暮らしを快適にするための情報メディア

Airtag(エアタグ)で浮気調査はできる?使い方やバレた時のリスクを解説!

PR
AirTag(エアタグ)で浮気調査できる?

「AirTagで浮気調査ができるって本当?」

「AirTagでの浮気調査は相手にバレない?」

最近、AirTag(エアタグ)を使った浮気調査が注目を浴びています。AirTagを妻や夫の車やカバンに忍ばせておくと、簡単に相手の位置情報を確認できます。

しかし、AirTagを使った調査はパートナーにバレるリスクがあります。また、違法行為に該当することもあり、逆に慰謝料を請求される危険も……

本記事では、AirTagを使って浮気調査をする場合のリスクや注意点について詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

初めての浮気調査なら「街角相談所」

街角相談所探偵_説明画像

 

  • 24時間無料で匿名診断できる
  • 140社以上から理想の探偵をマッチング
  • 無料診断で調査費用最大40%OFF
くらし+プロフィール
くらしプラス@編集部
浮気されて探偵を頼った経験から、探偵の凄さに気づく。悩みに最適な探偵事務所を選べるよう、手助けしたい一心で記事を執筆している。

AirTag(エアタグ)を使って浮気調査はできる?

女性と2つのはてな

浮気調査はできるがバレる確率が極めて高い

結論から言うと、AirTagでの浮気調査は上手くいかない確率が高いです。なぜなら、不正利用を防ぐためにシステムで対策されているからです。

AirTagは、動かしたときに警告音が鳴るシステムとなっています。車内やカバンに忍ばせることはできても、音が鳴るとすぐにバレるので使いにくいです。

また、相手がiPhoneユーザーの場合、不審なAirTagを検知すると通知される仕組みになっています。AirTagを使って浮気調査できますが、バレる可能性が高いというのは大前提として覚えておきましょう。

浮気調査はプロに依頼するのがおすすめ

AirTagは相手にバレやすく、浮気調査には不向きです。相手に悟られることなく浮気の証拠を掴むには、プロの探偵に調査を依頼するのがおすすめです。

AirTagでは、車やカバンの位置しかわかりません。浮気や不倫の証拠を掴むなら、ビデオカメラでの撮影が必須です。

パートナーの浮気や不倫で悩んでいるなら探偵を頼りましょう。街角相談所探偵なら、6つの質問に答えるだけで初心者でも簡単に良い業者が見つけられます。

AirTagとはどんなアイテム?

近未来の街の様子

AirTagの特徴

  • Apple製の紛失防止タグ
  • iPhoneがあればすぐに利用できる
  • 離れていてもAirtagの位置情報がわかる

AirTagはAppleから発売された紛失防止タグ

AirTag(エアタグ)は、Apple製の「紛失防止タグ」と呼ばれるアイテムです。

使い方はお財布やスマホなどにAirTagを付けておくだけです。万が一紛失しても、一定の距離内ならどこにあるか分かります。

物を失くしやすい人向けの製品ですが、場所がわかるという機能から浮気調査にも活用できそうと話題になりました。

使い方はとても簡単!iPhoneがあればすぐ利用できる

AirTagの使い方はとても簡単で、初めての人でもiPhoneがあればすぐに設定できます。iPhoneでBluetoothをONにすれば、自動的にAirTagとペアリングしてくれます。

また、AirTagは1人で複数使うのを想定して、名前をつけて管理できます。「お財布」や「スマホ」など、取り付け先がわかるように設定しましょう。浮気調査に使う場合は、相手に見つかっても怪しまれない名前にするのがおすすめです。

ちなみに、AirTagはiPhoneユーザーだけが使えるアイテムです。Androidユーザーは、他の紛失防止タグを利用しましょう。

離れていてもAirtagの位置情報がわかる

AirTagの特徴は、自分から離れていてもどこにあるか特定できることです。

AirTagの近くにいるiPhoneユーザーを通して、位置情報が提供されるため離れていてもわかります。セキュリティー面も万全で、他のユーザーに個人情報はバレません。

