外構工事・エクステリア向けの情報満載

シンボルツリーで後悔しない?失敗しないためのポイント

シンボルツリーで後悔しない?

シンボルツリーを植えて後悔しない?
シンボルツリーで後悔した例を知りたい

新築の家の庭にシンボルツリーを植えたい方や、シンボルツリーでの失敗談を知りたいという方は多いのではないでしょうか。

シンボルツリーはメンテナンスが大変だったり、大きくなると隣の家に迷惑をかけたりすることがあります。

そこで、本記事ではシンボルツリーを植えた人の意見や、シンボルツリーで後悔しないための方法を紹介していきます。自身に合ったシンボルツリーを選びたい、後悔した例を知りたいという方は参考にしてください。

  • 【PR】タウンライフ
  • 初めて外構工事をするならタウンライフ

    タウンライフ

    タウンライフとは?

    • リフォーム部門で「利用満足度」「使いやすさ」「サイト利用者安心度」の3冠達成!※1
    • 11周年の安心と実績
    • 自社の厳しい審査をクリアした650社以上の企業が掲載

    ※1 ゼネラルリサーチ調べ(調査期間2021年4月6日~8日)

    初めての外構工事で業者選びに迷っている方は、タウンライフを利用しましょう。施工箇所や予算を入力すると、おすすめの外構業者を複数紹介してくれます。

    見積もりからプランニングまですべて無料で利用できます。業者選びで失敗したくない人は、見積もりを簡単に比較できるタウンライフを利用しましょう。

    \ 利用満足度ナンバーワン! /

    タウンライフで無料一括見積もり
    (公式サイト)

シンボルツリーで後悔する理由

外構工事は住みながら(引き渡し後に)できる?

シンボルツリーで後悔する理由

  • メンテナンスが大変
  • 隣家へ迷惑になる
  • 植える位置に失敗

メンテナンスが大変

シンボルツリーで後悔する理由の2つ目は、メンテナンスが大変なことです。シンボルツリーは植物なので、どうしても成長して大きくなります。

そのため、大きくなりすぎないように剪定をするなどのメンテナンスが必要です。剪定自体が手間に感じる上に、綺麗な形を保つように切るのが難しいと感じる方もいます。

シンボルツリーを購入する前に、定期的なメンテナンスができるかどうか考えましょう。

隣家へ迷惑になる

シンボルツリーで後悔する理由の1つ目は、隣家へ迷惑になることです。シンボルツリーが大きくなって葉をつけると、自ずと葉が落ちていきます。

落ちた葉っぱが近隣住宅への迷惑になると思いシンボルツリーを抜いたという方もいるようです。他の家も植物を置いているので落ち葉ぐらいなら気にならない場合もありますが、隣家とのトラブルの火種になる可能性もあります。

シンボルツリーを植える際は落ち葉が散って隣家へ迷惑がかかる場合があることも考えておきましょう。

植える位置に失敗

シンボルツリーで後悔する理由の3つ目は、植える位置に失敗することです。シンボルツリーを植える位置が隣家に近いと、木が隣家の方にはみ出したり、落ち葉が隣家に飛んで行きやすくなります。

景観を良くするために植えたシンボルツリーでも、隣家からすると近すぎると不満に思う場合もあるでしょう。植栽位置については個人の感覚にもよりますが、気になる場合は隣家から離れた位置に植えると良いかもしれません。

シンボルツリーの植裁で失敗したくない方は、タウンライフで業者を探すのがおすすめです。厳しい基準をクリアした複数の優良業者に一括で見積もり依頼ができるため、シンボルツリーで後悔する可能性を減らせます。

シンボルツリーで後悔しないための選び方

シンボルツリーで後悔しない選び方

  • 適切な木のサイズを考える
  • 木の成長速度を考える
  • 季節ごとの変化を理解する

適切な木のサイズを考える

シンボルツリーで後悔しないための選び方の1つ目は、適切な木のサイズを考えることです。シンボルツリーにはさまざまなサイズがあり、購入時には小さくても成長すると非常に大きくなる種類もあります。

