【2024年】不動産クラウドファンディングおすすめ20選!サービスの比較や選び方を徹底解説!

2024年5月1日

クラウドファンディング おすすめ
本ページは広告が含まれており、本サイトは広告収入により運営がされています。なお、報酬の多寡により、ランキングや評価に影響を及ぼすことはありません。

この記事のポイント

  • 不動産クラウドファンディングには「高い配当利回りが期待できる」「不動産投資を少額から始められる」「不動産の運用管理の手間がかからない」などのメリットが存在する
  • 不動産クラウドファンディングサービスを選ぶ際は「取り扱う案件の想定利回りの高さ」「運営する会社の安全性・信頼性」を確認することがポイント
  • 上記を満たすおすすめの不動産投資企業・サービスは利回り不動産
  • 利回り不動産は想定利回りが約5〜10%程度(※1)と高い率を誇る物件を掲載した実績がある
  • 利回り不動産には過去の業務で培った豊富な知見とノウハウがある
  • 1万円(※2)という少額で不動産投資ができるため、初心者の人でも始めやすい

(※1,2 2024年1月時点 公式サイトに記載)


この記事のポイント

※不動産投資の知恵コラムの記事では、国土交通大臣及都道府県知事から宅地建物取引業の免許を受けた業者を紹介しています。 本記事は、株式会社コレックが製作・運営を行っています。広告費用や収益性の観点から紹介する不動産業者を決定・順序付けしていることはありません。本記事の内容や広告に関しての詳細は、コンテンツ制作ポリシー広告掲載ポリシーを参照ください。

不動産クラウドファンディングのおすすめサービス20選!

不動産クラウドファンディングサービスの診断チャート

上記の画像は、不動産クラウドファンディングサービスの特徴をそれぞれまとめたものです。

利回り不動産

利回り不動産

出典:利回り不動産

平均の想定利回り 最低投資金額 優先劣後出資の有無
約5〜10%程度(※) 1万円(※) あり
運営会社名 株式会社ワイズホールディングス
運営会社の設立年 2014年
運用期間中の換金 やむを得ない事由がある場合のみ可能
手数料 ・運用手数料
・入金・出金にかかる振込手数料
取得免許 ・宅地建物取引業 国土交通大臣(1)第9652号
不動産特定共同事業 東京都知事第143号

(※2024年1月時点 公式サイトに記載)


利回り不動産のレーダーチャート

利回り不動産とは

利回り不動産とは、株式会社ワイズホールディングスが運営を行う不動産クラウドファンディングサービスです。

1口1万円からの投資が可能で、まとまった資金がない人でも不動産投資を始めやすいサービスであると言えます。

おすすめの人

利回り不動産のメリットとおすすめの人

1.不動産の専門家が選んだ不動産に投資したい人
利回り不動産を運営する株式会社ワイズホールディングスには、ホテルや商業施設などの過去の不動産開発業務で培った豊富な知見とノウハウがあります。
豊富な実績をもとにした不動産投資に必要な情報を丁寧に提供してくれるため、納得しながら不動産投資を進めやすいでしょう。
2.元本毀損のリスクを抑えながら不動産投資を行いたい人
利回り不動産では、不動産投資のリスクを抑えるために優先劣後出資を採用し、投資家の元本毀損のリスクを抑えています。
また、不動産を運営する会社との満室保証の契約を結ぶことで、空室による賃料収入が減るリスクの低減を図っています。
リスクを抑えるだけでなく、リスクの内容や投資対象の不動産についての情報提供も行ってもらえるため、安心感を持って不動産投資を始めやすいでしょう。

プロパティプラス

プロパティプラス

出典:プロパティプラス

平均の想定利回り 最低投資金額 優先劣後出資の有無
約3.2~10%程度(※) 1万円(※) あり
運営会社名 株式会社リビングコーポレーション
運営会社の設立年 2015年
運用期間中の換金 以下いずれかの場合のみ認められる
・クーリングオフ期間中である
・やむを得ない事由が発生
手数料 ・口座開設や管理、投資にかかる手数料は無料
・利用中の金融機関からデポジット口座への振込手数料は有料
取得免許 ・宅地建物取引業免許 国土交通大臣(02)第008917号
不動産特定共同事業 東京都知事第150号

(※2024年1月時点 公式サイトに記載)

少額から不動産オーナーになれる!


プロパティプラスのレーダーチャート

プロパティプラス

プロパティプラスとは、株式会社リビングコーポレーションが運営する不動産クラウドファンディングサービスです。

不動産投資クラウドファンディングと聞くと、敷居が高く感じる方もいるかもしれません。しかしプロパティプラスは、スマホで簡単に10,000円(※)から始められるサービスです。

(※2024年1月時点 公式サイトに記載)

おすすめの人

プロパティプラスのメリットとおすすめの人

1.高い利回りに期待できる物件に投資したい人
プロパティプラスでは、高い想定利回りとなっている物件を掲載しています。例として、過去には10%の想定利回りがある物件で投融資を募っていました。
このような高い利回りに期待できる物件を複数掲載している実績があるため、一度確認してみるのがおすすめです。
また、このような魅力的な物件に1万円の少額から投資できる点も魅力と言えます。
2.運営母体の信頼性や高い入居実績を重視する人
プロパティプラスは、「分譲戸建住宅市場シェア」でNo.1(※1)の飯田グループが運営する、不動産投資クラウドファンディングサービスです。
年間約40,000戸以上(※2)の不動産を提供する東証一部上場企業が運営母体であるため、安心感を持って利用できるでしょう。
(※2024年1月時点 公式サイトに記載)
さらに開発には「10-4CUBE」と呼ばれる独自の特許工法を用いており、面積あたりの賃料収入をアップした結果、高い入居率を実現しています。
3.できるだけリスクを抑えて運用したい人
プロパティプラスは、利用者の未投資金を信託銀行に「分別管理」することで、財産保護を図っています。
また、運⽤物件の空室リスクを下げるための「マスターリース契約」があります。そのため、配当を減らさないよう賃料保証で運用したいという方にも使いやすいサービスとなっています。

少額から不動産オーナーになれる!


利回りくん

利回りくん

出典:利回りくん

平均の想定利回り 最低投資金額 優先劣後出資の有無
約2.5~7%程度(※) 1万円(※) あり
運営会社名 株式会社シーラ
運営会社の設立年 2010年
運用期間中の換金 死亡や破産時のみ可能
手数料 入金にかかる振込手数料
取得免許 ・宅地建物取引業 国土交通大臣(1)第9715号
・マンション管理業 国土交通大臣(2)第034026号
不動産特定共同事業許認可番号 東京都知事第155号
特定建設業 東京都知事 許可(特-3)第154266号

(※2024年1月時点 公式サイトに記載)

利回りくん公式サイトを見る

利回りくんのレーダーチャート

利回りくんの特徴

利回りくんのメリットとおすすめの人

上記の画像は、利回りくんのメリットとおすすめの人をまとめたものです。

1.不動産投資を通じて地域や社会へ貢献することを目的としている

利回りくんは、不動産投資を通じて運用収益を受け取りながら社会貢献を行うことを目的とした、不動産クラウドファンディングサービスです。

実際に空き家の再生や障がい者グループホームの開発など、社会課題に紐づいた案件があることから、投資をしながら社会貢献に寄与したい人におすすめのサービスであると言えます。

2.日本国内で多数の会員数を誇る

利回りくんは、日本国内の会員数で27万人以上(※)を誇る不動産クラウドファンディングサービスです。

(※2024年1月時点 公式サイトに記載)

それだけ数多くの人が利用しているサービスであるため、安心感を持って不動産投資を行いやすいと言えます。

利回りくん公式サイトを見る

大家.com(オオヤドットコム)

大家ドットコム

出典:大家.com

平均の想定利回り 最低投資金額 優先劣後出資の有無
約3.5~7%程度(※) 1万円(※) あり
運営会社名 株式会社グローベルス
運営会社の設立年 1996年
運用期間中の換金 運営会社の信用力低下が明らかな場合のみ可能
手数料 出金にかかる振込手数料
取得免許 ・宅地建物取引業免許 国土交通大臣(3)7845号
一級建築士事務所登録 東京都知事第62093号
特定建設業許可 東京都知事(特-2) 第135078号

(※2024年1月時点 公式サイトに記載)

月1万円から投資できる!


