楽天でんきの評判や口コミ!メリットデメリットや切り替え時の料金など大公開!

最終更新日:2021年11月26日
楽天でんきのアイキャッチ

「楽天でんきに切り替えたらどれくらい節約できる?」「他の新電力会社との違いは?」という疑問に答えます!

結論、楽天でんきは「電気をたくさん使う楽天ユーザー」におすすめの電力会社です!

この記事では、実際に契約した人から寄せられた評判や口コミをもとに、実際どれくらい安くできるのか・サービス内容は良いか悪いか解説していきます。

電力自由化をきっかけに、新電力に切り替えを検討している人はぜひ参考にしてください!

石塚

電力会社関係のオペレーター経験があり、契約や手続きに関する知識が豊富。不安になりがちなことも丁寧に説明してくれる。

おすすめ人気記事
新電力会社のおすすめランキング
新電力会社おすすめランキング!電気料金が安い会社を徹底比較!【 最新】
記事を読む
「Looopでんき 評判 」のアイキャッチ
Looopでんきの評判口コミは?メリット・デメリットを解説!
記事を読む
「エルピオでんき 評判」のアイキャッチ
エルピオでんきの評判や口コミ!メリットデメリットや切り替え時の料金など大公開!
記事を読む

楽天でんきとは

楽天でんきのバナー

基本料金 0円
サービス特徴 ・基本料金、解約金、違約金が0円
・電気を使った分の支払いのみ
・ガスとセットのプランがある
・30分ごとの電力使用量を確認できる
・新規契約時のキャンペーンを随時実施
・楽天ポイントが貯まる、使える
オール電化プラン なし
セットプラン あり(ガス)
解約違約金 なし
支払い方法 クレジットカードのみ
申し込み窓口 公式サイト

楽天でんきとは、楽天株式会社が運営する電気の供給サービスです。対応エリアは、離島を除く全国です。

基本料金が0円なうえ、使った分の電気代のみ請求されるシンプルな価格設定です。1kWhあたりの金額も、一律で固定になっています。

電気料金の支払いごとに、楽天ポイントが自動的に貯まっていくことが最大の強みです。そのため、楽天カードを持っている人に特におすすめです。

電気をたくさん使う楽天ユーザーにおすすめ

基本料金が0円かつ単一従量単価なので、電気をたくさん使う家庭におすすめです。

また、楽天ポイントと貯める・使えるので、楽天会員ユーザーにも向いています。

その他、楽天でんきがおすすめな人の特徴を以下にまとめました。

・基本料金0円のところが良い
・電力使用量が多い
・料金プランがわかりやすいところが良い
・解約手数料0円なところで試してみたい
・中国、九州エリアに住んでいる
・電気とガスをセットにしたい(関東限)
・楽天ポイントを貯めたい
・楽天会員ユーザーである

