外構工事・エクステリア向けの情報満載

庭に植えるといい低木10選!低木の選び方や注意点も紹介

庭に植えるといい低木10選!

「庭に植えるといい木のおすすめは?」

「おしゃれで、風水や縁起のいい低木はある?」

庭に植えるといい木のおすすめは低木です。低木は多くの種類があり、好みや重要視するポイントに合わせて選ぶと、少ない手間であなたの庭をおしゃれに見せてくれます。

この記事では、植栽におすすめの低木の選び方や、注意点・施工例を解説します。庭に植えるといい木をお探し中の方は、ぜひ参考にしてください。

  • 【PR】タウンライフ
  • 初めて外構工事をするならタウンライフ

    タウンライフ特典

    タウンライフとは?

    • 「プラン作成」「見積もり作成」「アイデア&アドバイス」を無料で提供
    • 11周年の安心と実績
    • 自社の厳しい審査をクリアした650社以上の企業が掲載

    初めての外構工事で業者選びに迷っている方は、タウンライフを利用しましょう。施工箇所や予算を入力すると、おすすめの外構業者を複数紹介してくれます。

    見積もりからプランニングまですべて無料で利用できます。業者選びで失敗したくない人は、見積もりを簡単に比較できるタウンライフを利用しましょう。

    利用満足度ナンバーワン! /

    タウンライフで無料一括見積もり
    (公式サイト)

低木とは?おすすめする5つの理由

庭に植えるといい木は低木がおすすめ

5つの理由

  • 手入れが楽
  • 日差しを遮らない
  • 害虫がつきにくい
  • 目隠しにもなる
  • シンボルツリーとしても

低木をおすすめする理由は5つあり、中でも手入れが楽であったり、日差しを遮らない、害虫がつきづらい点は他の植物よりもメリットが大きいです。

手入れが楽

高さが2~3m以下とされる低木は女性でも剪定しやすく、手入れが簡単で人気です。

手が届かないほどの大きな樹木を手入れするときは、脚立と大きな剪定バサミの準備が必要ですが低木であれば簡単に手入れできるため、庭に植えるといい木といえます。

日差しを遮らない

庭に植えた木が大きいと日差しが遮られ、昼間でも室内が暗く感じますが、縦への成長が抑えられる低木は一定の明るさを保てます。大きな木のメリットは、強い日差しや西日を防ぐという点です。

害虫がつきにくい

湿気を好む害虫は主に生い茂った木に生息しますが、手入れされた低木は木が蒸れるのを防ぎ、害虫がつきにくくなります。

枝葉が成長したまま放置すると害虫が好む場所になるため、剪定しやすい低木を取り入れて予防するのがおすすめです。

家や門柱に合う低木を選ぶとき、どの木が良いのか、手入れ方法など理解した上で選びたいなら植栽の経験が豊富なプロに依頼することで予算に合わせた提案を多くのプランの中から選ぶことができます。

