暮らしを快適にするための情報メディア

浮気調査は自分でできる?調べる方法や自力で証拠集めをするやり方を徹底解説

PR
浮気調査のを自分でするには?

「浮気調査は自分でできる?」

「自力で証拠集めをする方法は?」

パートナーの浮気が気になったら、まずは自分で調査してみようと思いますよね。「探偵費用は高額じゃない?」「依頼すると大ごとになりそう…」という思いから、セルフで調べようとする人もいるでしょう。

しかし、 浮気調査を自分でするのは非常に大変です。やり方を間違えると自分が法的に不利な立場になるリスクもあります。

この記事では、自力で浮気を調べて証拠を集める方法やその際のリスクについて詳しく解説します。法的に有利になる証拠の集め方まで紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

初めての浮気調査なら「街角相談所」

街角相談所探偵_説明画像

 

  • 24時間無料で匿名診断できる
  • 140社以上から理想の探偵をマッチング
  • 無料診断で調査費用最大40%OFF
くらし+プロフィール
くらしプラス@編集部
浮気されて探偵を頼った経験から、探偵の凄さに気づく。悩みに最適な探偵事務所を選べるよう、手助けしたい一心で記事を執筆している。

目次

浮気調査を自分でする方法は?

自分でできる浮気調査方法一覧

浮気調査を自分でする方法は、簡単なものから難しいものまでたくさんあります。自力でやるなら 最初は簡単な調査から始めるのがおすすめです。

独力でやれることを済ませておけば、あとで探偵に依頼する時に確実性が向上したり、費用が抑えられるメリットがあります。

続けて、調査の難しさや法的なリスクとあわせて自力で浮気を調べる方法を解説していきます。

自分でできる比較的簡単な浮気調査

比較的簡単な調査

  • 会話をボイスレコーダーで録音する
  • 家や車内に小型カメラを設置して録画する
  • カーナビやドライブレコーダーを確認する
  • 交通系ICカードの利用履歴を確認する
  • 給与明細を確認する
  • クレカの利用明細を確認する

会話をボイスレコーダーで録音する

ボイスレコーダー

パートナーと浮気相手の会話内容をボイスレコーダーで記録すれば、証拠を集められます。恋愛関係や、肉体関係があったとわかる内容が含まれているなら証拠になります。

夫婦共用の家や車であれば、ボイスレコーダーの設置が法的な問題にはなりません。

ただし、パートナーや浮気相手の所有物にボイスレコーダーを無断で設置する行為は、プライバシーの侵害になる可能性があります。

家や車内に小型カメラを設置して録画する

家や車内に小型カメラを設置して録画するのも浮気調査を自分で実施する方法の1つです。映像として記録できるため、強力な証拠になります。

車内ならキスやハグなどの親密さがわかる行為、寝室ならパートナーと浮気相手の性行為が確認できる可能性があります。

ただし、ボイスレコーダー同様に、夫婦の共有のスペース以外にカメラを設置するのは違法行為です。

カーナビやドライブレコーダーで移動履歴を確認する

カーナビやドライブレコーダーでは、ラブホテルや浮気相手の家に行った証拠が取れる可能性があります。直接的な証拠以外にも、申告と違う場所に行っていたことがわかれば、今後の調査がやりやすくなります。

ラブホテルや浮気相手の家に行った証拠は、後から探偵に依頼する場合にも重要です。場所がわかれば張り込みや尾行がしやすくなるからです。

移動履歴を確認するだけなら、機器を購入することなく調査できます。また、共有の車の履歴を確認するなら法的なリスクもありません。

交通系ICカードの利用履歴を確認する

交通系ICカードの利用履歴を確認することで、浮気の有無がわかる可能性があります。普段は使わない駅を利用していたり、ラブホテルのある繁華街で降りている場合は浮気の疑いがあります。

