ENEOSでんきの評判や口コミ!メリットデメリットや切り替え時の料金など大公開!

最終更新日:2021年12月01日
ENEOSでんきのアイキャッチ

「ENEOSでんきに切り替えたらどれくらい節約できる?」「他の新電力会社との違いは?」という疑問に答えます!

結論、ENEOSでんきは「電気使用量が多いファミリー世帯」におすすめの電力会社です!

この記事では、実際に契約した人から寄せられた評判や口コミをもとに、実際どれくらい安くできるのか・サービス内容は良いか悪いか解説していきます。

電力自由化をきっかけに、新電力に切り替えを検討している人はぜひ参考にしてください!

石塚

電力会社関係のオペレーター経験があり、契約や手続きに関する知識が豊富。不安になりがちなことも丁寧に説明してくれる。

おすすめ人気記事
新電力会社のおすすめランキング
新電力会社おすすめランキング!電気料金が安い会社を徹底比較!【 最新】
記事を読む
「Looopでんき 評判 」のアイキャッチ
Looopでんきの評判口コミは?メリット・デメリットを解説!
記事を読む
「エルピオでんき 評判」のアイキャッチ
エルピオでんきの評判や口コミ!メリットデメリットや切り替え時の料金など大公開!
記事を読む

ENEOSでんきとは

ENEOSでんきのバナー

基本料金 エリアによって変動
サービス特徴 ・解約金が0円(にねんとく2割を除く)
・長期利用で割引になる
・Tポイントが貯まる
・特別提携カードでポイントやマイルが貯まる
・指定カードでガソリンや灯油が割引になる
・沖縄と一部離島を除いた全国で利用できる
・WEBアプリで料金や使用量が管理できる
・電気に関するトラブルを無料サポート
・発電施設を運営していて供給が安定している
・環境負荷が少ないエネルギーも活用している
・2020年10月現在75万世帯が利用している
オール電化プラン なし
セットプラン なし
解約違約金 なし
支払い方法 クレジットカード/口座振替
申し込み窓口 公式サイト

ENEOSでんきとは、株式会社ENEOSが運営している新電力サービスです。

街中にあるガソリンスタンドや、CMキャラクター「エネゴリくん」などで圧倒的に認知度が高く、2020年10月現在で75万世帯から選ばれています。

電気代が安くなるだけでなく、ガソリンや灯油の割引サービスや、Tポイントの付与などのお得なサービスも充実しています。

電気をたくさん使うファミリー世帯におすすめ

ENEOSでんきは大量の電気を使うファミリー世帯におすすめです。時間帯や曜日に関わらず使用量に応じて料金単価が変わり、使用量が多いほどお得になるからです。

以下で、ENEOSでんきに向いている人の特徴をまとめました。当てはまる数が多い人は、是非ENEOSでんきを検討してみてください。

・家族が多く毎月大量の電気を使う
・ENEOSのガソリンスタンドをよく利用する
・クレジットカードを持っていない
・Tポイントを貯めたい
・スマホやPCで電気代を管理したい
・電気トラブルの駆けつけサービスがほしい
・解約金0円でいろいろな新電力を試したい
・無名の電力会社との契約に抵抗がある
・原子力発電はなるべく利用したくない

