外構工事・エクステリア向けの情報満載

新築でカーポートはいらなかった?後悔しないための3つのポイント

新築でカーポートはいらなかった?

「新築でカーポートはいらなかった?」

「カーポートを設置すると後悔するの?」

カーポートは、紫外線や雨から車を守ってくれるため、新築を建てる際に一緒に設置したいと考える人が多いです。しかし、カーポートを設置したあとに、実際はいらなかった、後悔したという人も多いのではないでしょうか。

そこで当記事では、カーポートの設置で後悔しない方法を紹介しています。

カーポートが必要な家庭の特徴や、メリット・デメリットも掲載しているので、カーポートの設置を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

この記事の結論

  • カーポート込みで建築計画を立てる
  • なるべく広めのカーポートを選ぶ
  • 相見積もりを行い比較検討する

  • 【PR】タウンライフ
  • 新築でカーポートを設置するならタウンライフ

    新築外構

    タウンライフとは?

    • 「プラン作成」「見積もり作成」「アイデア&アドバイス」を無料で提供
    • 11周年の安心と実績
    • 自社の厳しい審査をクリアした650社以上の企業が掲載

    新築でカーポートを設置したいなら、タウンライフを利用しましょう。施工箇所や予算を入力すると、おすすめの外構業者を複数紹介してくれます。

    見積もりからプランニングまですべて無料で利用できます。カーポートの設置で失敗したくない人は、見積もりを簡単に比較できるタウンライフを利用しましょう。

    利用満足度ナンバーワン! /

    タウンライフで無料一括見積もり
    (公式サイト)

新築でカーポートを設置するデメリット5選

カーポート設置で後悔する5つのデメリット

  1. 日当たりが悪くなる
  2. 掃除やメンテナンスが大変
  3. 車を汚れから完全に守れない
  4. 柱が車の乗降や駐車の邪魔になる
  5. 近隣トラブルの可能性あり

1.日当たりが悪くなる

日当たりが悪くなる

対策 ・日当たりを考慮して設計する
・透明な屋根材を選択する

カーポートを設置すると、日当たりが悪くなって後悔するケースがあります。カーポートは支柱に屋根が付いている商品が基本で、設置場所によっては屋根の影響で建物内や庭などに日陰ができてしまいます。

新築でカーポートを立てる場合は、住宅の日当たりが悪くならないように設計するのが重要です。屋根材を透明にして日当たりを確保する方法もありますが、それでもレースのカーテンと同じくらい日を遮断してしまいます。

2.掃除やメンテナンスが大変

掃除やメンテナンスが大変

カーポートの掃除に必要な道具
・2mほどの脚立
・デッキブラシ
・バケツ
・ぞうきん など

カーポートは掃除やメンテナンスが大変な外構・エクステリア商品です。カーポートで一番汚れやすい屋根を掃除するには、約2mほどの脚立に乗ってブラシでこする必要があります。

掃除のたびに高所作業が発生し危険が伴うため、高い場所での作業に慣れていない方は大変です。掃除を怠ると家の外観が悪くなる上、カーポートの雨樋にゴミが詰まり破損の原因にもなるため、定期的に掃除するのが大事です。

3.車を汚れから完全に守れない

車を汚れから完全に守れない

カーポートで守りにくい汚れ
砂ぼこり 黄砂 花粉

カーポートを設置しても、車を汚れから完全に守れません。カーポートは雨や雪、あられなど、上から降ってくるものに対しては強いですが、砂ぼこりや黄砂、花粉といった風に乗って横から運ばれてくる汚れには弱いです。

また、風に乗って付着した汚れが、雨で流されにくくなるため、放置すると汚れが目立ちます。春先など風の強い季節や、風の強い地域では、カーポートを取り付けて後悔するケースも少なくありません。

4.柱が車の乗降や駐車の邪魔になる

柱が車の乗降や駐車の邪魔になる

カーポートを設置すると、柱が車の乗り降りや駐車の邪魔になるケースがあります。カーポートの設置場所によっては、柱が影響して乗り降りや駐車がしにくくなるため、車を動かすたびにストレスが発生します。

また、車ピッタリのサイズでカーポートを設置すると、ミニバンなど大きいタイプの車が停められない可能性もあります。カーポートを設置する場合は、柱が邪魔にならないように大きいサイズを選択するのがおすすめです。

5.近隣トラブルの可能性あり

近隣トラブルの可能性あり

カーポートは隣の家と干渉しやすい場所に設置されるため、近隣トラブルが発生する可能性があります。例えば、カーポート伝いで相手の敷地内に雨水や雪が落ちてしまったり、日当たりを阻害したりする場合があります。

最悪、設置したカーポートを撤去しなければいけなくなるまで、近隣トラブルが大きく発展する可能性も考えられます。カーポートを設置する際は、近隣の住宅へどれだけ干渉するかも考慮しましょう。

カーポートを設置するならプロに相談!

