344.44円 1,344.44円
上記をこえる
1kWあたり
415.56円 415.56円
従量料金 デイ 34.97円 33.92
ナイト 20.09円 20.09円
ホリデー 20.09円 20.09
九州電力 ミツウロコでんき
トクトクナイト
(九州エリア)
基本料金 ~10kW 1,650 1,650円
11kW
~15kW
4,400円 4,400円
上記をこえる
1kWあたり
550円 550円
従量料金 平日昼間
(春夏)
26.84円 26.03円
平日昼間
(春秋)
23.95円 23.23
休日昼間
(春夏)
21.22円 20.58円
休日昼間
(春秋)
17.82円 17.29円
通年夜間 13.21円 13.21円

ミツウロコグリーンプラン

「ミツウロコグリーンプラン」は、CO2の排出を抑えた電気を使いたい人向けのプランです。

ミツウロコでんきが所有する発電所から作られる再生可能エネルギーや非化石証書を通じて、環境保全活動に貢献できます。

以下は、エリアごとの料金表です。タブを選択すると、表の中身が変わります。

東京電力 ミツウロコ
グリーンプラン
(関東エリア)
基本料金 10A 286円 1kVAあたり
又は10Aあたり
286円
15A 429円
20A 572円
30A 858円
40A 1,144円
50A 1,430円
60A 1,716円
従量料金 ~120kWh 19.88円 23.26
121kWh
〜300kWh
26.48円 24.48
300kWh〜 30.57円 27.14
北海道電力 ミツウロコ
グリーンプラン
(北海道エリア)
基本料金 10A
341円 1kVAあたり
又は10Aあたり
341円
15A 511.5円
20A 682円
30A 1,023円
40A 1,364円
50A 1,705円
60A 2,046円
従量料金 ~120kWh 23.97円 26.42円
121kWh〜300kWh 30.26円 28.83円
300kWh〜 33.98円 31.79円
東北電力 ミツウロコ
グリーンプラン
(東北エリア)
基本料金 10A
330円 1kVAあたり
又は10Aあたり
330円
15A 495円
20A 660円
30A 990円
40A 1,320円
50A 1,650円
60A 1,925円
従量料金 ~120kWh 18.58円 22.04円
121kWh
〜300kWh
25.33円 24.65円
300kWh〜 29.28円 28.23円
中部電力
ミライズ
ミツウロコ
グリーンプラン
(中部エリア)
基本料金 10A 286円 1kVAあたり
又は10Aあたり
286円
15A
429円
20A 572円
30A 858円
40A 1,144円
50A 1,430円
60A 1,716円
従量料金 ~120kWh 21.04円 24.53円
121kWh
〜300kWh
25.51円 24.83円
300kWh〜 28.46円 27.42円
北陸電力 ミツウロコ
グリーンプラン
(北陸エリア)
基本料金 10A 242円 1kVAあたり
又は10Aあたり
242円
15A
363円
20A 484円
30A 726円
40A 968
50A 1,210円
60A 1,452円
従量料金 ~120kWh 17.84円 20.29円
121kWh
〜300kWh
21.73円 21.8円
300kWh〜 23.44円 22.8円
関西電力 ミツウロコ
グリーンプランA
(関西エリア)
基本料金 最低料金 341.01円 最初の15kWhまで
333.72円
従量料金 ~120kWh 20.31円 23.59円
121kWh
〜300kWh
25.71円 25.76
300kWh〜 28.70円 27.15円
中国電力 ミツウロコ
グリーンプランA
(中国エリア)
基本料金 最低料金 336.87円 最初の15kWhまで
337.36円
従量料金 ~120kWh 20.76円 24.24
121kWh
〜300kWh
27.44円 26.01円
300kWh〜 29.56円 27.67円
四国電力 ミツウロコ
グリーンプランA
(四国エリア)
基本料金 最低料金 411.40円 最初の11kWhまで
411.40
従量料金 ~120kWh 20.37円 23.84
121kWh
〜300kWh
26.99円 26.40円
300kWh〜 30.50円 28.07円
九州電力 ミツウロコ
グリーンプラン
(九州エリア)
基本料金 10A 297円 1kVAあたり
又は10Aあたり
297円
15A 445円
20A 594円
30A 891円
40A 1,188円
50A 1,485円
60A 1,782円
従量料金 ~120kWh 17.46円 20.91円
121kWh
〜300kWh
23.06円 21.04円
300kWh〜 26.06円 24.76円

