暮らしを快適にするための情報メディア

妻の浮気を疑うべき行動パターンとは?日常生活に潜む不倫の兆候を徹底解説!

PR
妻の浮気を疑うべき行動パターン

「妻の行動パターンがいつもと違う」

「妻が浮気しているか見破る方法が知りたい」

妻が不倫をしている場合、日常生活の中で浮気の兆候が垣間見えます。いち早くサインを見抜ければ、離婚・関係の再構築、どちらの場合も有利な立場で話し合いを進められます。

本記事では、浮気をしている妻の行動パターンについて詳しく解説します。各行動をする理由や、浮気がわかったときの対処法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

初めての浮気調査なら「街角相談所」

街角相談所探偵_説明画像

 

  • 24時間無料で匿名診断できる
  • 140社以上から理想の探偵をマッチング
  • 無料診断で調査費用最大40%OFF

妻の浮気が疑われる行動パターン5選

スマホを操作する女性

  • スマホを見られないようにする
  • 急にきれいになった
  • 夫の予定をやたらに気にする
  • スキンシップを嫌がる
  • 外出や深夜帰宅が増えた

スマホを見られないようにする

妻がスマホを常に持ち歩くようになったり、画面ロックをかけるようになった場合、浮気をしている可能性があります。不倫相手からの着信やLINEのメッセージを見られると、浮気がバレてしまうからです。

現代社会において、個人間の連絡手段はスマホが主流です。浮気相手との連絡も、ほぼ例外なくスマートフォンを使っているでしょう。

つまり、スマホには浮気の証拠があふれています。妻の浮気を疑う場合、まずはスマホの扱いに変化がないか注目してみましょう。

妻が浮気している場合に生じるスマホの扱いの変化

  • スマホを常に持ち歩く
  • 着信があっても夫の前では出ない
  • メッセージが来てもその場で確認しない
  • 入浴時もスマホをそばから離さない
  • 画面にロックをかけるようになった
  • 画面ロックのパスワードが変わっている

急にきれいになった

恋愛は女性をきれいにします。高揚感からイキイキとした様子になったり、外面を意識して髪型や服装に気をつかうようになるためです

行動パターンに変化が生じる理由は、浮気相手からの見られ方を意識するからです。会う時だけでなく、普段から外見を気にかけるのは恋愛中の女性によく見られる心理です。

服装や髪型が以前と明らかに変わった場合は浮気の兆候と言えます。普段から妻の見た目をチェックし、変化した際に気が付けるようにしましょう。

浮気中の妻に生じる美意識の変化

  • 化粧やファッションに気を遣うようになった
  • 服の趣味が変わった
  • 新しい下着を身につけるようになった
  • エステや美容室へ頻繁に通うようになった

夫の予定をやたらに気にする

浮気をしている女性は、夫の予定を気にするようになります。夫が一緒でなければ、その間は自由に浮気ができるからです

以前に比べて細かい時間や行き先まで質問されるようになったなら、妻が浮気をしているサインかもしれません。以下のような行動をする場合は、浮気の時間を確保する狙いがあると考えられます。

  • 出張の予定を告げると嬉しそうに見える
  • 帰宅時間をしつこく確認する
  • 外出時に具体的な行き先を聞きたがる
  • 何の脈絡もなく先の予定を質問される

夫の予定に急に無関心になるというパターンもある

浮気の兆候として、妻が夫の予定に急に無関心になるというパターンもあります。普段から夫が不在の場合が該当します。

いつも家にいないのであれば、どこで何をしていようが関係ないというわけです。予定を気にする・無関心になるのいずれにしても、以前と様子が違う点が見られたら、浮気をしてないか疑ってみましょう。

スキンシップを嫌がる

最近妻から距離を置かれているなと感じたら、浮気をしている可能性があります。浮気相手ができると、夫との接触を嫌がる場合が多いからです。

例えば、「急にセックスレスになった」「手をつないでくれない」といったケースが該当します。急に素っ気ない態度を取られた場合には、浮気の可能性を疑いましょう。

浮気中の妻に生じるスキンシップの変化

  • セックスレスになった
  • 手をつなぐのを嫌がる
  • キスを拒否する
  • 仕草や臭いについて嫌悪感をあらわにされる
  • 寝室を別にするようになった