カーポートを設置するなら、プロの外構業者に相談しましょう。プロなら近隣トラブルや日当たりの悪さなどのデメリットを回避して、後悔しない最適な施工プランを提案してくれます。

PRタウンライフカーポートを設置するならタウンライフ
「タウンライフ」なら
複数の工事業者に無料で
見積もりを依頼できます
タウンライフの特徴
  • 厳しい審査をクリアした650社以上の工事業者が掲載
  • 11周年の安心と実績
  • 簡単3分で見積もり依頼ができる

新築でカーポートを設置するメリット5選

カーポート設置による5つのメリット

  1. 車の劣化や汚れから守れる
  2. 雨でも濡れずに乗り降りできる
  3. 雪や霜による被害を抑えられる
  4. 車内の温度が高くなりにくい
  5. 趣味や作業スペースにできる

1.車の劣化や汚れから守れる

車の劣化や汚れから守れる

カーポートを設置すれば、車の劣化や汚れから守れます。特に紫外線をカットできる点が優秀で、車の塗装やゴムの劣化を防いでくれます。また、鳥の糞や雨による水垢などの汚れからも車を保護できます。

車を劣化や汚れから守り、長持ちさせたい方は、カーポートの設置がおすすめです。

2.雨でも濡れずに乗り降りできる

雨でも濡れずに乗り降りできる

カーポートがあれば、車を乗り降りする際に雨に濡れる心配がありません。例えば、雨天時に大きな買い物をした際や、チャイルドシートを取り付ける際に傘をささずに済む点は非常に便利です。

また、玄関とカーポートを直結させれば、乗り降りだけでなく車までの移動でも雨に濡れないため、雨天時も活動しやすくなります。

3.雪や霜による被害を抑えられる

雪や霜による被害を抑えられる

カーポートを設置すれば、冬場に発生する雪や霜などの被害を抑えられます。特に雪が降ったあと、車の足元まで雪が積もりにくくなるため、雪かきをする範囲が狭まります。

また、カーポートは、冬場の寒い朝に霜よけとしても機能するため、窓ガラスにお湯をかけて霜を落とす作業がいりません。降雪が多い寒い地域で車を使う場合、カーポートはほぼ必須の外構・エクステリア商品です。

4.車内の温度が高くなりにくい

車内の温度が高くなりにくい

カーポートを設置すれば、日光から車を守れるため、車内の温度が高くなりにくいです。屋根の素材を熱線に強い材質のものにすれば、真夏でも車内温度を適温に保つこともできます。

夏場の炎天下に車がさらされると、車内温度は70度を超えることもあり、乗車しただけで熱中症や火傷などの危険性があります。夏場に車内の温度上昇が気になる方は、カーポートの設置を検討してみましょう。

5.趣味や作業スペースにできる

趣味や作業スペースにできる

カーポートでできることの例
BBQ 遊び場 洗濯物干し
食材の陰干し 犬小屋 物置
日曜大工 DIY 機械いじり

カーポートがあれば、趣味や作業スペースとして活用できます。例えば、暑い時期にはカーポートの日陰を利用して、快適なBBQ会場やお子さんの遊び場などの趣味に使えます。

また、日曜大工や機械いじりなどの作業スペースとして使える点も嬉しいポイントです。

カーポートを設置するなら、完全無料のタウンライフで一括見積もりするのがおすすめです。優良外構業者650社から比較できるので、外構工事の最新相場がわかるうえ、最適な外構工事業者がみつかります。

新築カーポートで後悔しない3つのポイント

  1. カーポート込みで建築計画を立てる
  2. なるべく広めのカーポートを選ぶ
  3. 相見積もりを行い比較する

カーポート込みで建築計画を立てる

カーポート込みで建築計画を立てる

カーポートの建築計画で大事なポイント
日当たりを確保できているか
支柱込みで十分な駐車スペースはあるか
隣家に迷惑がかからない場所に設置できるか
台風や大雪を考慮した耐久性があるか
屋根の大きさを担保できているか