交通系ICカードはスマホのアプリで簡単に履歴を確認できます。一瞬スマホにかざすだけで情報が確認できるので、調査の手間がかかりません。

しかし、交通機関の利用履歴だけでは浮気を断定できません。ホテルの領収書などと組み合わせて有効な証拠になります。

利用履歴を確認できる代表的なアプリ

マルチICカードリーダー アプリアイコン
マルチICカードリーダー
iOS対応のアプリ
完全無料で利用できる
モバイルSuicaは確認不可
▶iOS版はこちら
SuicaReader アプリアイコン
SuicaReader
Android対応のアプリ
完全無料で利用できる
モバイルSuicaは確認不可
▶Android版はこちら

SuicaやPASMOなどの交通系ICののカードの履歴は、スマホに専用アプリをインストールして確認します。スマホのOSによって利用できるアプリが異なり、紹介しているアプリはどちらも無料です。

スキャンした時点の電車やバスの利用履歴や残高がわかるので、浮気現場を特定するヒントになります。ただし、モバイルSuicaなどスマホのウォレットには対応していません。

給与明細を確認する

給与明細でわかる浮気情報

  • 帰りが遅いのに残業手当がついていない
  • 休みに出勤したのに休日手当がついていない
  • 会社の接待なのに経費精算されていない

給与明細を見るのも自分で浮気調査する有効な方法です。過去の発言と矛盾があれば浮気を確認できます。簡単に調査できるうえに、法的なリスクも少ないです。

残業や休日出勤を口実に在宅時間が減っているなら、各種手当を確認しましょう。また、接待と聞いた場合は経費の増減を見るのが良いです。

ただし、会社によって給与明細の記載方法や処理方法は異なります。不自然だからといって浮気と断定できないので、他にも証拠を集めましょう。

クレジットカードの利用明細を確認する

支払いは一括払いになる

クレジットカードの利用明細の確認は、自力で浮気を調べる方法です。相談のない高価な買い物や、不自然なホテルの宿泊代の有無を見ましょう。

避妊具や大人のオモチャの購入、ラブホテルの利用が明らかな場合は、不貞行為の証拠として認められるケースもあります。(参考: みずほ中央法律事務所)ただし、利用明細だけでは法的な証拠としての効力が弱いです。

結婚している妻・夫なら法的問題になりにくい方法です。そのため、費用もかけずに比較的簡単に調査できる方法です。

自分でできる比較的難しい・リスクのある浮気調査

  • パートナーのスマホやPCを確認する
  • 財布の中身を確認する
  • GPSでパートナーの行動を確認する
  • パートナーを自分で尾行する

パートナーのスマホやPCを確認する

スマホやPCのチェックは、自分で浮気調査する方法のひとつです。ロックを解除できれば費用もかけずに浮気相手との決定的なやり取りを確認できます。

しかし、婚姻している夫婦でもプライバシーの侵害になるので難しい調査方法です。リスクをわかったうえで慎重に行動しましょう。

続けて、スマホやPCを確認する2つのポイントを詳しく解説します。

LINEなどのSNSを確認する

スマホを使う人の手元

スマホでチェックするべきSNS・アプリ

  • LINE
  • TwitterやInstagram
  • メールやSMSなどトークツール
  • カカオトークやViberなどマイナーなアプリ

LINEやTwitter、InstagramなどのSNSは浮気の証拠が見つかりやすいアプリです。浮気相手とのやり取りに使われるからです。また、相手探しに利用するケースもあります。

トーク履歴やDM(ダイレクトメッセージ)を確認して、浮気相手とのやり取りを記録すれば証拠として利用できます。相手の本名がわかる場合はメモしましょう。探偵に依頼するときに役立ちます。

浮気に慣れている人の場合は、浮気相手とのやり取りをマイナーなチャットアプリに移行するケースもありえます。その場合は「カカオトーク」や「Viber」などが活用されます。インストールされていないかチェックしましょう。