お庭におすすめの低木10選

お庭におすすめの低木10選

1位ジンチョウゲ

1位ジンチョウゲ

花期 2月~3月
樹高 50cm~1.5m
場所 強い風や日差しにさらされない場所

ジンチョウゲは放っておいても樹形は整ってくるので、特別な手入れを必要としないので比較的、育てやすい低木です。

2位ミツマタ

2位ミツマタ

花期 3月~4月
樹高 1~2m
場所 水はけが良い場所

ミツマタは枝先に花をつけるので、できるだけ剪定はせずに自然の樹形を楽しむことができる低木です。

3位カルミア

3位カルミア

花期 5~6月
樹高 30cm~1.5m位
場所 日あたりと水はけが良い場所

カルミアは寒さ、暑さに強く、丈夫な低木として育てやすく人気が高いです。

4位ヤマブキ

4位ヤマブキ

花期 4~5月
樹高 1~2m
場所 西日の当たらない腐植質の多い湿潤地

ヤマブキは灯篭などの前つけにすると風情がでて家やお庭のイメージを引き出します。

5位シャクナゲ

5位シャクナゲ

花期 5月
樹高 2~4m
場所 排水の良い有機質に富んだ場所

シャクナゲは頂芽が動き出したら指先で折り取るとこんもりした樹形になります。

6位トサミズキ

6位トサミズキ

花期 3月~4月
樹高 1m~3m
場所 日当たりの良い場所

トサミズキは冬の寒さにはとても強いので日本の乾燥した冬にも適しています。

7位ロウバイ

7位ロウバイ

花期 1~2月
樹高 2~3m
場所 腐植質に富む水はけの良い適湿地

ロウバイは放任していても樹形はある程度整うので、剪定はあまり必要なく管理しやすいです。

8位マサキ

8位マサキ

花期 6~7月
樹高 2~3m
場所  水はけの良い肥沃地

マサキは目的の形になったら樹形を整えが必要です。

9位ボケ

9位ボケ

花期 9月下旬~11月
樹高 2~3m
場所 砂利ではない場所

ボケは綺麗な花が咲き門柱や庭に彩を添えます。

10位クロトン

10位クロトン

花期 5月~8月
樹高 1~2m
場所 強い風や日差しにさらされない場所

クロトンは寒さに弱いため西日が強く日当たりの良い場所に植えるのが理想的です。

庭に植えるといい木の選び方

手入れしやすい低木 ジンチョウゲ
ミツマタ
カルミア
実がなる低木 オリーブ
ブルーベリー
花が咲く低木 シャクナゲ
ボケ
シンボルツリーに
おすすめの低木
アオダモ
シマトネリコ
四季を感じられる低木 ドウダンツツジ
百日紅(サルスベリ)

参考:ガーデンプラス

手入れしやすい

お手入れしやすい木を選ぶと、日々の庭木管理を負担に感じることなく育てていけるでしょう。樹木は植えて終わりではなく、水を与えたり剪定したりする必要があるので、お手入れのしやすい低木がおすすめです。

実がなる

実がなる低木も、庭に植えるといい木におすすめです。オリーブやブルーベリーなど、食べられる実がなる樹木を選ぶことで、収穫する楽しさや子どもへの食育にもなります。

果樹は花や実がなるまで長い年月が必要であり、成長したときの喜びはひとしおです。収穫する喜びも味わえるため、家族全員で楽しみながら育てられます。

花が咲く

花が咲く低木は彩りを与えて明るくなるため、庭に植えるといい木です。花の色をテーマカラーにしてガーデニングにもつなげると、統一感のある素敵な庭が創れるでしょう。

また、日陰の多い庭の場合、花が咲く樹木を植えると光がさしたように明るい庭になります。花を咲かせるには太陽の光が必要であるため、なるべく日が当たる明るめな場所に植えてください。

シンボルツリー・記念樹

長く育てていくことを考え、シンボルツリーとして低木を庭に植えるといいでしょう。思い出の象徴として常に家族を見守ってくれるため、より愛着が湧きやすくなります。

子どもと一緒に成長できるように種や苗木から育てたり、ある程度育った樹木をシンボルツリーとして迎えたりと、希望に合わせて決めることも可能です。

四季を感じられる

庭に植えるといい木には、四季を楽しめる低木もおすすめです。庭先で、春に咲き誇る花・夏の青々とした葉・秋の紅葉など、四季の移ろいを感じられると、風情を楽しみながら過ごせます。

落葉樹の場合、冬には落葉して枝だけになりますが、雪が降る地域では枝に積雪する様子も楽しめます。

庭に植えるといい低木を使用した施工例

庭に植えるといい低木を使用した施工例

フェンスの間に低木を植栽

門柱と目隠しフェンスだけでは冷たい印象を与えがちな外構も、低木を植栽することで、ぐっと温かみと自然な雰囲気が増します。ガーデンプラスでは生活動線だけではなくフェンスや門柱の高さに合わせた提案が期待できます。

参考:ガーデンプラス

緑に囲まれた庭

目隠しフェンスで近隣からの視線をカバーできても、あまりにも人工的な印象だと落ち着かないものです。それを和らげる一つの方法が、緑に囲まれた庭を作ることです。

ガーデンプラスでは目隠しフェンスの高さに合わせ低木を取り入れた庭作りの提案ができます。

参考:ガーデンプラス

庭を眺めるウッドデッキ

ウッドデッックから眺める庭は、都会の喧騒から逃れて心を落ち着かせる場所になり得ます。そのため、ウッドデッックと庭が一体となるようなデザインが求められます。

ガーデンプラスでは芝生だけではなく低木を合わせた植樹を眺めるウッドデッキ設置の提案ができるようです。

参考:ガーデンプラス

植物の瑞々しさを感じるエントランス

家に合わせた門柱の設置だけでは、やはり無機質な印象が強くなりがちです。それを緩和し、訪れる人々に心地よさを感じてもらうためには、エントランス周りに瑞々しい植樹を配置すると良いでしょう。

ガーデンプラスでは門柱やエントランスに合わせた植樹の提案が得意です。四季によって変化を見せる植栽が楽しめます。

参考:ガーデンプラス

低木を植えるメリット・デメリット

低木を植えるメリット・デメリット

低木を植えるメリット

低木は大きくならず場所を取らないため、鉢植えや垣根にも適しています。庭に立体感をもたらし、景観を明るく華やかな印象にできるのが低木を植えるメリットです。

低木を植えるデメリット

花が咲く低木は花びらの落ちた後の掃除手間、正確な剪定時期の選択の必要性、花に虫が集まることが挙げられます。お庭に低木を植える時は選定や今後のメンテナンスを含め植栽の経験があるプロに依頼すると良いでしょう。

庭に植えるといい低木を使った庭はDIYできる?