ENEOSカードを持っている人は、ガソリンや灯油の割引も受けられます。車を持っている人も検討の余地ありです。

解約金がかからないので「とりあえず新電力を試してみたい」という人にもおすすめです。

ただ、電気代をとにかく安く抑えたいなら、基本料金0円の「Looopでんき」や、一人暮らし向けのプランが優秀な「シン・エナジー」のほうがおすすめです。

関連記事

▶Looopでんきの評判口コミはこちら
▶シン・エナジーの評判口コミはこちら

ENEOSでんきの評判は良い

ENEOSでんきの評判は良いです。年間で10,000円以上節約できたという世帯も多く、主に料金面での評判が良かったです。

一方で「カスタマーサポートの電話が繋がらない」「適当な対応をされた」など対応が悪いという口コミも見受けられました。

評判や口コミ評価は「Twitter」「独自アンケート」「価格.com」を基に判断しています。2020年1月~12月で、新しく投稿・回答されたものに絞っています。

良い 悪い どちらでもない
合計 414 102 837
Twitter 304 70 784
アンケート回答 46 28 26
価格.com 64 4 27

以下で、Twitter・アンケート結果・価格.comでの生の声を紹介します。

Twitterでの口コミは料金の満足度が高い

Twitterでの口コミを調べて見ると、料金の満足度が高いです。従来の電力会社よりも、年間で10,000円以上安くなったという世帯も多かったです。

「Tポイントがもらえてお得」「電球の交換もしてくれる」など、料金以外の特典の良さについての声もありました。

アンケートによる口コミは意見がわかれた

クラウドソーシングサイトの「ランサーズ」で、ENEOSでんきを利用している人の口コミと評価を調査しました。

調査期間は2021年1月~3月で、実際にENEOSでんきを利用している人に限定しています。

調査の結果「電気代が節約できた」「ガソリンや灯油も割引になる」などの良い意見もあれば「ポイント付与率がイマイチ」など悪い意見もありました。

男性のアイコン
エネオスカード割引やガソリンの割引が嬉しい20代男性 / 福岡県
切り替え前九州電力 従量電灯B
切り替え後ENEOSでんき 東京Vプラン
切替え時期2020年12月
世帯人数2人
使用量4月/445kwh
供給エリア九州電力
総合評価
2番目に良い評価
料金満足度
2番目に良い評価
切り替えやすさ
1番目に良い評価
切り替えて良かったと感じた点
料金は安くなったと感じました。またその他としてガソリンの割引も受けれています。
切り替えて不満に感じた点
不満な点は特にないのですが、メリットの点がガソリンが安くなるという部分なので、車を手放した時に、エネオス電気のままでいる理由がなくなるので、もう少しメリットを他にも増やして欲しいです。
女性のアイコン
ポイント付与率はイマイチ30代女性 / 東京都
切り替え前東京電力 従量電灯B
切り替え後ENEOSでんき 東京Vプラン
切替え時期2019年6月
世帯人数5人
使用量1月/677kwh
供給エリア東京電力
総合評価
4番目に良い評価
料金満足度
3番目に良い評価
切り替えやすさ
2番目に良い評価
切り替えて良かったと感じた点
何より自分が普段からTポイントを貯めているので、毎月必ず貯まっていくのでよかったです。インターネットで過去から現在のその日の何時にどれくらい使用したのかもすぐ比較できるのでとても便利です。
切り替えて不満に感じた点
料金設定はそんなに不満はなく良いのですが、ポイント付与率は前のau電気より悪いのでまた戻そうかなと少し悩んでいます。
女性のアイコン
営業がしつこかった30代女性 / 東京都
切り替え前東京電力 従量電灯B
切り替え後ENEOSでんき 東京Vプラン
切替え時期2020年2月
世帯人数3人
使用量1月/380kwh
供給エリア東京電力
総合評価
3番目に良い評価
料金満足度
3番目に良い評価
切り替えやすさ
2番目に良い評価
切り替えて良かったと感じた点
毎月の料金を事細かく参照できることが一番良かったです。またメールで最新の情報も丁寧に教えて頂きました。
切り替えて不満に感じた点
ポイント付与など、こちらがあまり要求していない内容の勧誘がしつこく、何度か電話もかけてきたのが不愉快でした。
男性のアイコン
オプションやポイントを組み合わせられる30代男性 / 新潟県
切り替え前東北電力 従量電灯B
切り替え後ENEOSでんき 東北Bプラン
切替え時期2017年6月
世帯人数1人
使用量12月/120kwh
供給エリア東北電力
総合評価
2番目に良い評価
料金満足度
2番目に良い評価
切り替えやすさ
2番目に良い評価
切り替えて良かったと感じた点
プランや割引、特典が充実しています。提携しているカードやポイントを使って割引が受けられるなどメリットがあってお得です。
切り替えて不満に感じた点
使用量が少ない場合の料金があまり安くならない点です。少し損をしているような気分になりますが、ポイントや特典で補うことにしていま…。
男性のアイコン
サポート対応が良いけど車ないとお得じゃない20代男性 / 福岡県
切り替え前九州電力 従量電灯B
切り替え後ENEOSでんき 九州Bプラン
切替え時期2020年12月
世帯人数2人
使用量2月/219kwh
供給エリア九州電力
総合評価
2番目に良い評価
料金満足度
2番目に良い評価
切り替えやすさ
2番目に良い評価
切り替えて良かったと感じた点
サポートへの連絡が付きやすくなりました。以前のJ:COM電力はとにかくサポートへの電話がつながらず、オペレータが電話に出るまでに30分待機するのも珍しくありませんでした。
切り替えて不満に感じた点
強いてあげれば、ガスとのセット割ができないことです。切替後に利用しているガス会社のセット割を知ったのですが、交通ICカードにポイントを付けられるなどENEOSでんきに無い魅力があります。ENEOSでんきにもENEOSカードと連携してお得に利用することができるようですが、車を利用しないので魅力を感じていないです。

