HTBエナジーの評判や口コミ!メリットデメリットは?料金は安い?

PR
HTBエナジーの評判のアイキャッチ

「HTBエナジーに切り替えたら電気代は安くなる?」「どんな世帯におすすめ?」など、HTBエナジーにまつわる様々な疑問に答えます!

結論、HTBエナジーは「一人暮らしからファミリーまで幅広い世帯で節約できる可能性が高い新電力会社」です。

現在実施中のお得なキャンペーンや、他の新電力会社にはない特典、リアルな口コミ評判も紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

小宮

不動産会社に3年勤めたのちにライターに転向。過去に何度も引っ越しているため、複数の電力会社を使ったことがある。

今月申し込みが1番多いのは【PR】
TERASELでんきのロゴ
⇒4,000円分の選べる特典!TERASELでんき
2~3人世帯は初年度で7,107円相当お得!
4~5人世帯は初年度で19,055円相当お得!
・毎月の支払いで楽天ポイントがたまる!

HTBエナジーとは

HTBエナジー ロゴ

「HTBエナジー」とは、ハウステンボスのグループ会社である「HTBエナジー株式会社」が提供している新電力サービスです。

おすすめ度 HTBエナジーの総合評価は高い
基本料金
(東京電力エリア)
30A 550.00円
40A 550.00円
50A 550.00円
60A 550.00円
1kWhあたりの
従量料金
(東京電力エリア)
~120kWh 28.60円
121kWh〜300kWh 28.60円
301kWh〜 28.60円
ガスのセット割 あり
スマホのセット割 なし
オール電化対応 あり
違約金 あり
対応外エリア 沖縄、一部離島
特徴 ・電気料金が安め
・ほぼ全国に供給している
・オール電化プランあり
・ガスとのセット割あり
・トラブル対応の出張費無料
キャンペーン 新規Web申込みで
基本料金3ヶ月無料
( 現在)
申し込み窓口 公式サイト

HTBエナジーの供給可能エリアは全国で、あまり新電力会社が参入していない北海道電力エリアでも契約できます。

オール電化プランや、決まった時間の電気代が無料になる「ママトクプラン」など、料金プランの選択肢も豊富です。

\新規Web申込みで基本料金3ヶ月無料!/

1年以内の解約は違約金がかかる

HTBエナジーで1年以内に解約すると、2,200円(税込)の違約金が発生してしまいます。

「他の新電力に乗り換えたい」という場合は違約金が発生してしまうので、複数の新電力を試してみたい人にはあまりおすすめしません。

なお、引越しによる解約の場合、違約金は発生しません。

電力会社比較ナビのバナー

HTBエナジーの口コミ評判はやや高い

実際に契約した人の評判や口コミの画像

HTBエナジーの評判は5点満点中3.5点で、新電力会社の中ではやや好評です。

総合評価
HTBエナジーの総合評価は高い

電力会社に関する評価は、当サイトが収集したデータと実際に契約した人からのアンケート回答をもとに判断しています。

以下は、料金・切り替えやすさ・サポート体制・キャンペーンの4項目ごとの評価です。中でも、料金面で高い評価を受けています。

料金の評価 HTBエナジーの料金は安い
切り替えやすさ HTBエナジーの電気は切り替えにくい
サポート体制 HTBエナジーのサポート体制は良い
キャンペーン HTBエナジーのキャンペーン内容はお得