庭に植えるといい低木を使用した施工例

サイズの小さい花壇ならDIYも可能

庭に植えるといい木に低木を選んだ場合、小さな花壇であればDIYでも可能ですが、庭全体を統一して整えたいなら、プロに任せるのがおすすめです。

ガーデンプラスでは、外構や庭を施工させていただいた方に、お子様人数分の記念樹をプレゼントし、自宅の庭や鉢に植栽してもらう取り組みを行っています。

12歳までのお子さまがいらっしゃるご家庭で庭作り、シンボルツリーでお悩みの方は、ぜひ利用してください。

大きな花壇や玄関前の植栽は外構の知識も必要

バランスが悪いと見栄えが悪くなる大きな花壇や、ドアの開閉や歩行への影響が起こる可能性がある玄関前は、植栽するのに外構知識が必要です。

また、庭に植えるといいといわれる低木も、樹木の特徴を知らなければ美しい外観にできなくなるかもしれません。

気に入った樹木を見つけたときには、植える前に専門業者に相談してみるのもいいでしょう。

庭に植えるといい低木を選ぶ注意点

庭に植えるといい低木を選ぶ注意点

植えるスペースの確保

低木を植える前には、植栽するのに十分なスペースがあるかの確認が必要です。樹木が成長したときのサイズに加え、ほかの植栽を追加できるかも検討しなければなりません。

低木の種類によっては密集した状態で植えると、害虫が発生し樹木が病気になってしまう可能性もあるので植栽スペースはできるだけ広く取り、間隔をあけて植えましょう。

植える庭の日照時間

できるだけ日当たりのいい場所を選びましょう。庭の条件と植える低木の相性を考え、最適な配置を行うことが重要です。

和風の庭か洋風の庭か

統一感ある庭を造るため、家の外観に合わせて和風・洋風どちらにするかを決め、低木を選びましょう。外観に統一性を持たせるとおしゃれな庭作りに繋がります。

専門業者に相談

庭に植えるといい木を低木で選ぶなら、専門業者に相談してみるのもおすすめです。専門業者が希望に合わせたおすすめの低木を提案してくれるうえ、外構に関わるさまざまな相談に回答してくれます。

追加の希望がない限り、見積もり以上の費用がかかることもありません。タウンライフでは620社以上の外構専門業者から、希望に合わせたプランを無料で一括見積りできます。

おしゃれで満足度を上げる低木を植えたい方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

庭に植えるといい木を選ぶときによくある質問

庭に植えるといい木に低木をおすすめするのはなぜですか?

低木は高さが2〜3m以下であり、お手入れのしやすさで庭に植えるといい木といえます。見栄えや害虫対策のためにも、庭木のお手入れは定期的に必要です。害虫対策の手間を省きたい方は、あらかじめ香りで虫を寄せつけないハーブを選択するといいでしょう。

低木を植える場合はDIYできますか?

小さな花壇であれば低木を植えるのにDIYできますが、大きな花壇や庭全体を統一したい方はプロに相談したほうがいいでしょう。美しい外観にするには、十分な外構知識を持っている必要があります。気に入った樹木を見つけたときには、植える前に専門業者に相談してみるのもおすすめです。

低木の選択は自宅環境に合わせる

低木の選択は自宅環境に合わせる
庭に植えるといい木について解説しました。おすすめは手入れが楽で目隠しにもなる、低木です。何を求めるかで選び方は変わりますが、長く育てるためには樹木の特徴を知っておく必要があります。

樹木を決める際には、庭の雰囲気や家の外構とのバランスなども考えて統一感ある庭づくりを目指してみてください。管理しやすい低木を使用した施工を予定する方はぜひ参考にして下さい。

  • 【PR】タウンライフ
  • タウンライフなら初めての外構工事も安心!

    タウンライフ

    初めて外構工事をするなら、完全無料のタウンライフ一括見積もりがおすすめです。優良外構業者650社から比較ができるので、外構工事の最新相場がわかります。


初めての外構工事でおすすめの記事

編集部が選ぶおすすめ記事
ガーデンプラスの口コミ・評判は?ガーデンプラス評判 外構工事は一括見積もりがおすすめ|見積もりサイトの比較や外構工事業者の選び方を解説 外構の見積もりの取り方
タウンライフ外構の口コミ・評判は?タウンライフ評判 外構工事の費用相場は?おしゃれで安くリフォームするコツ外構工事の費用相場
手入れのいらない庭をDIYするコツ!手入れ不要の庭DIY 外構がしょぼい3つの理由|失敗事例と対策外構がしょぼい理由
外構工事ローンアイキャッチ外構工事で使えるローン 自分でもできる外構DIYおすすめ7選!外構DIYおすすめ7選
カーポートの値段相場と設置費用3カーポート値段相場 ウッドデッキの費用相場は?3ウッドデッキ費用相場
目隠しフェンスの費用を解説!3目隠しフェンス費用相場 外構工事駐車場アイキャッチおしゃれな駐車場