シンボルツリーが大きくなりすぎると庭のサイズに合わなかったり、剪定などの管理が難しくなることや隣家への迷惑が考えられるでしょう。

逆に庭に対してツリーのサイズが小さすぎると目立たなかったりします。シンボルツリーを購入する際は、最大どの程度まで大きくなるか、家の庭にはどのくらいのサイズが適切かを考えることが重要です。

木の成長速度を考える

シンボルツリーで後悔しないための選び方の2つ目は、木の成長速度を考えることです。木の成長速度が早いと、葉っぱが生い茂る頻度が高くなるため、剪定などのメンテナンスを頻繁におこなわないといけなくなります。

そのため、メンテナンスが手間に感じる方は成長速度が遅いシンボルツリーを選ぶようにしましょう。

季節ごとの変化を理解する

シンボルツリーで後悔しないための選び方の3つ目は、季節ごとの変化を理解することです。落葉樹か常緑樹かによって、四季を通じた庭の見た目は大きく異なります。

落葉樹の場合は春に葉っぱが生い茂り、冬になると枯れる樹木のことです。季節ごとに姿を変えるため、四季それぞれで雰囲気が変わります。一方、常緑樹は落葉樹とは違って1年を通して緑の葉が生い茂っていることが特徴です。

冬でも枯れることはないため、庭に常に緑を感じることができ、明るい雰囲気を与えられます。常緑樹は気温の変化に強くさまざまな環境に適応できる種類が多く、落葉樹は日当たりの良い乾燥した環境を好みます。

シンボルツリーの人気種類とその特徴

シンボルツリーの種類

  • ・オリーブ
  • ・ヤマボウシ
  • ・シマトネリコ
  • ・ハナミズキ

オリーブ

オリーブ

シンボルツリーの人気の種類の1つ目は、オリーブです。オリーブは澄んだ緑色で、外に向いて放射状に伸びていく葉っぱが特徴の常緑樹です。

さまざまな方向に葉っぱが伸びていくため、生い茂っても密集せずすっきりとした抜け感のある印象を与えられます。一方で、葉っぱが密集しないことから外からの視線を遮る目的にはあまり適していません。

乾燥に強く丈夫な樹木ですが、枝が伸びやすいため1年に1回程度のメンテナンスが必要です。きれいな緑色でさわやかな印象を与えてくれるため、どのシンボルツリーにすればいいかわからないという方はオリーブを選ぶと良いでしょう。

ヤマボウシ

ヤマボウシ

シンボルツリーの人気の種類の2つ目は、ヤマボウシです。ヤマボウシは鮮明な緑色で、丸みを帯びた葉っぱが特徴の常緑樹です。

葉が大きく整った形をしており、1年を通して美しい景観を保てます。また、6月頃に白い花をつけるため、季節ごとの変化も楽しめるでしょう。ヤマボウシは寒さに強くないため、できる限り日当たりの良い場所に植えるのが適しています。

加えて、寒さに弱いことから気温の低い地域であれば葉が落ちてしまって常緑樹の特徴を失ってしまう可能性もあるので注意しましょう。どんな家にも合う見た目をしており、メンテナンスも1年に1回必要かどうかといった具合のため、手入れが面倒な方に適したシンボルツリーです。

シマトネリコ

シマトネリコ

シンボルツリーの人気の3つ目は、シマトネリコです。シマトネリコは小さな葉っぱが特徴の常緑樹です。成長速度が早いので植えてすぐに庭に緑を増やせる一方で、剪定等のメンテナンスもオリーブやヤマボウシと比較して頻度が高くなります。

シマトネリコは常緑樹ですが、暑さに強い反面で寒さには弱いため、冬は落葉樹と同様に葉を落とします。落ち葉の処理も必要になるので、手入れをあまりしたくない方にはあまりおすすめできません。

そのため、シマトネリコは比較的暖かい都市部の庭園などに適したシンボルツリーだと言えます。

ハナミズキ

ハナミズキ

シンボルツリーの人気の種類の4つ目は、ハナミズキです。ハナミズキは春には小さな花を咲かせ、夏には青々と生い茂り、秋には紅葉する四季を通して変化を感じられる落葉樹です。