大家.comとは

大家.comとは、株式会社グローベルスが運営をしている不動産クラウドファンディングサービスです。

1口1万円から不動産投資が可能なため、気軽に不動産投資を始めやすいと言えます。

おすすめの人
1.安全性が高い不動産クラウドファンディングを利用したい人
大家.comは比較的安全性が高いサービスです
元本割れを起こしてしまうリスクが少ないため、初めて不動産投資を行う人でも安心感を持って利用しやすいサービスと言えます。
2.収益性が高い不動産に投資をしたい人
大家.comでは、運営する株式会社グローベルスが長年不動産業を営んで培ってきた知識や経験、ノウハウをもとに投資対象の不動産の選定を行っています。
不動産業の実績が豊富な会社に投資対象を見極めてもらえるため、収益性が期待できる不動産を選択しやすいでしょう。

月1万円から投資できる!


CREAL(クリアル)

クリアルパートナーズ

出典:クリアル

平均の想定利回り 最低投資金額 優先劣後出資の有無
約4.0~5.5%程度(※) 1万円(※) あり
運営会社名 クリアル株式会社
運営会社の設立年 2011年
運用期間中の換金 原則不可
手数料 入金・出金にかかる振込手数料
取得免許 宅地建物取引業 東京都知事(2)第100911号
不動産特定共同事業 第1号及び第2号事業者 東京都知事第112号
金融商品取引業(第二種金融商品取引業、投資助言・代理業) 関東財務局長(金商)第2898号

(※2024年1月時点 公式サイトに記載)

一部上場企業の運営で安心感持てる!


クリアルの特徴

1.累計の資金調達額が413億円(※)を突破しており、不動産投資の実績が豊富

クリアル(CREAL)では、累計の資金調達額が413億円を突破(※)しています。

他社と比較しても多くの資金を集められていることから、信頼性が高く不動産投資の実績も豊富であると言えるでしょう。

(※2024年1月時点 公式サイトに記載)

2.今までの償還実績において元本割れを起こしたことがない(※)

クリアルの不動産クラウドファンディングでは、今までの償還実績において元本割れを起こしたことがありません(※)。

安全性を重視して投資対象を選定していることがわかるため、初めての方でも安心感を持って利用しやすいでしょう。

(※2024年1月時点 公式サイトに記載)

一部上場企業の運営で安心感持てる!


COZUCHI(コヅチ)

COZUCHI

出典:COZUCHI

平均の想定利回り 最低投資金額 優先劣後出資の有無
約3~12%程度(※) 1万円(※) あり
運営会社名 LAETOLI株式会社
運営会社の設立年 1999年
運用期間中の換金 可能
手数料 途中換金時の事務手数料
取得免許 宅地建物取引業 東京都知事(5)77822号
不動産特定共同事業 第1号及び第2号事業者 東京都知事第60号
第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第740号

(※2024年1月時点 公式サイトに記載)

運用はプロに任せられる!


COZUCHIとは

COZUCHIとは、LAETOLI株式会社が運営する不動産クラウドファンディングサービスです。

インターネット調査の「不動産投資クラウドファンディング累計調達数」でNo.1(※)を獲得していることから、安心感を持って利用しやすいと言えます。

最小投資金額が1万円と、少額から不動産投資を始められる点も特徴の一つです。

(※調査概要:不動産投資クラウドファンディングサービスにおける市場調査(※2023年4月末時点) 調査提供:日本マーケティングリサーチ機構)

おすすめの人
1.配当利回りに上限がない!できるだけ高いリターンを享受したい人
COZUCHIの不動産クラウドファンディングでは、配当利回りに上限を設けていません。
そのため、配当利回りに上限を設けている一般的な不動産クラウドファンディングに比べ、高いリターンが期待できます。
また、投資対象物件の売却収益や家賃収入を細かく検討することで、年間3~12%程度(※)のリターンを実現しています。
(※2024年1月時点 公式サイトに記載)
2.いつでも換金可能!流動性を重視しながら不動産に投資したい人
COZUCHIの不動産クラウドファンディングでは、運用期間中であってもWeb上で申請することでいつでも現金化できます。
有事の際に出資金を現金化できるため、安心感を持って不動産投資を行いやすいです。
ただし、換金する際は手数料が発生するため注意しましょう。

運用はプロに任せられる!


TECROWD(テクラウド)

平均の想定利回り 最低投資金額 優先劣後出資の有無
9.5%以上(※) 10万円(※) あり
運営会社名 TECRA株式会社
運営会社の設立年 2001年
運用期間中の換金 不可
手数料 入金・出金にかかる振込手数料
取得免許 宅地建物取引業(4)26122号
不動産特定共同事業許可番号 神奈川県知事第12号
建設業許可(特-30)第74708号

(※2024年1月時点 公式サイトに記載)

TECROWD公式サイトを見る

TECROWDのレーダーチャート

TECROWDの特徴

1.海外の不動産も投資対象としている

TECROWDでは、国内の案件に加え、モンゴルやカザフスタンなど、海外の不動産を投資対象とした不動産クラウドファンディングの案件も取り扱っています。

そのため、海外の不動産に少額から投資を行いたい人におすすめのサービスと言えるでしょう。

2.運営会社の所属グループが国際的な格付け評価で高い格付けを取得している

TECROWDの運営しているTECRA株式会社は、国際的な格付け機関である「MFR Rating Committee」から「A-High」の格付けを取得しています。

この評価はアジア企業としてはめずらしく、モンゴルの企業では初めてであるため、信頼性の高いサービスであると言えます。

TECROWD公式サイトを見る

joint α(ジョイントアルファ)

平均の想定利回り 最低投資金額 優先劣後出資の有無
記載なし 10万円(※) あり
運営会社名 穴吹興産株式会社
運営会社の設立年 1964年
運用期間中の換金 原則不可
手数料 ・運用手数料
・入金にかかる振込手数料
取得免許 ・宅地建物取引業 国土交通大臣免許(10)第3300号
不動産特定共同事業 香川県知事第1号
第二種金融商品取引業者 四国財務局長登録(金商)第12号
特定建設業許可 香川県知事許可(特-1)第5547号
一級建築士事務所登録 香川県知事登録第1847号
一般不動産投資顧問業登録 国土交通大臣登録 一般第378号

(※2024年1月時点 公式サイトに記載)

joint α公式サイトを見る

joint αの特徴

1.運営会社が東証スタンダードに上場している

joint αを運営している穴吹興産株式会社は東証スタンダードに上場している上場企業です。

上場の厳しい審査を通過した企業が運営するサービスであることから、信頼性の高いサービスであると言えるでしょう。

2.少額から不動産への投資が可能

joint αでは、個人で不動産投資を行う場合に比べ、少額から不動産投資を行えます。

そのため、初めて不動産投資を行う人やまとまった資金がない人でも、リスクを抑えながら不動産投資を始めやすいです。

joint α公式サイトを見る

ASSECLI(アセクリ)

平均の想定利回り 最低投資金額 優先劣後出資の有無
約4~8%程度(※) 1万円(※) あり
運営会社名 株式会社エボルゾーン
運営会社の設立年 2011年
運用期間中の換金 やむを得ない事由がある場合のみ可能
手数料 入金にかかる振込手数料
取得免許 ・宅地建物取引業  国土交通大臣(2)第8397号
不動産特定共同事業 第1号及び第2号事業者 東京都知事第115号
第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3061号
不動産投資顧問業 国土交通大臣(一般)001212号
・賃貸住宅管理業者 国土交通大臣(1)第4504号
・マンション管理業者 国土交通省(1)第034401号
プライバシーマーク認定番号17002775(04)