逆に「電気をあまり使わない」「楽天を使わない」人にはメリットが少ないです。

ただ、電気代をとにかく安く抑えたいなら、基本料金0円の「Looopでんき」や、一人暮らし向けのプランが優秀な「シン・エナジー」などがおすすめです。

関連記事

▶Looopでんきの評判口コミはこちら
▶シン・エナジーの評判口コミはこちら

楽天でんきの評判はかなり良い

楽天でんきの評判はかなり良いです。従来より電気代が節約できるうえ、楽天ポイントが使えるので、実質電気代がタダになります。

ただ、電力使用量が少ないと地域電力と電気代が変わらない、切り替えまでに時間がかかったという声もありました。

評判や口コミ評価は「Twitter」「独自アンケート」「価格.com」を基に判断しています。2020年1月以降に新しく投稿・回答されたものに絞っています。

良い 悪い どちらでもない
合計 184 22 499
Twitter 154 18 482
アンケート回答 29 4 17
価格.com 1 0 0

以下で、Twitter・アンケート結果・価格.comでの生の声を紹介します。

Twitterでの口コミはかなり良い

地域電力より電気代が節約できた、ポイントが貯まるのが早い、電気代をポイント払いで0円にしたなど、かなり好評な呟きが多かったです。

中には、数ヶ月連続ポイント払いで電気代を0円にしている強者もいました。

また、フレンドコードを入力すると紹介者と新規申込者の両方にポイント贈呈のキャンペーンをおこなっているので、招待コードやハッシュタグ付きの呟きもかなり多いです。

アンケートによる口コミも好評

クラウドソーシングサイトの「ランサーズ」で、楽天でんきを利用している人の口コミと評価を調査しました。

調査期間は2021年1月~3月で、実際に楽天でんきを利用している人に限定しています。

調査の結果、還元率が大きくすぐにポイントが貯まる、電気代の半額~全額分のポイント支払いが頻繁に可能という声が多く寄せられました。

男性のアイコン
楽天ポイントで支払い可能なのが決め手20代男性 / 広島県
切り替え前中国電力 従量電灯B
切り替え後楽天でんき プランS
切替え時期2019年12月
世帯人数2人
使用量1月/150kwh
供給エリア中国電力
総合評価
1番目に良い評価
料金満足度
1番目に良い評価
切り替えやすさ
1番目に良い評価
切り替えて良かったと感じた点
一番大きいのは楽天ポイントで支払いができることです。これのおかげで支払いが無料にすることができました。
切り替えて不満に感じた点
オール電化に対応したプランがないので、将来オール電化にしたときにどうするか不安に思うことがあります。
女性のアイコン
これを機に楽天モバイルも契約した20代女性 / 大阪府
切り替え前関西電力 従量電灯B
切り替え後楽天でんき プランS
切替え時期2020年9月
世帯人数1人
使用量10月/128kwh
供給エリア関西電力
総合評価
1番目に良い評価
料金満足度
2番目に良い評価
切り替えやすさ
1番目に良い評価
切り替えて良かったと感じた点
電気料金自体は以前と変化していませんが、支払い額に応じて楽天ポイントが貯まったり楽天一番利用時のポイントバックが増えているので満足度は高いです。もっとお得にしたいと思い、楽天モバイルも契約しました。固定費がどれだけ削減できるか楽しみです。
切り替えて不満に感じた点
楽天ポイントの溜まりやすさは満足していますが、電気料金自体に変化を感じてはいません。そこが残念な点です。
男性のアイコン
料金はそこまで安くならなかった40代男性 / 東京都
切り替え前東京電力 従量電灯B
切り替え後楽天でんき プランS
切替え時期2019年5月
世帯人数1人
使用量12月/180kwh
供給エリア東京電力
総合評価
2番目に良い評価
料金満足度
3番目に良い評価
切り替えやすさ
2番目に良い評価
切り替えて良かったと感じた点
楽天ユーザーなので、電気代で楽天ポイントが貯まったり、余った楽天ポイントで電気代の支払いも出来たりするのは便利です。
切り替えて不満に感じた点
電気代自体は、月にもよりますが以前よりも安くなったかな?と疑問に思えるレベルで分かり易くお得感は感じません。
女性のアイコン
月千円以上の節約に!30代女性 / 大阪府
切り替え前関西電力 従量電灯B
切り替え後楽天でんき プランS
切替え時期2020年10月
世帯人数1人
使用量12月/470kwh
供給エリア関西電力
総合評価
2番目に良い評価
料金満足度
2番目に良い評価
切り替えやすさ
2番目に良い評価
切り替えて良かったと感じた点
冬場は暖房でよく電気を使うが、変えたことで月々1,000円以上安くなった。支払いに楽天ポイントを使用できることや、楽天市場で貯まるポイントが多くなった点も満足している。
切り替えて不満に感じた点
料金設定は他の電力会社の方が安いところもあった。加入時のポイントキャンペーンも他の電力会社には見劣りする。
女性のアイコン
寒い冬にたくさん電気を使っても高くならない30代女性 / 愛知県
切り替え前中部電力 従量電灯B
切り替え後楽天でんき プランS
切替え時期2020年10月
世帯人数4人
使用量12月/540kwh
供給エリア中部電力
総合評価
2番目に良い評価
料金満足度
1番目に良い評価
切り替えやすさ
2番目に良い評価
切り替えて良かったと感じた点
毎月の支払いが2割ほど安くなって助かっています。今年の寒い冬もエアコンをたくさん使っても中部電力ほどは高くならないので良かったです。
切り替えて不満に感じた点
切り替えてからの利用期間が短い為、今時点では電力会社を切り替えたことでの不満はありませんが、エネオスやソフトバンクなどのように電気料金無料期間が無かった事は残念でした。

 

