外構工事・エクステリア向けの情報満載

手入れのいらない庭をDIYするコツ!安くておしゃれな庭の作り方

手入れのいらない庭をDIYするコツ!

「安く手入れ不要の庭は作れる?」

「手入れのいらない庭をDIYできる?」

安く手入れや手間のかからない庭にするためには土面積を少なくすることがポイントです。自分でDIYできるのかも気になります。

本記事では、手入れや手間のかからない庭に適した素材の特徴や気になる費用、DIYについても紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

  • 【PR】タウンライフ
  • 初めて外構工事をするならタウンライフ

    タウンライフ特典

    タウンライフとは?

    • 「プラン作成」「見積もり作成」「アイデア&アドバイス」を無料で提供
    • 11周年の安心と実績
    • 自社の厳しい審査をクリアした650社以上の企業が掲載

    初めての外構工事で業者選びに迷っている方は、タウンライフを利用しましょう。施工箇所や予算を入力すると、おすすめの外構業者を複数紹介してくれます。

    見積もりからプランニングまですべて無料で利用できます。業者選びで失敗したくない人は、見積もりを簡単に比較できるタウンライフを利用しましょう。

    利用満足度ナンバーワン! /

    タウンライフで無料一括見積もり
    (公式サイト)

手入れのいらない庭DIYのポイント5選

手間のかからないお庭DIYのポイント5選

素材えらび

庭作りにおすすめな素材

  • タイル
  • レンガ
  • ブロック

屋外で使用する素材は、メンテナンスの手間や耐久性を考慮して選ぶことが重要です。

木材、樹脂、金属、石材の中で、石材が最も耐久性が高いとされています。タイル、レンガ、ブロックを使う事で、さまざまな表情の庭を作れます。

汚れ

手入れのいらない庭にするためには、汚れが付きにくく、掃除しやすい素材を選ぶことが重要です。タイルはその特性を持ち、カビの発生や紫外線、雨による劣化が少ないため、長期間美しさを保てます。

一方、レンガはタイルに比べて吸水性が低く、泥や汚れの付着が少ないので、頻繁に掃除する手間を省くことが可能です。

グランドカバーを採用

手入れのいらない庭にするために、グランドカバーを採用するのは効果的です。グランドカバープランツは地面を覆って成長し、地温の上昇や乾燥を防ぎながら、美しい彩りや香りを提供します。

特に、レンガや石の小路の脇に植えると、その周辺の植物と調和しやすく、雑草の成長を抑える効果も期待できます。これにより、庭のメンテナンスが簡単になり、景観も美しく保たれます。

水やり

水やりの少ない植物を採用すると、特に乾燥した時期でも頻繁に水をあげる必要がなくなります。これは特に夏場などの忙しい時期や旅行中など、日常のケアが難しい時に大きなメリットとなります。

水やりの少ない植物や宿根草は、予測しやすいケアが必要です。定期的なケアの周期が決まっているため、ガーデニングのスケジューリングがしやすく、予期せぬトラブルも少なくなります。

ソーラーライトの導入

照明は庭の雰囲気を大きく左右しますが、手入れのいらない庭を目指すなら、自動点灯・消灯機能を持ったソーラーライトや動きセンサー付きの照明を選ぶと良いでしょう。

毎日の点灯・消灯の手間が不要となり、さらに電気代も節約できます。

また、LED照明を選べば、電球の交換頻度も低くなり、長期的なメンテナンスの手間も軽減されます。

手入れのいらない庭の参考になる施工5例

手入れのいらないお庭の参考になる施工5例

花壇増設でガーデニングを楽しめる庭

花壇を増設することでコンクリートの殺風景な庭から花を楽しむスペースへと変わります。

花壇は季節ごとに植物を変えることで、年間を通して色とりどりの花を楽しめます。ホームセンターで花壇に必要なレンガやブロックを購入し自分でDIYすることも可能です。

しかし、土や必要なレンガの量、設置するまでの作業には労力と時間が必要です。DIYに慣れていない方はプロの力を借りるのも良いでしょう。ガーデンプラスでは人工芝の一部に花壇を設置する施工を5万円で行っています。

▶5万円の施工事例はこちら

ウッドデッキで庭を楽しむ

ウッドデッキを設置することで、庭の利用価値を高めます。ウッドデッキの汚れは水洗いなど日常のメンテナンスも簡単です。自分で購入し設置することも可能ですが、高さや設置後の微調整は慣れていないと難しく感じます。