外出や深夜帰宅が増えた

外出や帰宅時間が遅くなるケースも浮気の兆候です。浮気相手とは自宅以外で会うことが多いからです。

具体的には、飲み会の予定が増える、残業を理由に帰宅時間が遅くなる、といったパターンです。外出頻度や帰宅時間の変化は、浮気と強く結びついていると可能性が高いです

妻に以下のような行動が見られる場合は、浮気をしていないか疑問を持ちましょう。

  • 残業などの理由で帰りが遅いことが増えた
  • やたらと飲み会の予定がある
  • 買い物や旅行の頻度が多くなった
  • しょっちゅう外泊している

短時間の外出が増える場合もある

30分程度の外出が増えた場合も、浮気の可能性があります。短時間だけ外出する理由は、浮気相手との電話を家族に聞かれたくないからと考えられます。

行先を聞かれたときに、「ちょっとそこまで」などとごまかすようなら、特に怪しいと言えるでしょう。

妻の浮気に対してやってはいけない3つの行動

バツを作る手

疑心暗鬼になる

妻の行動すべてに疑念を抱くのはやめましょう。疑心暗鬼になり過ぎると、全ての行動が浮気につながっているように見えてしまうからです。

前項で紹介した行動パターンは浮気中の女性に多いものですが、浮気の証拠ではありません。浮気以外の理由や、単なる思い過ごしという可能性もあります。

つい問い詰めたくなるかもしれませんが、むやみに詰問してもとぼけられるのがオチです。まずは冷静になり、本当に浮気をしているかどうか慎重に見極めるようにしましょう。

さりげなく確認することが肝心

まずは妻とコミュニケーションをしっかり取り、疑わしい行動をする理由をさりげなく確かめましょう。

確認する際は、浮気を疑っていることを気取られないようにするのが重要です。質問時に感づかれると、浮気している場合は警戒されて、浮気をしてない場合は関係に亀裂が生じる可能性があります。

「どうしたの?」「どこに行っていたの?」など、あたり障りのない質問をして様子を見ましょう。

身内や友人に相談する

妻の浮気に関して、身内や友人など第三者に相談するのは避けましょう。自分の思惑とは別に、事態を余計な方向に悪化させる可能性があるからです。

自分の妻が浮気をしているかもしれないと思ったら、きっと誰かに相談したくなるでしょう。しかし、相談したところで解決につながる可能性は低いです。

特に身内や友人などへの相談は、その後の人間関係にも大きな影響を与えます。「疑い」レベルの段階では絶対にするべきではありません。

自暴自棄になる

妻が浮気をしている可能性が高いと考え、やけになって酒におぼれたりギャンブルにはまる男性もいます。

しかし、浮気のことを忘れようと自暴自棄になるのは現実逃避であり、問題は何も解決しません。

それどころか奥さんがますます愛想をつかし、浮気が本気になる可能性すらあります。浮気を疑うべき行動パターンが見られても、冷静さは保つべきです。

妻の浮気がわかったときにするべき2つの行動

ビジネスシーン

浮気の証拠をつかむ

浮気している可能性が高いと判断できたら、証拠をつかみましょう。浮気の証拠として有力なのは、浮気相手とのメールやSNSのやりとり、会話の録音、密会現場の写真などが挙げられます。