ハナミズキの花の色には白やピンク、淡い赤などさまざまな色があり、白のハナミズキは成長速度が早く、それ以外は成長速度がゆっくりなどの違いがあります。

ハナミズキは木自体の背は高くなりますが、枝はあまり伸びず横に広がらないことも特徴の1つです。横に大きくならないため、小さな庭にも適しています。あまり広い庭じゃないけど大きめのシンボルツリーが欲しいという方におすすめです。

シンボルツリーのメンテナンスと管理

シンボルツリーのメンテナンス方法

  • 剪定の重要性とテクニック
  • 適切な水やりと肥料の使用

剪定の重要性とテクニック

シンボルツリーには剪定が欠かせません。あくまで樹木であるため、枝が伸びたり葉っぱが落ちたり虫がつきやすいなどのデメリットもあります。そのため、剪定はシンボルツリーの健康と美観を維持するために重要なメンテナンスです。

庭に植えるシンボルツリーの剪定は基本的には年に1回で十分であり、新芽が生えてくる春先に間引きすればコンパクトな状態を保てるでしょう。

春先の剪定だけでは気になるという方は、秋にも剪定を行うことでコンパクトな形を保つことが可能です。

適切な水やりと肥料の使用

適切な水やりと肥料の使用

  • 根から水分を吸収させる
  • 吸収した水分を蒸発させ、樹木自身が温度調整をおこなう

シンボルツリーの成長には水やりと肥料が不可欠です。適切な方法と頻度について解説します。樹木に水やりをおこなう目的は主に以下の2つです。

樹木だけでなく、植物に水やりをする際は土にしっかりと水を与え、根っこから水分を吸収させるようにしましょう。土の中の根の位置まで水を行き渡らせる必要があるため、十分な量の水を与えることが重要です。

夏は朝と夕方の2回、冬は朝の気温が上がってきた時間帯に1回の水やりがおすすめです。また、植えたばかりの樹木は根っこを小さくしたり、葉を落とした状態で植えておりダメージを負っているため、1日に2回水やりすると良いです。

無料で見積もりを取るならタウンライフ

シンボルツリーの植栽を考えている方は「タウンライフ」を利用することがおすすめです。タウンライフは経験豊富な実績のある優良業者を多く紹介しているため、シンボルツリーの植栽についてもアドバイスをしてもらえます。

また、多くの業者が登録されているため、自分で業者を探す手間を省いて無料で一括見積もりを取ってもらうことが可能です。

一括見積もりで費用の比較検討ができるため、費用を抑えたい方にもおすすめだと言えます。シンボルツリーの植栽について無料で一括見積もりを取ってもらいた方はタウンライフを活用しましょう。

シンボルツリーは設置箇所とメンテナンスが重要

シンボルツリーで後悔する理由には、隣家へ迷惑がかかることやメンテナンスが大変ということなどがあります。そのため、購入前にはツリーを植える十分な広さと、種類ごとの四季の変化や木の成長速度を把握しておくことが重要です。

メンテナンスが面倒な方は常緑樹のオリーブやヤマボウシを植えると良いでしょう。

シンボルツリーの植栽を考えている方は、無料で一括見積もりが取れるタウンライフがおすすめです。実績を持った多くの優良業者が登録されているため、業者を探すことなく手軽に見積もりをとったり、工事のアドバイスを受けられます。

  • 【PR】タウンライフ
  • タウンライフなら初めての外構工事も安心!

    タウンライフ

    初めて外構工事をするなら、完全無料のタウンライフ一括見積もりがおすすめです。優良外構業者650社から比較ができるので、外構工事の最新相場がわかります。


初めての外構工事でおすすめの記事

編集部が選ぶおすすめ記事
ガーデンプラスの口コミ・評判は?ガーデンプラス評判 外構工事は一括見積もりがおすすめ|見積もりサイトの比較や外構工事業者の選び方を解説 外構の見積もりの取り方
タウンライフ外構の口コミ・評判は?タウンライフ評判 外構工事の費用相場は?おしゃれで安くリフォームするコツ外構工事の費用相場
手入れのいらない庭をDIYするコツ!手入れ不要の庭DIY 外構がしょぼい3つの理由|失敗事例と対策外構がしょぼい理由
外構工事ローンアイキャッチ外構工事で使えるローン 自分でもできる外構DIYおすすめ7選!外構DIYおすすめ7選
カーポートの値段相場と設置費用3カーポート値段相場 ウッドデッキの費用相場は?3ウッドデッキ費用相場
目隠しフェンスの費用を解説!3目隠しフェンス費用相場 外構工事駐車場アイキャッチおしゃれな駐車場