(※2024年1月時点 公式サイトに記載)

ASSECLI公式サイトを見る

ASSECLIの特徴

1.創業から累計で1,000件以上(※)の不動産の取引実績がある

ASSECLIは、創業から累計で1,000件以上(※)の不動産の取引実績を誇ります。

今まで培ってきた不動産に関する経験や知識が豊富にあるため、安心感を持って不動産投資をおこないやすいサービスであると言えるでしょう。

(※2024年1月時点 公式サイトに記載)

2.優先劣後出資を採用しており、投資により得られた収益を優先的に分配してもらえる

ASSECLIでは優先劣後出資を採用しており、投資家の元本毀損のリスクを低減しています。

また、あらかじめ予定している分配率までは投資家への分配を優先するため、リスク負担だけでなく獲得した収益まで優先して教授しやすいです。

ASSECLI公式サイトを見る

Rimple(リンプル)

平均の想定利回り 最低投資金額 優先劣後出資の有無
記載なし 1万円(※) あり
運営会社名 プロパティエージェント株式会社
運営会社の設立年 2004年
運用期間中の換金 事業者の信用力低下が明らかになった場合のみ可能
手数料 入金にかかる振込手数料
取得免許 ・宅地建物取引業 東京都知事(4)第83227号
不動産特定共同事業 第1号及び第2号事業者 金融庁長官・国土交通大臣第90号
マンション管理業 国土交通大臣(3)第033619号

(※2024年1月時点 公式サイトに記載)

Rimple公式サイトを見る

Rimpleのレーダーチャート

Rimpleの特徴

1.独自の通貨制度を採用しており、他社サービスのポイントと連動が可能

Rimpleでは「リアルエステートコイン」というサービス内で使用できる独自の通貨制度を採用しており、他社サービスのポイントとの連動を可能としています。

例として「モッピー」や「ハピタス」などのポイントサイトで獲得したポイントを、不動産投資に利用することが可能です。

2.東証プライム上場企業が運営している

Rimpleを運営するプロパティエージェント株式会社は、東証プライムに上場している上場企業です。

財務状況や会社情報の公開が義務付けられていることから、運営会社の情報を収集しやすいサービスであると言えるでしょう。

Rimple公式サイトを見る

投活(トウカツ)

平均の想定利回り 最低投資金額 優先劣後出資の有無
約5〜7.5%程度(※) 1万円(※) あり
運営会社名 株式会社トラスト
運営会社の設立年 2012年
運用期間中の換金 不明
手数料 入金にかかる振込手数料
取得免許 宅地建物取引業 東京都知事(3)第94098号
・賃貸住宅管理業者 国土交通大臣(02)第000152号

(※2024年1月時点 公式サイトに記載)

投活公式サイトを見る

投活の特徴

1.匿名組合型と優先劣後システムを採用

投活は、できるだけ投資家のリスクを抑えた運用を掲げて、匿名組合型と優先劣後システムを採用しています。

この仕組みにより、不動産の管理や運営に伴う責任は原則として投活サービス事業者が負うことになります。また万が一損失が出た場合にも、全額毀損になるまでは投資家の元本は守ってもらもらえるケースが多いです。(※)

(※プロジェクトにより異なります)

2.小額から手軽に始められる

投活は、1口1万円という小額から始められる不動産クラウドファンディングサービスです。元手を多く準備できないという方でも、1万円から始めてみることができます。

また出資やリターンなどの取引は、すべてWEB上で完結します。そのため、やりとりの手軽さも人気の理由の1つとなっています。

投活公式サイトを見る

ONIGIRI Funding

平均の想定利回り 最低投資金額 優先劣後出資の有無
約5~8%程度(※) 1万円(※) あり
運営会社名 きらめき不動産株式会社
運営会社の設立年 2008年
運用期間中の換金 やむを得ない事由が存在する場合のみ
手数料 入金にかかる振込手数料
取得免許 ・宅地建物取引業 国土交通大臣(2)第8447号
・賃貸住宅管理業者 国土交通大臣(2)第002583号
一般不動産投資顧問業第1219号

(※2024年1月時点 公式サイトに記載)

ONIGIRI Funding公式サイトを見る

Rimpleの特徴

1.神奈川県を中心とした一都三県にある物件がメイン

ONIGIRI Fundingのファンド案件は、主に一都三県にある物件がメインとなっています。中でも運営会社の事務所が横浜にあることもあり、神奈川県の物件は豊富に揃っています。

中には高利回り案件も見られるので、不動産クラウドファンディングを通じて資産を増やしていきたい方にも向いています。

2.ファンド物件や周辺情報の量が多い

ONIGIRI Fundingは、ファンド物件や周辺情報の量が多いことが強みです。物件自体の情報を網羅しているのはもちろん、物件や最寄駅の周辺施設や自然環境、交通アクセスや住みやすさに関する情報も掲載されています。

多くの情報をもとにして投資先を検討できるので、納得感を持って運用しやすいでしょう。

ONIGIRI Funding公式サイトを見る

Ezファンド

平均の想定利回り 最低投資金額 優先劣後出資の有無
記載なし 1万円(※) あり
運営会社名 株式会社イー・トラスト
運営会社の設立年 2013年
運用期間中の換金 クーリング・オフ期間を経過した場合の中途解約は原則不可
手数料 入金にかかる振込手数料
取得免許 宅建業免許番号:大阪府知事(3)第54994号
⼩規模不動産特定共同事業:⼤阪府知事(1)第10号

(※2024年1月時点 公式サイトに記載)

Ezファンド公式サイトを見る

Ezファンドの特徴

1.「日商エステムグループ」が管理する物件を取り扱う

Ezファンドは、「日商エステムグループ」が管理している物件を取り扱っています。そのため、家賃相場や入居者情報など、豊富な情報をもとにして運用することが可能です。

大手グループだからこそ手に入る情報をうまく活用しながら、不動産クラウドファンディングに取り組むことが可能です。

2.利用者の元本や配当の安全性に配慮した仕組み

Ezファンドでは、利用者の元本や配当の安全性に配慮して「優先劣後システム」を導入しています。

この仕組みによって、空室や修繕費で家賃収入が少なくなった場合にも、劣後出資者(Ezファンド)の配当金から減らしていくことになります。

つまり、一定割合の損失が出るまでは利用者の配当金への影響はなく、利用者に寄り添ったサービスであると言えます。

Ezファンド公式サイトを見る

TSON FUNDING

TSON

出典:TSON

平均の想定利回り 最低投資金額 優先劣後出資の有無
約6.7%程度(※) 10万円(※) あり
運営会社名 株式会社TSON
運営会社の設立年 2008年
運用期間中の換金 クーリング・オフ期間を経過した場合の中途解約は原則不可
手数料 入金にかかる振込手数料
取得免許 ・宅地建物取引業 愛知県知事(3)第21490号
・建設業許可:愛知県知事免許(般-31)第107176号
不動産特定共同事業許可:愛知県知事第6号

(※2024年1月時点 公式サイトに記載)

TSON FUNDING公式サイトを見る

TSON FUNDINGの特徴

1.東証プロマーケット上場で創業以来赤字決算なし(※1)

TSON FUNDINGは、東証プロマーケット上場しています。「創業以来赤字決算なし」のため、経営が安定しているファンドであると言えます。

そのため、運営母体が安定している方が良いという方に向いています。また決算状況は半期に1度開示されるので、そちらで財務状況を確認できます。

2.151ファンド組成・総額約125億円運用(※)の実績がある

TSON FUNDINGは、これまで151ファンドを組成し、125億円を運用した実績を持っています。すべて想定利回り通りの配当で、元本割れしたことはありません(※2)。