地域別おすすめ外構業者

北海道・東北エリア

北海道
札幌市 千歳市 江別市
旭川市 函館市 北広島市
苫小牧市 北見市 帯広市
恵庭市
青森県
青森市 八戸市 弘前市
三沢市
秋田県
秋田市 横手市
岩手県
盛岡市 奥州市 北上市
山形県
山形市 鶴岡市 酒田市
福島県
郡山市 いわき市 福島市
白河市 須賀川市 会津若松市
宮城県
仙台市 大崎市 石巻市
名取市 登米市

関東エリア

東京都
世田谷区 杉並区 練馬区
あきる野市 八王子市 町田市
日野市 足立区 府中市
江戸川区 大田区 中央区
小金井市 青梅市 葛飾区
三鷹市 多摩市 調布市
稲城市 小平市 立川市
板橋区 西東京市 墨田区
東村山市 国立市 清瀬市
狛江市 品川区 北区
東大和市 豊島区 国分寺市
文京区 目黒区 江東区
中野区 荒川区
神奈川県
横浜市 相模原市 藤沢市
厚木市 横須賀市 武蔵野市
平塚市 川崎市 大和市
秦野市 小田原市 鎌倉市
伊勢原市 綾瀬市 海老名市
座間市
埼玉県
加須市 深谷市 鴻巣市
草加市 上尾市 越谷市
幸手市 川口市 桶川市
三郷市 さいたま市 熊谷市
久喜市 川越市 狭山市
入間市 新座市 所沢市
行田市 羽生市 蓮田市
富士見市 八潮市 春日部市
本庄市 日高市 飯能市
戸田市 朝霞市 ふじみ野市
和光市 北本市 吉川市
東松山市
千葉県
千葉市 柏市 市原市
野田市 松戸市 流山市
八千代市 佐倉市 船橋市
市川市 茂原市 成田市
我孫子市 印西市 習志野市
浦安市 木更津市 匝瑳市
富里市 白井市 旭市
栃木県
宇都宮市 佐野市 那須塩原市
小山市 栃木市 足利市
鹿沼市 真岡市 大田原市
下野市 日光市
群馬県
太田市 伊勢崎市 前橋市
高崎市 桐生市 渋川市
藤岡市
茨城県
水戸市 古河市 土浦市
つくば市 日立市 牛久市
鹿嶋市 神栖市 石岡市
笠間市 守谷市 取手市
ひたちなか市 那珂市 結城市
筑西市 小美玉市

中部エリア

新潟県
長岡市 新潟市 上越市
燕市 三条市 新発田市
村上市 柏崎市
長野県
長野市 松本市 上田市
飯田市 佐久市 伊那市
安曇野市 塩尻市 茅野市
石川県
金沢市
富山県
富山市
岐阜県
岐阜市 可児市 大垣市
関市
静岡県
富士市 浜松市 静岡市
藤枝市 磐田市
愛知県
岡崎市 安城市 豊田市
春日井市 一宮市 西尾市
瀬戸市 名古屋市 豊橋市
東海市 江南市 あま市
稲沢市 小牧市 豊川市
半田市
三重県
津市 鈴鹿市 伊勢市
松阪市 伊賀市 名張市
桑名市

近畿エリア

大阪府
大阪市 高槻市 岸和田市
堺市 和泉市 箕面市
豊中市 枚方市 八尾市
吹田市 宝塚市 三木市
京都府
京都市
奈良県
奈良市
和歌山県
和歌山市
兵庫県
姫路市 明石市 神戸市
高砂市 西宮市 川西市
三田市
鳥取県
鳥取市 米子市

中国・四国エリア

広島県
広島市 福山市 府中市
東広島市
岡山県
岡山市 倉敷市
山口県
山口市 周南市 宇部市
防府市 岩国市 下関市
島根県
松江市 出雲市
香川県
高松市
愛媛県
松山市 今治市 西条市
高知県
高知市

九州エリア

福岡県
福岡市 北九州市 久留米市
飯塚市 宗像市 春日市
長崎県
長崎市 大村市
大分県
大分市
宮崎県
宮崎市 登米市
熊本県
熊本市 八代市
鹿児島県
霧島市 鹿屋市 鹿児島市
沖縄県
沖縄市