実際に契約した人からは「一人暮らしでも安くなった」という声が上がっており、料金面が評価されていました。

しかし一方で解約金がある点や契約者用のマイページが不評のようでした。

以下は、実際にHTBエナジーを契約した人の口コミ評価です。料金の満足度の他に、良い点と悪い点どちらも回答しているので参考にしてください。

口コミ評判の収集方法について
【調査方法】
クラウドソーシングサイト「ランサーズ」
【調査期間】
2021年1月~12月
【取得方法と掲載作業について】
・実際にHTBエナジーを利用している人の回答に限定しています。
・事実と異なる口コミが反映されないよう、当ライターが内容を確認した上で使用しています。
・誤字や脱字があった場合は、回答者の意見に影響がない範囲で修正しています。
女性のアイコン
月2千円も安くなった!30代女性 / 宮城県
70点 / 100点
30代女性
宮城県
70点 / 100点
契約時期2019年 11月
世帯人数4人
使用量1月/471kwh
供給エリア東北電力
料金
切り替えやすさ
HTBエナジーは切り替えやすい
サポート体制
HTBエナジーのサポート体制は普通
キャンペーン
HTBエナジーのキャンペーンの質は普通
契約して良かったと思う点
電力会社を切り替えて平均月2000円は確実に安くなりました。すごい節約になります。電気も安定的で切り替え前と何も変わりません。
契約して不満に思っている点
ママトクプランも時間帯無料をうたっていますが、その指定時間すべて無料になるわけではないのが少し残念なところです。あとは、もう少し基本料金を下げてほしかったです。
男性のアイコン
気にせず電気を使えて気が楽20代男性 / 福岡県
70点 / 100点
20代男性
福岡県
70点 / 100点
契約時期2021年 1月
世帯人数1人
使用量1月/120kwh
供給エリア九州電力
料金
切り替えやすさ
HTBエナジーの切り替えやすさは普通
サポート体制
HTBエナジーのサポート体制は良い
キャンペーン
HTBエナジーのキャンペーンの質は良い
契約して良かったと思う点
今まで土日の昼間など気にして電気を使ってましたが、普通に使ってもそんなに前の九州電力より安くて使えて今では気にせずに使っております。あとは、毎日の電気使用量が確認できて便利です。
契約して不満に思っている点
解約すると違約金として2000円かかる点。あと、コンビニ払いを選択すると毎月200円かかります。他の新電力も検討していましたが、解約金がかかるとなると乗り換えづらいです。
男性のアイコン
ログインページがわかりづらい30代男性 / 東京都
60点 / 100点
30代男性
東京都
60点 / 100点
契約時期2020年 11月
世帯人数1人
使用量1月/117kwh
供給エリア東京電力
料金
切り替えやすさ
HTBエナジーの切り替えやすさは普通
サポート体制
HTBエナジーのサポート体制は悪い
キャンペーン
HTBエナジーのキャンペーンの質は良い
契約して良かったと思う点
電気料金に関しての全ての情報がネットですぐ見れるというのが良いと思います。月の請求金額が確定した時点でメールが来るのも良いです。あとは、分からないことがあった場合にメールで問い合わせしたときに迅速に対応していただき助かりました。
契約して不満に思っている点
ログインのページがわかりにくく使い勝手が悪いです。また、一度ログインして戻るとエラーになり再度ログインできなくなることがしばしばある所が残念です。
男性のアイコン
北海道でも対応しててありがたい!40代男性 / 北海道
70点 / 100点
40代男性
北海道
70点 / 100点
契約時期2020年 12月
世帯人数5人
使用量1月/540kwh
供給エリア北海道電力
料金
切り替えやすさ
HTBエナジーは切り替えやすい
サポート体制
HTBエナジーのサポート体制は普通
キャンペーン
HTBエナジーのキャンペーンの質は普通
契約して良かったと思う点
珍しく北海道でも対応しており、電気代も前より安くなっていたので満足です!
契約して不満に思っている点
ガスのセット割が対象外だったことが残念です。あとは、他社にあるようなポイント還元キャンペーンなどがあまりないことです。

料金に関するTwitterでの口コミ評判

HTBエナジーの料金設定に関する口コミをTwitterで調査しました。

結果「地域電力よりも安かった」という声が多く「逆に高くなってしまった」という声は見受けられませんでした。

サポートに関するTwitterでの口コミ評判

料金以外の契約手続きやサポートに関する口コミをTwitterで調査しました。

Webのマイページが見られない、分かりづらいとの声があがっていましたが「サポートが不十分」「連絡が繋がらない」などの声は見られませんでした。

電力会社比較ナビのバナー

今月の申し込みランキング3選!

ここまで電力会社の特徴や評判口コミを解説してきました。

しかし、燃料価格の高騰や円高の影響により、多くの電力会社で新規申込の受付が停止しています。

そこで、2024年6月現在でも申込み可能なおすすめの電力会社3選を紹介します!