新築でカーポートを設置したい場合、最初からカーポート込みで建築計画を立てれば失敗しません。カーポートは強度を確保するため、柱を地面に埋め込む必要があります。

後付けでカーポートを設置すると、庭や駐車場に穴を開けるので、仮に駐車場でコンクリートを使っていた場合、ひび割れの危険性が考えられます。

カーポート込みで新築を建てれば、すでに設置してある外構を傷つけずに済むため、安全に取り付けられます。また、日当たりや隣家等も考慮して建てられるため、日当たりの悪さや近隣トラブルといったデメリットも避けられます。

なるべく広めのカーポートを選ぶ

なるべく広めのカーポートを選ぶ

カーポートを設置する場合、なるべく広めのカーポートを選ぶのが大事です。狭いカーポートを選択すると、柱が邪魔で駐車しにくい、乗り降りしにくい等のデメリットが生まれます。

また、車を買い替える際に、カーポートに収まるサイズの車しか購入できない点も大きなデメリットです。例えば、4人乗りの車ピッタリのカーポートだと、家族が増えて6~7人乗りの車に乗り換えたい場合でも選択できません。

広めのカーポートを選べば、駐車や乗り降りのストレスがなく、車のサイズに制限がつかないため快適です。

相見積もりを行い比較する

相見積もりを行い比較する

カーポートの費用相場 低価格 台風
積雪対応
高価格
1台 15万円~ 30万円~ 20万円~
2台 29万円~ 70万円~ 90万円~
3台 55万円~ 160万円~ 100万円~
4台 60万円~ 200万円~ 120万円~

カーポート設置で後悔したくないなら、相見積もりを行い複数のプランを比較するのが重要です。相見積もりを行うことで費用を下げることもできますし、他社との対応内容の違いやエクステリア商品の違いなども確認できます。

相見積もりをする際は、必ず3社程度行い、費用面やスタッフの対応を確認しましょう。特に費用面を確認し、おおよその相場を把握すれば、価格交渉も不可能ではありません。

▶カーポートの値段相場と設置費用はこちら

相見積もりサイトはタウンライフがおすすめ

相見積もりでの比較は「タウンライフ」を利用するのがおすすめです。タウンライフは優良企業650社以上から、約3分ほどで完了する簡単なフォーム入力のみで複数の業者に一括で見積もりを依頼できます。

一つ一つの業者に自分で依頼するよりも手間を省いて最適な選択ができるので、相見積もりをしたいならタウンライフを利用しましょう。

カーポートが必要な家庭の特徴

降雪が多い地域

降雪が多い地域

降雪が多い地域で車を使う場合、カーポートはほぼ必須の外構・エクステリアです。カーポートがあれば、出勤前の朝に雪かきの範囲を狭められる上、霜よけもできるため、時間に余裕が生まれます。

積雪でカーポートが倒壊すると不安に思う方は、通常の支柱より太くて丈夫なカーポートを選択しましょう。太い支柱のカーポートであれば、大震災や雪崩に飲まれるなどの災害が起きない限り、倒壊する可能性は低いです。

駐車スペースが広い

駐車スペースが広い

駐車スペースが広い場合、カーポートの設置がおすすめです。カーポートは紫外線や雨、雪から車を守る役割があり、車を長持ちさせられるため、広い駐車スペースを確保できるなら、なるべく設置した方が良い外構です。

また、カーポートで後悔する「日当たりが悪くなった」「支柱が邪魔で乗り降りしにくい」といったデメリットは、駐車スペースが狭いからこそ起こる事象です。広い駐車スペースがあれば、ほぼデメリットなく車を守れるため、カーポートはおすすめです。

カーポートがいらない家庭の特徴

台風が多い地域

台風が多い地域

台風が多い地域では、カーポートが不要な場合が多いです。カーポートは強風を受けると、屋根が飛んだり、大きく揺れたりし、最悪、車や住宅、歩行者を傷つける危険性があります。

台風が多い地域でどうしてもカーポートがほしいという方は、風への耐久性が高い商品を選びましょう。ただし、風に強いカーポートでも、風の被害で壊れる可能性はあるので、サポート柱や屋根材ホルダーで補強しましょう。

駐車スペースが狭い

駐車スペースが狭い

駐車スペースが狭いなら、カーポートの設置は不要です。狭い駐車スペースにカーポートを無理やり設置すると、支柱が邪魔で駐車しにくい、乗り降りしにくいといったデメリットが生まれます。

また、家全体の日当たりが悪くなったり、カーポートが隣の家に干渉し、最悪近隣トラブルに発展したりするケースもあります。駐車スペースが狭い場合、カーポートはデメリットが多いため不要です。

カーポート設置に関するよくある質問

カーポートの固定資産税はいくら?

