外構工事・エクステリア向けの情報満載

外構工事は一括見積もりがおすすめ|見積もりサイトの比較や外構工事業者の選び方を解説

外構工事は一括見積もりがおすすめ|見積もりサイトの比較や外構工事業者の選び方を解説

「外構工事の予算を超えない見積もり方法を知りたい」

「外構工事で補助金や助成金を利用できる?」

予算内で外構工事やエクステリア工事を行うためにも見積もりが必要ですが、具体的にどの様な事に注意すればよいのか気になりますよね。

この記事では、予算を超えないための外構工事の見積もりのポイントについて紹介しています。補助金や助成金を利用した外構リフォーム工事についても解説しているので参考にして下さい。

  • 【PR】タウンライフ
  • 初めて外構工事をするならタウンライフ

    タウンライフ

    タウンライフとは?

    • リフォーム部門で「利用満足度」「使いやすさ」「サイト利用者安心度」の3冠達成!※1
    • 11周年の安心と実績
    • 自社の厳しい審査をクリアした650社以上の企業が掲載

    ※1 ゼネラルリサーチ調べ(調査期間2021年4月6日~8日)

    初めての外構工事で業者選びに迷っている方は、タウンライフを利用しましょう。施工箇所や予算を入力すると、おすすめの外構業者を複数紹介してくれます。

    見積もりからプランニングまですべて無料で利用できます。業者選びで失敗したくない人は、見積もりを簡単に比較できるタウンライフを利用しましょう。

    利用満足度ナンバーワン! /

    タウンライフで無料一括見積もり
    (公式サイト)

外構エクステリア工事の見積もり費用

外構エクステリア工事の見積もり費用

外構エクステリア工事の費用は、150万~200万円が平均的な費用です。施工場所別の 具体的な費用の目安はこちらの記事で詳しく解説しています。

▶外構工事とは? エクステリアとの違いや費用の平均額相場|リフォームの注意点

外構工事の平均費用は150万円

外構工事費用は、一般的には150万〜200万円が予算の平均とされています。土地の広さが約60坪前後の場合、150万円で基本的な外構工事を行うことができます。

外構工事の費用は、設置するアイテムの数や工事の手間によって決まり住宅の構造や立地条件によって、予算や費用も変動します。予算を配分する際には、優先順位を考慮しながら検討してください。

外構工事の見積もり時間とスケジュール

プラン・見積もりの提出まで約2週間ほどかかるのが一般的です。外構業者に見積もりを依頼してから、実際に初回プラン・見積もりが出るまで、このような流れがあります。

  1. 問い合わせ・見積もり依頼・打ち合わせ予約
  2. 営業担当者との打ち合わせ
  3. 現場調査
  4. 営業担当者と設計担当者の間での打ち合わせ
  5. 建物や敷地についての調査
  6. ラフプランの準備
  7. 商品調査・法令・安全面・施工性の検討
  8. 各社の商材メーカーとの打ち合わせ
  9. 特注部材などのメーカー見積もり依頼
  10. 提出用プランの作成

外構工事は一括見積もりがおすすめ

複数の業者から外構工事の見積もりを取ることで、費用、品質、サービス面で最適な業者を選べます。業者ごとに価格、デザイン、施工品質、アフターサービスが異なるため、理想の外構工事を実現する近道になります。

タウンライフでは独自の厳しい基準をクリアした外構工事業者620社以上から予算と理想の外構工事デザインの見積もりを依頼できます。

忙しい方が各外構工事業者への問い合わせや見積もり依頼をする時間を省けるのはタウンライフを利用する大きなメリットです。

外構工事おすすめの一括見積もりサイト3選

おすすめサイト 費用 登録社数 おすすめポイント
タウンライフ 無料 620社 一度の連絡で複数の会社に希望を伝え比較検討が可能
ガーデンプラス 無料 1,315店 現場調査・プラン提案までは無料で利用できる
エクスショップ 無料 1,613店 現場調査・見積もりまでは無料で利用できる