各エリアとも基本料金は変わりませんが、121kwh以上の従量料金単価が安めに設定されています。

逆に120kwhまでの従量料金は高く設定されているため、毎月120kwh以下しか使わない人には割高です。

EV所有者ならEVグリーンプラン

「EVグリーンプラン」は、EV(電気自動車)所有者向けの、午前0時~5時の電気が安くなるプランです。

50kwhまでの従量料金単価が無料なので、深夜にEVを充電したり洗濯機を回す家庭ならお得になる可能性が高いです。

以下は、エリアごとの料金表です。タブを選択すると、表の中身が変わります。

ミツウロコでんき
EVグリーンプラン
(関東エリア)
基本料金 0円
従量料金 午前5時
~午前0時
29.5
午前0時
~午前5時
~50kW 0円
50kW超過 29.5

ミツウロコでんき
EVグリーンプラン
(北海道エリア)
基本料金 0円
従量料金 午前5時
~午前0時
31.8
午前0時
~午前5時
~50kW 0円
50kW超過 31.8
ミツウロコでんき
EVグリーンプラン
(東北エリア)
基本料金 0円
従量料金 午前5時
~午前0時
29.8
午前0時
~午前5時
~50kW 0円
50kW超過 29.8
ミツウロコでんき
EVグリーンプラン
(中部エリア)
基本料金 0円
従量料金 午前5時
~午前0時
31.5
午前0時
~午前5時
~50kW 0円
50kW超過 31.5
ミツウロコでんき
EVグリーンプラン
(北陸エリア)
基本料金 0円
従量料金 午前5時
~午前0時
25.6
午前0時
~午前5時
~50kW 0円
50kW超過 25.6
ミツウロコでんき
EVグリーンプラン
(関西エリア)
基本料金 0円
従量料金 午前5時
~午前0時
26.5
午前0時
~午前5時
~50kW 0円
50kW超過 26.5
ミツウロコでんき
EVグリーンプラン
(中国エリア)
基本料金 0円
従量料金 午前5時
~午前0時
27.8
午前0時
~午前5時
~50kW 0円
50kW超過 27.8
ミツウロコでんき
EVグリーンプラン
(四国エリア)
基本料金 0円
従量料金 午前5時
~午前0時
27.7
午前0時
~午前5時
~50kW 0円
50kW超過 27.7
ミツウロコでんき
EVグリーンプラン
(九州エリア)
基本料金 0円
従量料金 午前5時
~午前0時
25.2
午前0時
~午前5時
~50kW 0円
50kW超過 25.2

ミツウロコでんきの申し込み方法

ミツウロコでんきと契約したいけど、どうやって申し込めばよいか悩んでいる人のために、申し込み方法をまとめました。

  1. 公式サイトの「電気のお申し込み」をタップ
  2. ②規約を確認してユーザー登録する
  3. ③契約者情報を入力する
  4. ④支払先の情報を入力する

ちなみに、ミツウロコでんきの申し込みはWEBのみです。電話や書類での申し込みには対応していないので注意しましょう。

申し込み時に必要なもの

申し込みには「検針票」が必要です。口座振替で支払う場合は「口座情報」が必要なので、あらかじめ準備しておきましょう。

検針票の見本

手元に検針票がない場合は、現在利用している電力会社の営業所に電話で確認するか、各電力会社のウェブサイトで確認できます。

契約者情報として入力するもの

契約者情報として入力するものは以下8つです。

・利用エリア
・現在利用している電力会社
・地点番号
・お客様番号
・現在契約しているアンペア数
・契約者情報(氏名・利用場所の住所・電話番号)
・メールアドレス
・クレジットカード情報

支払い方法は3種類から選べる

ミツウロコでんきの支払い方法は、口座振替、振込用紙、クレジットカードから選べます。

口座振替の場合は、申し込み時に口座情報を入力します。

振込用紙で支払う場合、書類の発行手数料として110円かかるので注意しましょう。

クレジットカードで支払う場合は、申し込み後にマイページから手続きします。

VISA、MasterCard、JCB、Diners、American Expressのマークがついているクレジットカードが利用できます。

申し込み完了後は何もしなくて良い

申込完了後に受付メールが届きます。内容に問題がないか確認しておきましょう。

スマートメーターがついていない場合は、取付工事が入ります。工事についての連絡が入りますが、立ち会いや費用の支払いはありません。

元々使っていた電力会社への解約手続きも必要ないので、非常に気軽に申し込みできます。

供給開始日の確定や、供給開始のお知らせもメールで届きます。

他の電力会社との評判比較

ミツウロコでんき以外の他の新電力会社との評判を比較しました。

ミツウロコでんきではあまり安くならなかった・他の新電力会社の情報も知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