マッチングアプリの使用状況を確認する

マッチングアプリの検証画像

スマホの中にマッチングアプリが入っている場合は、浮気をしている可能性が高いです。パートナーがいればマッチングアプリは必要ないからです。

有料プランに加入している場合、浮気の確率がさらに高くなります。アプリが入っているのを確認したら、相手とのやり取りを記録に取りましょう。

ただし、マッチングアプリだけでは決定的な証拠になりません。相手とのやり取りの内容と、ほかの証拠とあわせて浮気を判断しましょう。

パートナーの財布の中身を確認する

財布・レシートをチェックする

財布の中身、特にレシートや会員カードから浮気がわかる可能性があります。ラブホテルの利用が確認できるレシートは、非常に有力な証拠になります。

また、宿泊施設の会員カード、割引券などもホテルの利用が考えられる証拠になるので、写真を撮って記録しておくのが得策です。

ただし、許可を取らずに財布を見るのはプライバシーの侵害になる可能性があります。費用をかけずに浮気調査できますが、行動するのはリスクを調べてからにしましょう。

GPSを使ってパートナーの行動を確認する

GPSを使えば、パートナーの浮気を自力で調べられます。事前に聞いた外出先と異なる場所やラブホテルに訪れているか確認しましょう。

GPSは大きく分けて2種類あります。リアルタイムで確認できるタイプと、行動ルートを記録するタイプです。記録タイプは装着と回収の手間があります。どちらも行った場所を確認して、浮気を確かめられます。

ただし、訪れた場所や行動ルートがわかっても直接の証拠にはなりません。ほかの方法も検討しましょう。また、パートナーの承諾がないと違法と判断されるリスクもあります。

パートナーを自分で尾行する

犯人を追う私服警官

パートナーを自分で尾行して、浮気を確かめる方法もあります。自分の目で判断できるうえに、裁判でも使える証拠を得られます。

ただし、自分で尾行するのは体力・精神面ともに厳しいです。バレずに追跡するのが難しく、長時間の監視は疲労がたまります。さらに、パートナーの浮気を実際に見た時には想像以上のショックを受けます。

浮気がほぼ確定していて、時間や相手が絞られている場合に尾行を検討しましょう。情報が不足している場合は、探偵事務所に依頼するのがおすすめです。「街角相談所探偵」を使えば、いくつかの質問に答えるだけで浮気調査に強い探偵を紹介してくれます。

慰謝料や離婚請求ができる有効な証拠

有効な証拠の例

  • 性交渉があったと推察できるデータ
  • 不倫を認める自白データ
  • パートナーの行動を詳細に記録した日記

性交渉があったと推察できるデータ

裁判で最も有効な証拠は肉体関係があったと認められるデータです。裁判で不倫と認められるケースは「配偶者以外の異性と肉体関係を持つこと」だからです。肉体関係や性交渉の回数は1回でも不貞行為に該当します。

一方で配偶者以外の異性と連絡を取る、キスやハグをするだけでは基本的に不貞行為に該当しません。

肉体関係があったと認められる証拠

証拠の具体例

  • ラブホテルから2人で入退場する写真や動画
  • 実際に行為をしている写真や動画
  • ラブホテルの利用がわかる明細や領収書

性行為中の写真や動画以外にも ラブホテルに2人で入ったり出てきた状況がわかる写真も該当します

写真や動画を証拠として使いたときは鮮明さが重要です。顔が映っていて、本人と断定できない場合は立証できません。

ラブホテルを利用したことがわかる領収書も法廷で認められる不倫の証拠になりえます。ただし、それだけで確実に不倫として認められるわけではありません。他の証拠と合わせて提出が必要です。

不倫を認める自白データ

不倫を認める自白は、法廷で有効な証拠として認められる可能性が高いです。スマホやレコーダーの音声記録、もしくは本人が話している様子を動画で残すのが望ましいです。

自白を書面で残す場合は、できるだけ詳細に浮気の内容を記述しましょう。制作した書面にはパートナーか浮気相手からの書面・押印が必要です。本人たちが事実と認めた根拠になります。

ただし、自白を強制した場合は証拠として認められません。暴力や脅迫は絶対にやめましょう。

パートナーの行動を記録した日記

日記とボールペン

パートナーと自分の行動を詳細に記録した日記も、他の証拠とあわせて法的に有効な可能性があります。

対象になるのは「特定の曜日の帰宅が遅い」「スマホを肌身離さず持ち歩くようになった」などの変化を記録している場合です。

雑に書かれた日記は証拠として認められない可能性が高いので、きちんと規則を決めて書きましょう。

浮気の証拠として日記をつけるポイント

  • ・手書きで書く
  • ・ボールペンのような消えないペンを使用する
  • ・毎日継続的に書く
  • ・日付や曜日を記載する
  • ・事実ベースで記録する