なお、対象物件は新築戸建てまたは賃貸住宅です。このうち賃貸住宅は空室保証付きであり、利回りは5.0~5.7%程度です。実績重視で不動産クラウドファンディングサービスを選びたいという方は、検討してみると良いでしょう。

(※1,2 2024年1月時点 公式サイトに記載)

TSON FUNDING公式サイトを見る

72crowd

平均の想定利回り 最低投資金額 優先劣後出資の有無
記載なし 1万円(※) あり
運営会社名 株式会社インヴァランス
運営会社の設立年 2004年
運用期間中の換金 原則不可
手数料 ・取引時手数料
・振込手数料
取得免許 宅地建物取引業 国土交通大臣(1)第9837号
一級建築士事務所 東京都知事登録第59096号
マンション管理業 国土交通大臣<span(3)第033674号
賃貸住宅管理業 国土交通大臣(2)第002037号

(※2024年1月時点 公式サイトに記載)

72crowd公式サイトを見る

72crowdの特徴

1.上場企業のグループ会社が運営している

72crowdは、東証プライムに上場している大東建託グループの株式会社インヴァランスが運営しています。

社会的信頼性が高いと言えるため、安心感を持って利用しやすいと言えるでしょう。

2.立地の良い自社開発の人気ブランドを投資対象としている

72crowdでは、運営会社の株式会社インヴァランスが開発した、立地・デザインの良い人気マンションを案件として取り扱っています。

自社で開発した駅近のおしゃれな新築物件に投資する案件も存在するため、損失の発生を防ぎやすいでしょう。

72crowd公式サイトを見る

Onigiri Funding(おにぎりファンディング)

平均の想定利回り 最低投資金額 優先劣後出資の有無
約5~8%程度(※) 1万円(※) あり
運営会社名 きらめき不動産株式会社
運営会社の設立年 2008年
運用期間中の換金 やむを得ない事由が存在する場合のみ可能
手数料 ・振込手数料
取得免許 宅地建物取引業 国土交通大臣(2)第8447号
賃貸住宅管理業 国土交通大臣(2)第002583号
一般不動産投資顧問業 第1219号

(※2024年1月時点 公式サイトに記載)

Onigiri Funding公式サイトを見る

Onigiri Funding(おにぎりファンディング)の特徴

1.投資家サイドの元本欠損を最大限にリスクヘッジしている

Onigiri Fundingは投資家の元本毀損リスクを低減するために、さまざまな取り組みを行っています。

優先劣後出資を採用していることから、損失が発生した際は事業者側から損失を負担してもらうことが可能です。

2.投資金額が比較的低いため、初めての人でも始めやすい

Onigiri Fundingでは、1口1万円から投資することが可能です。

最低投資金額が低めに設定されているため、不動産投資が初めてで不安に感じている人でも始めやすいと言えます。

Onigiri Funding公式サイトを見る

ちょこっと不動産

平均の想定利回り 最低投資金額 優先劣後出資の有無
記載なし 1万円(※) あり
運営会社名 株式会社 良栄
運営会社の設立年 1991年
運用期間中の換金 やむを得ない事由が存在する場合のみ可能
手数料 ・譲渡事務手数料
・相続事務手数料
・出金手数料
取得免許 宅地建物取引業 国土交通大臣(1)第 9740 号
賃貸住宅管理業 国土交通大臣(02)第004885号
建設業 国土交通大臣(般-3)第28271号
一級建築士事務所 東京都知事登録第59835号
不動産特定共同事業 東京都知事第123号

(※2024年1月時点 公式サイトに記載)

ちょこっと不動産公式サイトを見る

ちょこっと不動産のレーダーチャート

ちょこっと不動産の特徴

1.不動産のプロに物件運用を任せられる

ちょこっと不動産では、不動産の運用は運営会社である「株式会社良栄」が行います。

1991年の設立から長年不動産に携わり、不動産に関する豊富な知見やノウハウを持っているため、安心感を持って投資を行いやすいです。

2.ネットからいつでも手続きが可能

ちょこっと不動産では、インターネットから24時間365日いつでも手続きを行えます。

日中は忙しくまとまった時間が取れない人でも、利用しやすいサービスであると言えるでしょう。

ちょこっと不動産公式サイトを見る

SOLS

平均の想定利回り 最低投資金額 優先劣後出資の有無
約2.5%程度(※) 5万円(※) あり
運営会社名 株式会社 不二興産
運営会社の設立年 2000年
運用期間中の換金 可能
手数料 入金にかかる振込手数料(GMOあおぞらネット銀行を使用する場合は無料)
取得免許 宅地建物取引業 国土交通大臣(2)第8892号
賃貸住宅管理業 国土交通大臣(1)第6323号
不動産特定共同事業許可 愛知県知事 第4号

(※2024年4月時点 公式サイトに記載)

SOLS公式サイトを見る

SOLSの特徴

1.好きなタイミングで資金の出し入れが可能

SOLは、自分が好きなタイミングで資金の出し入れが可能な不動産クラウドファンディングです。

土日を除いて、売却申請してから5営業日前後で出資金を返してもらうことができます。

自分のタイミングで資金の出し入れができ、ご自身の目的に合った資産運用がしやすいです

2.これまで20年以上の物件管理の実績がある

SOLは、これまで20年以上にも渡って不動産販売や管理をしてきた実績があります。その実績を元に物件を選定しているため、良質な不動産物件に絞って投資できます。

新しい不動産クラウドファンディングでは不安という方でも、安心感を持って始められる投資サービスと言えるでしょう。

SOLS公式サイトを見る

不動産BANK

平均の想定利回り 最低投資金額 優先劣後出資の有無
約6.0%程度(※) 1万円(※) あり
運営会社名 株式会社ファミリーコーポレーション
運営会社の設立年 2011年
運用期間中の換金 不明
手数料 入金にかかる振込手数料
取得免許 宅地建物取引業 国土交通大臣(2)第9316号
特定建設工事業 東京都知事 許可(特-5)第148926号
一級建築士事務所 都知事登録第63909号
不動産特定共同事業許可 東京都知事 第135号

(※2024年4月時点 公式サイトに記載)

不動産BANK公式サイトを見る

不動産BANKの特徴

1.首都圏にある中古一棟収益物件に絞っている

不動産BANKは、首都圏にある中古一棟収益物件をメインに取り扱っています。

今後、人口増加が見込まれる一都三県に絞って事業を展開していることで、堅調なビジネスを実現しています。

その結果、実際に年利6%(※)という高い利回りが期待できます。

※2024年4月時点 公式サイトに記載

2.わずか1万円から始められる不動産の商品

不動産BANKでは、1口1万円から少額投資できる不動産の商品です。

数ある物件の中から、条件が良い不動産物件の出資金を「分割・小口化」しており、1万円という手軽な金額から投資を開始できます。

そのため、自己資金が少ない方でも不動産投資を始めやすいです。

不動産BANK公式サイトを見る

T's Funding

平均の想定利回り 最低投資金額 優先劣後出資の有無
約4.5〜7.5%程度(※) 10万円(※) あり
運営会社名 タマキホーム株式会社
運営会社の設立年 1998年
運用期間中の換金 不明
手数料 入金にかかる振込手数料(GMOあおぞらネット銀行を使用する場合は無料)
相続にかかる事務手数料
取得免許 宅地建物取引業 国土交通大臣(1)009601号
マンション管理業 国土交通大臣 (4)第101615号
賃貸住宅管理業者 国土交通大臣 (02)第000722号
特定建設業許可 沖縄県知事許可(特-1)第13839号
不動産特定共同事業許可沖縄県知事第1号
住宅宿泊管理業者 国土交通大臣(02)第F00765号

(※2024年4月時点 公式サイトに記載)