以下の3社は、ユーザーからの評判も良く電気料金が安くなるおすすめの新電力会社です。

下の表の中のロゴを押すと、各電力会社の詳しい解説記事に移動します。

新電力会社 おすすめ理由
エルピオでんきのロゴ とにかく電気代が安い
・使用開始可能までが早い
・安心駆けつけサービスあり
公式サイトはこちら
シン・エナジーのロゴ 電気をあまり使わない人向け
・電力量料金が安い
・生活に合わせたプランが豊富
・JALのマイルが貯まる
公式サイトはこちら
Looopでんきのロゴ 基本料金0円
・電気をたくさん使う世帯向け
・ガスとのセット割あり
・オール電化プランあり
公式サイトはこちら

電力使用量が多いファミリー世帯には「エルピオでんき」

エルピオでんきのバナー

2人以上で暮らしていて電気使用量が多い家庭には「エルピオでんき」がおすすめです。

エルピオでんきは電気料金が業界最安レベルの新電力会社です。いわゆるポイント還元はありませんが、その分、電気代が他社よりもかなり安いです。

とくに従量料金が安いのが魅力的で、二人暮らしで約7,000円、3人以上の世帯でも約8,000円で済むケースが多いです。

また、契約期間の縛りや違約金がないので、いつでも好きなタイミングで解約できる利点もあります。初めての新電力会社として最適です!

エルピオでんきの料金詳細
東京電力 エルピオでんき
スタンダードS
基本料金 30A 858円 -
40A 1,144円 1,086.8円
50A 1,430円 1,344.2円
60A 1,716円 1,613.04円
従量料金
~120kWh
19.88円 【40,50A】
18.84円
【60A】
18.65円

121kWh
〜300kWh
26.48円 23.03円
300kWh〜 30.57円 25.78円
東北電力 エルピオでんき
スタンダードS
(東北エリア)
基本料金 30A 990 743.52円
40A 1,320 937.04円
50A 1,650円 1,171.29円
60A 1,980円 1,497.22円
従量料金 ~120kWh 18.58円 23.42円
121kWh〜300kWh 25.33円
300kWh〜 29.28円
中部電力
ミライズ
エルピオでんき
スタンダードS
(中部エリア)
基本料金 30A 858円 743.52円
40A 1,144円 937.04円
50A 1,430円 1,171.29円
60A 1,716円 1,497.22円
従量料金 ~120kWh 21.04円 23.62円
121kWh〜300kWh 25.51円
300kWh〜 28.46円
北陸電力 エルピオでんき
使った分だけS
(北陸エリア)
基本料金 30A 726円 0円
40A 968
50A 1,210円
60A 1,452円
従量料金 ~120kWh 17.84円 21.3円
121kWh〜300kWh 21.73円
300kWh〜 23.44円
関西電力 エルピオでんき
使った分だけS
(関西エリア)
基本料金 最低料金 341.01円 0円
従量料金 ~120kWh 20.31円 22.2円
121kWh〜300kWh 25.71円
300kWh〜 28.70円
中国電力 エルピオでんき
使った分だけS
(中国エリア)
基本料金 最低料金 336.87円 0円
従量料金 ~120kWh 20.76円 23.58円
121kWh〜300kWh 27.44円
300kWh〜 29.56円
四国電力 エルピオでんき
使った分だけS
(四国エリア)
基本料金 最低料金 411.40円 0円
従量料金 ~120kWh 20.37円 23.94円
121kWh〜300kWh 26.99円
300kWh〜 30.50円
九州電力 エルピオでんき
使った分だけS
(九州エリア)
基本料金 30A 891円 0円
40A 1,188円
50A 1,485円
60A 1,782円
従量料金 ~120kWh 17.46円 22.91円
121kWh〜300kWh 23.06円
300kWh〜 26.06円