浮気調査を自分でする際に使われるアイテム

  • スマホの浮気調査アプリ
  • ドライブレコーダー
  • ボイスレコーダー
  • 小型カメラ

スマホの浮気調査アプリ

料金の相場 0~約4,000円/月
(無料がおすすめ)
法的なリスク
できること ・GPSによる位置情報の確認
・相手のスマホの遠隔操作
・LINEやトーク履歴の確認

浮気調査アプリは、パートナーのスマホにインストールして利用します。GPSの位置情報や通話履歴などを、別の端末からバレずに確認できます。

LINEのトーク履歴を確認できたり、スマホのカメラやボイスレコーダーを遠隔で起動できる機能を備えたアプリもあります。

ただし、無許可で浮気調査アプリを入れると違法と判断される可能性が高いです。また、法を犯して手に入れた証拠は裁判では認められない傾向にあります。浮気調査の方法としては、おすすめできません。

▶浮気調査アプリ10選!バレずに浮気の証拠を見つける方法はある?

車に設置するドライブレコーダー

料金の相場 5,000~20,000円
法的なリスク
できること ・車内外の映像の撮影
・GPSによる位置情報確認

車に設置するドライブレコーダーも浮気調査に活用されています。 ドライブレコーダーは浮気調査を疑われにくいのでおすすめです。

撮影データから訪れた場所がわかったり、車から降りてホテルに入っていく映像が記録できます。

車内撮影に対応しているモデルなら、キスやハグなどの親密な様子や性行為などの決定的な瞬間を記録できる場合があります。法的リスクが少ないのもメリットです。

ボイスレコーダー

料金の相場 1,000~6,000円
法的なリスク
できること ・音声の録音
・バレずに証拠を集めやすい

ボイスレコーダーも浮気調査アイテムとして使われます。 寝室や車のシートの下などのバレにくいところに設置して、浮気相手との会話を記録します。安い機種は数千円で手に入るので、浮気調査のとっかかりとして利用しやすいです。

録音された会話内に浮気相手との関係がわかる内容があれば、浮気の有無が判断できます。また、性行為の音声が録音できた際は、言い訳を許さない強力な証拠になります。

設置が難しい場合は、ボールペン型やカード型のバレにくいボイスレコーダーを使いましょう。ただし、浮気相手の持ち物に入れるなどの行為は違法です。利用シーンによってはリスクがあります。

小型カメラ

料金の相場 1,000~8,000円
法的なリスク
できること 設置場所の映像の撮影

小型カメラも、寝室や車の室内に設置して自分で浮気調査するのに活用できるアイテムです。バレにくい場所に設置すれば、油断しているパートナーの浮気行為を撮影できます。

小型カメラのなかでもコンパクトな機種は、小銭ほどのサイズ感です。場所を問わず、こっそりと設置できます。しかも、数千円で手に入るので気軽に調査を始められます。

注意点は、他のアイテムより発見される可能性が高いことです。特性上、視野に入る場所への設置が必須だからです。見つかると調査が続けられなくなるため、設置場所は慎重に検討しましょう。

浮気調査を自分でする時のリスク

  • 違法な調査で法的に不利になる
  • 自分で調べた証拠が裁判で有効と認められない
  • 調査していることがばれて関係が悪化する
  • 自分で調査してもはっきりしない可能性がある

違法な調査で法的に不利になる

浮気調査を自分で実施すると、一部の行動が違法行為に該当する可能性があります。例えば、パートナーの許可を得ずにスマホを見ると「プライバシーの侵害」「不正アクセス禁止法」などの法律に抵触します。