自宅や庭に合うウッドデッキ設置が得意なプロに相談することで、理想の庭作りが実現できます。エクスショップでは庭にウッドデッキの設置が10万円台で可能です。

▶庭の施工例はこちら

窓から眺める芝生の庭

芝生を設置することで、家の中からも緑豊かな景色を楽しめます。芝生は自然な雰囲気を作り出し、庭にゆとりや癒しをもたらします。芝生の設置はDIYや庭の手入れに慣れている方はDIYできるかもしれません。

しかし、使用する芝生の量や必要な作業工程は複雑なため、芝生の設置に慣れているプロに依頼するのが理想的です。ガーデンプラスでは土の庭全面に芝生を敷設する施工を6万で実現できます。

▶6万円の施工事例はこちら

既存の植木撤去で広い庭に

負担に感じている植木を撤去することで、庭全体が広々とした印象に変わります。不要な植木や草木を取り除くことで、庭のメンテナンスが大幅に軽減されます。

植木撤去は木が大きい場合、自分でおこなう事は難しいため植木撤去に慣れている実績のあるプロに依頼しましょう。ガーデンプラスでは植木の撤廃を7万円で行っています。

▶7万円の施工事例はこちら

アプローチと天然芝の庭

天然芝を設置することで、柔らかく足触りの良いエリアを作れます。天然芝は、適切な品種を選ぶことで、手入れを最小限に抑えることが可能です。

庭とアプローチに合う天然芝の選定や設置にはメンテナンスのアドバイスもできるプロに依頼しましょう。ガーデンプラスでは土の庭から天然芝貼り、防草シート、砂利の設置を8万円で可能にします。

▶8万円の施工例はこちら

手入れのいらない庭作りはプロに依頼する3つのメリット

手間のかからないお庭作りはプロに依頼する3つのメリット

DIYよりも安くなる

DIYの場合、専門的な知識や技術が不足しているため失敗するリスクが高まります。その失敗を修正するための追加の材料や工具、時間が必要となり結果的にコスト増加の原因となることが多いです。

プロに依頼することで、最初から的確な作業をしてもらえるため、失敗による追加コストを防げます。

豊富な経験に基づく最適な提案

プロに庭作りを依頼することで、家族の成長やライフスタイルの変化に合わせて庭のデザインや機能を柔軟に変更することが可能です。

子どもが小さい頃は安全性を重視したデザインが求められますが、子どもが成長するとそのニーズは変わります。

また、新しいペットが家に加わったり、趣味が変わることで、庭の使い方やデザインを変更する可能性もあります。プロは、これらの変化を先取りした提案が可能です。

継続的なメンテナンスのサポート

庭は一度作れば終わりではなく、定期的なメンテナンスやケアが必要です。季節ごとの草花の手入れや剪定、土の状態のチェック、害虫や病気の対策など、庭の健康を保つための様々な作業が求められます。

これらの作業を自分でおこなうことはもちろん可能ですが、専門知識や技術が必要となる場面もあるため、庭の作りやメンテナンスを専門とした経験豊かな外構工事業者に依頼することで手入れのいらない庭を維持できます。

信頼できる外構工事業者を選ぶポイント

信頼できる外構工事業者を選ぶポイント

庭の施工事例をチェック

施工事例を見ることで、業者が過去にどのような仕事をしてきたのかを把握できます。また、自分の希望するスタイルや要望に合った事例があるかどうかを確認することで、適切な業者を選びやすくなります。

庭の施工体験口コミをチェック

実際に業者と取引した顧客の声は、業者の品質や対応、信頼性を判断する上で非常に価値があります。口コミサイトやSNS、地域の掲示板などでの評判や評価を確認しましょう。

理想の庭を実現したいなら相見積もり

複数の業者から見積もりを取得することで、それぞれの提案内容やコストを比較検討できます。自分の予算や要望に最も合った業者を選ぶ手助けとなり、最適なプランを立てることが可能となります。

タウンライフでは独自の厳しい基準をクリアした約620社から、自宅の庭を手入れのいらない庭にする提案ができる外構工事業者を見つける事ができます。

相見積もりすることで予算に合った業者を選べるだけではなく、色々な外構工事アイデアを見てから選べます。

手入れのいらない庭を安く作る方法

お庭を安く手間のかからない方法で作れるって本当?