T's Funding公式サイトを見る

T's Fundingの特徴

1.運営会社の歴史が長い

T's Fundingの運営会社はタマキホーム株式会社であり、設立は1998年となっています。

歴史が長い会社であるため、運営母体がしっかりしていると考えることができます。

長い間経営している会社に不動産投資を任せたいという方は、T's Fundingが向いています。

2.投資リスクが公式サイトに明記されている

T's Fundingの公式サイトには、各物件の不動産クラウドファンディングの投資リスクが明記されています。

価格変動リスクや流動性リスク、その他不動産に係るリスクについて書かれています。

そのため、投資家はリターンだけでなくリスクもしっかりと把握した上で、納得して投資に踏み切ることができます。

T's Funding公式サイトを見る

不動産クラウドファンディングのおすすめ買取業者ランキング

不動産クラウドファンディングを行ったことのある142人にアンケートを行い、7名以上が利用した業者を対象にランキング付けを行いました。

サービス名 1位 COZUCHI(コヅチ) 2位 プロパティプラス 2位 CREAL(クリアル) 4位 利回り不動産 5位 利回りくん
利用者数 9人 13人 9人 27人 24人
想定利回りの率の満足度 4.12 3.31 3.22 3.07 3.07
投資の始めやすさの満足度 3.89 3.69 4.11 3.52 3.54
投資対象の物件数に関する満足度 3.89 3.54 3.67 3.59 3.25
投資対象の運用機関の幅についての満足度 3.78 3.62 3.78 3.52 3.21
会社の安全性や信頼性についての満足度 3.78 3.77 3.44 3.59 3.42
会社のサポート体制についての満足度 3.56 3.77 3.44 3.30 3.25
総合点数 17点 12点 12点 9点 8点
平均の想定利回り(※1) 約3~12%程度 約3.2~10%程度 約4.0~5.5%程度 約5〜10%程度 約2.5~7%程度
運用期間中の換金の可否 可能 ・クーリングオフ期間中である
・やむを得ない事由が発生
原則不可 死亡や破産時のみ可能 やむを得ない事由がある場合のみ可能

※2024年1月時点 公式サイトに記載
*本ランキングは、アンケート調査基づいて作成されています

【儲からない?】不動産クラウドファンディングとは?元本割れの危険がある?

不動産クラウドファンディングとは、「不動産投資型クラウドファンディング」とも呼ばれ、複数の投資家から募った出資金で不動産投資を行う投資方式のことを指します。

不動産投資で得た家賃収入や売却利益は、出資した金額に応じて出資者に還元されます。

なお、案件によって投資の期間や投資対象の不動産の種類は異なり、通常の不動産投資に比べ少額から始められることが多いです。

ここからは、不動産クラウドファンディングの特徴について、以下の観点から解説していきます。

不動産クラウドファンディングの特徴

不動産投資型クラウドファンディングのメリット・デメリットを知ることで、自身に適した投資方式か判断しやすくなるでしょう。

不動産クラウドファンディングのおすすめサービスを見る

メリット

不動産クラウドファンディングのメリットとして、以下の内容が挙げられます。

それでは、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

不動産クラウドファンディングのおすすめサービスを見る

不動産投資を少額から始められる

不動産クラウドファンディングでは、複数の投資家から資金を募るため、少額から不動産投資を始められることが多いです。

実際に「COZUCHI」では、1万円(※)から不動産クラウドファンディングを始められます。

(※2024年1月時点 公式サイトに記載)

通常の不動産投資であれば数百〜数千万円の資金が必要になるケースが多いため、まとまった資金がない人でも不動産投資を始めやすいです。

また、1つの案件に少額から投資できるため分散投資を行いやすく、投資のリスクを低減しやすい点もメリットと言えるでしょう。

初めて不動産投資を行う人でも、安心感を持って始めやすいです。

不動産クラウドファンディングのおすすめサービスを見る

不動産の運用管理の手間がかからない

不動産クラウドファンディングのメリットとして、不動産の運用管理の手間がかからない点が挙げられます。

通常の不動産投資であれば、購入した物件の運用管理を自身で行うか、お金を払って業者に代行してもらう必要があります。

その点、不動産クラウドファンディングであれば、不動産の運営管理の手間や追加コストがかからないことが多いです。

不動産の運用管理は不動産のプロのスタッフが行うため、運用管理のトラブルも起きにくく、安心感を持って不動産投資を行いやすいと言えます。

個人では投資しにくい不動産に投資できる

不動産クラウドファンディングを利用することで、個人では投資しにくい不動産に投資することが可能です。

不動産クラウドファンディングでは複数の投資家から資金を集めるため、個人規模の自己資金では投資しにくい種類の不動産に投資できる場合があります。

個人では投資しにくい不動産の例としては、以下のような不動産が挙げられます。

個人では投資しにくい不動産の例

  • 病院
  • ホテル
  • 大型のマンション
  • 学校

不動産クラウドファンディングのおすすめサービスを見る

比較的高い利回りを享受しやすい

不動産クラウドファンディングを利用するメリットとして、比較的高い利回りを享受しやすいことが挙げられます。

不動産クラウドファンディングでは、想定利回りが個人向け国債や社債、銀行預金などと比べても高めに設定されていることが多いです。

実際に、本記事で紹介している「COZUCHI」では、年間3~12%程度(※)のリターンを実現しており、高いリターンが期待できます。

(※2024年1月時点 公式サイトに記載)

なお、想定利回りはあくまで予想される利回りであり、投資後のリターンを確約するものではないため、注意が必要です。

中には想定利回りが20%を越える案件も存在します。

デメリット・問題点

不動産クラウドファンディングのデメリットとして、以下の内容が挙げられます。

それでは、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

不動産クラウドファンディングのおすすめサービスを見る

元本割れをする可能性がある

不動産クラウドファンディングのデメリットとして、元本割れをする可能性がある点が挙げられます。

投資した不動産の価格が下がったり、空室により家賃収入が得られなかった場合には、投資金額の元本が割れてしまう恐れがあります。

また、出資法により事業者による元本の保証は禁止されているため、当然運用会社に補填してもらうこともできません。

ただし、不動産クラウドファンディングによっては「優先劣後出資」という事業者側から損失を負担する投資方式を採用していることがあります。

投資家の出資金を優先して守ってくれるため、リスクを抑えて不動産投資を行いやすいです。

元本毀損のリスクは不動産投資に限らず、ほかの投資対象でも発生し得るリスクであると言えます。

不動産クラウドファンディングのおすすめサービスを見る

超短期で大きなリターンは得にくい

不動産クラウドファンディングのデメリットとして、超短期で大きなリターンは得にくいことが挙げられます。

不動産クラウドファンディングは少額で始められる分、通常の不動産投資に比べ、当然リターンの額が小さくなることが多いです。

また、安定的かつ長期的に収益の獲得を目指すケースが多いため、株式や仮想通貨のように超短期で大きな収益を得ることが比較的難しいと言えます。

以上のことから、不動産クラウドファンディングは、超短期での儲けではなく中長期的な目線で収益を得たい人におすすめの投資方式です。

流動性が比較的低い

不動産クラウドファンディングのデメリットとして、流動性が比較的低いことが挙げられます。

不動産クラウドファンディングは、運用期間中に換金できないケースが多いです。

急に現金が必要になった場合でも現金化できないため、余剰資金で不動産投資を行う必要があります。

また、投資期間中に災害や社会情勢の変化が起きた場合には、案件から撤退できずに損失を被る可能性があるため注意が必要です。

長期間資金を拘束しておくことに抵抗を感じる人は、途中換金可能なサービスを利用するか、短期間の不動産クラウドファンディングに投資することをおすすめします。

本記事で紹介している「COZUCHI」であれば、手数料を支払うことで運用期間中であっても換金することが可能です。

不動産クラウドファンディングのおすすめサービスを見る

不動産クラウドファンディングがおすすめの人

不動産クラウドファンディングがおすすめの人

  • 少額から不動産投資を始めたい人
  • 物件の運用管理に手間をかけたくない人
  • 安全性を重視して不動産投資を行いたい人

不動産クラウドファンディングは、1口1万円から投資できる案件が比較的多いです。

そのため、通常の不動産投資に比べ必要な費用が少なくなることが多く、不動産投資の初心者でも始めやすいと言えます。

また、不動産の物件管理をする必要がないため、余計な手間や費用を抑えやすいです。

優先劣後方式を採用していることが多く、元本毀損のリスクを抑えやすいため、安心感を持って不動産投資を行いやすくなるでしょう。

不動産クラウドファンディングのおすすめサービスを見る

不動産クラウドファンディングの比較ポイント!失敗しないためにはここに注目!