おすすめポイント
TERASELでんきのロゴ▶TERASEL
でんき
4,000円分の選べる申込特典!
毎月の支払いで楽天ポイントGET!
公式サイトはこちら
CDエナジーダイレクトのロゴ▶CDエナジー
ダイレクト
生活に合わせた豊富なプラン!
毎月の支払い100円ごとに1P還元!
電気とガスのセット割でお得! 公式サイトはこちら
Looopでんきのロゴ▶Looop
でんき
3月31までキャンペーン実施中!
基本料金、燃料調整費0円!
ピークシフトでお得にできる!
公式サイトはこちら

世帯人数に関わらず大体の家庭で節約できる可能性が高い

HTBエナジーは、一人暮らしからファミリーまで大体の家庭で節約できる可能性が高いです。

多くの新電力会社の中でも料金が安めで、幅広い世帯に対応できるように設定されているからです。

あまり電気を使わない一人暮らしの世帯でも、地域の電力会社より節約が期待できます。

他の電力会社との電気代比較

HTBエナジーを契約した場合の1か月の電気代を、他の電力会社と比較しました。

一人世帯、二人世帯、三人以上の世帯の3パターンでそれぞれ比較しています。

電力会社名をタップすると、それぞれの公式サイトに移動します。

一人世帯 二人世帯 三人以上
HTBエナジー 5,870円 8,329円 9,502円
CDエナジー
ダイレクト
6,768円 9,828円 11,576円
TERASEL
でんき
6,760円 9,724円 11,450円
東京ガスの電気 6,811円 9,856円 11,630円
東京電力 6,901円 10,049円 11,898円

※上記の表は平成26年度実施の東京都環境局の実態調査のデータ(世帯別・月別電気使用量)をもとに作成しています。

世帯人数 使用電力量/月
一人世帯 186kWh
二人世帯 272kWh
3人以上の世帯 313kWh
小宮 小宮

上の表のように、どの世帯も東京電力と比べて電気代が安くなっています。

一人暮らしのような電気をあまり使わない世帯でも、電気代を節約できています。

基本料金の比較
20A 30A 40A
HTBエナジー 550.00円 550.00円
CDエナジー
ダイレクト
553.80円 830.70円 1107.60円
TERASEL
でんき
590.48円 885.72円 1180.96円
東京ガスの
電気
590.48円 885.72円 1180.96円
東京電力 590.48円 885.72円 1180.96円
従量料金の比較
~120kWh 121kWh
〜300kWh
301kWh
HTBエナジー 28.60円 28.60円 28.60円
CDエナジー
ダイレクト
29.90円 35.59円 36.50円
TERASEL
でんき
30.00円 34.46円  35.84円
東京ガスの
電気
29.90円 35.41円 37.48円
東京電力 30.00円 36.60円 40.69円

HTBエナジーの料金プラン詳細

現在、HTBエナジーには「ベーシック」「ママトクプラン」「ぜんぶでんき」など様々な料金プランが用意されています。

以下で、HTBエナジーの各料金プランの特徴をまとめました。

ベーシックプラン 一人暮らし~ファミリーにおすすめの基本的なプラン
ママトクプラン 決まった時間帯の電気料金が安くなるプラン
ぜんぶでんき オール電化向けプラン
蓄電池ちくとくプラン 太陽光パネルを設置して蓄電・売電できるプラン
MUSUBIプロジェクト 電気代金の4.5%を非営利団体に寄付できるプラン