価格.comでの口コミは普通

価格.comでの口コミを調べてみると「電気代が安くなった」「ポイントやマイルが貯まってお得に感じる」と言ったポジティブな意見がありました。

一方で「切り替えまでに思ったより時間がかかった」「連絡が遅かった」という意見もありました。

人気のサービスのため、スマートメーターの設置に時間がかかることが原因のようです。ENEOSでんきに切り替える際は、スケジュールに余裕を持って申し込みしましょう

【周辺サービス(会員向けWEBサービスや生活見守りサービス等)について】
会員向けに紙の請求書でなく、ウェブ上で月々の電気代や電気使用量の確認が出来るので、確認したいときにすぐ見れて便利である。また、月々の使用量がグラフ化して見せてくれるので、使い過ぎているな、など戒めになるのも便利である。

【ポイント還元サービスについて】
Tポイントが貯まっていく会社に変更したのですが、他のどのポイントより貯めていたポイントですし、貯まったポイントを使える店が多岐に渡っているので、家計の助けになります。とくにお金を使った意識がなく貯まっていくのも、得した気分になります。

引用:価格.com

【総合的な感想】
自家用車で遠くまでドライブすることが多いことから、ガソリンを今までよりも常に安く調達することができたら、どんなにありがたいことか、と強く思ったので、エネオスを申し込みしたのですが、セット割引など、いろいろとお得で、大変満足しています。

引用:価格.com

【開始手続きやサポート対応について】
申し込みしてから実際に切り替えになるまで思ったより時間が掛かった(3か月くらい)。切り替え開始時期がいつのなるのかまったく連絡が無く、とても不親切だなと感じた。切り替えもいつの間にか変わっていて、特別な連絡が無くあまり良さを感じられなかった。

引用:価格.com

ENEOSでんきのメリット

ENEOSでんきに切り替えるメリットは主に以下の8つです。

・解約金が0円
・長期利用で割引になる
・口座振替とクレジットカード払いが選べる
・特別提携カードでポイントやマイルが貯まる
・Tポイントが貯まる
・WEBアプリで電気料金や使用量が管理できる
・電気に関するトラブルを無料でサポート
・発電施設を運営していて供給が安定している

以下でそれぞれ解説します。

解約金が0円

ENEOSでんきは、契約の途中で解約する場合でも解約金や違約金は一切かかりません。

ENEOSでんきの契約期間は1年単位ですが、いつ解約しても解約金はかからないので気軽に申し込みできます。

万が一ENEOSでんきを解約する場合は「ENEOSでんきお客さまページ」か、専用WEBアプリから手続きできます。

ちなみに、他社の新電力サービスに乗り換える場合は解約の連絡は不要です。乗り換え先の電力会社が手続きを代行してくれるからです。

長期利用で割引になる

2年単位で契約する「にねんとく2割」にすると、1kWhあたりの使用電力量料金が0.2円割引になります。

例えば4人家族で月間電気使用量が400kWhの場合、年間約960円節約できます。

さらに3年目以降は、1kWhあたりの使用電力量料金が0.3円割引になります。長く使えば使うほどお得になるプランです。

ただし、契約期間中に解約すると1,100円の解約金が発生するので注意が必要です。更新月内に解約を申し出れば解約金はかかりません。

口座振替とクレジットカード払いが選べる

ENEOSでんきは料金の支払い方法が、口座振替とクレジットカード払いから選べます。

新電力サービスは支払い方法がクレジットカードのみというところも多いので、カードを持っていない人はENEOSでんきを検討してみるのもアリです。

支払い方法は「ENEOSでんきお客さまページ」からいつでも変更できます。

ちなみに、利用できるのは下記のマークが入っているクレジットカードです。

ENEOSでんきの対応クレジットカード

特別提携カードでポイントやマイルが貯まる

特別提携カードでENEOSでんきの料金を支払うと、ポイントやマイルの優待が受けられます。

他のクレジットカードよりもポイント還元率が良いので、以下のカードを持っている人はENEOSでんきを利用するとお得になります。

特別提携カード一覧
・ANAカード
・ビューカード
・ティーエスキュービックカード
・レクサスカード
・エポスカード
・エムアイカード
・dカード
・楽天カード
・セブンカード
・セブンカードプラス