自白を求める方法もありますが推奨しません。言い逃れられるリスクがあるうえに、誤解だった場合は立場が悪くなるからです。

証拠を確保できれば、今後の交渉を有利な立場で進められます。妻が浮気していると感じた場合は、まずは証拠を集めをしましょう。

証拠を集めるなら探偵事務所に依頼するのがおすすめ

浮気の証拠を集めるなら、探偵事務所に依頼するのがおすすめです。探偵は浮気調査のプロであり、裁判で使える確実な証拠を押さえられます

また、自分でやると知らないうちに違法な調査をしてしまう可能性があります。証拠の取得方法に問題があると、最悪の場合は慰謝料をもらえません。

さらに、当事者なので冷静な判断ができずに対応を間違えるリスクがあります。浮気調査は、どんな場合でもプロの探偵に任せましょう。

妻とやり直せるか気持ちを整理する

妻が浮気をしている証拠が出てきた場合、その後の結婚生活をもう一度やり直せるか、自分自身の気持ちを見極める必要があります。

浮気をされた側の選択肢は「やり直す」「離婚する」のどちらかです。自分がどうしたいか心の中を整理することで、とるべき行動が変わります。

夫婦としてやり直す場合

夫婦としてやり直す場合は、浮気の再発防止をする必要があります。口約束では効力がないため、誓約書を書かせることも検討しましょう

誓約書には、浮気をした事実や二度としない約束、万が一浮気をした場合のペナルティなどを記載します。

また、自分にも非があると感じた点があれば、素直に改善しましょう。夫婦関係をやり直すには、妻だけでなく夫が歩み寄る努力が必要です。

離婚する場合

離婚をする場合は、妻か浮気相手に慰謝料を請求できます。浮気は法律上の不貞行為に該当するからです。

妻とは一切関わりたくない場合は、弁護士に依頼するのがおすすめです。代理人として妻と交渉としてくれるため、顔を合わせる必要がなくなります。

ただし、慰謝料を請求するには確たる浮気の証拠が必要です。自力で集めるのはリスクがあるため、探偵事務所を利用しましょう。探偵へ依頼すれば、簡単に離婚や示談で有利になる証拠を集めてくれます。

妻が浮気や不倫をしてしまう原因

困っている女性

より魅力的な男性との出会い

素敵な異性と会えば、男女問わず心がときめくものです。特に、女性の場合は年齢問わず恋愛への憧れが強い傾向があり、夫より魅力的に思える男性が現れると運命を感じてしまいます。

また、夫に不満を感じていたり、関係がマンネリ化している場合は、浮気相手に気持ちが傾きやすいです。

夫が浮気している

夫が浮気をしている場合、妻も浮気をしていることがあります。「これでお互い様」という心理が働くので、罪悪感が薄い点が特徴です。

夫が過去に浮気をしていた場合も同様で、腹いせとして浮気をするケースがあります。夫側に元々の原因があるため、後ろめたさをあまり感じないからです。

性的欲求が満たされていなかった

セックスレスになっている夫婦の場合、女性側が欲求不満になりやすいです。男性は配偶者との性行為以外にも、性的欲求を満たす手段がいろいろあります。

一方で、女性が快楽を得る手段は男性に比べて限られています。もちろん女性向けのAVや風俗も存在しますが、多くの女性は性産業にネガティブな印象を強く持ってため、利用する人はほとんどいません。

日常生活に虚しさを感じていた

女性の場合、男性と比べて社会とのつながりが制限されている傾向があります。専業主婦はもちろんですが、共稼ぎ世帯の場合でも家事や育児の負担が女性側に偏っているケースが多いでしょう。

日常生活に忙殺されると、「家政婦のような一生を送りたくない」「ひとりの女性として誰かから必要とされたい」という気持ちになり、親切な男性が現れると心がなびいてしまうのです。

▶︎妻の浮気の原因ランキングTOP5!浮気をする背景やきっかけも徹底解説!

妻の浮気の行動パターンまとめ

男女の後ろ姿

浮気をしている妻の行動としては「スマホを隠す」「急にきれいになる」「夫の予定を気にする」「スキンシップを嫌がる」「外出が増える」などのパターンがあります。

ただし、上記パターンに当てはまっても浮気は確定しません。妻に浮気の兆候がある場合でも冷静になり、本当に浮気をしているか見極めることが重要です

どうしても疑いが晴れない場合は、浮気の証拠を集めましょう。自力で集めるには労力がかかったり、法律を犯すリスクがあるため、浮気調査の専門家である探偵事務所へ依頼するのが確実です。

浮気調査の関連記事
浮気調査におすすめの探偵事務所
浮気調査の費用相場 浮気調査おすすめアプリ
浮気調査を自分でする方法 妻の浮気原因ランキング
妻の浮気を疑うべき
行動パターンとは
単身赴任中に浮気する確率
役に立った浮気調査グッズ 探偵に尾行を
依頼する際の料金
AirTagで
浮気調査する方法
-
探偵事務所の評判口コミ
原一探偵事務所 ラビット探偵社 さくら幸子探偵事務所
地方別おすすめ探偵事務所
大阪 新宿 -
街角相談所探偵のバナー(PC)街角相談所探偵のバナー(SP)

目次