一般的な一人暮らし~3人以上のファミリー世帯で、電気代を安くしたいなら「ベーシックプラン」がおすすめです。

オール電化の家庭なら「ぜんぶでんき」を選びましょう。季節や時間帯によって料金単価が安く設定されてます。

以下で、それぞれの料金プランについて解説していきます。

一般的な家庭ならベーシックプラン

「ベーシックプラン」は、HTBエナジーのプランの中で一番基本的なプランです。

オール電化ではない一般的な家庭なら「ベーシックプラン」で契約しましょう。一人暮らし~3人以上のファミリー世帯まで、幅広い世帯で電気代の節約が期待できます。

以下は、ベーシックプランの料金設定です。エリアを選択すると、表の内容が切り替わります。

東京電力 HTBエナジー
ベーシックプラン
(東京エリア)
基本料金 30A 885.72円 550.00円
40A 1,180.96円 550.00円
50A 1,476.20円 550.00円
60A 1,771.44円 550.00円
従量料金 ~120kWh 30.00円 28.60円
121kWh〜300kWh 36.60円 28.60円
300kWh〜 40.69円 28.60円
北海道電力 HTBエナジー
ベーシックプラン
(北海道エリア)
基本料金 30A 1,122.00円 550.00円
40A 1,496.00円 550.00円
50A 1,870.00円 550.00円
60A 2,244.00円 550.00円
従量料金 ~120kWh 35.44円 31.80円
121kWh〜300kWh 41.73円 31.80円
300kWh〜 45.45円 31.80円
東北電力 HTBエナジー
ベーシックプラン
(東北エリア)
基本料金 30A 1,108.80円 550.00円
40A 1,478.40円 550.00円
50A 1,848.00円 550.00円
60A 2,217.60円 550.00円
従量料金 ~120kWh 29.71円 31.80円
121kWh〜300kWh 36.46円 31.80円
300kWh〜 40.41円 31.80円
中部電力
ミライズ
HTBエナジー
ベーシックプラン
(中部エリア)
基本料金 30A 891.00円 550.00円
40A 1,188.00円 550.00円
50A 1,485.00円 550.00円
60A 1,782.00円 550.00円
従量料金 ~120kWh 21.33円 28.30円
121kWh〜300kWh 25.80円 28.30円
300kWh〜 28.75円 28.30円
北陸電力 HTBエナジー
ベーシックプラン
(北陸エリア)
基本料金 30A 907.50円 550.00円
40A 1,210.00 550.00円
50A 1,512.50円 550.00円
60A 1,815.00円 550.00円
従量料金 ~120kWh 30.83円 25.30円
121kWh〜300kWh 34.72円 25.30円
300kWh〜 36.43円 25.30円
関西電力 HTBエナジー
ベーシックプラン
(関西エリア)
基本料金 最低料金 433.41円 330.00円
従量料金 ~120kWh 20.31円 26.30円
121kWh〜300kWh 25.71円 26.30円
300kWh〜 28.70円 26.30円
中国電力 HTBエナジー
ベーシックプラン
(中国エリア)
基本料金 最低料金 712.67円 330.00円
従量料金 ~120kWh 32.83円 27.30円
121kWh〜300kWh 39.51円 27.30円
300kWh〜 41.63円 27.30円
四国電力 HTBエナジー
ベーシックプラン
(四国エリア)
基本料金 最低料金 677.00円 330.00円
従量料金 ~120kWh 30.66円 27.70円
121kWh〜300kWh 37.28円 27.70円
300kWh〜 40.79円 27.70円
九州電力 HTBエナジー
ベーシックプラン
(九州エリア)
基本料金 30A 948.72円 550.00円
40A 1,264.96円 550.00円
50A 1,581.20円 550.00円
60A 1,897.44円 550.00円
従量料金 ~120kWh 18.28円 25.20円
121kWh〜300kWh 23.88円 25.20円
300kWh〜 26.88円 25.20円