素人には法律を細かく理解するのは難しいです。知らないうちに違法行為をして、逆に訴えられてしまうというケースも考えられます。

訴えられないためにも、自分で浮気調査せずにプロの探偵へ依頼しましょう。法的に問題のない方法で、有利になる証拠を手に入れられます。

自分で調べた証拠が裁判で有効と認められない

自分で集めた証拠は裁判で有効と認められない可能性があります

例えば、キスの写真は単体で不貞行為の証拠にはなりません。また、写りが不鮮明で本人か判別できない写真も無意味です。

苦労して自分で証拠を集めても、無駄になる可能性があります。法廷で活用できる証拠を手に入れるなら、プロの探偵に相談するのが無難です。

浮気調査していることがバレて関係が悪化する

自分で浮気調査していることがパートナーにバレると、関係が悪化するリスクがあります

浮気していなかった場合、パートナーに大きなショックを与えます。浮気していたときでも、調査方法が違法行為に該当しているケースだと、相手から訴えられる可能性があります。

バレるリスクを最小限に抑えたいなら、浮気調査の専門家である探偵に依頼しましょう。

自分で調査しても浮気をしているか断定できない可能性がある

浮気調査を自分でしても、パートナーが実際に浮気をしているか断定できない可能性があります。必要な知識や技術、経験が不足しているため、十分な証拠を得ることが難しいからです。

例えば自分で尾行する場合、途中で相手を見失う、不用意に近づいてパートナーに気づかれるなど、失敗する確率のほうが高いです。

また自分自身が感情的になっている場合、冷静な判断が難しく、誤った解釈や先入観によって事実を歪めてしまう可能性もあります。確実な証拠が欲しいなら、最初からプロの探偵に依頼しましょう。

浮気調査は目的によって調べる方法や集める証拠が変わる

事実確認をして浮気をやめさせたいだけの場合

必要な証拠の例

  • カーナビの履歴
  • ドライブレコーダーの映像
  • クレジットカードの利用履歴
  • 給与明細

事実確認して、浮気をやめさせたいだけなら 法的な効力がない証拠でも問題ありません。クレジットカードの履歴やカーナビの記録などが該当します。パートナーに浮気をやめるよう伝えるのには十分な情報です。

また、浮気をやめさせる目的でも、探偵を活用したほうが簡単に証拠が集まります。簡易的なお試しプランをお手頃価格で利用できる探偵事務所もあります。

証拠を集めた後はパートナーと話し合いを設けて、浮気をやめてほしい意思を伝えるのが重要です。

離婚や慰謝料請求を前提に浮気調査をする場合

必要な証拠の例

  • 肉体関係があったことを証明する証拠
  • 浮気相手とホテルや自宅に出入りする写真
  • 探偵事務所による調査報告書

離婚や慰謝料請求を前提に浮気調査をする場合は、 正確かつ決定的な証拠が必要になります。

特に 探偵事務所の調査報告書は有効に働く可能性が高いです。法廷で使える証拠を集めるノウハウがあるので、安心して依頼できます。

また、チーム単位での調査や行動の履歴を正確に記録して高品質な報告書を制作してくれます。裁判を少しでも有利に進めたいなら、探偵に依頼しましょう。

浮気調査は自分でするよりも探偵に依頼するのがおすすめ

浮気調査は探偵に依頼するのがおすすめ

確実な証拠が手に入る

浮気調査を探偵に依頼するのがおすすめな理由として「 確実な証拠が手に入る」点が挙げられます。

探偵は浮気調査のプロなので、法的に有効な証拠を集める技術があります。写真とあわせて時刻・場所を正確に記録した報告書など、言い訳できない確実な証拠が手に入ります。

労力がかからない

探偵に依頼するだけで証拠を集められるので、自分で浮気調査する労力がかかりません

自分で尾行や張り込みする場合、かなりの時間と根気が必要です。また、効率よく情報収集できずバレるリスクもあります。

プロの探偵に依頼すれば自分で動くよりも時間や労力をかけずに、その分の時間や労力を他の手続きに向けられます。

自分が訴えられるリスクが少ない

探偵に調査を依頼すれば、自分が法的に訴えられるリスクを下げられます。探偵は法に触れない手段で浮気調査します。自分で調べると知らないうちに、法律違反する可能性があります。