タウンライフ

タウンライフ

おすすめポイント

  • 3分で一括見積りできる
  • アドバイス・見積り無料

エクステリア・外構のタウンライフは無料で一括依頼が可能なので、忙しい人でも見積もりを依頼しやすいです。

各会社のアイディア、見積り、プランを一度の依頼で比較でき、厳格な基準をクリアした信頼のある610以上のリフォーム会社の中から自分の要望に適切した会社に一度で希望を伝えて比較・検討することができます。

▶タウンライフの口コミ・評判はこちら

ガーデンプラス

ガーデンプラス

おすすめポイント

  • 18,950件の施工事例
  • 現場調査とプラン作成が無料

ガーデンプラスの施工は、厳しい審査をクリアした経験豊かで信頼できるサービス店が行います。

ほとんどの地域に対応可能で、離島や山岳地帯を除いて全国どこでもお庭の外構工事を行えます。最大63%OFFで理想のお庭を提供な上、分割金利手数料0円で住宅ローンと併用可能です。

▶ガーデンプラスの口コミ・評判はこちら

エクスショップ

エクスショップ

おすすめポイント

  • 160,214件の施工事例
  • 現場調査と見積り作成が無料

エクスショップでは最大63%OFFの割引でエクステリア商品を提供し、61名の専門のエクステリアプランナーがサポートします。

さらに、2年の工事保証と10年のダブル保証、そして台風時の保証があり、安心して購入できます。

▶エクスショップの口コミ・評判はこちら

予算を超えないための外構工事見積もりのポイント

予算を超えないための外構工事見積もりのポイント

複数の業者から見積もりを取る

予算によって選べる材料やデザインが変わるため、無駄な時間を避けるためにも事前に予算を明確にしてプランを立てることが重要です。

複数の外構工事業者からの見積りを取る際も、同じ条件と予算を各業者に提示し、その上で比較することが効率的です。

工事実績を確認

外構工事の業者選びでは、会社の名前や規模だけでなく、質の高い職人がいるか、そして過去の施工実績を確認することが重要です。

業者には専門分野が異なる場合もあり、全体的に高いレベルでサービスを提供できる業者を選びましょう。

事前に2~3社の外構工事業者のホームページで施工実績、提案内容、サービスの質、お客さまの声などを調査し、見積もりを比較すること良いでしょう。

保証制度やアフターサービスの確認

こんな人におすすめ

  • 使用する商品の保証
  • 工事後も安心して使いたい

外構工事をするなら工事後に長期間安心して使用できるのが理想的です。外構工事業者ガーデンプラスは、お客様の不安を軽減するために充実した保証体制を公開しています。

  1. 使用する商品は2年
  2. 外構工事は10年
  3. 契約不適合に対する補償も10年

この様に商品と技術を保証し、保証書の発行も行っています。この様な保障制度やアフターサービスは外構業界でガーデンプラスしかありません。

ガーデンプラスは、工事も商品の一部として明確な保証基準を設けているので、外構工事後も長期間安心して利用できます。

予算を伝える

外構工事を検討する際「予算を最初から明確に伝える」ことで業者はその範囲内で最適なプランを提案してくれます。不必要なオプションや追加費用についても外構工事業者と事前に情報共有することができます。

また、補助金や助成金を活用することで、予算以上の価値ある外構工事が可能になる場合も多いです。ただし、これらには申請時期や条件があるため、事前の調査と申請が必須です。