ちなみに、特別提携カードでなくてもクレジットカードで支払えば通常利用分のポイントは貯まります。

Tポイントが貯まる

ENEOSでんきは、毎月の料金の支払いでTポイントが貯まります。

ポイント還元は税抜200円につき、1ポイントとなっています。

契約後に「ENEOSでんきお客さまページ」からTポイントの利用手続きをおこなう必要があるので、ポイントを貯めたい人は忘れないようにしましょう。

ちなみに、上記で紹介した特別提携カードで支払うとTポイントは貯まりません。

WEBアプリで電気料金や使用量が管理できる

ENEOSでんきはWEBアプリで毎月の電気料金や使用量がいつでもチェックできます。

月別・日別・時間別でわかりやすく表示してくれるので、家計管理や節約目安を把握するのに便利です。

契約内容の確認や変更手続きもアプリ上でカンタンにできるので、わざわざカスタマーサポートに問い合わせる必要もありません。

不定期でログインするだけで電気代が100円引きになったり、抽選でカタログギフトがもらえるキャンペーンもおこなっています。

電気に関するトラブルを無料でサポート

電気に関するトラブルを24時間・365日電話でサポートしてくれます。

電気がつかない、コンセントが使えないなどのトラブルがあったら点検や調査を無料でおこなってくれます。

年に3回まで電球交換サービスも利用できます。女性やお年寄りなど、電球交換が大変という人には嬉しいサービスです。

サポートは電話かWEBアプリからカンタンに申込みできます。

発電施設を運営していて供給が安定している

ENEOSでんきは全国30ヶ所以上に発電施設を運営しています。家庭用だけでなく、電力会社にも卸せるほど供給が安定しています。

発電方法は、主に火力発電を使用しています。原子力発電ではないので、安心感があります。

天然ガスなど環境負荷が少ないエネルギーを使ったり、太陽光や風力発電を活用したりとCO2削減にも取り組んでいます。

また、発電所の新設や設備増強にも力を入れているので、今後さらに安定した供給が期待できます。

ENEOSでんきのデメリット

メリットだけではなく、デメリットもあるので事前にきちんと把握しておきましょう。

・沖縄や一部エリアでは利用できない
・ガソリンの割引が指定カードのみ

沖縄や一部エリアでは利用できない

ENEOSでんきは幅広いエリアで利用できますが、沖縄県や離島など一部エリアは対象外となっています。

2020年12月現在で利用できないエリアをまとめたので参考にしてください。

・沖縄県
・離島
・静岡県の一部
・岐阜県の一部
・三重県の一部
・福井県の一部
・兵庫県の一部
・香川県の一部
・愛媛県の一部

詳しいエリアは公式サイトから確認してください。

ガソリンの割引が指定カードのみ

ENEOSでんきを使うと、ENEOSのサービスステーション(ガソリンスタンド)での給油や灯油の購入が割引になります。

ただし、割引には「ENEOSカード」か「シナジーカード」の利用が条件になります。

ENEOSでんきを使っていたとしても、ENEOSカードかシナジーカードで支払わなければ割引にはならないので注意が必要です。

ENEOSカードがあれば、カードの種類や利用金額にもよりますが1リットルあたり最大8円引きになります。

日常的に車に乗っていて、ENEOSのサービスステーションを利用するのであればカード作成を検討するのもアリです。

自分に合った新電力会社を見つけたいなら

電力比較ナビの画像2

「ENEOSでんきに切り替えて本当にお得になるの?」と悩んでいる人は、自分に合った電力会社を提案してくれるプロに頼りましょう。

電力比較ナビ」なら、新電力会社に詳しいプロのコンシェルジュがあなたの世帯に最適な新電力をすぐに紹介してくれます。

電力比較ナビのメリット

  • ・自分に最適な新電力がすぐに分かる
  • ・エリア内の電力会社を徹底比較
  • ・生活スタイルを考慮したシミュレーション
  • ・限定のキャッシュバック特典で最大1万円もらえる

やり方はカンタンで、電話かメールで問い合わせるだけです。面倒な会員登録は不要です!

お住まいの地域や世帯人数、生活スタイルに合わせて、毎月の電気代をシミュレーションしてくれます。

最大1万円の限定キャッシュバックが受け取れるので、賢く新電力に乗り換えたい人におすすめです!