地域別おすすめ外構業者

北海道・東北エリア

北海道
札幌市 千歳市 江別市
旭川市 函館市 北広島市
苫小牧市 北見市
青森県
青森市 八戸市 弘前市
秋田県
秋田市
岩手県
盛岡市 奥州市 北上市
山形県
山形市 鶴岡市
福島県
郡山市 いわき市 福島市
白河市
宮城県
仙台市 大崎市 石巻市
名取市

関東エリア

東京都
世田谷区 杉並区 練馬区
あきる野市 八王子市 町田市
日野市 足立区 府中市
江戸川区 大田区 中央区
小金井市 青梅市 葛飾区
三鷹市 多摩市 調布市
稲城市 小平市 立川市
板橋区 西東京市
神奈川県
横浜市 相模原市 藤沢市
厚木市 横須賀市 武蔵野市
平塚市 川崎市 大和市
秦野市 小田原市 鎌倉市
伊勢原市 綾瀬市 海老名市
埼玉県
加須市 深谷市 鴻巣市
草加市 上尾市 越谷市
幸手市 川口市 桶川市
三郷市 さいたま市 熊谷市
久喜市 川越市 狭山市
入間市 新座市 所沢市
行田市 羽生市 蓮田市
富士見市 八潮市 春日部市
本庄市 日高市 飯能市
千葉県
千葉市 柏市 市原市
野田市 松戸市 流山市
八千代市 佐倉市 船橋市
市川市 茂原市 成田市
我孫子市 印西市 習志野市
旭市
栃木県
宇都宮市 佐野市 那須塩原市
小山市 栃木市 足利市
鹿沼市 真岡市 大田原市
群馬県
太田市 伊勢崎市 前橋市
高崎市 桐生市
茨城県
水戸市 古河市 土浦市
つくば市 日立市 牛久市
鹿嶋市 神栖市 石岡市
笠間市 守谷市 取手市
ひたちなか市

中部エリア

新潟県
長岡市 新潟市 上越市
燕市 三条市 新発田市
長野県
長野市 松本市 上田市
飯田市 佐久市 伊那市
安曇野市
石川県
金沢市
富山県
富山市
岐阜県
岐阜市 可児市 大垣市
関市
静岡県
富士市 浜松市 静岡市
藤枝市 磐田市
愛知県
岡崎市 安城市 豊田市
春日井市 一宮市 西尾市
瀬戸市 名古屋市 豊橋市
東海市 江南市 あま市
稲沢市 小牧市 豊川市
三重県
津市 鈴鹿市 伊勢市
松阪市 伊勢市 名張市
桑名市

近畿エリア

大阪府
大阪市 高槻市 岸和田市
堺市 和泉市 箕面市
豊中市 枚方市 八尾市
吹田市 宝塚市 三木市
京都府
京都市
奈良県
奈良市
和歌山県
和歌山市
兵庫県
姫路市 明石市 神戸市
高砂市 西宮市 川西市
三田市
鳥取県
鳥取市 米子市

中国・四国エリア

広島県
広島市 福山市 府中市
東広島市
岡山県
岡山市 倉敷市
山口県
山口市 周南市 宇部市
防府市 岩国市 下関市
島根県
松江市 出雲市
香川県
高松市
愛媛県
松山市 今治市 西条市
高知県
高知市

九州エリア

福岡県
福岡市 北九州市 久留米市
飯塚市 宗像市 春日市
長崎県
長崎市 大村市
大分県
大分市
宮崎県
宮崎市
熊本県
熊本市 八代市
鹿児島県
霧島市 鹿屋市 鹿児島市

タウンライフオーバーレイ

タウンライフオーバーレイ