探偵は警察に届け出をして、営業の許可を得ないと依頼を受けてはいけません。尾行や聞き込みなどの捜査方法は届け出なしに実施すると犯罪になります。

自分で調査したら違法な捜査も、探偵なら合法的にできるケースがあるため、安心して捜査するなら探偵に依頼するのがおすすめです。

裁判・示談まで手厚いサポートが受けられる

弁護士事務所と提携している

浮気調査を探偵事務所に依頼すると、離婚調停や慰謝料請求まで一貫したサポートを受けられます

探偵事務所は、弁護士法人と協力関係にあるケースも珍しくありません。報告書の作成から弁護士が協力している場合、そのまま法廷で使える証拠になります。

浮気調査の結果次第で法的な措置も考えている場合は、弁護士法人と関わりのある探偵事務所に依頼するのをおすすめします。

▶浮気調査におすすめの探偵事務所ランキング!費用や選び方を紹介!

浮気調査を自分でする時のよくある質問

目次
夫婦間の浮気調査でも法的に問題になることはある?
浮気調査の相場はいくら?
浮気調査の費用は慰謝料に加算できる?
浮気・不倫に伴う離婚の場合の慰謝料相場は?

夫婦間の浮気調査でも法的に問題になることはある?

夫婦間の浮気調査でも法的な問題に発展するケースはあります。婚姻関係にあっても、調査手段を選ばないと問題になります。

たとえば、許可なく携帯を見たりパートナー宛の手紙を勝手に開封するなどの行為は違法です。

浮気調査の相場はいくら?

浮気調査の相場は 最安で10万円ほど掛かります。調査期間や方法によっては、100万円以上請求されるケースもあります。

調査期間が長いほど料金が高くなる傾向があります。安く依頼するなら、ピンポイントの日時・場所を押さえましょう。

▶浮気調査の費用相場は?探偵事務所の調査料金を解説

浮気調査の費用は慰謝料に加算できる?

浮気調査の探偵費用は、慰謝料とは別で請求できるケースも存在します。不貞行為の証明に必要だったと判断されれば、探偵費用の請求が認められます。

反対に不倫行為を認めていたり、既に明確な証拠がある状態で依頼した探偵費用は請求できないケースが多いです。

慰謝料を請求する裁判を検討しているなら、担当の弁護士に相談してみましょう。自分の場合はどうなるのか教えてくれます。

浮気・不倫に伴う離婚の場合の慰謝料相場は?

浮気・不倫に伴う離婚の際の慰謝料相場は100~300万円です

詳しい金額を知りたい場合は、浮気調査後に弁護士へ相談しましょう。

どの探偵事務所に依頼すればいいかわからない人は街角相談所探偵がおすすめ

街角相談所探偵のロゴ

街角相談所探偵がおすすめな理由

  • 無料相談ができる
  • 24時間お問い合わせに対応
  • 全国141の事務所からおすすめを紹介
  • 自分にあった事務所を紹介してもらえる
  • 最大40%OFFでお得な調査依頼ができる

どの探偵事務所に頼めばいいかわからない人は 街角相談所探偵がおすすめです。24時間対応している無料相談窓口から、自分にあった探偵事務所の紹介を受けられます。

街角相談所探偵なら、予算や調査の目的に応じて、自分にあった窓口を全国141の事務所から紹介してもらえます。また、申し込み窓口からの紹介で20~40%OFFで調査依頼も可能です。

依頼すべきかの相談から受け付けているので、まずは 街角相談所探偵の無料相談を活用しましょう

浮気調査の関連記事
浮気調査におすすめの探偵事務所
浮気調査の費用相場 浮気調査おすすめアプリ
浮気調査を自分でする方法 妻の浮気原因ランキング
妻の浮気を疑うべき
行動パターンとは
単身赴任中に浮気する確率
役に立った浮気調査グッズ 探偵に尾行を
依頼する際の料金
AirTagで
浮気調査する方法
-
探偵事務所の評判口コミ
原一探偵事務所 ラビット探偵社 さくら幸子探偵事務所
地方別おすすめ探偵事務所
大阪 新宿 -
街角相談所探偵のバナー(PC)街角相談所探偵のバナー(SP)

目次