外構工事・エクステリア向けの情報満載

植栽で目隠しを作る方法!おすすめの庭木や生垣10選

植栽で目隠しを作る方法!

「目隠しを設置するなら植栽とフェンスどっち?」

「植栽で目隠しするメリットとデメリットを知りたい」

人通りの多い道に面した家は、プライバシーの観点からも目隠しが必要と感じるでしょう。フェンスと植栽のどちらを目隠しとして採用するか、それぞれのメリットとデメリットも気になりますよね。

この記事では、植栽とフェンスそれぞれの目隠しするメリットとデメリットの他、目隠しに適している植栽についてもご紹介していきます。道路からの目隠しで悩まれている方は、ぜひ参考にして下さい。

  • 【PR】タウンライフ
  • 初めて外構工事をするならタウンライフ

    タウンライフ特典

    タウンライフとは?

    • 「プラン作成」「見積もり作成」「アイデア&アドバイス」を無料で提供
    • 11周年の安心と実績
    • 自社の厳しい審査をクリアした650社以上の企業が掲載

    初めての外構工事で業者選びに迷っている方は、タウンライフを利用しましょう。施工箇所や予算を入力すると、おすすめの外構業者を複数紹介してくれます。

    見積もりからプランニングまですべて無料で利用できます。業者選びで失敗したくない人は、見積もりを簡単に比較できるタウンライフを利用しましょう。

    利用満足度ナンバーワン! /

    タウンライフで無料一括見積もり
    (公式サイト)

植栽で目隠しをする3つのメリット

植栽とフェンス目隠しするメリットとデメリット

風通しが良い

植栽は、目隠しとして機能する一方で、適度に空気が流れるので、風通しを良くする効果もあります。

適切に配置された植栽は、窓やドアからの新鮮な空気の流れを妨げずに、通気性を保ちます。これにより、家の中の空気が新鮮で快適に保たれます。

季節感とナチュラルな雰囲気

植栽によって、四季の変化を身近に感じられます。春の桜の花が咲き乱れる景色や、秋に紅葉が色づくモミジは、季節の移り変わりを視覚的に楽しませてくれます。

自然の植物を用いた植栽は、人工的な装飾や建材とは異なる、ナチュラルで柔らかな雰囲気を作り出します。緑が多い環境はストレスを軽減し、心の安らぎを提供します。

景観と環境への貢献

植栽は建物や周囲の環境を自然に溶け込ませ、統一感のある美しい景観を作り出します。花や紅葉を楽しむ樹木を植えると、季節の変わり目を感じられます。

植栽で目隠しをする2つのデメリット

植栽で目隠しをする2つのデメリット

手入れと管理が大変

植栽を目隠しとしての機能を持続させるためには、定期的なメンテナンスが必要です。植栽が成長すると、当初の目的である目隠しの効果が強すぎたり、意図しない方向に成長したりする可能性があります。

しかし、植栽によっては、メンテナンスが少なく、害虫に強い種類もあります。

害虫や病気のリスクがある

生垣に使用される樹木は、虫や病原菌の影響を受けやすいものがあり、これらが原因で樹木が衰弱したり、場合によっては枯死する可能性があります。

目隠しのための植栽を計画する際には、病虫害に強い樹木の選択、適切な管理と手入れ、そして害虫や病気への対策が必要となります。

植栽とフェンスはどちらが目隠しにおすすめ?

植栽とフェンスはどちらが目隠しにおすすめ?

フェンスのメリットはメンテナンスのしやすさ

樹脂製のフェンスは、メンテナンスのしやすさが大きな魅力です。樹脂製フェンスは、水洗いと拭き取りだけで汚れが簡単に落ちるため、時間と労力を節約できます。

フェンスのデメリットは殺風景

フェンスは植栽に比べ自然な温かみが無く、植物のように季節の変化を楽しめません。外壁や庭のイメージと合わせるとフェンスだけでは冷たい印象を与えます。

植栽とフェンスの良い点を組み合わせる

フェンスと植栽の良い点を組み合わせて、理想的な目隠しを実現できるかもしれません。例えば、既存の庭木を生かしつつ、プライベート感を高めるために一部にフェンスを設置するという方法があります。