項目別に明細を出してもらう

業者にすべてを任せると、手抜き工事や追加工事のリスクがあります。

見積書が提出された際、その内容を正しく理解し、比較検討し、専門用語に振り回されないためにも項目別に明細を出してもらいましょう。

項目 詳細
土工事 土を掘る廃棄するのにかかる費用
仮設工事 水盛り/養生など工事に付随して発生
基礎下地工事 修繕工事前タイルや外壁のひび割れ劣化した部分の補強や補修する
諸経費 事務・営業経費/機材の減価償却費アフターフォローの費用など
重機などの運搬費 大型の重機を使う場合重機を現場に運ぶための費用
現場経費管理費 現場の施工管理・品質管理の現場監督などを配置する費用各種申請に関連する費用
仕上げ工事 鉄/アルミ/ステンレス/金属加工して使う場合の工事
金物工事 門柱やアプローチの階段など部分の表面仕上げのための工事
付帯工事事 外構工事に付随して発生する工事
植栽工事 外構工事に付随して発生する工事
土工事
土を掘るや廃棄する際の費用は、土の状態によって大きく変わることがあります。質が良い土であれば費用は低く抑えられますが、石やコンクリートが混ざっている場合は処理費用が高くなる可能性があります。
仮設工事
水盛り(建物の正確な位置を出す作業)や養生(建物や既存設備の保護)など、工事に付随する追加の作業もあります。これらの作業は基本的に計上されるべきで、省略せずに予算や計画に含めることが重要です。
基礎・下地工事
外構の基礎工事は、見えなくなる部分であるため手抜きが生じやすい項目です。特にガレージやアプローチの下地工事が不十分だと、将来的に問題が出る可能性があります。資材の量、職人の人数、転圧機械の使用などをしっかりとチェックすることが重要です。
諸経費
外構工事には会社の事務経費、営業経費、機材の減価償却費、アフターフォローの費用などが含まれ、これらは通常工事費の約10%程度を占めます。諸経費の項目が明示されていなくても、その費用は他の項目に分散している可能性が高いです。
重機などの運搬費
大型の重機を使用する際には、その運搬費も考慮する必要があります。多くの業者は運搬を外注するため、この部分で追加の費用が発生することが一般的です。
現場経費・管理費
施工管理や品質管理のために現場監督を配置する費用、各種申請に関わる費用が計上されている場合、法律に基づいて工事を行うと判断できます。
仕上げ工事
雨や雪の日にコンクリートの表面仕上げを行うと、品質が低下する可能性があります。信頼できる施工会社は悪天候を避けて作業を行い、そのためのコストも計画に組み込んでいます。
金物工事
金属工事は、鉄、アルミ、ステンレスなどの金属を加工して使用する工事です。このカテゴリーにはフェンスや門扉だけでなく、ポスト、門柱、アイアン製の門扉やフェンス、表札なども含まれることがあります。
付帯工事
既存構造の解体、基礎補強、水道メーターの移設などが含まれることがあります。また、屋外灯、インターホン、表札などの取り付け費用も考慮する必要があります。これらは見落としがちで、追加工事となる可能性が高いため、注意が必要です。
植栽工事
アプローチやフェンス周りに樹木や花を植える工事には、樹木の代金だけでなく、整地、土壌改良、用土の搬入費なども含まれます。

上記は外構工事業者に見積もりを依頼した際に記入されている項目です。外構工事の見積もりで予算を超えないためには、「項目別に明細を出してもらう」ことを重要視しましょう。

外構工事業者の選び方と注意点

外構工事業者の選び方と注意点

安価な工事費の危険性

安い外構工事費は魅力的に感じますが、資材の品質やデザイン、安全性、アフターサービスを考慮することが重要です。

単にコストだけで選ぶと、後で高い修理費や安全上のリスクが発生することもあります。

現地調査の重要性

誠実な業者は、見積もり前に必ず現地調査を実施します。資料だけでの見積もりは、現場状況との不一致が生じ、後でのトラブルの原因となりえます。

口コミの価値

実際に外構工事を依頼した人の口コミや体験談は、業者選びの際の貴重な情報源です。ただし、すべての口コミを鵜呑みにせず、自分の要望や条件に適合する業者を選ぶ眼を持つことが大切です。