\特設ページ限定!最大1万円キャッシュバック!/
電力会社比較ナビはこちら

切り替え前との料金比較

従来の地域電力とENEOSでんきに切り替えた際、どれくらいお得なのかを解説します。

一人暮らし・二人暮らし・三人暮らしの平均電気使用量を基に、2020年12月分の電気代(40アンペア固定)を比較しています。計算は各公式サイトのシミュレーションを使用しました。

一人暮らしの電気代比較

統計局家計調査2018年度によると、一人暮らしの電気使用量平均は「約189kWh/月」です。

以下で、エリアごとに従量電灯B(40A)とENEOSでんきの電気代を比較しています。どのエリアもENEOSでんきのほうが料金が安いです。

従量電灯B
(10~60A)
ENEOSでんき
北海道エリア 約6,212円 約4,755円
東北エリア 約5,312円 約3,938円
東京エリア 約5,469円 約3,944円
中部エリア 約5,372円 約4,089円
北陸エリア 約5,463円 約3,127円
関西エリア 約5,837円 約4,600円
中国エリア 約6,396円 約4,891円
四国エリア 約5,890円 約4,261円
九州エリア 約5,710円 約3,436円
沖縄エリア 約5,318円

特に北陸エリアと九州エリアは約2,300円も節約できます。年間で考えると約27,600円もお得になるので、光熱費を抑えたい人は是非ENEOSでんきへの乗り換えを検討してみてください。

二人暮らしの電気代比較

統計局家計調査2018年度によると、二人暮らしの電気使用量平均は「約326kWh/月」です。

以下で、エリアごとに従量電灯B(40A)とENEOSでんきの電気代を比較しています。どのエリアも2,000~3,500円程度ENEOSでんきのほうが安いです。

従量電灯B
(10~60A)
ENEOSでんき
北海道エリア 約10,445円 約7,645円
東北エリア 約9,784円 約6,361円
東京エリア 約9,270円 約6,378円
中部エリア 約8,867円 約6,546円
北陸エリア 約8,168円 約4.995円
関西エリア 約8,508円 約6,565円
中国エリア 約9,840円 約7,113円
四国エリア 約9,140円 約6,208円
九州エリア 約9,526円 約5,509円
沖縄エリア 約9,618円

特に九州エリアは4,000円も安くなります。ENEOSでんきは、電気使用量が多い家庭ほど電気代を節約できます。

三人暮らしの電気代比較

統計局家計調査2018年度によると、三人暮らしの電気使用量平均は「約378kWh/月」です。

以下で、エリアごとに従量電灯B(40A)とENEOSでんきの電気代を比較しています。

従量電灯B
(10~60A)
ENEOSでんき
北海道エリア 約12,181円 約8,758円
東北エリア 約11,486円 約7,281円
東京エリア 約10,903円 約7,303円
中部エリア 約10,330円 約7,479円
北陸エリア 約9,511円 約5,701円
関西エリア 約9,591円 約7,324円
中国エリア 約11,227円 約7,969円
四国エリア 約10,445円 約6,941円
九州エリア 約11,114円 約6,303円
沖縄エリア 約11,342円

ENEOSでんきの料金プラン

ENEOSでんきで取り扱っている一般家庭向けの料金プランは、従来の電力会社の従量電灯プランと似ています。

電力の使用量による料金単価が安くなるだけで、基本料金は一部エリアを除き従来の地域電力会社と同じです。

基本料金

ENEOSでんきの基本料金は、関西エリア・中国エリア以外は従来の地域電力会社と同じです。

以下で関西エリア・中国エリアの地域電力会社とENEOSでんきの基本料金を比べてみたので、参考にしてください。

関西エリア

2020年12月現在、従量電灯A・BどちらのプランもENEOSでんきの方が安いです。

プラン名 関西電力 ENEOSでんき
関西Aプラン
(従量電灯A)
341.01円 285.00円
関西Bプラン
(従量電灯B)
396.00円 380.15円

中国エリア

2020年12月現在、従量電灯Aは中国電力の方が基本料金が安いです。ただし、電力量料金単価はENEOSでんきの方が安いので、ENEOSでんきがお得なことに変わりありません。