植栽とフェンス、どちらが目隠しに適しているかは、個人のライフスタイル、目的、費用、そして好みによって大きく異なります。

目隠しに適した植栽について

目隠しに適した植栽について

葉が密に生える常緑樹

秋になっても落葉しないで、一年中緑色をしている樹木が常緑樹です。葉が密に生えるため、目隠し効果を高められます。季節の変化に大きく左右されないので、庭の景観を大きく変えず維持できるのが特徴です。

枝透かしを施した樹木

伸びすぎたり、込みすぎている枝を、適度に透かすことを枝透かしと言います。枝透かしを施した木は、風通しが良く、部分的な目隠しがよい場合に人気です。

四季を感じられる樹木

日本は四季がある美しい国です。そのため、お庭で四季を感じられる植栽を選ぶのは、とても魅力的な選択です。

特に目隠しにも適している樹木を植えると、プライバシーを保ちながら季節の移ろいを楽しめます。

目隠しにおすすめの植栽10選

目隠しにおすすめの植栽10選

ウバメガシ

ウバメガシ

樹高 15m
開花時期 4月〜5月
耐寒性 普通

ウバメガシは寒さに弱いので季節選びが重要です。土壌は有機物を混ぜて、水は土が乾燥する季節に与える。ウバメガシは剪定に強く、年に3回、5月、7月、9月に剪定するのが良いです。

シラカシ

シラカシ

樹高 20m
開花時期 4月〜5月
耐寒性 強い

シラカシは丈夫な樹木で、防風、防塵、防火の効果があり、家や敷地を守るために生垣や防風林として使われます。日陰での生長も可能で、どんぐりの木としても知られています。

アラカシ

アラカシ

樹高 20m
開花時期 4月〜5月頃にかけて
耐寒性 強い

アラカシは常緑広葉樹で、特に関西地方でよく生垣や和庭に使用されます。シラカシと比べて葉が大きく、葉脈が目立つ特性がありますが、葉は少なめで隙間が広いです。

伸びる力が強く、剪定を頻繁に行うと樹形が崩れやすいので、維持には注意が必要です。

ツバキ

ツバキ

樹高 5m〜15m
開花時期 11月〜翌4月
耐寒性 強い

ツバキは常緑の木で、生垣やシンボルツリー、目隠しとして適しています。生垣は敷地を区別し、潮風から庭を守る機能もあります。

キンモクセイ

キンモクセイ

樹高 4m〜6m
開花時期 9月〜10月
耐寒性 弱い

9~10月に美しいオレンジの花を咲かせ、芳香もあり、ジンチョウゲやクチナシと共に「三香木」とされています。多用途であり、特に初心者向きで育てやすい点が魅力です。

トキワマンサク

トキワマンサク

樹高 5m
開花時期 4月〜5月
耐寒性 普通

トキワマンサクは常緑の低木から中高木で、萌芽力が強く成型しやすいため多用途に使われます。特に生垣としてよく用いられます。花は細い花弁で美しく、ベニバナトキワマンサクはカラーリーフ植物としても人気です。

コノテガシワ

コノテガシワ

樹高 1m~10m
開花時期 3~4月・9~10月
耐寒性 強い

コノテガシワの樹形は若い間は自然に整いますが、成長とともに形が崩れることがあるため、適度な剪定が必要です。年に1回の剪定が推奨され、特に3月、6月、9月が適しています。

ドウダンツツジ

ドウダンツツジ

樹高 2~3m
開花時期 5月~6月
耐寒性 強い

ドウダンツツジは春にスズランに似た花を咲かせ、萌黄色の若葉を持ち、秋には美しい紅葉を見せます。

主枝が直立するため、低木として整った形になる特性があります。寒冷な環境でも生育できるため、暖地から寒冷地まで庭木として幅広く育てられます。

マサキ

8位マサキ

樹高 2~5m
開花時期 6~7月
耐寒性 強い

マサキは生垣の代表種として古くから広く用いられ、大気汚染や車の排ガスにも強いです。そのため、道路沿いの生垣に最適で、手入れも簡単です。

植栽方法はマサキを多く並べて植え、和風の竹垣と組み合わせるとオシャレなデザインが可能です。

カナメ(レッドロビン)