価格.comでの口コミは1件のみ

価格.comでの口コミは1件のみでした。3社ほどで比較した結果、わかりやすい説明だったので決めたとのことです。

【重視したポイント・決め手】
わかりやすい説明だった

【開始手続きやサポート対応について】
割と早かった

【総合的な感想】
よかったと思う。

引用:価格.com

楽天でんきのメリット

楽天でんきを利用するメリットは、以下です。

・基本料0円で使った分だけ請求される
・電力使用量が多い家庭ほど節約できる
・初期費用、解約費用、違約金0円
・楽天ポイントがすぐに貯まる
・楽天ポイント払いが可能
・ガスとセットのプランがある
・30分ごとの電力使用量を確認できる
・新規契約時のキャンペーンを随時実施

基本料0円で使った分だけ請求される

楽天でんきは使った分の電気料金だけ支払う
楽天でんきは「基本料金0円+従量料金一律」なので、使った分の電気代のみ請求されます。

この時点でも、従来の電気代より安くなることがわかります。また、1kWhあたりの金額が固定なので、どれだけ電気を使っても使用量に応じで割り増しになることはないです。

ちなみにプランSだと東京エリアは1kWhあたり26.50円、関西エリアは23.50円です。費用に関しては、のちほど詳しく解説します。

電力使用量が多い家庭ほど節約できる

電気をたくさん使った方がお得になる
楽天電気は、電力使用量が多い家庭ほど電気代を節約できます。

その理由は、1kWhあたりの料金が固定だからです。地域電力の場合は、最初の120kWhまでの電気代が安く、使う量が多いと電気代が高くなります。

以下は、東京電力の従量電灯Bと楽天でんきプランSの費用比較です。

東京電力 楽天でんき
~120kWhまで 約19.88円 約26.50円
121kWh~300kWhまで 約26.48円
301kWh~ 約30.57円

初期費用・解約費用・違約金0円

楽天でんきは初期費用や解約違約金がかからない
初期費用・解約費用・違約金が0円なので、新電力への切り替えのハードルがかなり低いです。

地域電力会社の解約手続き・スマートメーターの取り付けは、すべて代行してくれます。

解約に関しては、原則契約期間は1ヶ月ですが、希望日の3営業日前までに連絡すればすぐに解約できます。

電気代が安くなるか試したい、楽天でんきで安くならなかったら別の会社に変えたいと考えている人でも、気軽に切り替えられます。

楽天ポイントがすぐに貯まる

楽天ポイントが貯まりやすい楽天でんきの仕組み
電気代200円につき、楽天ポイントが1P貯まります。また、楽天カード支払いにすることで、100円ごとに1Pプラスになります。