決まった時間にたくさん電気を使うならママトクプラン

HTBエナジーの「ママトクプラン」は、毎日決まった2時間の電気代が無料になるプランです。

昼間不在にしがちで、毎日同じ時間に大量の電気を使うファミリー世帯におすすめです。

選べる時間帯は、以下の3パターンです。

朝ママトクプラン 午前6時~午前8時
ママトクプラン 午後7時~午後9時
ミッドナイト
ママトクプラン
午後10時~午後12時

以下は、ママトクプランの料金設定です。エリアを選択すると、表の内容が切り替わります。

東京電力 HTBエナジー
ママトクプラン
(東京エリア)
基本料金 30A 885.72円 1630.20円
40A 1,180.96円 2173.60円
従量料金 ~120kWh 30.00円 18.80円
121kWh〜300kWh 36.60円 25.08円
300kWh〜 40.69円 28.96円
北海道電力 HTBエナジー
ママトクプラン
(北海道エリア)
基本料金 30A 1,122.00円 1943.70円
40A 1,496.00円 2591.60円
従量料金 ~120kWh 35.44円 22.78円
121kWh〜300kWh 41.73円 28.77円
300kWh〜 45.45円 32.30円
東北電力 HTBエナジー
ママトクプラン
(東北エリア)
基本料金 30A 1,108.80円 1,881.00円
40A 1,478.40円 2,508.00円
従量料金 ~120kWh 29.71円 17.66円
121kWh〜300kWh 36.46円 24.07円
300kWh〜 40.41円 27.83円
北陸電力 HTBエナジー
ママトクプラン
(北陸エリア)
基本料金 30A 907.50円 1379.40円
40A 1,210.00 1839.20円
従量料金 ~120kWh 30.83円 16.92円
121kWh〜300kWh 34.72円 20.60円
300kWh〜 36.43円 22.24円
関西電力 HTBエナジー
ママトクプラン
(関西エリア)
基本料金 最低料金 433.41円 325.92円
基本料金 2037.04円
従量料金 ~120kWh 20.31円 19.71円
121kWh〜300kWh 25.71円 25.93円
300kWh〜 28.70円 29.87円
中国電力 HTBエナジー
ママトクプラン
(中国エリア)
基本料金 最低料金 712.67円 319.56円
基本料金 2037.04円
従量料金 ~120kWh 32.83円 19.69円
121kWh〜300kWh 39.51円 26.04円
300kWh〜 41.63円 28.05円
四国電力 HTBエナジー
ママトクプラン
(四国エリア)
基本料金 最低料金 677.00円 390.83円
基本料金 2037.04円
従量料金 ~120kWh 30.66円 19.35円
121kWh〜300kWh 37.28円 25.64円
300kWh〜 40.79円 28.97円
九州電力 HTBエナジー
ママトクプラン
(九州エリア)
基本料金 30A 948.72円 1692.90円
40A 1,264.96円 2257.20円
従量料金 ~120kWh 18.28円 16.58円
121kWh〜300kWh 23.88円 21.90円
300kWh〜 26.88円 24.75円

オール電化ならぜんぶでんき

HTBエナジーには、オール電化向けの料金プラン「ぜんぶでんき」があります。

地域限定で、北海道・東北・北陸・沖縄電力エリアでは契約できません。

以下は、ぜんぶでんきの料金設定です。エリアを選択すると、表の内容が切り替わります。

東京電力 HTBエナジー
基本料金 295.24円/kVA,
10A
474.50円/kW
(実量制)
286.00円/kVA,
10A

458.33円/kW
(実量制)
従量料金 午前6時〜
翌午前1時
35.96円 25.28円
午前1時〜
午前6時
28.06円 17.78円
中部電力 HTBエナジー
基本料金 10kVAまで 1,597.04円 1487.04円
10kVA超え
1kVA
297.00円 286.00円
従量料金 デイタイム 38.95円 37.94円
ホームタイム 28.76円 27.95円
ナイトタイム 16.63円 16.30円
関西電力 HTBエナジー
基本料金 10kWまで
2,409.40円 2,068.00円
10kW超え
1kW
416.94円 396.00円
従量料金 デイタイム
(夏季)
28.87円 27.22円
デイタイム
(その他)
26.24円 24.75円
リビングタイム 22.80円 21.52円
ナイトタイム 15.37円 14.29円
中国電力
電化Style
コース
HTBエナジー
基本料金 10kWまで 1,922.30円 1,650.00円
10kW超え
1kW
464.30円 407.00円
従量料金 デイタイム
(夏季)
46.56円 32.03円
デイタイム
(その他)
44.50円 30.01円
リビング
タイム
30.43円 14.87円
ナイト
タイム
30.43円 14.87円
四国電力
でんかe
マンション
プラン
HTBエナジー
基本料金 10kWまで 1,551.00円 1196.55円
10kW超え
1kW
470.56円 415.56円
従量料金 平日昼間 46.72円 31.12円
夜間・休日 32.00円 17.88円
九州電力
電化でナイト・
セレクト
HTBエナジー
基本料金 10kWまで 1,888.80 1,650.00円
10kW超え (~15kW)
4,758.20円
(15kW~)
573.88円
(~15kW)
4,400.00円
(15kW~)
550.00円
従量料金 平日昼間 (夏冬)27.57円
(春秋)24.68円
(夏冬)26.30円
(春秋)23.47円
休日昼間 (夏冬)21.95円
(春秋)18.55円
(夏冬)20.80円
(春秋)17.46円
夜間 14.48円 13.21円