カナメ(レッドロビン)

樹高 3~10m
開花時期 5~6月
耐寒性 普通

カナメ(レッドロビン)は、生垣によく使用される木です。鮮やかな赤色の新芽が特徴で、ベニカナメモチとほとんど見た目は変わりませんが、虫がつきにくいというメリットがあります

コニファー

ゴールドクレスト

樹高 1.5〜3m
開花時期 特にナシ
耐寒性 強い

背が低く、葉が細長で繊細な印象を持つ低木です。全縁の葉は薄い緑色で、カラーリーフとしても用いられます。刈り込みが一般的ですが、自然樹形も美しいです。クサツゲ単体ではなく、他の植栽と混ぜて植えると良いでしょう。

植栽で目隠しのおすすめ施工例

植栽で目隠しのおすすめ施工例

景観の良い目隠し

家の窓の前に植栽すると、部屋からの眺めが良くなるだけではなく、プライバシーを確保できます。ガーデンプラスでは景観の良い植栽をつかった目隠しの提案が得意です。

▶景観の良い目隠し施工例はこちら

フェンスと植栽の目隠し

フェンスだけでは硬いイメージの庭が、植栽を加える事で、明るくやわらかな印象になります。ガーデンプラスではフェンスに合わせた植栽の提案ができます。

▶フェンスと植栽の目隠し施工例はこちら

フェンスを使った緑の目隠し

フェンスに、つる性植物を巻き付けた目隠しはデザイン性が高くおすすめです。エクスショップでは、緑の目隠しの提案が得意です。

▶フェンスを使った緑の目隠し施工例はこちら

視線を気にしない植栽の目隠し

窓やウッドデッキからは植栽を眺められ、外からはフェンスで視線を感じさせないのは、植栽とフェンスを使った目隠しで実現できます。

人通りが多く、植栽だけでは目隠しの効果を感じられない方に、ガーデンプラスでは窓からの眺めに合った植栽の目隠し提案ができます。

▶視線を気にしない植栽の目隠し施工例はこちら

門柱と統一した植栽の目隠し

植栽を取り入れる際に、門柱を統一するのもおすすめです。庭と門柱に合わせた目隠し効果がある植栽は、窓からの眺めも道路からの家の印象も良くさせます。

ガーデンプラスでは門柱と統一した植栽の提案が可能です。庭に植栽を取り入れようと考えている人はガーデンプラスで見積もりを取ってみましょう。

▶門柱と統一した植栽の目隠し施工例はこちら

植栽をつかった目隠しDIY

植栽をつかった目隠しDIY

おすすめDIY

  • プランターを使う
  • 統一感を持たせる

プランターを使う

植栽を使用した目隠しは、プランターを用いると、庭の空間をより効率的に活用できます。

特に狭いスペースでの目隠しが必要な場合、プランターに同じ種類の樹木を植えると、統一感のある美しい目隠し植栽を作れます。

これにより、外観がナチュラルな雰囲気になり、家全体が、やわらかい印象を与えられます。プランターは移動が容易なため、季節や気温に応じて場所を調整できます。

統一感を持たせる

植栽を用いた目隠しDIYでは、同じ種類の木を並べると高い統一感を出せます。選ぶ樹種には、葉が密集しているものを選び、それを一列または複数列に並べます。

この方法で生垣を作ると、外からの視線をしっかりと遮断し、見た目にも美しい目隠し植栽を完成させられます。

目隠しに適した植栽の手入れ方法

目隠しに適した植栽の手入れ方法

害虫対策

目隠しに使う生垣や樹木は、見た目だけでなく、病虫害にも強いものを選ぶのが重要です。特に居住エリアに近い場所に植える場合、害虫が発生するとその影響が人々にも及びかねません。

疾病や害虫に比較的強い樹木を選ぶと、植栽の手入れも簡単になります。人気なのはオリーブ、シマトネリコ、ミモザアカシアです。

害虫は湿気を好むため、水はけの良い土を選んだり、適度に水やりをするのが大切です。植栽選びから始め、適切な手入れと害虫対策を行うと、目隠しとしてだけでなく美しい外構を作れます。