電気代10,000円で150P貯まります。また、楽天カードのランクや誕生日月などでさらにポイントが加算されます。

このポイント計算は消費税分も加算されるので、電力を使うほど貯まりやすいです。

楽天ポイント払いが可能

楽天でんきは、貯めたポイントを支払いに利用できます。使用ポイントの上限が無いので、全額ポイント払いも可能です。

しかも、消費税はポイントを差し引いた分の金額にしかつかないので、実質ポイント以上の値引きがされます。

ポイント分のトータルも加算すれば、年間で従来の地域電力会社より大幅節約できます。

ガスとセットのプランがある

東京ガス・東邦ガス・関電ガスエリアの人は、電気とガスのセットプランがあります。

セット申込することで、楽天ポイントの還元率が2倍になります。

2021年1月時点で申し込みキャンペーンも行っております。楽天でんきのキャンペーンと併用できるので、この機会の申し込みがお得です。

30分ごとの電力使用量を確認できる

マイページで、30分ごとの電力使用量を確認できます。

使いすぎた時間や日にちをすぐに確認できるので、電気代の節約に繋げやすいです。

また、電力使用量はグラフで表示されるので、数字管理が苦手な人でもパッと見で把握しやすいです。

新規契約時のキャンペーンを随時実施

電気とガスのセットプランがある楽天でんき

楽天でんきは、新規契約時のキャンペーンを随時開催しています。

2021年1月時点では、新規契約で3,000Pもらえます。また、ガスとセットで申し込むと、合計6,000Pもらえます。

過去には新規申込で5,000P贈呈だったこともあるので、こまめに公式サイトを確認したほうが良いです。

また、紹介者キャンペーンも実施しています。紹介者コードを入れることで、申込者と紹介者の両方にポイントが入ります。

楽天でんきのデメリット

メリットだけではなく、デメリットもあるので事前にきちんと把握しておきましょう。

・電気使用量が少ない人は安くなりにくい
・ガスとのセットプランが関東しかない
・オール電化向けプランがない
・支払いがクレジットカードのみ
・明細書はWebのみ

電気使用量が少ない人は安くなりにくい

1kWhあたりの電気量が固定なので、もともと電気使用量が少ない人は安くなりにくいです。

地方電力会社の従量電灯Bの場合は「~120kWh」「120~300kWh」「300kWh~」と料金が分けられており、使用量が少ないほど電気代が安いからです。

月の電力使用量が80kWh以下の人は、地域電力と電気代がほぼ同じか、月100円ほどの節約にしかなりません。

ガスとのセットプランが関東しかない

「でんき+ガス」のお得なセットプランは、関東しか実施していません。

光熱費をまとめてお得にしたいと考えている人には不向きです。

ライフラインを一本化したい人は、他の新電力会社にするか、地域電力でセットプランがあるならそちらに変更したほうが良いです。

オール電化向けプランがない

オール電化向けのプランが無いので、契約すると割高になりやすいです。

実に楽天で申し込みすると、カスタマーセンターから「電気代が高くなる月がありますが大丈夫ですか?」と確認が入るようです。

オール電化の家に住んでいる人は、従来通りの地域電力のままにするか、別の新電力の会社を選びましょう。

支払いがクレジットカードのみ

電気代の支払いは、クレジットカード払いのみです。銀行口座からの引き落としは選択できません。

クレジットカードを持っていない、カードを使いたくないという人は別の電力会社のほうが良いです。

明細書はWebのみ

楽天でんきの明細書は、Web明細のみです。公式サイトのマイページで確認してください。

郵送で送られてこないので、紙で保存したいという人は不便に感じます。

ちなみに、ほかの新電力会社のように別途手数料で発行できないので、どうしても紙でほしい人は自分でページ印刷するしかありません。

自分に合った新電力会社を見つけたいなら

電力比較ナビの画像2

「楽天でんきに切り替えて本当にお得になるの?」と悩んでいる人は、自分に合った電力会社を提案してくれるプロに頼りましょう。

電力比較ナビ」なら、新電力会社に詳しいプロのコンシェルジュがあなたの世帯に最適な新電力をすぐに紹介してくれます。

電力比較ナビのメリット

  • ・自分に最適な新電力がすぐに分かる
  • ・エリア内の電力会社を徹底比較
  • ・生活スタイルを考慮したシミュレーション
  • ・限定のキャッシュバック特典で最大1万円もらえる

やり方はカンタンで、電話かメールで問い合わせるだけです。面倒な会員登録は不要です!

お住まいの地域や世帯人数、生活スタイルに合わせて、毎月の電気代をシミュレーションしてくれます。

最大1万円の限定キャッシュバックが受け取れるので、賢く新電力に乗り換えたい人におすすめです!

\特設ページ限定!最大1万円キャッシュバック!/
電力会社比較ナビはこちら

切り替え前との料金比較

従来の地域電力と楽天でんきに切り替えた際、どれくらいお得なのかを解説していきます。

一人暮らし・二人暮らし・三人暮らしの平均電気使用量を基に、2020年12月分の電気代(40アンペア固定)を比較しています。計算は各公式サイトのシミュレーションを使用しました。

一人暮らしの電気代比較

統計局家計調査2018年度によると、一人暮らしの電気使用量平均は「約189kWh/月」です。

以下で、エリアごとに従量電灯B(地域電力)と楽天でんきの電気代を比較しています。

従量電灯B
(10~60A)
楽天でんき
北海道エリア 約6,212円 約5,670円
東北エリア 約5,312円 約5,008円
東京エリア 約5,469円 約5,008円
中部エリア 約5,372円 約5,008円
北陸エリア 約5,463円 約4,158円
関西エリア 約5,837円 約4,441円
中国エリア 約6,396円 約4,819円
四国エリア 約5,890円 約4,819円
九州エリア 約5,710円 約4,441円
沖縄エリア 約5,318円 約5,103円

どのエリアも、楽天でんきに切り替えると電気代が安くなります。

とくに関西・中国・四国・九州エリアの人は、月1,000円近く節約できるのでおすすめです。

二人暮らしの電気代比較

統計局家計調査2018年度によると、二人暮らしの電気使用量平均は「約326kWh/月」です。

以下で従量電灯Bと楽天でんきを比較した結果、どのエリアも電気代が安くなります。

従量電灯B
(10~60A)
楽天でんき
北海道エリア 約10,445円 約9,780円
東北エリア 約9,784円 約8,639円
東京エリア 約9,270円 約8,639円
中部エリア 約8,867円 約8,639円
北陸エリア 約8,168円 約7,172円
関西エリア 約8,508円 約7,661円
中国エリア 約9,840円 約8,313円
四国エリア 約9,140円 約8,313円
九州エリア 約9,526円 約7,661円
沖縄エリア 約9,618円 約8,802円