庭のメンテナンスを最小限に抑える

綺麗な庭を持つことが日々のメンテナンスによる手間により苦痛に感じてしまうのは避けたいものです。

日常生活にはすでに多くの仕事やお子さんがいる場合には育児、家事などの忙しい日々が待っています。だからこそ、手入れのいらない庭を求める人は多いのです。

安く手入れや手間のかからない庭は、いくつかのポイントを意識するだけで、毎日のメンテナンスを最小限に抑えます。

植える植物を限定する

毎日のメンテナンスを最小限に抑えるために、植える植物を限定することで水やりや落ち葉の掃除の時間を減らせます。

メンテナンスが少なく綺麗に庭を維持することで窓から庭を眺める余裕や、限定した場所に植える植物を選ぶ楽しみも生まれます。

庭に植える木や、手入れのいらない庭作りのヒントは、こちらの記事を参考にして下さい。

▶庭に植えるといい木は低木がおすすめ!施工例5選と注意点も解説

庭の雑草対策をおしゃれにするコツ

雑草対策 防草シート設置
人工芝を敷く

防草シートを敷く

防草シートの選び方は、抑えたい雑草の種類、期待する効果の度合い、設置場所によって異なります。

2〜3年で雑草を抑えたい場合は織物の防草シートが適していますが、10年以上の長期間雑草を抑制したい場合は密度の高い不織布の防草シートが推奨されます。

特に先が尖った雑草には不織布が効果的です。選択する際には、シートの機能や価格を考慮し、自分のニーズに合ったものを選びましょう。

人工芝を敷く

防草シートを敷いてから固定し、その後に人工芝を設置します。

人工芝が綺麗に見える敷き方や自宅や庭に合ったい色選びなど、自分で防草シートを選びから人工芝の設置が難しい場合には、庭作りの経験豊富なプロの外構工事業者に依頼することで短期間、低予算で解決できます。

安く手入れのいらない庭作りよくある質問

DIY初心者でも庭作りはできる?

庭作りは時間をかけて自分でDIYできます。しかし、専門的な作業が必要な場合はプロの業者に依頼することで、時間とお金を節約できます。

庭づくりの始めは何から?

庭作りの第一歩は雑草対策です。雑草対策をしっかりすることで美しい庭を保てます。きれいな花の中に雑草が生えていると全体の印象が台無しになるので、効果的な雑草対策を取り入れることで手入れのいらない庭作りに繋がります。

庭づくりに最適な時期はいつですか?

庭づくりに最適な時期は春と秋、特に彼岸ごろです。真夏の高温や冬の極寒は木々の成長や活動に影響を与えるため、これらの季節は避けるのが良いです。春と秋は気温が適切で、植物が活発に生長する条件が整っています。

庭を作る時の注意点は?

庭づくりで注意する点は、①庭の目的の明確化②人の動線の考慮③外と中からの眺めの最適化④安全面の配慮⑤適切な庭木の選択と配置、そして⑤メンテナンスのしやすさや雑草対策の考慮する点です。

手入れのいらない庭作りは信頼できるプロに依頼

手間のいらないお庭作りは信頼できるプロに依頼
安く手入れのいらない庭作りについて解説してきました。DIYでも可能ですが、雑草対策を考える場合、防草シート選びから人工芝の設置まで全て自分でおこなうのが難しい場合には経験豊富なプロに依頼ことも考えましょう。

メンテナンスが少なく管理しやすい庭のお考えの方は、ぜひ今回の内容を参考にして下さい。

  • 【PR】タウンライフ
  • タウンライフなら初めての外構工事も安心!

    タウンライフ

    初めて外構工事をするなら、完全無料のタウンライフ一括見積もりがおすすめです。優良外構業者650社から比較ができるので、外構工事の最新相場がわかります。


初めての外構工事でおすすめの記事

編集部が選ぶおすすめ記事
ガーデンプラスの口コミ・評判は?ガーデンプラス評判 外構工事は一括見積もりがおすすめ|見積もりサイトの比較や外構工事業者の選び方を解説 外構の見積もりの取り方
タウンライフ外構の口コミ・評判は?タウンライフ評判 外構工事の費用相場は?おしゃれで安くリフォームするコツ外構工事の費用相場
手入れのいらない庭をDIYするコツ!手入れ不要の庭DIY 外構がしょぼい3つの理由|失敗事例と対策外構がしょぼい理由
外構工事ローンアイキャッチ外構工事で使えるローン 自分でもできる外構DIYおすすめ7選!外構DIYおすすめ7選
カーポートの値段相場と設置費用3カーポート値段相場 ウッドデッキの費用相場は?3ウッドデッキ費用相場
目隠しフェンスの費用を解説!3目隠しフェンス費用相場 外構工事駐車場アイキャッチおしゃれな駐車場