植栽をつかった目隠しはプロに相談

植栽をつかった目隠しはプロに相談

外壁と庭に合った植栽を使った目隠しをお考えなら、施工経験が豊富なプロの外構業者にアドバイスや植栽のメンテナンス方法も学べます。ガーデンプラスでは外構か、お庭のリフォームを契約すると、樹木をプレゼントしています。

長期的に美しい庭を維持しながら、植栽を使った目隠しが可能です。プライバシーを守りながら美しい庭を維持したい方には、ガーデンプラスが最適な選択です。

植栽を使った目隠し外構なら相見積もり

植栽を使った目隠し外構なら相見積もり

植栽での目隠しを考えているが、どの業者に頼めばいいのかわからない方には、相見積もりがおすすめです。植栽の知識と経験が豊富な外構業者のプランを一括比較できます。

タウンライフの相見積もりを利用すれば、適正な費用か判断でき、さまざまなアイデアを短時間で得られます。

一つの業者だけでは分からない費用やプランの違いも、相見積もりによって明らかになります。予算内で理想の目隠しを実現したい方には特におすすめです。

植栽を使った目隠しに関するよくある質問

目隠し植栽のデメリットは?

目隠し植栽のデメリットは、初期費用は安いものの、長期的に見ると剪定費用や栄養剤、土などでコストがかかるという点です。この様なデメリットも植栽の種類を選ぶと、メンテナンスの少ない目隠し植栽が可能です。

目隠しに最適な植栽は?

目隠しに最適な植栽は、庭のテーマや目的に応じて様々です。マサキ、キンモクセイなどの他に、庭が狭い場合や土がない場所では、1本の樹木をプランターに植えると目隠し効果が得られます。

目隠し植栽の効果とは?

植栽は風や光を自然に通すため、居住環境(例: 庭や室内の気温や光量)にもポジティブな影響を与えます。特に夏場は、葉の間を抜けた風が空気の温度を下げ、涼しい風を楽しめます。

植栽をつかった目隠しで理想の暮らしを手に入れる

植栽をつかった目隠しで理想の暮らしを手に入れる

植栽で目隠しするメリットとデメリットについて調べてきました。フェンスではなく、自然豊かで柔らかな印象を与える植栽を使った目隠しは、家全体の印象を明るくします。

現在、フェンスを使った目隠しで、これから植栽を使った目隠しにしたい方も、フェンスと庭に合わせた植栽を選んで、理想のバランスを実現できます。外構工事を考えている方はぜひ参考にして下さい。

  • 【PR】タウンライフ
  • タウンライフなら初めての外構工事も安心!

    タウンライフ

    初めて外構工事をするなら、完全無料のタウンライフ一括見積もりがおすすめです。優良外構業者650社から比較ができるので、外構工事の最新相場がわかります。


初めての外構工事でおすすめの記事

編集部が選ぶおすすめ記事
ガーデンプラスの口コミ・評判は?ガーデンプラス評判 外構工事は一括見積もりがおすすめ|見積もりサイトの比較や外構工事業者の選び方を解説 外構の見積もりの取り方
タウンライフ外構の口コミ・評判は?タウンライフ評判 外構工事の費用相場は?おしゃれで安くリフォームするコツ外構工事の費用相場
手入れのいらない庭をDIYするコツ!手入れ不要の庭DIY 外構がしょぼい3つの理由|失敗事例と対策外構がしょぼい理由
外構工事ローンアイキャッチ外構工事で使えるローン 自分でもできる外構DIYおすすめ7選!外構DIYおすすめ7選
カーポートの値段相場と設置費用3カーポート値段相場 ウッドデッキの費用相場は?3ウッドデッキ費用相場
目隠しフェンスの費用を解説!3目隠しフェンス費用相場 外構工事駐車場アイキャッチおしゃれな駐車場