とくに東北・北率・中国・九州エリアは月1,000円以上も節約できます。

年間にすると10,000円以上+楽天ポイントが貯まるので、かなりお得です。

三人暮らしの電気代比較

統計局家計調査2018年度によると、三人暮らしの電気使用量平均は「約378kWh/月」です。

以下で従量電灯Bと楽天でんきを比較した結果、どのエリアも電気代の節約に繋がります。

従量電灯B
(10~60A)
楽天でんき
北海道エリア 約12,181円 約11,340円
東北エリア 約11,486円 約10,017円
東京エリア 約10,903円 約10,017円
中部エリア 約10,330円 約10,017円
北陸エリア 約9,511円 約8,316円
関西エリア 約9,591円 約8,883円
中国エリア 約11,227円 約9,639円
四国エリア 約10,445円 約9,639円
九州エリア 約11,114円 約8,883円
沖縄エリア 約11,342円 約10,206円

とくに北海道・東北・北陸・中国・九州・沖縄エリアの人は、楽天でんきがおすすめです。

一人~三人暮らしの費用比較を見てみると、楽天でんきは中国・九州エリアだとかなりお得になるようです。

楽天でんきの料金プランと料金一覧

楽天でんきの料金プランと料金一覧を解説します。主にプランは3つあります。

プランS

プランSは、一般家庭向けの料金プランです。地域電力の従量電灯B相当で、契約アンペアが30~60Aの家庭が対象です。

以下は、地域別の料金目安一覧です。

基本料金 従量料金(1kWh)
北海道エリア 0円 30.00円
東北エリア 26.50円
東京エリア 26.50円
中部エリア 26.50円
北陸エリア 22.00円
関西エリア 22.50円
中国エリア 24.50円
四国エリア 24.50円
九州エリア 23.50円
沖縄エリア 27.00円

 

プランM

プランMは、地域電力会社の従量電灯C相当で、事業者向けです。沖縄エリアのみ対応していません。

基本料金 従量料金(1kWh)
北海道エリア 0円 31.00円
東北エリア 27.50円
東京エリア 27.50円
中部エリア 27.50円
北陸エリア 23.00円
関西エリア 23.50円
中国エリア 25.50円
四国エリア 25.50円
九州エリア 24.50円
沖縄エリア

 

動力プラン

動力プランは、大型エアコン・業務用冷蔵庫など、電力を多く使う事業者向けの電化製品を使っている施設向けです。

地域電力の低圧電力プラン相当のものです。動力プランは「基本料金695円(1kW)」が別途必要です。

また、高圧・特別高圧向けに「楽天でんきBusiness」という別のでんきサービスも用意されています。

楽天でんきの申し込み方法

楽天でんきを契約したいけど、どうやって申し込めばよいか悩んでいる人のために、申し込み方法をまとめました。

  • 公式サイト の「お申し込み」をクリック
  • ②楽天会員にログイン(まだの人は新規登録)
  • ③クレジットカード登録
  • ④申し込みの内容を入力

楽天会員ログインIDとパスワードが必須なので、まだ会員で無い人は先に新規登録をしておくと良いです。

申し込み時に必要なもの

手続きには「地域電力会社からの検針票」と「クレジットカード情報」が必要なので、あらかじめ準備してください。

検針票の見本

検針票は、直近のモノがあると良いです。契約会社情報・契約プラン・アンペア数・電力使用量の4つの情報が最低でも必要です。

クレジットカードは、支払い方法入力時に必要です。

契約者情報として入力するもの

契約者情報として入力するものは、以下です。とくに現在契約中の電力に関しては、情報を間違えないようにしてください。

・クレジットカード情報
・契約中の電力会社
・契約中の検針票に記載があるお客様番号
・電力の供給地点特定番号(22桁)
・契約中のプランとアンペア数
・契約者名義
・電気供給先の住所
・電話番号、メールアドレス