【東京限定】エコや売電に興味があるならちくとくプラン

「蓄電池ちくとくプラン」とは、東京電力エリア限定の太陽光パネルと蓄電池を使った環境に優しいプランです。

契約するには、村田製作所の「All-in One蓄電池システム」を購入する必要があります。

環境保護に貢献できるとともに、余った電気は売電したり災害時に活用できます。

また、毎日22~24時の2時間、電気代が無料になる「ミッドナイトママトクプラン」も利用できます。

基本料金 30A~50A 2,651.00円
60A 2,937.00円
従量料金 ~65kWhまで 無料
65kWh超過
185kWhまで
19.88円
185kWh超過
365kWhまで
25.08円
365kWh超過 28.96円
基本料金 30A~50A 3,215.00円
60A 3,501.00
従量料金 ~65kWhまで 無料
65kWh超過
185kWhまで
19.88円
185kWh超過
365kWhまで
25.08円
365kWh超過 28.96円
東京電力 HTBエナジー
ママトクプラン
(東京エリア)
基本料金 30A 885.72円 1630.20円
40A 1,180.96円 2173.60円
従量料金 ~120kWh 30.00円 18.80円
121kWh〜300kWh 36.60円 25.08円
300kWh〜 40.69円 28.96円

社会貢献活動に興味があるならMUSUBIプロジェクト

 