地域別おすすめ外構業者

北海道・東北エリア

北海道
札幌市 千歳市 江別市
旭川市 函館市 北広島市
苫小牧市 北見市 帯広市
恵庭市
青森県
青森市 八戸市 弘前市
三沢市
秋田県
秋田市 横手市
岩手県
盛岡市 奥州市 北上市
山形県
山形市 鶴岡市 酒田市
福島県
郡山市 いわき市 福島市
白河市 須賀川市 会津若松市
宮城県
仙台市 大崎市 石巻市
名取市 登米市

関東エリア

東京都
世田谷区 杉並区 練馬区
あきる野市 八王子市 町田市
日野市 足立区 府中市
江戸川区 大田区 中央区
小金井市 青梅市 葛飾区
三鷹市 多摩市 調布市
稲城市 小平市 立川市
板橋区 西東京市 墨田区
東村山市 国立市 清瀬市
狛江市 品川区 北区
東大和市 豊島区 国分寺市
文京区 目黒区 江東区
中野区 荒川区
神奈川県
横浜市 相模原市 藤沢市
厚木市 横須賀市 武蔵野市
平塚市 川崎市 大和市
秦野市 小田原市 鎌倉市
伊勢原市 綾瀬市 海老名市
座間市
埼玉県
加須市 深谷市 鴻巣市
草加市 上尾市 越谷市
幸手市 川口市 桶川市
三郷市 さいたま市 熊谷市
久喜市 川越市 狭山市
入間市 新座市 所沢市
行田市 羽生市 蓮田市
富士見市 八潮市 春日部市
本庄市 日高市 飯能市
戸田市 朝霞市 ふじみ野市
和光市 北本市 吉川市
東松山市
千葉県
千葉市 柏市 市原市
野田市 松戸市 流山市
八千代市 佐倉市 船橋市
市川市 茂原市 成田市
我孫子市 印西市 習志野市
浦安市 木更津市 匝瑳市
富里市 白井市 旭市
栃木県
宇都宮市 佐野市 那須塩原市
小山市 栃木市 足利市
鹿沼市 真岡市 大田原市
下野市 日光市
群馬県
太田市 伊勢崎市 前橋市
高崎市 桐生市 渋川市
藤岡市
茨城県
水戸市 古河市 土浦市
つくば市 日立市 牛久市
鹿嶋市 神栖市 石岡市
笠間市 守谷市 取手市
ひたちなか市 那珂市 結城市
筑西市 小美玉市

中部エリア

新潟県
長岡市 新潟市 上越市
燕市 三条市 新発田市
村上市 柏崎市
長野県
長野市 松本市 上田市
飯田市 佐久市 伊那市
安曇野市 塩尻市 茅野市
石川県
金沢市
富山県
富山市
岐阜県
岐阜市 可児市 大垣市
関市
静岡県
富士市 浜松市 静岡市
藤枝市 磐田市
愛知県
岡崎市 安城市 豊田市
春日井市 一宮市 西尾市
瀬戸市 名古屋市 豊橋市
東海市 江南市 あま市
稲沢市 小牧市 豊川市
三重県
津市 鈴鹿市 伊勢市
松阪市 伊賀市 名張市
桑名市

近畿エリア

大阪府
大阪市 高槻市 岸和田市
堺市 和泉市 箕面市
豊中市 枚方市 八尾市
吹田市 宝塚市 三木市
京都府
京都市
奈良県
奈良市
和歌山県
和歌山市
兵庫県
姫路市 明石市 神戸市
高砂市 西宮市 川西市
三田市
鳥取県
鳥取市 米子市

中国・四国エリア

広島県
広島市 福山市 府中市
東広島市
岡山県
岡山市 倉敷市
山口県
山口市 周南市 宇部市
防府市 岩国市 下関市
島根県
松江市 出雲市
香川県
高松市
愛媛県
松山市 今治市 西条市
高知県
高知市

九州エリア

福岡県
福岡市 北九州市 久留米市
飯塚市 宗像市 春日市
長崎県
長崎市 大村市
大分県
大分市
宮崎県
宮崎市 登米市
熊本県
熊本市 八代市
鹿児島県
霧島市 鹿屋市 鹿児島市
沖縄県
沖縄市