12月31日まで!
\限定キャッシュバックキャンペーン実施中/

毎月の電気量が少ない人は「シン・エナジー」がおすすめ

シン・エナジーのロゴ画像

毎月の電気量が少ない人は「シン・エナジー」がおすすめです。

電気使用量が0〜120kwhであれば、1kWhあたり約18円とかなり安いです。そのため特に一人暮らしの人に向いている新電力会社です。

また、昼間の電気代が安くなるプランや、夜間の電気代が安くなるプランなどがあるので、自分のライフスタイルに応じて契約内容を選択できます。

シン・エナジーの料金詳細
東京電力 シン・エナジー
きほんプラン
(東京エリア)
基本料金 30A 858円 768.34円
40A 1,144円 1,024.45円
50A 1,430円 1,280.56円
60A 1,716円 1,536.68円
従量料金 ~120kWh 19.88円 19.67円
121kWh
〜300kWh
26.48円 24.78円
300kWh〜 30.57円 27.71円
東北電力 シン・エナジー
きほんプラン
(東北エリア)
基本料金 30A 990円 980.83円
40A 1,320円 1,307.78円
50A 1,650円 1,633.70円
60A 1,925円 1,960.65円
従量料金 ~120kWh 18.58円 18.31円
121kWh〜300kWh 25.33円 24.42円
300kWh〜 29.28円 26.79円
中部電力
ミライズ
シン・エナジー
きほんプラン
(中部エリア)
基本料金 30A 858円 824.95円
40A 1,144円 1,101.59円
50A 1,430円 1,375.25円
60A 1,716円 1,649.91円
従量料金 ~120kWh 21.04円 20.40円
121kWh〜300kWh 25.51円 23.87円
300kWh〜 28.46円 25.24円
北陸電力 シン・エナジー
きほんプラン
(北陸エリア)
基本料金 30A 726円 704.22円
40A 968 938.96円
50A 1,210円 1,173.70円
60A 1,452円 1,408.44円
従量料金 ~120kWh 17.84円 17.30円
121kWh〜300kWh 21.73円 20.78円
300kWh〜 23.44円 22.74円
関西電力 シン・エナジー
きほんプラン
(関西エリア)
基本料金 最低料金 341.01円 304.41円
従量料金 ~120kWh 20.31円 19.81円
121kWh〜300kWh 25.71円 23.83円
300kWh〜 28.70円 27.30円
中国電力 シン・エナジー
きほんプラン
(中国エリア)
基本料金 最低料金 336.87円 226.11円
従量料金 ~120kWh 20.76円 20.72円
121kWh〜300kWh 27.44円 24.95円
300kWh〜 29.56円 27.70円
四国電力 シン・エナジー
きほんプラン
(四国エリア)
基本料金 最低料金 411.40円 300.46円
従量料金 ~120kWh 20.37円 20.37円
121kWh〜300kWh 26.99円 26.48円
300kWh〜 30.50円 27.81円
九州電力 シン・エナジー
きほんプラン
(九州エリア)
基本料金 30A 891円 882.09円
40A 1,188円 1,152.36円
50A 1,485円 1,410.75円
60A 1,782円 1,603.80円
従量料金 ~120kWh 17.46円 17.26円
121kWh〜300kWh 23.06円 21.39円
300kWh〜 26.06円 23.43円
沖縄電力 シン・エナジー
きほんプラン
(沖縄エリア)
基本料金 最低料金 402.40円 361.57円
従量料金 ~120kWh 17.46円 22.92円
121kWh〜300kWh 23.06円 27.50円
300kWh〜 26.06円 28.52円

\電気使用量が少ない一人暮らしにおすすめ!/

電力自由化とは

電力自由化とは、2016年4月の法改正により、一般家庭や企業などが自由に電力会社や料金プランを選べるようになった制度です。

電力自由化の説明画像

地域の電力会社だけでなく、電力の小売り会社(新電力会社)と契約が可能です。

会社によって基本料金や契約プランが違うため、企業間の価格競争もあり、選択次第では電気代をかなり抑えられます。

新電力会社で取り扱っている電力は、従来の送電線を通って家庭に送られるため、どの会社も電力自体の質は変わりません。

新電力への切り替えで電気料金をもっと安くしませんか?

電力比較ナビの画像2

新電力会社に切り替えれば、電気代は大幅に削減できます。しかし、地域や生活スタイルによって、最適な新電力会社は異なります。

電力会社比較ナビ」に相談すれば、生活リズムや世帯人数に合わせて、一番お得なプランをすぐに紹介してくれます。

電力比較ナビのメリット

  • ・自分に最適な新電力がすぐに分かる
  • ・エリア内の電力会社を徹底比較
  • ・生活スタイルを考慮したシミュレーション
  • ・限定のキャッシュバック特典で最大1万円もらえる

やり方はカンタンで、電話かメールで問い合わせるだけです。面倒な会員登録は不要です!

は、最大1万円の限定キャッシュバックが受け取れるので、賢く新電力に乗り換えたい人におすすめです!

\特設ページ限定!最大1万円キャッシュバック!/
電力会社比較ナビはこちら

おすすめ新電力会社TOP3

基本料金・初期費用・解約金ぜんぶ0円!電気の支払いは使った分のみだからおトク!

ガスとセットで電気代がさらにお得に!今ならキャンペーンで最大2万円キャッシュバック!

生活スタイルに合った料金プランが選べる!電気をあまり使わない一人暮らしにオススメ!

新電力ごとの記事一覧