外構工事業者選びは慎重に行うべきです。見積もりの際に現地調査を行う誠実な業者、アフターサービスや保証がしっかりしている業者を選びましょう。

そして、周りの意見や口コミもチェックすることで、最適な外構工事業者を選ぶ手助けとなります。

外構リフォーム工事で利用できる補助金・助成金

外構リフォーム工事で利用できる補助金・助成金

利用できる補助金・助成金

  • 高齢者住宅改修費用助成制度
  • 住宅省エネ2023キャンペーン
  • 耐震化に関する支援制度

それぞれの補助金・助成金について詳し見ていきましょう。

高齢者住宅改修費用助成制度

項目 内容 費用相場
手すり設置 居住者の転倒防止など目的
廊下/トイレ/階段などに手すりを設置するリフォーム
1mあたり約5千円~7千円
床段差の解消 歩行や車椅子での移動を容易にするため
バリアフリー化リフォーム
約2~15万円
床や通路面の
材料の変更
転倒防止のため
床材を滑りにくい素材に変更するリフォーム
約10万円以上
扉の取替え 引き戸やアコーディオンカーテンに
取り換えるリフォーム
約10~15万円
トイレの
リフォーム
和式から洋式、またはバリアフリー化
トイレリフォーム
約20~60万円

自宅での介護が必要な場合、高齢者住宅改修費用助成制度を利用してリフォーム費用の負担を軽減できます。この制度は、要介護または要支援の認定を受けた人が対象で、最大20万円(工事費の最大9割)まで助成が受けられます。

対象工事は、手すり設置、段差解消、床材変更、扉・便器の取り替えなどです。また、リフォームする住居は被保険者の現住所と一致している必要があります。詳しくは自治体にお問い合わせください。

▶厚生労働省の福祉用具・住宅改修についてはこちら

住宅省エネ2023キャンペーン

項目 内容
住宅の断熱改修 住宅の断熱性を向上させるためのリフォームや改修に対する補助金
高効率給湯器の導入 エネルギー効率の高い給湯器への取り替えを支援
その他の
省エネ設備の導入
太陽光発電やエネルギー管理システムなど、その他の省エネ設備の導入に対する補助

「住宅省エネ2023キャンペーン」の申請手続きは、専門家の事前調査、選定業者からの見積もり取得、補助金申請、審査を経て工事になり、工事後に必要書類を提出して補助金が支給されます。

各地域や自治体でも独自の支援があるので詳細は自治体で確認ください。

▶窓のリフォーム対象商品について詳しくはこちら
▶対象の高効率給湯器について詳しくはこちら

耐震化に関する支援制度

耐震基準に適合する改修工事を行うと、所得税および固定資産税の減税措置が受けられます。所得税の最大控除額は62.5万円で、特定のリフォーム工事も対象です。

改修工事費が50万円を超えた場合、1年度分の固定資産税が最大で半額減額されます。

▶国土交通省の耐震化に関する詳しい基準はこちら

補助金・助成金を活用した見積もりメリットや注意点

補助金・助成金を活用した見積もりメリットや注意点

高齢者住宅改修費用助成制度で外構工事を行う

高齢者住宅改修費用助成制度を利用する手続きから契約は以下の通りです。

  • STEP1

    申請

    要介護認定の申請を市区町村で行う

  • STEP2

    業者を選ぶ

    ケアマネージャー等に相談して業者を選ぶ

  • STEP3

    業者との打ち合わせ

    業者との打ち合わせにケアマネージャーを同席させる

  • STEP3

    見積書

    業者から見積書を受け取り確認する

  • STEP3

    契約

    問題がなければ業者と契する。

工事前に市区町村で事前申請を行い事前申請審査を経て工事着工されます。業者に工事費用を支払い(償還払いまたは受領委任払い)工事完了後に市区町村へ事後申請し問題がなければ住宅改修費用が支給されます。