HTBエナジー MUSUBIプロジェクト

「MUSUBIプラン」は、支払った電気料金の4.5%をHTBエナジー提携の団体へ寄付できるプランです。

例えばひと月の電気代が10,216円だった場合、441円が寄付金額となります。

寄付する先の団体は、HTBエナジーが提携している4つのNPO団体から選べます。

毎月の電気代は変わりませんが「NPO団体に少しでも貢献したい」という人におすすめです。

北海道エリアにも対応している

HTBエナジー 対応エリアの地図

HTBエナジーは、ほぼ全国でサービスを提供しています。そのため、多くの新電力が供給対象外としている北海道エリアの人でも契約できます。

「どうしても新電力にしたいけど、契約できる新電力がなかなか見つからない」という人におすすめです。

しかし、沖縄エリアと一部離島は供給対象外となっています。自分の住んでいるエリアで契約できるか不安な人は、問い合わせ窓口で確認しましょう。

電気や生活に関するトラブルに24時間対応してくれる

「ベーシックプラン」「ぜんぶでんき」契約中だと、60種以上のトラブルに対応してくれる「あんしんサポート365」が利用できます。

24時間365日対応な上に出張料・作業料が無料で、専門の業者よりも安く対応してくれる可能性が高いです。

以下のような電気・水回り・鍵など生活に関するトラブルや困りごとに対応してくれます。

  • ・アンテナ取付・調整
  • ・電球交換
  • ・鍵の開錠
  • ・PCトラブル
  • ・家事代行
  • ・ハウスクリーニング
  • ・害虫駆除

ガスとのセット割でガス料金が102円割引になる

HTBエナジー 電気とガスのセット割

でんきとガスをセットで契約すると、ガス料金が102円割引になります。

ただし対象エリアは東京・東邦・大阪ガス提供エリアのみです。

対象エリア内で「でんきとガスの契約をまとめたい」「固定費を抑えたい」という人におすすめです。

電力価格の影響を受けて高騰することはない

HTBエナジーは、市場の電力価格が高騰しても、連動して電気代が高騰しません。

市場の電力価格に影響を受ける「市場連動型」ではないからです。

以前HTBエナジーでは市場連動型の料金プランを提供していましたが、2020年1月の電力価格高騰時に受付を終了しています。

解約金がかかるため気軽に乗り換えできない

HTBエナジーは、自己都合による1年未満の解約は、2,200円(税込)の解約違約金が発生します。

自己都合の内容は、他社に乗り換える、やっぱり地域電力に戻したいなどです。引っ越しに伴う解約の場合は、違約金はかかりません。

また、キャンペーン申込の場合、内容によっては別途違約金が発生する場合があります。

「とりあえず色々な新電力を試してみたい」という人にはデメリットなので、他の解約金がかからない電力会社の方がおすすめです。

プラン変更にも手数料がかかる

HTBエナジーでは、プランを変更する場合330円(税込み)の変更手数料が発生します。

少額ですが「色々なプランを試してみたい」という人は注意が必要です。

なお、変更が適用されるは手続き完了後の検針日からです。

HTBエナジーの申し込み手順

スマホを持って申し込みを進めている人の画像

HTBエナジーに申し込んでから、切り替え完了するまでの手順を解説します。

申し込む前に、必ず自分が住んでいるエリアが供給エリアに含まれているか確認して下さい。HTBエナジーの場合、沖縄と一部の離島が供給対象外となっています。

新規契約の手順

  1. ①検針票(電気ご使用量のお知らせ)を用意する
  2. ②HTBエナジー公式サイトから申し込む
  3. ③申込後1~5週間で切り替え完了

申し込みから実際に電気が使えるようになるまで約1~5週間かかります。

申し込み後すぐに電気が使えるようになるわけではないので、引っ越し等で利用日が決まっている場合は早めに申し込みましょう。

申し込みの手順について、以下で詳しく説明していきます。

①検針票を用意する

検針票に書かれているお客様番号と地域供給特定番号HTBエナジーの申し込みには、検針票のアップロードと必要事項の入力が必要です。

現在契約している電力会社から届く検針票を、あらかじめ手元に用意しておきましょう。

②HTBエナジー公式サイトから申し込む

公式サイトの「申し込む」から、申し込み手続きを進めます。

希望の料金プランを選んで必要事項を入力していくだけなので簡単です。

用意した検針票も、申し込み画面でアップロードすればOKです。

③申込後4週間で切り替え完了

申し込み後は、HTBエナジーが契約中の電力会社の解約手続きを進めてくれます。そのため、何せず待つだけで大丈夫です。

申し込み手続き後約3週間で、登録したメールアドレスに供給開始予定日の案内が届きます。

電気の切り替えが完了するのは、申し込み後4週間です

もしも「電気が利用できない」などの不具合が生じた場合、HTBエナジーのサポート窓口に連絡しましょう。

\新規Web申込みで基本料金3ヶ月無料!/

電力自由化とは

電力自由化とは、2016年4月の法改正により、一般家庭や企業などが自由に電力会社や料金プランを選べるようになった制度です。

電力自由化の説明画像

地域の電力会社だけでなく、電力の小売り会社(新電力会社)と契約が可能です。

会社によって基本料金や契約プランが違うため、企業間の価格競争もあり、選択次第では電気代をかなり抑えられます。

新電力会社で取り扱っている電力は、従来の送電線を通って家庭に送られるため、どの会社も電力自体の質は変わりません。

電気の切替に悩んだらプロに相談するのがおすすめ

でんきコンシェルジュTOPバナー画像

電気の切替に悩んだら、新電力会社に詳しい専門のプロに相談しましょう。無料の電話相談でお得な電力会社をプロが提案してくれます。

「手続きの仕方がわからない」「電力会社の比較が面倒くさい」「安くならなかった」などの悩みも、全てプロに任せれば簡単に電気の切替ができます。

電話相談は、専用ページから簡単な入力だけで申し込めます。さらに最大1万円のキャッシュバックが受け取れるので、でんきコンシェルジュを利用してみてください!

\最大1万円キャッシュバック!/

※注意事項

当サイトのシミュレーションは簡易的なものです。電気代は燃料費調整額等によって変動するため、正確な試算は各社の公式サイトでご確認ください。また、ご家庭によっては新電力会社に乗り換えてもお得にならない可能性があります。

おすすめ新電力会社

申込時に選べる6つの特典!毎月の支払いで楽天ポイントが貯まる!

生活スタイルに合わせた豊富なプラン!ガスとセットでお得!

新電力ごとの記事一覧