プラン名 中国電力 ENEOSでんき
中国Aプラン
(従量電灯A)
336.87円 337.37円
中国Bプラン
(従量電灯B)
407.00円 407.00円

地域別の料金一覧

ENEOSでんきの1kWhあたりの電力量料金は、電力の使用量によって料金単価が三段階に分かれています。

住んでいるエリアによっても変動するので、表にまとめました。参考にしてください。

エリア プラン名 量料金/kWh
一段階料金 二段階料金 三段階料金
北海道 北海道B・C 23.26円 28.54円 30.93円
東北 東北B・C 18.58円 24.43円 27.23円
東京 東京V 19.88円 24.54円 26.22円
中部 中部B・C 20.85円 24.77円 26.49円
北陸 北陸B・C 17.67円 20.96円 21.69円
関西 関西A 20.31円 23.99円 26.80円
関西B 16.28円 19.66円 21.92円
中国 中国A 20.58円 26.50円 27.51円
中国B 17.91円 23.34円 24.23円
四国 四国A 20.36円 25.92円 27.91円
四国B 15.61円 21.14円 23.64円
九州 九州B 17.28円 22.25円 23.95円

どのエリアも二段階料金と三段階料金が従来の電力料金より安い価格設定になっています。

三段階料金が最も1kWhあたりの料金単価が安くなっているので、電気を使えば使うほどお得になります。

ENEOSでんきの申し込み方法

ENEOSでんきを契約したいけど、どうやって申し込めばよいか悩んでいる人のために、申し込み方法をまとめました。

①公式サイトの「申込みはこちら」をタップ
②契約者情報を入力する
③契約プランを選択する
④検針票情報を入力する
⑤名義、書類送付先、世帯人数を入力する
⑥支払い方法を入力する

ENEOSでんきは申込時に一緒に都市ガスの契約もできます。電気とガスのセット割はありませんが、支払いをまとめたいという人は検討してみてください。

契約プラン選択時に「にねんとく2割」を申し込むか確認されます。にねんとく2割は契約期間内に解約すると、解約金がかかるので申込みの際は注意しましょう。

申込後はメールだけでなく、郵送で「利用開始のお知らせ」も届きます。

申し込み時に必要なもの

申し込みには「検針票」と「クレジットカード情報」または「預金通帳・キャッシュカード」が必要です。

口座振替の場合は、金融機関やゆうちょ銀行のお届け印が必要になります。あらかじめ準備しておきましょう。

検針票の見本

手元に検針票がない場合は、現在利用している電力会社の営業所に電話で確認するか、各電力会社のウェブサイトで確認できます。

契約者情報として入力するもの

契約者情報として入力するものは以下です。

入力に必要な情報
・利用エリア
・現在利用している電力会社
・地点番号
・お客様番号
・現在契約しているアンペア数
・契約者情報(氏名・利用場所の住所・電話番号)
・利用する世帯人数
・メールアドレス
・クレジットカード情報
・口座情報

支払い方法は口座振替かクレジットカード

ENEOSでんきの支払い方法は、口座振替かクレジットカードのどちらか選べます。

最初に口座振替を選んでも契約の途中でクレジットカード払いにも変更できます。ちなみに、対応しているのは以下のマークがついているカードです。

ENEOSでんきの対応クレジットカード

提携カードを持っている場合は、ポイントやマイルの還元率が良いのでおすすめです。

万が一、引き落としができなかった場合はコンビニの振込用紙が届きます。必ず期限内に支払うようにしましょう。

申し込み完了後は何もしなくて良い

申し込み完了後は特に何かをする必要はありません。1~2週間後にメールや郵送で「使用開始のお知らせ」が届くのを待つだけです。

申込みから切り替えまでの目安は、北海道・関東・中部・関西エリアは2~3週間程度、東北・北陸・中国・四国・九州エリアは2~6ヶ月程度かかります。

スマートメーターがついていない場合や、申し込みが混雑している場合は2ヶ月以上かかることもあります。

他の電力会社との評判比較

ENEOSでんき以外の他の新電力会社との評判を比較しました。

ENEOSでんきではあまり安くならなかった・他の新電力会社も検討したい人は、参考にしてください。

以下の3社は、ユーザーからの評判も良く電気料金が安くなるおすすめの新電力会社です。

下の表の中のロゴを押すと、各電力会社の詳しい解説記事に移動します。

新電力会社 おすすめ理由
エルピオでんきのロゴ とにかく電気代が安い
・使用開始可能までが早い
・安心駆けつけサービスあり
公式サイトはこちら
シン・エナジーのロゴ 電気をあまり使わない人向け
・電力量料金が安い
・生活に合わせたプランが豊富
・JALのマイルが貯まる
公式サイトはこちら
Looopでんきのロゴ 基本料金0円
・電気をたくさん使う世帯向け
・ガスとのセット割あり
・オール電化プランあり
公式サイトはこちら