工事費用の支払い方法として「償還払い」と「受領委任払い」が選べます。

住宅省エネ2023キャンペーン

住宅省エネ2023キャンペーンを利用する補助申請の手続きは以下の通りです。

  • STEP1

    事前調査

    どのような省エネルギー措置が必要かを専門家と共に調査

  • STEP2

    見積もりと申請

    選定した業者から見積もりを取り、それを基に補助金の申請を行う

  • STEP3

    審査

    提出された申請書類と見積もりが審査される

  • STEP3

    工事の実施

    補助金が認められた場合、工事を実施

  • STEP3

    工事完了後

    必要な書類を提出して補助金が支給される

各地域や自治体でも独自の補助が行われている場合があるため、詳細は各地の自治体や関連機関のウェブサイト、窓口で確認しましょう。

耐震化に関する支援制度

耐震補強の補助金申請の流れです。

  • STEP1

    事前調査

    行政による耐震診断

  • STEP2

    計画書作成

    補強計画の設計書・計画書作成

  • STEP3

    申請

    事前審査と補助金申請

  • STEP3

    契約

    交付決定と工事契約

  • STEP3

    支払い

    工事完了後、代金支払い

  • STEP3

    審査

    完了報告と耐震審査

  • STEP3

    受領

    補助金の受領

耐震化に関する支援制度には条件があり、計画書の丁寧な作成が重要になります。補助金制度は自治体によって変わるので事前に確認が必要です。

補助金・助成金を使うメリット

補助金や助成金を活用することで、工事費用を軽減できます。予算内でより高品質な工事ができる可能性があり、より豊かな選択肢が広がります。

補助金・助成金の注意点

申請時期の確認

補助金や助成金を活用する際には、申請時期や条件を確認する必要があります。

自治体によっては、業者と契約する前に申請が必要な場合もあり、工事期間に制限がある場合もあるため事前に確認が必要です。

補助金・助成金の予算と件数枠の確認

補助金には年度ごとや申請件数の上限が設定されている場合があるため確認が必要です。

住んでいる地域により違いがありますが、人気のある補助金はすぐに上限に達することがあるため、予算と件数枠も事前に確認しましょう。

外構工事は一括見積もりがおすすめ

外構工事は一括見積もりがおすすめ

理想の外構工事を実現するためにも、予算を超えない見積もりが重要なポイントとなります。しかし、どのように見積もりを立てるかは、どの様な外構工事業者に依頼すればよいか多くの疑問があります。

外構工事業者を選ぶ際には一括見積りを利用すると良いでしょう。忙しく時間がない方でも憧れの外構工事が担当できる業者を3分間で一括見積りできるのは時短に繋がりおすすめです。

理想の外構工事を実現するために、ぜひこの記事を参考にしてください。

  • 【PR】タウンライフ
  • タウンライフなら初めての外構工事も安心!

    タウンライフ

    初めて外構工事をするなら、完全無料のタウンライフ一括見積もりがおすすめです。優良外構業者650社から比較ができるので、外構工事の最新相場がわかります。

参考資料

参考サイト URL
住まいるダイヤル(国土交通大臣指定) https://www.chord.or.jp/index.html
国民生活センター https://www.kokusen.go.jp/soudan_now/data/coolingoff.html
特定商取引法ガイド https://www.no-trouble.caa.go.jp/

初めての外構工事でおすすめの記事

編集部が選ぶおすすめ記事
ガーデンプラスの口コミ・評判は?ガーデンプラス評判 外構工事は一括見積もりがおすすめ|見積もりサイトの比較や外構工事業者の選び方を解説 外構の見積もりの取り方
タウンライフ外構の口コミ・評判は?タウンライフ評判 外構工事の費用相場は?おしゃれで安くリフォームするコツ外構工事の費用相場
手入れのいらない庭をDIYするコツ!手入れ不要の庭DIY 外構がしょぼい3つの理由|失敗事例と対策外構がしょぼい理由
外構工事ローンアイキャッチ外構工事で使えるローン 自分でもできる外構DIYおすすめ7選!外構DIYおすすめ7選
カーポートの値段相場と設置費用3カーポート値段相場 ウッドデッキの費用相場は?3ウッドデッキ費用相場
目隠しフェンスの費用を解説!3目隠しフェンス費用相場 外構工事駐車場アイキャッチおしゃれな駐車場