カーポートの設置で固定資産税はかかりません。建築物で固定資産税がかかる条件は、屋根+3方向に壁のある建物です。通常のカーポートであれば、3方向に壁は設置しないため、固定資産税は発生しないです。

カーポートの支柱は何本がおすすめ?

カーポートの支柱は、4本がおすすめです。通常は4本の支柱でカーポートをささえ、強風時にはサポート柱で補強すると長持ちします。見た目重視で支柱2本のカーポートを選択すると、耐久面に欠ける場合があります。

ソーラーカーポートは後悔するって本当?

ソーラーカーポートは、設置条件によって後悔する可能性があります。特に日当たりに大きく左右され、日当たりが悪いと想像以上に節電効果に期待できない場合があります。また、通常のカーポートより、雨漏りの可能性が高い点も不安要素の1つです。

カーポートの下にはコンクリートが必要?

カーポートの下にはコンクリートが必要ではなく、アスファルトや砂利、芝生でも設置可能です。ただし、見栄えや耐久面、掃除のしやすさを考慮すると、コンクリートが最もおすすめです。

カーポートの撤去費用の相場は?

カーポートの撤去費用の相場は、廃棄込みで考えると1台用で3~4万円ほどかかります。また、カーポートの大きさが変化すると、2台用で4~6万円、3台用で6~8万円ほど必要です。さらに、基礎も撤去する場合は、支柱1本につき約1万円ほど加算されます。

ホームセンターのカーポートが安い理由は?

ホームセンターのカーポートは、自社オリジナルの商品を取り扱っているため、安い場合があります。オリジナル商品の場合、メーカー商品と比較すると、耐久が低め、色の選択不可などのデメリットがある分、費用を抑えられます。

まとめ:新築カーポートの設置はプロと相談して決める

この記事のまとめ

  • カーポート込みで建築計画を立てる
  • なるべく広めのカーポートを選ぶ
  • 相見積もりを行い比較検討する

新築カーポートの設置は、プロと相談して決めましょう。プロに相談すれば、最適な建築計画を一緒に考えてくれるため、カーポートの設置で発生する日当たりの悪さや、車の乗り降りのしにくさ、近隣トラブルなどのデメリットを避けられます。

また、プロの業者を探す際は、相見積もりを行い比較するのが大事です。複数の業者に見積もりを依頼すれば、費用を下げられるうえ、相性の良い業者や好みの商品を見つけられます。

相見積もりをするならタウンライフがおすすめ!

新築外構

相見積もりをするなら、完全無料のタウンライフで一括見積もりするのがおすすめです。優良外構業者650社から比較できるので、外構工事の最新相場がわかるうえ、最適な外構工事業者がみつかります。

参考資料

参考サイト URL
住まいるダイヤル(国土交通大臣指定) https://www.chord.or.jp/index.html
国民生活センター https://www.kokusen.go.jp/soudan_now/data/coolingoff.html
特定商取引法ガイド https://www.no-trouble.caa.go.jp/

初めての外構工事でおすすめの記事

編集部が選ぶおすすめ記事
ガーデンプラスの口コミ・評判は?ガーデンプラス評判 外構工事は一括見積もりがおすすめ|見積もりサイトの比較や外構工事業者の選び方を解説 外構の見積もりの取り方
タウンライフ外構の口コミ・評判は?タウンライフ評判 外構工事の費用相場は?おしゃれで安くリフォームするコツ外構工事の費用相場
手入れのいらない庭をDIYするコツ!手入れ不要の庭DIY 外構がしょぼい3つの理由|失敗事例と対策外構がしょぼい理由
外構工事ローンアイキャッチ外構工事で使えるローン 自分でもできる外構DIYおすすめ7選!外構DIYおすすめ7選
カーポートの値段相場と設置費用3カーポート値段相場 ウッドデッキの費用相場は?3ウッドデッキ費用相場
目隠しフェンスの費用を解説!3目隠しフェンス費用相場 外構工事駐車場アイキャッチおしゃれな駐車場