不動産クラウドファンディングの比較ポイント
不動産クラウドファンディングを利用した方に対してアンケート調査を行い、選ぶ際に重視したポイントをランク付けしました。

重要視する比較ポイント 回答数 割合
1位 投資できる物件の多さ 68 28.10%
2位 最低投資金額の低さ 60 24.79%
3位 会社の信頼性・安全性 59 24.38%
4位 投資対象の運用期間の幅の広さ 38 15.70%
5位 会社のサポート体制の需実度 17 7.02%

*本ランキングは、アンケート調査基づいて作成されています

不動産クラウドファンディング利用者の多くは、「投資できる物件の多さ」や「最低投資金額の低さ」を重要視していることがわかります。

利用しやすさや選択肢の多さを重視する人が多いため、その点が重要な比較ポイントと言えるでしょう。

以下では不動産クラウドファンディングを行う上での比較ポイントを詳しく紹介していきます。

取り扱う案件の規模・数・種類

  • 比較ポイント
    ・取り扱う案件の規模・数・種類が豊富か
  • 理由
    ・取り扱う案件の規模や数、種類が多い方が自身に適した案件を見つけやすい
  • ここに注目!
    ・取り扱う案件の規模の幅が広いか
    ・取り扱う案件の数が多いか
    ・取り扱う案件の種類が豊富か

取り扱う案件の規模・数・種類を確認しましょう。取り扱う案件が多いほど、自身に適した案件や条件の良い投資先を見つけやすくなります。

また、条件の良い案件に人気が集中することもあるため、案件の更新頻度が高いサービスを利用することがおすすめです。

不動産クラウドファンディングのおすすめサービスを見る

不動産の運用期間

  • 比較ポイント
    ・幅広い運用期間の不動産を取り扱っているか
  • 理由
    ・案件によって投資期間が異なるため、自身の希望に応じた投資期間の不動産を選択する必要がある
  • ここに注目!
    ・不動産の運用期間の長さ
    ・運用期間の長さの違いによるメリット・デメリット

不動産の運用期間を確認しておきましょう。

案件によって投資期間に違いがあるため、自身の希望に適した投資期間の案件があるか確認する必要があります。

運用期間の長さによるメリット・デメリットを下表にまとめました。

投資期間の長さ メリット デメリット
長い 想定利回りが高くなることが多い 資金の拘束期間が長い
短い 資金の拘束期間が短い 投資期間の長い案件に比べ、想定利回りが低くなりやすい

それぞれのメリット・デメリットを踏まえた上で、自身に適したサービスを選択することをおすすめします。

優先劣後出資の割合

  • 比較ポイント
    ・優先劣後出資の割合がどのくらいか
  • 理由
    ・優先劣後出資における運営会社の出資割合が高いほど、安全性が高いと言える
  • ここに注目!
    ・運営会社の劣後出資の割合が高いか

優先劣後出資の有無とその割合を確認しておきましょう。

優先劣後出資とは、事業者の投資分を劣後投資、投資家の出資分を優先投資とし、劣後投資の金額を上限として事業者側から損失を負担する投資方式です。

そのため、優先劣後出資における運営会社の劣後出資の割合が高いほど、安全性が高いサービスであると言えます。

なお、運営会社の出資割合は5〜30%で設定されているケースが多いため、出資割合が30%に近ければ、比較的安全性の高いサービスであることがわかるでしょう。

不動産クラウドファンディングのおすすめサービスを見る

公開している不動産の情報量

  • 比較ポイント
    ・公開している不動産の情報量が多いか
  • 理由
    ・不動産の情報量が多いほど、安心感を持って投資先を選択しやすい
  • ここに注目!
    ・開示している情報量が他社と比べて多いか、少なくないか

公開している不動産の情報量を確認しておきましょう。

不動産の情報量が多いほど投資先の不動産の良し悪しを判断しやすくなるため、不動産選びに失敗するリスクを抑えやすくなります。

具体的には、不動産の場所や築年数を公開しているかなどを確認しておくことをおすすめします。

運営する会社の安全性・信頼性

  • 比較ポイント
    ・運営する会社の安全性・信頼性が高いか
  • 理由
    ・運営会社の安全性・信頼性が高いサービスほど、不動産投資の失敗のリスクを抑えやすい
  • ここに注目!
    ・不動産投資の実績
    ・資本金の額
    ・上場しているか
    ・財務の状況

運営する会社の安全性・信頼性が高いか確認しましょう。

運営する会社の安全性・信頼性が高い企業であれば、不動産投資による失敗や詐欺などのリスクを抑えられ、安心感を持って不動産投資を行いやすくなります。

また、不動産投資の実績の豊富さや資本金の金額、上場しているかなどの項目を調べることで、運営会社の安全性や信頼性を判断しやすくなるでしょう。

不動産クラウドファンディングのおすすめサービスを見る

不測の事態が起きた際のサポート体制

  • 比較ポイント
    ・不測の事態が起きた際のサポート体制があるか
  • 理由
    ・サポート体制が整っているサービスであれば、有事の際もスムーズに対応してもらえる可能性が高い
  • ここに注目!
    ・トラブル発生時の運営会社のサポート内容
    ・優先劣後出資に対応しているか

不測の事態が起きた際のサポート体制があるか確認しましょう。

サポート体制が充実したサービスであれば、損失が発生した場合にも丁寧な対応をしてもらえる可能性が高いです。

また、優先劣後出資を採用したサービスは、損失発生時の損失を運営会社側から負担するため、自身の損失を抑えやすくなります。

以上のことから、サポート体制の有無とその内容を事前によく確認して投資先を選択することをおすすめします。

収益獲得方法が自身に適しているか

  • 比較ポイント
    ・収益獲得方法が自身に適しているか
  • 理由
    ・ファンドによって目指している収益獲得方法が異なる
  • ここに注目!
    ・自身が気になるファンドの収益獲得方法

不動産クラウドファンディングの収益獲得方法が自身に適しているか確認しましょう。

不動産クラウドファンディングの収益獲得方法には「キャピタルゲイン型」と「インカムゲイン型」があります。

それぞれの特徴を下表にまとめました。

種類 概要・特徴
キャピタルゲイン型 不動産を売却したことによる利益を重視する方式
インカムゲイン型 不動産の家賃収入を重視する方式

なお、不動産クラウドファンディングの中には、キャピタルゲインとインカムゲインの両方を追い求めるファンドも存在します。

それぞれのメリット・デメリットを踏まえ、自身に適したものを選択しましょう。

不動産クラウドファンディングの比較表

利回りの良さで選ぶなら

サービス名 想定利回り(※)
COZUCHI 約3~12%
CREAL 約3~8%
TECROWD 平均8%以上

(※各社公式サイトに記載)

運用はプロに任せられる!


不動産クラウドファンディングを想定利回り良さから選びたい場合は「COZUCHI」の利用がおすすめです。

COZUCHIでは、想定利回りが約3~12%(※)と他社サービスと比較しても高めに設定されています。

(※公式サイトに記載)

また、配当利回りに上限を設けていないため、配当利回りに上限を設けている一般的な不動産クラウドファンディングに比べ、高いリターンが期待できるでしょう。

ただし、想定利回りはあくまで予想であり投資後のリターンを確約するものではないため、注意が必要です。

運用はプロに任せられる!