引っ越しに伴い新規契約をする場合は、引っ越し先の郵便番号が必要になります

支払い方法はクレジットカード払いのみ

楽天でんきの支払いは、クレジットカードのみです。

対応しているカード会社は、Visa、MasterCard、American Express、DinersClub、JCBカードとなります。

カード引き落としができなかった場合は、2度目、3度目の請求が来ます。3度目の請求で支払えなかった場合はコンビニ振込となります。

ただし、コンビニ振込の場合は、楽天ポイント付与対象外になるので注意してください。

申し込み完了後は何もしなくて良い

申し込み完了後、メールならびにマイページにて供給開始日のお知らせが届きます。

そのあとで、スマートメーターの取り付け工事を実施、供給開始日に新電力の供給が開始されます。

契約者は申し込み後、楽天でんきからの連絡を待つだけです。地域電力会社に解約手続きの連絡をする必要はありません。

早くて、申し込み後の最初の検針日から供給が開始します。エリアや会社にもよりますが、検針日は大体毎月15~20日ごろです。

他の電力会社との評判比較

楽天でんき以外の他の新電力会社との評判を比較しました。

楽天でんきではあまり安くならなかった・他の新電力会社も検討したい人は、参考にしてください。

以下の3社は、ユーザーからの評判も良く電気料金が安くなるおすすめの新電力会社です。

下の表の中のロゴを押すと、各電力会社の詳しい解説記事に移動します。

新電力会社 おすすめ理由
Looopでんきのロゴ 基本料金0円
・電気をたくさん使う世帯向け
・ガスとのセット割あり
・オール電化プランあり
公式サイトはこちら
エルピオでんきのロゴ とにかく電気代が安い
・使用開始可能までが早い
・安心駆けつけサービスあり
公式サイトはこちら
シン・エナジーのロゴ 電気をあまり使わない人向け
・電力量料金が安い
・生活に合わせたプランが豊富
・JALのマイルが貯まる
公式サイトはこちら

毎月の電気量が少ない人は「シン・エナジー」がおすすめ

毎月の電気量が少ない人は「シン・エナジー」がおすすめです。

電気使用量が0〜120kwhであれば、1kWhあたり約18円とかなり安いです。そのため、特に一人暮らしの人に向いている新電力会社です。

また、昼間の電気代が安くなるプランや、夜間の電気代が安くなるプランなどがあるので、自分のライフスタイルに応じて契約内容を選択できます。

関連リンク
▶シン・エナジーの公式サイトはこちら

電力使用量が多い・オール電化物件の人は「Looopでんき」

電力使用量が多いオール電化物件の人は「Looopでんき」がおすすめです。

Looopでんきは「基本料0円+従量料金一律」なので、使った分の電気代のみです。電力使用量が多くても割増料金がないので、とくにファミリーにおすすめです。

また、オール電化向けプランがあります。基本料金が0円で、春と秋の昼の電気代や、夜間の電気代が安いというメリットがあります。

関連リンク
▶Looopでんきの公式サイトはこちら

電力自由化とは

電力自由化とは、2016年4月の法改正により、一般家庭や企業などが自由に電力会社や料金プランを選べるようになった制度です。

電力自由化の説明画像

地域の電力会社だけでなく、電力の小売り会社(新電力会社)と契約が可能です。

会社によって基本料金や契約プランが違うため、企業間の価格競争もあり、選択次第では電気代をかなり抑えられます。

新電力会社で取り扱っている電力は、従来の送電線を通って家庭に送られるため、どの会社も電力自体の質は変わりません。

新電力への切り替えで電気料金をもっと安くしませんか?

電力比較ナビの画像2

新電力会社に切り替えれば、電気代は大幅に削減できます。しかし、地域や生活スタイルによって、最適な新電力会社は異なります。

電力会社比較ナビ」に相談すれば、生活リズムや世帯人数に合わせて、一番お得なプランをすぐに紹介してくれます。

電力比較ナビのメリット

  • ・自分に最適な新電力がすぐに分かる
  • ・エリア内の電力会社を徹底比較
  • ・生活スタイルを考慮したシミュレーション
  • ・限定のキャッシュバック特典で最大1万円もらえる

やり方はカンタンで、電話かメールで問い合わせるだけです。面倒な会員登録は不要です!

は、最大1万円の限定キャッシュバックが受け取れるので、賢く新電力に乗り換えたい人におすすめです!

\特設ページ限定!最大1万円キャッシュバック!/
電力会社比較ナビはこちら

おすすめ新電力会社TOP3

基本料金・初期費用・解約金ぜんぶ0円!電気の支払いは使った分のみだからおトク!

ガスとセットで電気代がさらにお得に!今ならキャンペーンで最大2万円キャッシュバック!

生活スタイルに合った料金プランが選べる!電気をあまり使わない一人暮らしにオススメ!

新電力ごとの記事一覧