地域別おすすめ外構業者

北海道・東北エリア

北海道
札幌市 千歳市 江別市
旭川市 函館市 北広島市
苫小牧市 北見市 帯広市
恵庭市
青森県
青森市 八戸市 弘前市
三沢市
秋田県
秋田市 横手市
岩手県
盛岡市 奥州市 北上市
山形県
山形市 鶴岡市 酒田市
福島県
郡山市 いわき市 福島市
白河市 須賀川市 会津若松市
宮城県
仙台市 大崎市 石巻市
名取市 登米市

関東エリア

東京都
世田谷区 杉並区 練馬区
あきる野市 八王子市 町田市
日野市 足立区 府中市
江戸川区 大田区 中央区
小金井市 青梅市 葛飾区
三鷹市 多摩市 調布市
稲城市 小平市 立川市
板橋区 西東京市 墨田区
東村山市 国立市 清瀬市
狛江市 品川区 北区
東大和市 豊島区 国分寺市
文京区 目黒区 江東区
中野区 荒川区
神奈川県
横浜市 相模原市 藤沢市
厚木市 横須賀市 武蔵野市
平塚市 川崎市 大和市
秦野市 小田原市 鎌倉市
伊勢原市 綾瀬市 海老名市
座間市
埼玉県
加須市 深谷市 鴻巣市
草加市 上尾市 越谷市
幸手市 川口市 桶川市
三郷市 さいたま市 熊谷市
久喜市 川越市 狭山市
入間市 新座市 所沢市
行田市 羽生市 蓮田市
富士見市 八潮市 春日部市
本庄市 日高市 飯能市
戸田市 朝霞市 ふじみ野市
和光市 北本市 吉川市
東松山市
千葉県
千葉市 柏市 市原市
野田市 松戸市 流山市
八千代市 佐倉市 船橋市
市川市 茂原市 成田市
我孫子市 印西市 習志野市
浦安市 木更津市 匝瑳市
富里市 白井市 旭市
栃木県
宇都宮市 佐野市 那須塩原市
小山市 栃木市 足利市
鹿沼市 真岡市 大田原市
下野市 日光市
群馬県
太田市 伊勢崎市 前橋市
高崎市 桐生市 渋川市
藤岡市
茨城県
水戸市 古河市 土浦市
つくば市 日立市 牛久市
鹿嶋市 神栖市 石岡市
笠間市 守谷市 取手市
ひたちなか市 那珂市 結城市
筑西市 小美玉市

中部エリア

新潟県
長岡市 新潟市 上越市
燕市 三条市 新発田市
村上市 柏崎市
長野県
長野市 松本市 上田市
飯田市 佐久市 伊那市
安曇野市 塩尻市 茅野市
石川県
金沢市
富山県
富山市
岐阜県
岐阜市 可児市 大垣市
関市
静岡県
富士市 浜松市 静岡市
藤枝市 磐田市
愛知県
岡崎市 安城市 豊田市
春日井市 一宮市 西尾市
瀬戸市 名古屋市 豊橋市
東海市 江南市 あま市
稲沢市 小牧市 豊川市
三重県
津市 鈴鹿市 伊勢市
松阪市 伊賀市 名張市
桑名市

近畿エリア

大阪府
大阪市 高槻市 岸和田市
堺市 和泉市 箕面市
豊中市 枚方市 八尾市
吹田市 宝塚市 三木市
京都府
京都市
奈良県
奈良市
和歌山県
和歌山市
兵庫県
姫路市 明石市 神戸市
高砂市 西宮市 川西市
三田市
鳥取県
鳥取市 米子市

中国・四国エリア

広島県
広島市 福山市 府中市
東広島市
岡山県
岡山市 倉敷市
山口県
山口市 周南市 宇部市
防府市 岩国市 下関市
島根県
松江市 出雲市
香川県
高松市
愛媛県
松山市 今治市 西条市
高知県
高知市

九州エリア

福岡県
福岡市 北九州市 久留米市
飯塚市 宗像市 春日市
長崎県
長崎市 大村市
大分県
大分市
宮崎県
宮崎市 登米市
熊本県
熊本市 八代市
鹿児島県
霧島市 鹿屋市 鹿児島市
沖縄県
沖縄市