電力使用量が多いファミリー世帯には「エルピオでんき」

エルピオでんきのバナー

2人以上で暮らしていて電気使用量が多い家庭には「エルピオでんき」がおすすめです。

エルピオでんきは電気料金が業界最安レベルの新電力会社です。いわゆるポイント還元はありませんが、その分、電気代が他社よりもかなり安いです。

とくに従量料金が安いのが魅力的で、二人暮らしで約7,000円、3人以上の世帯でも約8,000円で済むケースが多いです。

また、契約期間の縛りや違約金がないので、いつでも好きなタイミングで解約できる利点もあります。初めての新電力会社として最適です!

エルピオでんきの料金詳細
東京電力 エルピオでんき
スタンダードS
基本料金 30A 858円 -
40A 1,144円 1,086.8円
50A 1,430円 1,344.2円
60A 1,716円 1,613.04円
従量料金
~120kWh
19.88円 【40,50A】
18.84円
【60A】
18.65円

121kWh
〜300kWh
26.48円 23.03円
300kWh〜 30.57円 25.78円
東北電力 エルピオでんき
スタンダードS
(東北エリア)
基本料金 30A 990 743.52円
40A 1,320 937.04円
50A 1,650円 1,171.29円
60A 1,980円 1,497.22円
従量料金 ~120kWh 18.58円 23.42円
121kWh〜300kWh 25.33円
300kWh〜 29.28円
中部電力
ミライズ
エルピオでんき
スタンダードS
(中部エリア)
基本料金 30A 858円 743.52円
40A 1,144円 937.04円
50A 1,430円 1,171.29円
60A 1,716円 1,497.22円
従量料金 ~120kWh 21.04円 23.62円
121kWh〜300kWh 25.51円
300kWh〜 28.46円
北陸電力 エルピオでんき
使った分だけS
(北陸エリア)
基本料金 30A 726円 0円
40A 968
50A 1,210円
60A 1,452円
従量料金 ~120kWh 17.84円 21.3円
121kWh〜300kWh 21.73円
300kWh〜 23.44円
関西電力 エルピオでんき
使った分だけS
(関西エリア)
基本料金 最低料金 341.01円 0円
従量料金 ~120kWh 20.31円 22.2円
121kWh〜300kWh 25.71円
300kWh〜 28.70円
中国電力 エルピオでんき
使った分だけS
(中国エリア)
基本料金 最低料金 336.87円 0円
従量料金 ~120kWh 20.76円 23.58円
121kWh〜300kWh 27.44円
300kWh〜 29.56円
四国電力 エルピオでんき
使った分だけS
(四国エリア)
基本料金 最低料金 411.40円 0円
従量料金 ~120kWh 20.37円 23.94円
121kWh〜300kWh 26.99円
300kWh〜 30.50円
九州電力 エルピオでんき
使った分だけS
(九州エリア)
基本料金 30A 891円 0円
40A 1,188円
50A 1,485円
60A 1,782円
従量料金 ~120kWh 17.46円 22.91円
121kWh〜300kWh 23.06円
300kWh〜 26.06円