実績の豊富さで選ぶなら

サービス名 累計調達金額 元本毀損・配当遅延の回数 累計の組成ファンド数
CREAL 約413億円(※2024年1月時点) 0回(※2024年1月時点) 102件(※2024年1月時点)
COZUCHI 約600億円(※2024年1月時点) 0回(※2024年1月時点) 86件(※2023年12月時点)
TECROWD 約206億円(※2023年12月時点) 不明 不明

(※各社公式サイトに記載)

CREAL公式サイトを見る

不動産クラウドファンディングを不動産の運用・販売実績で選ぶなら「CREAL」の利用がおすすめです。

CREALは、他社サービスに比べ累計の調達金額や累計の組成ファンド数が多いため、不動産クラウドファンディングの実績が豊富であると言えます。

実績が豊富である分、不動産投資に関する知見やノウハウの蓄積量も多いと言えるため、安心感を持って利用しやすいです。

CREAL公式サイトを見る

最小投資金額で選ぶなら

サービス名 最小投資金額(※)
COZUCHI 1万円
大家.com 1万円
TECROWD 10万円

(※2024年1月時点 公式サイトに記載)

運用はプロに任せられる!


不動産クラウドファンディングを最小投資金額を重視して選びたいなら「COZUCHI」がおすすめです。

COZUCHIの最小投資金額は1万円(※)のため、少額から不動産投資を行いやすいです。また、購入時や運用にかかる手数料が無料なため、余計なコストを抑えて不動産投資を行えます。

(※公式サイトに記載)

COZUCHIであれば、気軽かつコストを抑えて不動産投資を始めやすいと言えるでしょう。

運用はプロに任せられる!


不動産クラウドファンディングを始める流れを紹介

不動産クラウドファンディングを始める流れを、COZUCHIを例に解説していきます。

COZUCHIで不動産クラウドファンディングを始める手順

  1. 公式サイトの会員登録ボタンから、電話番号とメールアドレスを入力する
  2. 電話番号宛に送られるショートメッセージから認証手続きをする
  3. 公式サイトの投資家ページから個人情報を入力する
  4. 本人確認書類や顔写真を撮影、認証登録をする
  5. 個別の投資家ページから気になるプロジェクト応募する

登録には本人確認書類が必要となるため、あらかじめ準備しておきましょう。

また、入力する自身の情報に誤りがないよう注意してください。

不動産クラウドファンディングのおすすめサービスを見る

不動産クラウドファンディングに関するFAQ

不動産クラウドファンディングの利回りはどのくらい?

不動産クラウドファンディングの利回りはサービスや案件により異なります。

例として、本記事で紹介しているCOZUCHIの場合、約3~12%程度(※)となることが多いです。

(※2024年1月時点 公式サイトに記載)

実際に、いくつかの不動産クラウドファンディングサービスの想定利回りを下表にまとめました。

サービス名 想定利回り(※)
COZUCHI 約3~12%
CREAL 約3~8%
TECROWD 平均9.5%以上

(※2024年1月時点 公式サイトに記載)

上記の内容はあくまで各社の大まかな想定利回りであり、実際の利回りは案件によって異なるため注意が必要です。

不動産クラウドファンディングのおすすめサービスを見る

不動産クラウドファンディングの運用期間はどのくらい?

不動産クラウドファンディングの運用期間は、3〜4カ月程度の短いものもあれば、2〜3年のような年単位の運用期間を設定しているものも存在します。

また、長いものでは10年近くの運用期間を設定している場合もあります。

それぞれの案件によって投資期間はさまざまであるため、各案件を確認した上で自身に適したものを選択することがおすすめです。

不動産クラウドファンディングはいくらから始められる?

不動産クラウドファンディングは、1口1万円から始められるケースが多いです。

例として、本記事で紹介しているプロパティプラスでは、不動産投資の案件に1口1万円(※)から投資できます。

(※2024年1月時点 公式サイトに記載)

サービスによって最低投資金額は異なるため、事前に確認しておきましょう。

REITと不動産クラウドファンディングは何が違う?

REITとは、投資家から集めた資金で不動産に投資し、得た収益を分配する不動産投資信託のことを指します。

REITは投資信託であるため、不動産クラウドファンディングに比べ流動性が高く現金化しやすいという特徴があります。

一方で、不動産クラウドファンディングは1万円から投資できるものが存在するのに対し、REITは最低投資金額が数十万円以上と設定されていることが多いです。

不動産クラウドファンディングのおすすめサービスを見る

ソーシャルレンディングと不動産クラウドファンディングは何が違う?

ソーシャルレンディングとは、クラウドファンディングの中の一種であり、投資家から集めた資金を資金需要のある個人や法人に貸付する投資方式です。

不動産クラウドファンディングの投資家へのリターンが不動産の家賃収益や売却益になるのに対し、ソーシャルレンディングは資金の借り手から支払われる利息が投資家へのリターンとなります。

不動産小口化商品と不動産クラウドファンディングは何が違う?

不動産小口化商品は不動産の共同所有者になることが多いのに対し、不動産投資クラウドファンディングでは自身が物件の所有者になることはありません。

不動産小口化商品は、不動産を小口に分割して販売し、購入した金額に応じて得られた利益を分配する投資形態のことを指します。

不動産投資クラウドファンディングは事業者を通して不動産に投資するため、不動産の所有者は事業者となることが多いです。

また、不動産クラウドファンディングの方がより少額から投資できるケースが多いと言えます。

不動産クラウドファンディングのおすすめサービスを見る

不動産クラウドファンディングの集客支援をしている会社がある?

不動産クラウドファンディングの事業者に対して、集客支援をしている会社があります。そのような会社の例として「株式会社吉和の森」が挙げられます。

吉和の森は、不動産クラウドファンディングやソーシャルレンディングの集客に強みを持っています。これまでの成功体験から、事業者ごとのあらゆるニーズに対して、実績をもとにしたアドバイスを行っています。

不動産クラウドファンディングの集客にお困りの事業者は、一度相談を検討してみると良いでしょう。

不動産クラウドファンディング利用者のアンケート調査結果

本アンケートについて

調査内容 不動産クラウドファンディング利用者のアンケート
調査方法 インターネットリサーチ
アンケート参加人数 142人
アンケート調査対象 不動産クラウドファンディングを利用した20代~60代の男女142名
調査日 2024年1月

回答者の属性

回答者の年齢

20代 30代 40代 50代 60代~
人数 24人 63人 41人 13人 1人

回答者の性別

男性 女性
人数 91人 51人

アンケート結果

買取業者別利用者数

利用者数
プロパティプラス 13人
利回りくん 24人
利回り不動産 27人
大家.com(オオヤドットコム) 24人
CREAL(クリアル) 9人
COZUCHI(コヅチ) 9人
TECROWD(テクラウド) 2人
joint α(ジョイントアルファ) 0人
ASSECLI(アセクリ) 3人
Rimple(リンプル) 2人
投活(トウカツ) 4人
ONIGIRI Funding 0人
Ezファンド 4人
TSON FUNDING 0人
72crowd 1人
Onigiri Funding(おにぎりファンディング) 1人
ちょこっと不動産 9人
その他 10人

想定利回りの率の満足度

大変満足(5点) やや満足(4点) 普通(3点) やや不満(2点) 大変不満(1点) 平均点数
プロパティプラス 3 4 6 0 0 3.77
利回りくん 2 12 8 1 1 3.54
利回り不動産 1 19 6 1 0 3.74
大家.com(オオヤドットコム) 1 9 13 1 0 3.42
CREAL(クリアル) 0 6 3 0 0 3.67
COZUCHI(コヅチ) 1 7 1 0 0 4.00
TECROWD(テクラウド) 0 2 0 0 0 4.00
joint α(ジョイントアルファ) 0 0 0 0 0 -
Rimple(リンプル) 1 0 1 0 0 4.00
投活(トウカツ) 0 2 2 0 0 3.50
ONIGIRI Funding 0 0 0 0 0 -
Ezファンド 0 2 2 0 0 3.67
TSON FUNDING 0 0 0 0 0 -
72crowd 0 1 0 0 0 4.00
Onigiri Funding(おにぎりファンディング) 0 0 1 0 0 3.00
ちょこっと不動産 0 1 7 1 0 3.00
その他 1 1 7 1 0 3.20