地域別おすすめ外構業者

北海道・東北エリア

北海道
札幌市 千歳市 江別市
旭川市 函館市 北広島市
苫小牧市 北見市 帯広市
恵庭市
青森県
青森市 八戸市 弘前市
三沢市
秋田県
秋田市 横手市
岩手県
盛岡市 奥州市 北上市
山形県
山形市 鶴岡市 酒田市
福島県
郡山市 いわき市 福島市
白河市 須賀川市 会津若松市
宮城県
仙台市 大崎市 石巻市
名取市 登米市

関東エリア

東京都
世田谷区 杉並区 練馬区
あきる野市 八王子市 町田市
日野市 足立区 府中市
江戸川区 大田区 中央区
小金井市 青梅市 葛飾区
三鷹市 多摩市 調布市
稲城市 小平市 立川市
板橋区 西東京市 墨田区
東村山市 国立市 清瀬市
狛江市 品川区 北区
東大和市 豊島区 国分寺市
文京区 目黒区 江東区
中野区 荒川区
神奈川県
横浜市 相模原市 藤沢市
厚木市 横須賀市 武蔵野市
平塚市 川崎市 大和市
秦野市 小田原市 鎌倉市
伊勢原市 綾瀬市 海老名市
座間市
埼玉県
加須市 深谷市 鴻巣市
草加市 上尾市 越谷市
幸手市 川口市 桶川市
三郷市 さいたま市 熊谷市
久喜市 川越市 狭山市
入間市 新座市 所沢市
行田市 羽生市 蓮田市
富士見市 八潮市 春日部市
本庄市 日高市 飯能市
戸田市 朝霞市 ふじみ野市
和光市 北本市 吉川市
東松山市
千葉県
千葉市 柏市 市原市
野田市 松戸市 流山市
八千代市 佐倉市 船橋市
市川市 茂原市 成田市
我孫子市 印西市 習志野市
浦安市 木更津市 匝瑳市
富里市 白井市 旭市
栃木県
宇都宮市 佐野市 那須塩原市
小山市 栃木市 足利市
鹿沼市 真岡市 大田原市
下野市 日光市
群馬県
太田市 伊勢崎市 前橋市
高崎市 桐生市 渋川市
藤岡市
茨城県
水戸市 古河市 土浦市
つくば市 日立市 牛久市
鹿嶋市 神栖市 石岡市
笠間市 守谷市 取手市
ひたちなか市 那珂市 結城市
筑西市 小美玉市

中部エリア

新潟県
長岡市 新潟市 上越市
燕市 三条市 新発田市
村上市 柏崎市
長野県
長野市 松本市 上田市
飯田市 佐久市 伊那市
安曇野市 塩尻市 茅野市
石川県
金沢市
富山県
富山市
岐阜県
岐阜市 可児市 大垣市
関市
静岡県
富士市 浜松市 静岡市
藤枝市 磐田市
愛知県
岡崎市 安城市 豊田市
春日井市 一宮市 西尾市
瀬戸市 名古屋市 豊橋市
東海市 江南市 あま市
稲沢市 小牧市 豊川市
三重県
津市 鈴鹿市 伊勢市
松阪市 伊賀市 名張市
桑名市

近畿エリア

大阪府
大阪市 高槻市 岸和田市
堺市 和泉市 箕面市
豊中市 枚方市 八尾市
吹田市 宝塚市 三木市
京都府
京都市
奈良県
奈良市
和歌山県
和歌山市
兵庫県
姫路市 明石市 神戸市
高砂市 西宮市 川西市
三田市
鳥取県
鳥取市 米子市

中国・四国エリア

広島県
広島市 福山市 府中市
東広島市
岡山県
岡山市 倉敷市
山口県
山口市 周南市 宇部市
防府市 岩国市 下関市
島根県
松江市 出雲市
香川県
高松市
愛媛県
松山市 今治市 西条市
高知県
高知市

九州エリア

福岡県
福岡市 北九州市 久留米市
飯塚市 宗像市 春日市
長崎県
長崎市 大村市
大分県
大分市
宮崎県
宮崎市 登米市
熊本県
熊本市 八代市
鹿児島県
霧島市 鹿屋市 鹿児島市
沖縄県
沖縄市