浮気調査をしたい相手が遠くにいても、全国のiPhoneユーザーがあなたの手助けをしてくれます。

AirTagを浮気調査で利用する際の注意点

家で喧嘩をする若い夫婦・カップル

AirTagで浮気調査する場合の注意点3つ

  • パートナーにバレるリスクが高い
  • 違法行為となり刑罰を受ける可能性がある
  • 浮気の証拠として認められない

パートナーにバレるリスクが高い

AirTagを使った浮気調査は、パートナーにバレるリスクがかなり高いです。不正利用を防ぐための高度なセキュリティ対策が施されているからです。

不審な状況を検知すると警告音が鳴ったり、近くのiPhoneに対して「不審なAirTagがある」と通知されます。

そもそもAirTagは浮気調査アイテムではありません。本来の使い方は紛失防止タグです。バレるリスクが高いので、本当に利用すべきか再度検討しましょう。

違法行為となり刑罰を受ける可能性がある

個人の所有物にAirTagをつけて浮気調査すると、プライバシーの侵害などの違法行為に該当する場合があります

パートナーの浮気・不倫の証拠を手に入れても、反対に訴えられる可能性があります。

ちなみに、夫婦でも個人の所有物にAirTagを入れて調査するのは違法です。共同の所有物につけましょう。

浮気の証拠として認められない

AirTagで浮気調査しても、ほとんどの場合で法的に有効な証拠として認められません。GPS情報だけでは、浮気と断定できないからです。

ラブホテルの場所を指したという情報だけでは、離婚調停や裁判で役に立ちません。

AirTagを使った浮気調査は、行動パターンの把握に使うのがおすすめです。データが集まったら、探偵に依頼して証拠を入手しましょう。

AirTagを使って浮気調査する方法

妻が夫の浮気を疑うシーン

AirTagで浮気調査するときのポイント

  • 車に設置するのが最も無難
  • カバンは避けたほうがいい
  • パートナーがiPhone使っている場合やバレやすい

車に設置するのが最も無難

AirTagの設置場所は、車がおすすめです。ポイントは、車外に取り付けるところです。

車外に取り付けると、AirTagの音で相手にバレるのを防げます。車内に取り付けた場合は、鍵を持っている可能性が高いと身内と推測されやすいです。

車以外の候補として、バイクや自転車が挙げられます。2輪車の場合は、AirTagが外れないよう設置しましょう。また、車体の熱を持つも避けるのが無難です。

カバンは避けたほうがいい

AirTagをカバンにいれるのは避けましょう。底に入れるなど工夫すれば隠しやすい場合でも、音でバレる可能性があります。

自分のiPhoneとAirTagが離れてから8時間以上経つと、不定期で音が鳴る仕様です。いつ鳴るかわからないため、扱いが難しいです。

また、カバンがラブホテルにあった情報は不貞行為に結びつく証拠にはなりません。バレるリスクを考慮して、利用しましょう。

パートナーがiPhoneを使っている場合はバレやすい

パートナーがiPhone使っていると、AirTagでの浮気調査がバレやすいです。

他人のAirTagが近くにある状態で30分以上経つと「探す」アプリが通知を出します。

完璧に見えない場所にAirTagをつけても、スマホに通知されるので気づく確率が高いです。

浮気の証拠を集めるなら探偵事務所に依頼するのがおすすめ

ボイスレコーダーとペンとノート

AirTagでの浮気調査はバレるリスクが高いので、最初から探偵に依頼するのがおすすめです。

浮気調査のプロなので、自分で調査するよりもバレるリスクが低いです。また、法的に有効な証拠を集められます。

どの探偵事務所にすればいいかわからない場合は、街角相談所探偵を利用しましょう。選択式の6つの質問に回答すれば、浮気調査に強い探偵が見つかります。はじめて調査を依頼する気軽に利用できるので、まずは無料で相談しましょう。

【まとめ】AirTagで浮気調査はしないほうがいい

解説する女性

AirTagを利用した浮気調査の効果やリスクなどについてご紹介しましたが、結論としてはAirTagを利用しないのが無難です。

ペアリングして手軽に使えるアイテムですが、使い方を間違えると罪に問われます。また、AirTagでの浮気調査はバレる可能性が高いです。

不利な立場になる場合もあるので、浮気や不倫で困っているなら探偵事務所に依頼しましょう。証拠を掴めば、揉めた場合でもスムーズに解決できます。

浮気調査の関連記事
浮気調査におすすめの探偵事務所
浮気調査の費用相場 浮気調査おすすめアプリ
浮気調査を自分でする方法 妻の浮気原因ランキング
妻の浮気を疑うべき
行動パターンとは
単身赴任中に浮気する確率
役に立った浮気調査グッズ 探偵に尾行を
依頼する際の料金
AirTagで
浮気調査する方法
-
探偵事務所の評判口コミ
原一探偵事務所 ラビット探偵社 さくら幸子探偵事務所
地方別おすすめ探偵事務所
大阪 新宿 -

街角相談所探偵のバナー(PC)街角相談所探偵のバナー(SP)

目次