投資の始めやすさの満足度

大変満足(5点) やや満足(4点) 普通(3点) やや不満(2点) 大変不満(1点) 平均点数
プロパティプラス 3 4 5 1 0 3.69
利回りくん 2 12 8 1 1 3.54
利回り不動産 0 16 9 2 0 3.52
大家.com(オオヤドットコム) 0 11 12 1 0 3.42
CREAL(クリアル) 2 6 1 0 0 4.11
COZUCHI(コヅチ) 2 5 1 1 0 3.89
TECROWD(テクラウド) 0 0 2 0 0 3.00
joint α(ジョイントアルファ) 0 0 0 0 0 -
ASSECLI(アセクリ) 0 2 1 0 0 3.67
Rimple(リンプル) 0 1 0 1 0 3.00
投活(トウカツ) 0 2 1 1 0 3.25
ONIGIRI Funding 0 0 0 0 0 -
Ezファンド 0 2 1 1 0 3.25
TSON FUNDING 0 0 0 0 0 -
72crowd 0 0 1 0 0 3.00
Onigiri Funding(おにぎりファンディング) 0 1 0 0 0 4.00
ちょこっと不動産 0 2 7 0 0 3.22
その他 2 4 4 0 0 3.80

投資対象の物件数に関する満足度

大変満足(5点) やや満足(4点) 普通(3点) やや不満(2点) 大変不満(1点) 平均点数
プロパティプラス 2 3 8 0 0 3.54
利回りくん 0 10 11 2 1 3.25
利回り不動産 1 16 8 2 0 3.59
大家.com(オオヤドットコム) 2 9 10 3 0 3.42
CREAL(クリアル) 1 5 2 1 0 3.67
COZUCHI(コヅチ) 2 4 3 0 0 3.89
TECROWD(テクラウド) 1 0 1 0 0 4.00
joint α(ジョイントアルファ) 0 0 0 0 0 -
ASSECLI(アセクリ) 0 0 3 0 0 3.00
Rimple(リンプル) 1 0 1 0 0 4.00
投活(トウカツ) 0 2 2 0 0 3.50
ONIGIRI Funding 0 0 0 0 0 -
Ezファンド 0 2 2 0 0 3.50
TSON FUNDING 0 0 0 0 0 -
72crowd 0 0 1 0 0 3.00
Onigiri Funding(おにぎりファンディング) 0 0 1 0 0 3.00
ちょこっと不動産 1 1 7 0 0 3.33
その他 1 2 5 0 2 3.00

投資対象の運用機関の幅についての満足度

大変満足(5点) やや満足(4点) 普通(3点) やや不満(2点) 大変不満(1点) 平均点数
プロパティプラス 2 4 7 0 0 3.62
利回りくん 2 8 8 5 1 3.21
利回り不動産 3 11 10 3 0 3.52
大家.com(オオヤドットコム) 2 7 13 2 0 3.38
CREAL(クリアル) 2 3 4 0 0 3.78
COZUCHI(コヅチ) 2 3 4 0 0 3.78
TECROWD(テクラウド) 0 0 1 1 0 2.50
joint α(ジョイントアルファ) 0 0 0 0 0 -
ASSECLI(アセクリ) 0 1 2 0 0 3.33
Rimple(リンプル) 0 1 1 0 0 3.50
投活(トウカツ) 0 3 1 0 0 3.75
ONIGIRI Funding 0 0 0 0 0 -
Ezファンド 0 2 2 0 0 3.50
TSON FUNDING 0 0 0 0 0 -
72crowd 0 0 1 0 0 3.00
Onigiri Funding(おにぎりファンディング) 0 0 1 0 0 3.00
ちょこっと不動産 1 1 6 1 0 3.22
その他 2 1 6 1 0 3.40

会社の安全性や信頼性についての満足度

大変満足(5点) やや満足(4点) 普通(3点) やや不満(2点) 大変不満(1点) 平均点数
プロパティプラス 3 5 4 1 0 3.77
利回りくん 3 7 12 1 1 3.42
利回り不動産 1 16 8 2 0 3.59
大家.com(オオヤドットコム) 1 13 9 1 0 3.58
CREAL(クリアル) 0 6 2 0 1 3.44
COZUCHI(コヅチ) 1 5 3 0 0 3.78
TECROWD(テクラウド) 0 0 2 0 0 3.00
joint α(ジョイントアルファ) 0 0 0 0 0 -
ASSECLI(アセクリ) 0 1 1 1 0 3.00
Rimple(リンプル) 1 0 0 1 0 3.50
投活(トウカツ) 0 2 2 0 0 3.50
ONIGIRI Funding 0 0 0 0 0 -
Ezファンド 0 3 0 0 1 3.25
TSON FUNDING 0 0 0 0 0 -
72crowd 0 0 1 0 0 3.00
Onigiri Funding(おにぎりファンディング) 0 1 0 0 0 4.00
ちょこっと不動産 0 2 5 2 0 3.00
その他 1 2 6 0 0 3.10

会社のサポート体制についての満足度

大変満足(5点) やや満足(4点) 普通(3点) やや不満(2点) 大変不満(1点) 平均点数
プロパティプラス 2 6 5 0 0 3.77
利回りくん 0 10 11 2 1 3.25
利回り不動産 1 12 8 6 0 3.30
大家.com(オオヤドットコム) 2 9 11 2 0 3.46
CREAL(クリアル) 0 4 5 0 0 3.44
COZUCHI(コヅチ) 0 5 4 0 0 3.56
TECROWD(テクラウド) 0 0 2 0 0 3.00
joint α(ジョイントアルファ) 0 0 0 0 0 -
ASSECLI(アセクリ) 1 1 1 0 0 4.00
Rimple(リンプル) 0 1 0 1 0 3.00
投活(トウカツ) 0 2 2 0 0 3.50
ONIGIRI Funding 0 0 0 0 0 -
Ezファンド 0 1 2 1 0 3.00
TSON FUNDING 0 0 0 0 0 -
72crowd 0 0 1 0 0 3.00
Onigiri Funding(おにぎりファンディング) 0 1 0 0 0 4.00
ちょこっと不動産 0 2 7 0 0 3.22
その他 1 2 7 0 0 3.40

不動産クラウドファンディングで会社を選ぶときに重視したポイント(複数選択可)

総回答数 242
最低投資金額の低さ 60
投資できる物件の多さ 68
投資対象の運用期間の幅の広さ 38
会社の信頼性・安全性 59
会社のサポート体制の需実度 17

この記事の監修者

竹下 昌成

竹下 昌成

ファイナンシャルプランナー

詳しく見る ▼

プロフィール

竹下FP事務所
TAC専任講師。CFP宅建士賃金業務取扱主任者住宅ローンアドバイザースカラシップアドバイザー。理論だけでなく実体験や実例に基づいた相談を心がけ、幅広い知識でかしこく生きるためのサポートを実施。タマホームFPとして相談実績600件超。

保有資格

CFP,宅建士,賃金業務取扱主任者,住宅ローンアドバイザー,スカラシップアドバイザー

監修者の身元

https://fptakeshita.jimdofree.com/

専門ジャンル

不動産投資,住宅ローン

この記事を書いた人

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、現状のサービス内容については公式サイトをご確認ください。また、手続きの成約などを保証するものではありません。

※各サービスの情報表の内容は、公式サイトに記載の情報を参考にしています(記事執筆時点の情報です)