12月31日まで!
\限定キャッシュバックキャンペーン実施中/

毎月の電気量が少ない人は「シン・エナジー」がおすすめ

シン・エナジーのロゴ画像

毎月の電気量が少ない人は「シン・エナジー」がおすすめです。

電気使用量が0〜120kwhであれば、1kWhあたり約18円とかなり安いです。そのため特に一人暮らしの人に向いている新電力会社です。

また、昼間の電気代が安くなるプランや、夜間の電気代が安くなるプランなどがあるので、自分のライフスタイルに応じて契約内容を選択できます。

シン・エナジーの料金詳細
東京電力 シン・エナジー
きほんプラン
(東京エリア)
基本料金 30A 858円 768.34円
40A 1,144円 1,024.45円
50A 1,430円 1,280.56円
60A 1,716円 1,536.68円
従量料金 ~120kWh 19.88円 19.67円
121kWh
〜300kWh
26.48円 24.78円
300kWh〜 30.57円 27.71円
東北電力 シン・エナジー
きほんプラン
(東北エリア)
基本料金 30A 990円 980.83円
40A 1,320円 1,307.78円
50A 1,650円 1,633.70円
60A 1,925円 1,960.65円
従量料金 ~120kWh 18.58円 18.31円
121kWh〜300kWh 25.33円 24.42円
300kWh〜 29.28円 26.79円
中部電力
ミライズ
シン・エナジー
きほんプラン
(中部エリア)
基本料金 30A 858円 824.95円
40A 1,144円 1,101.59円
50A 1,430円 1,375.25円
60A 1,716円 1,649.91円
従量料金 ~120kWh 21.04円 20.40円
121kWh〜300kWh 25.51円 23.87円
300kWh〜 28.46円 25.24円
北陸電力 シン・エナジー
きほんプラン
(北陸エリア)
基本料金 30A 726円 704.22円
40A 968 938.96円
50A 1,210円 1,173.70円
60A 1,452円 1,408.44円
従量料金 ~120kWh 17.84円 17.30円
121kWh〜300kWh 21.73円 20.78円
300kWh〜 23.44円 22.74円
関西電力 シン・エナジー
きほんプラン
(関西エリア)
基本料金 最低料金 341.01円 304.41円
従量料金 ~120kWh 20.31円 19.81円
121kWh〜300kWh 25.71円 23.83円
300kWh〜 28.70円 27.30円
中国電力 シン・エナジー
きほんプラン
(中国エリア)
基本料金 最低料金 336.87円 226.11円
従量料金 ~120kWh 20.76円 20.72円
121kWh〜300kWh 27.44円 24.95円
300kWh〜 29.56円 27.70円
四国電力 シン・エナジー
きほんプラン
(四国エリア)
基本料金 最低料金 411.40円 300.46円
従量料金 ~120kWh 20.37円 20.37円
121kWh〜300kWh 26.99円 26.48円
300kWh〜 30.50円 27.81円
九州電力 シン・エナジー
きほんプラン
(九州エリア)
基本料金 30A 891円 882.09円
40A 1,188円 1,152.36円
50A 1,485円 1,410.75円
60A 1,782円 1,603.80円
従量料金 ~120kWh 17.46円 17.26円
121kWh〜300kWh 23.06円 21.39円
300kWh〜 26.06円 23.43円
沖縄電力 シン・エナジー
きほんプラン
(沖縄エリア)
基本料金 最低料金 402.40円 361.57円
従量料金 ~120kWh 17.46円 22.92円
121kWh〜300kWh 23.06円 27.50円
300kWh〜 26.06円 28.52円

\電気使用量が少ない一人暮らしにおすすめ!/

電力自由化とは

電力自由化とは、2016年4月の法改正により、一般家庭や企業などが自由に電力会社や料金プランを選べるようになった制度です。

電力自由化の説明画像

地域の電力会社だけでなく、電力の小売り会社(新電力会社)と契約が可能です。

会社によって基本料金や契約プランが違うため、企業間の価格競争もあり、選択次第では電気代をかなり抑えられます。

新電力会社で取り扱っている電力は、従来の送電線を通って家庭に送られるため、どの会社も電力自体の質は変わりません。

新電力への切り替えで電気料金をもっと安くしませんか?

電力比較ナビの画像2

新電力会社に切り替えれば、電気代は大幅に削減できます。しかし、地域や生活スタイルによって、最適な新電力会社は異なります。

電力会社比較ナビ」に相談すれば、生活リズムや世帯人数に合わせて、一番お得なプランをすぐに紹介してくれます。

電力比較ナビのメリット

  • ・自分に最適な新電力がすぐに分かる
  • ・エリア内の電力会社を徹底比較
  • ・生活スタイルを考慮したシミュレーション
  • ・限定のキャッシュバック特典で最大1万円もらえる

やり方はカンタンで、電話かメールで問い合わせるだけです。面倒な会員登録は不要です!

は、最大1万円の限定キャッシュバックが受け取れるので、賢く新電力に乗り換えたい人におすすめです!

\特設ページ限定!最大1万円キャッシュバック!/
電力会社比較ナビはこちら

おすすめ新電力会社TOP3

基本料金・初期費用・解約金ぜんぶ0円!電気の支払いは使った分のみだからおトク!

ガスとセットで電気代がさらにお得に!今ならキャンペーンで最大2万円キャッシュバック!

生活スタイルに合った料金プランが選べる!電気をあまり使わない一人暮らしにオススメ!

新電力ごとの記事一覧