地域別おすすめ外構業者

北海道・東北エリア

北海道
札幌市 千歳市 江別市
旭川市 函館市 北広島市
苫小牧市 北見市 帯広市
恵庭市
青森県
青森市 八戸市 弘前市
三沢市
秋田県
秋田市 横手市
岩手県
盛岡市 奥州市 北上市
山形県
山形市 鶴岡市 酒田市
福島県
郡山市 いわき市 福島市
白河市 須賀川市 会津若松市
宮城県
仙台市 大崎市 石巻市
名取市 登米市

関東エリア

東京都
世田谷区 杉並区 練馬区
あきる野市 八王子市 町田市
日野市 足立区 府中市
江戸川区 大田区 中央区
小金井市 青梅市 葛飾区
三鷹市 多摩市 調布市
稲城市 小平市 立川市
板橋区 西東京市 墨田区
東村山市 国立市 清瀬市
狛江市 品川区 北区
東大和市 豊島区 国分寺市
文京区 目黒区 江東区
中野区 荒川区
神奈川県
横浜市 相模原市 藤沢市
厚木市 横須賀市 武蔵野市
平塚市 川崎市 大和市
秦野市 小田原市 鎌倉市
伊勢原市 綾瀬市 海老名市
座間市
埼玉県
加須市 深谷市 鴻巣市
草加市 上尾市 越谷市
幸手市 川口市 桶川市
三郷市 さいたま市 熊谷市
久喜市 川越市 狭山市
入間市 新座市 所沢市
行田市 羽生市 蓮田市
富士見市 八潮市 春日部市
本庄市 日高市 飯能市
戸田市 朝霞市 ふじみ野市
和光市 北本市 吉川市
東松山市
千葉県
千葉市 柏市 市原市
野田市 松戸市 流山市
八千代市 佐倉市 船橋市
市川市 茂原市 成田市
我孫子市 印西市 習志野市
浦安市 木更津市 匝瑳市
富里市 白井市 旭市
栃木県
宇都宮市 佐野市 那須塩原市
小山市 栃木市 足利市
鹿沼市 真岡市 大田原市
下野市 日光市
群馬県
太田市 伊勢崎市 前橋市
高崎市 桐生市 渋川市
藤岡市
茨城県
水戸市 古河市 土浦市
つくば市 日立市 牛久市
鹿嶋市 神栖市 石岡市
笠間市 守谷市 取手市
ひたちなか市 那珂市 結城市
筑西市 小美玉市

中部エリア

新潟県
長岡市 新潟市 上越市
燕市 三条市 新発田市
村上市 柏崎市
長野県
長野市 松本市 上田市
飯田市 佐久市 伊那市
安曇野市 塩尻市 茅野市
石川県
金沢市
富山県
富山市
岐阜県
岐阜市 可児市 大垣市
関市
静岡県
富士市 浜松市 静岡市
藤枝市 磐田市
愛知県
岡崎市 安城市 豊田市
春日井市 一宮市 西尾市
瀬戸市 名古屋市 豊橋市
東海市 江南市 あま市
稲沢市 小牧市 豊川市
三重県
津市 鈴鹿市 伊勢市
松阪市 伊賀市 名張市
桑名市

近畿エリア

大阪府
大阪市 高槻市 岸和田市
堺市 和泉市 箕面市
豊中市 枚方市 八尾市
吹田市 宝塚市 三木市
京都府
京都市
奈良県
奈良市
和歌山県
和歌山市
兵庫県
姫路市 明石市 神戸市
高砂市 西宮市 川西市
三田市
鳥取県
鳥取市 米子市

中国・四国エリア

広島県
広島市 福山市 府中市
東広島市
岡山県
岡山市 倉敷市
山口県
山口市 周南市 宇部市
防府市 岩国市 下関市
島根県
松江市 出雲市
香川県
高松市
愛媛県
松山市 今治市 西条市
高知県
高知市

九州エリア

福岡県
福岡市 北九州市 久留米市
飯塚市 宗像市 春日市
長崎県
長崎市 大村市
大分県
大分市
宮崎県
宮崎市 登米市
熊本県
熊本市 八代市
鹿児島県
霧島市 鹿屋市 鹿児島市
沖縄県
沖縄市